【テラオリジン(てらおり)】リセマラ当たり最強SSR+キャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【テラオリジン(てらおり)】リセマラ当たり最強SSR+キャラランキング

【テラオリジン(てらおり)】リセマラ当たり最強SSR+キャラランキング

「TERA ORIGIN(テラオリ)」のリセマラ(ガチャ)にて最優先で狙うべきおすすめSSR+レイヴンをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!






 
 

 
 

-関連記事-

【テラオリジン(てらおり)】最初に選ぶべき職業おすすめ最強ランキング

 
 

 
 

SSR+レイヴン最強ランキング

1位:次元の主 ナルシエル
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

攻撃型のレイヴンで、他よりも火力面が突出している。
アクティブスキルにより範囲攻撃+最大5人の味方のクールタイムをリセットを行える為、スキルの回転率を大きく早められる点が非常に優秀。
パッシブスキルでも与ダメージ増加/被ダメージ減少の効果が大きく、シンプルに使い易い性能が魅力。
クセが無く、あらゆる場面で腐らない性能となっているので序盤で優先して狙っておきたい。

 

2位:終末の影 カシュマール
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

広範囲の敵に対してダメージを与えられ、同時に対象の敵へ被ダメージアップの効果を付与
その為、味方に対しての火力アップ効果も期待出来る点が有難い。
パッシブ効果によりダメージを与える度に与ダメージ増加していき、最大で10回まで重複可能
10回まで重複した際には更に与ダメージアップの効果を得られる為、火力面では非常に高め。
攻撃型を狙う場合の優先度は非常に高い。

 

3位:原初の竜 カルザーク
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

終末の影 カシュマールと同じく、範囲攻撃時に被ダメージアップの効果を付与可能。
パッシブスキルは次元の主 ナルシエルと同様に与ダメージアップ/被ダメージダウンの効果を豊富に持つ。
上位の攻撃型レイヴンは性能が似ており、上位ランクならばどれを入手しても優秀。
ただ味方のスキルクールタイム等、唯一性の高い効果を持っているのは次元の主 ナルシエルのみとなっているので比べるとその僅かな差で劣るくらい。
このレイヴンも十分強力な性能を誇る。

 
 


 
 

4位:幻想の神獣 キュミン
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

サポート型のレイヴン。
アクティブスキルにより、最大味方5名に対してリジェネ効果+攻撃力バフを付与出来る。
生存率アップ/火力アップを同時に行える非常に優秀な性能を誇る。
サポート型の中でも屈指の使い易さとなっており、一部攻撃型よりも優先して入手するのも有り。
ステータスは上位ランクのレイヴンと同じく高く設定されているので、パーティ全体の事を考えるのなら狙っておくのも悪くない。

 

5位:修羅の旅人 ヤクーシャ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

範囲攻撃+操作不可解除+免疫付与のアクティブスキルを保有。
火力の高い攻撃型ではあるものの、スキル自体はサポート能力が高め。
尚且つ、パッシブスキルでも自身のHP回復などを保有しており他の攻撃型と比べて若干違った運用が可能となる。
火力自体は高く、異常解除などのサポート能力を使える汎用性の高さがポイント。

 

6位:千年の叡智 プリマ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

アクティブスキルは範囲攻撃+対象に被ダメージアップの効果。
さらにパッシブスキルで、対象のHP減少量に応じて最大20%の与ダメージアップを得られる。
対象のHPが減っていくほどに火力が上がっていく性能となっており、最大火力を出すまでの初速がやや遅め
ただ、ステータス面でいえば上位ランクのレイヴン同様にトップクラスとなっている。
最大火力に達するまでの差でこの順位。
攻撃型のレイヴンとしては十分優秀な部類。

 

7位:導き手 ラフカ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象外

アクティブスキルは他の上位ランクのレイヴンと違い、5秒間の継続ダメージ
ただ、スキルの倍率は高く同時に被ダメージアップの効果も付与可能。
その為、敵が密集しているところで使えば大きな効果を発揮してくれる。
パッシブ効果で30秒毎に15秒間与ダメージアップの効果を持ち、バフ効果にダメージを受ける事で最大HPの3%を回復出来る。
回復量は心許ないが、火力も高く優秀な攻撃型。
ただ、アクティブスキルは継続ダメージとなっているので対象が範囲外に出た場合にはダメージを与えられなくなる点がネック。

 

