【クリムゾン妖魔大戦】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

ホーム /  HTML5ゲーム / 【クリムゾン妖魔大戦】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

【クリムゾン妖魔大戦】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

「クリムゾン妖魔大戦」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめ星3キャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!




 

 

最強星3キャラランキング

1位:藤浦ヒナタ【ホワイトオーダー】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

波属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1は自身のTPを大アップ&障壁獲得→各waveごとに1回目の発動時は追加でTPを大アップ
スキル2は最も魔防の低い敵に魔法大ダメージ×5倍→各waveごとに1回目の発動時はヒット数が5回に増加
必殺技は最も魔防の低い敵に魔法超極大ダメージ×2倍→各waveごとに1回目の発動時は追加で魔法絶大ダメージ
さらにパッシブ効果で味方HPが30%以下になった時、味方全体のHPを回復&物防/魔防アップ(2回まで/クールタイム20秒)を発動。

自己バフで耐久力を底上げし、必殺技を高回転で発動できるフィニッシャー。
特に各waveで初めて発動する際には全スキルに追加効果が発生。
また高いスキル火力の反面、パッシブ効果では味方全体のHP自動回復を保有。
発動回数は2回までと上限があるものの、H回復量はHP60%分と非常に優秀。
攻守においてバランス良くパーティを支えられる優れた性能といえる。
同じく波属性の真土那怜子【検診のあとで】などと組ませる事でパーティの生存率を大きく伸ばせるのでオススメ。

 

2位:朝霧イブ【甲辰招来】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

新年初日に実装された偶属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は3回連続発動のランダムな敵に物理大ダメージ&自分以外のランダムな味方1体にTP小アップしを付与し、クリティカルなら自分にTP小アップを獲得。
スキル2は最も近くの敵周囲に物理大ダメージを与え、クリティカルなら追加で会心物理大ダメージ×3倍&耐性無視のスタン効果
必殺技は最も近くの敵に物理超極大ダメージ×2倍を与え、偶属性の味方が5体以上いるなら必中&確定超クリティカル
またパッシブ効果で戦闘開始から一定時間経過すれば超会心モードに突入
確定でクリティカルが発生し、確率で超クリティカルが発生。

クリティカル能力に優れたアタッカー。
単体/範囲攻撃を持ち、クリティカルが発生する事でTP回復や追撃&スタン効果が発動。
クリティカル自体はパッシブ効果で一定時間経過後、確実に発動するようになるので長期戦におけるアタッカーとして非常に優秀。
また偶属性縛りだと必殺技が大幅に強化されるなど、縛り編成にも対応。

基本的には縛り編成を行わずとも十分効果力を発揮。
しかし桃田みここ【雪結晶の氷錠嬢】天花寺サヤ【高貴のマエストロ】など、偶属性縛りで真価を発揮できるキャラとのシナジーも便利。
特にパッシブ効果が強力なため、火力を補填したいなら是非とも入手しておきたい。

 

3位:七瀬サキ【深紅贈り物】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

光属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1で自身のTP上昇特大アップ&障壁が無いなら障壁を付与、障壁が付与されている間は通常攻撃のダメージが30倍
スキル2は最もHP割合が高い敵に対して魔法大ダメージ+無属性以外の味方が多いほど威力が増加し、最大で5倍まで増加
さらに必殺技では味方全体のダウン状態を解除し、最もHP割合の高い敵に対して合算魔法超極大ダメージ

自身にTP上昇効果を付与しつつ、攻守アップの追加効果を付与。
また最もHPが多い敵を狙った攻撃が多く、高耐久の敵対策に便利。
特筆すべきは必殺技の合算魔法ダメージ。
自身の魔法攻撃力に加え、自身以外の味方全体の合計攻撃力に応じた魔法ダメージと非常に高い火力を発揮してくれる。
序盤は勿論、キャラが育ってくる後半や高難易度においても高火力アタッカーとして重宝。

障壁を付与されている間は通常攻撃が大幅に底上げされる為、泉アリサ【真夏の黒真珠】のような障壁を付与出来るキャラとの編成がオススメ。
それ以外なら振袖ゆら【灼熱統べる女帝】恵諏訪ルリラ【憩いの澄明】など、光属性キャラなら誰とでも噛み合う。
光属性縛りは勿論、単体運用でも性能は十分強力。
縛り編成で性能が左右される事も無いので新規で始める人でもオススメ。

 

 

4位:南雲さゆき【式を抜け出して】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

影属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も遠くの敵に物理大ダメージ×2倍→味方が影属性のみなら追加で物理大ダメージ×2倍&自身に現在HPに応じた割合ダメージ
スキル2は最も遠くの敵に必中物理大ダメージ&強化全解除→対象の物防アップ状態を解除したなら追加で物防特大ダウン
必殺技は最も遠くの敵の周囲に物理超極大ダメージ×2倍→攻撃後、自身に挑発&HP継続大回復を付与→加護効果で被ダメージ時に与ダメージ8%アップ&自身以外の影属性の味方に与ダメージ2%アップ

最も遠くの敵に対して攻撃を行う為、後衛の処理が得意。
スキル1でこそ自傷ダメージがあったりとデメリットがあるものの、それ以外は噛み合ったスキル構成。
特に必殺技で挑発&継続回復を得つつ、加護効果で被ダメージ時に与ダメージアップを得られるのは大きな強み。
敵火力が高い場合には落とされかねないリスクもあるので、他に回復役を編成しておくと安定感が増す。
真宮寺ヒカリ【霊狐憑きの巫女】真土那怜子【一夜の高揚】といった影属性縛りの編成でシナジーを得られるようなキャラと組み合わせたい。

 

5位:真土那怜子【検診のあとで】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

波属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は3番目に近い敵に対して封印を付与、さらに固定大ダメージを付与
対象が偶属性である場合は固定ダメージの威力がアップ
またスキル2の全体回復は対象のHPが100%だった場合には物攻&魔攻極大アップを付与
しかも2回連続で発動する為、バフ効果が発動しやすいのもポイント。
加えて必殺技の単体攻撃は最もHPの高い敵に対して会心物理極大ダメージ×2倍&強化解除
回復・バフ・攻撃面に優れた性能を持っているので、編成に加えやすいキャラ。
他にもパッシブ効果でHPが30%以下になった味方1体に対してHP100%回復&TP1000アップ&物攻・魔攻アップが発動。
1回のみしか発動しないが、味方が戦闘不能になるリスクを軽減出来るのは魅力的。
朝霧イブ【包体塗れ】朝霞イブ【朝はまた廻る】など、回復手段を持つキャラは複数いるもののバフも同時に付与出来るチャンスがあるのは非常に強み。

 

6位:吉良きらり【黒透かすゴシック】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

虚属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1は自分のTP大アップ&自分がダウン状態でないなら追加HPを割合中回復&状態異常を解除
スキル2は最も物攻が高い敵と魔攻が高い敵に魔法特大ダメージ&自分がダウン状態でないならダメージ3倍
必殺技は最も近くの敵に魔法極大ダメージ&攻撃後に追加でバトル開始からの経過時間に応じてヒット数がアップする魔法大ダメージ
ヒット数は20秒経過毎に増加し、120秒経過後には最大で6ヒットまで増加。
さらに加護効果でTP90%以上の味方がいる場合、最もTPが高い味方に物攻&魔攻アップの効果。

スキル1で自身にTP大アップを付与出来る為、加護によるバフ効果が発生しやすいのがポイント。
そのうえスキル2で敵の物理&魔法アタッカーの両方を攻撃出来るなど、火力枠を削るのにも活躍。
ただし必殺技で最大火力を出すには戦闘開始から120秒経過しなければならず、短期で火力を出すのは難しい
とはいえ単体性能は優秀で、他キャラに依存せず十分実用出来る。
組み合わせるなら朝霧イブ【包体塗れ】/黒羽みつ【銀世界のニュービー】/藤浦ヒナタ【マジカルめたもる】など虚属性でシナジーを得やすいキャラと併用したい。

 

7位:川澄カグヤ【祝宴の幸運ウサギ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャ宴より排出

影属性の物理/前衛タイプ。
スキル1で自身の弱体化を解除し、同時にTP大アップを獲得。
さらに3回連続で発動する単体ランダム特大攻撃&耐性無効の封印付与
スキル自体は特筆するほど強くはないものの、攻守共に優秀。
中でも強力なのが必殺技の単体物理極大威力攻撃
通常時の火力自体も高い上に、無属性以外の味方数が多いほど火力アップ
しかも追加で物攻特大アップのバフも獲得出来る。
属性に縛られる事なく高火力を発揮出来るうえに、自己完結したスキル構成が魅力。
また自身TP90%以上で物攻を大幅に底上げ出来るパッシブを持っており、必殺技との組み合わせで大ダメージを狙えるのも嬉しい。
単体アタッカーとしての性能は最強クラス。

 

8位:神沼月子【赫の捕食者】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の中衛・魔法タイプ。
スキル1は最も魔防の低い敵に魔法大ダメージ&自身が封印時には対象にも封印を付与
スキル自体は大威力だが、9倍威力となっており非常に高い単体火力を誇る。
またスキル2では1回毎にランダムな対象に会心魔法大ダメージ×4回とこちらも高威力。
しかも影属性の敵がいる場合には攻撃回数が8回に変化する為、敵の属性次第で手数も増加。
中でも強力なのは必殺技による単体会心魔法特大ダメージ
こちらは追加効果で自身の行動速度最大アップを獲得出来るので、DPSも大きく向上。
そのうえ必殺技は最もHPが低い敵を優先
単体アタッカーとしては勿論、フィニッシャーとしても非常に優秀。
唯一懸念すべきは自身で攻撃力自体を底上げする事は出来ない点。
泉アリサ【真夏の黒真珠】/吉良きらり【ときめき夏空コーデ】/鈴村アンリ【真紅のヴォーカリスト】のような魔攻バフ持ちと組み合わせて運用するのがオススメ。

 

9位:朝霧イブ【包体塗れ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/物理タイプ。
全体攻撃&行動速度大ダウン&暗闇付与で敵の火力を奪いつつ、味方全体への微回復でサポート。
回復スキルは対象が虚属性であればHP継続特大回復が発動。
敵の手数を遅延する事で被ダメージ軽減にも貢献出来る点も高評価。
必殺技は最も近い敵に対して物理超極大ダメージ&短時間の物防極大ダウン&物理小ダメージを付与。
さらに自身のHPが100%なら追加で発動する物理小ダメージが8倍になるなど、条件さえクリアすればダメージソースとしても十分活躍してくれる。
攻撃面では十分だが、虚属性縛りでないと生存率をカバー出来ない点には注意。
編成するのであれば回復能力持ちの朝霞イブ【朝はまた廻る】などと組み合わせるのがオススメ。

 

10位:七瀬サキ【我流のおもてなし】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は自身の前後の味方に対して物攻/魔攻特大アップ&TP中アップ対象が光属性の場合には追加で障壁1つを付与
スキル2は最もHP割合の高い敵に物理大ダメージ&毒付付与+対象が虚属性なら毒の効果時間アップ
必殺技は最も近くの敵に会心物理超極大ダメージ
攻撃後には自身を含む自身より前にいる味方の物攻/魔攻極大アップ&自身を含む自身より後ろにいる味方の速度を最大アップ

味方への攻撃バフを撒きながら攻撃を行うアタッカー。
毒を付与する事も出来る為、コンテンツ次第では毒効果にも期待が出来る。
特に必殺技によるバフが強力で、前衛には火力アップ/後衛には速度アップを同時に付与可能。
また自身はその両方のバフ効果を得られるので、火力枠としても十分に役立つ。
同じ光属性である七瀬サキ【深紅贈り物】/振袖ゆら【灼熱統べる女帝】/真宮寺ヒカリ【雪夜の恋模様】と組み合わせての運用がオススメ。

 

11位:朝霞イブ【カクテル・バニー】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の物理・前衛タイプ。
全体物理大攻撃&確率で封印付与、全体物防中ダウン&障壁破壊のスキルを保有。
スキル両方が敵全体を対象とする為、雑に使いやすく火力補助にも貢献出来るのがポイント。
さらに必殺技でも敵全体に物理極大威力の攻撃を与えられるので、基本的に雑魚処理が大得意。
また光属性の敵に対しては封印の確率アップ、必殺技では光属性の敵数だけ追撃が発生。
とはいえ光属性以外を相手取る場合でも十分高性能。
非常に使い勝手が良く、リセマラするならオススメ。
序盤から後半まで安定して使えるのが大きな強みといえる。
同じ属性の振袖シュリ【優勝へのエール】/ケーシャ【氷上の妖精】などと組み合わせて運用したい。

 

12位:七瀬サキ【鮮紅の女傑】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1は敵全体に魔法大ダメージ×3倍
対象が光属性なら追加で魔法大ダメージ×3倍&物会心/魔会心大ダウン
スキル2は2回連続発動で最もHP割合の低い敵に魔法大ダメージ×2倍
自分が速度アップ状態なら代わりに敵全体に魔法大ダメージ×2倍
必殺技は敵全体に魔法極大ダメージ×2倍
影属性の味方全体に魔攻超極大アップ

全体攻撃/単体攻撃を使い分けるアタッカー。
しかも必殺技では影属性の味方に対して魔攻を大幅アップ行えるなど、パーティの火力補助としても活躍を見込める。
ただしスキル2の追撃発動条件である自身へ速度アップを付与する事は出来ない為、その点のみ他キャラのサポートが必要。
影属性且つ速度アップスキル持ちのキャラは真土那怜子【一夜の高揚】など。
影属性の魔法タイプである振袖シュリ【優勝へのエール】/有栖川ほむら【穢れなき純情】といった影属性の魔法タイプと編成して使いたい。

 

13位:南雲さゆき【サービスショット】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最もTPの高い敵に物理大ダメージ&封印付与
対象が影属性の場合は追加で物防大ダウン&回避特大ダウン
スキル2は最も近くの敵の周囲に物理大ダメージ&味方全体の行動速度を中アップ
必殺技は最も近くの敵に物理超極大ダメージ&自身以外の最もTPが高い味方の物攻を超極大アップ
必殺技に関しては無属性以外の味方が多いほどダメージアップする為、どんな編成に組み込んでも火力アップを見込める。

単体/範囲攻撃を扱えるだけでなく、デバフ/バフ効果で味方の補助も可能。
またスキル2で味方全体の速度アップを行える為、有栖川ほむら【昏き夜闇に踊る】のように速度アップ中の味方にTP上昇特大アップを撒けるキャラと相性が良い。
他にも藤浦ヒナタ【逆転ブザービーター】/有栖川ほむら【焦がれる聖夜】は速度アップ中なら火力が増加。
共に物理アタッカーなので、このキャラとシナジーも得やすいのがポイント。

単体でも十分強力だが、前述したキャラと組み合わせるとパーティ火力の増加に大きく貢献してくれる。
新規勢なら狙っておいて損はない。

 

14位:藤浦ヒナタ【逆転ブザービーター】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の前衛/物理タイプ。
スキル1で最も近い敵に物理大ダメージ×3回、スキル2は自身に命中極大アップを付与。
自身が速度アップ状態と条件があるものの、スキル1は同威力×3回攻撃が追加発動可能。
さらにスキル2は影属性の味方3体以上で物理会心大アップ、4人以上なら行動速度大アップを獲得。
基本的には影属性縛りの編成を行う事で速度アップのバフも得られる為、パーティ編成には注意が必要。
ただしスキル2を発動しなければ影属性縛りでもバフを得られず、祭典で追撃を発動させるのであれば真土那怜子【一夜の高揚】のように影属性の味方に速度アップを付与出来るキャラが必須

必殺技に関しては物攻特大アップ後に最も近い敵に物理極大ダメージ×2倍
そのうえ攻撃後、自身のバフ効果を最もTPが高い味方に効果2倍でコピー出来る。
バフを付与出来る味方がTPの現在量に左右されるので、安定しずらい点はネック。
しかし味方が多くのバフを獲得した後で必殺技を早期に繰り出せる状況を作れるのは強み。
その為、なるべく自身にバフを集めて必殺技を発動したい。
バフ要員には同じ影属性の七瀬サキ【七つの弾丸】がオススメ。

スキルの追加効果発動条件や影属性縛り以外では使い辛いなど、若干性能はピーキー。
とはいえ使い方次第で自身だけでなく、味方も大幅に強化出来るのは魅力的。

 

15位:馬酔木瀬名【酔いどれ湯華】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/魔法タイプ。
スキル1は最も近くの敵を中心とした魔法大ダメージ
対象のHPが50%以上or影属性なら火傷付与の追加効果が発生。
またスキル2で味方全体のTP上昇を中アップさせ、同時に状態異常を解除
特筆すべきは必殺技による全体魔法極大ダメージ
対象が状態異常なら追加で魔法極大ダメージ×2回に加え、味方全体の状態異常解除が発動。

状態異常を付与出来る味方との編成が無かったとしても、自身スキルで火傷を付与可能。
その為、他キャラに頼らずとも高ダメージの条件をクリア出来るのは大きな強み。
ただし敵全体に火傷効果を撒く事は出来ず、HP50%以上or影属性の敵のみと火傷付与にも条件が有る事は忘れずに。
安定感を高める為には組み合わせるキャラに若干気を使う必要があるものの、性能自体は優秀。
特に魔法火力が足りていない場合にオススメ。

 

16位:朝霞イブ【聖夜灯す温もり】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も物攻の高い味方に対して速度大アップ&最も物攻の高い敵の速度を大ダウン
スキル2は最も物防の高い敵に対して固定中ダメージ&毒を付与
対象が光属性なら固定ダメージ威力が増加
必殺技は敵全体の障壁破壊後に敵全体に物理特大ダメージ
さらにその後、ランダムな敵1体に物理極大ダメージ効果が発動。

味方アタッカーのDPSを上げつつ、敵アタッカーのDPSを低下。
また固定ダメージや毒によって、安定したダメージを確実に与えられる性能を持つ。
固定ダメージ以外でも必殺技で全体攻撃や追撃など、火力自体はそこまで悪くはない。
最も物攻が高い味方の行動回転率を底上げ出来る為、真土那怜子【検診のあとで】川澄カグヤ【祝宴の幸運ウサギ】といった強力なキャラにバフが掛かるように調整するのがオススメ。

飛び抜けて優秀なキャラとは言い難いが、使いやすい。
また毒や固定ダメージが活躍するコンテンツでも活躍を見込める。
汎用性が高い訳では無いが、刺さる場所で使うと便利なキャラ。

 

17位:泉アリサ【拘速捕爆】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1で最も物攻が高い味方にTP継続大アップ&行動速度中アップ
スキル2は最も近くの敵に物理大ダメージ×2回の効果。
そのうえ対象が速度ダウン状態なら物理特大ダメージ×2回、自身が速度アップ状態なら物理極大ダメージ×2回が発動。
自身・スキル対象の状態に左右される部分があるとはいえ、条件をクリア出来るのであれば高火力を期待。
必殺技に関しては敵全体に物理超極大ダメージ&行動速度大ダウン&ノックバックを付与。
また対象が影属性の場合には追加で物理極大ダメージ

全体的に条件さえ満たせば火力・手数が多い後衛アタッカー。
それに加え、味方物理アタッカーの行動速度アップ&敵の行動速度低下も可能。
手数に差が生まれる事で被ダメージを減らしつつ、敵を処理出来る。
しかも自身の物理火力を最も高いように調整すれば、追撃の条件もクリア。
自己完結したスキル構成となっているのも強みといえる。
とはいえ速度アップや速度ダウンのバフ・デバフ持ちの是万道カガリ【識るは易し】/良きらり【舞いし魂の縁者】などと組み合わせて運用する事で火力・DPS増加の時短にも繋がる。

 

18位:振袖ゆら【灼熱統べる女帝】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の中衛/魔法タイプ。
最も物防が高い敵を対象とした攻撃は同時に敵のバフを自身へコピー&解除
さらに自身への挑発スキルまで持っており、光属性の味方3体以上で障壁獲得
光属性の味方が4体以上の場合は魔防特大アップを追加で得られるので、タンク運用も可能。
必殺技は最も近くの敵を狙った極大攻撃
また自身が物防バフ中なら追加の極大攻撃、魔防バフ中でも同威力の追撃が発生。
その為、物防・魔防バフを一手で味方に撒ける朝霞イブ【異能との架け橋】などと組み合わせたい。
元々防御力も高めに設定されており、魔法タイプの敵に対してはタンク運用でも活躍。
条件があるとはいえ攻守において優れた性能を発揮出来るのは魅力的。
厄介なバフ持ちの敵対策にも便利。

 

19位:川澄カグヤ【正義の陽炎】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は1回ごとランダムな敵に物理大ダメージ×4回→自分が状態異常でないなら×8回に増加
スキル2は味方全体の物会心大アップ&物攻ダウンを解除→物攻ダウンを解除した味方に追加で物攻極大アップ
必殺技は最も近くの敵に物理超特大ダメージ(光属性の味方の数に応じてダメージアップ)→発動後、30秒間再使用不可

手数が多く、単体火力に優れた性能を持つキャラ。
状態異常でなければ8回と大幅に手数を伸ばせ、味方への会心バフで火力補助まで行える。
さらに物攻ダウンのデバフを解除したと同時に物攻極大アップを付与出来るなど、デメリットをメリットに変えられるのも有難い。
ただ必殺技は使用後30秒間は使用出来ない点には注意。
七瀬サキ【我流のおもてなし】振袖ゆら【灼熱統べる女帝】など光属性縛りでシナジーを得られるキャラと組み合わせて使いたい。
また物攻ダウンのデメリットを持つ川澄カグヤ【煌々なる熱視線】と組み合わせて使うのも有り。

 

20位:真宮寺ヒカリ【雪夜の恋模様】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1で味方全体のHP割合50%分を回復&最もHPの低い味方に対して追加でHP割合50%分回復
さらに追加で物防・魔防アップで防御面のカバーも可能。
スキル2は光属性の味方全体に魔攻中アップを付与。
この魔攻アップの効果は光属性の味方が多いほど効果量が上がり、最大で5倍の効果。
その為、光属性の魔法タイプで縛ったパーティに組み込む事で真価を発揮。
必殺技は最も近い敵周囲に対して極大威力の魔法攻撃
この効果もスキル2と同じく、光属性の味方が多いほどダメージアップ
最大5倍まで威力が増加するので、最低でも光属性の味方は別で1体編成しておきたい。

ヒーラーとしてなら正直どの編成に組み込んでも即採用レベル。
しかしバフ効果やダメージソースの最大効果を期待するなら、正直汎用性は低い。
振袖ゆら【灼熱統べる女帝】/恵諏訪ルリラ【憩いの澄明】/七瀬サキ【大海進む黒豹】といった光属性の魔法タイプを複数所持しているのであれば狙うのも有り。

条件を全て満たせばバフ要員、火力枠の両方で活躍を見込める
ただ手持ちキャラが少ない序盤で優先しても、最大限の活躍が難しいタイプ。

 

21位~

20位:高部絵里【慧眼のお嬢様】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

卑作コラボで実装された調属性の前衛/物理タイプ。
スキル1はランダムな敵に必中物理大ダメージ×5回&敵全体に必中物理大ダメージ
スキル2は自身と1つ後ろの味方の物攻を特大アップ&調属性の味方が2体以上なら対象の味方に障壁付与
必殺技は敵全体に必中会心物理極大ダメージ×2倍&調属性の味方が3体以上なら対象の敵の物攻/魔攻を特大ダウン

