【SHAMAN KING ふんばりクロニクル(ふんクロ)】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【SHAMAN KING ふんばりクロニクル(ふんクロ)】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

【SHAMAN KING ふんばりクロニクル(ふんクロ)】リセマラ当たり最強星3キャラランキング

「SHAMAN KING ふんばりクロニクル(ふんくろ)」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめ星3キャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!




 

 

 

最強星3キャラランキング

 

1位:[イタコのアンナ]恐山アンナ
キャラ性能&個別評価
奥義の攻撃対象は単体のみだが、追加効果が非常に強力。
味方全体へ攻撃力バフ&継続回復と攻守を一手でサポート可能。
さらにチーム内に【麻倉葉】がいると回復量アップの恩恵も獲得。
元々ステータスでもトップクラスの回復値を誇る為、回復役としての性能は高い。
攻撃力の低いキャラが手持ちに多かったとしても、攻撃力バフで十分カバー出来る。
他にも味方全体に回復/防御バフを付与出来るなどサポート能力はダントツ。
どんな編成に組み込んでも腐らずに運用出来るのは魅力的。

 

2位:[気丈にふるまえど]恐山アンナ
キャラ性能&個別評価

※恐山ル・ヴォワールガチャより排出

味方全体に攻撃力アップ、【麻倉 葉】がパーティに居る場合はさらに攻撃力アップを付与。
パーティの火力を大幅に底上げ出来る為、前述したキャラは必ず編成しておきたい。
さらに単体継続回復&状態異常回復を付与出来るなど、サブヒーラーとしても優秀。
ダメージソースは全て単体だが、奥義効果で防御力ダウンを付与可能。
複数の敵に対しては若干手が回らないものの、単体ボスに対しての火力補助はトップクラス。
汎用性を求めるならサポート能力が最も安定している[イタコのアンナ]恐山アンナを狙いたい。

 

3位:[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世
キャラ性能&個別評価
ステータスはHP/防御力が高い耐久型。
奥義は全体攻撃&出血&毒効果と2種類の継続ダメージを一手で与えられる
火力自体は低いものの、安定したダメージを与えられるので長期戦でも便利。
ホロホロのように行動制限を付与する事は出来ないが、継続ダメージも十分優秀。
何より敵全体へ継続ダメージを撒ける為、低難易度では周回要員としても活躍。
火力の低さは恐山アンナなどが持つバフ効果でカバーしたい。

 

 

4位:[オレにホレたらしもやけするぜ]ホロホロ
キャラ性能&個別評価
HPこそ低めだが、平均的なステータスにトップクラスの巫力を誇るキャラ。
また奥義では単体攻撃&凍結付与を付与してスリップダメージ&確率で行動制限も同時に可能。
[挑戦する巫力]ホロホロは敵全体を対象に凍結を行えるので、凍結性能では劣る。
しかし高い巫力値から奥義を高回転で打てる点はメリット。
特にボスなどの強敵との戦闘時には重宝する。
汎用性の高さでは前述したホロホロの方が上だが、こちらも十分優秀。

 

5位:[ジャガーの末裔]チョコラブ
キャラ性能&個別評価
単体攻撃&かなしばり効果の奥義を保有。
かなしばりによる行動制限は序盤~高難易度まで非常に重宝する効果。
[挑戦する巫力]ホロホロは敵全体に凍結をばら撒けるが、こちらは確定で行動制限が可能。
さらに味方全体に攻撃力バフを付与出来たりとサポート面に優れた性能を誇る。
火力面は物足りないものの、行動制限&攻撃バフの付与は高難易度でも重宝する。
[イタコのアンナ]恐山アンナと併用する事でパーティの火力アップに貢献。

 

6位:[ガキは嫌いよ]カンナ・ビスマルク
キャラ性能&個別評価
単体高威力の奥義を持つキャラ。
さらに自身でかなしばり(100%)&かなしばりの敵がいるなら攻撃力バフを獲得出来るなど、自己完結した性能が有難い。
他にも敵の行動速度デバフ/単体4連続攻撃など、行動制限&火力面に特化。
最短で最大火力を発揮したいのであれば[ジャガーの末裔]チョコラブ/[Soul cake]マチルダ・マティスなどのようにかなしばりを付与出来るキャラと編成しておきたい。
シンプルに使い勝手が良く、ボス戦などでも重宝するのでオススメ。

 

7位:[挑戦する巫力]ホロホロ
キャラ性能&個別評価
全体攻撃&凍結効果の奥義を持つキャラ。
攻撃力こそ低いものの、HP/防御力はトップクラス
凍結は敵にスリップダメージ&確率で行動制限となっており、序盤~終盤まで重宝する。
いかに敵の火力が高かったとしても行動制限を付与する事で脅威度は大幅に低下。
戦闘を優位に運ぶ能力として非常に優秀なのでぜひとも獲得をオススメ。
さらに奥義以外でも凍結付与のわざを豊富に持つなど、凍結特化の性能。
他にも単体防御デバフを付与出来たり、火力補助にも役立つ。
突出した火力がある訳ではないものの、戦闘の安定感を高めてくれるのでオススメ。

 

