【ヘブンバーンズレッド(ヘブバン)】リセマラ当たり最強SSキャラスタイルランキング

ホーム /  当たりランキング / 【ヘブンバーンズレッド(ヘブバン)】リセマラ当たり最強SSキャラスタイルランキング

【ヘブンバーンズレッド(ヘブバン)】リセマラ当たり最強SSキャラスタイルランキング

「ヘブンバーンズレッド(へぶばん)」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめSSスタイルをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!




 

 

-関連記事-

レベル上げの効率的なやり方【ヘブンバーンズレッド(ヘブバン)攻略】

リセマラやり方

優しさと切なさと心強さと(イベント攻略)

 

 

最強SSスタイルランキング

 

1位:[気合一閃エンジェルセイラー]國見タマ
キャラ性能&個別評価

現状唯一のDP復活&回復スキルを持つ斬属性のヒーラー。
キャラ全員に用意されているDP(シールドのようなもの)破壊後、HPが無くなった時点でゲームオーバーとなるゲームシステムの為、こうしたスキルは非常に貴重。
さらにパーティ全員の全滅ではなく、誰か1体でもHPが無くなるとゲームオーバーとなってしまう事を考えればどれだけDPの維持が重要なのかが分かる。
またヒーラー能力だけでも十分優秀だが、斬属性の全体攻撃も可能。
この全体攻撃は確率でSP回復も保有しているなど、スキル回転率アップにも貢献。
HP+やDP+は付いていないが、DP復活スキルだけでもトップクラスの優秀さを誇る。
まずは戦闘の安定感を高める為にも優先的に狙っておきたい。

 

2位:[魔法の国のエレメンタル]國見タマ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

斬/火属性のヒーラータイプ。
ダメージソースで火属性の弱点を突けるなど、火力面での汎用性も高め。
特筆すべきは専用スキルのリバイブ・ヴェールで、味方全体のDP回復&スキル攻撃力アップを一手で行える
また対象が前衛だけでなく後衛キャラも含まれる為、前衛攻撃後には後衛と交代出来るなど継続火力を底上げ出来るのも高評価。
火力バフはDP破壊やHPダメージのいずれにも高い恩恵を得られるのでシンプルに優秀。

味方全体のクリティカル率を大幅に底上げ出来る[星の海、たゆたうフォーチュンテラー]桜庭星羅、味方全体にスキル攻撃力アップを撒ける[木漏れ日のソナタ]華村詩紀と組み合わせる事で大幅な火力アップを行えるので単体だけでなく他キャラとのシナジーも得やすい。

同じSSキャラの[気合一閃エンジェルセイラー]國見タマは回復面に特化しており、耐久面重視の高難易度で運用するなどして使い分けられるのも嬉しい。
どちらのタマも優れた性能を持っており、高難易度で役立つのは間違いない。
一手で回復と火力バフを撒ける性能は優秀だが、DP復活の唯一性を考えれば僅差で前述したキャラに劣るか。

 

3位:[星の海、たゆたうフォーチュンテラー]桜庭星羅
キャラ性能&個別評価

ヘイトアップ、味方全体のクリティカル率アップが可能な打属性のバッファー。
初期スキルで前衛のDP回復スキルを持つ点も優秀。
敵の火力を下げられるような[終末ロリータ白書]菅原千恵とは違い、ヘイトアップしたとしても純粋な耐久力でのカバーを強いられる点はややネック。
しかし前述したように味方全体のクリティカル率を大きく底上げ出来る為、強敵との戦闘では重宝するタイプといえる。
さらにクリティカル発生時のダメージアップがとても大きく、火力の底上げとしては非常に優秀
また確率での発生とはいえ、バフ効果を付与する事でほぼほぼクリティカルが発生するのも高評価。
SSなら[魔法の国のエレメンタル]國見タマ、Sなら[木漏れ日のソナタ]華村詩紀と組み合わせて運用するのがオススメ。

 

 

4位:[生者のホメオスタシス]樋口聖華
キャラ性能&個別評価

味方の火力を底上げ出来る突/雷属性のバッファー。
スキル1のドーピングは防御力を下げる代わりにスキル攻撃力を大幅にアップ可能。
ダンジョンではドーピング×低コスト全体攻撃で雑魚処理を行える為、戦闘時間の短縮にも便利。
また自身も貴重な雷属性アタッカーとして火力を担える点も魅力の1つ。
ダメージソースが現状1つしかなく、基本的にはバフ要員。
現状雷属性スキルを持つのはこのスタイルだけで、なおかつ雷属性フィールド持ち
雷属性キャラが増えるにつれ、バフ能力も相まって重宝する度合いは上がっていく。
というよりも実装時点で既に使いやすさはトップクラス

 

5位:[此に期するは豊穣の御霊]蔵里見
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

光/斬属性のブラスター。
特筆すべきは初実装の破壊率特大効果のスキル収穫祭
防御力を犠牲にするデメリットはあるものの、[紅蓮月華のKillrazor]朝倉可憐より大きく破壊率をアップさせてダメージ増加を狙えるのがポイント。
前述した朝倉可憐はスキル使用後に行動不能になる点もネック。
そう考えれば防御力ダウンなど些細な事と言える。
その他、自身で光属性バフを獲得出来るので火力アップも可能。
[清流に坐す]蔵里見から全体攻撃を持ってくることでダンジョンなどでの雑魚処理も出来るなど汎用性の高さも◎。
長期戦になる場合、破壊率の底上げは必須。
強力なブラスターを所持していないのであれば是非とも獲得をオススメ。