攻撃手段はスキル/必殺技共に必中と安定したダメージソースとして活躍。
さらにスキル威力も高く、自身で攻撃力アップを獲得出来るなど自己完結した性能を誇る。
また調属性縛りの編成にしなくても、調属性キャラを3体以上組み込んでおけば真価を発揮
運用方法は特に難しく考える必要はないので、基本的には雑に使っても十分強い。
欲をいえば仁科メル【夏夜満ちる華】が持つ調属性に対する行動速度限界アップなどで攻撃の回転率を早めたい。
単体/複数どちらの敵に対しても安定して対応出来る汎用性も初心者にはオススメ。

 

榊美由紀【勇気ある乙女】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

卑作コラボで実装された調属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に物理大ダメージ&自分の行動速度を中アップ+行動速度アップ中は通常攻撃のヒット数とダメージアップの効果。
スキル2は最も物攻の高い味方のTP小アップ+対象が調属性ならTP大アップに効果量が増加
必殺技は最も近くの敵に物理極大ダメージ→攻撃後、対象の敵にランダムで1~4ヒットの物理中ダメージ&自分以外の味方のTP上昇を中アップ

自身に行動速度アップを付与し、通常攻撃のヒット数&ダメージアップでDPSアップを狙えるキャラ。
自己完結した性能となっており、他キャラに頼る事無く火力増加を見込める。
またTPアップによる味方の必殺技回転率アップにも貢献。
属性縛りを行わずとも十分最大限真価を発揮出来るので、どんな編成にも組み込みやすい。
高部絵里【慧眼のお嬢様】仁科メル【夏夜満ちる華】などと組み合わせるのがオススメ。

 

真土那怜子【放課後レッスン】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵の周囲に物理大ダメージ×2倍&物防大ダウン
自身のHPが100%未満なら対象の敵に封印付与
スキル2は波属性の味方の物会心を大アップ&TPを極小アップ
味方が波属性のみなら自身のTPを大アップ
必殺技は最も近くの敵に物理極大ダメージ×2倍
対象が状態異常なら追加で物理大ダメージ
対象が封印状態なら攻撃前に物防を大ダウン

最も近くの敵を優先して攻撃する物理アタッカー。
さらに物防ダウンのデバフ効果に加え、自身HPが少しでも減っていれば封印を付与可能。
封印効果に関しては必殺技の追撃条件にもなっている為、自己完結出来ているのが非常に優秀。
また波属性縛りの編成だとスキル2の効果で必殺技回転率を早められるのも有難いポイント。
庵条ライラ【熱鞭しなる訓導】/吉良きらり【ときめき夏空コーデ】のような波属性の物理タイプと組み合わせて運用するのがオススメ。

 

吉良きらり【清純スカート】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の後衛/物理タイプ。
スキル1は最も物防の低い敵に物理大ダメージ×3倍
クリティカルなら追加で封印付与×3回
スキル2は最もHP割合の高い敵に物理大ダメージ×3倍
クリティカルなら追加で偶属性の敵に物理大ダメージ×3倍
必殺技は最も魔攻の高い敵に物理極大ダメージ×2倍
自分がアップ状態なら追加で物理極大ダメージ&スタン付与

最も物防の低い敵/HP割合の高い敵/最も魔攻の高い敵と、スキル/必殺技ごとに攻撃対象が違うのがポイント。
バランス良く敵HPを削れるのはメリットだが、集中して攻撃を行えずフィニッシュ率が低い点はネックといえる。
またスキル/必殺技の全てに追加効果が有るものの、クリティカル時/自身がアップ状態である事が条件など安定して発動し辛いのがネック。
安定して追加効果を発動させたいなら会心バフを持つ川澄カグヤ【正義の陽炎】真土那怜子【放課後レッスン】などと組み合わせて運用したい。

 

黒羽みつ【銀世界のニュービー】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1は自身に魔攻特大アップ&虚属性の味方が多いほどTPアップ
スキル2は敵全体に必中魔法大ダメージ&回避極大ダウン
必殺技は最もHP割合の高い敵に魔防特大ダウンを付与
対象が影属性なら代わりに魔防を超極大ダウンさせ、会心魔法超極大ダメージ

自身に魔攻アップを付与しつつ、全体攻撃や魔防ダウン&高威力攻撃を放つアタッカー。
シンプルに火力を出しやすく、味方魔法タイプの火力補助にも貢献。
また回避を大幅に下げられる為、安定して攻撃を当てられるのも有難い。
藤浦ヒナタ【マジカルめたもる】有栖川ほむら【昏き夜闇に踊る】のように虚属性縛りで真価を発揮するタイプと組み合わるのがオススメ。

虚属性縛りだと必殺技の回転率も底上げされ、単体アタッカーとして大いに活躍。
ただし高い火力を持つ反面、防御/生存能力をカバーする手段が無い
前述したキャラと組み合わせるのも大事だが、虚属性に対して優秀なHP回復スキルを持つ朝霧イブ【包体塗れ】のようなキャラも編成出来ればベスト。

 

土蜘蛛【服従の猫心地】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に会心物理大ダメージ&火傷付与
対象のHPが50%以上なら追加で必中会心物理大ダメージ×9倍
スキル2は自身のTPを極小アップ&バトル開始から10秒以内なら追加で自身のTPを極大アップ&物攻を超極大アップ
必殺技は最も近くの敵に会心物理極大ダメージ
対象が行動速度ダウン状態でないなら追加で必中会心物理極大ダメージ×3倍&長時間行動速度を小ダウン

非常に高い火力を誇る単体アタッカー。
スキル2→スキル1or必殺技で高ダメージを狙えるお手軽さが魅力。
ただしバフ効果を最大限得るには、バトル開始から10秒以内にスキル2を使用しなければならない点には注意。
また必殺技の使用時に注意すべき点は対象が行動速度ダウン状態であってはならない点。
その為、朝霧イブ【包体塗れ】/泉アリサ【拘速捕爆】のような行動速度デバフスキルを持つキャラとの組み合わせはNG。

若干注意すべき点があるものの、瞬間火力はトップクラス。
ただし長期戦になると火力を維持出来ず、あくまでも短期戦向きの性能。
TP回復スキルを持つキャラと組み合わせて即時で必殺技を使用出来るような編成を組みたい。

 

天花寺ムウ【春色ホイップ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も物防の高い敵に必中物理小ダメージ&物防大ダウン(偶属性の味方の数に応じて攻撃回数&ダウン量アップ)
スキル2は最も物防の高い敵に物防大ダウン&火傷付与
必殺技は最も物防の低い敵の回避を極大ダウン後、物理極大ダメージ×2倍

スキルでは物防の高い敵を狙い、必殺技では物防の低い敵を狙う単体アタッカー。
高ダメージを狙うよりも物防の高い敵に対してデバフを付与し、耐久力を下げる事に貢献。
自身は勿論、味方の火力を底上げする役割として運用したい。
ただしデバフ効果や攻撃はスキル/必殺技共に単体対象のみ。
対複数との戦闘においては若干物足りない印象を感じる。
基本的には高難易度で単体ボスなどを対象に運用するのがオススメ。
同じ偶属性の朝霧イブ【甲辰招来】/桃田みここ【雪結晶の氷錠嬢】などと組み合わせれば、偶属性シナジーを得られる。

 

リン【春嵐来たり】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に物理中ダメージ(自分の残りHPが多いほど攻撃回数アップ)→HPが80%以上なら追加で敵全体に物理中ダメージ
スキル2は味方全体の物攻を特大アップ&魔攻を極大ダウン→味方が偶属性のみならランダムな敵1体の魔攻を大ダウン
必殺技は敵全体に物理特大ダメージ→攻撃後に調属性の敵に追加で固定極大ダメージ&偶属性の味方の行動速度を最大アップ

味方の火力も底上げ出来る物理アタッカー。
残HPが多いほど攻撃回数増加/追撃発動となる為、回復能力持ちは編成必須。
さらに味方全体の物攻を特大アップ出来るなど、サポート能力が高いのも評価。
ただし魔攻が極大ダウンするデメリットがあり、魔法タイプのアタッカーなどと組み合わせると足を引っ張ってしまう点には注意。
また必殺技の追加効果で偶属性の味方の行動速度最大アップが可能。
朝霧イブ【甲辰招来】天花寺ムウ【春色ホイップ】は偶属性縛りで火力が伸びるので、同時編成で多大な恩恵を得られるのは魅力。

基本的には偶属性縛りの編成で活躍。
回復能力持ちがいれば、他キャラに頼らずとも火力を出せるのは強み。
トップ層のキャラには若干及ばないものの、属性縛り以外でもバフ要員として十分使える。
とはいえ前述したように魔法タイプとは相性が悪く、同時編成は非推奨。

 

ケーシャ【北国の剣客】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に物理大ダメージ×3倍
自身のHPが減っている場合、追加で物理大ダメージ×3倍&HP吸収効果。
スキル2は最も近くの敵に物理大ダメージ&対象の敵と自身に毒付与
必殺技は最も近くの敵に物理極大ダメージ
自身がアップ状態なら追加で物理極大ダメージ
自身が物攻アップ状態ならさらに追加で物理特大ダメージ

スキル~必殺技は全て最も近くの敵を狙った攻撃。
敵前衛を始末する能力が高いのが特徴。
さらに自身が物攻アップのバフを獲得していれば追撃が2回発動するなど、条件を満たす事で手数が増加するのも魅力の一つ。
ただしスキル2の効果で自身にも毒を付与してしまう点はデメリット。
味方に毒を付与出来れば土蜘蛛【繰り返す日常の輪瞳】鈴峰彩花【常世のマーメイド】などとシナジーを得られるが、自身のみなのが残念。

基本的には単体アタッカー運用であり、火力&自己回復でば持ちしやすい。
あとは物攻バフを味方に付与出来る川澄ミコト【霊槍一閃】などと組み合わせ、追撃を発動出来るようにしておきたい。

 

藤浦ヒナタ【マジカルめたもる】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の後衛/魔法タイプ。
自身・味方に対してTPアップを付与し、必殺技の回転率を早められるキャラ。
さらに行動速度アップでDPS向上、敵TPを下げる事で必殺技の遅延など被ダメージ軽減にも貢献。
また必殺技では最も近くの敵に対して必中極大ダメージ&物防・魔防を60秒ダウンを付与
長時間のデバフ効果で味方の火力補助にも繋がる優れた効果といえる。
ただ攻撃対象自体は単体のみとなっており、複数の敵に対しては恩恵を得られない点には注意が必要。
とはいえ必殺技・行動回転率を安定して早められるのは魅力。

 

馬酔木瀬名【純白ビターチョコ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1は自身の魔攻極大アップ&魔会心大アップ&ダウン状態を解除
スキル2は最もHP割合の高い敵に毒付与&自身にHP継続大回復&TP継続中アップ
必殺技は最も魔防の低い敵に魔法極大ダメージ×2倍
対象が偶属性なら追加で魔法特大ダメージ、対象が回避ダウン状態なら追加で魔法大ダメージ

火力バフ&継続HP/TP回復を自身に付与する事で攻守共に安定した性能を誇るキャラ。
そのうえダウン状態まで自身で解除出来るなど、ステータスデバフへの対策も自身で行える。
スキルは対象の属性/自身編成に関わらず恩恵を得られるものの、必殺技のみある程度縛りが存在。
追加ダメージを狙わない場合はそこまで気にせず運用してOK。
ただし追加ダメージを狙うなら対象が偶属性/回避ダウン状態でなければならない。
偶属性の対象に関しては、ステージ/コンテンツ次第だが回避ダウンは他キャラが必須
黒羽みつ【銀世界のニュービー】なら一気に回避ダウンを撒けるので、同時編成しておくと火力が容易。
また毒によってシナジーを得られる慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】土蜘蛛【沈みし魂の語り部】とも相性が良い。

 

朝霞イブ【朝はまた廻る】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
魔法防御力は高いがそれ以外のステータスは並み程度。
前衛・全体回復を所持しており、基本的にはサポート能力に特化。
そのうえ追加効果でHP90%以下だった場合に物攻・物防アップを付与出来るなど、物理タイプの前衛と噛み合う性能が嬉しい。
また自身の火力はそこまで高く無いが、魔法攻撃力アップ×3回を必殺技で獲得可能。
バフを獲得した以降であれば、一気に高火力アタッカーとして活躍。
戦闘序盤はヒーラー兼バッファーとして活躍し、後半はアタッカー運用と幅広い活躍が魅力。
前衛タンクの吉良きらり【舞いし魂の縁者】や、中・後衛へのHP回復が可能な天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】などと組み合わせる事でパーティの生存率を大きく底上げ出来る。
性能は勿論、使用感にも非常に優れたキャラ。

 

吉良きらり【舞いし魂の縁者】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

HP/防御力の高い物理タイプの前衛キャラ。
特に物理防御力に特化した性能となっており、スキル効果で敵全体に行動速度中ダウン&挑発を付与
さらに自身HP特大回復&回避中アップを獲得出来るなど、タンク性能の高さがポイント。
ダメージソースとなる必殺技は敵単体に極大ダメージ&強化効果全解除&火傷効果
極大威力とはいえ、自身の攻撃力自体が低く物理アタッカーの半分程度
その為、アタッカー運用よりも強化全解除/火傷といった追加効果に着目したい。
火傷状態の敵に高火力を出せるケーシャ【禍根断つ黄金】と組み合わせるとシナジーを得られる。
また挑発持ちは泉あさひ【まだ見ぬ黒星】/庵条ライラ【秘められし清純】がいるものの、耐久力の高さや自己回復が出来る点でこちらの方が高性能。
高難易度で運用するのであれば防御バフを持つキャラも編成しておくと場持ちしやすい。

 

真宮寺ヒカリ【霊狐憑きの巫女】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の物理/中衛タイプ。
スキル1は影属性の味方全てのHPを割合大回復&対象のHPが100%の場合は物攻特大アップ
スキル2は3番目に近い敵を対象に物理大ダメージ&HP吸収効果。
自身HPが100%なら追加で対象のTP中ダウン&自身のTP中アップ
必殺技は2番目に近い敵を対象に物理特大ダメージ
自身HPが50%以上なら最大HPの30%を消費して追加で物理極大ダメージ×2倍

スキル1で影属性の味方全体を回復、スキル2でHP吸収攻撃と自身HP管理が得意なキャラ。
そのうえ必殺技使用時にはHP50%以上で高威力の追撃が発生。
その際には自身HPを一部消費してしまうものの、前述した回復/吸収スキルで十分リスク回避が可能。
ただし味方への恩恵は少なく、影属性縛りの編成でないと回復→物攻バフも発生しないのがネック。
川澄カグヤ【祝宴の幸運ウサギ】真土那怜子【一夜の高揚】など、影属性縛りで真価を発揮するキャラとシナジーを得やすい。
影属性縛りの編成でない場合は安定感が大きく下がってしまうので、組み合わせるキャラには注意が必要。

 

庵条ライラ【熱鞭しなる訓導】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に会心物理中ダメージ×5回
スキル2で自分の1つ後ろにいる味方へ物攻極大アップを付与
さらに波属性に対してはTP中アップと必殺技の回転率も底上げ出来る。
また必殺技使用時に自分の1つ後ろにいる味方が付与されているバフをコピーし、その後最も近くの敵に会心物理特大ダメージ×2倍
後衛に対する火力アップに加え、必殺技使用時にはそのバフを利用して自身の火力アップも可能。
味方にバフを撒けるキャラと組み合わせると、コピー効果で自身にバフを盛りやすいのも強み。
ただし自身が付与出来るバフは物攻アップのみなので、後衛には必然的に物理タイプを置かなければならない点には注意。
後衛の物理タイプは白石織姫【夏色の水兵】/伊佐名リノ【暗中飛躍】などが存在し、強力なバッファーとしては真土那怜子【検診のあとで】もいる。
こうしたキャラと組み合わせる事で味方への火力補助やバフコピーによる自身の火力アップも可能になる。
編成・配置に若干気を使わなければならないものの、組合わせ次第では強力。

 

川澄ミコト【外套に秘する熱】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に物理大ダメージ×3倍
対象の敵が暗闇状態の場合は追加で物理大ダメージ×3倍が発動。
スキル2は最も近くの敵に物理大ダメージ&自分より後ろの味方に対して物攻大アップの効果。
物攻バフを受ける味方が調属性の場合は追加で行動速度大アップを付与。
必殺技は最も近くの敵に物理極大ダメージ×3倍→攻撃後、自身の物防を極大ダウン&行動速度大アップ&回避極大アップ

性能は最も近くの敵に対する単体アタッカー。
単体火力は高いものの、攻撃対象が暗闇である事&バフを受ける味方が調属性でないと追加効果が発動しない点は若干ネック。
また必殺技使用後には行動速度&回避が大幅に底上げされるものの、物防が大幅に下がってしまうデメリットも。
その為、前衛タンクとして優秀な吉良きらり【舞いし魂の縁者】などと組み合わせたい。
また緩芽ふわワ【ゆるふワ天使】/仁科メル【夏夜満ちる華】などが調属性で暗闇スキルを持つが、完全に噛み合うとは言い難い。
完全に噛み合うキャラが出てきたら化けるタイプ。

 

鈴峰杏花【柔靭の蒼】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に物理大ダメージ&火傷付与
味方が光属性のみなら追加で物防大ダウン
スキル2は最も近くの敵と自分の物防/回避を特大ダウン
必殺技は最も物防の低い敵に物理極大ダメージ×2倍
対象が暗闇状態なら追加で物理極大ダメージ

最も近くの敵に攻撃を行う単体アタッカー。
さらに物防/回避ダウンの追加効果で他の物理アタッカーの火力補助も可能。
ただしこのデバフ効果は自身にも適用されてしまうので、物理火力の高い敵と対峙した場合には注意が必要。
また必殺技の追撃発生は対象の暗闇状態が絶対条件。
自身では付与することが出来ない為、朝霧イブ【包体塗れ】のように暗闇効果を撒けるキャラとの組み合わせが必須。
火傷/物防ダウンを付与出来る事を考えれば吉良きらり【ときめき夏空コーデ】ともシナジーを得られる。

 

川澄ミコト【調伏系アイドル】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の中衛:魔法タイプ。
自身に魔会心小アップや魔攻大アップを付与し出来る高火力の魔法アタッカー。
さらに必殺技は自身のHPが多いほどダメージが上がり、HP90%以上なら魔法大ダメージの追撃
HP100%なら魔法中ダメージの追撃を行えるなど、HPを維持出来ていれば超高火力を発揮。
またHP継続回復は自身で獲得出来、攻撃対象も最も魔防が低い敵とフィニッシャーとして優秀
そのうえ調属性縛りであれば魔攻小アップも撒ける為、補助要員としても活躍。
HP管理が若干難しいものの、吉良きらり【舞いし魂の縁者】のような挑発持ちタンクを編成する事である程度カバー可能。
魔法アタッカーとしての性能はトップクラス。
前記した吉良きらりや鈴村アンリ【真紅のヴォーカリスト】の魔攻バフを組合わせれば、より高ダメージを狙える。

 

藤浦ヒナタ【風紀淑女の午後】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/魔法タイプ。
スキル1は敵全体に魔法大ダメージ&HP吸収&挑発獲得。
スキル2は虚属性の味方に長時間魔防中アップ&ダウン状態を解除
対象が魔防アップ状態なら魔防アップの代わりにTP小アップを付与
必殺技は2番目に近い敵に魔法極大ダメージ
味方が虚属性のみなら追加で魔法極大ダメージ×3倍
攻撃後、味方全体に魔会心長時間中アップ効果。

スキル1で全体攻撃とHP吸収に加え、挑発効果まで発動可能。
メインタンクとしては若干耐久面に難があるものの、サブタンク程度なら十分実用出来る。
また虚属性縛りの編成で真価を発揮するタイプとなっており、最大限の恩恵を得たいなら他属性を1体でも入れると必殺技の質が下がるので注意。
その為、神沼月子【赫の捕食者】/馬酔木瀬名【酔いどれ湯華】/黒羽みつ【銀世界のニュービー】といった虚属性キャラと同時運用がオススメ。
必殺技の追加効果で得られる魔会心バフを考えるなら魔法タイプのキャラとの組み合わせを推奨。

 

桃田みここ【桜花に染まる】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は味方全体に命中大アップ→自身に命中アップが付与されている間、自身の通常攻撃のダメージ25倍&攻撃範囲アップ
スキル2は最も物攻の高い敵に物理大ダメージ×4倍&調属性の敵に物理大ダメージ×2倍
必殺技は敵全体に会心物理極大ダメージ×2倍→対象が火傷状態なら追加で会心物理極大ダメージ&物防大ダウン

命中アップのバフでパーティのDPSを安定させ、自身の通常攻撃ダメージを大幅に増加。
さらに必殺技の全体攻撃は対象が火傷状態なら追撃が発生。
その為、火傷を敵にばら撒ける川澄カグヤ【煌々なる熱視線】/桜のぞみ【花笑む季を待つ】と組み合わせると殲滅力アップに繋がる。
しかも追加効果で物防大ダウンを付与出来るので、物理アタッカーなら誰と組み合わせても噛み合うのも高評価。
常時通常攻撃のダメージバフを得たいなら、命中アップのバフ持ちである神沼月子【悦楽遊戯】などと同時に運用するのがオススメ。

 

川澄ミコト【霊槍一閃】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は虚属性の味方の物攻を特大アップ
さらに自身が行動速度アップ状態なら追加で虚属性の味方の物攻を大アップ
スキル2は最もHP割合の低い敵に物理大ダメージ
クリティカルが発動した場合には自身のTP中アップ
必殺技は最もHP割合の高い敵に物理極大ダメージ×2倍
攻撃後に最も物攻が高い味方の物攻を極大アップ&TP中アップ

味方の物攻を底上げする事が得意なキャラ。
ただ虚属性縛りの編成でなければ恩恵を得ることが難しい
虚属性の物理タイプには補助能力に優れた朝霧イブ【包体塗れ】がいるので、同時編成がオススメ。
また有栖川ほむら【昏き夜闇に踊る】は虚属性縛りで行動速度極大アップを付与可能。
この効果があれば物攻アップの追加発動条件もクリアしやすい。

 

神沼月子【悦楽遊戯】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に会心物理大ダメージ×3倍&自分の行動速度中アップ
影属性の敵がいるなら追加で会心物理大ダメージ×3倍
スキル2は味方全体の速度中アップ&命中特大アップ
虚属性の味方が多いほど最大で12秒もの間バフが継続する
必殺技は最も近くの敵に命中率の低い会心物理超特大ダメージ×2倍
自身が命中アップ状態なら代わりに必中会心物理超特大ダメージ×2倍

味方全体の速度&命中を底上げ出来る為、DPSアップで効率良く敵HPを削れるのが強み。
また必殺技は即時で使ってしまうとミスが発生してしまうものの、スキル2使用後だと必中攻撃に変化
自身でデメリットを補える性能となっており、単体アタッカーとして安定した性能を誇る。
ただ必殺技発動時に必ず命中バフが掛かっている状態にしておきたいので、命中バフ持ちの泉アリサ【真夏の黒真珠】伊佐名リノ【梅雨晴れの四葩】などと組み込んでおきたい。
基本的に単体アタッカー兼バッファーとしては優秀。

 

桃田みここ【雪結晶の氷錠嬢】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性の前衛/魔法タイプ。
スキル1は偶属性の味方のダウン状態を解除&対象がダウン状態でない場合はTP小アップ
スキル2の単体攻撃は最もTPが高い敵を狙った魔法大ダメージ
追加効果でアップ状態を解除し、アップ状態でない場合には追加で魔法大ダメージ×3倍
必殺技は最も魔防が低い敵に対して魔法極大ダメージ
対象が調属性の場合には同威力の追加攻撃が発生し、偶属性の味方が4人以上だとさらに同威力での追加攻撃が発生する