8位:[Soul cake]マチルダ・マティス
キャラ性能&個別評価
単体高威力の奥義を持つキャラ。
その他、敵単体に攻撃力デバフ/かなしばり付与も行えるなどジャマー能力も高め。
味方全体には奥義ゲージアップを付与したりと奥義回転率の底上げも可能。
かなしばり効果は[ジャガーの末裔]チョコラブ/[ガキは嫌いよ]カンナ・ビスマルクとは違って確率が50%なので注意。
確定でのかなしばりを求めるなら確率100%で付与出来る前者2体などを狙いたい。
火力/サポートをバランス良く運用出来る使い勝手の良さが魅力。

 

9位:[夕焼けの経(うた)]玉村たまお
キャラ性能&個別評価

※ふんばりダッシュミッションで星2獲得→星3レアリティ強化可能(ガチャ排出無し)

奥義による確定かなしばり、わざでは防御デバフ/単体回復&継続回復/状態異常解除などのサポート能力に特化。
ヒーラーとしての性能は[イタコのアンナ]恐山アンナの方が上。
ただし状態異常回復持ちの為、敵次第ではこちらも十分に役立つといえる。
序盤では状態異常へのカバーよりも攻撃力バフ/全体回復/防御力バフを行えるアンナの方が使い勝手が良く、汎用性が高い。
優秀なキャラだがサポート要員としては既に上位互換が居る点は残念。

 

10位:[竜の華]梅宮竜之介
キャラ性能&個別評価

※ふんばり温泉ガチャより排出

全体攻撃、ヘイトアップ、自身にカウンター&防御力アップを付与出来るわざ構成を保有。
周回要員や強敵との戦闘時に壁役としても運用出来る為、複数の役割をこなせる性能。
奥義の単体攻撃は残HPが低いほどダメージアップ&毒/出血状態の敵にもダメージアップ
前述したヘイトアップの効果でダメージアップを狙いやすく、[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世がいると一手で毒/出血を付与出来るなど相性が良い。
汎用性が高く、幅広い場所で活躍出来る性能は確保しておいても決して邪魔にならない。
最優先で狙うほどとは言えないが、性能は十分当たり。

 

11位:[おいしいご飯を]玉村たまお
キャラ性能&個別評価

※ふんばり温泉ガチャより排出

味方全体の防御力アップ、味方単体HP回復&状態異常回復、敵単体の攻撃力ダウンといった豊富なサポート能力を持つキャラ。
ヘイトアップ持ちタンク/カウンターキャラと相性が良く、自身も奥義で根性を獲得
根性は致死ダメージを受けても100%の確率で生き残る効果となっており、長期戦でのサポート要員として運用するのがオススメ。
味方全体への防御力アップ以外は全て単体を対象としており、複数体の敵やパーティのピンチ時には対応しきれない点がネック。
とはいえ、高いサポート能力はどんな編成でも使い道があるので十分実用レベル。

 

12位:[でっけー初空!]ホロホロ
キャラ性能&個別評価

※謹賀新年正月ガチャ第2弾より排出

攻撃力の高いアタッカータイプ。
体属性の奥義ダメージアップのわざを持っており、属性縛りの編成時に火力補助が可能。
また凍結/出血中の相手に対してダメージアップの奥義を持っており、なおかつ【道 蓮】と組ませると自身の凍結付与確率もアップするなど相手の状態異常次第で火力アップ。
前述したキャラとの編成も有りだが、自身での凍結付与を捨てて他キャラとの組み合わせでダメージアップを狙うのも有り。
ちなみに凍結/出血が重なっている場合にはさらにダメージアップを狙える為、パーティ編成には気を付けるようにしたい。

 

13位:[心が決めた事ゆえに]麻倉 葉
キャラ性能&個別評価

※恐山ル・ヴォワールガチャより排出

獲得奥義ゲージ+50%アップ、防御力アップの効果を持つわざを保有。
【恐山アンナ】がパーティにいると防御力アップと同時に攻撃力アップも獲得。
さらに自身がバフ中だとダメージアップのわざも保有しているなど、自己完結したわざ構成。
特筆すべきは奥義による単体攻撃となっており、浮力上乗せ時は1125%と高火力
なおかつ体属性のキャラが対象ならダメージアップと相性次第で刺さる性能も高評価。
奥義回転率が高く、編成次第で得られる攻守バフ&相性次第での高威力ダメージと条件さえ整えば火力枠として十分活躍してくれる。
攻撃力バフが無いとダメージに期待が出来ないので【恐山アンナ】は必ず編成しておきたい。

 

14位:[雪でSNOW]ホロホロ
キャラ性能&個別評価

※Xmasシーズンガチャより排出

わざ構成は単体攻撃、防御力ダウン/出血状態なら自身の獲得奥義ゲージ増加の追加効果を保有。
自身も攻撃力/技威力が高くアタッカーとして運用出来る上に味方の火力補助にも運用可能。
出血効果を持つ敵への攻撃で奥義回転率を底上げ出来る為、[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世/[笑いのめす]チョコラブ/[憑依100]道 蓮など出血スキル持ちとの編成がオススメ。
特に奥義における全体攻撃は同時に奥義ダメージアップ効果も獲得。

