【KOF’98UMOL】リセマラ当たり最新最強LRキャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【KOF’98UMOL】リセマラ当たり最新最強LRキャラランキング

【KOF’98UMOL】リセマラ当たり最新最強LRキャラランキング

「THE KING OF FIGHTERS ’98UM OL(キングオブファイターズ98アルティメットマッチオンライン)」のリセマラ(ガチャ)にて最優先で狙うべきおすすめLRキャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!






 
 

 
 

LRキャラ最強ランキング

1位:Mr.KARATE
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:5292
・防御:1316
・HP:26989
・クリティカル率:3%
・クリティカル減少率:7%
・クリティカルダメージ:5%
・ガード率:7%
・貫通率:3%
・ガード強度:5%
・ダメージ増加率:12%
・ダメージ減少率:18%

【スキル】
・スキル攻撃:誓烈拳
無数の突きで、敵単体にダメージを与え、40%の確率で眩暈効果を付与する。
自身のカウンター率を50%増加させ、自身の最大HPの8%を回復する。
「戦鬼」効果が発動すると、
毎ターン必ずスキルを発動するように成る。
【敵単体に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:龍虎乱舞
自身の攻撃力と防御力を25%増加させ、敵単体に連続攻撃を叩き込み、大ダメージを与える。
ターゲットの後列に40%の追加ダメージを与え、敵全体のクリティカル率を16%減少させる(攻撃力が最も高い敵格闘家は32%減少)。「戦鬼」効果が発動すると、ダメージ減少率が25%増加する。
【敵単体に400%+24のダメージを与える】

・パッシブスキル:極限攻撃生命強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:仮面の戦鬼
味方の極限流格闘家の必殺技ダメージを増加させる(ストライカーを含む:タクマのパッシブスキルとは重複不可)。
致死ダメージを受けても死亡せず、「戦鬼」効果(1ターンの間、致死ダメージを3回耐える。1回のバトルで1回のみ発動可能)が発動し、次のターン開始時に自身のデバフ、通常状態異常、困惑、挑発を回復し、怒りを500回復する。
ターンの開始時に、自身の吸収率とクリティカル率を20%増加させる。
自身のHPが少ないほど、増加量が多くなる(最大で50%まで)。

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
非常に高火力のキャラで、必殺技とパッシブスキルの性能の恩恵により敵の前衛を一瞬で葬ることが出来るのがメリット。
単体攻撃のみではあるが、それ故に確実に葬ってくれる程にその火力は高い。
その上、スキルに関してもめまい付与カウンター率50%と脅威の攻撃型。
防御面においても驚異的で、3回までなら致命的な攻撃を受けても耐えられる上、その後には必殺技によりHP吸収を行って半分くらいまでは余裕で回復出来る為かなりの壊れ具合。
しかし、アリーナ等で集中攻撃を受けた場合には意外とあっさりと溶けてしまう
KOFやサークルでは非常に強力な存在なので、入手した場合にはそちらメインで使うのがおすすめ。

 

2位:エリザベート
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:4708
・防御:1427
・HP:29238
・クリティカル率:0%
・クリティカル減少率:15%
・クリティカルダメージ:0%
・ガード率:15%
・貫通率:0%
・ガード強度:10%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:ミストラル
敵単体を掴み、光の衝撃波で上空へ吹き飛ばし、大ダメージを与える。
ランダムで怒りがMAXの敵格闘家1人(怒りMAXがいない場合、ランダムで敵格闘家1人)の怒りを200減少させる。
自身にシールドが付与されている場合、2ターンの間、自身のカウンター率が50%増加する:シールドが付与されていない場合、今回のスキルのダメージが50%増加する。
【敵単体に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:ノーブル・ブラン
前方に光を出し、敵横一列を攻撃し、2ターンの間、自身の攻撃力と防御力が20%増加する。
1回の戦闘で初回2回は必殺技を発動すると、2ターンの間、HPのパーセンテージが最も低い味方格闘家(該当格闘家が自身の場合、ランダムで他の味方格闘家)にシールド(シールドの強度はエリザベートの最大HPの15%で、カウンターダメージを無視し、1回のダメージでシールドが破壊された時はオーバーした分のダメージを無視する)を付与する:3回目以降に必殺技を発動すると、自身の最大HPの10%を回復する。
25%の確率でターゲットを挑発する(必殺技とスキルが発動できなくなり、強制的にエリザベートを攻撃するようになる。困惑中の格闘家は挑発を受けない)。専用武器覚醒後、効果が全面的に増加する。
【敵横一列に280%+25のダメージを与える】