8位:人間の観察者 シャリート
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

防御型の中でもトップクラスの性能を誇るレイヴン。
味方5名に被ダメージ軽減+範囲内の敵に対して与ダメージダウンを付与可能。
被ダメージ軽減の材料が豊富に揃っているだけでなく、攻撃が成功する度に火力が上がるパッシブスキルも保有している。
パーティの防御面を厚くするのなら間違いなく選んでおきたい。

 

9位:呪いの人形術士 ノーラ
キャラ性能&個別評価

範囲内の敵に対してダメージ+与ダメージ低下を付与。
攻撃型で有りながらも被ダメージ軽減に貢献出来る為、シャリートなどの防御型と合わせても運用可能。
上位トップクラスのレイヴンと比べると戦闘力は若干低めとなっているが、組み合わせによって幅広く使える点が魅力。
攻撃特化なら上位ランクのレイヴンを選択するのが正解ではあるものの、被ダメージも下げたいのなら十分狙う価値のある性能といえる。

 

10位:魅惑の踊り子 ネフェルタ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

アクティブスキルにて範囲内に継続ダメージ+ボスを除く敵に対して攻撃不可を付与出来る。
攻撃不可を付与する事で、被ダメージが大幅に軽減され戦闘を優位に運べる。
尚且つ、効果時間も4秒と長く一気に畳みかける事も出来たりと使い勝手も良い
被ダメージ軽減にも使え、敵の攻撃手段を奪えるので使いどころは豊富。
ステータスはトップクラスではないが、使用感は上位に食い込む。

 

11位:迷路庭園の猫 イルア
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

最大5名の味方に被ダメージ大幅ダウンの効果+敵対象に与ダメージダウンの効果を付与。
防御型として高い性能を誇り、大きく味方の被ダメージを減らせるのが魅力。
パッシブスキルにより、被ダメージダウンを得られるだけでなく移動速度アップの効果も得られる。
これによって敵からの攻撃を避け易くなるのでダメージ軽減に大きく貢献出来る。
ステータス自体はトップ層にやや劣り気味だが、防御面で非常に高い効果を発揮してくれる。

 

12位:桜のささやきサナ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲ダメージ+対象に被ダメージ増加の効果を付与するスキルを持つ。
攻撃型のレイヴンで、スキルの性能も攻撃重視となっているので使い易い。
パッシブスキルは失われた怒りの失われた怒りのアビヤドと同様に減速付与+減速状態の敵へ与ダメージアップの効果。
火力だけでいえば非常に高く、攻撃型として運用し易いのが魅力。
爆砕の少女 ベリタと似たような性能だが、あちらはHP50%以下にならないと真価を発揮出来ないのでこちらの方が使い易い。

 

13位:爆砕の少女 ベリタ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲攻撃+味方5名の与ダメージアップのスキル効果。
攻撃型で有りながらも味方に火力バフを付与出来る為、サポート型のレイヴンと編成する事で大きな効果を発揮してくれる。
ステータスはトップ層のレイヴンに比べるとやや劣るものの、十分優秀。
パッシブスキルにより、HP50%以下になると与ダメージアップ/被ダメージダウンの効果を得られるのもピンチ時の逆転材料になる。

 

14位:天上の歌声 リニア
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

最大5名の味方にHP回復を付与+操作不可解除+免疫付与の効果。
ヒーラーとしての性能に特化しており、火力アップ等が行えないのが難点ではるが復帰力を重視する場合にはオススメ。
サポート型のレイヴンである幻想の神獣 キュミンは継続回復となっており回復に若干時間を要する。
その点こちらは一瞬で回復してくれるのでオススメ。
ただ、そこまで回復に特化した性能を優先する必要性は少ないのでこのランク。

 

15位:失われた怒りのアビヤド
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲攻撃+最大5名の味方にクリティカル発生増加を付与するアクティブスキルを保有。
クリティカル発生となっており、大きなダメージを頻繁に与えられる為火力の底上げにも期待出来る。
パッシブスキルはチャージ状態で攻撃を行い、減速を付与
減速時の敵に対して与ダメージアップと単体で自身の火力を底上げ出来るのがポイント。
尚且つ、減速効果は戦闘を優位に運ぶ点でも有難い。

 