バフ/デバフ解除が得意な偶属性縛りに特化したタイプ。
また対象がバフ/デバフ中ではない状態であっても別効果が発生するのも有難い。
相手の属性や偶属性縛りのパーティでなければ真価を発揮出来ない点はネックだが、基本的には偶属性パーティに組み込んでおけば8割方性能を発揮出来る。
調属性特化の単体アタッカーが必要であればオススメではあるものの、縛り編成が必須な時点でリセマラ優先度が下がりはする。
天花寺サヤ【高貴のマエストロ】/南雲さゆき【魅惑の乱気流】/川澄カグヤ【煌々なる熱視線】といった偶属性キャラと組み合わせて運用しよう。

 

吉良きらり【紅陽ワンショット】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1はランダム5回の魔法大威力攻撃
スキル2は最も魔法攻撃力の高い敵に対して魔法特大威力攻撃&暗闇付与
必殺技は最も近くの敵に掛かっているバフを解除し、必中魔法極大威力攻撃×2倍
対象が偶属性なら攻撃前に魔防特大ダウンが発動。

基本的に単体火力に特化した性能となっており、暗闇効果で敵命中率を下げられるのが特徴。
暗闇効果は恵諏訪ルリラ【彼岸の淵を眺む】/土蜘蛛【闇より深き双眸】と相性が良い。
火力自体は高いものの、味方への恩恵が低い点には注意。
とはいえ条件無く高い火力を出せる為、序盤の火力枠としてはオススメ。
新規勢なら狙っておいて損は無い。

 

白石織姫【夏色の水兵】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性/物理タイプの後衛キャラ。
調属性の味方が多いほど、攻撃と同時に自身TPを大きくアップ出来る。
その為、必殺技の回転率を速めるのであれば調属性縛りの編成がオススメ。
必殺技は敵全体への物理極大ダメージ
さらに状態異常・スタンの敵に対してそれぞれ極大威力で追撃も可能。
威力が非常に高い必殺技なので、追撃によるダメージもしっかりと獲得しておきたい。
スタン付与なら仁科メル【縁をめぐらせ宴と成す】/向日葵恋【天に恋い焦がれて】など。
前述したキャラが手持ちにいなくても、状態異常を撒けるキャラは必須。
高火力を出す条件も容易なので、序盤でもアタッカーとして活躍しやすいタイプ。

 

是万道アゲハ【薫り立つ気品】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の物理・前衛タイプ。
最も近くの敵に必中&回避極大ダウンの物理大ダメージを付与。
必中効果に加え、敵の回避を下げる事で味方への補助も行える。
また対象が状態異常なら物防大ダウンの追加効果も与えられる為、デバフ持ちとの組み合わせを推奨。
前述したスキル以外にも物防・魔防大ダウンを敵全体に撒けるなど、デバッファーとしても優秀。
対象が光属性なら追加で物防・魔防中ダウンが発動するが、刺さればラッキー程度で考えておこう。
必殺技は最も近くの敵の周囲へ物理極大攻撃
こちらは影属性の味方が多いほどダメージアップするので、直近に実装された朝霞イブ【カクテル・バニー】/有栖川ほむら【穢れなき純情】/七瀬サキ【七つの弾丸】などと組み合わせたい。
さらに必殺技の追加効果には自身以外のTP中アップがある為、必殺技の回転率アップにも貢献。
基本的に単体で自己完結したスキル構成となっており、使いやすい。
ただ影属性キャラで縛らなければ最大火力を出せない点には注意。

 

恵諏訪ルリラ【憩いの澄明】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の後衛/魔法タイプ。
最も魔防が高い敵を狙って攻撃を行い、同時に魔防大ダウンも付与
さらに自身へのTP中アップ&障壁付与で必殺技発動までの時短だけでなく、耐久面もカバー可能。
また必殺技は敵全体への威力超極大の魔法攻撃となっており、雑魚処理にも貢献してくれる。
スキル・必殺技には追加効果があるものの、対象属性が虚属性のみ発生。
いずれも防御性能を下げる効果なので、味方の火力補助にも役立つ。
ただ追加効果の発生が相手の属性に左右される為、汎用性自体は低め
必殺技火力を上げて運用するのであれば吉良きらり【ときめき夏空コーデ】/鈴村アンリ【真紅のヴォーカリスト】といったバフ持ちとの編成がオススメ。

 

泉アリサ【真夏の黒真珠】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の物理/中衛タイプ。
味方全体のTP極小アップ、最も物理・魔法攻撃の高い味方に対して物攻・魔攻極大アップを付与。
また必殺技では味方全体に命中特大アップ&最も物攻の高い敵に対して最大2回の極大ダメージ
補助能力が高く、特に味方アタッカーへの補助効果が優秀。
味方全体への物魔攻撃力アップを付与出来る振袖ゆら【エレメンタルビューア】等と組み合わせれば、パーティ火力を大きく伸ばせるのがポイント。
アタッカーなら川澄ミコト【調伏系アイドル】等、高火力のキャラと組み合わせたい。
光属性の味方に対してはスキルの追加効果で障壁を付与出来たりと、防御面のカバーも行える。

 

リリアナ【秋風イグニッション】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の後衛/物理タイプ。
スキル1の全体攻撃は必中小ダメージ&虚属性の敵がいるなら自身TP中アップ
スキル2はランダムな敵1体に必中特大ダメージ×2倍&自身TP小アップの効果。
必殺技では最も物防の低い敵に特大ダメージ&自身の物攻長時間極大アップ&自身の行動速度長時間大アップを獲得。

攻撃と同時に自身のTPを回復して必殺技使用までの時間を短縮出来るタイプ。
また必殺技を使う事で得られる物攻・速度バフでDPSアップを狙えるのも強みといえる。
しかも得られる効果時間もかなり長く、長期戦においても十分に活躍可能。

振袖ゆら【灼熱統べる女帝】泉アリサ【真夏の黒真珠】など、攻守を伸ばしてくれる光属性キャラと組み合わせるのがオススメ。
自身は至ってシンプルで、対象属性に左右されるスキル自体もスキル1のみ。
使い勝手も悪くはなく、必中効果でミスなく確実に敵HPを削れるのは高難易度でも活躍。
飛び抜けて秀でている訳ではないものの、必中攻撃による安定感の高さは嬉しいポイント。

 

振袖シュリ【優勝へのエール】
キャラ性能&個別評価

※夏キャンペーン!ピックアップガチャより排出

陰属性の中衛/魔法タイプ。
必中威力大の魔法攻撃、最もHP割合の低い敵に威力大の魔法攻撃×3回のスキルを持つ。
前者の必中攻撃に関しては対象が光属性なら行動速度大ダウンを付与
また必殺技では必中会心極大威力の魔法攻撃と高ダメージを狙える仕様。
さらに対象が行動速度ダウン状態なら追加で同一効果の魔法攻撃が発動
対象が光属性なら行動速度ダウンを自身でも付与出来るが、他属性には不可能。
吉良きらり【舞いし魂の縁者】のように行動速度ダウンを全体に撒けるキャラならシナジーも得やすいので、出来れば同時編成するのがオススメ。
火力自体は悪くはないが、単体で最大火力を出すには敵属性に左右される点はネック。
ただ行動速度ダウンを撒けるキャラを獲得していれば、火力を大きく伸ばせるので獲得も有り。

 

有栖川ほむら【穢れなき純情】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

陰属性の中衛/魔法タイプ。
味方全体の物攻・魔攻ダウンを解除出来、最も遠い敵に魔法特大攻撃のスキルを保有。
前者は対象が影属性なら全デバフ解除&物攻・魔攻大アップを、後者は対象が光属性ならHP吸収効果の追加効果がそれぞれ発動する。
必殺技は最も遠い敵に魔法極大攻撃を&自身HP100%なら追加で魔法極大攻撃&魔防大ダウンを付与
また必殺技に関しては残HPが多いほどダメージがアップする為、ヒーラーとの編成は必須。
回復手段を自身で持ち合わせているとはいえ、対象が光属性でないと発動しない。
しかもHP100%状態を維持しなければ最大火力を発揮出来ず、必殺技の追撃も不発
弱くはないものの、吉良きらり【舞いし魂の縁者】天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】といったタンク/回復要員がいなければ火力維持が難しいのも事実。
タンク・ヒーラーが揃っているなら狙うのも有りだが、単体では真価を発揮し辛い。

 

光月ユウナ【闇夜に咲く】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの中衛キャラ。
スキルの攻撃対象は2番目・3番目に近い敵と単体のみだが追加効果で攻撃力・行動速度バフを獲得。
さらに効果時間も60秒とかなり長めに設定されているので、長期戦になるほど高火力を発揮。
また必殺技威力も会心物理極大と非常に高く、強力な単体ボスへのダメージソースとして活躍。
ただ必殺技使用時に全てのバフ・デバフ・状態異常を解除してしまうので、前述したスキル効果による攻撃力・行動速度バフも無くなってしまう。
その為、必殺技を使うタイミングには注意が必要。
振袖ゆら【エレメンタルビューア】といった物攻バフ要員を編成するか、藤浦ヒナタ【甘くほろ苦い仁心】で対象に物防デバフを付与するかでカバーするようにしたい。
性能自体は自己完結しており、物魔共に防御力も高め
単体火力を求めるならオススメ。

 

伊佐名リノ【暗中飛躍】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性/物理タイプの後衛キャラ。
高い攻撃力を誇り、スキルは最も遠い敵を中心とした範囲攻撃・全体攻撃
さらに両方共が必中効果となっており、前者の範囲攻撃は無条件で同範囲に同威力の追撃
後者のスキルでは偶属性の敵が多いほど(最大3体)自身にTPアップを獲得。
必殺技は最も遠い敵を中心とした必中会心極大攻撃
同時に物理攻撃力を極大ダウン出来る効果も含まれており、物理火力の高い敵対策にも便利。
性能自体は高火力かつ高い殲滅力を誇るアタッカーとなっており、必中効果で安定感も優秀。
加えて後衛キャラで被弾率も低く、吉良きらり【舞いし魂の縁者】/天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】といった物理タンクと組ませる事で生存率も向上。
シンプルで使いやすく、高い周回能力は幅広いコンテンツで活躍を見込める。
序盤から終盤まで頼りになる殲滅力は獲得をオススメ。

 

天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
前方範囲攻撃のスキルは威力も大と高めに設定されている上に、自身より後列の味方全員を回復可能
さらに単体攻撃のスキルも持ち合わせており、こちらは威力特大と範囲・単体のどちらにも対応。
また同時に自身より後列の味方全員に対して魔法防御力のバフも付与。
このスキル効果だけでも攻守に対応出来る為、非常に優秀。
そのうえ必殺技は単体を対象に確定会心&自身より後列の味方全員を回復
攻撃面もさることながらスキル・必殺技の2種類で回復を行えるのが強み。
ただし味方の回復が出来ても自身の回復は不可能
長期戦に臨むのであれば防御バフ・回復持ちとの編成は必須。
朝霞イブ【異能との架け橋】/宇佐美みく【新たなる未来】といった補助能力に特化したキャラとの組み合わせがオススメ。

 

吉良きらり【ときめき夏空コーデ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の前衛/物理タイプ。
最も物攻の低い味方へTP小アップ&物攻・魔攻特大アップを付与。
さらに最も物防の低い敵に対して物理大ダメージ×2回&ノックバックを付与。
加えて対象が物防ダウン状態なら物理大の追撃を×2回と、デバフキャラと好相性。
また必殺技も最も物防が低い相手が対象の物理特大ダメージ
そのうえ火傷なら追撃、物防ダウン状態なら続けて追撃と条件さえ満たせば手数を大きく伸ばせる。
火傷を全体に撒ける吉良きらり【舞いし魂の縁者】/桜のぞみ【花笑む季を待つ】、物防ダウンを範囲に付与出来る黒羽みつ【隠密の女探偵】などと組み合わせるとシナジーを得やすい。
条件を満たせば高威力のスキルに手数が加わる為、トップクラスのアタッカーに変貌。
単体のみでも十分優秀だが、高難易度コンテンツでアタッカーとして採用するなら編成には気を付けたい。

 

鈴峰彩花【卓上のヴァルキリー】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の前衛/物理タイプ。
物理防御力が高く、スキル2で自身に挑発&回避極大アップを付与。
同時に最も物理攻撃力が高い敵へ暗闇効果を付与出来る為、高火力の敵対策に便利。
回避能力を大きく底上げ出来、回避盾のような扱い方も出来るが暗闇効果は物理タイプの敵にしか付与出来ない点には注意が必要。
スキル1は最も近くの敵の周囲に物理大ダメージ&ノックバック効果の範囲攻撃
対象が光属性ならスタンを付与で行動制限も行える。

必殺技は最も近くの敵に中ダメージ&HP吸収(小)の効果。
対象が光属性なら追加で物理極大ダメージ×2倍と高火力。
しかし自身の残HPが多いほどダメージアップとなっており、前述した2倍はHP最大時

運用方法は挑発効果でヘイトを上げ、敵攻撃を請け負うのが仕事。
ただし回避重視の性能なので、防御バフが無いうえに魔法タイプの敵対策が無いのがネック、
代わりに必殺技でHP吸収効果があるが、被弾した場合のリスクカバーはこれ1つのみ。
また火力面は光属性を対象の場合のみ期待出来るが、安定感に欠ける。

以上の事から敵の命中率・魔法攻撃力が高い敵相手にが苦手。
回復能力の高い真土那怜子【検診のあとで】や物防バフを持つ土蜘蛛【繰り返す日常の輪瞳】などを組合わせて自身の弱点となる部分をカバーしたい。

 

黒羽みつ【浜辺のニュービー】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の中衛/物理タイプ。
自身にTP小アップ・TPリジェネ中・1障壁のバフを獲得。
さらに物理大の3回攻撃によって火力枠としても活躍出来るのがポイント。
必殺技は威力超極大の単体攻撃となっており、残HPが多いほどダメージアップの効果。
単体火力に優れているものの、現在HPの40%分の自傷ダメージ&スタンのデメリットが発生。
純粋な火力だけでいえば非常に高いが、デメリットの効果が大きいのが残念。
また必殺技威力が残HPに左右される為、前衛タンクの吉良きらり【舞いし魂の縁者】天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】と組み合わせて運用するのがオススメ。

 

朝霞イブ【麗らく光風】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1は最も物攻の高い敵に魔法大ダメージ
対象が魔防ダウン状態なら追加で会心魔法ダメージ×4倍
スキル2は味方全体の魔攻を大アップ&魔攻ダウンを解除
虚属性の味方が3体以上なら追加で自分の魔攻を大アップ
必殺技は最も物攻の高い敵に魔法極大ダメージ
対象が魔防ダウン状態なら追加で魔法特大ダメージ×2倍
攻撃後に虚属性の味方全体の行動速度を最大アップ

最も物攻の高い敵を狙って攻撃を行う為、敵アタッカーを先に排除して被ダメージを軽減出来るのがポイント。
また追撃が発生する条件は全て魔防ダウン状態となっており、是万道アゲハ【薫り立つ気品】のように魔防ダウンを全体に撒けるようなキャラと組み合わせるのがオススメ。
加えて虚属性縛りの組み合わせだと、行動速度を最大アップでDPSアップにも貢献可能。
味方全体に魔攻バフを付与出来るので、正直単体でも幅広く運用可能。
ただ魔防ダウン持ちや虚属性編成縛りだとさらに実用性がアップ。
実用性を高められるだけのキャラを手にしているならオススメ。

 

桜のぞみ【甘党グランデ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の中衛・魔法タイプ。
スキル1で最も近くの敵に対して物防・魔防を大ダウン、スキル2は最も魔防の低い敵に対して魔法大ダメージ×3回&自身TP小アップを獲得。
またスキル1は影属性の敵全てに物防・魔防を大ダウン出来るなど、敵の属性次第では強力なデバッファーになる。
必殺技は最も近くの敵に掛かっている物防・魔防アップを解除した後に会心魔法超極大ダメージの単体攻撃
基本的には敵の防御能力を下げつつ、大ダメージを狙う単体アタッカー。
ただし攻撃対象は単体のみとなっており、殲滅力自体は低め。
自身で防御デバフを付与出来る為、火力を出すのに他キャラを頼らない点は高評価。
火力バフを付与出来るキャラと組み合わせると、さらに高ダメージを狙えるので泉アリサ【真夏の黒真珠】/振袖ゆら【エレメンタルビューア】といったキャラと組み合わせるのも有り。

 

有栖川ほむら【焦がれる聖夜】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の後衛/物理タイプ。
スキル1は最もTPが高い敵に物理特大ダメージ&影属性が対象なら追加でTP中ダウン&対象のHPが50%以上なら追加でTP小ダウン
スキル2は最も物防の低い敵に物理小ダメージ&自身が速度アップ状態なら追加で物理大ダメージ×3倍&対象が速度ダウン状態なら追加で物理大ダメージ×3倍
必殺技は最も物防の低い敵に会心物理極大ダメージ&対象が速度ダウン状態なら追加で会心物理極大ダメージ×2倍&速度ダウン状態でない場合には長時間速度大ダウン

最もTPが高い敵/物防の低い敵を優先して狙えるので、必殺技発動をけん制しつつ高ダメージを狙える。
また追撃/追加効果も豊富だが、発動の際に条件が複数ある点には注意したい。
特に自身が速度アップ状態/対象が速度ダウン状態であることが多く条件に組み込まれている為、朝霧イブ【包体塗れ】/有栖川ほむら【昏き夜闇に踊る】のような速度バフ/デバフを持つキャラと組み合わせて追撃/追加効果を安定して発動できるようにしたい。

速度バフ/デバフの条件をクリア出来るなら非常に優秀
そうでなければただの単体アタッカーに成り下がってしまう点には注意。

 

緩芽ふわワ【漫遊たる縁日】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の前衛/物理タイプ。
最も近くの敵に対して特大ダメージを与え、また物防ダウン付与のスキルを保有。
追加効果はあるものの調属性の味方が3人以上、対象が波属性など条件有り。
汎用性自体は高く無く、条件を満たす編成時・耐性相手に対して真価を発揮するタイプ。
ただし必殺技の単体火力は物理極大×2倍とトップクラスに高い。
自身の回避が下がってしまうデメリットがあるとはいえ、火力だけなら非常に魅力的。
単体アタッカー・フィニッシャーを求めるのであればオススメだが、前述したように縛り編成や対象属性によって性能が左右される部分がある点には注意。
汎用性の高いキャラを求めるなら非推奨。

 

天花寺ムウ【悪薙ぎの暴君】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
高い攻撃力を誇り、連続攻撃と同時に自己回復が可能。
さらに対象がダウン状態の場合には追撃が発生するスキルを持つなど、単体火力に特化。
前衛キャラでありながらも物魔両方の防御力が低く、耐久面は正直紙
しかし前述した自己回復の回復量も大となっており、ある程度は自身でカバー出来る。
中でも特筆すべきはやはり必殺技。
最もTP割合が多い敵単体に物理特大×2倍の威力で攻撃
同時にTPへの極大ダメージも発生するなど、単体アタッカーとしてトップクラスの能力を持つ。
同じ単体物理アタッカーである七瀬サキ【ビューティ&ファング】と比べても、リスクの少ない性能なので火力不足を補うならこちらを狙いたい。
あとは朝霞イブ【朝はまた廻る】のような回復スキル持ちと組み合わせて耐久力をカバーして運用するのがオススメ。

 

振袖ゆら【エレメンタルビューア】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

高い攻撃力を誇る物理タイプの中衛キャラ。
スキルは最も物理防御力が低い敵を狙って必中物理大攻撃×3回
また3番目に近い敵に対して特大攻撃を行い、同時に自身へ物理会心極小ダウンを付与
会心がわずかながら下がってしまう点はネックだが、会心発生時には追加で物理特大攻撃が発生
安定感に欠けるが、最大火力はかなり高め。
また安定感を少しでも確保したいのであれば是万道アゲハ【孤高の聖蝶】が持つ会心バフでカバーするのがオススメ。
必殺技はダメージソースこそ無いものの、味方全員に対して物魔両方の攻撃力大アップ
対象がダウン状態なら追加で極大アップと、デメリットをメリットに変えられる効果も有難い。
中衛キャラとしてはかなり火力に振った性能となっており、特にバフ効果はどんな編成でも重宝。
火力不足を感じるのであれば是非とも獲得しておきたい。

 

嵐優子【艶美小姐】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の物理:中衛タイプ。
必中効果の単体攻撃は同時に自身のTPを回復し、3連続の単体攻撃は自傷ダメージのデメリットも。
ただし自傷ダメージが発生する分、3連撃は1発の威力が特大と高火力。
また必殺技は最も物防が高い敵を狙った極大威力の単体攻撃
対象が偶属性なら攻撃前に物防特大ダウンを付与出来る為、特定の敵にはトップクラスの火力誇る。
必中効果持ちかつTP回復のお陰で高回転での必殺技発動が可能。
さらに必殺技を使用せずとも高威力の3連撃を行えるなど、単体アタッカーとしての性能は高い。
ただし自傷ダメージによる耐久面の低さに加え、味方への恩恵が少ないのもネックポイント。
挑発持ちの吉良きらり【舞いし魂の縁者】や、中衛より後ろのキャラを補助してくれる天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】などと組み合わせて耐久面のカバーを行いたい。

 

土蜘蛛【真夏のバカンス】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性:物理タイプの後衛キャラ。
スキルは最も遠い敵を狙った3回×威力中攻撃に加え、毒3回付与
また火傷も付与出来る為、継続ダメージや毒・火傷によるシナジーを狙いやすい。
必殺技は自身&最も遠い敵に物防特大ダウンを付与後、超極大ダメージ
必殺技使用後は耐久力が大きく下がるので、バフ・回復要員の編成は必須といえる。
吉良きらり【ときめき夏空コーデ】慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】など、火傷・毒効果で高火力を発揮出来るキャラとの組み合わせがオススメ。
継続ダメージの付与が得意なタイプとなっており、火傷・毒が通るコンテンツでも重宝する。
刺さる場所が限られる部分があるとはいえ、火力自体はトップクラス。
とはいえ、リセマラで最優先とまでは言い難い。

 

仁科メル【イタズラ大魔王?】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1は最もHP割合の高い敵に魔法極小ダメージ&毒付与→対象が光属性なら追加で魔法大ダメージ×5倍
スキル2は敵全体に魔法大ダメージ&物防/魔防小ダウン&自身に障壁付与
必殺技は敵全体に魔法極大ダメージ×2倍→対象が光属性なら追加で魔法極大ダメージ

スキル/必殺技で高威力の全体攻撃を行える為、雑魚処理に便利。
特にスキル2は同時に物魔両方の防御力を下げられるなど、味方の火力補助にも貢献してくれる。
ただしスキル1/必殺技に関しては、相手が光属性でなければ火力を出せない点には注意が必要。
また毒を付与出来るものの、対象が単体なので対複数の戦闘時に慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】/土蜘蛛【沈みし魂の語り部】などとシナジーを得る事がやや難しい。

総合的に見て、雑魚処理要員としてなら便利。
しかし最大火力や毒シナジーに条件/編成縛りが必要なので、汎用性が高い性能とは言い難い。

 