・パッシブスキル:光の攻撃HP強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:光の力
敵全体の攻撃力を減少させる(覚醒レオナ、舞、オロチシェルミー、アッシュ、禍忌などのパッシブとは重複不可)。エリザベートが登場する時、シールド(シールドの強度はエリザベートのHPの80%で、カウンターダメージを無視し、1回のダメージでシールドが破壊された時にはオーバーした分のダメージを無視する)を獲得する。
シールドが付与されている間、エリザベートのダメージ減少率が25%増加し、シールドが破壊されると、自身と周囲の格闘家の怒りが100回復し、自身の状態異常と石化を回復する。エリザベートのシールドが破壊されると、自身のダメージ増加率が20%増加し、エリザベートが敵を攻撃する度に、シールドを破壊した敵格闘家(火傷、裂傷、毒などのデバフダメージやルーンの追加ダメージ、ストライカーなどで破壊された場合は、最後にエリザベートを攻撃した敵格闘家)に、当該敵格闘家の最大HPの10%の追加ダメージを与える(追加ダメージは本戦闘中、ずっと継続する)。
エリザベートは挑発と困惑を無効化する。
【敵全体の攻撃力を10%減少させる】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
敵全体の攻撃力をダウン出来るパッシブスキルを持ち、シールドも展開出来る。
シールドが1回のダメージで破壊された場合はオーバーダメージ分を無視出来る為、あぶれたダメージを受けない点も優秀。
シールドが破壊された時には味方に対しての恩恵も得られ、それだけでなく敵に対しても追加ダメージを与え続けられる点も非常に強力。
壁役としても使え、シールド破壊時にはトラップ効果のようなものも与えられる為、使い勝手はかなり良い。
個人の戦闘力も高めなので入手して育てておけば重宝するキャラ。

 

3位:レオナ コラボVer
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:4737
・防御:1416
・HP:29238
・クリティカル率:3%
・クリティカル減少率:7%
・クリティカルダメージ:5%
・ガード率:3%
・貫通率:7%
・ガード強度:5%
・ダメージ増加率:12%
・ダメージ減少率:18%

【スキル】
・スキル攻撃:Xキャリバー
上空からX型の斬撃を放ち、敵単体にダメージを与え、ターゲットのバフを打ち消す。
登場開始の2ターンの間、スキルを発動すると、ターゲットに裂傷効果(2ターンの間、治療率が50%減少し、毎ターン最大HPの8%の追加ダメージを付与する。裂傷効果によるダメージは怒りが回復しない)を付与し、ランダムで味方2人のダメージ減少率を15%増加させる。
3ターン目からはスキルはボルティックランチャーに切り替わり、真空のエネルギー弾を生み出し、敵単体にダメージを与え、ターゲットのバフを打ち消す。味方のHPが最も少ない格闘家のHPを与えたダメージの50%分回復させ、ランダムで敵格闘家2人のダメージ増加率を15%減少させる。
【敵単体に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:スラッシュセイバー
相手を何度も斬りつけ爆破させて、敵単体に大ダメージを与え、2ターンの間、自身の攻撃力と防御力を25%増加させる。
登場開始から2ターンの間、必殺技を発動すると、2ターンの間味方全体に致命効果(ターゲットのHPが50%以上の場合、ダメージが25%増加)を付与し、ターゲットのダメージ増加率、ダメージ減少率と怒り回復速度を20%減少させ、ターゲットを倒せなかった場合、本ターンは必ずスキルを発動するようになる。
3ターン目から、必殺技を発動すると、2ターンの間、味方全体に斬殺効果(ターゲットのHPが45%未満の場合、ダメージが20%増加)を付与し、ターゲットの周囲の敵格闘家に40%のダメージを与え、敵を倒した場合、本ターンは必ずスキルを発動するようになる。
専用武器覚醒後、効果が全面的に上昇し、攻撃対象が敵格闘家のHPによって変わるようになる。
【敵単体に400%+24のダメージを与える】