16位:初めての友達 キアラ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

最大で5名の味方に対して被ダメージダウン+回避増加の効果を付与。
防御と回避を上げる事で被ダメージを大きく軽減してくれる。
ただ、回避に関してはそこまで安定して効果を発揮してくれるものではないので期待値は低め。
パッシブ効果は対象のHP減少量に応じて与ダメージアップの効果となっており、初速が足りないのがネック。
上位ランクのレイヴンを狙う事をオススメする。

 

17位:祝福の猫 シルフィ
キャラ性能&個別評価

最大5人の味方に対して攻撃力の28.9%の継続回復を付与可能。
継続回復且つそこまで回復量も多くは無いので復帰力は低め。
一括での回復を求めるのなら天上の歌声 リニア、同じ継続回復型としても幻想の神獣 キュミンを狙った方がヒーラーとしての性能は高い。
ただ、同時に周囲の敵に対して攻撃不可を付与出来る為安全に回復を行える点は魅力。
ボスには効かないのであくまでも雑魚敵との戦闘のみだが、周回等では重宝する性能。

 

18位:狂乱の裏切り者 ピレニン
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲内にダメージ+5名の味方にクリティカル威力増加を付与するスキルを持つ。
クリティカル威力増加は、クリティカル発生増加の付与効果を持つレイヴンと一緒に編成しないとそこまで恩恵を得られないのがネック。
その為、狙うのならクリティカル発生率を上げられるレイヴンの方が需要がある。
攻撃型ではあるが突出した部分が少ない為、入手は後回しでも問題ない。

 

19位:蒼き灰燼のメリアル
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲内に継続ダメージを与えられるが、導き手 ラフカよりもダメージは劣る。
その分味方5名に対してクリティカル威力増加の効果を付与可能。
しかし、クリティカル確率を高める訳ではないので確率だけでいえばそこまで恩恵は得られない。
パッシブは1秒毎に与ダメージ1%増加で最大15%まで重複可能
性能的には既に上位互換がいるのでこのランク。

 

20位:悪徳の体現者 タイタス
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲内に継続ダメージ+最大5名の味方にクリティカル威力増加のスキルを保有。
蒼き灰燼のメリアルと似た性能となっており、どちらを入手するのも特に変わらない。
ただ、こちらのパッシブ効果はHP減少量に応じて効果を発揮するものとなっており初速が遅め
HP縛りの条件を好まない場合にはメリアルがオススメではあるが、いずれも上位互換が存在するので優先度はそこまで高くない。

 

21位:平和の護り手 クレイグ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

アクティブスキルにより範囲攻撃+味方に回避増加を付与出来る。
パッシブではHPが50%以下になった時に与ダメージアップ/被ダメージダウンの効果を得られるが、攻撃型としての性能はトップ層に比べてやはり劣り気味。
それどころか、火力だけで言えば中堅層にもやや劣る
その為、あえて狙うようなレイヴンではない。

 

22位:愛に狂う精霊 アルフィ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

アクティブスキルにより範囲内に継続ダメージを与え、対象に回復不能効果を付与出来る。
回復能力を持つ敵と対峙した際には高い効果を発揮出来るが、上位レイヴンを獲得すれば火力で吹き飛ばせるので序盤であえて狙うようなスキルではない。
パッシブは対象のHP減少量に応じて与ダメージアップの効果。
初速が遅く、継続ダメージの火力自体も上位互換がいるので優先度は低め。
ちなみに図鑑で発するセリフがかなり…。

 

23位:紅の誘惑 レディ・ヴァンピール
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

味方5名を回復+周囲の敵に対して回復不可を付与するスキル持ち。
回復能力に特化したレイヴンは天上の歌声 リニアなどがいるのであえて狙う必要性は薄い。
パッシブ効果により、周囲の敵を気絶させられる効果を保有していたりと様々な運用が可能。
ただ、回復だけを重視するのならリニアを獲得しておいた方が無難。

 

24位:死の妖精 ロコ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲攻撃+最大5名の味方に回避増加の効果を付与出来るスキルを持つ。
回避する事で被ダメージを大きく軽減が出来るものの、確実性に欠ける点がネック。
パッシブ効果はチャージ中にダメージを受けると2メートル範囲の敵を気絶させる効果。
範囲も狭く、ボスには効かない効果時間が3.5秒とかなり長め
囮に使って敵が集まったところで一気に気絶を付与出来れば優位に戦闘を展開出来る。

 