七瀬サキ【ビューティ&ファング】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

1周年に実装された物理タイプの前衛キャラ。
攻撃力が飛び抜けて高く、物理防御力の低い敵を優先して攻撃出来る単体スキルを所持。
さらに最も近くの敵を中心とした範囲内に必中攻撃を行えるなど、雑魚処理も得意。
特筆すべきは両方のスキルで自身のTPを小・大回復出来る点。
そのおかげで必殺技の回転率が速く、最大火力を発揮するまでの時間も短い。
また必殺技に関しても威力が超極大と、トップクラス。
対象は単体のみだが、ダメージソースとして非常に重宝する性能といえる。
ただし同時に現在HP80%分の自傷ダメージを負うなど、リスクがかなり大きい。
そのうえ必殺技威力も残HPが多いほど高威力になる性質なので、一度使うと火力が大幅低下
2回目以降必殺技を使うような長期戦を行う際には朝霞イブ【異能との架け橋】/宇佐美みく【新たなる未来】といった回復スキル持ちは必須。
瞬間的な火力自体は間違いなく最強候補。
ただしリスクが付きまとう為、前述したようなキャラが手持ちにいない場合は高難易度での運用に不安が残る。

 

仁科メル【縁をめぐらせ宴と成す】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

非常に高い攻撃力を誇る珍しい物理タイプの後衛アタッカー。
スキルはランダムな敵単体に確定クリティカル攻撃&スタン&小ダメージ×4回
さらに魔法攻撃力が最も高い敵を対象に必中攻撃&毒・火傷・暗闇を低確率で付与可能。
攻撃力の高さに加え、確定クリティカル・複数回攻撃・必中など、スキル効果も攻撃寄り。
そのうえ低確率だが複数の状態異常を一手で撒けるのも、他キャラとのシナジー狙いに便利。
必殺技も強力で、ランダム単体攻撃&TPダウン&自分以外の味方TP回復とパーティの必殺技回転率アップにも貢献。
そもそもステータス自体も防御力こそ低いものの、HPは高めに設定。
その為、弱点らしい弱点は見当たらない。
しいていうなら全体・範囲攻撃を持たない為、殲滅力が低い事くらい。
毒・火傷でシナジーを狙うなら慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】、暗闇なら恵諏訪ルリラ【彼岸の淵を眺む】など編成幅が広がるのも魅力の1つ。

 

桃田みここ【子狐の初笑い】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵の物防を特大ダウン&物会心/魔会心を小アップ
対象が光属性以外なら追加で物会心/魔会心を極大アップ
スキル2は最も物攻の高い敵に物理大ダメージ&命中/回避を大ダウン
対象が光属性なら追加で物防大ダウン
必殺技は最も物攻の高い敵に物理大ダメージ
対象が光属性なら追加で物理超極大ダメージ&物防中ダウン

スキル1は敵単体への防御デバフを付与しつつ、対象が光属性以外だと会心バフを獲得。
「光属性以外」の為、非常に使いやすく自己火力を底上げするのにも便利。
ただしスキル2/必殺技で追加効果を狙うには光属性の敵のみを対象と、若干ピーキーな性能といえる。
また対象が光属性以外or光属性と一つに絞られていないのも使いにくさを高める点

基本的に追加効果のいずれかは発動せず、最大限の力を発揮するには光属性の敵と他属性の敵が組み合わさっているのが条件。
汎用性の高さを求めるのであれば正直他キャラを狙った方が得策。

 

神沼月子【風乱の乙女】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛/魔法タイプ。
スキル1は虚属性の味方のTP極小アップ&封印を解除
封印を解除した味方の魔攻を超極大アップ&命中を極大アップ
スキル2は2番目に近い敵に魔法特大ダメージ&魔防を大ダウン
対象が影属性なら追加で魔防を大ダウン&毒付与
必殺技は2番目に近い敵に魔法極大ダメージ×2倍&確率で魔防を中ダウン
自分が命中アップ状態なら魔防ダウンの確率アップ&攻撃後に追加で魔法特大ダメージ

基本的には虚属性縛りの編成で活躍する単体アタッカー。
TPアップの効果で味方の必殺技回転率を底上げし、封印解除も可能。
ただし追加効果のバフ/デバフを付与するには封印解除や対象が影属性、また自身が命中アップ状態など条件が若干手間。
封印を持つ敵との戦闘以外ではケーシャ【禍根放つ錆金】など、封印を自分に付与するようなキャラとの組み合わせがオススメ。
刺さるステージで輝くタイプ。

 

南雲さゆき【不敵なラビット】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の中衛・物理タイプ。
自身&最も前にいる味方に対してTP中アップのスキルで必殺技の回転率を底上げ。
さらにランダムな敵1体に物理特大ダメージ&スタン効果と行動制限も付与。
しかもクリティカルの場合にはスタン耐性を無効に出来るなど、どんな敵に対しても行動制限を付与出来るようになるのは大きな強みといえる。
全体物理大威力の必殺技は対象が光属性なら追加で物理極大ダメージ
その後、最もTPの低い味方にTP極小アップ
こちらは影属性の味方が3人以上いる場合にはTP特大アップへと変化。

全体的にスキル回転率を底上げ出来たり、スタン付与などの補助的な立ち回りが得意。
敵属性・味方編成に縛りがある点は若干使い辛いものの、火力を伸ばす事を重視しないなら問題無し。
とはいえ出来る事と、敵味方に対しての恩恵自体は他キャラでも代用可能。
敵単体に対してスタンを効果的に付与したいのであれば入手しておきたい。

 

ケーシャ【氷上の妖精】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

陰属性/物理タイプの中衛キャラ。
自身のTPを回復し、同時に味方全体にHP極小回復&継続回復を付与出来る。
さらに最も遠い敵を中心に威力大の範囲攻撃&最も遠い敵に威力大の攻撃×2回と補助・攻撃を同時にこなせる万能型。
また必殺技では最も遠い敵を中心とした広範囲の敵に物理超極大威力で攻撃と雑魚処理も得意。
加えて同時に火傷状態の味方全員に物理攻撃極大アップ&火傷解除を付与。

基本的には最も遠い敵を中心に範囲攻撃を行える火力兼補助枠。
なおかつ条件を満たせば物理タイプの味方に大幅な火力アップを付与出来る。
ただし火傷を味方に付与出来るキャラは少なく、現時点では緋村アンリ【エクレシアの刻印】くらいか。
味方からの火傷効果を期待するよりも、火傷を付与してくるような敵への対策として運用したい。
パーティの火力アップ&火傷解除と一手で強化&リカバリーが出来るのは特定のクエスト・コンテンツで活躍を見込める。

 

泉アリサ【疾風迅雷】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は敵全体に物理大ダメージ&味方全体に行動速度中アップ
スキル2は自身のTPを小アップ
追加で光属性の敵に応じて自身のTPアップ
必殺技は敵全体に命中率の低い物理極大ダメージ×3倍
攻撃後、自身以外の影属性の味方の行動速度を最大アップ

味方の行動速度を底上げするのが得意なキャラ。
また自分でTPアップを行える為、必殺技の回転率も割と早め。
敵属性次第で追加のTPアップを獲得出来るものの、限られたステージ以外で恩恵を得るのは難しい
また全体攻撃持ちで殲滅力が高いが、必殺技は命中率の低さが気になる。
神沼月子【悦楽遊戯】/泉アリサ【真夏の黒真珠】などが命中率アップのスキル持ちとなっており、自身の弱点をカバーしてくれる。

だが、行動速度の底上げだけを目的とするなら真土那怜子【一夜の高揚】でも十分補える。
対複数のアタッカー兼速度バフ要員として使えるが、命中率の低さが難点。

 

真土那怜子【慈悲転じて止滅となす】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
スキルによる範囲攻撃は同時に魔法防御力ダウンを付与
さらに対象が状態異常の場合には追加で魔法防御力ダウンを付与出来る為、デバフ持ち&魔法アタッカーとの同時編成がオススメ。
また自身中心の範囲回復も行える上に、追加で継続回復も付与可能。
そのうえ魔法攻撃&魔法会心アップのバフ効果によって火力補助としても運用出来る。

範囲攻撃&魔法防御力ダウンは前述したスキルだけでなく、必殺技も同じ
威力は極大となっており、殲滅能力が高いのも高評価。
魔法アタッカーとして活躍しつつ、魔法アタッカーの火力補助にも貢献。
是万道アゲハ【聖夜を舞う光跡】/慶苑梓【美意識の権化】のような魔法タイプの火力枠と好相性。
火力だけでなく、火力補助・ヒーラーとしても活躍。
物理防御が低い為、物理攻撃を通さないように前衛タンクは必須。
使いやすく、魔法パーティを組む際の火力枠にオススメ。

 

神沼月子【春にして君を想う】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの後衛キャラ。
自身のダウン状態回復最もHP割合の低い敵に対しての攻撃スキルを保有。
またどちらのスキルも追加効果には自身へのTP回復が付いており、TP100%なら魔法攻撃力極大アップを獲得出来るのも同じ。
その為、必殺技によってTPを消費する前には必ず前述したバフは付与しておきたい。
必殺技は最も魔法防御の低い敵に対して超極大の魔法攻撃
至ってシンプルな性能だが、前述したしたバフを獲得していればかなりのダメージを見込める。
ただし物魔共に防御力は低く設定されているので、吉良きらり【舞いし魂の縁者】天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】吉良きらり【アラウンド・スパーク】といった壁役を配置しておきたい。
最大火力だけを見れば後衛アタッカーとしては最強クラス。
火力バフを得るまでに若干時間が掛かるのがネック。

 

天花寺サヤ【高貴のマエストロ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性の前衛/物理キャラ。
最もHP割合の低い敵に対して高火力を発揮出来るフィニッシャー。
そのうえ偶属性の味方へ大幅な物攻アップを付与出来るなど、火力補助としても貢献。
基本的にはフィニッシャー兼火力補助として、パーティ火力を底上げするのがメインの役割。
ただしスキルの追加効果で味方全員の毒・火傷を解除出来たりと、状態異常対策としても活躍。
属性縛り以外の編成でもある程度の活躍は見込めるものの、出来れば属性縛りで運用したい。
特に桃田みここ【花の新入生】黒羽みつ【隠密の女探偵】との組み合わせはスキル・必殺技がお互いにシナジーを得られるので、縛り編成をするなら是非とも組み込みたい。
単体のみだと正直性能はそこまで。
弱くはないが、やはり偶属性縛りで真価を発揮するタイプ。

 

或田エリイ【春一番に跳ねる】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
全体攻撃&魔法攻撃力大ダウン・後ろから2番目の敵にHP残量に依存する魔法中ダメージ×3回と複数&単体に対して対応出来る攻撃スキルを保有。
魔法攻撃力自体も最大で10000を超える為、火力枠として非常に優れた性能を誇る。
必殺技は後ろから3番目の敵中心の範囲魔法超極大ダメージ&自身以外の味方にTP継続大回復を付与。
必殺技に関しても、HPが多いほど高火力を発揮出来るので回復要員を編成してHP管理を損なわなければ安定した火力を発揮。
特に真土那怜子【慈悲転じて止滅となす】は魔防ダウン&魔攻アップ&HP回復持ち。
同時編成しておくことで大きくシナジーを得られるのは魅力的。
また吉良きらり【アラウンド・スパーク】を前衛に配置するのも有り。
魔法アタッカーが手持ちに少ないなら獲得しておいて損はない。

 

振袖シュリ【呪術系アイドル】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の前衛/魔法タイプ。
全体攻撃&確率で封印を付与出来るスキルを持ち、攻撃と同時に行動制限が可能。
さらに敵・味方全体に魔防ダウンを付与する事で、自身や魔法タイプの味方の火力アップも狙える。
ただし相手に魔法タイプがいる場合には、被ダメージが大きく上がってしまうので回復役は必須。
特筆すべきは必殺技による必中魔法超極大攻撃
最も魔防の高い敵を対象とし、攻撃前には自身に付与されているダウン効果を対象の敵に付与
そのうえ自身のダウン効果を解除。
その為、前述した敵・味方を対象とした魔防ダウン後に使用するのがオススメ。
デメリットがある点はネックだが、自身のみリスクカバーを行える。
単体アタッカーとしての性能は高く、優秀。
南雲さゆき【魅惑の乱気流】がいれば味方へのデメリットをカバー出来るが、前述したように必殺技発動前には魔防ダウンが付与されていなければならない。
同時運用するのであればマニュアル操作を推奨。

 

南雲さゆき【魅惑の乱気流】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性/魔法タイプの中衛キャラ。
3番目に遠い敵を対象とした威力大の魔法攻撃×2回と同時に偶属性の味方全体に魔防小アップ
さらに味方全体に魔防特大アップ&魔防ダウン状態の味方にTP回復&魔防ダウン解除と全体的に高火力の魔法アタッカーへの対策として便利な性能を持つキャラ。
また防御面だけでなく魔攻も10000を超えており、必殺技は3番目に遠い敵に対して極大威力の魔法攻撃と単体アタッカーとしても活躍を見込める。
必殺技の追加効果で自身の現在HPから30%分ダメージを受けるものの、HP減少量に応じて最大3回攻撃を行えるなどリスクに応じて火力が向上する性能。
ただし3回の攻撃回数を得るにはHPが30%以下にならなければならず、リスクはかなり高め
そのうえ物防も低く、被ダメージには細心の注意が必要。
挑発持ちの前衛タンクである吉良きらり【舞いし魂の縁者】、中列以降の味方を安定して回復出来る天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】などと組み合わせるような対策は必須。
基本的には対魔法タイプの敵で真価を発揮。
耐久面のカバーを手持ちのキャラで補えるなら狙うのも有り。

 

鈴村アンリ【真紅のヴォーカリスト】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の後衛/魔法タイプ。
スキルは味方全体への魔攻アップ自身&味方へのTP・魔会心アップなどバフ効果が豊富。
バフの対象が波属性の場合には効果時間が伸びる為、波属性縛りのパーティに組み込みたい。
必殺技は最も近くの敵に魔法特大ダメージとなっており、クリティカル時には追加で魔法大ダメージが発生するなど単体アタッカーとしても活躍の幅を持つ。
自身で魔会心アップのバフを獲得出来るものの、クリティカルの発生率を高めるのであれば真土那怜子【慈悲転じて止滅となす】/是万道アゲハ【孤高の聖蝶】も編成しておきたい。
またTP回復効果でスキル回転率を底上げ出来るのも1つのポイントといえる。
ただし上位キャラに比べて最優先するほどの性能とはいえず、バフ効果も少な目。
入手するのであれば他の上位キャラを狙う方が効率的。

 

真土那怜子【甘く蕩ける誘惑】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1は偶属性の敵に必中魔法小ダメージ&魔防大ダウン(偶属性の敵が多いほど効果時間アップ)
スキル2は最も近くの敵の魔防を特大ダウン&回避を大ダウン
必殺技は最も近くの敵に魔法超極大ダメージ&偶属性の敵の数に応じて追加で魔法ダメージ

敵の魔防と回避を下げて、味方を補助するのが得意。
ただし敵に偶属性が複数いないと真価を発揮出来ず、刺さる場所が限定的
汎用性が高いタイプを狙うのであれば正直スルーでもOK。
偶属性の敵が複数出現するコンテンツやクエストでは魔法アタッカー兼火力補助として活躍。
真土那怜子【検診のあとで】吉良きらり【紅陽ワンショット】といった波属性かつ偶属性対策に優れたキャラと組ませて運用したい。
鈴村アンリ【真紅のヴォーカリスト】なら波属性縛りの編成でシナジーを得られるのでこちらもオススメ。

 

天野アカネ【一輪
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性/物理タイプの中衛キャラ。
最もTPが高い敵を狙い、同時にTP中ダウンの攻撃スキルを保有。
他にもTP自己回復のスキルを持ち合わせているなど、必殺技回転率も優秀。
そのうえ必殺技では全体攻撃&TP大ダウンと、全体的に敵の手数を制限する効果が多い。
また前述したスキルでは相手が調属性の場合には封印・TPダウンの追加効果が発動し、必殺技では封印状態の敵には会心物理極大ダメージが発生。
その為ダメージソースとして運用するのであれば、吉良きらり【アラウンド・スパーク】/天花寺サヤ【天つ魂の使者】といった封印持ちのキャラは編成に必須。
自身でも封印を付与出来るものの、対象に調属性がいた場合のみ。
単品では正直安定感と汎用性に欠けるので、カバー出来るような編成を組みたい。
封印を撒けるキャラがいるならオススメ。
そうでないなら、真価を発揮し辛いタイプといえる。

 

土蜘蛛【繰り返す日常の輪瞳】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの中衛キャラ。
敵全体&自身に毒を付与、単体物理大ダメージのスキルを保有。
後者のスキルは使用時に自身が毒状態なら対象の物理防御力を大幅に下げ、味方全体の物理防御力を大幅アップの追加効果が発動。
さらに必殺技の単体攻撃はHP吸収効果付きで場持ちもしやすい。
しかも自身HP100%の場合には会心物理極大ダメージが発生するなど、HP状況に応じて効果が変動。
全体的に自己完結したスキルを持つ上に、毒によるシナジーで慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】/土蜘蛛【沈みし魂の語り部】とも好相性。
また味方全体に対して物理防御アップを付与出来る為、吉良きらり【舞いし魂の縁者】のようなタンクキャラとも噛み合うのが嬉しい。
ただし前述したように自身が毒になるリスクには注意が必要。

 

吉良きらり【アラウンド・スパーク】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法攻撃力・魔法防御力に特化した前衛キャラ。
前衛キャラにしては珍しい魔法タイプとなっており、自身に魔法防御バフ/自身より後ろの味方全員に魔法攻撃力&命中アップを付与可能。
他にも全体攻撃&挑発獲得など、魔法タイプの敵と対峙する際にタンクとして重宝する。
また必殺技では全体攻撃に加え、自身HP50%以上なら魔法防御ダウン/自身HP50%以下ならスタン&封印を付与出来るなどいずれにせよプラスの効果。

魔法タイプのタンクは貴重な為、獲得しておくと戦闘幅を広げられるので便利。
ただし現在HP次第で必殺技の追加効果が左右される上に、物理攻撃にはそこまで強くない点には注意。
朝霞イブ【朝はまた廻る】/川澄ミコト【永き魂の巫師】のような回復持ちと組み合わせる事で、苦手な物理攻撃への対策も可能。
若干ピーキーな性能ではあるものの、魔法攻撃への対応力はトップクラス。
そのうえ殲滅力も高く、周回要員としてもオススメ。

 

七瀬サキ【大海進む黒豹】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の後衛/魔法タイプ。
最も近い敵へ特大威力の魔法攻撃&自身への行動速度アップを獲得。
行動回転率が早く、他のキャラよりもDPSが高いのが特徴。
さらに味方への物攻・魔攻大アップのバフを撒ける為、物魔混同のパーティにも編成可能。
そのうえ光属性の味方に対しては会心まで底上げ出来るので、火力補助に大きく貢献してくれる。
必殺技は最も近くの敵に超極大威力の魔法攻撃となっており、対象が虚属性なら追加で同威力の魔法攻撃が発動
加えて自身を除く光属性の味方に対して行動速度最大アップを付与。
属性縛りで行動速度を最大まで底上げ出来るのは、他にも仁科メル【夏夜満ちる華】/藤浦ヒナタ【祝福のカリヨン】/桃田みここ【花の新入生】などがいる。
属性別で行動順を底上げ出来るように、狙っておくと編成幅が大きく広がる。
新規プレイヤーに属性縛りのパーティは厳しいので、スルーも有り。

 

有栖川ほむら【昏き夜闇に踊る】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出より排出

虚属性の物理/後衛タイプ。
スキル1は最も物攻が高い敵に物理大ダメージ
対象がアップ状態なら追加で物理大ダメージ&アップ状態を解除
スキル2は最も遠くの敵に物理大ダメージ×3回&虚属性の味方が4人以上の場合、自身に速度中アップを付与
必殺技の物理極大ダメージは最も遠くの敵を対象とし、同時に虚属性の味方に速度最大アップ
また速度アップ状態の味方に対してはTP上昇特大アップが発動

単体攻撃に特化しており、基本的には虚属性縛りの編成で真価を発揮。
自身・味方の速度増加が出来る為、DPSアップにも貢献。
ただし序盤、手持ちのキャラが少ない場合には恩恵を得る事が難しいのがネック。
新規勢が狙うようなタイプではなく、1つの属性でパーティを組めるくらいに手持ちキャラが揃った人にオススメ。
決して弱い訳ではないが、新規プレイヤーが狙うのはオススメしない。

 

七瀬サキ【七つの弾丸】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の後衛・物理タイプ。
味方全体の物攻特大アップ、最も遠くの敵に物理中ダメージのスキルを保有。
前者のバフは対象が影属性なら追加で再度同効果を追加で付与
後者は対象が光属性なら物理中ダメージ×7回&暗闇7回付与に変化
また必殺技は味方全体に物会心大アップ後、最も遠くの敵に物理中ダメージ
加えてクリティカル発生時には物理中ダメージ×7回に変化
クリティカル自体は自身で底上げ出来る為、多段攻撃への変化を引きやすい。

全体的な評価としては相手属性と会心時の多段攻撃が強力。
ただし相手が光属性以外だと手数は少なく、また会心が発生しなければ低火力
運と相手に左右されてしまう性能なので、リセマラでの確保は非推奨。
陰属性縛りの編成を組みたいなら火力補助要員として確保するのも有りだが、メイン火力にはなり得ないといえる。

 

伊佐名リノ【梅雨晴れの四葩】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性/魔法タイプの中衛キャラ。
最も遠くの敵を狙ったスキル攻撃は同時に継続回復を獲得。
さらに味方全体には命中アップ、TP回復が可能。
またTP回復の効果は味方波属性が多いほど多くなる為、縛り編成で必殺技の回転率を速められる。
加えて必殺技では最も遠くの敵に対して魔防小ダウン後に魔法超極大攻撃
こちらは自身HPが多いほどダメージアップ
前述した継続回復効果と組み合わせる事でHP管理もある程度しやすいのは有難い。
ただし必殺技使用後には自身の魔防が0になるデメリット付き。
継続回復があり、中衛キャラであるとはいえ魔法火力の高い敵相手には注意が必要。
魔法防御力の高い吉良きらり【アラウンド・スパーク】などと組み合わせて弱点カバーは忘れずに。
スキル構成が自己完結しており、シンプルに使いやすいのは魅力的。
しかし味方への影響力が低く、スキル火力自体は低め
火力だけを求めるのであれば伊佐名リノ【暗中飛躍】の方が使いやすい。

 

ケーシャ【紫煙くゆる花魁】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1は波属性の敵全てに魔防大ダウン&対象のHPが50%以上なら追加で魔防大ダウンを付与。
スキル2は最も魔防の高い敵に魔法大ダメージ&対象の敵が魔防アップ状態ならダメージ3倍&魔防アップ解除効果。
必殺技は最も魔防の低い敵に魔法極大ダメージ×2倍&魔防大ダウン&火傷付与。

魔防デバフや魔防バフ解除を豊富に持つ、魔法タイプの味方火力を補助するのが得意なキャラ。
しかしスキル1は波属性への敵に特化し、スキル2も最大火力を発揮する場合は魔防バフ状態でなければならない。
必殺技こそどんな相手にも刺さるが、2つのスキルが若干刺さりにくいのが難点。

シナジーを考えるなら、必殺技で付与出来る火傷効果で絡めるのがオススメ。
吉良きらり【ときめき夏空コーデ】是万道アゲハ【梅蕾告げる胡蝶】などと組み合わせて火力アップを狙いたい。
汎用性が高いタイプとは言えず、刺さる場所で活躍を見込めるピーキーな性能。

 