 

6位:[レイジング・ビースト]ビャッコ
キャラ性能&個別評価

高火力の突属性ブラスター。
初期スキルの全体攻撃はSSスタイルで使うと火力が高く、殲滅力も高め。
更に全ての攻撃に破壊率(大)が付与されておりアタッカーとしての活躍も十分期待出来る。
2つ目のスキルは自身の防御力を下げるデメリット付きだが、その分高威力。
さらに11連撃となっておりDP破壊→破壊率増加までを担える点も優秀。
同じブラスターの[紅蓮月華のKillrazor]朝倉可憐に比べると全体的な火力はこちらの方が上。
破壊率アップ効果はボス戦における重要なカギとなる為、1体は確保しておきたい。
特に3章に入ると敵の耐久力が大きく底上げされる為、破壊率の増加による与ダメージアップは非常に重要。
破壊率の増加率は[此に期するは豊穣の御霊]蔵里見に劣るが、連撃&火力面も加味して同じくらい優秀な性能といえる。

 

7位:[紅蓮月華のKillrazor]朝倉可憐
キャラ性能&個別評価

SSスタイルで数少ない破壊率上昇スキルを持つ斬属性のブラスター。
スキル全てに破壊率(大)が付いており、ボスや強敵との戦闘時において重要な火力補助を担う。
破壊率はDPへの攻撃時には作用しないがHPへの攻撃時に上昇し、数値が多いほどダメージアップ。
周回時では全体攻撃である「ワイルドスロー」があるので、強敵相手にも雑魚処理にも活躍。
[レイジング・ビースト]ビャッコは専用スキル使用時に防御力ダウン、こちらは2ターン行動不能のデメリット
とはいえ、すぐさま後列キャラと交代する事で正直そこまでデメリットを感じない。
また10連撃と手数が多く、[星の海、たゆたうフォーチュンテラー]桜庭星羅等と組み合わせる事とで十分な火力を発揮出来るのも魅力。
3章に入ると敵HPも大幅に上昇する為、早い段階で確保して育成しておきたい。

 

8位:[一夜の夢]逢川めぐみ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

打/光属性のデバッファータイプ。
習得技は全て全体攻撃となっており、一つ目のスキルで脆弱を付与出来る。
脆弱は弱点属性のダメージアップを可能としており、属性縛りのパーティ編成で高い効果を発揮。
プリズムバトルやアリーナといった相手の弱点が固定の敵に対して火力を出したい場合に便利。
また同じ全体攻撃でも二つ目に習得するスキルは初の打/光属性
そのうえ高確率でのスタン付与を行えるので、敵の行動制限も可能。
[Ikki Burst Strike]逢川めぐみはスタン特化だが、こちらは味方の火力アップにも貢献。
前述した脆弱効果は打属性以外の敵でも味方の火力アップを行える。
その為サポート役としての運用も有り。
幅広く運用出来る性能はシンプルにオススメ。
そもそも打属性キャラ自体が少なく、貴重な事を考えれば是非とも獲得しておきたいところ。

 

9位:[Awakening Iris]白河ユイナ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

光/斬属性のアタッカー。
特筆すべきは専用スキルである「セイントフォール」。
初の対HP+50%の効果を持ち合わせており、敵のDPを破壊していれば高火力を発揮出来る。
特に3章のボスはDP/HPが共に高く設定されており、こうしたスキル効果は非常に魅力的。
またSP8で全体攻撃も行える上に確率でSP回復も可能。
安定感に欠ける部分があるものの、ダンジョンのような短いターンで敵を殲滅するような場所では重宝するスキル効果といえる。
Sスタイルの[Sign]白河ユイナを獲得しているのなら「導きの号令」でスキル攻撃力アップ&追加ターンを獲得出来るのでオーバードライブと併用すると強力。
「セイントフォール」のコストがSP15と重い為、1凸して前衛時SP+1の獲得はしておきたい。

 

10位:[朧月夜のバレット]小笠原緋雨
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

突属性のブレイカー。
特筆すべきは専用スキルである「三日月宗近」。
自身の防御力を犠牲にDP+30%の全体攻撃&反動で2ターン行動不能
行動不能になるのはデメリットとはいえ、正直スキル発動後は後列に回してしまえばそこまで大きな問題には感じない。
突属性のブレイカーとしてDP破壊に貢献出来る点は大きな魅力で、特にボス戦で重宝する。
またそれ以外にスキル「夜雨」は単体攻撃&光/闇属性耐性ダウンの効果を付与
[Awakening Iris]白河ユイナ/[残響のカルディナル]茅森月歌/[無上の終局]二階堂三郷/といった光/闇属性のスキルを持ったアタッカーと組み合わせて火力補助が出来る点は魅力。

S/Aスタイルからスキルを入れ替える事で単体/全体攻撃を行えるなど、運用の幅も広がる。
全体的に使いやすく、DP破壊/火力枠としても採用可能。

 

11位:[終いのSpitfire]和泉ユキ
キャラ性能&個別評価

豊富な全体攻撃を持つ突属性のブレイカー。
低コスト&高コストの対DP+30%の全体攻撃を保有。
敵のDPを破壊する事でHPへダメージを繋げられるようになるので、役割としては非常に重要。
敵全体のDPを一気に削る事で後続キャラがHPへ攻撃しやすくなるのもポイント。
低コストの全体攻撃自体は威力が低く、特にAスタイルではダメージを出せない。
しかしこのSSスタイルを獲得すれば十分なダメージを発揮出来る為、周回能力も高め
また単体攻撃も持ち合わせておりDP削りは勿論、前衛&SP15以上の条件を満たせばスキル威力30%アップのパッシブ効果でHPへのダメージも通しやすい。
汎用性が高く、火力枠として序盤から十分な活躍を見せてくれるのでオススメ。