・パッシブスキル:ヒロインズ攻撃HP強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:ネコの力
自身のダメージ増加率とダメージ減少率が増加する。レオナコラボVerが登場する時:レオナコラボVerが前列にいる場合、自身のクリティカル減少率と必殺技耐性が15%増加し、ダメージを受けると、怒りが追加で40回復する:レオナコラボVerが後列にいる場合、自身のクリティカル率と必殺技ダメージが15%増加し、攻撃時に怒りを追加で80回復する:登場する時、味方が自分のみの場合、上記の効果を全部獲得する。
2ターン目から、毎ターン開始時に40%の確率で1ターンの間、ランダムで敵格闘家1人にランダムな行動制限効果(めまい、麻痺、凍結、沈黙、魂燃焼)を付与し、自身のHPが25%以下の場合、40%まで回復する(1回の戦闘で最大9回まで発動可能)。
戦場にいる敵格闘家が多いほど、付与する確率は高くなる(最大で80%まで)。
レオナコラボVerが登場する時、味方(ストライカーを含む)に女性格闘家が2人以上いると、自身の行動制限耐性が50%増加する。
【自身のダメージ増加率とダメージ減少率が15%増加する】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
・レオナのコラボVer。
パーティ全体のダメージを増加させる致命/斬殺効果は非常に強力で、自身の火力だけでなくパーティ全体に影響を及ぼす効果を持つ為、一気に試合の流れを変えてくれる存在。
更に、パッシブ効果で被ダメージ+与ダメージの際にも怒りゲージを多く回復する事が出来るのでスキルの回転率アップに関しても優秀なキャラ。
その上、高確率で敵格闘家にランダムな行動制限を付与出来、戦闘でも常に優位に持って行く事が出来るのは非常に有難い。
高い能力を持ち、サポート面に秀でているので女子格闘家パーティを編成しているのであれば是非とも入手しておきたい

 
 

 
 

4位:アッシュ
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:5877
・防御:1204
・HP:23689
・クリティカル率:15%
・クリティカル減少率:0%
・クリティカルダメージ:0%
・ガード率:0%
・貫通率:15%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:テルミドール
1ターン目に必ず発動する。
緑色の球体の炎を放ち、敵単体にダメージを与える。
3ターンの間、ターゲットに「翠炎」効果(やけどダメージを与え、必殺ダメージが15%減少する。行動するたびに、アッシュの怒りが70回復する。やけどによるダメージは怒りが回復しない)を付与する。
既に「翠炎」効果が付与されているターゲットには50%の追加ダメージを与える。
【敵単体に160%+15のダメージを与える】
【敵単体に30%+15の火傷ダメージを与える】

・必殺技:サン・キュロット
全身から緑の炎を放出し、連続で上昇しながら蹴り上げ、敵横一列を攻撃し、ダメージを与える。
ターゲット列のバフ効果を打ち消し、3ターンの間「翠炎」を付与する(同時に敵全体の「翠炎」持続時間を3ターンに更新する)。
「翠炎」効果が付与された敵が多いほど、必殺技ダメージが高くなる(最大で20%まで)。
対象列に敵が1人しかいない場合、20%の追加ダメージを与える。
専用武器覚醒後、追加ダメージが上昇する。
【敵一列に280%+15のダメージを与える】

・パッシブスキル:伝説攻撃HP強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:ジョーカー
敵全体の攻撃力を減少させる(覚醒レオナ、舞、オロチシェルミーのパッシブスキルとは重複不可)。
自身に付与されたやけど効果を吸収して、攻撃力に転換することができる(毎回10%増加、最大30%まで)。
自身が最大HPの40%以上のダメージを受けた場合、または自身のHPが30%未満になった時、すぐに20%のHPを回復し、異常状態を打ち消す(1回のバトルで細大3回まで。致命傷となるダメージを受けた場合、回復効果は発動しない)。
前ターン回復効果が発動しなかった場合、本ターンの自身のダメージ増加率が15%増加する。
【敵全体の攻撃力を10%減少させる】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
・攻撃力に特化しており、中でも「翠炎」を付与出来れば固い敵であってもアッサリと倒してしまう程。
しかも敵のバフ効果、自身のデバフ効果を除去してHP回復まで行えるので耐久面でも普通に優秀。
敵の攻撃力まで下げてくれる為、正直このキャラがいるだけで勝率は大幅に上がるといえる。
対人戦だと様々な対策が施されているが、そうでなく普通にプレイするくらいであれば育成するだけしても全く損ではない。
「翠炎」効果に関しても列攻撃にて付与する為、確率も高く敵に対してはかなり脅威の存在といえる。

 

