【魔界戦記ディスガイアRPG】リセマラ当たり最強星4キャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【魔界戦記ディスガイアRPG】リセマラ当たり最強星4キャラランキング

【魔界戦記ディスガイアRPG】リセマラ当たり最強星4キャラランキング

「【やり込みRPG】魔界戦記ディスガイアRPG」のリセマラ(ガチャ)にて最優先で狙うべきおすすめ星4キャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!






 
 

 
 

-関連記事-

【魔界戦記ディスガイアRPG】リセマラやり方、ガチャ当たり星4キャラ

 
 

星4最強ランキング

1位:クリチェフスコイ
キャラ性能&個別評価

※第1回絢爛魔王フェスより排出

ATKはトップクラスの数値、メイン魔ビリティーでパーティの基礎パラメータ+16%と汎用性の高いキャラ。
サブ魔ビリティーでも自身剣武器装備時に必殺与ダメージ+60%/パーティが使用するバフ効果+18%/パーティの生存キャラが3体以上の場合、ターン開始時自分のATK+65%と全てに無駄が無い効果。
味方3体以上生存時の条件も、戦闘開始直後から恩恵を得られる事で最大火力までの時間が短いのも魅力的。
さらに低コスト全体攻撃を習得し、魔改造を重ねる事でS威力の単体攻撃も習得可能。
どんな編成でも恩恵を与えられる上に、周回/ボスのどちらにでも対応出来る。
使い勝手の良さもトップクラス。
キャラの組み合わせを考える必要なく運用出来るので、期間内にリセマラを行う場合にはオススメ。

 

2位:ミカサ
キャラ性能&個別評価

※進撃の巨人コラボ記念プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーで人型キャラのATK・DEF+15%、サブ魔ビリティーはターン終了時、クリティカルが発生していたらパーティのHP以外の基礎パラメータ+40%/自分が剣武器使用時にSPD+20%/戦闘開始時、パーティのCRT+10%の効果。
先ず着目すべきはクリティカル発動時、味方のパラメータ大幅アップのバフ効果。
クリティカル発生時となっており安定感には欠けるものの、自身へATK+50%/CRT+40%のバフを付与出来る。
その為クリティカル発生による恩恵を得やすくなり、高難易度での活躍も視野に入る。

さらに、習得できる低コスト全体攻撃はバリア回数-1の効果も同時に付与
バリア回数を0にした場合にはATK+20%の獲得も出来るので、ダメージを通しやすく火力枠として優秀。
魔改造を重ねる事で習得できる単体S威力技では自身のSPD+30%も獲得。

バフによるATK/SPDアップに加え、味方への恩恵も大きいので獲得しておくと便利。

 

3位:リヴァイ
キャラ性能&個別評価

※進撃の巨人コラボ記念プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーでパーティの人型キャラのATK・HP+15%、サブ魔ビリティーは戦闘開始時に自身のATK+80%(1ターン毎に-20%、下限20%)/パーティが全て人型キャラの場合、必殺技での与ダメージ+70%/ターン開始時に体力が満タンの場合、ATK・DEF+40%の効果。

自身に対しての火力バフが多く、全てが発動した際には超高火力のアタッカーに。
素のATK自体もトップクラスに高いのでアタッカーとしての性能は他キャラに比べて頭一つ抜けた性能を誇る。
また低コスト全体攻撃/威力S単体攻撃を習得出来る為、周回要員としての能力も高い。
単体S威力技は自身の防御面を下げる代わりに技威力+10%となっており、何から何まで火力寄り。

同時実装のミカサに比べるとパーティへの恩恵は少ないが、その分火力はトップクラス。
パーティ強化も同時に行いたいのならミカサ、火力を求めるならリヴァイがオススメ。

 
 


 
 

4位:堕天獄フロン
キャラ性能&個別評価

※1.5th Anniversary 超最凶魔王フェスより排出

高いATKを持つ火力枠。
メイン魔ビリティーでパーティーの潜在タイプ[クイーン]キャラの基礎パラメータ+18%アップ
サブ魔ビリティーは敵3体以下の場合にターン開始時、自分のHP以外の基礎パラメータ+50%/ターン開始時、DEFデバフ状態の敵がいれば必殺与ダメージ+60%/WAVE開始時、パーティの潜在タイプ[クイーン]キャラの行動ゲージ+75を付与可能。

また固有技で自身にHP以外の基礎パラメータ+40%バフ&HP小回復、低コスト全体攻撃を保有。
魔改造後には威力Sの単体技を習得出来るなど、火力枠としての性能は高め。

しかし、潜在タイプ[クイーン]キャラと組み合わせなければ恩恵を受けにくいのがネック。
魔ビリティー発動のタイミングに関してはターン開始時/WAVE開始時と早く、恩恵が大きのがポイント。
編成条件が合えば味方を大幅に強化出来るが、そうでない場合にはシンプルな火力枠として運用するに落ち着く。
手持ちキャラの潜在タイプを確認して、恩恵が大きければ入手したい。

 

5位:超魔王ラハール
キャラ性能&個別評価

※フェス限定キャラ参戦!最凶魔王フェスより排出

全キャラトップクラスのATKを持ち、パーティの槍武器装備キャラのATK/DEF+20%の魔ビリティーを保有。
さらに自身が槍武器装備時にはパーティのCRD+30%アップと、槍装備パーティの火力アップが優秀。
ターン開始時にパーティのSP+7&自身がATKバフ時には自身の必殺技与ダメージ+65%アップと技の回転率をあげつつ、自身の火力アップも容易に行えるのがポイント。

習得する技に関しても味方全体への強力なステータスバフ、複数の低コスト全体攻撃など幅広く運用可能。
単体S威力技も魔改造を重ねる事で習得できるので、周回/ボスアタッカーの両方で活躍出来る。
同じく槍装備キャラの補助能力が高いメロディア/暴君ヴァルバトーゼ/ヴォイドダークと組み合わせて使いたい。

火力以外にも味方全体に作用するバフを持つ為、編成幅が広く使い勝手の良いキャラといえる。

 

6位:聖女エトナ
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

魔物魔法武器を装備キャラの基礎パラメータを+15%アップ出来る強力な魔ビリティーを保有。
サブ魔ビリティーでも魔物魔法武器装備時、属性攻撃ダメージ+70%など火力も高め。
他にもDEFバフを受けている際にはHP以外の基礎パラメータSPDが+50%、パーティの消費SP-12%など強力なものが多く自身だけでなくパーティへの恩恵も大きいキャラ。
低コスト全体攻撃/蘇生能力/デバフ解除/INTバフ/豊富な属性攻撃など、出来ることが多いのも魅力の1つ。
サポート面だけでなく火力面にも秀でた性能を持つ為、入手しておくとパーティの強さをワンランク底上げ出来る。
実装時期に始めるのなら優先度はかなり高い。

 

7位:超魔王エトナ
キャラ性能&個別評価

※魔界戦記ディスガイアシリーズ500万本突破記念 超最凶魔王フェスより排出

非常に高いATKを誇り槍武器装備時には必殺技での与ダメージ+60%を獲得。
さらに戦闘開始時にはATKデバフ転換状態を得られる為、ATKデバフを受ける度にATKアップ
潜在タイプ[キング]縛りになるもののパーティの基礎パラメータ+18%、潜在タイプ[キング]キャラが3体以上生存している場合にターン開始時ATK+70%を得られるなど条件次第でアタッカーとして飛び抜けた火力を誇る。
その上、習得技ではDEF状態の敵がいる場合に攻守のバフ/技威力アップの効果も獲得。
自身ではDEFデバフを付与出来ない為、他キャラで補う必要はあるがバフ効果が多く攻守に期待が出来る点は非常に魅力的。
ATKデバフを多用してくる敵対策として、シンプルなアタッカーとしても運用出来るので便利。

 

8位:魔王プリエ
キャラ性能&個別評価

※ラ・ピュセル コラボフェス最凶魔王フェス外伝より排出

ATKが非常に高く、魔ビリティー/サブ魔ビリティーで魔物武器装備にバフ&初期SP+35を獲得。
さらにターン開始時にアタックバフを受けている場合にもATK+60%と非常に高火力。
敵が2体以下の場合には必殺技での与ダメージ+65%を得られる為、ボス/強敵との戦闘時に活躍出来る。
また、低コスト全体攻撃も習得出来るので周回能力が高いのもポイント。
低コスト全体攻撃の威力自体は低めだが、前述した豊富なATKバフの恩恵で威力も高め。
トップクラスの殲滅力を誇る為、火力不足なら狙っておきたい。

 

9位:鬼化レム
キャラ性能&個別評価

※Re:ゼロから始める異世界生活コラボフェス最凶魔王フェス外伝より排出

トップクラスのATK値を誇るキャラ。
魔ビリティー&サブ魔ビリティーで効果量の多いATK/DEFアップを豊富に保有
特にターン開始時に体力が満タンではない場合に与ダメージ+65%は高難易度のステージ、強敵と対峙した際に恩恵を受けやすく非常に強力。

また、習得する固有技は全て使用時に自傷ダメージが発生
他キャラならデメリットとなる部分も、前述した火力バフを得やすくなるので逆にメリット。

攻撃手段も低コスト全体攻撃/威力S単体攻撃など多彩。
火力だけで言えば全キャラトップクラスの性能を誇る。
あとは自傷ダメージのカバーとして、ヒーラーを同時に編成しておけば問題無し。

 

10位:エミーゼルXENO
キャラ性能&個別評価

※激闘!別次元世界アナザーワールド召喚より排出

全体攻撃を2種類持ち、魔改造で威力Sの単体攻撃を習得可能。
威力Sの単体攻撃は消費SP量に応じて威力が高くなる為、手動において真価を発揮する。
メイン魔ビリティーはパーティのATK+16%と非常にシンプル。
物理タイプのキャラであれば誰でも恩恵を得られるので、汎用性は高い。
サブ魔ビリティーは自身の星属性与ダメージ+60%/パーティの銃装備キャラのCRD+25%/自分のATK+パーティの銃装備キャラ数×12%と、同時実装された氷帝ロザリンドとは反対に銃装備のパーティ編成を推奨。
パーティ編成&S威力攻撃時のSP量を意識する事で大ダメージを見込めるのがポイント。
自身/味方の両方で火力アップを行える為、火力不足なら是非とも入手しておきたい。

 