さらに【道 蓮】がチームにいるとダメージアップ効果が増加するので、編成するならその辺りも気を付けたい。
周回/ボス戦の両方で活躍を見込める性能となっており、汎用性の高いキャラ。

 

15位:[献身とは尊き愛]マルコ
キャラ性能&個別評価

※X-LAWSガチャより排出

トップクラスの攻撃力を誇り、自傷ダメージを得る代わりに攻撃力大幅アップのスキルを保有。
わざによるダメージソースは全て自身のHPが高いほどダメージアップとなっており、前述した自傷ダメージと若干噛み合っていない点が残念。
しかし【アイアンメイデン・ジャンヌ】をパーティに編成しているだけで奥義の全体攻撃/わざによるダメージアップが可能なので同時実装されている回復特化の[法リィガール]アイアンメイデン・ジャンヌと組み合わせて運用するのがオススメ。
最大火力を発揮するには編成の縛り/HP管理が必要なので若干使い辛い。
弱い訳ではないが、最優先での入手かと言われると微妙なライン。

 

16位:[法リィガール]アイアンメイデン・ジャンヌ
キャラ性能&個別評価

※X-LAWSガチャより排出

回復特化の性能となっており、全体回復/全体継続回復が可能。
その為、復帰力も高く高難易度で常時回復を行いながら安定案を求める場合に便利。
ダメージソースはあるものの攻撃力自体がそこまで高くはなく、対象が【かなしばり】状態でないとダメージアップの効果を得られない。
また味方全体の攻撃力ダウンも解除出来る確率は60%と確定ではない点はややネック。
【リゼルグ・ダイゼル】がいるとデバフ解除の確率も上がる為、前述のかなしばり効果と同時に条件をクリアする為にも[聖夜の名探偵]リゼルグ・ダイゼル/[郷愁のビッグベン]リゼルグ・ダイゼルのいずれかと同時に編成して運用したい。
回復能力だけでいえばトップクラスの性能。

 

17位:[聖夜の名探偵]リゼルグ・ダイゼル
キャラ性能&個別評価

※Xmasシーズンガチャより排出

わざ構成は単体攻撃/全体攻撃と使いやすく、追加効果でかなしばりを付与
さらにかなしばりの付与確率も100%と安定感も高く、行動制限の能力に特化した性能を誇る。
反面、火力面はそこまで高くはなく純粋なアタッカーとしての運用だと火力が物足りない。

奥義の全体攻撃は自身のHPが高いほどダメージアップし、かなしばりを100%の確率で付与
【マルコ】がいると命中値がさらにアップするので、行動制限をメイン運用するのであればキャラ編成には気を付けたい。
かなしばり効果は命中すると確実に行動制限を付与出来るが、命中しなければ発動しない。
その為、出来るだけ命中値を上げての使用がオススメ。

ジャマータイプのキャラで単体/全体攻撃も可能な器用枠。
火力が気になるならバフキャラを編成して補いたい。

 

18位:[エサは逃せない]マリオン・ファウナ
キャラ性能&個別評価
奥義では単体攻撃、わざでは全体攻撃が可能な汎用性の高いキャラ。
攻撃手段の多さは周回/ボスで使い分けられるので有難い。
攻撃力&防御力デバフを付与しつつ、対象がデバフ中なら火力アップする性能を誇る。
自己完結したスキル構成となっており、他キャラに頼らずとも最大火力を発揮出来るのは魅力。
とはいえ最短で最大火力を得たいのであれば、デバフキャラの編成は必須。
火力枠としての性能も高く、デバフの効果量も高いので幅広く運用可能。
攻撃力もトップクラスを誇る為、火力重視ならオススメ。

 

19位:[己の天井]麻倉幹久
キャラ性能&個別評価
自身へ攻撃力バフ/奥義ゲージアップを豊富に付与出来るキャラ。
単体火力に特化しており、特に奥義効果による攻撃力バフは非常に強力。
その為、高火力が必要になるボス/イベントなどで重宝することは間違いない。
また自身の回復力もアップ出来る為、ヒーラーと編成しておくと生存率アップにも繋がる。
攻守優れた性能である事は間違いないが、全体攻撃を持たないのでこのランク。
周回性能よりも高難易度で火力枠として運用するのがオススメ。

 

20位:[新年快楽]道 蓮
キャラ性能&個別評価

※謹賀新年正月ガチャ第2弾より排出

防御力が高く、ヘイトアップのわざを持つキャラ。
同時に防御力アップも獲得し、【ホロホロ】がチームにいるならさらに防御力アップを獲得。
タンク役としての運用は勿論の事、味方1体の獲得奥義ゲージアップ/出血効果を付与出来るなど戦闘を優位に運ぶ為の性能も保有。
火力自体はそこまで無いが、奥義が全体攻撃&出血中の敵にダメージアップの効果があるので[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世などと併用して殲滅力アップを狙うのも有り。
ただ防御力アップや出血効果などは【ホロホロ】と編成しておかないと真価を発揮しにくく、運用するのなら前述したキャラの入手は大前提。

 

