【炎ジョイ・舞遊烈伝】リセマラ当たり星5武将キャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【炎ジョイ・舞遊烈伝】リセマラ当たり星5武将キャラランキング

【炎ジョイ・舞遊烈伝】リセマラ当たり星5武将キャラランキング

「炎ジョイ・舞遊烈伝(ジョイレツ)」のリセマラ(ガチャ)にて最優先で狙うべきおすすめ星5キャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!






 
 

 
 

星5キャラ最強ランキング

1位:玉藻前
キャラ性能&個別評価

単体~複数体に対しての攻撃スキルを持ち、石化効果も付与可能。
尚且つパッシブ効果により自身の火力アップが可能。
HPが30%を下回る事でさらに大幅な火力アップを行える為、アタッカーとして非常に優秀。
ただ、その際は防御力が大幅に下がってしまうので長期戦になると若干不利。
安倍晴明等と編成する事でHP調整を行えれば強力なアタッカーとして運用可能。

 

2位:須佐之男命
キャラ性能&個別評価

全体攻撃+自身にクリティカルアップの効果を豊富に持つキャラ。
味方がクリティカル攻撃を受けるなど、クリティカルアップに条件はあるがそもそも被ダメージを避ける事は難しい為そこまで気にする事ではない。
殲滅力が高く、最終育成時にはクリティカル時に自身のHP大幅回復など復帰力も優秀。
長期戦は勿論、周回能力も高い優秀な性能。

 

3位:かぐや姫
キャラ性能&個別評価

単純に攻撃力が高いキャラ。
スキルはランダム4体攻撃となっているので、複数でも単体でも運用出来るのが有難い。
パッシブは自身の火力を底上げするもが多く、他のキャラに頼らず火力をアップ出来るのが魅力。
組み合わせを気にすることなくパーティ編成を行えるので、シナジーを考えないなら狙うのも有り。
安定した性能を持つ為、使いやすい性能。

 
 

 
 

4位:酒呑童子
キャラ性能&個別評価

全体攻撃+流血による持続ダメージを行えるキャラ。
スキル威力自体は須佐之男命に劣るが、火力アップのパッシブを多く保有。
特に、味方がスキルを使用する事で火力アップを行える為火力を維持しやすいのも有難い。
相手が浪人タイプであれば追加ダメージを行えるなど、ピンポイントで刺さる性能も魅力。

 

5位:安倍晴明
キャラ性能&個別評価

与ダメージ/被ダメージの度に自身のHPを回復出来る為、生存率が非常に高い。
それだけでなくランダム4体の敵を攻撃しながらも最もHPの低い味方を回復出来るなど、ヒーラーとしての資質も高いキャラ。
味方への回復より自身への回復能力の方が高い為、パーティの復帰力を高める場合には少し厳しい。
とはいえ、安定した回復性能を誇るキャラであるので序盤から育てておくと便利。

 

6位:源義経
キャラ性能&個別評価

高火力且つ、安倍晴明と同じように最もHPの低い味方単体を回復出来るキャラ。
火力アップのバフも多く、自身に制御無効50%アップなどの効果を得られる為安定した運用が可能。
HPが40%を下回った際には一度だけHPを攻撃力の800%回復するなど高い復帰力も見せる。
火力の分、生存率は安倍晴明よりも落ちるが火力に重きを置く場合にはオススメ。

 

7位:閻魔
キャラ性能&個別評価

HP/防御力が高いタンクタイプのキャラ。
自身にダメージ無効確率アップ/反撃/自身のHP回復など、生存率の高い性能となっている。
火力は低いものの、石化付与など戦闘において有難い性能も保有している。
攻撃力特化のアタッカーに比べて優先度は若干低めではあるが、入手しておけば後半で役立つ。
先を見越すなら入手を急ぐのも悪くない。

 

8位:沖田総司
キャラ性能&個別評価

全体攻撃+自身にクリティカルバフを付与出来るキャラ。
攻撃力はそこまで高くはない被ダメージ時に敵の防御/回避を大幅に下げられる為、味方の火力アップにも運用可能。
尚且つ、自身で反撃も行える為手数が多いのは魅力の1つ。
ただ、火力面では若干物足りない性能となっているので火力だけで見れば須佐之男命/酒呑童子を獲得しておいた方が与ダメージに期待が出来る。

 

総合評価

火/水/風/土の属性4すくみ+光と闇は互いに有利属性となります。
その為、単体アタッカー/周回要員/タンク/サブヒーラーと役割が違うキャラが光/闇属性で既に揃っているので余程好みのキャラでもいない限り他属性のキャラを優先するメリットは薄いです。

 

  • 名前:炎ジョイ・舞遊烈伝
  • 会社:MorningTec Japan Inc.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 
 

 
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。