11位:鬼化フロン
キャラ性能&個別評価

※Re:ゼロから始める異世界生活コラボフェス最凶魔王フェス外伝より排出

INT特化型の性能で、魔物魔法武器装備キャラと相性が良い。
自身も魔物魔法武器装備時に必殺技での与ダメージ+55%と高火力。
ターン開始時に体力が満タンの場合にはHP以外の基礎パラメータ+40%と大幅なバフを獲得。
長期戦では効果を維持しにくい点はネックだが、短期戦/周回などでは非常に便利。

さらにターン終了時にINTが最も高い味方のSP+12など、スキルの回転率アップにも貢献。
低コスト全体攻撃/威力S単体攻撃を持ち、クリティカル発動時にはINT+20%&ゲージ+200/HP以外の基礎パラメータ+70%とバフ効果が非常に強力。

鬼化レムと比べて、若干安定感には欠けるもののクリティカル発生時の恩恵は非常に大きい。
HP満タンを維持しやすいようにヒーラー編成は必須。

 

12位:雷帝ラハール
キャラ性能&個別評価

※1st Anniversary大感謝祭 超最凶魔王フェスより排出

パーティキャラの得意武器種が全て異なっている場合、大幅な能力アップが可能。
自身は剣武器装備時に与ダメージ+50%、SPDバフ獲得時にATK+60%など火力増加が非常に楽。
SPDバフに関しては自身の固有技で味方全体に付与出来るので、他キャラに頼らないところも魅力の1つ。
低コスト全体攻撃/S威力単体攻撃を保有しており、使いやすい性能のキャラ。
実装時点での火力はトップクラスとなっており、オススメ。
1つ難点があるとすれば、技使用時に自身の行動ゲージを+500してしまう点。
高火力だが、行動回転率がやや遅いので他キャラの魔ビリティーなどで補うように編成したい。

 

13位:邪悪新生マオ
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

ATK/INTが共に高く、メイン魔ビリティーでも剣・杖武器装備キャラのATK/INT+20%の効果。
物理/魔法攻撃を行うキャラを同時に強化出来る為、幅広いパーティ編成を可能とする。
サブ魔ビリティーではターン開始時にINTバフを獲得していれば必殺技与ダメージ+65%/敵が3体以下ならターン開始時に自身のATK/INT+65%出来たりと、条件付きだが大幅な火力アップが可能。
さらに剣・杖装備キャラの初期SP+18など、パーティに対しての恩恵も大きい。
他にも低コスト全体攻撃/高威力単体攻撃の両方を保有しており、火力枠としての性能は十分。
ATKの8%をINTに、INTの8%をATKにしてダメージ計算するスキルも習得する為、ATK/INTに偏らずに運用出来るのがポイント。
剣・杖武器キャラをメイン運用しているのなら是非とも獲得しておきたい。

 

14位:マオXENO
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

攻撃力が高く、斧装備キャラとの相性が良いキャラ。
斧装備時には自身の与ダメージ全て+50%、敵単体の場合自身のATK+100%(1ターン)と火力アップが非常に容易。
さらに、ターン開始時には最もSPDが高い敵キャラのSPDを-12%など先手を取りやすく出来る点も魅力。
低コストの全体攻撃味方全体へのATKバフ単体S威力技など習得技も全て使い勝手が良く高性能。
SPDこそやや遅めだが、十分に他の部分で補えているので気にならない。
威力の低い全体攻撃であっても斧装備時のバフが大きい為、殲滅力が高いのもポイント。
ハロウィンアルティナ/浴衣ヴァルバトーゼ/バルバラなど斧系の魔ビリティーを持つキャラと組み合わせたい。

 

15位:メロディア
キャラ性能&個別評価

※ディスガイア6からの挑戦状!?召喚より排出

パーティーのSPD+5%の貴重な魔ビリティーを持つキャラ。
さらにサブ魔ビリティーでは自身が槍武器装備時に与ダメージ+45%/槍武器装備キャラにはCRD+25%/ターン終了時に行動ゲージが先頭の味方キャラATK+40%と、火力バフも付与出来るので火力の底上げとしての能力も高い。
固有技では低コストの全体攻撃/味方全体へのHP回復&防御バフを、さらには味方ステータスを大きくアップする補助魔法も多数習得可能
攻守において優れた性能を誇る使い勝手の良いキャラ性能を持つ。
槍武器が得意なキャラを複数所持しているのなら獲得しておくのも有り。
高い周回性能もシンプルに魅力的。

 

16位:天使長フロン
キャラ性能&個別評価

※第2回絢爛魔王フェスより排出

メイン魔ビリティーはパーティのATK・INT+18%と汎用性が高く、使いやすい。
サブ魔ビリティーに関しても、最もATKが高い味方キャラのHP以外のパラメータ&SPD+30%/パーティの生存キャラ数に応じてパーティの必殺技与ダメージ最大20%アップ/ターン終了時、DEFバフを受けている味方のSP+13など使いやすいものが揃っているのが特徴。
習得技に関しても低コスト全体攻撃&威力S単体攻撃に加え、回復魔法も習得可能。
攻守に優れた性能となっており、ヒーラーとしても運用出来るのでどんなパーティでも活躍出来るのが特徴。
先行/スキル回転率アップを狙えるように、各魔ビリティーの発動条件に応じた組み合わせには注意したい。

 

17位:暴禍なるアデル
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

トップクラスのATKを誇る火力特化型のキャラ。
ターン開始時にATKバフを受けている場合に与ダメージ+60%/ターン終了時に敵撃破していればHP以外の基礎パラメータ+35%/ターン開始時に体力が満タンならSP+15などそれぞれに条件があるものの強力なサブ魔ビリティーを保有。
習得技も単体S威力技/低コスト全体攻撃とボス/周回用のどちらでも運用可能。
さらに敵全体に攻撃力&ステータスデバフを撒けるなど、戦闘を優位に運べる点も魅力。
条件クリアまでに時間が掛かるのがネックだが、火力の高さを考えれば納得。
メイン魔ビリティーのみ潜在タイプ[ルーク]に対してのみと若干縛りが強め

 

18位:ぴより
キャラ性能&個別評価

※ディスガイア6特別召喚第3弾前編より排出

パーティの生存キャラが多いほどATK・DEFアップ(最大+15%)の魔ビリティーは戦闘開始直後から最大効果を発揮してくれる為、非常に使いやすい。
戦闘不能の味方が増える毎に弱体化する為、高難易度のコンテンツに挑む際には注意。
パーティ全てが人型キャラの場合、自身を含めて味方全体のステータスを底上げ可能。
銃武器装備時にはSPD+22%(3ターン)と行動順を大きくアップ出来るのも魅力の1つ。
低コスト全体攻撃/高威力単体攻撃の両方を習得出来るなど、攻撃手段も豊富。
特に高いSPD&低コスト全体攻撃の組み合わせは周回において非常に便利。
全体的に戦闘開始直後から最大効果を発揮する魔ビリティーが多く、短期戦に向いたキャラ。
長期戦には向かないので、周回速度を速める際にオススメ。

 

19位:礼装キリア
キャラ性能&個別評価

※1st Anniversary大感謝祭 メモリアルパーティ召喚より排出

パーティの生存キャラ数が多いほど、パーティのATK・INT(最大15%)アップの魔ビリティーを持つ。
さらに育成を進めると、前述した魔ビリティーと同条件で自身の与ダメージ50%アップも可能。
自身に対するバフ効果は勿論、パーティに対しての恩恵も大きいのが特徴。
なおかつどちらの効果に関しても5人パーティが揃っているだけで戦闘開始時から発動するなど、条件が非常に簡単。
SPDバフを受けている場合に限りATK+40%を獲得出来るものの、SPDアップのバフ効果を持つキャラが少ないのがネック。
個人能力は火力面に特化しており、全体攻撃/単体攻撃のどちらも対応可能。
火力面を強化したいのであれば獲得しておいて損はない。

 

20位:ハロウィン マジョリタ
キャラ性能&個別評価

※トリック・オア・トリート!ハロウィン召喚より排出

非常に高いINTを誇り、杖装備キャラへの恩恵が大きいキャラ。
魔改造を重ねる事が前提ではあるものの、杖を装備するだけで与ダメージ+45%の効果は魅力的。
被ダメージ時にもINT・SPD+30%(1ターン)を獲得出来たりと火力アップの要素が豊富。
習得する技に関しても低コスト&全体攻撃(連発禁止)や、威力Sの単体技など周回/ボスのどちらでも活躍可能。
特に難しい条件が無く、簡単に火力アップを狙えるなど使い勝手の良さも魅力。
ハロウィン期間限定のキャラなので育成難易度はやや高めだが、狙う価値は十分にある。

 

21位~

※強さ順

巫女シシリー
キャラ性能&個別評価

※魔界正月ドキドキ初詣召喚より排出

パーティのATK/RES+13%の魔ビリティーを持つキャラ。
サブ魔ビリティーではターン開始時にSPD+30%、自分はデバフ無効など強力な効果を保有。
人型縛りのパーティならパーティの与ダメージ18%アップを獲得出来る為、編成時には注意。
低コスト全体攻撃を持つ上に、自身のSPを他キャラへ譲渡する特殊な技も保有。
その為、高コストの技でも短いターンで打たせられるのがポイント。
サポート能力も高く、ATKバフ/全体回復/単体回復と出来る事の幅はかなり広い。
何よりSP譲渡は他キャラにも大きな恩恵を与えられる為、狙っておいて損はない性能。

 

ハロウィン アルティナ
キャラ性能&個別評価

※トリック・オア・トリート!ハロウィン召喚より排出

メイン魔ビリティーで人型キャラのATK+16%を保有している為、パーティは人型キャラで統一するのがオススメ。
攻撃力が高く、魔改造を重ねる事でATKバフ獲得時に与ダメージ50%アップが可能。
自身の火力を底上げするだけで無く、ターン開始時に最も攻撃力の高い敵のATK-15%を行えたりとパーティの被ダメージ軽減にも役立つ性能を誇る。
さらに低コストの全体技を持つなど、前述した与ダメージアップの効果も相まって殲滅力も高め。
全体回復(小)も可能なので、ピンチ時には回復能力を使ってリスク回避する事も可能。

 