21位~

[無職]麻倉幹久
キャラ性能&個別評価
わざで自身のヘイトを上げて根性獲得
さらに命中&攻撃力デバフを付与出来るキャラ。
奥義では単体攻撃&回復力アップの効果を得られるなど、壁役としてのスキル構成を持つ。
とはいえ、HP/防御力自体が高い訳ではなく壁役として運用するならヒーラー/防御力バフ持ちとの編成は必須といえる。
壁役としてのスキル構成は魅力だが、周りでカバーしなければならない点がネック。
[イタコのアンナ]恐山アンナを引き直しガチャで獲得しているなら狙うのも有りだが、それならもっと上位キャラを狙いたいのが本音。

 

[ダウジングレボリューション]リゼルグ・ダイゼル
キャラ性能&個別評価
奥義/わざで全体攻撃を行える殲滅力に特化した性能のキャラ。
単体攻撃も可能で、同時に攻撃力バフも獲得出来るなど単体アタッカーとしても活躍。
ただし単体火力はわざのみとなっており、威力もそこまで高くはないのでサブアタッカー程度。
高難易度での火力枠として運用するのではなく、周回要員としての運用がオススメ。
[イタコのアンナ]恐山アンナ/[ジャガーの末裔]チョコラブなど攻撃力バフ持ちのキャラと同時に編成する事でより高い殲滅力を発揮してくれる。

 

[笑いのめす]チョコラブ
キャラ性能&個別評価
奥義/わざで敵全体の攻撃力を大幅に下げられるキャラ。
ダメージソースは少ないものの、高火力の敵が多くなる後半/高難易度イベントなどで役立つ。
敵の火力を攻撃力を下げるだけで生存率アップに繋がり、戦闘を優位に展開出来る。
他のわざでは出血効果高威力攻撃&行動速度デバフが可能。
幅広く運用出来る性能を持ち、その中でもやはり攻撃力デバフに特化。
[イタコのアンナ]恐山アンナと同時運用する事で戦闘難易度を下げられるのでオススメ。

 

[絶対領域]道 潤
キャラ性能&個別評価
防御以外のステータスが平均して高い単体火力枠。
特筆すべきは自身への攻撃力バフで、その効果量は180%と非常に多い。
さらに奥義では単体攻撃&自身への継続回復を、わざでは味方全体に継続回復が可能。
即時回復を行えないので復帰力には欠けるものの、攻守共に優れた性能である事は間違いない。
即時回復出来るようなキャラを1体編成しておくことでより安定感が高まる。

 

[憑依100]道 蓮
キャラ性能&個別評価
高威力単体攻撃の奥義を保有したキャラ。
わざでは自身にクリティカル発生率アップを付与し、敵単体に出血効果を付与可能。
トップクラスの攻撃力を誇る為、単体アタッカーとしての性能が高く継続ダメージによって高耐久の敵対策としても運用可能。
アタッカーとしての性能は優秀だが、行動制限/サポート能力の高い上位キャラを獲得しておいた方がパーティへの恩恵は大きい。
上位キャラを獲得しつつ2番手/3番手で獲得する事で火力を補う事が出来る。
単体火力だけを求めるのであればオススメの性能。

 

[今年も楽々]麻倉 葉
キャラ性能&個別評価

※謹賀新年正月ガチャより排出

わざ効果で奥義獲得ゲージ、自身に回避アップを付与出来るキャラ。
奥義回転率が高く、奥義では回避アップ中ならクリティカル倍率が80%アップを獲得出来るなど自己完結したスキル構成を持つ点が魅力。
ただし回避アップ自体は現状最優先で獲得するような効果とは言えず、正直優先度は低め。
今後高火力の敵が出るステージが実装された場合に重宝するが、現時点では正直微妙。
単体火力に関しても他キャラで同等以上の性能を持つキャラがいるのであえて狙うような性能とは言えない。

 

[想い願いの春小袖]恐山アンナ
キャラ性能&個別評価

※謹賀新年正月ガチャより排出

自身/味方全体のクリティカル発生率アップの奥義/技を持ち、【麻倉 葉】がパーティ内に編成されていると回避アップの効果を持つキャラ。
特に奥義では自身のクリティカル発生率を100%アップした上で単体攻撃を行える為、単体アタッカーとしての性能も高め。
味方へのサポート/自己火力の高さは目を見張るものがあるものの、自己バフのクリティカル発生率アップは発動ターンのみと継続力が低め。
メインは火力枠としてではなく、サポート要員として運用するのがオススメ。

 

[そこんとこ世露死苦]梅宮竜之介
キャラ性能&個別評価
攻守共に高水準のステータスを誇るキャラ。
奥義やわざは自身のHPが低いほどに火力アップの効果となっており、その他ヘイトアップの効果で被ダメージを稼ぐ事も出来るなどまとまったスキル構成を保有。
また瀕死ダメージ時に一定確率で生き残る根性を自身に付与出来るなど、ピンチ時には逆転の一手にも成り得る性能を持つ。
ただし回復能力が無く、HP管理を自身で行えない点はネック。
HP回復わざを持つキャラと組み合わせての運用が必須。
序盤ではアタッカーとして役立つものの、後半攻撃が集中すると危ない点には注意。

 