25位:復讐鬼 アルメテウス
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

防御型のレイヴン。
アクティブスキルは最大5名の味方の被ダメージを大幅ダウン+自身の最大HPアップの効果。
パッシブスキルはHP減少量に応じて被ダメージダウンの効果を持つなど、防御に突出した性能。
ステータスはトップランクのレイヴンに比べて劣ってしまうので優先度は高くはないものの、被ダメージ減少の効果は後半で大いに役立つ性能といえる。
ただ、上位の防御型に上位互換がいる為そちらを狙いたい。

 

26位:忠実なる者 エヴァン
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

アクティブスキルは味方5名に対して最大HP増加+クリティカル抵抗増加の効果。
防御型であるものの、被ダメージ軽減ではなく最大HPを増やすタイプの性能。
しかし、効果時間は10秒と短くそこまで効果には期待出来ないのが残念。
ステータスも同じSSR+の中では低めに設定されているので優先度は低め。

 

27位:原理の探求者 アトラス
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

範囲内に継続ダメージ+味方5名に命中増加の効果をアクティブスキルにて付与可能。
ステータスがやや低めに設定されている攻撃型となっており、スキル自体もそこまで優秀とは言い辛い。
上位ランクのレイヴンとまではいかないが中堅どころの攻撃型レイヴンを狙っておく方が十分活躍してくれる。
そこまで狙って得る価値のあるキャラとは言い難い。

 

28位:亡霊の墓守 バンシー
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象

防御型のレイヴンで味方に被ダメージダウン+回避増加を付与するスキルを持つ。
上位ランクで同様のスキルを持つレイヴンが存在するので、あえてステータス性能が低く設定されているこちらを狙う必要はない。
キャラ愛があれば話は別だが、性能だけで見れば優先度は低い。

 

総合評価

同じSSR+のレイヴンの中でも戦闘力に違いがあり、同じタイプのレイヴンでも差があります。
スキルの威力などにも影響してくるのでなるべくなら7位までのレイヴンを狙うようにしましょう。
ただ、7位までのレイヴンに関しては引き直しガチャ対象外となっていますので若干獲得の難易度が上がるので注意。
それ以外のSSR+に関しては全て引き直しガチャで獲得出来るので引き直しガチャでは8位~のレイヴンを狙うようにして下さい。

最初に選ぶべき職業おすすめ最強ランキングも是非ご参考に。
 
 

SR+レイヴン最強ランキング

1位:湖のセイレーン
キャラ性能&個別評価

スキルにて継続回復+クリティカル発生率増加の効果を持つ。
回復だけでなく、火力の底上げにも貢献出来る性能となっているのでSR+の中ではオススメのレイヴン。
パッシブにより、自身の火力アップ回復要素もあるので使いやすい。
SSR+が最優先ではあるが、これだけの性能を持っているのならアタッカーをSSR+で確保してSR+のヒーラーとして運用するのもアリ。

 

2位:暗殺者の休息 カリル
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方5名に火力アップを付与出来るスキル持ち。
パッシブ効果により、移動速度増加/被ダメージダウン/与ダメージダウンの効果を得られる。
火力が高く、尚且つ殲滅力も高いレイヴンとなっているので攻撃型を狙っている場合にはオススメ。
攻撃型として必要な能力を全て持っているといっても過言ではないのでSR+の中では狙っておいて損は無い。

 

3位:原理の探求者 プリマ
キャラ性能&個別評価

高威力の範囲攻撃+被ダメージアップの効果を敵に付与可能。
これぞ攻撃型といえる性能となっており、SR+レイヴンではトップクラスの火力を誇る。
クリティカル関係のバフとは違って、他に依存せずに火力を高められるので非常に使い易い。
勿論、クリティカル関係のバフを組み合わせる事で更に高い効果を発揮出来る。
SR+の中では優秀なアタッカー。

 

4位:亡霊王 カシュマール
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+被ダメージアップを付与出来る攻撃型のキャラ。
原理の探求者 プリマと似たような性能になっている為、正直どちらでもアリ。
似たような性能に加え、尚且つ戦闘力が上位のレイヴンは攻撃型が多く差がほとんどない。
僅かな差でこのランクになっているので攻撃型を狙うのなら上位ランクであればそこまで変わらない。
攻撃型として優秀な性能となっており、獲得して後悔はしないだろう。

 