是万道アゲハ【梅蕾告げる胡蝶】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の前衛/魔法タイプ。
スキル1は最も後ろの敵周囲に魔法大ダメージ&低確率で火傷付与
調属性の味方が3人以上いれば追加で自身の魔攻を特大アップ
スキル2は最も魔防の低い敵に魔法大ダメージ&低確率で火傷付与
調属性の味方が4人以上なら、調属性の味方のTPを小アップ
必殺技は最も後ろの敵に魔法極大ダメージ
調属性の味方が多いほど火力が上がり、対象が火傷なら追加で魔法極大ダメージが発動。

スキルで火傷を付与し、必殺技で追撃を狙うタイプ。
基本的には調属性縛りのパーティに組み込むのが前提で、それが出来ない場合は火傷スキルを持った味方が必須。
自身でも火傷を付与出来るものの、確率が低く運に左右される部分が大きい
その為、敵全体に火傷を撒ける吉良きらり【舞いし魂の縁者】/桜のぞみ【花笑む季を待つ】との組み合わせがオススメ。
自己完結したスキル構成だが、運に左右される点がネック。

 

緩芽ふわワ【ゆるふワ天使】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の物理/後衛キャラ。
最も魔攻の高い敵を狙った攻撃&暗闇×3回、最もTPの高い敵を狙った攻撃&封印×3回と狙う相手次第で付与する状態異常が変動するタイプ。
暗闇効果は被ダメージを下げる以外にも恵諏訪ルリラ【彼岸の淵を眺む】/土蜘蛛【闇より深き双眸】で追加ダメージを発生させられるので、火力補助としても貢献。
封印効果も敵の強力な攻撃を封じられるなど、デバッファーとして高い性能を誇る。
特筆すべきは必殺技の遠距離の範囲特大攻撃
威力は特大と殲滅力が高く、敵が状態異常なら追加で大ダメージ
そのうえ敵が波属性ならさらに追加特大ダメージと、相手の状態・属性次第で一気に殲滅出来る。
若干相手に左右される部分があるものの、噛み合えば高ダメージを狙えるのは魅力的。
基本的にはデバフ要員として運用するのがオススメ。

 

土蜘蛛【冬仕立てリップ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の後衛/物理タイプ。
スキル1は最もHP割合の高い敵に物理大ダメージ×6倍&暗闇付与×3回
スキル2は1回ごとランダムな敵に必中物理大ダメージ×2倍
このスキルは調属性の味方が多いほど、ヒット数が最大5回まで増加
必殺技は最もHP割合が高い敵に物理特大ダメージ&自身が暗闇状態なら、代わりに必中会心物理特大ダメージ×3倍&自身の暗闇を解除

HP割合が高い敵を優先して狙えるアタッカー。
また追加効果で暗闇を付与する事で味方の被ダメージ軽減にも貢献。
暗闇効果は川澄ミコト【外套に秘する熱】恵諏訪ルリラ【彼岸の淵を眺む】といった火力を底上げ出来るので、同時編成がオススメ。
ただし必殺技で最大火力を発揮する際には自身が暗闇でなければならない条件付き。
必殺技発動後には暗闇効果が解除されるとはいえ、暗闇獲得を自身で行えないのがネック。
暗闇スキルを持つ敵と対峙する際には最大火力を発揮しやすいが、そうでない場合は若干使いづらいのが本音。

 

是万道カガリ【春驟雨を読む】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの後衛キャラ。
高い攻撃力を誇り、全体必中攻撃のスキル1はクリティカル時にTPダウンの追加効果
さらにスキル2では敵全体を対象に物魔両方の会心をダウン出来る為、会心特化の敵対策に便利。
中でも強力なのが必殺技の全体攻撃
威力は中だが、強化状態解除の追加効果を付与。
しかもその後に敵全体に極大威力の物理攻撃が発生
通常攻撃以外のダメージソースは全て全体攻撃となっており、基本的には殲滅力に特化。
ただし必殺技による2連撃は全体・単体のどちらにも高火力を出せる。
スキル2の会心ダウンは若干恩恵を感じにくい部分があるものの、高い殲滅力は魅力的。
後衛キャラなのでタンクの吉良きらり【舞いし魂の縁者】とも容易に組み合わせられるのも嬉しい。
後衛で単体火力が高いキャラを優先するなら仁科メル【縁をめぐらせ宴と成す】の方が上。
いずれにせよ、獲得しておいて邪魔にはならない性能といえる。

 

真土那怜子【一夜の高揚】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

影属性の物理・魔法タイプ。
スキル1は3番目に近い敵に必中魔法大ダメージ×3回&確率でTP中ダウン×3回を付与可能。
スキル2は3番目に近い敵に必中魔法特大ダメージ&自身にTP小アップ
必殺技も3番目に近い敵に必中魔法極大ダメージと、3番目に近い敵に対するアプローチに特化。
同対象を続けて狙う事が出来る為、早い段階で敵数を減らせるのはメリット。
さらに必殺技の追加効果には影属性の味方に対してのみ、速度最大アップ&HP継続回復(大)の効果。
DPSアップに加え、HP回復を行えるのは非常に優秀。
ただ影属性のみである為、汎用性が低いのがネック。
仁科メル【夏夜満ちる華】/藤浦ヒナタ【祝福のカリヨン】など、属性縛りで行動速度を底上げ出来るキャラと似たタイプ。
属性縛りの編成を組めるだけのキャラが手持ちにいるなら狙うのも有り。

 

仁科メル【夏夜満ちる華】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

調属性の後衛/魔法タイプ。
後衛キャラとしては珍しい挑発効果持ち
そのうえ自身にHP継続中回復&TP継続小アップを獲得出来る為、ある程度のダメージ対策は可能。
また最も近くの敵に毒・暗闇を付与出来る為、状態異常によって慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】を含む複数のキャラとシナジーを狙える。
必殺技は全体威力特大攻撃となっており、ダウン状態の味方にTP中アップを付与。
さらに自分以外の調属性キャラの行動速度を限界までアップ。
属性縛りによる行動速度アップは他にも藤浦ヒナタ【祝福のカリヨン】/桃田みここ【花の新入生】が保有しており、縛り編成を行うにあたって使い分けるのがオススメ。
基本的にはリセマラよりもある程度キャラが揃った時に狙いたいタイプ。
ただ条件を満たせば味方の行動回転率を大きく伸ばせる事は間違いない。

 

藤浦ヒナタ【祝福のカリヨン】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の中衛キャラ。
魔法攻撃力が高く、スキルは1・2共に最も近くの敵を対象とした攻撃。
スキル1は同時に火傷を付与し、相手が偶属性なら威力大攻撃を2回付与
スキル2は条件無しで必中かつ威力大攻撃を3回とシンプルなダメージソースを保有。
必殺技は波属性の味方全員に行動速度限界アップの効果。
偶属性の味方全員に同効果を付与する桃田みここ【花の新入生】と似ており、属性特化型。
波属性縛りの編成を組めるなら行動回転率を大幅に底上げ出来る為、獲得しておくのも有り。
ただし序盤、キャラ数を確保出来ない状況では恩恵を得辛い点がネック。
ある程度キャラが揃っているプレイヤーなら戦略の幅を広げる事を見越して入手するのも良いが、新規プレイヤーにはオススメ出来ないタイプ。
唯一の利点は攻撃スキルが属性を指定したものではないところくらいか。

 

川澄カグヤ【煌々なる熱視線】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性の中衛/物理タイプ。
スキル1は最も近くの敵に物理中ダメージ
対象が調属性なら追加で物理大ダメージ×3倍
スキル2は自身にTP大アップ&敵全体に火傷付与
必殺技は最も近くの敵に必中物理極大ダメージ×2倍
さらに偶属性の味方が5体なら追加で必中物理極大ダメージの効果。
ただし攻撃後には自身の物攻が長時間特大ダウンとなってしまうデメリットも。

性能は物理火力が高い単体アタッカー。
しかし最大限の力を発揮させる場合には偶属性縛りの編成での運用が大前提
またスキルに関しても対象が調属性の場合には追撃が発生するなど、汎用性は高くない。
中でも必殺技使用後には攻撃力特大ダウンするなど、デメリット持ちなのも残念。

組み合わせるなら天花寺サヤ【高貴のマエストロ】桃田みここ【花の新入生】のようなシナジーを得られるようなキャラがオススメ。

 

桃田みここ【花の新入生】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理/中衛タイプの偶属性キャラ。
属性実装後と同時に登場しており、他キャラが持たない加護スキルで味方のサポートも可能。
最も防御力の低い相手や最もHP割合の低い相手を狙っての2回連続攻撃を行える。
また追加効果として相手が調属性ならさらに2回攻撃、味方全体行動速度アップを付与。
特に強力なのが必殺技の行動速度バフ。
ダメージソースは無いものの、偶属性の味方に対して限界まで行動速度アップを付与出来るので大幅にDPSアップに貢献。
しかも加護スキルでも偶属性の味方へ攻撃力アップのパッシブ効果持ち。
偶属性縛りのスキルが多く見られる為、正直汎用性自体は低め。
しかし偶属性縛りの編成を組めるのであれば、大きな戦力アップになるのは間違いない。
偶属性キャラは朝霞イブ【朝はまた廻る】/七瀬サキ【ビューティ&ファング】/是万道カガリ【春驟雨を読む】など。
全キャラ確保しているなら戦力アップを見越して狙うのも有り。
属性実装後に登場した関係上、キャラが揃っていなければ恩恵を得られない点には注意。

 

川澄ミコト【夕明かりの涼風】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

光属性の後衛/魔法タイプ。
スキルはランダムな敵に大威力の魔法攻撃、味方全体に物防アップの効果。
さらに必殺技では最も徳の敵に大威力の魔法攻撃&攻撃前に対象の物防・魔防アップを解除
スキル・必殺技の魔法攻撃に関しては、光属性の味方が多いほど攻撃回数が増加
最大で5回まで攻撃回数が増える為、なるべくなら光属性縛りでの運用がオススメ。
また味方全体への物防アップは物防ダウンが付与されている味方に対してはTP回復&物防ダウン解除
攻撃面で見ても、光属性縛りでの運用以外では威力・手数が少ない。
物魔防御バフ解除を行えるが、単体なら振袖ゆら【灼熱統べる女帝】/吉良きらり【舞いし魂の縁者】も使える。
全体バフ解除なら是万道カガリ【春驟雨を読む】もいる。
あえて狙うほどのキャラとはいえず、光属性パーティを底上げする場合のみ狙いたい。

 

鈴峰彩花【愛され生徒会長】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

波属性の中衛キャラ。
火力自体は低いものの、HP100%未満の味方全員に回復(小)&TP中回復と耐久面の補助が可能。
また自身に物理会心アップ(大)&TP上昇アップ(大)を獲得し、波属性の味方全員に物攻アップ(大)を付与出来るなど縛り編成にも対応。
必殺技では自身以外の味方に物攻アップ(特大)&自身のバフを波属性の味方にコピーし、自身のバフを解除
全体的に物理タイプへの補助効果が多く、特に波属性縛りなら必殺技で一気にバフを撒ける。
縛り編成以外でも火力・回復面でサポート出来るものの、やはり波属性縛りの編成がオススメ。
補助能力は高いものの、ダメージソースが無いので火力枠としては弱い。
リセマラする場合にはオススメ出来ないが、ある程度手持ちが揃っているなら狙うのも有り。

 

川澄カグヤ【電脳レプリカント】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性/物理タイプの前衛キャラ。
最も近い敵に対して物理中ダメージ、物防大ダウンのスキルを保有。
前者は偶属性の味方数に応じて最大5回まで攻撃回数が増加し、後者は調属性が対象なら追加で物防大ダウンを付与。
さらに必殺技では最も近くの敵に対して会心物理特大ダメージに加え、味方全体のダウン効果解除&物理会心大アップの効果。
単体火力に特化した性能となっており、デバフ対策や火力補助にも貢献。
同じく偶属性の前衛キャラである黒羽みつ【隠密の女探偵】も同条件で攻撃回数が増加する為、同じパーティに組み込む事で手数を大幅に増やせるのがポイント。
他にも天花寺サヤ【高貴のマエストロ】桃田みここ【花の新入生】など、シナジーを得られるようなキャラと組み合わせるのがオススメ。
ただ偶属性縛りでなければ真価を発揮出来ない為、若干リセマラには不向きか。

 

仁科メル【邪心蒔く】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

暗黒退魔戦コンテンツで獲得出来る偶属性の後衛/魔法タイプ。
スキル1は最もHP割合の高い敵に魔法大ダメージ×3倍&自分のダウン効果を対象にコピー→その後、自分のダウン効果を全て解除
スキル2は自分以外の最もHP割合の高い味方に挑発付与&TP中ダウン→自分のTPを中アップ
必殺技は最もHP割合の高い敵に魔法絶大ダメージ→対象が調属性なら毒&火傷付与→その後、自分以外の味方に最大HPの20%ダメージ

特筆すべきは自身のデバフを敵にコピーし、さらに自身のデバフを解除出来る点。
自身に付与されているデバフが多いほど、戦況を優位に展開出来るのは魅力的。
また最もHP割合の高い味方に挑発効果を付与出来る為、振袖ゆら【灼熱統べる女帝】吉良きらり【舞いし魂の縁者】のようなタンクキャラとも相性が良い。
必殺技では自身以外の味方に対して最大HP20%分のダメージとデメリットがある。
しかしHPが一定以下で追加効果が発動するスキルを持つキャラと組み合わせれば、追加効果発動の条件を早期にクリア出来るのは有難い。

暗黒退魔戦コンテンツで獲得出来るキャラの中ではデメリットが少なく、使い易いキャラ。
ガチャで獲得出来ない以上、リセマラ対象外だがキャラ自体の性能は割と優秀。

 

錦織カルラ【未来の賞金女王】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性/魔法タイプの中衛キャラ。
2番目に遠い敵を優先して攻撃するスキルを持ち、偶属性の味方が3人以上で確定会心・対象が調属性なら魔防大ダウンを付与
条件を満たせば高火力・火力補助を行えるが、それ以外だと正直並。
必殺技は全体魔法大攻撃&ランダムな敵1体に会心魔法大ダメージ
殲滅力も高く、追加の単体攻撃でボスアタッカーとしても優秀。
パーティ編成や敵の属性によって左右される性能の為、安定感には欠けるが火力面は優秀。
偶属性の味方で組み合わせたいのは桃田みここ【花の新入生】/黒羽みつ【隠密の女探偵】等。
行動回転率アップは勿論、黒羽みつは偶属性の味方×攻撃回数のスキル持ち。
手持ちに前述したキャラがいるなら狙うのも有り。

 

黒羽みつ【隠密の女探偵】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

偶属性/物理タイプの前衛キャラ。
スキルは最も近くの敵に威力中攻撃、最もHPの高い敵に威力大攻撃&HP大吸収の効果。
非常にシンプルな性能かつ、攻撃と同時に自己回復も出来るので使用感は悪くはない。
またスキル前者の威力中攻撃に関しては偶属性の味方数が攻撃回数となる為、偶属性のキャラ縛りなら最大5回の連続攻撃を行える。
また必殺技は最も近くの敵を中心とした威力小の範囲攻撃
追加効果は物防大ダウンとなっており、火力よりも味方への火力補助がメイン。
しかし対象が調属性であれば追加で物防特大ダウン&特大威力の追撃が発生

編成・敵属性に左右されやすい性能だが、全てが噛み合えば強力。
特に属性縛りに関しては自身でもカバー出来る部分となっている為、火力だけでも出したいなら必ず意識してパーティを組みたい。
手持ちキャラが揃っているなら強力。
しかしリセマラで狙う性能とはいえない。

 

泉アリサ【鉄槌の解体者】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
物攻・物防が高く、物防・魔防が最も高い敵にそれぞれ同時に攻撃が可能
その際には物理防御を大幅に下げられる為、後続キャラの火力補助にも貢献。
さらに最も近い敵を中心とした範囲攻撃も持ち合わせており、雑魚処理でも活躍。
必殺技も同範囲の敵に超極大威力攻撃と火力はかなり高め。
また範囲攻撃のスキルと必殺技は対象が挑発状態の場合にそれぞれ物魔防御ダウン・追撃が発生
その為、挑発持ちの吉良きらり【舞いし魂の縁者】などと編成する事で使い勝手が大幅に向上する。
他にも単体のボス・強敵に対してもデバッファーとして運用するのも有り。
挑発持ちの味方がいないと性能は大きく下がる為、必ず前述した吉良きらりや吉良きらり【アラウンド・スパーク】/桜のぞみ【花笑む季を待つ】などと組み合わせて運用したい。

 

水無月ユウ【月纏われし仔獣】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

虚属性の前衛・物理タイプ。
スキル1は最も遠くの敵に物理大ダメージ&自身行動速を長時間度中アップ
スキル2は最も近くの敵に物理大ダメージ&物攻・魔防を長時間中ダウン
必殺技は最も近くの敵に物理特大ダメージの効果。
必殺技に関しては対象が影属性の場合追加で物理極大ダメージ×2倍が発動。

最も遠い敵と近くの敵を狙う前衛アタッカーで、長時間のデバフ付与が得意。
ただし基本的には単体のみを対象としている為、味方への恩恵は若干少なめ
また必殺技に関しては対象が影属性なら超ダメージを発揮出来るが、それ以外の属性では並。
優位属性に特化した性能となっており、刺さる場所でのアタッカー性能は優秀。
基本的に敵属性に左右される部分が多く、デバフ効果なら他キャラでも対応可能。

正直優先するほどの性能とは思えないので、対影属性アタッカーが必要な場合のみ狙うのがオススメ。

 

藤浦ヒナタ【有象無象に鉄槌を】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

暗黒退魔戦コンテンツで獲得出来る光属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は自身への物攻&物防特大アップの効果。
自身がダウン状態ならTPを中ダウンする事と引き換えにダウン状態を解除可能。
スキル2は3番目に近い敵に対して物理大ダメージ×5回
さらに自身のHPが減っている場合にはTP小ダウンと引き換えにHPを吸収出来る。
TPを消費する事を条件にダウン状態解除・HP吸収とリスク回避を行えるキャラ。
場持ちしやすくなるメリットはあるが、必殺技の回転率が下がってしまうのがネック。
また必殺技は最も物理攻撃の高い敵に物理絶大ダメージ後、自身と対象の敵を挑発状態に

スキル・必殺技は共に火力が高く、攻撃力自体もトップクラス。
しかし必殺技の回転率が遅くなってしまうリスクや挑発効果による被弾リスクが増える点には注意。
リスクを下げるならタンク・ヒーラーを編成するのが理想。
ガチャ排出されるキャラではないので、あえてスルーでも問題無し。

 

桜のぞみ【桜東風の季節に】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの後衛キャラ。
最も遠い敵を中心とした物理範囲攻撃×3回と高い殲滅力のスキルを保有。
デメリットとして自身の回避を極大ダウンしてしまうが、タンク・サポーターの配置でカバー。
さらに最もTPが低い味方にTP回復&TP上昇アップを付与。
味方単体へのTP補助ではあるものの、必殺技の回転率を上げられるのはメリット。
必殺技は前述した攻撃スキルと同範囲に特大威力×1~3回の攻撃
対象のHPが多いほど攻撃回数が増える為、wave開始時に使用する事で最大の恩恵を得られる。
また火力自体は高めに設定されている事を考えればTP回復スキルを持つ是万道アゲハ【聖夜を舞う光跡】/川澄ミコト【永き魂の巫師】などと組み合わせたい。
回避能力が下がってしまうデメリットは天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】のようなヒーラーと組ませる事でカバー可能。

 

鈴峰彩花【常世のマーメイド】
キャラ性能&個別評価

光属性の魔法:中衛タイプ。
魔法攻撃を行う敵全体中ダメージ&魔法攻撃力中ダウンを付与可能。
物理タイプの敵に対してはダメージすら与えられないものの、魔法タイプの敵には大きな効果。
また味方全体の弱体化を回復し、自身が毒・封印ならそれぞれ敵全体に毒・封印を撒ける
必殺技は全体大ダメージに加え、魔法タイプの敵には大威力の追撃&封印状態
基本的には魔法タイプの敵に対して高い性能を発揮。
ただ自身に毒・封印を付与出来るスキルは持ち合わせておらず、味方にもいない。
その為、基本的には保険として考えておこう。
魔法タイプの敵対策として以外には使い辛いので、相手を選ぶ性能といえる。

 

是万道アゲハ【聖夜を舞う光跡】
キャラ性能&個別評価

魔法タイプの後衛キャラ。
ステータスは魔法特化の性能となっており、物理防御力はかなり低め
その為、物理タイプからの攻撃が通らないように前衛はしっかりと固めたい。
スキル自体の火力は高く、極大威力の範囲攻撃持ち。
さらにHPが高いほど威力が増加するので、回復スキル持ちと組み合わせてHP管理を忘れずに。
また自己バフで行動速度・魔法会心アップを獲得出来るなどDPS・瞬間火力にも優れている。
必殺技に関しても範囲極大威力となっており、HPが高いほど威力アップ
しかも味方全体のTP中回復を獲得。
自身だけでなく、味方の必殺技回転率を底上げするのにも貢献出来るのはシンプルに強力。
攻撃&回復を同時に行える天花寺ムウ【猛きこと春風の如し】との組み合わせがオススメ。
また全体挑発持ちの吉良きらり【舞いし魂の縁者】でダメージリスクを下げると尚良し。

 

朝霞イブ【迷いし魂の守護者】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

ハーフアニバーサリーで実装されたキャラ。
物理タイプの後衛キャラとなっており、物理攻撃&物理防御が高め
スキルで範囲攻撃&単体攻撃を行えるうえに追加効果で攻撃力小アップを獲得。
効果量はそこまで高くはないものの、効果時間が長時間なので強敵対策としても便利。
また必殺技による単体攻撃は威力が極大かつ強化効果を全て解除+暗闇効果を付与
ダメージソースとしての活躍だけでなく、敵を優位にさせない点も高評価。
補助能力の高かった朝霞イブ【異能との架け橋】と違って今回は火力枠として活躍。
そのうえ強化効果を解除出来るキャラはかなり貴重。
是非とも獲得しておきたい。

 

桜のぞみ【花笑む季を待つ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
物理・魔法防御力が高く、火力は若干低め。
威力はそこまで高く無いがスキルは共に全体攻撃となっており、序盤の雑魚処理に便利。
また追加効果でノックバック・火傷・挑発を付与し、対象が状態異常の場合には自己回復も可能。
状態異常は前述したように火傷を撒ける為、自己完結したスキル構成は隙が少なく優秀。
必殺技はダメージソースが無いものの、挑発付与・自己回復・魔法防御アップを獲得。
物魔どちらのタンクとしても運用出来、豊富な自己回復で長期戦にも対応。
他キャラと組み合わせるのであれば、火傷状態に敵に対して高火力を発揮するケーシャ【禍根断つ黄金】がオススメ。
基本的にはタンク運用。
高い耐久力と生存率はシンプルに高難易度での活躍を見込める。
タンク性能だけなら吉良きらり【舞いし魂の縁者】よりも上。
その分、敵への影響力が弱くなるので臨機応変に使い分けたい。

 

川澄カグヤ【眩い曙光の地平】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
高い攻撃力を誇り、スキル1による範囲攻撃は威力大と高火力。
さらに対象が物理タイプの場合には火傷を付与
スキル2も範囲攻撃で、威力は特大×2回とダメージソースとして非常に優秀。
殲滅力が高く、雑魚処理・周回能力の高さが魅力。
また必殺技ではダメージソースは無いものの、自身・味方全員の物理・魔法攻撃力を大幅アップ可能。