[守ったら負けだ]麻倉 葉
キャラ性能&個別評価
いわずと知れたシャーマンキングの主人公。
味方全体に攻撃力バフ、自身に防御力バフ、自身に獲得奥義ゲージアップなど強化系のわざを多く保有。
とはいえ、[イタコのアンナ]恐山アンナほどパーティへのサポート能力はなく自身への対象が多め。
奥義は高威力の単体攻撃となっており、自身がバフ獲得状態ならダメージアップ
全体的にまとまったスキル構成となっており、シンプルに使いやすい。
味方への恩恵は少ないが、防御力アップのバフは最大で90%と効果量が多い。
ただ、ステータスは巫力が多い程度で全体的には平均的。
これなら上位キャラを優先した方がパーティへの恩恵が大きく効率的といえる。

 

[つまんないモン]マリオン・ファウナ
キャラ性能&個別評価
奥義/わざで全体攻撃を持つキャラ。
攻撃力自体はトップクラスとなっており、殲滅力に優れた性能。
また敵全体にクリティカル発生率デバフ、自身にクリティカル発生率バフ、敵単体の防御力デバフを付与出来たりと戦闘を優位に展開するスキル効果が豊富。
とはいえ、クリティカル発生率を下げたとしても攻撃力自体を下げる訳ではないので被ダメージ軽減には直接敵に繋がりにくい。
殲滅力に特化したキャラを狙うのならオススメだが、パーティの安定感を高めたいのであれば上位キャラを狙った方がオススメ。

 

[説教聞いてる暇はねぇンだよ]カンナ・ビスマルク
キャラ性能&個別評価
わざで自身のヘイトアップ奥義の単体攻撃はHPが低いほど火力アップの効果。
[そこんとこ世露死苦]梅宮竜之介と似たような性能となっており、アタッカーとして特化しているのは竜之介の方。
こちらはわざで全体攻撃敵のクリティカル発生率を/命中率下げられるなど被ダメージ軽減を持つものの、直接的なダメージ軽減には若干遠い。
全体攻撃を持つキャラを狙うのなら他のキャラの方が優れており、単体火力としても前述したキャラに劣るので優先度は正直言って低め。
強キャラを意識しないのならそのまま始めるのも有りだが、意識するならリセマラ継続。

 

[ほほえみジャッジメント]マルコ
キャラ性能&個別評価
奥義/わざで味方全体に必中/防御バフを付与出来るサポートキャラ。
命中ダウンの状態異常を多用してくる相手に対して高い効果を発揮してくれる。
火力自体は高くなく、HP/防御力のステータスがトップクラスと長期戦でのサポートが得意。
しかし自傷ダメージ持ちとなっており、その自傷ダメージによる恩恵も少ないのがネック。
自傷ダメージの代償として突出したダメージや恩恵を得られるのなら優先度も高かったが、そういう訳でもないのでスルーでもOK。
必中効果持ちは今後のイベント等で必要になる可能性もある為、状況次第で順位変動も有り。

 

[想う気持ちなら]玉村たまお
キャラ性能&個別評価
命中率デバフ/かなしばり付与といったデバフ効果に加え、HP回復/発動速度アップのバフを味方に付与出来るサポート枠。
しかし、そのどれも対象が単体となっており複数体の敵に対しての恩恵は低め。
またサポート能力だけで言えば上位キャラの方が優秀なので、そちらを狙いたい。
ただし攻撃力は割と高めに設定されており、ボス/強敵との戦闘では活躍も見込める。
既に上位キャラを複数体確保しているのなら獲得&育成も有りだが、最優先で狙うキャラとしてはオススメ出来ない。

 

[郷愁のビッグベン]リゼルグ・ダイゼル
キャラ性能&個別評価
全体攻撃、かなしばり付与、自身への攻守バフ、自身へのカウンター付与&ヘイトアップと幅広く運用出来るスキル構成を持ったキャラ。
しかし、火力自体は低くかなしばり付与も確率が低いなど器用貧乏といった性能。
HP/防御力自体はトップクラスに高いのでカウンター&ヘイトアップでダメージを稼ぐ回数が多い点は大きなメリット。
しかしヘイトアップ効果を持つキャラと編成する事で強みが消されてしまうので編成の際には注意が必要。
シンプルにHP回復/攻守のバフを持つキャラと組み合わせる事で高難易度での活躍も見込める。

 

[白い恋人]ファウストⅧ世
キャラ性能&個別評価
奥義で味方全体に回復力バフ、わざでは吸収攻撃/自身に継続回復を付与。
HP/耐久力が高く、場持ちしやすい性能となっており長期戦でも生存率は高め。
しかしわざの1つに【麻倉葉】がチーム内にいる事が条件のものがあるので、状況次第では編成難易度は高め。
【麻倉葉】がチームにいる場合には対象キャラへ防御バフ&HP回復を行えるが、編成による縛りがあるので若干運用しにくい点はネック。
スキルの恩恵は自身を対象としたものが多くパーティへの影響が少ない為、上位キャラを狙った方がシンプルにオススメ。

 

[武の魂]道 蓮
キャラ性能&個別評価

※リリース記念より排出

自身のクリティカル発生率を大幅に上げ、さらに全体攻撃/単体攻撃のわざを持つキャラ。
単体攻撃では出血の追加効果を付与出来るなど、継続ダメージも与えられる。
また奥義では敵単体に7連続攻撃と攻撃回数がトップクラスに多い。
そのうえ対象が出血中ならダメージアップと自己完結型のスキル構成。
ただし出血効果を自身で先に付与しなければならないので出来れば他キャラで出血要員を編成しておくのがオススメ。
特に[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世は全体に出血/毒を撒けるので相性も良く、シンプルに単体キャラとしてもかなり有能。