5位:処刑人 ヤクーシャ
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方の操作不可解除/免疫を付与するスキル持ち。
パッシブでは30秒毎に攻撃力アップ/バフ状態で被ダメージするとHP回復など、攻撃型でありながらも耐久面やサポート能力が高い性能となっている。
火力も高めなので汎用性が高く様々な場所で運用可能。
獲得しておいて損はない。

 

6位:覚醒のグレイバー
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方にクリティカル発生率アップを付与出来る。
火力自体の底上げにはなるものの、敵へ被ダメージアップや味方へ与ダメージアップの効果に比べるとやや安定感は下がってしまう。
ただ、同じ攻撃型でクリティカル威力アップの効果を持つレジスタンスの勇士 クラリスなどと組み合わせると大きな効果を発揮出来る点は有難い。
どちらか片方を既に入手している場合には狙う価値はある。

 

7位:レジスタンスの勇士 クラリス
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃持ち+味方5人のクリティカル発生率アップの効果。
クリティカル確定まではいかない為、安定しているとはいえないが火力の底上げが可能。
パッシブ効果では敵のHP残量に応じて火力アップと、最大火力を出すまでに時間がかかる
クリティカル威力アップのスキルを持つ呪われた少女 メリアル等と組み合わせてシナジーを得るようにしたい。

 

8位:やさしい歌声 リニア
キャラ性能&個別評価

味方5人を回復+操作不可のデバフ解除/免疫を付与可能。
継続回復ではないので、瀕死状態からの復帰力が高い。
パッシブ効果により、被ダメージ減少+移動速度アップなど生存率を高めるような効果も多く使い易い。
ヒーラーとしての役割に特化しているが、湖のセイレーンの方が総回復量は上。
復帰力を取るのならこちらを選択しても良い。

 

9位:悲しき悪夢のベリタ
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方5人の与ダメージアップ効果を保有。
スキル威力はそこまで高くはないが、味方の火力を安定して底上げ出来るので使える。
尚且つ自身のHPが50%以下になると攻撃力アップのパッシブ効果を持っている為、ピンチ時の逆転要素にも成り得る。
ステータス面でいえばそこまで高い訳ではないがSR+攻撃型の中では十分な性能。

 

10位:穏やかな死のサナ
キャラ性能&個別評価

攻撃型のレイヴンで範囲攻撃+被ダメージアップの効果を付与可能。
戦闘力がSR+トップクラスのレイヴンに比べるとやや低めに設定されている為、狙うのなら上位を狙った方が良い。
減速付与/減速時の敵にダメージアップなど、戦闘で優位に立てる能力を持っているので火力よりも行動の自由を奪いたい場合等にはオススメ。
攻撃型は上位に複数いるが、そこまで厳選しない場合には妥協するのも有り。

 

11位:孤独の狙撃手 アビャド
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+クリティカル発生率アップのスキルを持つ攻撃型。
クリティカル威力アップのスキルを持つ極悪人 タイタス/呪われた少女 メリアルなどと編成する事で高い効果を得られる。
クリティカルの発生率をアップするスキル自体は元々の火力を底上げするのにも有効となるので需要は高め。
更に、パッシブ効果でチャージ中攻撃で減速付与、減速時の敵への与ダメージアップなど簡単に火力アップを行える点も優秀といえる。
優先度は高くないが使い易いレイヴン。

 

12位:先見の猫 イルア
キャラ性能&個別評価

味方に対して防御バフ+敵に与ダメージダウンの効果を持つレイヴン。
大きくなりたいヘイトーと同様の効果を持つが、スキルの倍率でいえばヘイトーの方が上。
ただ、こちらの方が被ダメージ軽減のパッシブ効果を持っているので耐久面では上。
ヘイトーはパッシブで回復要素を持つものの、回復量が少ないのであてにはならない。
似た性能で正直僅差。
自身の防御/生存率に特化したいのならばこちらを選ぶ方が良い。

 

13位:凛々しいキアラ
キャラ性能&個別評価

味方へ被ダメージダウン/回避増加を付与するスキル持ち。
防御型のレイヴンとなってはいるが、性能だけでいえば上位のレイヴンの方が十分上。
中途半端に回避を増加するよりも、相手へ与ダメージダウンの効果を付与して被ダメージ軽減に特化した方が良い。
防御型のレイヴン自体少なく、戦闘力が低いものが多い。
その為、少ない中で選ぶのなら選択するのも1つの手ではある。

 