礼装セラフィーヌ
キャラ性能&個別評価

※1st Anniversary大感謝祭 メモリアルパーティ召喚より排出

自身&味方に対してのバフを付与する魔ビリティーを豊富に持つ。
パーティの男性キャラが多いほど自身のステータスアップが可能だが、縛りが強くなる分恩恵は得にくい。
周回能力/単体アタッカーの両方で運用出来る技構成になっており、SPDも高いので先手を取りやすいのもメリット。
中でも技の追加効果が他にはない貴重なものばかりとなっており、サポート能力の高さが魅力。
味方全体に火力バフ/魔ビリティー封印回復/マヒ無効付与など、対応力に優れた性能を誇る。
火力枠としても、サポート枠でも運用出来るキャラ。

 

ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※Re:ゼロから始める異世界生活コラボ記念プラチナム召喚より排出

パーティの魔物型キャラのATK&INTを大きく底上げ出来る魔ビリティーを保有。
さらに自分が魔物魔法武器を装備時には戦闘開始時に初期SP+35を獲得出来る為、初手で使える技/魔法が多いのもポイント。
バリア持ちの敵がいる場合には自身の与ダメージ+65%など、相手によって大幅な火力アップも可能。
固有技は味方のデバフ/魔ビリティー封印解除、自身に自己バフなどダメージソースに欠けるものの魔法でカバー。
魔改造を重ねる事で威力Sの単体攻撃も習得出来たりと、火力枠としての採用も有り。
聖女エトナ/デスコXENO/黒サンタウサリアなどと組み合わせると得られるシナジーが大きく、魔ビリティー封印を解除出来るキャラは少なく貴重。
手持ちに居ないのなら是非とも獲得しておきたい。

 

デスコXENO
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

高いステータスを誇り、尚且つダメージアップやステータスアップの魔ビリティーを保有。
特に魔物型キャラとの相性が良く、魔改造を重ねるとパーティの魔物型キャラ×10%のATKアップが可能。
消費SPの低い全体攻撃を持ちつつ、被ダメージ時にはSP+9となるので技回転率&周回性能が非常に高い。
魔物型キャラ縛りでなければ恩恵を得にくい点がネックだが、その手間を差し引いても強力な性能。
フェス限定キャラに相応しい性能となっており、入手をオススメ。

 

世紀末魔王アサギ
キャラ性能&個別評価

※主人公&世紀末魔王!MGS召喚より排出

攻撃力が高く、消費SPの低い全体技/高火力の単体技を習得出来るので火力面は非常に優秀。
なおかつ主人公アサギと同様に、魔改造を行えばターン開始時SP+10を獲得出来る点も大きな強み。
連発禁止技などの制限も無いので、安心して全体攻撃を連発出来るなど周回で大きく性能。
SPDはそこまで高くなく行動順は遅めだが、攻撃力の高さは折り紙付き。
火力を重視するのなら是非とも獲得しておきたい。

 

エミリア
キャラ性能&個別評価

※Re:ゼロから始める異世界生活コラボ記念召喚より排出

メイン魔ビリティーで人型キャラのINT/RES+14%、サブ魔ビリティーでターン終了時に最もSPDが高いキャラのATK/INT+40%/パーティが風属性で与えるダメージ+15%を獲得。
中でも特筆すべきは自身が杖装備時にデバフ/状態異常を無効に出来る事。
その為、常に不利になる事を考えずに立ち回れるのがポイント。

固有技では貴重なSP譲渡スキルを習得可能。
高火力キャラにSPを譲渡する事で続け様に大ダメージを狙える為、ボス戦等では重宝する。
他にも味方単体だが、状態異常回復&HP回復小を行えたりとサポート能力は割と高め。
魔改造を重ねる事で単体S威力技の習得も出来るなど、長い目で見れば単体アタッカーとしても優秀。
攻撃面/サポート面に優れたキャラなので、幅広く活躍してくれる。

 

氷帝ロザリンド
キャラ性能&個別評価

※激闘!別次元世界アナザーワールド召喚より排出

攻撃力が高く、低コスト全体攻撃&魔改造にて単体S威力攻撃を習得出来る火力枠。
メイン魔ビリティーはパーティのSPD+12%と、非常に強力。
しかし、発動条件がパーティキャラの得意武器が全て異なっている場合のみなので若干使い辛い。
サブ魔ビリティーは弓装備時に必殺技与ダメージ+55%/パーティの属性与ダメージ+15%/ターン終了時に最もATKが低い味方のATK+40%と全てが火力アップ効果。
自身だけでなくパーティへの恩恵も有り、シンプルかつ強力。
編成次第ではメイン魔ビリティーの効果は得られないものの、火力枠としては十分運用可能。
出来れば編成を整えて、SPDアップの恩恵を得られるように組合わせたい。

 

水着フーカ
キャラ性能&個別評価

※夏だ!水着だ!真夏のバカンス召喚より排出

メイン魔ビリティーにパーティのSPD+5%を持つキャラ。
SPDアップを持つキャラは少なく貴重なので、行動順を早める為に狙うのも有り。
同じ魔ビリティーを持つのは現状だとメロディア/ラブリーチャチャ/バンくらい。

サブ魔ビリティーは生存キャラが3体以上でターン終了時にパーティのATK/DEF+25%、ターン開始時に行動ゲージが最後尾の味方のゲージ+200、パーティ全てが人型なら全員の必殺技与ダメージ+20%とどれも発動条件が容易。

トップ層のキャラに比べるとバフの倍率が低く、特別優秀とは言えない。
ただ習得する技で味方全体にATK+25%&SPD+10%のバフを付与
威力G全体攻撃と同様の低コストで使えるので、強敵との戦闘時にも便利。
威力Sの単体攻撃も習得できる為、サポート面だけでなくアタッカーとしても優秀。

 

ラム
キャラ性能&個別評価

※Re:ゼロから始める異世界生活コラボ記念召喚より排出

メイン魔ビリティーで人型キャラのATK/DEF+14%アップが可能。
サブ魔ビリティーでは自身の風属性与ダメージ+60%/槍武器装備時SPD+22%/自身のCRT+15%など、全て自己強化の効果となっている。

その他、低コストの全体攻撃に加え全体回復&SPD+3%の固有技を習得。
魔改造を重ねる事でS威力の単体攻撃など、火力面では同時実装のレムにもひけを取らない。
槍装備時にSPDバフを獲得、全体回復が出来る事を考えればこちらの方が戦闘面で優秀か。
火力枠/サポート枠のどちらでも十分活躍してくれる万能なキャラとなっており、安定して使いやすい。

 

レム
キャラ性能&個別評価

※Re:ゼロから始める異世界生活コラボ記念召喚より排出

メイン魔ビリティーは人型キャラのATK/HP+14%アップ、サブ魔ビリティーで自身の水属性与ダメージ+60%/斧武器装備時にATK+37%アップと火力面に特化した性能を誇る。
さらにターン終了時には最もHPが低い味方へ自身の最大HP依存の回復も可能。

火力面では低コスト全体攻撃/S威力単体攻撃を習得してくれるので、アタッカーとしての活躍を見込めるキャラ。
特に低コストの全体攻撃はマヒ付与も出来る為、火力だけでなく行動制限の意味でも便利。
高火力かつオート回復を行ってくれるので、パーティの安定感を高めやすい。
物理パーティならどんな編成にも組み込みやすい性能となっており、手持ちに火力枠が少ないならオススメ。

 

ラブリーフロン
キャラ性能&個別評価

※愛と正義の美少女戦隊ラブリーV召喚より排出

ATKが高く、メイン魔ビリティーでパーティのATK+15%アップが可能。
尚且つ、ターン開始時にATKバフを受けている場合に自身が必殺技で与えるダメージ+60%アップなど火力面に特化した性能を誇る。
その他、低コストの全体攻撃/威力Sの単体攻撃/全体回復&SPD+3%アップなど豊富な技を習得可能。
特に剣装備のキャラと相性が良く、SPアップの効果で技の回転率を促進させる効果も。
どんなパーティでも運用しやすい性能となっており、入手しておくと便利。
メイン運用しているキャラに剣装備が多いなら更にオススメ。

 

シシリーXENO
キャラ性能&個別評価

※1st Anniversary大感謝祭 超最凶魔王フェスより排出

杖武器装備キャラのステータスアップ、自身が杖装備時に必殺与ダメージ+55%と杖持ちと相性の良いキャラ。
自身の行動時に敵キャラ撃破でINT+40%&SP+10を獲得出来、低コスト全体攻撃でも撃破数×5%のINTを獲得可能。
行動時に敵を撃破出来るか否かで火力が大幅に変動する為、最大限のシナジーを得られるように編成&速度調整を行いたい。
全体攻撃が多く、殲滅力に特化。
他にも自身に回復&デバフ解除&魔ビリティー封印解除と一気に状態異常の回復が可能。
敵単体に対してもRESデバフを与えられるなど、様々な分野で活躍が出来る。
火力を出したいなら行動時に敵撃破が出来るような調整を、そうでない場合にはデバフ要員としても運用可能。

 

晴れ着ラハールちゃん
キャラ性能&個別評価

※魔界正月ドキドキ初詣召喚より排出

パーティのATK/HP+13%の魔ビリティーを保有。
さらに魔改造を重ねてサブ魔ビリティーを解放させると、ターン終了時に行動ゲージが先頭のキャラへSP+10/パーティの必殺技与ダメージ+12%/ターンッ開始時に最もHPが高い敵のSPD-12%を獲得。
どれも武器種などの縛りが無く使いやすいが、基本スペックは正直並みといった程度。
しかし習得技で低コスト全体攻撃、SPDバフ&ATK/DEFデバフといった強力な補助魔法を習得可能。
SPDバフ時に火力アップする雷帝ラハール/礼装キリアと組み合わせて使うと最大火力までの時間を短縮出来る。
攻守のデバフも強敵との戦闘時に大いに効果を発揮するので、性能はどちらかといえばサポート寄り。

 

ビーコ
キャラ性能&個別評価

※ディスガイア6特別召喚第3弾前編より排出

パーティのATK・INTを底上げ出来る魔ビリティーを持ち、サブ魔ビリティーでも潜在タイプ[ナイト・キング]キャラの与ダメージ+15%アップを保有。
幅広いキャラに対して火力の底上げを行える為、編成しやすく便利なキャラ。
さらにターン終了時にはパーティの毒・麻痺解除/行動ゲージが先頭のキャラゲージ+150といったサポート効果のサブ魔ビリティーも習得可能。
低コストの全体攻撃/高威力の単体攻撃を習得できるなど、攻撃手段も豊富。
毒・麻痺限定だが、ターン終了時になるだけで状態異常を解除出来るのは非常に有難い。
攻撃/補助の両方で役立つ性能となっており、使い勝手が良く便利なキャラといえる。