 

[譲れない夢]ホロホロ
キャラ性能&個別評価
自身のクリティカル発生率を大幅に底上げ出来るアタッカー。
さらに奥義の全体攻撃では対象が出血状態なら与ダメージアップ&【道蓮】がいると与ダメージアップの効果を得られるので、条件が整えば非常に高い殲滅力を発揮してくれる。
攻撃力も高く、アタッカーとしての性能は割と高めだがクリティカル発生率を高める為に1手/2手無駄にしてしまう事を考えれば上位キャラを狙った方が効率的。
弱くはないが、出血効果を付与出来る味方&【道蓮】を編成出来なければ最大火力を発揮出来ないのもネックポイント。

 

[もう決めちゃったもん]道 潤
キャラ性能&個別評価
単体火力に特化した性能となっており、自身への攻撃力バフ/味方全体への継続回復/味方単体回復といった補助的な能力を豊富に持つ。
また敵を出血状態に出来るなど、高耐久の敵へ安定したダメージを見込める点も魅力。
ただし、上位互換に[絶対領域]道 潤がおりそちらの方が最大火力はかなり高め。
回復能力は便利ではあるが、それも前述したキャラで十分代用可能。
あえて優先する必要性は少なく、最優先で狙うほどのキャラではないのでスルーでOK。

 

[降魔調伏]恐山アンナ
キャラ性能&個別評価
全体攻撃&攻撃力デバフの奥義を持つ、さらにわざでは敵全体に防御力デバフをばら撒けるなど
敵の弱体化に特化した性能を持つキャラ。
ただ[イタコのアンナ]恐山アンナは味方へのバフ&ヒーラーとして高いサポート能力を持つので、どちらかというとそちらを狙う方がオススメ。
同時に獲得して編成すると敵のステータスと味方のステータスに大きな差を生む事が出来る為、戦闘を優位に運べる事には間違いない。
性能的に高火力の敵が出て来る中盤以降で活躍する性能となっており、狙うのならその時でもOK。

 

[甘くはないの]恐山アンナ
キャラ性能&個別評価
敵全体に防御力デバフ、味方全体回復のわざを保有。
復帰力が高く、味方の火力を底上げするのにも便利なキャラ。
またステータスは平均的だが、奥義効果で自身にクリティカル発生率100%アップ&単体攻撃を行えるので1手で最大火力を発揮出来るのもポイント。
とはいえ、[イタコのアンナ]恐山アンナは味方への恩恵も大きく全体的にサポート能力が頭一つ上。
決して弱くはないものの、火力を期待するのであれば上位アタッカーを狙った方がオススメ。
巫力が全キャラトップな点は技の回転率も良く、大きなメリットといえる。

 

[我不迷]道 蓮
キャラ性能&個別評価
単体火力に特化した性能となっており、わざでは奥義ダメージ増加を保有。
さらに【ホロホロ】がチームに居れば奥義ダメージアップを追加で獲得出来るので獲得するのであればいずれかのホロホロも同時にチーム編成出来るようにしておきたい。
性能はシンプルに単体アタッカーだが、ステータスは平均的。
[憑依100]道 蓮はトップクラスの攻撃力を誇る為、シンプルに火力だけを見るのであればそちらを狙っておいた方がオススメ。
上位互換がいる中であえて優先する必要は無い。

 

[あの世とこの世を結ぶ者]麻倉 葉
キャラ性能&個別評価

[守ったら負けだ]麻倉 葉が防御力バフ90%を獲得出来るならこちらは攻撃力バフ90%と非常に攻撃的なキャラ。
ステータス自体は平均的だが、この攻撃力バフで上位火力を発揮。
さらに【恐山アンナ】がチームに居る場合にはさらに攻撃力アップを得られるなど、編成次第で火力に期待出来る性能を誇る。
自身にカウンター&ヘイトアップを付与出来る事により、敵攻撃時にも与ダメージのチャンスがあるので序盤では火力枠として十分運用出来る。
奥義では高威力の単体攻撃でバフ獲得時に与ダメージアップと全ての条件が満たされた際のダメージは上位に食い込む。
しかし、防御力がそこまで高くはないのでヒーラー/防御力バフ持ちとの編成は必須。
単体では高難易度に通用し辛いが味方がいてこそ光るタイプ。

 

[Trick or Treat]マチルダ・マティス
キャラ性能&個別評価

単体火力に特化したスキル構成を持つキャラ。
さらに味方に対してクリティカル発生率アップを付与し、【マリオン・ファウナ】がチーム内に編成されていると追加で攻撃力90%アップと強力なバフを付与出来る。
指定した味方に対して火力バフを付与出来る点は優れているが、編成による縛りがある点はネック。
高火力のキャラと編成するにしても前述したキャラは1体編成しておかなければならないので編成による縛りは若干強め。
それなら上位の優秀なサポートスキルを持ったキャラを獲得するのがオススメ。

 