 

12位:[黎明のエモーショナル・ソウル]茅森月歌
キャラ性能&個別評価

全体攻撃&高威力の単体攻撃を持つ火/斬属性のアタッカー。
さらにパッシブ効果で自身が前衛にいるだけでチームのスキル攻撃力+10%も獲得。
周回要素があるゲームでの全体攻撃は戦闘時間の短縮にも繋がる為、魅力的。
初期スキルも含め、対HP+30%の単体攻撃でボスキラーとしてトップクラスの性能。
周回能力の高さこそ無いものの高難易度でアタッカーとして十二分に活躍してくれる。
火力を最優先に考えるのであれば是非とも獲得しておきたい。

 

13位:[Ebon Knight]山脇・ボン・イヴァール
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

氷/斬属性のアタッカー。
習得出来る全てのスキルが氷/斬となっており、全体/単体攻撃を使い分けられる点も魅力。
そのうえどのスキルにも対HP+30%の追加効果があるので、DP破壊後のダメージに期待。
氷属性の強化フィールドを展開出来る[甘美のMuzzle]佐月マリや氷属性耐性ダウンのスキルを持つ[夜空のShining Star]豊後弥生などと組み合わせて運用するとより高ダメージを狙える。
そもそも2属性持ちの為、それだけで弱点を多くさせる点はメリット。
アタッカー性能は間違いなくトップクラス。

 

14位:[残響のカルディナル]茅森月歌
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

斬/光属性のアタッカー。
アタッカーで有りながらも破壊率大効果のある単体攻撃ノーブルウェッジを習得可能。
その為、ボスのDPを破壊してしまえば自身でもダメージアップを見込めるのがポイント。
また専用スキルである千紫万紅は敵全体への12連撃となっており、ODゲージを溜めやすく高難易度での雑魚処理においても大きく役立つ。
とはいえ、特筆すべきは前述したノーブルウェッジ。
これを[黎明のエモーショナル・ソウル]茅森月歌/[閃光のサーキットバースト]茅森月歌などに付けて、[戦場のフレット]茅森月歌が持つフルブレイカーと使い分ければブラスター/ブレイカーとしての運用も可能になる。
また3凸で前衛出撃時にチームのクリティカル+10%アップが出来る点も高評価。
このゲームでのクリティカルはダメージアップの幅が大きく、出るのと出ないとでは大きく違う。
効果量はそこまで高くはないが、火力増加のチャンスが増えるのは強み。

 

15位:[Ikki Burst Strike]逢川めぐみ
キャラ性能&個別評価

全てのスキルにスタン効果を持つ打属性のデバッファー。
スタン効果は敵の行動を1ターン制限出来る非常に優れた効果となっており、特に全体攻撃&スタン付与のスキル1は非常に強力。
コストが重いのと確実にスタンを付与出来る訳ではない点がネックだが、シンプルな打属性火力枠としても運用出来る事を考えれば十分狙う価値はある。
またパッシブ効果で戦闘開始時に前衛にいると高確率で敵をスタンに出来るなど、初手で行動制限を付与出来るような能力も。
強敵を相手にする際、スタンが刺さる相手ならそれだけで優位に立ち回れる。

 

16位:[無上の終局]二階堂三郷
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

闇/打属性のアタッカータイプ。
多段攻撃のスキルを豊富に持ち、自身へのスキル攻撃力アップ/敵の攻撃力ダウンが可能。
SSスタイル専用スキルである「石塔の手筋」はオーバードライブ中しか使用出来ないものの消費SPが11と若干低く、SP/オーバードライブゲージを持ち越せるダンジョン系で役立つ
使用後の硬直なども無く、オーバードライブ中に連発しやすいのもメリット。
しかしプリズムバトルなど、初期戦闘状態から始まるコンテンツではオーバードライブ発動までの時間を必要とするなど最大火力までの時間がかなり遅め
コンテンツに寄って使いやすさが変動する為、安定感に欠ける。
とはいえ、打属性のアタッカーは貴重なので実装時点では十分価値のある存在。
同じく闇/打属性アタッカーの[真宵晴るれば、一閃心静]月城最中を確保していないのであれば入手するのも有り。

 

17位:[嬉々迫るフォール・イン・ラヴ]水瀬いちご
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

全てのスキルに対HP+30%の追加効果を持つ突&雷属性のアタッカー。
消費SPが重い火力が高く、突属性が弱点の敵に対して高ダメージを狙える性能。
さらに3凸時にはアビリティ「雷鳴の陣」を習得し、雷属性へのバフ効果を付与可能。
その為、同じ雷属性である[生者のホメオスタシス]樋口聖華や同時実装された[残光]水瀬すももなどの火力増加にも便利。
突属性&雷属性といった2属性を攻められる為、獲得しておくと重宝するのは間違いない。
またSSスタイルの突属性アタッカーは現状このキャラのみ。
突属性が弱点のプリズムバトル対策などで優位を取りたいのなら獲得をオススメ。

 