14位:増悪のランサー ピレニン
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方へクリティカル威力増加のスキルを持つ。
同じスキルをレジスタンスの勇士 クラリスが持っているので、正直狙う意味は無い。
戦闘力に関してもクラリスの方が上となっており全てにおいて上。
性能自体は悪くないものの、攻撃型のレイヴンは数が多く飽和しているので上位を狙いたい。

 

15位:呪われた少女 メリアル
キャラ性能&個別評価

対象を中心とした範囲に継続ダメージを与え、同時にクリティカル威力アップの効果を味方に付与。
クリティカル威力となっており、発生率ではないので出来ればレジスタンスの勇士 クラリスなどと組み合わせて運用したい。
パッシブスキルは攻撃が成功する度に火力アップとなっているので、継続してダメージを与えられるスキルと相性が良く火力を維持し易いのがメリット。
単体で使うのも悪くはないが、クリティカル関係の効果を高めたい場合には編成を考えよう。

 

16位:極悪人 タイタス
キャラ性能&個別評価

範囲内の敵に継続ダメージ+味方5名にクリティカル威力増加のスキルを持つ。
クリティカル威力増加に関しては火力を大幅にアップ出来るので有難いが、クリティカル発生率が変わらない以上はそこまで有効とは言えない。
他のキャラがクリティカル発生率アップのスキルを持っているので、組み合わせて使いたい。
単体だけの性能で見ればそこまで優先すべき能力ではない。

 

17位:嫉妬深き精霊 アルフィ
キャラ性能&個別評価

対象を中心とした継続範囲攻撃+回復不可の効果を保有。
回復不可に出来るのは場面によって使えない事も無いが、そこまで優先すべきスキルでもない。
パッシブ効果も、相手のHP残量に応じて火力アップとなるので初速が若干悪い
同じ攻撃型を狙うのなら他のレイヴンを狙うようにしたい。

 

18位:おてんば薬師 エマ
キャラ性能&個別評価

5名の味方に対して回復+クリティカル抵抗率アップの効果を付与可能。
回復能力自体は高めではあるものの、戦闘力が低いので狙うのなら湖のセイレーンを狙っておきたい。
特にそこまで気にせずにとりあえずの回復要員を求める場合には気にせず獲得もアリ。
人間になりたいナンナと性能面でみれば同じだが、回復量はこちらの方がやや上。

 

19位:優雅なる貴人 ジュピター
キャラ性能&個別評価

味方5名のHPを一括で回復出来、尚かつクリティカル抵抗率アップの効果を付与。
スキルだけでいえばやさしい歌声 リニアと似たような性能。
ただ、こちらの方が戦闘力が低いので優先度はそこまで高くない。
戦闘力を気にせずに回復要員だけが必要な場合に選択肢として入れておくのは有り。

 

20位:人間になりたいナンナ
キャラ性能&個別評価

味方5人に対して継続回復を行い、同時にクリティカル発生抵抗を付与
後者に関してはクリティカル対してのみの効果となるので被ダメージ軽減としては若干弱め。
しかし、継続回復に関しては戦闘での安定感を得る事が出来る為オススメではある。
ヒーラーの優先度としては当然SSR+のレイヴンやSR+の湖のセイレーンなどの方が上。
ただ、そこまで回復を優先としておらず継続回復をとりあえず行っておきたいのなら十分な性能。
最優先となるとやはり、上位ランクのレイヴンになる。

 

21位:鮮血の女主人 レディ・ヴァンピール
キャラ性能&個別評価

回復能力を持つレイヴン。
継続回復ではなく一括で回復が出来るので復帰力を高めたい場合にはオススメ。
ただ、戦闘力自体が低いので似たような性能ならやさしい歌声 リニアの方が戦闘力も高く、そちらを狙った方が良い。
性能面だけを見ての優先度でいえば正直高くはない。

 

22位:大きくなりたいヘイトー
キャラ性能&個別評価

味方に対して防御バフ+敵に与ダメージダウンの効果を付与出来る。
さらに、防御バフに関しても半鬼のアルメテウスなどよりも上になっているので防御面を強化したい場合には獲得するのも十分にアリ。
自身に対してのみではあるが、パッシブ効果で回復要素も持ち合わせており耐久面も高い。
SR+の中では高い防御性能を誇るレイヴンといえるが、戦闘力が低いのでこのランク。

 