5位:サイキ
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:6087
・防御:1204
・HP:24739
・クリティカル率:15%
・クリティカル減少率:0%
・クリティカルダメージ:10%
・ガード率:0%
・貫通率:10%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:常闇ノ船
手から黒い炎を放ち、敵横一列を攻撃し、「黒炎」効果(怒り回復速度が20%減少し、2ターンの間、
毎ターン最大HPの10%のやけどダメージを受ける。黒炎によるダメージは怒りが回復しない)を付与する。
前列のターゲットの最大HPの8%、後列のターゲットの怒り200を吸収する。
【敵横一列に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:鷲羽落
敵単体を攻撃し、自身の攻撃力と防御力が25%増加する。
自身のHPが50%以上の場合、必殺技が鷲羽落となり、自身に黒炎の魂効果(2ターンの間、ダメージ増加率、クリティカル率、貫通率が20%増加する。打ち消されることができない)を付与し、
ターゲットに20%の追加ダメージ(黒炎に付与されている敵格闘家数が多いほど、この追加ダメージが大きくなる。最大45%まで)を与え、80%の確率で石化または困惑を付与する。
自身のHPが50%未満の場合、必殺技が去龍ノ澱となり、自身に黒炎の盾(2ターンの間、ダメージ減少率、ガード率、クリティカル減少率が20%増加する。打ち消されることができない)を付与し、自身のHPを15%(黒炎に付与されている敵格闘家数が多いほど、この回復効果が大きくなる、最大35%まで)回復し、ターゲットのバフ効果を奪い、自身の状態異常(特殊状態異常を除く)をターゲットに転移させる。
ターゲットがKOF歴代の主人公(京、ネスツスタイル京、火炎京、庵、暴走庵、本能庵、K’、アッシュ)の場合、サイキの怒りが200回復し、2ターンの間、行動制限耐性が80%増加する。
専用武器覚醒後、効果が全面的に増加し、味方格闘家の状態異常を打ち消すことができるようになる(ランダムで行動制限されている味方1人のみ)。
【敵単体に400%+24のダメージを与える】

・パッシブスキル:遥けし彼の攻撃HP強化
自身の攻撃力とHPが5%増加する。

・パッシブスキル:黒炎の力
味方前列のダメージ増加率、後列のダメージ減少率を増加(登場する時、味方に自身1人のみいる場合、両方とも増加:味方に本能庵がいる場合、効果が半分になる)させる。
毎ターン、ランダムにHPが満タンではない味方格闘家1人の最大HPの10%、2ターン目から毎ターン、ランダムに怒りが満タンではない味方格闘家1人の怒りを100回復(登場する時に味方に自身1人のみいる場合、効果が半分になる)させる。
登場する時、戦場にいる味方に虎、熊、蛇、亀の中に1種の闘志のみ存在しない場合、サイキが当該闘志になる(効果も獲得する):登場する時、戦場にいる味方に上記4種の闘志が全て存在している場合、
サイキが4種の闘志の一部の効果を獲得(闘志が変わらない)し、最初のターンに行動制限を無視する。

「リーダースキル」:サイキの闘志が判定された後、戦場にいる味方に上記4種の闘志が全て存在している場合、2ターンの間、味方全体の必殺技耐性を30%増加させる。(他のリーダースキルより発動優先度が高く、他のリーダースキルと重複不可)
【味方後列のダメージ減少率を14%増加させる】
【味方前列のダメージ増加率を10%増加させる】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
スキル攻撃に関しては列攻撃となっており、前列に対してはHP吸収後列からは怒りゲージを吸収出来る上に黒炎により継続ダメージも与えられる為、非常に優秀。
必殺技に関しては自身のHPの割合に応じて得られる効果が違う為、必要な時に使いたい方を出せないデメリットもあるいずれもその威力/効果は強力
HP50%以上の場合は攻撃的なバフ+追加ダメージ+石化+困惑を付与し、HPが50%以下になった場合には守備的なバフ+HP回復+バフ略奪+デバフの押し付けを行う。
あらゆる状況に対応出来る汎用性を持ち合わせている為、非常に強力なキャラ。

 

6位:本能庵
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:5637
・防御:1204
・HP:26989
・クリティカル率:10%
・クリティカル減少率:0%
・クリティカルダメージ:10%
・ガード率:0%
・貫通率:10%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:明烏
突進して爪で敵単体を切り裂き、敵単体にダメージを与え、ターゲットのHPを8%、怒りを200吸収する。
2ターンの間、ターゲットのスキル攻撃のダメージが50%減少する。
【敵単体に160%+15】のダメージを与える