18位:[真宵晴るれば、一閃心静]月城最中
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

貴重な打属性の打/闇属性アタッカー。
打属性で火力を出せる貴重な存在の為、打属性が弱点の敵対策として獲得しておきたい。
習得スキルは共に全体攻撃となっており追加効果などは無し。
しかし初期スキルの断を使用する事で獲得出来るトークン数でスキル羅刹の威力が増加と長期戦において非常に役立つ性能を発揮。
さらに3凸した場合にはトークン1つにつき自身の攻撃力が5%アップのアビリティも獲得。
なおかつトークンはダンジョンなどでは継続して蓄積されており、羅刹を使った場合でも無くならない。
その為トークンさえ溜めてしまえば常時高火力を維持出来る優れた性能といえる。
ただし3凸するまでが困難な上にダンジョン以外だと最大火力を発揮するまでに時間が必要
運用するのであれば3凸はほぼ必須。

 

19位:[残光]水瀬すもも
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

全てのスキルに対DP+30%の追加効果を持つ斬&雷属性のアタッカー。
専用スキルのコストが14と重いものの敵DPを大幅に削れる為、斬属性が弱点のプリズムバトルなどで重宝する。
また斬属性だけでなく雷属性持ちなので[生者のホメオスタシス]樋口聖華/[嬉々迫るフォール・イン・ラヴ]水瀬いちごといった雷属性への強化効果を持つキャラと組み合わせて運用するのがオススメ。
現時点で斬属性のブレイカーはSSスタイルではこのキャラだけ。
しかしアタッカーである[黎明のエモーショナル・ソウル]茅森月歌/[閃光のサーキットバースト]茅森月歌なら[戦場のフレット]茅森月歌からDP特化の技を継承可能。
斬属性のDP削り要員としてはトップクラスだが、手持ちキャラによって若干優先度が変動するタイプ。

 

20位:[甘美のMuzzle]佐月マリ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

氷/突属性のバッファータイプ。
確率でSP回復出来る単体攻撃に加え、氷属性強化フィールドを展開しつつ全体攻撃が可能なスキルを習得可能。
消費コストが重いスキルが多いものの、バフのみで考えればAスタイルから前衛スキル攻撃力アップのエンハンスを持ってくるのも有り。
また、限界突破前提になるが戦闘開始時に前衛にいるだけで氷属性強化フィールド(弱)を展開可能
その為、氷属性耐性ダウン&氷属性単体高火力攻撃を持つ[夜空のShining Star]豊後弥生と組み合わせて運用するのがオススメ。
氷属性の火力枠を確保していないと真価を発揮しにくく[生者のホメオスタシス]樋口聖華/[メメント・モリの美少女]東城つかさと同じく属性縛りで編成を組めるようになると評価が変わるタイプ。

 

21位:[閃光のサーキットバースト]茅森月歌
キャラ性能&個別評価

※1章Day3クリア時に獲得

1章Day3クリア時に獲得出来る斬属性のアタッカー。
ガチャ産のスタイルと比べるとステータスは見劣りするが、SSスタイルが手持ちに少ない序盤では非常に重宝する性能といえる。
さらにボードミッションをクリアする事で限界突破も行えるなど育成も容易
その為、序盤では特に重宝する存在。

アタッカーとしては珍しく1つ目のスキルでDP回復のリカバーを習得可能。
さらに対HP+30%の9連撃スキルを習得してくれるので斬属性アタッカーとしては優秀な部類。
ステータス面だけを見れば下位だが、使い勝手/育成難易度を考慮した上でこの順位。
無料でSSスタイルを獲得し、ミッションクリアで限界突破も行えてこの性能なら破格。

 

22位:[メメント・モリの美少女]東城つかさ
キャラ性能&個別評価

味方の火力を底上げ出来る火/突属性のバッファー。
1つ目のスキルで単体攻撃を行えるが火力自体は控えめ。
しかし初期スキルである攻撃力バフ、さらに火属性の強化フィールドが重なった状態であれば自身の火力も十分に期待出来る。
基本的には味方の火力アップ専念するのがオススメ。
また火属性スキルを持つスタイルは他に[黎明のエモーショナル・ソウル]茅森月歌がおり、同時に獲得するとシナジーを得られるので狙う価値有り。

 

23位:[終末ロリータ白書]菅原千恵
キャラ性能&個別評価

敵の火力を下げつつヘイトアップを行える打属性のディフェンダー。
攻撃力デバフは敵単体と対複数戦は若干苦手
しかしヘイトアップ効果のスキルを習得してからは前述した攻撃力デバフと相まってディフェンダーとして高い性能を発揮。
さらにヘイトアップの効果と同時に全体攻撃も行えるなど、汎用性が高く便利枠。
そのうえ初期スキルのリカバーにてDP回復まで出来る。
突出した性能ではないが、使い勝手が良くパーティにいると安定感が高まるタイプ。

 

24位:[エクスペリメンタルなキミ]天音巫呼
キャラ性能&個別評価

防御力ダウンを豊富に行える突属性のデバッファー。
攻撃の起点としても使える性能となっており、自身では全体攻撃も可能。
なおかつスキル1つ目の全体攻撃は自身のクリティカル率アップも行える為、火力も高め。
防御力を下げる事で敵へのダメージを通しやすく、ボスなどの高耐久の敵に対して有利。
最優先で獲得するようなタイプではなく、2番手/3番手での獲得がオススメ。

 