[もうひとふんばり]麻倉 葉
キャラ性能&個別評価

※リリース記念より排出

味方全体の回復力アップ/単体攻撃/全体攻撃を持つキャラ。
奥義は単体攻撃&自身の攻撃力アップと単体火力の高さがポイント。
【梅宮竜之介】がパーティに編成されているとさらに攻撃力アップを獲得。
最大火力を得る為には編成による縛りがあり、使用感は良いとは言えない。
ただしボスアタッカー/周回要員のどちらでも運用出来る器用さは高評価。
全体的に突出した性能を持つ訳ではなく、優先度は低め。
獲得出来れば育成も有りだが、最優先で狙うのはオススメしない。

 

[いけない子だ]マルコ
キャラ性能&個別評価

奥義/わざのダメージが自身の残HPが多いほど高威力になるキャラ。
同時に自身へ攻撃力バフも付与出来るなど、ステータス以上の火力を発揮してくれる。
ただし自身でHP回復が出来ず、HP管理を行う為にヒーラーとの編成は必須。
スキル構成は単体火力に特化した性能だが、正直他の単体アタッカーに比べると奥義の威力が低くバフを重ねてようやく同等程度といえる。
それならシンプルに高火力の単体アタッカーを狙った方が良い。

 

[逝け]道 蓮
キャラ性能&個別評価

自身の奥義ダメージアップ、敵単体に攻撃力デバフを付与するわざを保有。
さらに奥義での全体攻撃持ちと単体/全体攻撃を使い分けられるキャラ。
しかし奥義では自傷ダメージがあるなど序盤ではまだしも、後半になると生存率が低下。
全体攻撃を持つ高火力のキャラは上位に複数いる為、あえてリスクを負う必要性は無い。
ボスに対して攻撃力デバフはどんな状況でも有効なので使い道はあるが、リセマラでは非推奨。

 

[木刀の竜]梅宮竜之介
キャラ性能&個別評価

高火力の単体奥義全体攻撃のわざを持つシンプルなアタッカー。
敵単体には防御デバフを付与し、自身には致死ダメージ時に確率で生存する根性を獲得
ステータスこそ並みではあるが、シンプルに火力枠としては十分。
とはいえ、上位キャラは優秀なアタッカー/サポーター+αの性能を持っており、あえてこのキャラを優先する必要は少ない。
上位キャラを複数体獲得している中で入手したのなら育成も有り。

 

[無理じゃない]麻倉 葉
キャラ性能&個別評価

奥義/わざで根性を獲得出来るキャラ。
その為、確定ではないが致死ダメージを受けても生存する確率が高く生存率に特化。
また単体火力に特化した性能となっており奥義で自身にクリティカル倍率アップを獲得。
チームに【梅宮竜之介】が編成されているとさらにクリティカル倍率アップを獲得出来るので、クリティカル発生率アップのスキル効果を持つキャラとの編成がオススメ。
攻撃力はトップクラスのステータスだが、最大火力を出し辛くパーティへの恩恵は低め
スキル威力自体もそこまで高くはなく、リセマラでの獲得はオススメしない。

 

[メラめでたいからよ]梅宮竜之介
キャラ性能&個別評価

※笑う門には霊来るイベント(ノーマル)クリアで獲得

イベントで獲得出来る星3キャラ。
実質の配布キャラとなっているので正直ステータスだけで見れば他の星3キャラよりも低め。
しかし、わざ効果で単体回復/全体継続回復&奥義では味方全体の回復力アップも可能。
その為回復能力持ちのキャラとも組合わせやすく生存率アップに貢献出来る。
攻撃/防御面では若干頼りない部分はあるが、配布キャラな上にイベント周回で交換出来る素材で育成を行える事を考えれば是非とも獲得して育成しておきたいところ。
特に正月イベントから新規で始める人にはオススメ。

 

総合評価

高火力のアタッカーも優秀ですが、まずは上位3体のいずれかがオススメです。
行動制限&全体攻撃/優秀なサポート性能/継続ダメージ特化など、上位3体のキャラはどんな編成でも組みやすく単体で非常に優秀な性能を持つといえるでしょう。
下位キャラは編成による縛りや特定のバフ/状態異常の中でしか真価を発揮出来ないものも多く、それに比べて上位3体はどんな状況でも高い性能を発揮出来ます。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強星3ヴィジョンカードランキング

 

1位:地獄の特訓
キャラ性能&個別評価

知属性のキャラを対象に大幅な攻撃力アップを付与出来るヴィジョンカード。
攻撃力はゲーム全般重要となるステータスなので、是非とも獲得しておきたい。
他にも心/技/体属性にそれぞれ対応した攻撃力アップ効果のヴィジョンカードがあるので、手持ちのキャラを確認した上で1枚は獲得しておきたい。
攻撃力が高いキャラでも低いキャラでも腐らない効果となっており、オススメ。
知属性には[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世がいるので継続ダメージによる火力アップを狙う為にも同時入手が理想。

 