・必殺技:八咫烏
下から上へと巨大な弧を描くように敵単体を切り裂き、ガード/S.ガードを無視した大ダメージを与える。
ターゲットの攻撃力、防御力、ダメージ増加率、ダメージ減少率を15%吸収し、2ターンの間、ターゲットのHP回復効果(治療効果、最大HPの割合回復効果、吸収効果を含む。この効果は通常の状態異常回復では解除することが出来ない)を50%減少させる。
専用武器覚醒後、効果が全面的に向上し、味方に火炎祓濯草薙京がいて、ターゲットがKOF歴代の最終ボス(ルガール、オメガルガール、ゲーニッツ、オロチ、クリザリッド、クローンゼロ、イグニス、
無界、禍忌)の場合、火炎祓濯草薙京が乱入してきて、敵を攻撃する(1回の戦闘につき、1回のみ発動可能)。
【敵単体に400%+24のダメージを与える】

・パッシブスキル:伝説攻撃HP強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:本源の力
味方前列の攻撃力、後列のHPを増加させる(登場時に自身のみの場合、自身の攻撃力とHPを増加する:味方にサイキがいる場合、効果が半分になる)毎ターンランダムで行動制限(凍結、麻痺、めまい、沈黙、封印、魂燃焼)された味方1人の状態異常を打ち消す。
本能庵が登場する時、味方に1種の闘志が3つ以上の場合、その闘志の効果を獲得する。
リーダースキル:本能庵が登場するとき、味方に1種の闘志が3つ以上の場合、2ターンの間、味方全体(自身も含む)のガード率を40%増加させる(イグニスのリーダースキルと重複不可)。
【味方後列の最大HPを12%増加させる】
【味方前列の攻撃力を85増加させる】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
・暴走庵、通常庵の良いところだけをくっつけたかのようなキャラ。
スキルではHP吸収+怒り吸収効果を付与、必殺技ではガード/S.ガードを無視した高ダメージを与えられる。
スキルに怒り吸収が付与されている為、回転率も良いのが魅力。
パッシブにより、味方前列/後列によってそれぞれ違う効果を付与出来るのも非常に魅力的。
基礎ステータスもLRなので高く設定されており、スキルや必殺技と相まってかなり強力。
敵がKOF歴代最終ボスという縛りはあるが、必殺技使用時に火炎祓濯草薙京が乱入して攻撃を行ってくれる点も有難い。
炎が使えなくなった方が強くなってるのはなぜか分からないが、それくらいに強力なキャラ。

 

7位:ムカイ
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:5292
・防御:1316
・HP:26989
・クリティカル率:5%
・クリティカル減少率:5%
・クリティカルダメージ:5%
・ガード率:5%
・貫通率:5%
・ガード強度:5%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:破石撃
敵単体にダメージを与え、2ターンの間、相手の防御力を50%減少させる。
35%の確率で相手にめまい効果を付与する。
もし相手が石化状態にかかったことがある場合、40%の追加ダメージを与える。
転生後、毎ターン必ずスキルを発動するようになる。
【ターゲットにに160%+15のダメージを与える。】

・必殺技:死界
敵全体にダメージを与え、ランダムで敵2体に30%の確率で石化効果(1ターンの間、ガードとS.ガードができなくなり、怒りが回復せず、ダメージ減少率が15%減少する。石化効果は回復できない)を付与する。
敵が多いほど、石化効果の付与率が高くなる(最大で50%まで)。また、敵が少ないほどダメージが大きくなる。
転生後、石化したことのある敵へのダメージが40%増加する。
専用武器覚醒後、スキル効果が増加する。
【敵全体に155%+15のダメージを与える。】

・パッシブスキル:超越者攻撃HP強化
自身の攻撃力とHPが5%増加する。

・パッシブスキル:魔像転生
ムカイが死亡すると魔像状態になり、一定のHPを回復する。
1ターン後、再び本体へ転生し、魔像状態のHPを100%、怒りを200%受け継ぐ。
転生する前は、自身の行動制限率を20%増加させ、
魔像状態になると防御力とダメージ減少率が40%増加し、自身を攻撃した敵の怒りを150吸収し、転生後はダメージ増加率と吸収率が30%増加する。
自身への石化効果を無効化する。
【魔像状態になるとHPを40%まで回復する。】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
スキル攻撃は単体だが、防御力大幅ダウンや確率でめまい効果も付与
その上、一度石化にかかった事があれば追加ダメージも与えられる上に転生後には毎ターンスキルが発動する優秀なキャラ。
育て切れば非常に強力なキャラになるのでその時間をかける価値は十分にある。
ムカイに関して言えば全体攻撃や、戦闘不能時に転生を行う事も出来、生存率も火力も高い。
後々、強力な敵が出て来たとしても蘇生スキルを持っている為十分に太刀打ち出来るキャラ。

 