火力枠としても重宝し、なおかつ物理・魔法タイプのどちらにも対応出来るバフが強力。
ただし自身の防御力はかなり低いので吉良きらり【舞いし魂の縁者】のような挑発持ちのタンク、もしくは防御バフ&回復スキル持ちの朝霞イブ【異能との架け橋】と組み合わせたい。
他にも火傷状態の敵に高火力を出せるケーシャ【禍根断つ黄金】とも好相性。
パーティの火力を重視するなら是非とも狙っておきたい性能。

 

慶苑梓【美意識の権化】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法攻撃力に特化した後衛キャラ。
範囲攻撃&全体攻撃のスキルを持つ殲滅力の高さがポイント。
しかも敵HP50%以下で追撃&TPダウン、魔法防御力ダウン&強化効果解除が発生する。
戦闘開始直後は追加効果に期待は出来ないが、戦闘中盤以降で真価を発揮。
その為、高いフィニッシュ率と戦闘への安定感を確保出来るのが魅力。

必殺技は最も魔法攻撃力が低い敵に特大威力の魔法攻撃
対象のHP50%以下なら追撃、さらにHP30%以下でも追撃&TPダウンなど単体火力に特化。
ボスへのダメージソースや高難易度攻略の火力枠として重宝するタイプ。
ただし前述したように戦闘開始直後の性能自体は並。
高火力アタッカーである川澄カグヤ【眩い曙光の地平】/火浦鏡子【明鏡止焔】等と組み合わせて早々に敵HPを一定以下まで削るように心がけたい。
また防御力自体はやや低いので吉良きらり【舞いし魂の縁者】がいると安定感が増す。

 

向日葵恋【天に恋い焦がれて】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理防御力が高い物理タイプの前衛キャラ。
スキルは最もTPの高い敵を狙った確定クリティカルの物理攻撃&スタン付与
さらに確定クリティカルの範囲攻撃&スタン付与も行える為、単体・複数の敵に対応。
スキル威力自体は中・小とそこまで高くないものの、確定クリティカルによって火力をカバー。
そのうえスタン効果で4秒もの行動制限を行える点も戦闘を優位に展開する上で有難いポイント。

必殺技は確定クリティカルの特大威力攻撃
追加効果によるスタンは8秒と非常に長く、ボス・強敵対策に便利。
ただし自身に4秒のスタンを付与してしまうデメリットもあるので注意。
とはいえ単体ボスとの戦闘なら8秒スタン付与で、自身が4秒スタンなら正直隙はゼロ。
対複数との戦闘においては隙が生まれるものの、そこまで大きなデメリットとはいえない。

単体火力枠としての性能が高く、スタン効果による行動制限も魅力。
スキル威力に極大が無いものの、確定クリティカルによって十分高ダメージを狙える。
アタッカー不足ならオススメだが、バフ解除や味方へのバフが無い点には注意。
組み合わせるなら川澄カグヤ【眩い曙光の地平】是万道アゲハ【孤高の聖蝶】などのバフ持ちがオススメ。

 

火浦鏡子【明鏡止焔】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛アタッカー。
自己回復が可能なスキル1は自身が強化状態ならTPも同時に回復
味方全体にバフを撒ける朝霞イブ【異能との架け橋】/是万道アゲハ【孤高の聖蝶】と組み合わせる事でTP回復→必殺技の回転率を早められる。
またスキル2では確定クリティカルの特大単体攻撃&確率でスタンを付与可能。
攻撃力自体が元々高いので、スキルのみで十分な単体アタッカーとして活躍。

必殺技は単体極大攻撃となっており、対象が物理タイプなら特大威力で追撃
単体火力としての性能は凄まじく、火力不足なら狙っておいて損はない。
ただし必殺技使用後の一定時間、自身の物理攻撃力が極大ダウンする点には注意。
短期戦においては重宝するが、長期戦になると火力不足を感じる場合も。

他にも魔法防御力が極端に低いなど、相手次第では耐久力に欠けるのもネック。
安定感に欠ける性能ではあるが、短期戦で済むコンテンツなら間違いなく強力なキャラ。
編成に組み込む場合は前述したバフ要員や吉良きらり【舞いし魂の縁者】のようなタンクは必須。

 

或田エリイ【熱血ハイジャンプ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
高い攻撃力を持ち、確定クリティカルの範囲攻撃&中心の敵への追撃スキルを保有。
さらにランダムな敵に確定クリティカルの5回攻撃など、非常に攻撃的な性能を持つ。
雑魚処理は勿論のこと、単体火力も高いのでアタッカーとしての性能はトップクラス。
そのうえ必殺技では特大威力の単体攻撃を行い、HP吸収&自身以外の味方HPを回復出来る。
防御力が低い点はネックだが、回復効果でのカバーが出来る点は評価。
心配なら吉良きらり【舞いし魂の縁者】/桜のぞみ【花笑む季を待つ】のような挑発持ちのタンクと組み合わせて運用するのがオススメ。
デメリット無く、安定して高火力を発揮出来る性能はシンプルに便利。
特に序盤は火力最優先と言っても過言ではない為、新規勢なら狙っておいて損はない。

 

泉あさひ【一心不乱の心意気】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
スキル・必殺技は全て単体を対象とした構成になっており、追撃による手数が多いのが特徴。
敵が強化状態の際に追撃、無条件での2連撃など手数で火力を出すタイプ。
さらに必殺技も相手が強化状態の際に追撃が発生し、同時にスタンも付与可能。
特に必殺技に関しては追撃の威力が極大とかなり高めに設定されており、単体アタッカーとしての性能は非常に高い。
また、全スキル・必殺技は必中攻撃となっており安定したダメージソースとしても活躍。
殲滅力に関しては期待出来ないが、単体アタッカー・フィニッシャーとしては優秀。
ただし耐久力が低い為、吉良きらり【舞いし魂の縁者】のようなタンクか朝霞イブ【異能との架け橋】のような防御バフ&回復スキル持ちと組み合わせたい。
ボス/強敵対策のアタッカーが足りないならオススメ。

 

朝霞イブ【異能との架け橋】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理防御力の高い前衛タイプ。
スキルでは最も近い敵に攻撃、味方全体の物理防御力/魔法防御力を中アップ
必殺技では最も物理防御力が高い敵に攻撃&味方全体のHP中回復を付与。
味方へのサポートを行いつつ、自身でも火力を出していける攻守万能型。
特に必殺技での火力は高く、ボスアタッカーとしても活躍出来る性能を持つ。
攻撃力こそトップアタッカーに劣るものの、攻撃/防御/回復全てを平均以上にこなせるのは強力。
宇佐美みく【新たなる未来】と組み合わせる事でパーティの生存率が大幅強化される。

 

川澄ミコト【永き魂の巫師】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法防御力に特化した後衛の魔法タイプ。
スキルで全体攻撃を行い、TP割合の高い敵にTPダウン&行動速度ダウンを付与
必殺技では味方全員の状態異常を回復&HP/TPリジェネを付与&敵全体の強化解除が可能。
攻撃/補助をバランス良く担える為、どんな編成に組み込んでも活躍を期待出来る。
特に状態異常の回復やTPリジェネに関しては貴重で、リジェネの効果時間が6秒とはいえ優秀。
川澄ミコト【在りし日の杵柄】/川澄カグヤ【踏み鳴らす熱き砂】といった高火力アタッカーと組み合わせて必殺技の回転率を上げるのがオススメ。
瞬間的な回復量は他のヒーラーに劣るものの、状態異常を一手で治せるのは大きな魅力。

 

南雲さゆき【図南に瑞雲煌めく】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出より排出

魔法タイプの中衛キャラ。
スキル1・2の両方で自身へのTP回復が可能。
さらに最もHP割合の低い敵に対して攻撃を行えるなどフィニッシャー要素も併せ持つ。
自身で弱化効果を解除出来るものの、同時に強化効果も解除してしまうのでバフのタイミングには注意。
必殺技は極大威力の魔法単体攻撃となっており、対象が物理タイプなら追加ダメージが発生。
中衛キャラでありながらも火力が高く、弱化効果への対策も保有。
強化効果解除が無ければ雑に組み込んでも扱えただけに残念。
バフ持ちと組み合わせる場合はスキル発動のタイミングを調整するか手動対応が必要。

 

藤浦ヒナタ【甘くほろ苦い仁心】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

後衛タイプの物理キャラ。
火力面よりも補助能力に特化した性能を保有。
敵全体に物理防御力ダウンを撒き、最も防御力の高い敵には火傷付与&強化解除も可能。
基本的には物理アタッカーと噛み合う性能となっており、同時に緋村アンリ【エクレシアの刻印】/ケーシャ【禍根断つ黄金】のような火傷状態の敵に高ダメージを出せるキャラとも好相性。
また必殺技の追加効果に物理防御力ダウン&火傷、さらに味方単体の攻撃力極大アップがある。
非常に優れたデバフ・バフ効果ではあるものの、対象は敵・味方共にランダム。
その為、配置位置や物理・魔法でキャラ指定が出来ない点はネック。
便利なキャラだが、運に左右される部分があるのが残念。
とはいえ、デバフ効果はシンプルに便利。
範囲アタッカーと組み合わせて火力補助に徹した運用方法がオススメ。

 

南雲さゆき【立ち込める混沌】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

偶属性の前衛・物理タイプ。
自身に耐性無効の火傷を付与する代わりに行動速度を特大アップ
さらに行動速度アップ中は通常攻撃のダメージが10倍になるため、DPSが大幅に向上。
また自身に耐性無効の毒を付与しつつ、敵全体に毒付与&行動速度大ダウンが可能。
毒を撒く事で慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】土蜘蛛【沈みし魂の語り部】といったキャラとシナジーを得やすいのが特徴。
必殺技は最も近くの敵に対して物理小ダメージ
その後、自身が速度アップ状態なら追加で必中絶大威力攻撃&自身の速度アップを解除

全体的にデメリットを獲得しつつ高威力を発揮。
リスクがあるものの、高いDPSに加えて威力絶大の必殺技はダメージソースとして優秀。
ガチャで排出されるキャラではないので、リセマラでの獲得は不可能。
今後実装されるキャラを考えれば、新規勢が獲得出来る頃には型落ちになっている可能性が高い
南雲さゆき【混沌晴らし】の上位互換のようなキャラ。

 

ケーシャ【禍根放つ錆金】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

調属性の前衛/物理タイプ。
スキル1は敵全体&味方全体の物防を大ダウン→対象が調属性以外なら追加で物防を大ダウン
スキル2はランダムな敵に物理大ダメージ→自分が状態異常なら追加で物理大ダメージ×3倍→自分がダウン状態なら追加で物理大ダメージ×3倍
必殺技はランダムな敵に物理絶大ダメージ&自分に最大HP50%のダメージ→攻撃後、自分に確率で毒/火傷/暗闇/封印を付与

ガチャ排出はされず、暗黒退魔戦コンテンツで獲得可能。
スキル1の防御デバフは味方にも作用し、必殺技では自身への自傷ダメージ&状態異常を付与とデメリットが多いキャラ。
しかしスキル2使用時に自身が状態異常/ダウン状態なら追撃が発生するなど、スキル構成自体は自己完結している。
自身のみで火力を底上げ出来る点は優秀だが、正直他の味方のリカバリーまで手が回らない性能は残念。
無理してまで獲得するような性能とはいえない。

 

是万道アゲハ【孤独の闇蝶】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

波属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1は波属性の味方と敵全体の魔攻を特大アップ&自身の魔防を大ダウン
スキル2は波属性の味方と敵全体の行動速度を大アップ&自身の回避を極大ダウン
必殺技は味方全体の魔攻を極大アップ&自身以外のランダムな味方1体にTPを超極大アップ&敵全体のTPを超極大アップ

波属性の味方に対するバフ効果で戦闘をサポート可能。
魔攻/行動速度を底上げ出来る代わりに自身はデバフ効果を獲得
またバフ効果に関しても、味方だけでなく敵全体に付与してしまうなど高難易度では若干使いづらい。
必殺技では敵全体にTPアップまで与えてしまう為、強力な攻撃を即時で受けかねないのも悩み。
メリットに対してデメリットが大きく、序盤では問題なかったとしても高難易度での使用は難しい。
ただリセマラで獲得出来るキャラではなく、藤浦ヒナタ【有象無象に鉄槌を】/南雲さゆき【立ち込める混沌】などと同様に暗黒退魔戦コンテンツで獲得。
あえて優先するほどの性能ではないので、後々ゆっくり獲得すればOK。

 

慶苑風子【邪を喰らわば髄まで】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

毒・火傷・スタンといった状態異常を付与出来る後衛魔法タイプ。
火力自体は低いものの、毒・火傷状態の敵に対しては高威力の追撃が発生
その為、毒・火傷を付与出来るキャラと組み合わせて運用するのがオススメ。
ただし自身は単体にしか毒を付与出来ず、なおかつ毒状態の敵にのみ火傷を付与可能
火傷付与自体は全体対象なので、範囲内の敵に毒を撒けるキャラと組み合わせる事で効率良く火傷状態に出来るのがポイント。
毒スキルは土蜘蛛【沈みし魂の語り部】恵諏訪ルリラ【彼岸の淵を眺む】が保有。
基本的には毒スキル持ちを優先させたいが、火傷状態の敵に高火力を出せるケーシャ【禍根断つ黄金】などとも好相性。
継続火力が高く、組合わせによるシナジーを多く得られるのは大きな魅力。
しかし組み合わせの縛りが強く汎用性が高くない点はネック。

 

緋村アンリ【エクレシアの刻印】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
物理攻撃力・物理防御力が高い物理特化のアタッカー。
スキル効果で最も近くの敵に小ダメージを与え、物理攻撃力大アップを獲得。
また自身が火傷状態の場合は、さらに追加で物理攻撃力大アップと一気に火力アップが可能。
自身への火傷付与自体はスキル2で前方範囲攻撃と共に得られる為、自己完結したスキル構成といえる。

必殺技は前方範囲への特大ダメージで、こちらは対象が火傷状態の場合に追加の特大ダメージが発生。
自身に対しては火傷効果を付与出来るものの、敵に対しての火傷付与を持たない点には注意。
敵全体に火傷を撒ける桜のぞみ【花笑む季を待つ】と組ませると火力を出しやすいのでオススメ。
ケーシャ【禍根断つ黄金】に関してもも火傷特攻持ちとなっており、シナジーを得られる。
ただし火傷パーティを組む場合、起点となる桜のぞみ【花笑む季を待つ】は必須。
前述したキャラで無くても、火傷を付与出来るキャラは必ず1体は確保しておきたい。

 

川澄カグヤ【沸きし魂の卸し手】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物攻/物防が高い前衛キャラ。
自身に命中&会心バフを付与して最もHPが高い敵にダメージ&スタンを付与出来る単体火力持ち。
それだけでなく必殺技では全体攻撃&TPダウン&強化全解除と処理能力が高い点も魅力。
敵TPダウンを撒く事で必殺技を使われるリスクを下げ、バフ解除で優位を取らせない点は大きな強み。
ただし自身のTPが若干溜まりにくい為、是万道アゲハ【孤高の聖蝶】/桜のぞみ【海原を舞う花】と組み合わせる事で必殺技発動時間を短縮させたい。
単体/全体どちらに対しても安定以上の活躍を見込めるので、リセマラの優先度は高め。
殲滅力は川澄カグヤ【踏み鳴らす熱き砂】に劣るとはいえ、汎用性の高さはこちらの方が上。
むしろ高難易度で刺さるタイプといえる。

 

リン【自由という鎖】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
攻撃スキルは最も物理攻撃力の高い敵を狙った威力中の3回攻撃と、最も近い敵へ威力小の2回攻撃
威力は若干低めではあるものの、手数で火力をカバーするタイプ。
さらにどちらのスキルにも追加効果で行動速度アップが付いており、行動自体の回転率も速い。
必殺技は特大威力の範囲攻撃で、中心の敵には追加で威力大のダメージを与えられる。
ちなみに自身が弱体化状態なら対象範囲の敵に対してTPダウンを付与可能。
弱体化状態になる事が条件ではあるものの、敵の必殺技発動を遅延出来るのは大きなメリット。

火力自体はトップクラスに劣るとはいえ、手数が多いのでそこまで気にならない。
むしろ火力自体は並以上に高く、アタッカーとして高い性能を誇る。
ただし前衛にいながらも物理防御力が低いのと、自身の状態次第で必殺技の効果に影響が出るのは残念。
幅広く運用出来るキャラが欲しいなら川澄カグヤ【眩い曙光の地平】、火力面に関しても泉あさひ【一心不乱の心意気】がオススメ。
決して弱い訳ではないが、前述したキャラが手持ちに居る場合は優先度は低め。
入手する場合は吉良きらり【舞いし魂の縁者】のようなタンクと組ませたい。

 

是万道カガリ【万の道に一里塚】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの後衛キャラ。
物魔両方の防御力に優れており、必中攻撃のスキルも保有
攻撃力自体は低いものの、安定してダメージを与えられる点は高評価。
さらに最もHP割合の低い味方に物理防御力アップ、最も物理攻撃力の高い味方に物理攻撃力アップ&弱体化解除を付与。
その為、川澄カグヤ【眩い曙光の地平】/泉あさひ【一心不乱の心意気】のような物理アタッカーと組み合わせると火力増加に大きく貢献出来る。
また必殺技の必中攻撃では自身より前にいる味方に対してTPリジェネ大を与えられたりと、パーティの必殺技回転率を底上げするのにも活躍。

基本的には前衛アタッカーの補助としての運用がオススメ。
ただ前述したように必中攻撃持ちだが、攻撃力は低く攻撃範囲も単体のみ
攻撃面ではそこまで高い恩恵を得る事は出来ないので、火力枠としては微妙。
しかし必殺技回転率を底上げ出来るTPリジェネ大はシンプルに便利。
TPの即時回復スキルを持つ是万道アゲハ【聖夜を舞う光跡】と編成すれば高回転での必殺技発動が可能。

 

桃田みここ【白線穿ち】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

攻守共に高水準の物理タイプの前衛キャラ。
最も遠くの敵を対象とした攻撃は同時にTP上昇ダウンを付与。
さらに2番目に遠い敵を中心とした範囲攻撃と同時に自身のTPを回復
必殺技の回転率が早く、火力も高いのでアタッカーとして重宝する。
特に強力なのが必殺技。
威力は特大と他のアタッカーと同程度だが、対象が魔法タイプなら再度特大威力で攻撃可能
自身の強化を全て解除してしまうデメリットはあるものの、単体火力だけでいえば最強クラス。
ただし前述したように対象が魔法タイプで無ければ追撃が発動しないので、高火力は刺さる相手に限定。
魔法タイプへの対策要員を求めているのならオススメ。

 

宇佐美みく【新たなる未来】
キャラ性能&個別評価

回復能力に特化した後衛キャラ。
必殺技では味方全体にHP大回復&リジェネ(大)を付与、さらにスキルでも全体回復が可能
ヒーラーとしての能力に特化しており、敵火力が高まる中盤以降で活躍してくれる。
全体回復をスキル/必殺技で使える為、安定してパーティのHP管理が出来るのも魅力。
さらに魔法キャラのみだが、魔法攻撃力アップのバフ効果も保有。
編成次第では回復役としてだけでなく火力補助も行える為、幅広い編成に組み込める。
そもそも回復能力が突出しているだけでも狙う価値は十分。

 

天花寺サヤ【天つ魂の使者】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの中衛キャラ。
スキルで範囲/全体攻撃を行い、同時に火傷/封印といった状態異常も付与
必殺技も全体攻撃となっており、追加で強化効果解除&封印を付与出来るなどサポート能力が高い。
範囲攻撃が得意だが、自身の攻撃力自体はやや控えめな性能。
しかし強化解除/封印をばら撒ける為、高難易度コンテンツ等で活躍。
火傷状態の敵に高い火力を出せるケーシャ【禍根断つ黄金】と相性が良く、同時編成がオススメ。
敵に優位な状況を作らせないスキル構成となので獲得しておくと便利。

 

是万道アゲハ【孤高の聖蝶】
キャラ性能&個別評価

サポートタイプの中衛キャラ。
保有している必殺技/スキルは全てが味方への補助能力。
必殺技では味方全体に物理/魔法攻撃力アップ、スキルでは範囲内の味方に物理/魔法会心アップと火力を底上げする際に持って来いの性能を持つ。
他にも範囲内の味方に対してTP回復も行えるなど必殺技発動までの時間短縮も可能。
ダメージソースが無い点はネックだが、物理/魔法のどちらでも幅広く組み合わせる事が出来る汎用性の高さは大きな魅力といえる。
また火力バフによる恩恵の大きさはどのゲームにおいても魅力的。
バフ要員としての性能は間違いなくトップクラス。

 

桜のぞみ【海原を舞う花】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
攻撃力よりも防御面に特化しており、物理/魔法のどちらも高水準
さらにスキルでは自身より前列にはTP回復、後列にはHP回復が可能。
また必殺技では範囲攻撃を行い、対象が魔法タイプなら追加ダメージが発生。
攻撃力自体は低いが相手次第では十分なダメージソースとして活躍。
とはいえ基本的にはサポート能力に突出している為、火力に対して過度の期待は禁物。
また前衛キャラにはHP回復を行えないので、高難易度に挑む場合には朝霞イブ【異能との架け橋】/宇佐美みく【新たなる未来】といった回復能力に突出したキャラを組合わせたい。

 

川澄ミコト【在りし日の杵柄】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
スキルは単体/全体攻撃をそれぞれ保有
全体攻撃に追加効果は無いものの、単体攻撃はノックバック&自身の攻撃力小アップ
特に必殺技の威力が高く、最もHP割合の敵に対して極大ダメージ&行動速度小ダウンを付与
元々の物理攻撃力も高く設定されており、単体火力枠としての性能はかなり高め。
自身でも攻撃力アップが出来るものの、バフ要員の是万道アゲハ【孤高の聖蝶】や前衛にTP回復を付与出来る桜のぞみ【海原を舞う花】などと編成するのがオススメ。
単体火力に特化したキャラは他にもいるがスキルで全体攻撃を行える為、雑魚処理にも貢献。
幅広い攻撃手段で活躍出来る性能はシンプルに便利。

 

川澄カグヤ【踏み鳴らす熱き砂】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理攻撃力&物理防御力が高い前衛タイプ。
スキルは範囲攻撃&ノックバック、自己大回復
必殺技は全体確定クリティカル攻撃と殲滅力に特化した性能のキャラ。
複数の敵対策として運用出来る性能となっており、防御面も優秀。
その為、シンプルな戦闘要員としてあらゆる場所で活躍してくれる。
川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】は単体火力に特化していたものの、こちらは殲滅力特化。
さらに自己回復も行えるので、耐久力も高くシンプルにオススメ。
性能的には藤浦ヒナタ【風紀紊乱に鉄槌を】と似ているが、ステータスは全体的にこちらが上。
安定感が高く、汎用性の高さがポイント。

 

ケーシャ【禍根断つ黄金】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

前衛タイプの物理キャラ。
非常に高い物理防御力を誇り、なおかつ自分中心範囲に状態異常回復&HP小回復のスキルを保有。
高い防御力と回復スキルのおかげで場持ちしやすく、長期戦にも対応可能。
攻撃力自体はトップアタッカーに比べると見劣りするものの、火力自体もそこまで低いという訳では無い。
特に必殺技は火傷状態の敵に対して威力が増加するものとなっており、条件さえクリアすれば火力枠としての運用も十分に見込める。
ただし自身で火傷を付与する事は出来ないので火傷スキルを持つ神沼月子【制圧するもの】/真宮寺ヒカリ【夏日陰を拭う】/【澱を払う袖】泉アリサ等と組み合わせての運用が必須。
火力面を重視せずタンク/サブヒーラーとしても運用も出来るが、真価を発揮させる為にも前述したキャラと組み合わせたいところ。