25位:[夜空のShining Star]豊後弥生
キャラ性能&個別評価

超高威力の氷属性攻撃を習得できる氷/突属性のブレイカー。
1つ目のスキルで敵の氷属性防御を下げ、2つ目のスキルで氷/突属性の超高火力攻撃とダメージソースとしての性能は非常に高い。
しかし超高火力スキルは確率で失敗してしまうなど、デメリットもある。
失敗時にはダメージが大幅に下がり、なおかつ使用回数とSPもしっかりと消費
運に左右される部分がある為、安定感が低いのがネック。
しかし単体火力だけで言えば間違いなくトップクラス。
長所と短所がはっきりしたタイプといえる。

 

総合評価

SSスタイルはどれもS/Aスタイルに比べて強力ですが、唯一無二のDP復活スキルを持った[気合一閃エンジェルセイラー]國見タマを最優先で獲得しておく事をオススメです。
その他はある程度役割が被っており、汎用性の高さで狙うのが良いでしょう。
属性/役割に応じて活躍する場所などがあるので、出来れば幅広く複数のスタイルを獲得しておくのがおすすめ。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強Sスタイルランキング

1位:[ときめきアークライト]國見タマ
キャラ性能&個別評価

前衛のSP回復、全体のDP回復を行える生粋の斬属性ヒーラー。
回復能力に特化しており、後列キャラのDP回復まで行えるのはかなり優秀。
SSスタイルである[気合一閃エンジェルセイラー]國見タマはDP復活スキルを持っている為、ダントツでヒーラー1位性能だがこちらも便利。
ダメージソースはSSスタイルで確保し、バフ/回復能力持ちをSスタイルでカバーするならこのキャラはオススメといえる。

 

2位:[木漏れ日のソナタ]華村詩紀
キャラ性能&個別評価

斬属性のバッファータイプ。
前衛のスキル攻撃力アップ、味方全体をスキル強化状態に出来るバフ特化の性能のキャラ。
スキル強化状態はスキル攻撃をしなければ減らないので後衛キャラと後退させて攻撃を行う場合に便利な効果。
さらに習得するバフは1つずつ重ね掛けが出来る為、ボス/プリズムバトル等といった火力を出したい場合に編成しておくとバフ役として高い効果を発揮。
ただし、自身にダメージソースが無くスキル攻撃力アップのバフを自身で消化出来ない点はネックポイント。
Sスタイルの為、全体的にSSスタイルには劣るもののバフ能力は非常に重宝する。
またアビリティで自身が前衛の時に後衛キャラのSP+1が出来るのもスキル回転率を上げるのに便利な効果。

 

3位:[嗟歎のスリーパー]東城つかさ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

突属性のバッファータイプ。
初期スキルは前衛に対してスキル攻撃力アップのエンハンス、さらにこのSスタイルでは後列に対しても同様の効果を与えられるフィルエンハンスを付与。
同じくSスタイルの[木漏れ日のソナタ]華村詩紀も同様のバフスキルを持ち合わせている為、バフ要員としてなら正直どちらを獲得しても問題無し。
ただし元々SSスタイルの[メメント・モリの美少女]東城つかさを獲得しているのであればバフ以外にもダメージソースを持ち合わせているので幅広い運用が可能になる。
手持ちキャラにSS東城つかさがいるなら運用幅を広げる為に獲得しておくのも有り。

 

4位:[疾走エクスタシー]大島六宇亜
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

突属性のヒーラータイプ。
前衛回復のリカバー、全体回復の我忘恍惚を保有する回復特化の性能。
ただし全体回復に関しては使用後、1ターンの硬直があるので連続して行動が出来ない点には注意。
同じSスタイルの[ときめきアークライト]國見タマは硬直無しでの全体回復を持ち、SSスタイルの[気合一閃エンジェルセイラー]國見タマは高コストだがDP復活の全体回復、[魔法の国のエレメンタル]國見タマは回復&スキル攻撃力アップを持つなど上位互換が多い。
前述したスタイルをどれも確保出来ていないのであれば回復要員として狙っておくのも有り。

 

5位:[戦場のフレット]茅森月歌
キャラ性能&個別評価

斬属性のアタッカータイプ。
保有スキルは共に単体攻撃で単体火力枠として優秀
中でも特筆すべきは2つ目に習得できる対DP+30%が付与されたスキル、フルブレイカー
このスキルがあればブレイカーとしてもアタッカーとしても非常に優れた役割を発揮。
1章Day3クリア時後にはSSスタイルである[閃光のサーキットバースト]茅森月歌を獲得出来る為、スキル要員として獲得しておけば長期間斬属性の火力枠として活躍してくれる。
SSスタイルを差し置いての優先度は低いが、獲得しておくと便利なタイプ。

 

6位:[武を成すは天に在り]李映夏
キャラ性能&個別評価

斬属性のバッファータイプ。
前衛のスキル攻撃力アップ、さらに攻撃と同時に防御力ダウンのスキルを保有。
完全に味方の火力アップを狙った性能となっており、サポート能力が高いキャラ。
SSスタイルのように主戦力になれないSスタイルだからこそ、こうしたスキル性能が有難い。
火力面では役に立たないものの、そこはSSスタイルのアタッカーに任せれば問題無し。

 

7位:[滅私奉公のトラスト]柳美音
キャラ性能&個別評価

突属性のヒーラータイプ。
前衛のDP回復スキルに加え、二つ目のスキルでは全体攻撃が可能。
さらにダメージに応じて自身のDP回復も行えるなど、対複数の雑魚処理役にも便利。
消費するSPも低く、コストパフォーマンスも良いのでアリーナでの突属性攻略の編成に組み込むのも有り。
当然SSスタイルに比べると性能は見劣りするが、キャラ数が揃っていない序盤では重宝する。
1体でも戦闘不能になれば速ゲームオーバーになるので回復スキルはかなり重要。