8位:オメガ・ルガール
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:4708
・防御:1427
・HP:29238
・クリティカル率:0%
・クリティカル減少率:15%
・クリティカルダメージ:0%
・ガード率:15%
・貫通率:0%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:グラビティスマッシュ
芽のもとまらぬ速度で突進し相手に連携攻撃を仕掛け、全身を覆うバリアを打ち放ち、敵横一列にダメージを与える。ターゲットの必殺技効果を獲得(自身の必殺技で使用可能)する。
1ターンの間、ターゲットの怒り速度を50%減少させる。
2ターンの間、40%の確率で自身の受けるダメージを40%減少させる。
戦闘開始の1ターン目に必ずスキルを発動する。
【敵横一列に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:カイザーフェニックス
天才的な格闘センスを持つオメガ・ルガールは、戦闘中に相手の技を会得しながら戦う。
2ターンの間、敵が発動した必殺技が多いほど、攻撃力と防御力が高くなる(攻撃力、防御力が20%増加。最大で30%まで)。
カイザーフェニックスを連発し、敵横一列にダメージを与え、スキルで獲得した敵の必殺技効果を付与し、更に自身の防御力に応じた追加ダメージを与える。
専用武器覚醒後、攻撃力と防御力の増加量、基本ダメージ、追加ダメージ全てが上昇する。
【敵横一列に280%+25のダメージを与える】

・パッシブスキル:ΩHP攻撃強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:不死身
自身の格闘センスを発揮し、敵の行動制限効果(めまい、麻痺、凍結、沈黙、魂燃焼)を無効化する。
自身が出場する時とき、敵味方双方のUR以上の格闘家が3人以上いる場合、死亡時にオロチの血で必ず1回復活する。(怒りは50%引き継ぐ)
【20%のHPで回復する】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
・敵の技を習得し、敵の怒りゲージ増加率を減少+自身の受けるダメージを確率で40%減少させる。
被ダメージ減少の効果は確実ではないが、敵から技を奪う事で戦闘を有利に出来るのは魅力的。
ただ、必要としない技を盗んでしまうと無駄になってしまうので注意。
尚、敵が発動した必殺技が多ければ多いほど自身のステータスをアップに繋がるが、正直あえて狙う必要はないかも。
その分、自分がピンチになってしまう為、狙い過ぎるのはデメリット。
敵味方でUR以上のキャラが3人以上いる時限定とはいえ必ず戦闘不能時に復活するスキルは魅力的なものの、すぐに回復しないと最大HPの20%分しかなく復活も空しくやられてしまう
必殺技も範囲で攻撃出来るので優秀ではある。

 

9位:禍忌
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:4498
・防御:1639
・HP:29089
・クリティカル率:5%
・クリティカル減少率:15%
・クリティカルダメージ:0%
・ガード率:15%
・貫通率:0%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:14%
・ダメージ減少率:18%

【スキル】
・スキル攻撃:ディメンジョンスフィア
次元を操って変則的に飛ぶ球体を放ち、敵横一列にダメージを与え、敵前列の状態異常(困惑、挑発、特殊状態異常を除く)をコピーして敵後列に付与し、敵前列のバフ効果を打ち消す。
自信の防御力*200%のHPを回復する。
前のターンにスキルを発動しなかった場合、次のターンに必ずスキルを発動する。
【敵横一列に160%+15のダメージを与える。】

・必殺技:ユニバース・ディストーション
周囲の空間にゆがんだ衝撃波を放ち、ランダムで敵3体にダメージを与え、50%の確率でターゲットに困惑効果(必殺技とスキルが発動出来なくなり、強制的に禍忌を攻撃するようになる。禍忌が攻撃を受けると、その敵のバフ効果をコピーする。挑発されている格闘家に困惑を付与することができない)を付与する。
ターゲットが困惑状態にならなかった場合、禍忌の防御力*200%の追加ダメージを与える。
命中した敵が少ないほどダメージが多くなる(最大で100%まで)。
2ターンの間、自身のダメージ増加率とダメージ減少率が20%増加する。
専用武器覚醒後、効果が全面的に上昇し、困惑状態の敵のHPを吸収するようになる。
【ランダムで敵3体に200%+12のダメージを与える。】