 

チャンプル先生
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚RE:BORNより排出

ATKが高く、魔ビリティーでパーティのATK+15%を持つ火力型。
サブ魔ビリティーでは潜在タイプ:ポーンのキャラに対して与ダメージ/SPDアップが可能。
自身が敵を撃破してターン終了を迎えた場合に限りATK+17%を獲得出来たりと、火力枠としても優秀。
低コストの全体攻撃に加え、味方単体へAPD/RES/ATKなどのバフ付与も出来るサポート能力も保有。
編成次第では味方への恩恵も大きく、個人性能も割と高いので余裕があるなら狙っておくのも有り。

 

晴れ着 ロザリンド
キャラ性能&個別評価

※魔界新年召喚より排出

wave開始時にパーティの行動ゲージを+100出来る魔ビリティーを保有。
先制で攻撃を行いやすくなるので、優位に戦闘を運ぶことが出来る。
時短にも便利な魔ビリティーとなっており使いやすい。
習得するコマンドに関しても単体/全体攻撃全体回復/単体に状態異常解除と幅広い運用が可能。
コマンドの威力がATK依存となっている為ATKアップの魔ビリティーを持つウサリアなどと編成するのも有り。

 

水着ラズベリル
キャラ性能&個別評価

※夏だ!水着だ!真夏のバカンス召喚より排出

メイン/サブ魔ビリティーは潜在タイプ[ビショップ]に対しての効果が多い。
その為、潜在タイプが噛み合わない場合は正直得られる恩恵がかなり低め。

ただ、編成条件さえ満たせば基礎パラメータ+15%、ターン開始時SP+12、CRD+25%などステータスだけでなく技の回転率も底上げ可能。
習得するATK&INT+40%のバフ技でも[ビショップ]タイプにはCRD+5%を追加で付与出来るなど、編成に左右される点が大きいのが強みでありネック。

自身は敵が2体以上いる場合、自身の行動ゲージ+150と行動順が早い。

そこまで弱い訳ではないが、キャラを選ぶ性能なので汎用性は低め。
[ビショップ]タイプのキャラが手持ちに多くいるなら狙っておくのも有り。

 

シュセンドル
キャラ性能&個別評価

※特別プラチナム召喚より排出

魔ビリティーで剣武器装備キャラのATK・HP+16%を持つキャラ。
その為、剣武器キャラでパーティを固める場合に攻守を底上げ出来る。
さらにサブ魔ビリティーで戦闘開始時にATK・RES+30%(3ターン)を獲得出来る為、短期戦/周回で便利。
最大まで魔改造を行う事で消費SP-12%になるなど、技の回転率が良いのもポイント。
性能自体は非常にシンプルで、パーティへの影響よりも自己強化に特化。
低コスト全体攻撃だけでなく高威力単体攻撃も習得してくれる為、ボス戦でも活躍してくれる。
サブ魔ビリティーにアイテム界での宝箱ドロップ+20%があり、戦闘能力に関係ないがある意味性能は唯一無二
戦闘能力を底上げするものではないが、アイテム収集には便利。
トップ層のキャラに比べると戦力は劣るものの、アイテム収集目的なら確保も有り。

 

ディエス
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚RE:BORNより排出

特筆すべきは魔改造+1で習得する「自分が属性攻撃で与えるダメージ+60%」。
育成する事で複数の属性攻撃を行える為、弱点属性を突いた際のダメージに大きな期待が出来る。
WAVE開始時に2体以上敵がいたら行動ゲージ+150を獲得出来、その上消費SPの少ない全体攻撃持ち。
先制での殲滅力の高さは勿論、高威力の単体攻撃も習得できるなど周回/ボスの両方で運用可能。
他キャラのアビリティ次第でさらに強化出来る為、獲得しておけば主戦力になるキャラ。

 

メリオダス
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪コラボ記念召喚より排出

攻撃力が高く、メイン魔ビリティーは縛り無しにATK/HPアップの効果。
サブ魔ビリティーでは自身の必殺技ダメージ45%アップや、戦闘開始時にATK+32%など火力面に特化。
低コストの全体攻撃に加え、高威力の単体攻撃などどんなステージでも使いやすい性能が魅力。
尚且つ、剣装備時には消費SP-15%とスキルの回転率にも優れている。
コラボ期間中のみの排出で、次回実装は未定。
アタッカー枠が足りていないのなら是非とも獲得しておきたい。

 

覚醒ロザリンド
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

銃武器装備の味方のステータスアップや自身も銃武器装備時に与ダメージ+50%と銃装備キャラと相性が良い。
その他、戦闘開始時にパーティのSP+15、/敵全体のATK・DEF・INT・RES-10%など優秀なバフ/デバフを保有。
ステータスも火力が高いアタッカータイプで、習得技も単体攻撃に特化。
レベル200で習得する自己バフは行動ゲージ+500/ATK・INT+85%とかなり強力。
その為、ボス/強敵/レイド等で大ダメージを狙いたい場合に活躍してくれる。
突出した火力を誇る反面DEFが低めに設定されているものの、他の部分はかなり魅力。

 

クロワ
キャラ性能&個別評価

※ラ・ピュセル コラボ記念召喚より排出

自身の与ダメージ+40%/敵全体のATK・DEF-15%のサブ魔ビリティーを持つキャラ。
その為、自身の火力を底上げしつつ味方全体の火力アップも可能。
それだけでなく、被ダメージダウンにも貢献出来るので編成しておくだけで攻守アップを狙えるお手軽さが魅力。
低コスト全体攻撃と、クリティカル時には行動ゲージ+750を獲得出来る全体攻撃を保有。
周回能力が高く、魔改造3回目で威力Sの単体攻撃を習得出来るなどアタッカーとして優秀。
自身だけでなく、味方への影響力も高いキャラとなっており狙う価値は十分にある。

 

プリエ
キャラ性能&個別評価

※ラ・ピュセル コラボ記念召喚より排出

斧武器装備時に必殺技での与ダメージ+50%/HPが多いほどATKアップ(最大+40%)など、火力面に特化したサブ魔ビリティーを保有。
ターン終了時には行動ゲージ+200など、行動回転率が早い点も大きな魅力。
低コストでの全体攻撃に加えDEF-30%を付与する単体攻撃も有り、ボス/強敵との戦闘時に真価を発揮。
味方への恩恵が少ないのはネックだが、他キャラに依存せずに火力を維持出来るのは強み。
強いて言うならヒーラーを編成しておくと最大火力を維持しやすいのでオススメ。
簡単に高火力を発揮出来るのは楽だが、正直火力枠は他で代用出来る。
このキャラで無ければならない理由にはならず、優先度が高いとはいえない。

 

暴虐の魔王キリディア
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

自身が拳武器装備時、敵が1体の場合など非常に簡単な条件で自身の火力を大幅にアップ出来る。
尚且つ、ターン終了時に敵を倒していれば自身のSPD30%アップなど行動順のカバーも可能。

初期から全体攻撃を習得、レベル200でも威力Sの全体攻撃を習得したりと殲滅力が高いキャラ。
前述した恩恵を全て得るには魔改造が条件であり、フェス限定キャラなので手間も多い
しかし、それに見合った活躍は期待出来るので狙っておいても損はない。

 

フーカXENO
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

ATKが非常に高く、単体攻撃のダメージ60%アップのサブ魔ビリティーを習得可能。
育成を進めるとターン開始時にATK/DEF+7%など、自身のステータスを底上げ出来たりと非常に強力。
初期から低コスト全体攻撃を持ち、剣装備時には消費SP-15%になるなど全体攻撃を連発出来るのも魅力。
SPDがやや低く設定されているものの、高火力で十分カバー出来るので問題無し。

 

暴君ヴァルバトーゼ
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

メイン魔ビリティーは槍武器キャラのSPD以外全能力+15%アップ
サブ魔ビリティーはターン終了時に敵を倒していたらHP18%回復/ATK40%アップ、槍装備時に消費SP-15%など非常に強力なものが揃っている。
さらに最初から全体攻撃を使え、レベル200で単体威力A&HP中回復の技を習得するなど火力面に特化。
通常ヴァルバトーゼに比べて攻撃面がかなり強化されている為、火力不足なら入手をオススメ。
メイン魔ビリティーの効果は大きいが、槍武器キャラのみとなっているのがやや使い辛い点。
ただ、それを差し引いても十分強力なキャラであることは間違いない。

 

黒サンタウサリア
キャラ性能&個別評価

※ブラッククリスマス召喚より排出

ターン開始時に最もRESが高い敵キャラのRESを-15%ダウン出来るサブ魔ビリティーを保有。
その為、魔法パーティなら火力アップを容易に行える点が魅力。
自身のパーティの杖・魔物魔法キャラの数×7%分自身のINTアップや、パーティ全てが魔物型キャラならパーティ与ダメージ+18%など限定的な編成で自身や味方へ大きな恩恵を付与可能。
最大限の恩恵を得る為に縛り編成をしなければならないのはややネック。
しかし得られる恩恵は中々に大きく、対象キャラでパーティを組めるのであれば狙うのも有り。
その他、低コストの全体攻撃に加えて味方単体へのINTバフなど便利な技/魔法を保有。
狙うかどうかは手持ちキャラと相談して決めたい。

 

水着デスコ
キャラ性能&個別評価

※夏だ!水着だ!トロピカルサマー召喚より排出

魔物型キャラとの相性が良く、パーティを全て魔物型で固めた場合には必殺技での与ダメージ大幅アップ
HP/攻撃力が高く、尚且つ戦闘開始時に初期SP+25を獲得出来るので初手から全体攻撃を連発出来る。
殲滅力の高さは勿論、単体S威力技も習得出来たりと敵数に関係なく対応出来るのもポイント。
編成のみで火力アップが出来るなど、使い勝手の良いキャラなので獲得をオススメ。
期間限定が故に育成が困難な点がネック。

 