 

8位:[多彩なるインスピレーション]石井色葉
キャラ性能&個別評価

突属性のバッファータイプ。
前衛にスキル攻撃力アップのバフ、2つ目のスキルでは攻撃と同時に確率でSP回復が可能。
スキル攻撃力アップなどの火力バフは強敵/高難易度では勿論、ダンジョンといった雑魚処理の際にも便利に運用出来る。

 

9位:[Sign]白河ユイナ
キャラ性能&個別評価

斬属性のアタッカータイプ。
ダメージソースとなる初期スキルは対HP+30%とアタッカーとして優秀。
さらに2つ目のスキルでは前衛のスキル攻撃力アップ&自身に追加ターンの効果。
バフ役としても活躍しつつ、同時にアタッカーとして火力を出せるのもポイント。
ただし追加ターンを獲得しても直後に攻撃スキルを発動するだけのSPが必要
ダンジョンなどの戦闘後もSPが持越しされるような場所での運用がオススメ。

 

10位:[Impact Stream]逢川めぐみ
キャラ性能&個別評価

打属性のデバッファータイプ。
初期スキルは確率スタン、2つ目のスキルでは防御力ダウンを付与可能。
スタン効果は確率だが、強敵との戦闘において非常に重宝する。
さらに防御力ダウン効果の攻撃も、攻撃力/スキル威力バフを持つキャラと組み合わせると高火力を発揮出来るのでオススメ。
ただし、同じスタン特化の性能を求めるのであればSSスタイルである[Ikki Burst Strike]逢川めぐみの方を狙いたい。

 

11位:[神祠見舞う儚さかな]桐生美也
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

突属性のデバッファー。
全体突属性攻撃&脆弱状態に出来る薙の矢を保有。
Aスタイルから呪怨の矢を持ってくることで単体/複数のどちらでも対応出来るようになる。
脆弱効果は弱点攻撃のダメージを底上げする効果となっており、他のバフ/デバフなどと組み合わせる事でダメージアップにも貢献。
特にプリズムバトルなどでは決まった弱点の敵を相手にするので組み込みやすい。
Sスタイルなのでそこまで性能は高くないが、火力補助の要員としては使えないこともない。

 

12位:[雪華ノスタルジア]シャルロッタ・スコポフスカヤ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

突属性のデバッファータイプ。
特筆すべきは消費SPを全て使用する単体攻撃
消費するSPに応じて威力が上昇する為、デバッファーでありながらも火力枠として採用可能。
ただしSSスタイルと比べてSスタイルはステータスが低く、かなり育成しないと運用は難しい。
突属性のSSスタイルがいないなら運用も有りだが、あえて狙ってまで育成・運用する必要は無い。
ただこのキャラのSSスタイルが出た時にはかなり強力なボスキラーに成り得る為、同時実装されている[一夜の夢]逢川めぐみ/[真宵晴るれば、一閃心静]月城最中のいずれかを狙うついでに獲得しておきたいところ。

 

13位:[痛いの痛いの飛んでけ~♪]室伏理沙
キャラ性能&個別評価

突属性のヒーラータイプ。
味方前衛のDP回復スキル、さらに攻撃時に確率でSP回復効果のスキルを習得。
DP回復能力持ちは全体を通して複数獲得しておくと便利。
AスタイルでもDP回復スキル持ちのキャラがいるものの、SS/Sスタイルと比べてステータスが圧倒的に低く強敵との戦闘時には役に立ちにくい。
その為、ヒーラーを編成するのであればSスタイル以上が必須。
1体でも戦闘不能になってしまえばゲームオーバーになるので回復役の重要性は高い。
[気合一閃エンジェルセイラー]國見タマを確保しているなら他ヒーラーは後回しでOK。

 

14位:[戦線キャットウォーク]大島二以奈
キャラ性能&個別評価

斬属性のブラスタータイプ。
初期から使えるスキルは破壊率(大)&確率でSP回復のオマケ付き。
2つ目のスキルでは全体攻撃&自身のDP回復を行える生存率の高さが魅力。
SスタイルはSSスタイルに比べてステータスが低く、耐久力に欠ける。
その為、ヒーラータイプとの編成は必須になるがこうした自身でDP回復が出来るようなキャラは耐久力の低さをある程度カバー出来るので編成に組み込みやすい。

 

15位:[最前線のブルワーク]朝倉可憐
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

Sスタイルの斬属性ブラスター。
習得出来る技で消費SP9の単体攻撃である狂乱舞があり、こちらは単体ボス等で有用。
SSスタイルである[紅蓮月華のKillrazor]朝倉可憐は中威力の単体技を持っておらず、このスタイルを獲得しておけば単体ボスへの技マシン運用が出来る
SSスタイルの朝倉可憐を獲得していないのであれば、優先度は低いが斬属性ブラスターが手持ちに居ないなら育成しておけば十分役立つ性能といえる。

とはいえ、ブラスタータイプのキャラを狙うのであれば[レイジング・ビースト]ビャッコ/[紅蓮月華のKillrazor]朝倉可憐のいずれかを優先するのが先。

 