 

緋村アンリ【鎮めるもの】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理火力が高い前衛アタッカー。
自身を中心とした範囲内の味方に物理攻撃力&行動速度アップを付与。
さらに前方範囲内の敵に攻撃&スタン効果といった高い殲滅力と行動制限が売り。
また必殺技も同範囲への攻撃&自身攻撃力アップと継続火力の高さもポイント。
味方の物理攻撃力アップが可能な是万道アゲハ【孤高の聖蝶】、敵の物理防御力ダウンが可能な恵諏訪ルリラ【盲目の聖人】などと組み合わせる事で安定した火力の高さを発揮してくれる。
範囲火力もトップクラスに高く、スタンによる行動制限は腐らず使えて便利。

 

慶苑風子【コラプション・マーチ】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
スキル構成は必殺技を含めて全てが単体攻撃。
威力自体は高く、どれを取ってもダメージソースとして活躍を見込める。
またクリティカル時にはTP特大ダウン、自身が封印状態の時にはTP特大回復&弱体化解除の追加効果も。
自身が封印状態の時に発動する追加効果に関しては基本的に保険で考えておこう。
実装時点で味方に封印を付与出来るキャラはおらず、敵を対象とした効果が全て。
必殺技の追加効果では物魔両方の防御力を特大ダウン出来るなど、味方の火力補助としても活躍。
前述したようにスキル構成が全て単体を対象としている為、殲滅力が無いもののボス/強敵などを相手にする際には重宝。
ただし物理防御がそこまで高く無いので、バフ持ちかヒーラーは必須。
必中攻撃のスキル持ちで安定した火力枠として使える。

 

光月ユウナ【銀輪の行路】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの後衛キャラ。
攻守に優れており、全体的に高水準なステータスを誇る。
後ろから2番目の敵を攻撃&バフ全解除、魔法攻撃が最も高い敵に攻撃&バフ全解除のスキルを保有。
後者のスキルに関しては威力も大と高めに設定されている上に必中とアタッカーとして優秀。
必殺技は後ろから2番目の敵に攻撃&バフ全解除&毒付与の効果。
威力は特大と高めに設定されており、毒付与のおかげで継続ダメージにも期待。
ただし全てが単体攻撃なので殲滅力自体は低め
バフによる強化を行う敵/ボス対策に獲得しておくと重宝するタイプ。
また毒状態の敵に対して高ダメージを狙える土蜘蛛【沈みし魂の語り部】と組み合わせるのも有り。
後衛の単体火力枠が足りていないならオススメ。

 

土蜘蛛【沈みし魂の語り部】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
最も近くの敵を中心とした範囲攻撃は同時に毒を付与
さらに最も近くの敵を狙った高威力スキルに関しては相手が毒状態の場合、追加ダメージを付与
また必殺技の単体攻撃では確定クリティカル物理極大と高威力攻撃&全バフ解除&毒付与
毒特化の性能となっており、高耐久の敵が出て来るコンテンツで安定したダメージソースとして活躍。

現時点で毒を付与出来るキャラ自体貴重なうえに、自己完結したスキル構成も火力枠として優秀。
反面、耐久性が低いので吉良きらり【舞いし魂の縁者】/泉あさひ【まだ見ぬ黒星】と組み合わせたい。
ステータスの割にアタッカーとしての性能は十分。
他キャラを頼らずとも高威力のダメージを狙える為、序盤で狙っておいて損はない。

 

仁科メル【イタズラは計画的に】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの中衛キャラ。
攻撃力よりも防御力に優れた性能となっており、スキルもTPが高い敵に攻撃&封印付与、自身中心範囲にHP回復&命中アップと補助寄りの構成。
また必殺技ではランダムな敵1体にTP極大ダウン、ランダムな味方1体にTP極大回復の効果。
TPダウン&TP回復はシンプルに敵の必殺技遅延、味方の必殺技回転率底上げに便利。
しかし付与対象がランダムとなっているので、若干使い辛い点は否めない。
ただしボスなどを相手にする際はランダム要素が無くなる為、使用感は向上。
雑魚処理というよりもボス対策として重宝するタイプ。
ダメージソースが無い事を考えればリセマラでの優先度は下がるものの、高難易度での貢献度は大きい。
既に上位キャラを複数体確保しているのであれば獲得をオススメ。

 

川澄カグヤ【最凶のフリー退魔士】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

高いHP・攻撃力を誇る波属性の前衛/物理タイプ。
反面防御力が非常に低く設定されているので、回復・タンク役の編成は必須。
またHPが低いほどヒット数増加する威力大の物理攻撃、自身へのTP大アップのスキルを保有。
前者は最大5回までヒット数が増加する為、HP管理が出来るような編成がオススメ。
後者のTP大アップは波属性以外の敵・味方のTP大ダウンの追加効果もあり、編成には注意が必要。
基本的には川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】よりも火力特化の性能。
ただデメリットや低耐久など、若干尖った性能が目を見張る。
そもそもイベントで獲得出来るキャラで、ガチャ産のキャラに比べると性能は若干ピーキー。
リセマラでは獲得出来ないキャラ。

 

川澄ミコト【不屈の渇望者】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

藤浦ヒナタ【有象無象に鉄槌を】南雲さゆき【立ち込める混沌】などと同様に暗黒退魔戦コンテンツで獲得可能。

影属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1は最もHP割合の高い敵に魔法極大ダメージ&自分に最大HPに応じた割合ダメージ(影属性の味方が多いほど敵および自分へのダメージアップ)
スキル2は敵味方全体に確率で物防&魔防大ダウン
必殺技は敵全体に魔法特大ダメージ&攻撃後に自分より前にいる味方のTP中アップ&最大HP50%分の割合ダメージ→60秒経過後には敵味方へのダメージアップ

火力の高さはうれしいポイントだが、自身/味方へ割合ダメージが発生する点には注意。
特に必殺技は60秒経過するとダメージアップの他に、味方への割合ダメージが最大HP50%→最大HP100%になってしまう
必殺技を使う際には味方1体が犠牲になってしまう事を考えればかなりリスクは大きい。

決して弱いわけではなく、火力だけを考えれば非常に優秀。
しかし味方や自身へのダメージ効果でピンチを招く事を考えれば高難易度での扱いには注意が必要。

 

七瀬サキ【バーサク&ファング】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

ガチャ排出ではなく、暗黒退魔戦コンテンツで獲得出来る虚属性の前衛/物理タイプ。
防御力が低い代わりに物理攻撃力が非常に高いアタッカー。
スキル1は自身に現在HP60%のダメージ&TP特大アップ
スキル2は最も近くの敵に必中物理大ダメージ×3倍&対象と自身に回避特大ダウン
必殺技は最も近くの敵に物理小ダメージ
自身のHPが50%以下なら追加で物理特大ダメージ、自身のHPが10%以下なら追加で物理絶大ダメージ

性能は自身HPが低いほど必殺技で強力な追撃が発動する自虐アタッカー。
物攻の高さを考えれば必殺技の追撃が全て発動した際は非常に強力。
そのうえ自傷ダメージに関してもスキル1で一気に削れる為、HP50%以下の条件クリアは容易。
しかしHP10%以下の条件は若干厳しい上に、敵攻撃で戦闘不能になるリスクもある。

通常クエストの周回なら問題無いが、高難易度コンテンツでは最大火力を出す前に撃破される可能性も。
タンク/ヒーラーを編成してなるべく戦闘不能のリスクを減らすように運用したい。

 

慶苑梓【麗しき破邪の光】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
最も近くの敵に攻撃&ノックバック、最も遠くの敵に攻撃&TPダウンのスキルを保有。
必殺技では2番目に近い敵へ特大威力攻撃&自身のTP小回復を獲得。
敵単体に対して高い火力を誇り、ノックバック&TPダウンによって一部行動の制限が可能。
また高威力の必殺技に関してもTP小回復によって回転率が割と良いのも特徴。
高火力の魔法タイプは数が少なくそれだけで貴重。
さらに回転率の早い必殺技でダメージソースとして十分な活躍を見込める。
慶苑梓【美意識のままに】が範囲アタッカーならこちらは単体アタッカー。
スキル性能自体も似ているので、単体/全体のどちらが必要かで決めると良い。
是万道アゲハ【孤高の聖蝶】のようなTP回復持ちと組み合わせれば必殺技の回転率をより早められる。

 

嵐優子【猛襲たる嵐の静謐】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
自身の魔法会心をUPし、会心発生時に追加ダメージを与えるスキルを保有。
必殺技では最も前の敵&最も後ろの敵に対して確定クリティカル攻撃と単体火力の高さが魅力。
確定クリティカル攻撃持ちはこれまで物理タイプのキャラが多く、魔法タイプは貴重。
また自身の魔法攻撃力自体も高く、アタッカーとしての性能は十分といえる。
魔法タイプの単体火力枠としての性能はトップクラス。
しかし火力枠として以外には役に立たないので、火力を他キャラでカバー出来ているのであれば優先度は低め。
慶苑梓【麗しき破邪の光】/川澄ミコト【不屈の修練者】等は魔法タイプの中でも火力が高く、瞬間火力が劣るとはいえ十分代用可能。

 

向日葵恋【太陽を仰ぐ純心】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
物魔両方の防御力が高く、自身に挑発&防御バフ/HPリジェネを付与出来るタンクタイプ。
攻撃力自体はそこまで高くはないものの、必殺技効果で最も魔法攻撃の高い敵に特大ダメージ&TP大ダメージを与えられる。
その為、敵の高威力スキルを封じつつ味方を守れるのが大きな強み。
壁役としてシンプルな性能となっており、耐久力の高さが魅力。
とはいえ同じタンクなら吉良きらり【舞いし魂の縁者】の方が出来る事が多く性能は上。
生存率の高さのみを求めるのであれば全キャラトップクラス。
しかしその点を更に活かすという意味でも、保険としてHP回復スキルを持つ朝霞イブ【異能との架け橋】/川澄ミコト【永き魂の巫師】と同時に編成しておきたい。

 

真土那怜子【冷酷極まり止滅となす】
キャラ性能&個別評価

※暗黒退魔戦の聖杯交換で獲得

暗黒退魔戦コンテンツで獲得出来るキャラ。
調属性の中衛/魔法タイプ。
スキル1で最もHP割合の高い敵に命中率の低い会心魔法特大ダメージ×10回を付与
スキル2は全体割合特大回復&魔防大アップを付与し、確率で味方に火傷を付与
必殺技は最もHP割合が高い敵に絶大ダメージ&火傷付与
さらに攻撃後、ランダムな味方1体に最大HP70%のダメージが発生。

スキル1つ1つの性能は非常に高く、ダメージソースとして優秀。
ただスキル・必殺技の全てにデメリット効果が有り、非常に使い勝手が悪い。
魔法攻撃力自体もトップクラスに高く、スキル1は特大威力×10回とかなり強力な効果。
しかし命中率が低く、スキル2も確率で味方に火傷を付与。
必殺技でも大幅な割合ダメージを与えるなど、デメリットの効果で全て台無し。
ガチャ産ではないにしろ、スキル・必殺技のどれか1つでもまともなものが欲しかった。

 

藤浦ヒナタ【風紀紊乱に鉄槌を】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
範囲攻撃&ノックバック効果のスキルに加えて、味方への命中バフも可能。
さらに必殺技では確定クリティカルの全体攻撃&スタンと非常に優れた範囲アタッカー。
命中バフによって味方の火力補助も行いつつ、スタン効果で敵の行動制限も行えるなど攻守に優れた性能を持つ。
是万道アゲハ【孤高の聖蝶】/緋村アンリ【鎮めるもの】等、物理攻撃力アップを付与出来るようなキャラと組み合わせて運用すると、より高い殲滅力を発揮出来るのでオススメ。
シンプルかつ強力。
何も気にせず雑に扱っても強い点は十分評価に値する。

 

庵条ライラ【熱い羨望を纏って】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
最も物理攻撃力の高い敵に高威力のダメージ&ノックバック、最も近くの敵に必中物理小ダメージ&未強化状態の味方へTP回復を付与のスキルを保有。
単体火力の高さは魅力的だが、バッファーとの相性が悪い点がネック。
また必殺技では最も近くの敵に対して物理攻撃力ダウン&最も前の味方/最も物理攻撃力の高い味方に物理攻撃力アップを付与出来る。
物理縛りの編成であれば自身がアタッカー兼バッファーとして活躍可能。
前述したようにバッファーとの相性が良くないものの、自身で全てを完結出来るのは優秀。
川澄カグヤ【沸きし魂の卸し手】/川澄ミコト【在りし日の杵柄】など、物理火力の高いキャラと編成すると相性が良い。
TP回復効果を他で代用するのであればバッファーとの編成も有り。
物理タイプの単体ボスの火力も下げられる為、必要とあらば獲得しよう。

 

南雲さゆき【混沌晴らし】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
高い攻撃力を誇り、必殺技&スキル効果は全て単体攻撃&自身の行動速度アップ
その為、必殺技&スキルを使う度に行動速度が上昇。
必殺技による瞬間火力も高く、行動速度アップの効果でDPSも優秀。
シンプルなアタッカーとして長期に渡って活躍出来るのでリセマラで狙うのにオススメ。
緋村アンリ【鎮めるもの】/是万道カガリ【識るは易し】といった行動速度アップのバフスキルを持つキャラと組み合わせる事でさらにDPSを底上げ可能。
勿論、是万道アゲハ【孤高の聖蝶】と組み合わせて単純に火力アップを狙うのも良し。
ただし火力は高いものの、防御面が若干低く耐久面に難有り
出来れば回復能力持ちも組み込んでおきたいところ。

 

リン【銀穂、邪侈を伏す】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの中衛キャラ。
攻撃力自体は高く無いが、スキルの追加効果でスタン/ノックバックを付与可能。
さらに必殺技の範囲攻撃では命中&回避ダウンとスタンを付与出来るなど、行動制限に特化。
アタッカーとしての素質は少ないものの、戦闘を優位に展開出来るスキル構成は魅力。
特にスタン効果は一切の行動を封じられる為、効果時間2秒であっても有難い。
ただし攻守に優れたキャラの方がリセマラでは最優先。
2番手3番手で獲得する事で真価を発揮するタイプといえる。

 

泉あさひ【まだ見ぬ黒星】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理特化した前衛タイプ。
前方範囲攻撃で高い殲滅力、必殺技では物理極大威力の単体攻撃が可能。
前衛の物理アタッカーとしてはトップクラスの火力を誇り、自己回復&挑発スキルも保有。
相手が物理タイプならサブタンクとして攻撃を引き受ける事も可能だが、魔法防御力がゼロな点には注意。
魔法攻撃を集中して受けると戦闘不能のリスクがかなり高まる為、相手次第では耐久面が不安。
白石織姫【天掛ける川を仰いで】/ケーシャ【白花の祝詞】といった魔法防御に特化したキャラと組み合わせる事で弱点を補える為、手持ちのキャラ次第で狙うのも有り。
とはいえ、かなりの高難易度で無ければ十分防御面もヒーラーを含むだけで対応出来る。
リセマラを行う際に火力を重視するのであればオススメ。

 

川澄ミコト【不屈の修練者】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法攻撃力の高い前衛タイプ。
最も遠くの敵を狙いつつ、範囲攻撃で敵を攻められる攻撃のバリエーションが豊富なキャラ。
スキル威力も高く、攻撃力以上にダメージを期待出来るのでボス/雑魚処理にも便利。
また必殺技の範囲攻撃はHPが多いほどダメージアップの効果となっており、是万道アゲハ【孤高の聖蝶】など味方のTP回復が出来るようなキャラと組み合わせて早い段階で必殺技の発動を狙いたい。
勿論、朝霞イブ【異能との架け橋】/宇佐美みく【新たなる未来】といった回復要員と組み合わせてHP管理を行うのも有り。
シンプルに魔法アタッカーとしての性能が高く、単体/複数の敵に対して対応出来るのも優秀。
味方への影響力は少ないが、火力が十分過ぎる程高いので獲得しておいて損は無い。

 

朱雀美梅【お楽しみは放課後に】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理火力に特化した後衛タイプ。
範囲攻撃&ノックバック、単体攻撃&スタンと攻撃と同時に行動制限の付与が得意。
必殺技は確定クリティカルの単体攻撃となっており、単体アタッカーとして優秀。
また同時に大きくノックバックさせる事が出来るなど、接近戦がメインの敵に対して優位。
範囲/単体攻撃を使い分けられる為、敵数に関わらず活躍出来るのはポイント。
さらにノックバックやスタンで敵の行動回転率を遅延出来るのは高評価。
シンプルな性能となっており、使いやすく便利なキャラ。
性能的には川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】に近く、単体アタッカーとして運用したい。
火力を底上げしたいなら是万道アゲハ【孤高の聖蝶】との組み合わせがオススメ。

 

振袖シュリ【邪なおまじない】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの後衛キャラ。
後列から敵を弱体化する能力に特化しており、火力は低め。
というよりもダメージソース自体が無く、通常攻撃以外は全てが補助効果。
スキルでは敵全体を対象に物魔両方の攻撃力/防御力を小ダウン
さらに必殺技では敵味方全体にTP大ダメージと、メリットだけでなくデメリットも保有

敵のステータスを下げつつ必殺技遅延にも貢献出来る点は魅力だが、味方の必殺技も遅延してしまう。
そのデメリットをカバーする為にも川澄ミコト【永き魂の巫師】/是万道アゲハ【孤高の聖蝶】などのTP回復スキル持ちと組み合わせてバランスを取りたい。
物理・魔法のどちらに対しても影響力が強く、敵を弱体化する性能は優秀。
とはいえダメージソースが無いのでリセマラでの優先度は低め。
強力なアタッカーを確保した後での入手がオススメ。

 

鈴峰彩花【水飛沫のヴィーナス】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの中衛キャラ。
最もTPの低い敵にダメージを与えるスキルを保有。
敵スキルの発動前に撃破する事で味方全体の被ダメージ軽減にも貢献。
また最も前にいる味方に対してTP回復も行えるなど、高火力の前衛アタッカーである藤浦ヒナタ【風紀紊乱に鉄槌を】と組み合わせる事で殲滅力を大きく伸ばせるのもポイント。
他にも朝霞イブ【異能との架け橋】との編成なら回復&バフを高回転で使えるので高難易度でも安定した立ち回りを見込める。
味方の”最も前にいるキャラ”と縛りはあるものの必殺技回転率を早められるのは大きな強み。
自身の出来る事自体は少ないが、汎用性が高く前衛キャラとなら誰とでも組み合わせられる点は高評価。

 

慶苑梓【美意識のままに】
キャラ性能&個別評価

魔法攻撃力に特化した範囲アタッカー。
必殺技では全体攻撃&自身にTP回復、さらにスキルでも範囲攻撃を行えるなど殲滅力が高いキャラ。
そのうえ自身に魔法攻撃力アップ&魔法会心アップのバフを付与出来る為、火力面でも文句なし。
最強クラスの魔法アタッカーとして活躍してくれる為、火力枠を優先したいならオススメ。
是万道アゲハ【孤高の聖蝶】/振袖シュリ【妖美な呪術師】などと組み合わせる事でさらに高火力を発揮。
序盤~終盤まで火力枠として十分に活躍してくれる。

 

藤浦ヒナタ【厳かなる律】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの後衛キャラ。
物理/魔法防御力が共に高く、スキルでは最も遠い敵/近い敵を中心とした範囲に攻撃&封印付与
高威力の敵攻撃を封印する事で味方への被ダメージを下げ、戦闘を優位に展開出来るのがポイント。
また必殺技は最も前の味方に対して命中特大アップ&TP特大回復と単体のみだが優れた補助効果。
ただし同時に3秒間の間封印状態にしてしまうデメリットもある。
即座に必殺技を打てなくなるとはいえ、命中/TP特大アップは大きな魅力。
特に川澄カグヤ【沸きし魂の卸し手】/川澄ミコト【在りし日の杵柄】/川澄カグヤ【踏み鳴らす熱き砂】といった強力な前衛キャラと組み合わせる事でボス/雑魚処理に大きく貢献。
しかし必殺技にはダメージソースが無く、自身が火力枠には成り得ない点には注意。
強力な前衛キャラとの組み合わせが必須の性能といえる。

 

恵諏訪ルリラ【盲目の聖人】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

前衛のサポートタイプ。
最も遠くの敵に対して魔法攻撃力/魔法防御力/魔法会心ダウン
さらに必殺技では前方範囲内の敵に対して物理防御ダウン&暗闇を付与出来るデバッファー。
物理/魔法キャラのどちらとも相性が良く、安定した火力補助を行える優秀な性能。
また暗闇効果によって戦闘を優位に展開出来るのも大きなポイント。
ダメージソースとしての役割はほぼ皆無だが、補助能力は非常に高い。
高難易度での被ダメージ軽減や火力底上げは重宝する為、先を見据えるのならオススメ。
序盤よりも後半で役立つキャラ。
慶苑梓【美意識のままに】/南雲さゆき【望んだ力】といった火力枠と編成したい。

 

恵諏訪ルリラ【彼岸の淵を眺む】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの後衛キャラ。
スキルは共に最も近くの敵への単体攻撃となっており、追加で暗闇を付与
また暗闇状態の場合には追加ダメージ&毒を与えられるなど状態異常に特化。
さらに必殺技では3番目に近い敵を中心とした範囲攻撃&暗闇/毒を付与出来る。
暗闇効果で被ダメージを軽減し、毒効果で継続的なダメージを与えられるので性能は若干高難易度向け。
土蜘蛛【沈みし魂の語り部】/土蜘蛛【闇より深き双眸】は毒/暗闇の敵に対して追加ダメージを与えられる為、同時に編成しておく事で火力増加に貢献。
基本的に火力自体は低く、状態異常が刺さる場所で活躍するタイプ。
リセマラでの優先度は低いが、確保しておいて損はない。

 

桃田みここ【天才肌】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

後衛の魔法アタッカー。
スキル/必殺技で最も近くの敵に対してダメージを与え、同時に自身の魔法攻撃力アップを獲得。
さらに自身へ行動速度アップ&TP回復を付与出来る為、必殺技の回転率も速いのが特徴。
高い火力を安定して維持しつつ、確実に敵数を減らしていける優れた単体火力枠。
殲滅力こそ無いが、高火力&高回転で必殺技を発動出来る性能はボス戦で重宝する。
ただし魔法防御力が非常に低く、相手次第では耐久面が危うい
回復要員&魔法火力を底上げ出来る宇佐美みく【新たなる未来】、より火力アップを狙うのであれば是万道アゲハ【孤高の聖蝶】などと編成するのがオススメ。

 

神沼月子【制圧するもの】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理火力の高い前衛キャラ。
前方範囲内の敵に対して物理防御力ダウンを撒き、範囲攻撃&火傷付与が可能。
必殺技では最も近くの敵に対してダメージを与え、魔法攻撃力を大幅に下げられる
自身の攻撃力も高く、単体/範囲攻撃を行えるのでダメージソースとして優秀。
また付魔法攻撃力ダウン&物理防御力ダウンで攻守のサポートも担える優れた性能を持つ。
南雲さゆき【望んだ力】/川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】といった物理火力の高いキャラと組み合わせる事でシナジーを得られる点も魅力。
雑魚でもボスでも幅広く立ち回れる使い勝手の良いタイプ。