サンタロザリンド
キャラ性能&個別評価

※ブラッククリスマス召喚より排出

ターン開始時にパーティのSP+5/ターン開始時にINTバフを受けている場合に必殺与ダメージ+60%/ターン終了時に行動ゲージが先頭の味方キャラのINT&RES+20%など、ターンの開始or終了時に効果を発揮するサブ魔ビリティーを豊富に持つキャラ。
杖武器キャラと相性が良く、固有技で味方単体にIN+45%アップのバフを掛けられるなど前述したサブ魔ビリティーと噛み合った技構成を誇る。
さらに低コスト&高コストの全体魔法を豊富に習得出来るなど殲滅力の高さもポイント。
単体魔法もRESダウン効果を付与出来たりと、魔法パーティに投入する事で後続キャラの火力アップにも繋がる。
同召喚で実装されている黒サンタウサリアもINTバフの魔法を持つ為、同時編成する事で最大火力までの時間短縮も可能。

 

スイートオメガ
キャラ性能&個別評価

※ドキドキ!胸キュン恋愛ラボ召喚より排出

メイン魔ビリティーで潜在タイプ[ルーク]の味方キャラの基礎パラメータ+15%
サブ魔ビリティーはターン開始時、自身のSPD+30%/潜在タイプ[ルーク]の味方が3体以上いれば戦闘開始時、パーティのSPD+12%/在タイプ[ルーク]の味方が3体以上いれば、パーティの与ダメージ+18%と「ルーク」縛りの編成時に真価を発揮するタイプ。
編成による縛りが大きく、汎用性は低め
ただし[ルーク]縛りでパーティを編成出来るのなら戦闘に必要パラメータを底上げ可能。
パーティ編成が限られるので、あえて狙う必要は少ない。
既に[ルーク]縛りが出来るのなら狙うのも有りだが、オススメはしない。

 

トリア
キャラ性能&個別評価

※ドキドキ!胸キュン恋愛ラボ召喚より排出

メイン魔ビリティー/サブ魔ビリティーは共に潜在タイプ[クイーン]に対してのものが多く、縛りが強め
しかし得られる効果は基礎パラメータ+15%/必殺技与ダメージ+16%/ターン開始時SP+12など、優秀。
さらに敵が男性キャラなら基礎パラメータ-10%に出来る為、戦闘を優位に運べるのがポイント。
編成条件を満たせるのであれば恩恵は大きいが、新規勢には若干縛りが強くパーティを組みにくいのがネック。
既にパーティを組めるのであれば狙うのも一つの手ではあるものの、オススメはしない。

 

マジョレーヌ
キャラ性能&個別評価

※オレがディスガイアシリーズ最新作新主人公だ!召喚より排出

単体S威力技/低コスト全体技を習得出来る為、周回&ボスのどちらでも活躍出来るキャラ。
魔改造前提だが、ターン開始時に自身のSP+10必殺技での与ダメージ+45%など優れた魔ビリティーを習得。
味方全体に対してもATK/DEF/INT/RESの同時バフを行えるなど、サポート能力の高さも魅力。
どんなパーティ編成でも活躍出来る性能となっており、獲得しておくと便利。

 

ヴォイドダーク
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚RE:BORNより排出

攻撃力が高く、槍装備キャラの味方に対して火力アップのメイン魔ビリティー/サブ魔ビリティーを持つ。
その為、パーティ編成の組み合わせによっては大幅な火力アップを見込めるのがポイント。
さらに魔改造+5と育成前提にはなるが、味方生存キャラが少ないほど自身のHP/SPD以外のステータスアップが可能。
最大で120%アップとなるので、例え自身1人になったとしても逆転を見込める性能を誇る。
連発禁止ではあるものの、低コスト全体技威力Sの単体技も保有。
周回能力も高く、ボスアタッカーとしての活躍を見込める優れた性能。
槍縛りキャラに対して火力アップのメイン魔ビリティーを持つ暴君ヴァルバトーゼ/水着ラハールちゃん/ゼノリスなどと組み合わせるとよりシナジーを得られるのでオススメ。

 

リオネス王女エトナ
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪 憤怒の審判コラボフェス 最凶魔王フェス外伝より排出

INTが非常に高く、メイン魔ビリティーも杖・魔物魔法武器装備キャラのSPD以外ステータスアップが可能。
低コスト全体攻撃&威力Sの単体攻撃など、ボスでも周回でも運用しやすい技構成を持つ。
その他、最もSPDが高い味方にATK・INT+40%、自身が杖装備時に行動ゲージ+150、自身が女性キャラへ与えるダメージ+70%と火力アップのサブ魔ビリティーが豊富。
味方全体に対してもINT+25%など、魔法攻撃系のキャラと特に相性が良い。
自身をアタッカーとする場合でも、サポート要員としての運用する場合でも活躍出来る優秀なキャラ。

 

美少女悪魔エリザベス
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪 憤怒の審判コラボフェス 最凶魔王フェス外伝より排出

メイン魔ビリティーでパーティの人型キャラのSPD以外のステータスアップが可能。
DEFが低い代わりにRESが非常に高く設定されており、魔法攻撃に対して強いキャラ。
防御面だけでなく、攻撃面も割と高く低コストの全体攻撃/威力Sの単体攻撃を持つ。
味方全体にHP回復&ATKバフを付与したり、魔改造+1でターン終了時にATKの高い味方にSP+12が可能。
パーティの火力アップやスキル回転率を底上げ出来たりと、シナジー与えやすいのが特徴。
アタッカー~サポーターまで幅広く活躍出来る汎用性の高い性能が魅力。

 

エクレール
キャラ性能&個別評価

※ラ・ピュセル プラチナム召喚より排出

パーティを人型キャラかつ全て女性キャラで揃えると魔ビリティーによる恩恵を全て得られるキャラ。
若干縛りが強い点はネックだが、味方の火力/自身のRESアップを行えるので編成には注意したい。
S威力の単体技、低コスト全体技を習得出来るので周回/ボス戦の両方である程度の活躍は可能。
その他、被ダメージ時にATK・DEF+20%全体攻撃時にかばうを付与したりとタンクとしても運用出来る。
とはいえ、ダメージ量が多いゲームシステムなので一度かばうだけで戦闘不能になる機会は多い。
その為、かばう/被ダメージ時に攻守強化に期待し過ぎるのも禁物。

 

エリザベス
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪コラボ記念召喚より排出

ターン終了時に行動ゲージが先頭の味方キャラのSP+10、残りHPが低い味方を自身の最大HP20%分回復出来るサブ魔ビリティーを持ったキャラ。
毎ターン終了時に効果が発動する為、居るだけでパーティの生存率を底上げ出来る。
尚且つ、全体回復/状態異常回復を行えたりとサポート能力は非常に高い。
低コスト全体攻撃も習得出来るので殲滅力の高さも魅力。
サポーターとしての性能は非常に高く、高難易度を目指すなら獲得しておきたいところ。

 

虎千代
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚RE:BORNより排出

単体S威力技を持ち、サブ魔ビリティーで自身が単体攻撃で与えるダメージ+60%アップ
単体火力が高く、ボスアタッカーとしての運用に加えて低コストの全体攻撃も習得出来る。
幅広い運用を行うことが出来、尚且つ自身/味方へのステータスアップの効果も豊富
フェス限定のキャラに比べるとやや見劣りするものの、それでも十分強力な性能を持つ。
使いやすく、腐らない性能なのでオススメ。

 

マーリン
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪コラボ記念召喚より排出

INTが高く、サブ魔ビリティーで杖装備時に与ダメージ+45%と強力な効果を持つ。
単体S威力技を習得出来たりと火力の高さに目が行きがちだが、味方全体のデバフを解除出来るのも魅力。
ただ、同時にバフ効果も解除してしまうので使いどころには注意が必要。
魔改造+7で魔ビリティー封印無効を獲得したりと安定した性能に期待が出来る。

 

浴衣雪丸
キャラ性能&個別評価

※祭りだ!!花火だ!!晩夏を彩る浴衣召喚より排出

敵全体のDEF/RESを12%ダウンさせる魔ビリティーを持ち、人型キャラと相性の良いキャラ。
味方全体を人型キャラで揃えるとパーティのDEF/RESアップなど、防御面のサポートも可能。
自身は最大35%ATKアップを行える為、火力面も充実。
尚且つ、低コストの全体攻撃など周回性能の高さも魅力。
単体威力S技、全体小回復など幅広い活躍を期待出来るので狙っておいて損はない。

 

ゼット
キャラ性能&個別評価

※オレがディスガイアシリーズ最新作新主人公だ!召喚より排出

HP/ATKが高く、単体S威力技/低コスト全体技を習得できるキャラ。
最大まで魔改造を行えば初手のパーティ火力を大きく上げられるなど火力面に特化。
それだけでなく、戦闘中に1度だけ戦闘不能時にHP満タンで蘇生可能。
火力枠としての採用は勿論、短期戦/長期戦にも対応出来る性能が魅力。
魔改造+1が最低条件だが、蘇生能力は強敵との戦闘時に重宝する効果。

 

イヴァール
キャラ性能&個別評価

※ディスガイア6からの挑戦状!?召喚より排出

斧武器キャラに対してATK&DEF+16%の魔ビリティーを保有。
サブ魔ビリティーでは同条件に対してCRT+6%を付与し、敵全体のDEF&RES-12%など場に居るだけでパーティの火力アップに貢献出来るのもポイント。
さらにHPが多いほど自身のATK&DEFアップ(最大+27%)の効果で戦闘開始時から最大火力を発揮出来るのも魅力。
低コスト全体技持ちの為、持ち前の火力の高さと合わせて周回面では便利。
単体高威力技も魔改造を進める事で習得できるので、育成を前提とするなら狙うのも有り。
とはいえそこまで飛び抜けた性能とは言えないので、他に強力なアタッカーを持っているのならスルーしてもOK。

 

水着ラハールちゃん
キャラ性能&個別評価

※海だ!水着だ!ムチプリサマー召喚前編より排出

パーティの槍装備キャラのATKアップに特化した性能を誇る。
魔改造を重ねると、槍装備キャラのSP+10/与ダメージアップの効果を得られたりと火力の底上げが簡単。
ただ、全ての恩恵を得るには味方全員が槍を装備しておかなければならないので注意。
自身も高いステータスを誇り、戦闘開始時にHP/SPD以外22%アップの効果も獲得。
高威力の単体攻撃を持つ為、強敵との戦闘時に真価を発揮するタイプ。
全体攻撃も持っているが、消費SPが多いので殲滅要員よりも単体アタッカーとしての運用がオススメ。

 