16位:[黄昏、久遠の夢]月城最中
キャラ性能&個別評価

※行動観察極秘報告書イベントの交換所で交換可能

イベントで交換出来る打属性のアタッカー。
自身のスキル攻撃力を上げ、トークンを得られる上に追加ターンのスキル空を持つ
SPさえあれば1ターンでトークンを多く稼げる為、[真宵晴るれば、一閃心静]月城最中の性能を大きく底上げ出来るのが特徴。
実際SS月城最中が持つ専用スキルの羅刹はトークンの数だけ威力アップし、3凸時にはトークン1個に付き攻撃力5%アップのパッシブ効果も獲得出来る。
その為、SS月城最中がいる場合に大きく役立つ性能のキャラといえる。
イベントで獲得出来るキャラなので、前述したキャラを獲得した時に備えて必ず交換しておこう。
自身はSスタイルだがトークン1個に付き防御力7%アップがあるので、十分耐久面では役立つ。

 

17位:[積乱雲]水瀬すもも
キャラ性能&個別評価

斬属性のブレイカータイプ。
スキルは共に単体攻撃だが、対DP+30%攻撃時に自身のスキル攻撃力を底上げ可能。
火力アップのスキル持ちとなっており、攻撃力バフ持ちのキャラと組み合わせる事で高い火力を発揮してくれる。
しかし初期SPが固定されているような戦闘では最大火力を発揮し辛く、SP持ち越しが出来るダンジョンのような場所で真価を発揮するタイプ。
SSスタイルに比べて全体的にステータスが低いので最大火力を発揮する前に落とされかねない点がネック。

 

18位:[夢幻のSleeping Ocelot]和泉ユキ
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

スキル「クールダウン」を習得できるSキャラ。
このスキルの効果は自身のスキル攻撃力を大きく底上げ出来る為、SS[終いのSpitfire]和泉ユキにセットして火力アップを狙う事も可能。
またその効果量も[生者のホメオスタシス]樋口聖華が保有する「ドーピング」と同程度。
対象が自身のみな点はネックだが、「ドーピング」のように防御力ダウンのデメリットが無く優秀。
あくまでもメインで運用するような性能ではなく、SSキャラに足りない火力補填のような存在。
SS和泉ユキを確保しているのであれば狙うのも有りだが、他のバフキャラで火力の底上げは代用可能。

 

19位:[魔王の帰還]山脇・ボン・イヴァール
キャラ性能&個別評価

斬属性のアタッカータイプ。
スキルは共に単体攻撃で対HP+30%が付与されている。
ブレイクした後、敵HPを削りやすくフィニッシャーとして便利。
しかしSスタイルである以上、ステータス面での難とダンジョンなどの難易度が高くなった際には後衛でSPを溜めておくような状況にしないと使い辛い。
敵にトドメを刺すような時に運用するのであれば有りだが、あえて優先して獲得するようなタイプではない。
アタッカーならやはりSSスタイルがオススメ。

 

20位:[マーベルアプローチ]伊達朱里
キャラ性能&個別評価

※この星に紡ぐ一手イベントの交換所で交換可能

打属性のブレイカータイプ。
イベントで獲得出来るキャラとなっており、最大覚醒までをイベント交換所内の素材で行える
SスタイルなのでSSスタイルに比べると性能は見劣りするが、確保&育成までは済ませておきたい。
単体攻撃/全体攻撃のスキルを持ち、共に対DP+30%の追加効果
単体攻撃ではオーバードライブゲージの上昇も行えるが、火力は残念。
運用するのであればダンジョン周回になるものの、高難易度のシャトルランでは厳しいので注意。
ただ打属性キャラは少なく貴重な為、育てておく事に越したことはない。
決して強くはないが最大覚醒まで出来るので最低限そこまでは済ませておこう。
アビリティで前衛の闇属性スキル攻撃力アップを持っており[無上の終局]二階堂三郷/[真宵晴るれば、一閃心静]月城最中のいずれかとは相性が良く火力補助が可能。

 

21位:[手のひらのパーフェクション]豊後弥生
キャラ性能&個別評価

突属性のブレイカータイプ。
性能は至ってシンプルで初期スキルで単体攻撃、2つ目のスキルで全体攻撃が可能。
また2つのスキルには両方とも対DP+30%が付与されているので、DP破壊に便利。
SSスタイルキャラと並行して使うのは難しいが、序盤のアリーナや突属性のブレイカーが足りない場合の補填役としては十分運用可能。

 

22位:[韋駄天配達人]大島三野里
キャラ性能&個別評価

打属性のアタッカータイプ。
初期スキルは対HP+30%が付与されており、フィニッシャーとして便利。
スキル2は高威力だが、使用後に1ターン行動不能とデメリットを保有。
SSスタイルのキャラでもスキル使用後に行動不能の効果を持つものがいるものの、威力を考えてSスタイルのそうしたデメリット持ちを獲得する必要は低め。
アタッカーを求めるのであればSSスタイルで無ければ後々火力不足に悩むことになる。

 

23位:[在りし日の雑踏]柊木梢
キャラ性能&個別評価

※Requiem for the Blueイベントの交換所で交換可能

イベントで交換出来るSスタイル。
斬属性のデバッファーとなっており、習得スキルにて雷属性防御を下げられる
その為、[生者のホメオスタシス]樋口聖華/[嬉々迫るフォール・イン・ラヴ]水瀬いちご/[残光]水瀬すももといったキャラと組み合わせる事で雷属性スキルの火力アップが可能。
さらに完凸時にも雷属性のスキル強化を獲得出来るなど、雷属性スキルを持つキャラの補助に特化。
ただし自身は雷属性スキルを持ち合わせておらず、自身への恩恵は得られないのがネック。
役割とSスタイルである事を思えばメイン運用する機会は少ないが、イベント周回のみで完凸出来る&雷属性への補助能力が手に入るのは大きなメリット。
編成幅を広げる為にも必ずイベント周回&キャラ育成までは済ませておきたい。