・パッシブスキル:遥けし彼の攻撃HP強化
自身の攻撃力とHPが5%増加する。

・パッシブスキル:時空の歪み
禍忌が登場した時、敵全体の攻撃力を減少(覚醒レオナ、舞、オロチシェルミー、アッシュのパッシブスキルとは重複不可)させる。自身の防御力が20%増加し、ダメージを受けるたびに5%増加する(最大で6回まで重複可能)。
禍忌が死亡すると、禍忌を倒した敵のダメージ増加率、ダメージ減少率と怒り回復速度を50%減少させる(NPCへの効果は大幅に減少する)。
禍忌には困惑、挑発効果が効かない。
1ターン目に全てのデバフ効果を無効化する。
【敵全体の攻撃力を10%減少させる】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
・困惑のデバフ効果が非常に強力でバフ効果をコピー出来る為、敵が付与効果を多くかけていればかけている程高い効果を得られる点も魅力。
困惑状態にならなかった場合でも防御力依存の追加ダメージを与えられるので、いずれにせよ敵に対しては大きなデメリットを与えられる。
登場時にはパッシブ効果で敵の攻撃力を下げられる上に、自身の防御力も最大50%アップする。
被ダメージ減少は勿論の事、壁役としてもかなり優秀な存在。
戦闘不能時にも敵に対してマイナス要素を多く付与出来る為、最後の最後まで敵に食らいついてくれるところも有難い。

 

10位:火炎祓濯草薙京
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:5637
・防御:1204
・HP:26989
・クリティカル率:10%
・クリティカル減少率:0%
・クリティカルダメージ:10%
・ガード率:0%
・貫通率:10%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:15%
・ダメージ減少率:15%

【スキル】
・スキル攻撃:百式・鬼焼き
炎を纏って一回転しながら上昇し、敵単体を攻撃し、京の炎効果(火炎戦場以外の場合、2ターンの間、毎ターンターゲットに最大HPの8%のダメージを与え、効果が消える時に自身の最大HPの8%を回復する:火炎戦場の場合、効果はずっと続き、毎ターンターゲットに最大HPの12%のダメージを与え、効果が打ち消されると、2ターンの間、ターゲットのダメージ増加率とダメージ減少率を20%減少させる。京の炎によるダメージは怒りが回復しない)を付与する。
自身の状態異常を打ち消し、2ターンの間、自身に「炎の盾」効果(カウンター率と吸収率が30%増加)を付与する。
火炎戦場の場合、必ずスキルを発動する。
【敵単体に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:裏百八式・大蛇薙
巨大な炎で敵横一列を薙ぎ払い、ダメージを与える。
2ターンの間、自身のダメージ増加率とダメージ減少率を20%増加させる。
ターゲットに京の炎効果を付与し、メインターゲットに追加ダメージ(メインターゲットの怒りが多いほど追加ダメージが高い)を与る。
ターゲットの錨を200減少させ、1ターンの間、怒り回復速度を90%減少させる。
専用武器覚醒後、効果が全面的に上昇し、味方に本能庵がいて、ターゲットが一人のみの場合、本能庵が乱入してきて、敵を攻撃する(1回の戦闘に付き、1回のみ発動可能)。
【敵横一列に300%+24のダメージを与える】

・パッシブスキル:伝説攻撃HP強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:火炎祓濯
味方全体の火属性格闘家の必殺技ダメージを増加させ(ネスツスタイル京、柴舟のスキルとは重複不可)、自身に対するすべての火傷効果を無効化する。
KOF歴代の最終ボス(ルガール、オメガルガール、ゲーニッツ、オロチ、クリザリッド、クローンゼロ、イグニス、無界、禍忌)を倒す毎に必殺技ダメージと必殺技耐性が15%増加(最大で60%まで)する。
必殺技を初回発動すると戦場が火炎戦場となり、自身の攻撃力と防御力が20%上昇し、やけど効果が
付与されている敵格闘家のダメージ減少率とクリティカル減少率が10%減少する。
火炎戦場で味方に火炎祓濯草薙京がいる限り、ターン開始時に自身の最大HPの12%を回復し、味方の火属性格闘家の最大HPの6%を回復させる。
敵及び味方の火炎祓濯草薙京が全て死亡した場合、戦場は元に戻る。
火炎祓濯草薙京が登場する時、味方が1人のみの場合、すぐ火炎戦場になり、怒り回復速度が20%上昇する。
【味方の火属性必殺技のダメージが25%増加する】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
・火傷効果に特化したキャラで、「炎の盾」によるカウンター効果+高い吸収率を持つ為HP維持がしやすく終盤まで十分生き残ってくれる生存率の高さ。
その上、必殺技を使用した際には火炎戦場にフィールドが変化して自身のステータスアップ、火傷効果アップ、HP持続回復等の追加効果を得られる為非常に強力。
それだけでなく、敵格闘家のダメージ減少率なども下げられる為火力に関しては大幅にアップすると思って良い。
火属性の格闘家でパーティを組んでいる場合には非常に相性が良い為、是非とも入手しておきたいキャラ。
LRの為、育成が困難なのは言うまでもないがそれでも入手しておいて損は無い。