ラズベリルXENO
キャラ性能&個別評価

※最凶魔王フェスより排出

パーティの弓キャラのステータスアップ、弓装備時に自身の与ダメージ50%アップなど弓アタッカーとしては最強クラスの性能を誇る。
消費SPの少ない全体攻撃を持ち、魔改造を重ねる事で戦闘開始時に敵数が2体以上なら自分のATK/RES+30%獲得出来たりと周回性能が高いのも魅力の1つ。
全体/単体においても一定以上の活躍を期待出来る優れたキャラではあるが、縛りが有るゆえに貴重な魔改造素材までをこのキャラに使うのは少々おすすめしにくくはある。
余裕が有るなら獲得&優先して育成する価値は十分。

 

主人公アサギ
キャラ性能&個別評価

※主人公&世紀末魔王!MGS召喚より排出

ATK/SPDが高く、尚且つSP消費の少ない全体攻撃を持つ。
さらに、魔改造を1回行うだけでターン開始時にSPが+10されるなど技の連発を行いやすい。
ただし、全体攻撃のマジカルバズーカ/マイティコマンドは連発禁止技。
この解除を行う場合は魔改造5回と育成が必須な点がやや面倒なキャラ。
育成前提ならかなり強く、殲滅力の高さも目を見張るポイント。
先を見据えるのなら獲得しておいて損はない。

 

リリアンの狂子
キャラ性能&個別評価

※参上!魔立邪悪学園のエリート!伝説の卒業生召喚より排出

DEFが低いものの、SPDが速く行動の回転率が高いキャラ。
しかも魔改造を重ねることでそこまで目立たなかった火力面でも伸びて来る。
ターン開始時に敵の行動ゲージを減らせるなど、先手を取って攻撃しやすいのも魅力。
尚且つ低コストで行える全体攻撃マヒ付与の全体攻撃など周回要員としても活躍。
あらゆるパーティで活躍出来る性能となっているので是非狙いたい。

 

ルーシー
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚RE:BORNより排出

自分が与える全ダメージ+40%、ターン開始時に自分のATK/RES+12%のサブ魔ビリティーを習得。
その為、戦闘開始直後から高火力を発揮出来るのが特徴。
回転率の良い全体攻撃技は無いが、単体高威力/全体技を持っているので戦力としては十分。
尚且つ、魔ビリティー封印からの回復も出来る貴重なキャラ。
出番が多いとはまだ言えないが、今後の事を考えて獲得しておくのも有り。

 

水着フロン
キャラ性能&個別評価

※海だ!水着だ!ムチプリサマー召喚前編より排出

無条件にパーティのATK+15%出来るメイン魔ビリティーが使いやすい。
その他、単体S威力攻撃/全体回復/状態異常回復と様々なスキルを習得可能。
その為、攻撃面でもサポート面でも幅広く運用出来るのがポイント。
何か1つが飛び抜けているようなキャラではないが、使い勝手が良く腐らない。
回復能力を持つキャラが手持ちにいないのなら狙っておくのも有り。

 

リーゼロッタ
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚RE:BORNより排出

拳・槍・魔物物理武器装備キャラの与ダメージ&ATKをアップさせる魔ビリティーを保有するキャラ。
火力アップの対象キャラが多く、育成を進める事でターン終了時にHPが低いキャラのHP回復/パーティの行動ゲージ+50といった高いサポート能力を保有。
低コスト全体攻撃&味方全体へのATKバフだけに留まらず、コストは大きいものの全体回復といった魔法も習得。
SPDも高めに設定されており、ピンチ時の復帰力の高さも嬉しいポイント。
火力枠としては若干物足りない性能ではあるが、高火力の敵と対峙した際にはサポート要員として役立つ。
序盤で狙うキャラとしての優先度は高くないが、回復能力を優先するなら狙うのも有り。

 

ラハール
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

メイン魔ビリティにより、パーティのSPD以外の全能力を+10%出来る。
その為、平均してステータスを底上げしたい場合に便利。
ATK依存の固有技を持ち、序盤から火力を出しやすくオススメ。
全体攻撃も習得出来る為、優先して育成すれば殲滅要員としての運用も可能。
引き直しガチャで排出されるキャラなので、獲得しやすいのもメリット。
ちなみにレベル200で行動ゲージを下げられる全体攻撃も習得可能。

 

ラブリーチャチャ
キャラ性能&個別評価

※愛と正義の美少女戦隊ラブリーV召喚より排出

メイン魔ビリティーでパーティのSPD+5%アップが可能なキャラ。
その他、ターン開始時にSPDバフを受けている場合にATK40%アップ/斧武器装備時に消費SP+15%/戦闘開始時にATK&DEF30%アップと豊富な自己バフを保有。
ただ、サブ魔ビリティーの効果が1ターン/3ターンなど長期戦に向かない点はネック。
習得技は全て単体を対象としており、ボスアタッカーとしての運用がオススメ。
短期戦での活躍は目を見張るものはあるが、複数の敵と長期戦となると若干使い辛い

 

キング
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪コラボ記念召喚より排出

SPDが高いので先手を打ちやすいキャラ。
ターン開始時、最もDEFが高い敵のDEF-15%など火力の底上げが容易。
尚且つ槍装備時にはデバフ無効の効果や、戦闘開始時にSP+25など初手で高火力を発揮出来るのが有難い。
低コストの全体攻撃は持ち合わせていないものの、前述したSP獲得の効果があるので問題なく全体攻撃を行える点はメリット。
ただ、そうした恩恵を全て得るには7段階まで魔改造しなければならず難易度は高め。
魔改造前提で獲得するなら強力なキャラといえる。

 

バン
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪コラボ記念召喚より排出

メイン魔ビリティーでパーティのSPD+5%貴重な効果を持つ。
サブ魔ビリティーは全て自身に対してのみとなっており、尚且つ習得技も全て単体のみ。
単体アタッカーとしての性能は高く、敵のバフ効果を下げたりと強敵への対策に便利
殲滅力は無いので周回要員としては微妙だが、ボス/強敵との戦闘時には真価を発揮してくれる。

 

ディアンヌ
キャラ性能&個別評価

※七つの大罪コラボ記念召喚より排出

メイン魔ビリティーはシンプルにATK/DEFの底上げ。
条件/縛りが無いので、物理アタッカーならそれだけで恩恵を得られる。
サブ魔ビリティーは攻撃面のバフが多く、敵の単体攻撃から味方を庇えたりと攻守に秀でた性能
味方全体にDEF/RESのバフを掛けたりと、防御面を底上げしたいのならオススメのキャラ。
所有スキルはコストが大きいので回転率は悪いが、一発の火力は高い

 

浴衣ヴァルパトーゼ
キャラ性能&個別評価

※祭りだ!!花火だ!!晩夏を彩る浴衣召喚より排出

斧武器装備時、自身/味方に対しての恩恵が大きいキャラ。
武器種が限られる為、縛りがあるものの条件さえ満たせば自身の火力を大きくアップ出来る。
さらに、斧武器装備時に毎ターン自己回復を行えたりと生存率が高いのも魅力。
火力が高く単体/全体技を習得出来る為、アタッカーとしては優秀。
ただ、全体技のコストが高く連発出来ないので周回要員狙いとしては上位キャラを優先したい。

 

ラハールちゃん
キャラ性能&個別評価

※魔界ビューティ召喚より排出

パーティのATK・INTをアップ出来るメイン魔ビリティーを保有。
火力アップが目的ならシンプルに使いやすく、腐らない効果といえる。
サブ魔ビリティーにはターン終了時に行動ゲージ+200、コマンド技で与えるダメージ+45%アップなど強力なものを保有。
単体/全体攻撃を使い分けられる上に行動ゲージ-100を付与出来たりと優秀。
SPDは50と遅めだが、サブ魔ビリティーによってカバー出来るので優先して育成したい。

 

デスコ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

魔ビリティーによって魔物型キャラのSPD以外の全能力を11%アップ出来る。
魔物型キャラの縛りがあるからかラハールよりもバフ値は1%高い。
自身のステータスも高く、初期から全体攻撃を使える優秀なキャラ。
最初の引き直しガチャでの選択はデスコかラハールのどちらかがおすすめ。

 

極上のサルバトーレ
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!特別プラチナム召喚より排出

敵全体の防御能力を下げるメイン魔ビリティーを持ち、パーティの火力アップに役立つキャラ。
その他最初から低コストの全体攻撃を行えるなど、周回性能も高く優れた性能を誇る。

火力はやや低めだが、育成を進めると銃装備時にATK27%アップを得られるので十分カバー可能。
魔改造を行うだけの余裕があるかが最大の問題となる。
魔改造前提で獲得するなら周回性能の高いキャラとして運用可能。
中途半端な育成になるならあえてスルーするのも手。

 

マジョリタ
キャラ性能&個別評価

※大反省祭プラチナム召喚より排出

メイン/サブ魔ビリティーでINTアップの効果を豊富に持つキャラ。
さらに杖装備キャラのSP+10の効果など、魔法パーティを編成する上での恩恵が大きい。
単体/全体の固有技を習得し、なおかつRES-10%と魔法防御を下げる効果も付与。
SPDはそこまで高くはないが、火力が高く魔法アタッカーとしては強力。
ただ、これらは全て育成&魔改造が条件の評価。
優先して育成するのであれば、獲得しておいて損はない。

 

ダークアルティナ
キャラ性能&個別評価

※届けラブパワー!ピュアピュア魔法少女召喚より排出

メイン魔ビリティーでパーティの杖・魔物魔法武器装備キャラのINT+16%アップの効果。
サブ魔ビリティーではターン終了時、行動ゲージが先頭の味方キャラのINT+40%
パーティの杖・魔物魔法武器装備キャラが全体攻撃で与えるダメージ+15%、戦闘開始時パーティのINT+16%アップなど火力増加に大きく貢献出来る性能を持つ。
最初から全体攻撃を習得しているので、殲滅力も高く使いやすい。
同時実装のピュアシシリーのように、SP回復能力を持つキャラなどと組み合わせて技の回転率を上げたい。

 

メーヴェル
キャラ性能&個別評価

※夏だ!水着だ!トロピカルサマー召喚より排出

パーティが全体攻撃で与えるダメージ+15%のサブ魔ビリティー持ち。
その為、低コストの全体攻撃を持つキャラと相性が良く殲滅力の底上げに貢献してくれる。
SPDが高く、ターン終了時に行動ゲージ+200の効果を得られたりと行動順が早め。
単体S威力技も習得出来たりと火力も割と高め。
威力Cの全体攻撃技も習得できるが、消費SPが大きく使いどころに注意
手動なら強いがオートだとやや使い辛いキャラ。