 

南雲さゆき【望んだ力】
キャラ性能&個別評価

トップクラスの攻撃力を誇る前衛アタッカー。
必殺技の威力は全キャラトップな上に前方範囲&HPが多いほど与ダメージアップの効果。
さらにスキルではHP吸収攻撃、範囲攻撃&ノックバックを行えるなど火力だけでなく生存率も高い。
川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】/ケーシャ【質実剛健】などは火力こそ高いが単体特化の性能なのに対し、こちらは高火力かつ範囲攻撃と殲滅力が高いのも大きなポイント。
戦闘時間の短縮にも繋がる為、序盤から獲得しておくと非常に便利。
火力枠を求めるのであれば是非とも獲得しておきたいタイプ。

 

天花寺サヤ【暁鴉乱舞】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

スキルで最も近い敵を攻撃し、同時に物理防御力ダウン/自身の物理攻撃力アップが可能。
必殺技になると前方範囲攻撃&物理防御ダウンと高い殲滅力も確保。
火力自体は同じ範囲アタッカーである緋村アンリ【鎮めるもの】に劣るものの、物理防御力ダウンを範囲内に撒けるなど物理キャラの火力補助に役立つ。
前述した緋村アンリは勿論、南雲さゆき【望んだ力】/川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】等とも相性が良く火力を大幅に向上出来る。
最優先で狙うほど尖った性能でも無ければ唯一性が高いキャラでもないが、獲得出来れば便利。
パーティ全体の物理火力を底上げしたいのであれば獲得しておくのも有り。

 

川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】
キャラ性能&個別評価

攻撃力に特化した前衛タイプ。
必殺技は高威力かつ確定クリティカルの単体攻撃。
さらにスキルでも高威力の単体攻撃を保有しているなど、トップクラスの単体アタッカー。
また自身のTP回復効果によって必殺技の回転率を上げられる点もシンプルに強力。
味方への恩恵が無いものの、単体アタッカーとしての性能はトップクラス。
物理攻撃力アップのバフ効果を持つキャラと併用する事で長所をさらに伸ばせるのでオススメ。
高威力の火力枠は終盤でも腐る事が少なく、安定して使えるのが魅力。

 

南雲さゆき【秘密のオフショット】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理攻撃力に特化したアタッカー。
2つあるスキルの両方で自身の物理攻撃力アップ/物理会心アップを行い、必殺技では全体攻撃&2秒のスタンを付与
必殺技だけでも十分高い殲滅力を発揮出来るが、スキル効果で火力を底上げする事でより高い威力を期待出来る。
南雲さゆき【望んだ力】も同じようにトップクラスの火力枠ではあるものの、全体攻撃ではなく範囲攻撃持ちなので殲滅力ではこちらの方が上。
ただし、ボス戦などに対しては火力だけでなく回復能力持ちの前述したキャラの方が上。
高火力かつ殲滅力に特化したタイプを欲しているのなら迷わず獲得をオススメ。
最大火力を発揮するまでに若干時間が掛かるとはいえ、高火力の全体攻撃は魅力的。

 

仁科メル【神楽蒔き】
キャラ性能&個別評価

後衛の魔法タイプ。
スキル/必殺技の対象が全て単体となっており、最もHP割合の低い敵/最も攻撃力の高い敵/4番目に近い敵と攻撃対象が全て指定されているのがポイント。
スキルはシンプルにダメージがメインとなっており、必殺技で豊富な状態異常を付与。
毒/火傷/スタン/封印といった継続ダメージ~行動制限まで行える為、単体の敵に対しては優秀。
またケーシャ【禍根断つ黄金】は火傷状態の敵にダメージ増加のスキルを持つので相性が良い。
とはいえ火傷/封印なら天花寺サヤ【天つ魂の使者】が範囲攻撃と同時に撒ける分、使い勝手は上。
後衛と中衛で場所が違うものの、全体的に性能で劣る事を考えればこのキャラの優先度は低め。

 

真宮寺ヒカリ【夏日陰を拭う】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

2体目の真宮寺ヒカリは水着姿で登場。
魔法タイプの後衛キャラ。
スキルは自身の行動速度アップ&TP回復、ランダムな敵に火傷付与と直接的なダメージソースは無い。
また必殺技では全体攻撃&火傷付与と、継続ダメージに特化した性能となっている。
継続ダメージを付与する事で高耐久の敵に対して安定したダメージを与えられる点は評価。
メインクエストを攻略するだけなら正直そこまでの必要性は無いものの、高難易度のコンテンツで火傷/毒が入るボス/強敵に対しては大活躍。
そのうえ必殺技の回転率が早いので雑魚処理要員としても運用可能。
ただし瞬間的な火力を出したいなら川澄カグヤ【踏み鳴らす熱き砂】/藤浦ヒナタ【風紀紊乱に鉄槌を】をオススメ。

 

天花寺サヤ【掲げる刃の誇り】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理攻撃力の高い前衛タイプ。
最も魔法攻撃の高い敵を狙って攻撃を行うスキルを持ち、自身の行動速度/物理会心アップのバフを保有。
必殺技では前から4番目の敵を中心とした範囲攻撃&自身のTP回復が可能。
必殺技の回転率が速く、手数の多さが特徴。
魔法タイプの敵を優先的に攻撃出来る為、使いどころによっては便利。
また敵の位置次第で使い勝手は変わるものの範囲攻撃持ちで殲滅力も高め。
単体/複数のどちらにも対応出来るので物理アタッカーとして汎用性が高いタイプ。
しかし全体攻撃持ちの南雲さゆき【望んだ力】/南雲さゆき【秘密のオフショット】などの方が使い勝手は上。
攻撃力自体は非常に高いので是万道アゲハ【孤高の聖蝶】のようなバッファーと併用して運用したい。

 

土蜘蛛【闇より深き双眸】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

スキル/必殺技の攻撃対象は全て2番目に近い敵。
前衛を先に潰すのであれば最も近い敵を狙うキャラとの組み合わせが必須
スキル自体はシンプルに火力も高く、何より追加効果で暗闇/スタンを付与出来る。
さらに必殺技では暗闇状態の敵に対して追加ダメージを与えられるなど、条件さえ満たせば手数も多い。
自身で暗闇効果を付与するのも当然有りだが、範囲内の敵に暗闇を撒ける恵諏訪ルリラ【盲目の聖人】と組み合わせる事でより使用感が向上する。
そもそも攻撃力自体も高く、是万道アゲハ【孤高の聖蝶】/緋村アンリ【鎮めるもの】といった物理火力を底上げ出来るようなキャラとも合わせやすいのがポイント。
前述した恵諏訪ルリラがいなくても最大火力までの条件は満たせるので単体でも十分優秀。

 

【澱を払う袖】泉アリサ
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理タイプの前衛キャラ。
最も近くの敵を攻撃&回避ダウン、前方範囲への必中攻撃のスキルを保有。
回避能力が高く、ダメージを与え辛い敵に対して高い効果を発揮するタイプ。
ただスキルの威力自体はそこまで高くなく、火力枠としては他キャラに比べると見劣りする。

必殺技の威力は高く、同時に火傷効果による継続ダメージも付与可能。
序盤では恩恵を得にくく、回避ダウン/必中攻撃が活きるのは後半。
その為、序盤では南雲さゆき【望んだ力】/天花寺サヤ【暁鴉乱舞】/川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】といったシンプルな高火力物理アタッカーの方が使いやすい。

 

或田エリイ【勇気を出して】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

中衛の魔法アタッカー。
自分自身へ会心率アップを付与し、必殺技で特大威力の単体攻撃を行うキャラ。
元々単体火力が高いうえに必殺技はクリティカル時に極大ダメージに威力増加
会心率アップのバフがあるとはいえ、火力が確立に左右されるのは若干のネックポイント。
しかし魔法タイプで単体火力の高いキャラは貴重な為、編成幅を広げる為に獲得しておくのも有り。
魔法攻撃力アップ&回復能力の高い宇佐美みく【新たなる未来】、物魔両方の火力増加を行える是万道アゲハ【孤高の聖蝶】などと組み合わせる事で火力の安定化を図れる。
必殺技発動時にクリティカルが発生した際はトップクラスの火力を発揮出来るのでロマン砲としても運用可。

 

天花寺ムウ【退魔士協会No.1】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

自身に攻撃力アップ&会心アップを付与出来る継続火力の高い単体アタッカー。
シンプルな火力だけで言えば川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】/南雲さゆき【秘密のオフショット】等に劣るものの、元々物理防御力が高く前衛キャラとして場持ちしやすいのは大きなメリット。
また攻撃と同時にスタン付与が出来るなど、行動制限も行えるので使い勝手は割と良い。
とはいえトップクラスの性能を持つキャラかと言われるとそうでもなく、単体火力のみに特化したキャラ。
やはり優先すべきは味方への影響力が大きい上位キャラがオススメ。

 

吉良きらり【きらめく希望】
キャラ性能&個別評価

物理火力の高い前衛キャラ。
自身にHP吸収/行動速度アップを付与し、最も物理攻撃力の高い敵を優先して攻撃を行う。
最も攻撃力の高い敵を先に潰す事でパーティへのリスクを減らせる点は大きなメリット。
必殺技は最も近くの敵にダメージ&物理攻撃力大ダウンを付与
スキル構成は全て単体のみなので、対複数の敵を相手にするのは苦手
逆に物理火力の高い単体ボスを相手にする場合はデバフ効果も相まって非常に活躍。
若干使いどころに困る場面もあるものの刺されば強いタイプ。

 

慶苑風子【湧き出る衝動】
キャラ性能&個別評価

物理攻撃に特化した前衛キャラ。
スキル効果で自身の物理攻撃力を特大アップ、最も物理攻撃力の高い敵にダメージと火力特化の性能。
ただし火力バフを獲得した際には物理防御ダウンのデメリットもあるので注意。
必殺技は非常に火力が高く、物理攻撃力の高い敵を優先して攻撃
さらに物理防御を大ダウン出来るなど他アタッカーの火力補助も可能。
南雲さゆき【望んだ力】/川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】といった物理火力の高いキャラと組み合わせて運用するのが理想。

 

真土那怜子【艶麗の癒し手】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法タイプの後衛キャラ。
サポート能力に優れた性能となっており、スキルで最もHP割合の低い味方にHP&TP回復が可能。
また必殺技では全体回復を行えるなど、回復能力に特化した性能を誇る。
ダメージソースは最も近くの敵への単体攻撃と特筆すべきものではない。
ヒーラーとして高い性能を誇るものの、宇佐美みく【新たなる未来】にはやや劣る。
前述した宇佐美みくを確保しているのであれば優先度は下がるが、回復役を2体編成する事でパーティの生存率が大きく伸びる。
余裕があるのなら確保しておいて損はないタイプ。
回復以外の出来る事が少ない点はネック。

 

鈴峰彩花【プールサイドの女神】
キャラ性能&個別評価

物理攻撃力が高い後衛キャラ。
後列から敵の前衛/後衛に対して攻撃を行える変則的アタッカー。
後衛キャラの中でも火力が高く、自身で物理会心/命中バフも付与可能。
必殺技では行動速度の低下も付与出来るなど、補助能力も優秀。
高火力の物理タイプは基本的に前衛が多く、後衛は魔法タイプがほとんど。
その為、物理縛りの編成で火力特化のパーティを作る際には獲得をオススメ。
また朝霞イブ【異能との架け橋】のような補助能力特化型のキャラを前衛に置く場合にも便利。
最優先での入手とは言えないが、高火力を後列から出せるのは優秀。

 

ケーシャ【質実剛健】
キャラ性能&個別評価

高い攻撃力を誇る前衛アタッカー。
最も近い敵を優先して攻撃すると同時に火傷を付与出来る必殺技/スキルを保有。
さらに自身の攻撃力アップも行えるなど、全てが自己完結したスキル構成で使いやすい。
特に継続ダメージを与えられる火傷は高耐久の敵に対して安定したダメージを与えられる。
単体アタッカーとしての性能は川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】と同等。
火力枠を優先して獲得したいのであれば十分実用レベルのキャラ。

 

馬酔木瀬名【邪を引き裂く六閃】
キャラ性能&個別評価

物理火力の高い前衛アタッカー。
必殺技は前方範囲内の敵に対して攻撃、さらに物理攻撃力ダウンのデバフ付き。
スキルは自身に物理攻撃力/命中/行動速度アップと全て自己バフ。
瞬間的な火力だけで言えば上位キャラには見劣りするものの、DPSでは負けていない。
継続的な火力は高く、短期決戦よりも長期戦において活躍を見込めるタイプ。
範囲攻撃も持ち合わせており、序盤の火力枠としては優秀。

 

神沼月子【桃月の蠱惑】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

最も魔法攻撃が高い敵を攻撃&HP吸収、最も魔法攻撃が高い味方のTP回復が可能な中衛キャラ。
必殺技は敵全体を対象とした魔法攻撃力ダウン&物理防御力ダウンの効果。
被ダメージを下げ、味方の火力補助を一手で行えるのは大きな魅力。
火力自体も高く味方への補助もバランス良くこなせなど使いやすい。
ただしTP回復を行う事が出来るのは魔法攻撃力型最も高い味方に対してなので、必殺技の回転率を底上げしたいキャラは若干編成による調整は必要になる。

 

是万道カガリ【識るは易し】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

物理防御力の高い中衛タイプのサポートキャラ。
戦闘能力自体は低く、最も物理防御力の高い味方に対して命中率アップ、最も物理攻撃力の高い味方に対して回避アップとバフ付与に特化。
さらに必殺技で味方全体に行動速度アップを付与出来るなど、パーティのDPSアップにも貢献。
自身はダメージソースが少なく、火力枠として運用は厳しい
また直接的に火力/防御力を補助するよりも命中/回避アップといった間接的な部分の補助を得意とするので正直序盤での優先度は低め。
物理防御力自体は高いが、耐久力を求めるなら他キャラを狙った方が効率的。
リセマラで狙うのであれば緋村アンリ【鎮めるもの】のようなアタッカー/火力補助が得意なキャラを狙うのがオススメ。

 

白石織姫【天掛ける川を仰いで】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出より排出

後衛の魔法タイプ。
魔法攻撃力/魔法防御力に特化したタイプ。
物理防御力が低めに設定されている為、物理タイプの敵とは相性が悪い。
スキル/必殺技は単体/範囲攻撃となっており、単体/複数の敵どちらにも対応可能。
さらにその全てでスタン効果を付与出来るなど行動制限の効果も保有。
ただし必殺技に関しては敵が魔法タイプの時のみスタンを付与出来るので、メインは魔法キャラへの対策用。
汎用製の高さでは上位キャラに劣るものの、魔法タイプへの対策要員としては優秀。
ケーシャ【白花の祝詞】と組み合わせて運用する事で魔法攻撃に対して強固な守りを獲得出来る。
ただしリセマラ時に狙うほど優先度は高くない。

 

ケーシャ【白花の祝詞】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法防御力に特化した前衛キャラ。
全キャラ中屈指の魔法防御力を誇り、スキルで自身を含む味方の魔法防御力アップ&HP回復が可能。
必殺技では全体攻撃&魔法攻撃力特大ダウンを付与出来る為、魔法タイプの敵には滅法強い。
反面、物理タイプの敵に対しての対策などが全く無い点はネックポイントといえる。
物理タイプの壁役である庵条ライラ【秘められし清純】等と組み合わせると物魔両方に対して高い耐久力を発揮出来るので編成には気を付けるようにしたい。
他にも朝霞イブ【異能との架け橋】/恵諏訪ルリラ【盲目の聖人】との編成がオススメ。
性能的にはややピーキー。
汎用性が高いタイプとは言えない。

 

川澄ミコト【摩伽羅と共に】
キャラ性能&個別評価

貴重な魔法タイプの前衛キャラ。
スキルで魔法会心アップの自己バフを獲得し、スキルでは最も遠い敵に攻撃を行う。
攻撃時に会心が出た場合には追加ダメージを与えられるなど火力面に優れた性能を誇る。
さらに必殺技では最も近い敵に攻撃&魔法防御力ダウンのデバフを付与。
火力補助が無くとも自身で火力を底上げ出来るが、元々の攻撃力が若干低い点には注意。
宇佐美みく【新たなる未来】/是万道アゲハ【孤高の聖蝶】などと組み合わせるなど編成次第では十分火力枠として運用出来るものの、単体だと優先度はそこまで高くはない。
ただ魔法メインの編成を行う場合、前衛は貴重なので狙っておくのも有り。

 

リリアナ【異世界より愛を込めて】
キャラ性能&個別評価

※ピックアップガチャより排出

魔法攻撃力が高い後衛キャラ。
必殺技で全体攻撃&魔法防御力合ダウン&命中ダウンを付与。
スキル効果では物理攻撃力の高い敵を狙って攻撃&魔法防御力ダウンが可能。
魔法攻撃に特化した性能となっており、デバフ効果も相まって火力はかなり高め。
さらに自分より前の味方に対して魔法攻撃力アップ&魔法会心アップを付与出来る為、リリアナ【異世界を統べし女王】など前衛/中衛で魔法タイプのキャラと組み合わせるのがオススメ。
魔法タイプの火力を大きく底上げ出来る性能は魅力だが、手持ちのキャラ数が少ない段階では恩恵を得にくいのだけがネックといえる。

 

泉アリサ【霊撃格闘術】
キャラ性能&個別評価

魔法攻撃力の高い中衛アタッカー。
自身に魔法会心アップのバフを付与し、最も近くの敵に魔法ダメージ&火傷付与のスキルを保有。
その為、高耐久の敵に対して安定したダメージを与えられる。
必殺技では最も近くの敵に攻撃しつつ魔法防御ダウンを付与可能。
慶苑梓【美意識のままに】/リリアナ【異世界より愛を込めて】のような魔法アタッカーと組み合わせると火力補助も行えるので便利。
ただし自身の物理防御力は非常に低く、相手次第では一気に落とされかねない
物理防御のカバーを行うか、回復役は必ず編成しておこう。

 

真宮寺ヒカリ【鈴蘭と共に】
キャラ性能&個別評価

後衛アタッカー。
必殺技による範囲攻撃は敵が物理タイプなら与ダメージアップ
スキル効果では最も遠い敵に対して必中攻撃を行えるなど、後衛を先に潰しておきたい場合に便利。
また範囲攻撃は他スキルでも行える上に行動速度ダウンの効果も付与可能。
効果量自体はそこまで多くはないものの、相手に行動遅延を僅かでも与えられるのは大きい。
火力も高く、範囲アタッカーとして高い性能を誇るので序盤で獲得しておくのも有り。

 

桜のぞみ【桜舞う】
キャラ性能&個別評価

物理/魔法防御力の高い前衛タイプ。
攻撃力はそこまで高くは無く、どちらかというと戦闘を補助するような性能のキャラ。
必殺技では範囲攻撃&スタン、スキル効果では自身の周囲にHP中回復を行えるなど攻守の両方をサポートしてくれる。
特にスタンは敵の行動制限として戦闘を大きく優位に運べるので強力。
メインヒーラーとしては弱いが、サブヒーラーとしてなら十分運用可能。
どんな編成にも組み込みやすいキャラではあるが、一番最初に狙うキャラとしてのインパクトは弱い。
2番手/3番手に狙うにはオススメ。

 

リリアナ【異世界を統べし女王】
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃が得意な中衛魔法キャラ。
必殺技での範囲攻撃は同時に火傷を撒ける為、継続火力も高め。
スキルではシンプルな範囲攻撃、魔法攻撃力中ダウンを付与可能。
相手が魔法タイプなら味方の被ダメージ軽減に貢献出来るが、汎用性が高いタイプとはいえない。
ただし火傷を付与出来るキャラは少なく、星3キャラでは他にケーシャ【質実剛健】のみ。
さらにケーシャに関しては単体への火傷付与となっており、その点では優位。

 

朱雀美海【敬慕される導師】
キャラ性能&個別評価

前衛タイプのアタッカー。
必殺技では最も近くの敵を優先して攻撃し、同時に自身へ物理攻撃力アップを獲得。
スキル効果では3番目に近い敵を攻撃&物理攻撃力ダウン(小)を付与、味方全体に物理攻撃力アップを付与出来るなど火力枠と火力補助の役割を兼ねる便利キャラ。
ただし魔法キャラに対しては火力バフを付与出来ず、編成は物理特化になる点がネック。
またダメージソースがあるものの、他キャラの方が攻撃力/スキル威力が高いので優先度は低め。
強力な物理アタッカーを確保しているのであればシナジーを得やすいが最優先で獲得するような性能とはいえない。

 

振袖シュリ【妖美な呪術師】
キャラ性能&個別評価

後衛の魔法アタッカー兼デバッファー。
必殺技/スキル効果は全て最もHPが高い敵を対象としており、物理攻撃力/行動速度/魔法防御力ダウンの追加効果を付与出来る。
ただし敵が物理タイプで無ければ効果が無かったり、味方に魔法タイプがいなければ恩恵が少なかったりと汎用性が高い性能とはいえないのがネック。
当然刺さる場所/編成次第では高い効果を発揮してくれるが、若干使い辛くはある。
手持ちキャラが揃って来た時にこそ真価を発揮してくれるタイプ。

 

嵐優子【政府からの使者】
キャラ性能&個別評価

攻撃力こそトップ層のキャラに比べると低いものの、会心時に威力が上がるスキル/自身の物理会心を底上げ出来る前衛キャラ。
最大火力自体は高めに設定されているものの、会心頼りな点で若干安定しないのがネック。
それなら上位火力枠である南雲さゆき【望んだ力】/川澄カグヤ【最強のフリー退魔士】/ケーシャ【質実剛健】を狙った方がアタッカーとしての性能は高い。
特筆すべき唯一無二である部分が会心特化であり、さらにその恩恵も微妙。
あえて優先する必要性は無い。

 

庵条ライラ【秘められし清純】
キャラ性能&個別評価

必殺技による単体攻撃は同時に物理防御力ダウン(大)を付与可能。
スキルでは物理攻撃力ダウン(小)、自身に挑発&物理防御力アップ(大)を獲得出来るなど壁役としての活躍も見込めるタイプ。
ただし挑発効果でヘイトを上げれば攻撃が集中する為、回復能力持ちである宇佐美みく【新たなる未来】/桜のぞみ【桜舞う】などとの編成は必須といえる。
物理タイプの味方と相性が良く、逆に魔法タイプの敵に対しては防御バフの恩恵が薄い点には注意。
汎用性の高さと序盤に必要な火力の事を思えば後回しで問題ない。

 

総合評価

まず優先しておきたいのは物理/魔法タイプのどちらでも対応出来るキャラ。
特に上位2体はヒーラー/バッファーではありますが、汎用性が非常に高く獲得しておくと序盤から終盤まで安定して活躍してくれる事でしょう。
次点で範囲攻撃持ちの物理/魔法タイプのアタッカーを狙うようにしておけば問題ありません。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 



 




コメント

“【クリムゾン妖魔大戦】リセマラ当たり最強星3キャラランキング” への5件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    属性別のランキングが見たい

  2. 名無し より:

    限定キャラは現状ゲットできないからランキングからは抜くべきでは…
    まぁ今後次第ではありますが…

  3. 匿名 より:

    ハフバではじめました。頼りになります。

  4. クリムゾン初心者 より:

    鈴峰彩花【プールサイドの女神】が入ってないようですが、ランク外?なのでしょうか・・・

    • 管理人 より:

      ご指摘ありがとうございます!
      記載の方が抜けていたようで、混乱させてしまい申し訳御座いません。
      追記の方、完了致しましたので参考にして頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。