 

11位:ゲーニッツ(女)
解説

【ステータス】
・レア度:LR
・攻撃:5637
・防御:1204
・HP:26989
・クリティカル率:10%
・クリティカル減少率:5%
・クリティカルダメージ:5%
・ガード率:0%
・貫通率:10%
・ガード強度:0%
・ダメージ増加率:17%
・ダメージ減少率:13%

【スキル】
・スキル攻撃:わんひょう とこぶせ
指を鳴らし、多数のかまいたちを発生させて敵単体にダメージを与え、ターゲットに最大HPの10%の追加ダメージを与える。
2ターンの間、敵全体のクリティカルダメージとガード強度を20%減少させる。
ゲーニッツ(女)がスキルを発動する度に、攻撃力が10%(最大30%)、スキル発動率が15%(最大45%)増加する。
【敵単体に160%+15のダメージを与える】

・必殺技:やみどうこく
強烈な竜巻を起こして敵横一列にダメージを与える。
メインターゲットに20%の追加ダメージを与え、2ターンの間、自身のダメージ増加率とダメージ減少率を15%増加させる。
1ターンの間、自身に「聖なる光」効果(行動制限、困惑、挑発、石化を無視し、ターゲットの防御力の40%<今回の攻撃も含む>を無視する)を付与する。
光が周囲の格闘家を照らし、状態異常を回復する。
専用武器覚醒後、効果が全面的に増加する。
【敵横一列に280%+25のダメージを与える】

・パッシブスキル:伝説攻撃HP強化
【自身の攻撃力とHPが5%増加する】

・パッシブスキル:息吹の嵐
ゲーニッツ(女)の攻撃は一定確率でガード/S.ガードを無視する。
「聖なる光」に照らされている格闘家が①行動制限効果を受けると、自身の状態異常を打ち消して、1ターンの間、怒り回復速度が20%増加し、照らされなくなる:②クリティカルヒットを受けると、自身の最大HPの12%を回復し、1ターンの間、怒り回復速度が20%増加し、照らされなくなる。
ゲーニッツ(女)が戦闘開始の1ターン目に必ずスキルを発動し、また行動制限耐性が40%増加する(2ターン目からもとに戻る)。
ゲーニッツ(女)が攻撃を受けた後、HPが40%未満の場合、疾風に隠れ戦場から姿を消すが、味方全体が「聖なる光」に照らされなくなる:次の味方のターンに姿を現し、前のターン的に与えたダメージの30%分のHPと怒り200を回復し、自身の状態異常を打ち消す(1回の戦闘で最大2回まで発動する)。
【35%の確率でガード/S.ガードを無視する】

・パッシブスキル:ダメージ増加
ダメージ増加率UP:5%

・パッシブスキル:ダメージ減少
ダメージ減少率UP:5%

【評価】
パッシブによる防御無視の効果等を多く保有している為、固い敵に対してもダメージを通しやすいキャラ。
メインで使っていくには装備や育成を充実させなければならない為、他のLRキャラに若干見劣りする点もあるが育成する事を見越しての入手するなら後々かなり強力なキャラになる。
パッシブ効果で戦線離脱して次回ターンに戻ってきた際にはHP回復+怒りゲージ回復を行うことが出来るのでスキルの回転率を上げる事も生存率を上げる事も可能なキャラ。
成長段階ではそこまで恩恵を感じられない為、今いるLRキャラの中では優先度は低め。
何より、中華版とは性能が違う為そこに関してもネック。

 
 

総合評価

・正直、LRキャラに関してはどれも非常に強力な性能を誇る為、早い段階で入手する事が出来ればそれだけでOKと言えます。
ただ、その分育成には時間がかかる為覚悟しておきましょう。
レアリティの低いキャラでも十分に遊ぶ事は出来ますし、ガチでやる訳でない場合にはLRキャラを入手するという点だけを目標にしてみるのもアリかも知れません。
スキルの説明の多さから見ても、LRキャラは付与効果等が多い為1キャラいるだけでも十分な戦力になり、ステータスも下位レアリティのキャラと比べても突出しています。
正直なところどれを選んでも当たりと言えるでしょう。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新
 

  • 名前:THE KING OF FIGHTERS ’98UM OL
  • 会社:OURPALM CO.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 
 

 
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。