 

クリスト
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!特別プラチナム召喚より排出

自身の全体攻撃の与ダメージ+50%と強力な魔ビリティーを保有。
さらにサブ魔ビリティーで杖/オーブ装備キャラのINTアップを行えたり、杖パーティの火力上げにも優秀

全体攻撃を習得するのはレベル250と遅めだが、低コスト&前述した魔ビリティー効果で殲滅力に期待出来る。
最大限活用する為には最大まで魔改造を行いたいが、火力だけなら1回の魔改造でも十分。
杖パーティを組めるくらいに手持ちが充実しているなら狙う価値有り。

 

サファイア
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーはHPが多いほど自分のATKアップの効果。
戦闘開始直後から最大火力を発揮出来る上に、始めから全体攻撃技を保有
その為、殲滅力が高く周回要員として優秀な性能を誇る。

サブ魔ビリティーは全てパーティの銃武器装備キャラに対しての効果。
やや縛りが強いものの消費SP-10%/与ダメージ+15%/SPD+6%など恩恵が大きい。

単体でも割と優秀な性能を持つが、銃武器装備のキャラとの編成で真価を発揮。
特にSPDアップの効果は貴重なので、行動順を早める為にも編成は考えて行いたい。

 

体操服フーカ
キャラ性能&個別評価

※ブルマは守るべき伝統!?体育災召喚より排出

メイン魔ビリティーはパーティが必殺技で与えるダメージ12%アップの効果。
その他、拳武器装備キャラATK18%アップなど火力を底上げ出来るキャラ。

ただ味方よりも自身のに対してのバフ効果が強力。
被ダメージ時にATK/DEF20%アップ、自分の単体攻撃ダメージ60%アップなど単体性能が高め。
しかし初っ端から全体攻撃を持っているものの、SPDが低めに設定されたり全体攻撃はバフが乗っからないなど惜しい性能。

殲滅力を求めるよりも強敵/ボス等に対しての運用がオススメ。
単体に対しての火力はトップクラスなので低いSPDが許せるなら狙うのも有り。

 

イースターマオ
キャラ性能&個別評価

※季節のおもてなし召喚-イースター編-より排出

INTが高くメイン魔ビリティーで底上げも出来る為、火力はかなり高め。
さらに、初っ端から全体攻撃を使用可能と殲滅力も高いキャラ。
しかし火力アップの効果が3ターンのみとなっており、長期戦になると火力が落ちてしまうのは悩みどころ。
サブ魔ビリティーは男性キャラ/眼鏡装備キャラのステータスアップなど、やや癖が強く使いにくい。
ただ自分が人型キャラから受けるダメージ40%減少等、育成を進めると硬さも獲得。
SPDが遅く行動順が回ってきにくいデメリットはあるが周回等、短時間の戦闘では活躍出来るキャラ。

 

アルマース
キャラ性能&個別評価

※大反省祭プラチナム召喚より排出

初期段階ではそこまで目立った性能はないキャラだが、魔改造する事で攻守を大幅にアップ出来る。
火力が高く、尚且つ全体回復を行うことも出来るのでサポート能力も高い。
全体攻撃が無く、周回要員としての性能は高くないことくらいが欠点。
使い勝手の良い性能となっているので入手しておくと便利。

 

バニーセラフィーヌ
キャラ性能&個別評価

※季節のおもてなし召喚-イースター編-より排出

メイン魔ビリティーにより、人型キャラのSPD以外の全能力アップを保有。
その為、編成に悩む必要が少なく扱いやすいキャラ。
サブ魔ビリティーでは弓装備キャラ/靴装備キャラへの火力アップ、尚且つ拳武器装備キャラからのダメージ50%軽減効果がかなりピンポイント
ただ、SPDは高く行動順が速く回ってきやすい上に単体のみだがSPDダウンの固有技も保有。
汎用性自体はそこまで高くはないものの、SPD重視なら狙っておくのも有り。

 

ピュアシシリー
キャラ性能&個別評価

※届けラブパワー!ピュアピュア魔法少女召喚より排出

INTが高く、メイン魔ビリティーでINTとDEFアップが可能。
サブ魔ビリティーでパーティの杖・魔物魔法武器装備キャラの通常攻撃をINT依存に出来る
INTがATKを上回れば効果を得られるものの、そうでない場合にはそこまで有効性を感じられない。
他にはターン開始時に杖・魔物魔法武器装備キャラのSP+7/必殺技与ダメージ+13%など、特定のパーティ編成で高い効果を発揮する。
ATK依存の物理キャラとは相性が悪く、同時編成のメリットがないので手持ちのキャラと相談して狙うようにしたい。

 

ラズベリル先生
キャラ性能&個別評価

※参上!魔立邪悪学園のエリート!伝説の卒業生召喚より排出

魔物魔法武器装備キャラのINTアップ、SP回復などを行える魔ビリティーを保有。
その為、通常攻撃を挟まず消費SPの少ない魔法を連発出来るようになる。
中でも風属性ダメージ+60%アップで大幅なダメージアップを見込めるのは大きい。
通常ラズベリルと違って風属性に特化している分運用方法が限定される場面も。
とはいえ、火力の高さはトップクラス。
アタッカーとして活躍してくれることは間違いない。

 

ウサリア
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーによってパーティのATKを+15%出来るキャラ。
その為、火力アップを手早く行いたい場合に便利。
スキルは単体攻撃が多く、レベル200で全体攻撃を習得出来る。
自身は攻撃力よりも防御寄りなので生存率も高め。
単純に火力アップを行いたいなら入手しておいて損は無い。

 

体操服ラズベリル
キャラ性能&個別評価

※ブルマは守るべき伝統!?体育災召喚より排出

ステータスは並みだが、サブ魔ビリティーで戦闘開始時に自身のSP+25獲得可能。
その為、スキルの回転率が良く安定した火力を生み出すことが出来る。

育成する事で初手から全体攻撃を打てるようになる為、幅広い活躍を見込める。
ただ、火力の底上げ自体は自身ではそこまで得られないので他キャラの魔ビリティーで補いたい。

戦闘開始時のSPが通常より多いだけでボス/周回要員など、活躍の場は多い。
火力の低さをカバーするような編成が出来れば十分運用レベル。
魔ビリティーによる効果を得る為の縛りがやや面倒なのがネック。

 

エミーゼル
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーで自身が全体攻撃で与えるダメージ+50%という強力な効果を保有。
ただ、全体攻撃を習得するのがレベル200/杖レベル14とやや遅いのがネック。
尚且つ、消費SPも多いのでオートではやや使い辛い点がネック。

サブ魔ビリティーは敵を倒していればターン終了時にHP15%回復/杖/弓武器装備キャラの与ダメージ+15%/消費SP-9%
元々防御面が脆いので、HP回復によるカバーは有難い。

メイン魔ビリティーの効果を有効活用出来るかどうかで使い勝手が変わるキャラ。

 

ヴァルバトーゼ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

パーティの剣武器装備キャラのATK+18%出来る。
その為、剣武器装備キャラを複数確保する場合には火力アップが容易。
固有スキルの威力もATK依存となっているので序盤で火力を上げやすいのも有難い。
火力は序盤~終盤まで確実に必要になる部分なので、狙っておいて損は無い。
引き直しでも獲得出来るキャラとなっており、オススメ。
初期スキルで自身のHP回復も行えたりと高性能。

 

フーカ
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

ATKが高い上、パーティ全員の与ダメージ+10%のメイン魔ビリティーを持つキャラ。
全体攻撃を持たないものの、単体威力Bのコマンドを習得可能。
さらに、習得コマンドの両方でDEF-12%の効果を付与出来るので味方の火力アップにも貢献可能。
高火力の単体アタッカーは腐る事のない性能となっており、シンプルに使いやすい。
パーティの火力アップを簡単に行いたいのなら入手しておくのも有り。

 

ゼロッケン
キャラ性能&個別評価

※プラチナム召喚より排出

トップクラスのSPDを誇るキャラ。
レベル200で全体攻撃を習得出来る為、殲滅力の高さも魅力。
メイン魔ビリティーでは拳装備キャラのSPDアップを持つ為、先手を打ちたい場合に便利。
サブ魔ビリティーでは行動ゲージが先頭の味方キャラのATK40%アップなどバフ要素も魅力。
SPDが早い分行動回数が多く、尚且つ自身のターン終了時に発動するバフ効果も多い。
拳装備のキャラを編成しているのなら確実に、そうでない場合でも優秀な性能。

 

黒サンタ ラハール
キャラ性能&個別評価

※期間限定キャラ参戦!クリスマス召喚より排出

メイン魔ビリティーはパーティの人型キャラのSPD以外全能力アップの効果。
人型キャラ縛りの魔ビリティーとなっている為、通常ラハールよりは汎用性は低め。
とはいえ、レベル50で習得するコマンドで全体攻撃+ATK25%アップの効果を得られるなど火力面では優秀。
魔ビリティーに関してはパーティ編成で対応出来るので、火力を出したいのなら狙っておくのも有り。
ただし得意武器が剣から斧に変わり、他キャラの魔ビリティーの恩恵を受け辛くなる点は注意。

 

マオ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

敵全体のDEF/RESをダウンさせるメイン魔ビリティーを保有。
その為、味方全体の実質攻撃力を底上げするのに便利なキャラ。
スキルはそこまで突出した性能が無いものの、魔ビリティーが強力な為入手しておいて損は無い。
剣が得意なのでヴァルバトーゼと同時に獲得すれば序盤から高火力な組み合わせとなる。

 

アクターレ
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーは自身にしか効果が無いものの、与ダメージ40%アップの効果。
尚且つ、最初から自身に対してHP回復のコマンドを習得しており攻守に優れた性能を持つ。
威力Bのコマンドも習得出来る為、単体の火力だけでいえばかなり高め。
全体火力には貢献しづらいが、単体の火力を求めるなら獲得も有り。

 

シシリー
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

パーティのINTを+15%アップ出来る魔ビリティーを保有。
尚且つ、初期からINT依存の全体攻撃を使えるので是非とも獲得しておきたいキャラ。
INT依存のスキルを持つキャラを他にも獲得する場合には狙っておきたい。
魔ビリティーで全体の火力を底上げ出来る点は非常に優秀。
他キャラのスキル威力がATK/INTのどちらに依存するかを確認しておこう。

 