23位:半鬼のアルメテウス
キャラ性能&個別評価

防御型のレイヴンとなっており、味方全体へ防御バフを付与出来る。
同時に自身の最大HPを25%アップ出来る為、生存率+耐久面に特化した性能。
火力面では期待が出来ないので、火力要員を入手していないのなら後回しでもOK。
最初に防御型のレイヴンを獲得したいと思うなら、SSR+の入手となるのでいずれにせよ後回し。

 

24位:寵愛の領主 カミラ
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+クリティカル威力増加のスキルを持つ。
その為、クリティカル発生率アップのスキルを持つレイヴンとの編成が好ましい。
戦闘能力でいえばSR+の中でも下の方ではあるが組み合わせによって高い効果を発揮してくれる。
パッシブではHP残量に応じて被ダメージダウンとなっているので、攻撃型で有りながらも防御面に期待が出来る性能。
優先するべき存在ではないが、組み合わせによっては使える。

 

25位:孤独な幽霊の少女 バンシー
キャラ性能&個別評価

戦闘力は低いが、味方への被ダメージ軽減/回避増加を付与出来るスキルを持つ。
上位レイヴンに比べると戦闘力がかなり低めになっているのでそこまで優先度は高くない。
それなら同じ防御型である先見の猫 イルアを獲得しておく方が性能面で上。
優先すべきは攻撃型となっているので、防御型自体にそこまで優先度が無いのがネック。

 

26位:影の妖精 ロコ
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方に回避増加のバフ効果を付与可能。
攻撃型としてはそこまで優秀な性能とは言えないので、後回しでOK。
火力+火力アップの効果を持つ上位ランクのSR+、若しくは最初からSSR+を狙った方が攻撃型としては十分な性能を期待出来る。
その為、現時点では中途半端な性能となってしまうのでオススメは出来ない。
パッシブ効果による気絶効果に関しては使えるが、優先する程ではない。

 

27位:白羽の射手 クレイグ
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方に回避増加のスキルを付与。
攻撃型として優秀なレイヴンは上位にいるので、あえて狙う必要はない。
攻撃型に関しては攻撃力アップの追加効果等を優先したいので、回避増加は正直不要。
上位のレイヴンを狙うようにしたい。

 

28位:闇の復讐者 アイリーン
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃+味方へ回避増加の効果を付与するスキルを持つ。
攻撃型のレイヴンで、戦闘力も低く設定されているので優先度は低め。
上位の攻撃型はスキルの威力も高く、火力アップの追加効果を持つのでそちらを狙った方が楽。
被っているレイヴンも何体かいるので特筆すべき事も特にない。

 

29位:WD アトラス
キャラ性能&個別評価

範囲継続ダメージ+味方5名に命中率増加を付与するスキルを持つ。
戦闘力自体もSR+の中では低く、尚且つ攻撃型でありながらも振り切れていない性能の為優先度は低い。
攻撃型は火力面に振り切れている方が使い易く便利な性能となっている。
その為このキャラをあえて狙う理由は無い。

 

30位:補佐官 エヴァン
キャラ性能&個別評価

味方5人の最大HPを増加させ、クリティカル抵抗増加の効果を付与出来る。
防御型の中でも特に性能面では微妙。
戦闘力自体もSR+の中で最も低い値のレイヴンとなっているので狙う必要は無い。
どうしても最大HPを上げたい場合にはSSRの中から選択するようにしたい。

 

31位:純愛の夢魔 レイカ
キャラ性能&個別評価

味方5人に対して継続回復+命中率アップの効果を付与出来る。
ただ、ヒーラーとしての性能を求めるのなら上位の湖のセイレーンを獲得しておく事をオススメ。
実際、戦闘力も低めに設定されており性能が被っているレイヴンが多いのであえて下位互換を獲得するメリットも薄い。
ヒーラーがただ単に必要な場合には選択するのも有りだが、性能面では優秀ではない事を覚えておこう。

 

総合評価

正直、性能面で被っているレイブンが多いので上位10以内から選択するのが得策です。
大前提としてSSR+のレイヴンを狙うのが最優先の為、SR+自体の優先度が低くなっています。
その中でも特に攻撃型が多く、上位の攻撃型も遜色ない性能となっており僅差。
先ずはSSR+を狙い、足りない部分を一時的にSR+で補う形がおすすめです。。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新
 

  • 名前:TERA ORIGIN(テラオリジン)
  • 会社:Netmarble
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 
 

 
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。