 

24位:[彼岸の人斬り]夏目祈
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

斬属性のアタッカー。
Aスタイルでスキルチャージが可能な「残心」を習得し、このスタイルで防御力を犠牲に高火力の全体攻撃である「瞬刃」を使用出来る
対HP+30%の効果も相まってSスタイルで有りながらも全てのバフが乗った際には高い火力を発揮。
とはいえ強力な単体スキルを持ち合わせていないのでメインアタッカーとしては火力不足。
スキル自体は優秀な為、SSスタイルが実装されると化ける可能性は大きい。
ダンジョンなどでエクストラターンを獲得していると防御力ダウンのデメリットも解消出来る上に所持スキルのヒット数も多い為、周回要員/ゴールドホッパー狩りに運用可能。
ただメインで使うには厳しい性能といえる。

 

25位:[微光の兆し]神崎アーデルハイド
キャラ性能&個別評価

※優しさと切なさと心強さとイベントの交換所で交換可能

イベントで交換出来るSスタイル。
イベント周回を行う事で限界突破など育成に必要な素材も交換出来る為、育成難易度が低い
手持ちキャラが少ない序盤、特に無課金勢には非常に有難いキャラといえる。

斬属性のブレイバータイプで、初期スキルで破壊率(大)の全体攻撃を保有。
コストもSP6とそこまで悪くないので、育成しておくと周回に便利。
また2つ目のスキルでは自身の連撃数を2~3回アップ出来る為、ボス戦等では効率良く破壊率を稼げるのもポイント。
さらにパッシブ効果で前衛の氷属性のスキル攻撃力12%アップなども獲得出来る為、[甘美のMuzzle]佐月マリ/[夜空のShining Star]豊後弥生などとシナジーを得られるのも魅力的。

 

26位:[清流に坐す]蔵里見
キャラ性能&個別評価

斬タイプのブレイバー。
初期スキルで連撃、2つ目のスキルで全体攻撃を行えるキャラ。
スキルの両方で破壊率(大)が付与されているのでボス/強敵を相手にした場合に便利。
しかし似たような性能で上位互換に[紅蓮月華のKillrazor]朝倉可憐がいる為、狙うのならそちらがオススメ。
Sスタイルは基本的にアタッカーとして火力不足で、なおかつ育成も手間。
優先度が高いのはヒーラー/バッファータイプがオススメ。

 

27位:[静寂閑雅のレスト]小笠原緋雨
キャラ性能&個別評価

※ピックアッププラチナガチャより排出

突属性のブレイカー。
DP破壊に特化した性能となっており、習得スキルには対DP+30%に加えてオーバードライブゲージ上昇効果も付与。
基本的に周回や短期戦においてはオーバードライブは不要。
ボスやプリズムバトルといった強敵との戦闘において役立つ効果といえる。
とはいえSスタイルはSSスタイルに比べて明らかに耐久面で劣る為、長期戦自体に不向き。
その為、オーバードライブゲージ上昇効果があっても高難易度では役立つ機会が少ないのがネック。

 

28位:[セツナ・memory]蒼井えりか
キャラ性能&個別評価

打属性のデバッファータイプ。
初期スキルで攻撃と同時に自身のDP回復、習得する2つ目のスキルでは自身のDP回復&ヘイトアップの効果を獲得出来るキャラ。
2つ目のスキルで行うDP回復の上限は120%まで上限突破出来る為、生存率は割と高め。
ヘイトアップ効果でタンクとしても運用出来るものの、Sスタイルなのでしっかりと育成しないと厳しい。
SSスタイルとのステータス差も大きく、育成の優先度も当然SSスタイルの方が先。
その為、タンクを編成するよりもヒーラーを編成する方が効率的といえる。

 

29位:[ベイカー街の軌跡]アイリーン・レドメイン
キャラ性能&個別評価

突属性のブレイカータイプ。
初期スキルは単体攻撃に対DP+30%が付いている至ってシンプルな効果。
しかし特筆すべきは2つ目のスキル。
次のターン開始時、対象のSPを3まで回復出来る特殊な効果を持つ。
3まで回復というスキル効果の性質上、正直使いどころが難しい
ダンジョンのような場所ではSPが持越しされるうえに、3までしか回復出来ない点でリセマラでの優先度は低め。

 

総合評価

基本的にSスタイルはSSスタイルよりもステータスが低く、習得できるスキルも少ないので優先度は必然的にSSスタイルの方が上といえるでしょう。
自身のプレイスタイルでアタッカー/ヒーラーといった主軸となるキャラをSSスタイルで獲得し、足りない部分をSスタイルで補完するような形になるので火力などに影響しないバフ役やヒーラータイプを入手するのがオススメです。
常時前衛で戦闘を行うようなアタッカー/ブレイカーをSスタイルで入手した場合、敵火力が高まった際に落とされる確率が高くなるので注意。
1体でも戦闘不能になればゲームオーバーになる以上、ステータスで劣るSスタイルはバフ/ヒーラーといった前衛/後衛の入れ替えが利く役割を狙いたいところです。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

  • 名前:ヘブンバーンズレッド
  • 会社:WFS, Inc.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 

 



 




コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。