ゴードン
キャラ性能&個別評価

※戦友よ、待たせたな!地球勇者召喚より排出

メイン魔ビリティーにてパーティの銃/拳/魔物物理武器装備キャラのATKを16%アップ出来る。
火力アップを幅広い武器種のキャラに付与出来る為、汎用性が高め。
習得技は単体特化となっており、単体火力の高いキャラ。
SPDは遅いものの、それに見合う火力を保有しているので入手しておいて損は無い。
逆に火力が既に足りているのなら狙う必要性は低い。

 

ジェニファー
キャラ性能&個別評価

※戦友よ、待たせたな!地球勇者召喚より排出

メイン魔ビリティーにてパーティの銃/拳/魔物物理武器装備キャラの消費SP-7%の効果。
全体の技を習得出来る為、バランス良く運用可能。
但しサブ魔ビリティーでパーティの男性キャラ×6%自分のSPD以外の全能力アップなど、編成に縛りがある分若干使い難い点がある。
編成の縛りをクリア出来るなら、ステータスアップも見込めるので獲得するのも有り。
魔改造前提となる為、育成する余裕が無いなら無視してもOK。

 

アルティナ
キャラ性能&個別評価

※プラチナム召喚より排出

メイン魔ビリティーでパーティの銃武器装備キャラのSPD以外全能力アップの効果。
HL強奪/獲得HLアップの技やサブ魔ビリティーを習得するので、HL稼ぎには持って来い。
火力面では正直そこまで高くはないが、銃と杖を併用できる幅広さも保有。
銃装備のキャラが複数パーティにいるのなら獲得しておくのも有り。
ただ、そうでない場合はそこまで優先すべき存在とはいえない。

 

ラズベリル
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

魔ビリティーでパーティのDEF/RESを+12%アップしてくれる為、被ダメージ軽減に貢献。
INT依存のスキルを持つのでシシリーと組み合わせると高い効果を攻守をカバー出来る為オススメ。
火力も大事だが、後半になるにつれて相手の攻撃力も高くなってくる。
そうした場合に少しでも防御を底上げ出来るキャラがいると有難い。
先を見越すのなら入手しておくのも有り。

 

ゼノリス
キャラ性能&個別評価

※魔族も骨抜き!ニャンニャン猫カフェ召喚より排出

槍装備キャラのATK+18%の魔ビリティーを保有。
育成を進めると敵キャラを倒していたらターン終了時にHP15%回復、槍キャラの必殺技与ダメージ+15%などを習得出来る。
ステータス自体は平均しており、可もなく不可もなくだが槍装備の場合は大きく火力の底上げが可能。
さらに前述した回復効果により耐久値のカバーも容易。
その他パーティの女性キャラが受けるダメージを-12%出来る為、硬い女性キャラ=同時実装のバルバラと相性が良い。

 

アデル
キャラ性能&個別評価

パーティの拳武器装備キャラのSPD以外全能力+12%アップの魔ビリティーを持つ。
その為、キリアと同時に獲得する事で序盤から高火力のパーティを組める。
攻撃力も高く、序盤では火力要員として活躍してくれるもののパーティ編成の幅が狭い為このランク。
勿論、キリアと同時排出された場合は大当たりとの判断でも大丈夫。

 

キリア
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

パーティの拳武器キャラのATK+18%の魔ビリティーを持つ。
その為、アデルと同時に獲得すると高い火力を発揮してくれる。
習得するスキルは単体/全体となっているので、使いやすい。
レベル200で習得するスキルに関しては唯一の威力Bとなっており、非常に高火力。
個人能力でいえば非常に高く、火力に特化した性能といえるだろう。

 

バルバラ
キャラ性能&個別評価

※魔族も骨抜き!ニャンニャン猫カフェ召喚より排出

自分が斧装備した際にATK・DEF+27%の魔ビリティーを保有。
サブ魔ビリティーでは被ダメージ時にSP回復、HPが少ないほどDEF・RESアップなどステータスの底上げが容易。
全体的にDEFが高く、硬さに特化した性能のキャラ。
育成することで火力の底上げが出来るので攻守においては問題ないが、SPDが低く行動順は遅い
敵からの攻撃でSPを確保して技の回転率を上げるような使い方がオススメ。
攻守と引き換えに足の遅さと殲滅力に大きく不安が残る。

 

中ボス
キャラ性能&個別評価

※魔界ビューティ召喚より排出

パーティの魔物型キャラのSPD以外全能力アップのメイン魔ビリティーを保有。
サブ魔ビリティーは魔物型キャラのコマンド与ダメージアップ人型キャラから被ダメージダウンなど、ピンポイントに刺さる効果を多く保有。
さらにパーティの女性キャラの数だけATKアップ若干編成にも縛りがある。
ただ、初っ端から全体攻撃を行えたりと性能は悪くはない。
編成によっては発揮しない魔ビリティーが多いが、編成がかみ合えば強力なキャラ。

 

サーズデイ
キャラ性能&個別評価

※戦友よ、待たせたな!地球勇者召喚より排出

全体技を習得出来るキャラ。
メイン魔ビリティーはメイン魔ビリティーにてパーティの銃/拳/魔物物理武器装備キャラの全与ダメージ12%アップと火力特化の性能。
SPDが46と非常に遅い為、先手を取る事は難しい。
ただ、魔改造を行う事で自身のATK/DEFが戦闘開始時~3ターン30%アップと大幅に強化可能。

 

フェンリッヒ
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

魔ビリティーによって自分のATK+パーティ人型キャラ×6%を得られる。
人型キャラを多く編成していない場合には効果が薄れる為、編成する種族によって効果が変動する。
ただ、攻撃力は高くレベル200で習得出来るスキルは単体威力B
尚且つ、拳武器なのでアデルキリアと相性が良い。
アデルとキリアと同時編成した場合は火力アップも容易なので、是非ともまとめて獲得したい。

 

雪丸
キャラ性能&個別評価

※魔界新年召喚より排出

自分が水属性攻撃で与えるダメージを60%アップ出来る魔ビリティーを持つ。
その為、優位属性に対して火力を出しやすくダメージにも期待が出来る。
水属性のアタッカーとしては現時点でトップクラス。
とはいえ、現状そこまでの強さを実感しづらい環境なのがネック。
将来的に刺さる場所が出て来れば輝く性能となっている。

 

ロザリンド
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

パーティの男性キャラのATK+16%アップの魔ビリティーを保有。
性別で縛られる上に、自身が女性となっているので恩恵を得にくいのがネック。
男性キャラを多く編成する場合には便利な効果ではあるが、後半になるにつれて編成の幅が狭くなっていく。
スキル威力はINT依存となっているのでシシリーと編成するのがオススメ。
レベル50で単体威力Cのスキルを習得出来る点は魅力。

 

レッドマグナス
キャラ性能&個別評価

※新キャラ参戦!プラチナム召喚より排出

SPDがかなり低く、全キャラを通しても下から数えた方が早いくらい。
だからといってATK/DEFが高いのかといわれると正直微妙。
HPが少ないほどATK/DEFアップの魔ビリティーを持つが、HP管理が難しく最大火力までに時間が必要。
さらにサブ魔ビリティーも全て斧装備キャラに対してのみと縛りが強く、あらゆる面で癖が強いキャラ。
味方への恩恵が大きい訳でもないので狙う理由は低め。

 

セラフィーヌ
キャラ性能&個別評価

※引き直しガチャ対象キャラ

自分のSPD以外全能力がパーティの男性キャラ数×+5%とかなり個人特化の魔ビリティーを持つ。
自身のステータスは大幅に強化されるものの、編成幅が狭く余りオススメは出来ない。
ATK依存のスキルを持つが武器が銃の為、他キャラの魔ビリティーで火力アップしにくいのもネック。
強いていうならラハールと組み合わせるのをオススメ。

 

堕天使フロン
キャラ性能&個別評価

※事前登録報酬で獲得可能

メイン魔ビリティーで味方の回復量20%アップの効果。
イベントで獲得出来るノエル/ログインボーナスで獲得出来るプラネールさんが回復を持っているので同時編成なら運用可能。
2キャラともイベント期間中なら獲得しやすいので運用するなら2キャラ揃えておきたいところ。
その為、あえてガチャで狙う必要は無いだろう。
事前登録でも獲得出来るので、とりあえず星4要員としておこう。
ガチャでの優先度は低め。

 

エトナ
キャラ性能&個別評価

※ログインボーナスにより獲得

ログインボーナスで獲得出来るキャラである為、ガチャで入手する必要は無し。
キャンペーン期間中なら星4エトナを最大4体まで獲得出来るので、あえて狙う理由も少な目。
魔ビリティーに関しては自身が女性キャラに対して与えるダメージが45%アップとかなり限定的。
特定のクエスト等では高い効果を発揮出来るが、汎用性は低い。

 

プレネールさん
キャラ性能&個別評価

※ログインボーナス7日目で獲得

メイン魔ビリティーがラハールと同じくパーティのSPD以外アップの効果を持つキャラ。
尚且つ、ログインボーナスで確実に入手出来るので無課金の人にはオススメ。
堕天使フロンと編成する事で回復量を増やす事も出来る為、オススメの組み合わせといえる。

 

魔法使い ノエル
キャラ性能&個別評価

※魔法で彩るホーリーナイトイベントにて交換可能

初期コマンドで全体攻撃を持ち、メイン魔ビリティーでパーティ全体のHP回復を毎ターン行えるキャラ。
とはいえ単体での回復量はそこまで期待出来ないので、回復量アップの魔ビリティーを持つ堕天使フロンと同時編成がオススメ。
交換でキャラを獲得出来る為、育成しやすいのもメリット。
優先してイベントをこなして獲得しておこう。

 

総合評価

序盤ではラハールの魔ビリティが使いやすく事前登録報酬で剣も配布される為、ラハールをどこかのタイミングで獲得しておくことをオススメします。
あとはラハールに合わせてヴァルバトーゼ/マオ等を獲得しておくと序盤から高火力を期待出来ます。
シシリーデスコなど、殲滅力の高いキャラを確保するのも良いかもしれません。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新
 

  • 名前:【やり込みRPG】魔界戦記ディスガイアRPG
  • 会社:ForwardWorks Corporation
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 
 


 
 


コメント

“【魔界戦記ディスガイアRPG】リセマラ当たり最強星4キャラランキング” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    最近ヴァル様は体力と防御上げてリジェネ盾にしてる。

  2. 匿名 より:

    リセマラできるやつらかこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。