2位:クチヨセ
キャラ性能&個別評価

心属性のキャラに対して攻撃力アップを付与出来るヴィジョンカード。
その効果量は最大で50%と非常に多く、手持ちに心属性キャラが豊富にいるなら獲得は必須。
アタッカーなら長所を伸ばし、火力の低いサポートキャラは短所を補えるなど汎用性が高くどんな状況であっても腐らない効果といえる。
心属性には凍結効果を持つ[オレにホレたらしもやけするぜ]ホロホロがいるので、やや低めな火力を補う事で高い汎用性を発揮。
上位キャラと相性の良いヴィジョンカードを同時に入手出来ればリセマラ終了でOK。

 

3位:新たなるBESTPLACE
キャラ性能&個別評価

技属性を対象に最大で攻撃力50%アップのバフを付与出来るカード。
攻撃力を底上げするのに便利な効果となっており、何よりも技属性キャラ全員が対象である事を考えれば使い勝手も良く非常にオススメ。
対象となる属性の上位キャラにはサポート能力に特化した[イタコのアンナ]恐山アンナがいる。
味方への恩恵が大きいスキルを持つサポート要員だが、このカードとの組み合わせで自身も十分アタッカーとしての活躍が可能。
この種類のカードが1枚あるだけで攻撃力カバーが出来るのは大きな魅力。

 

4位:すぐサボるんだから
キャラ性能&個別評価

体属性のキャラに対して最大で攻撃力50%を付与出来るカード。
[挑戦する巫力]ホロホロは凍結効果を持ちの耐久型。
HP/防御力に関してはキャラのステータスで既にカバー出来ているので、このカードで攻撃力を補う事で攻守優れた性能を発揮してくれる。
勿論、体属性であれば誰と組み合わせても大幅な攻撃力バフを獲得。
汎用性が高く、効果量も大きいカードなので最優先での獲得をオススメ。
対象となる属性が違うだけでアビリティの効果量はこのカードを含め、地獄の特訓/クチヨセ/新たなるBESTPLACEは全て同じ。

 

5位:侍vs武将
キャラ性能&個別評価

※リリース記念より排出

力属性の攻撃力を50%アップ出来るビジョンカード。
火力を大幅に底上げ出来るアビリティ効果を持つものの、ステータスは体力のみ上昇。
とはいえ装備させるキャラの属性さえ間違えなければ大幅な火力アップを獲得出来る。
どんなキャラでも力属性なら確実に恩恵を得られる点も汎用性が高くオススメ。

 

6位:その坊やに制裁を!
キャラ性能&個別評価

上位4枚のヴィジョンカードが知/心/技/体を対象とした攻撃力アップのアビリティ効果を持っていたが、こちらは縛り無しの攻撃力アップ効果。
縛りが無い分、どんなキャラでも攻撃力アップの恩恵を得られるので汎用性の高さはトップクラスといえる。
ただし上位のヴィジョンカードの効果量が最大50%に対してこちらは最大40%とやや低め。
10%の差だが、キャラが育つにつれて数値的には大きく感じる点はややネック。
汎用性の高さを選ぶか、効果量を選ぶか悩むところではある。

 

7位:メラ復活!
キャラ性能&個別評価

※ふんばり温泉ガチャより排出

所属がふんばり温泉なら攻撃力が50%アップするヴィジョンカード。
上位ヴィジョンカードと同等の攻撃力アップ効果を誇る為、対象となるキャラを確保しているのであれば狙うのも有り。
しかし最初に狙うヴィジョンカードとしてはキャラの縛りが強く、あまりオススメはしない。
効果だけを見れば優秀だが、組み合わせる事を考えればやはり上位陣よりも若干優先度は低め。

 

8位:悪に死の裁きを
キャラ性能&個別評価

※X-LAWSガチャより排出

所属がX-LAWSなら攻撃力が50%アップするヴィジョンカード。
属性を対象としている効果ではなく、所属を対象としているのでその分汎用性は低め。
【リゼルグ・ダイゼル】【アイアンメイデン・ジャンヌ】【マルコ】のいずれかしか恩恵を得らず、手持ちにキャラが居ない場合には宝の持ち腐れ。
攻撃力を大きく伸ばせる優れた効果を持つ為、同時実装の[法リィガール]アイアンメイデン・ジャンヌ/[献身とは尊き愛]マルコを狙う場合に一緒に獲得したい。

 

9位:阿弥陀丸ヒトダマモード
キャラ性能&個別評価

バトル開始時に奥義ゲージを最大で30アップ出来るヴィジョンカード。
奥義発動までの時間を大幅に短縮出来る事を考えればボス/強敵との戦闘で役立つ。
特に高火力の奥義を持つ単体アタッカーなどと組み合わせる事で高い効果を発揮してくれる。
効果を得る為に条件も無く、誰と組み合わせても戦闘開始時に効果を獲得
汎用性が高く、戦闘難易度を緩和したい場合に便利なタイプ。

 

10位:本当に倒せるんですね
キャラ性能&個別評価

自身のクリティカル発生率を最大で50%アップしてくれるヴィジョンカード。
直接的な攻撃力アップではないが、クリティカル攻撃の頻度を大幅に底上げ出来るので実質火力アップに貢献してくれるヴィジョンカードといえる。
効果を得る為の条件も無く、誰でもクリティカル発生率を大幅アップ出来る点はメリット。
特に[無理じゃない]麻倉 葉はクリティカル倍率をアップ出来る為、このカードと相性が良く同時に獲得出来れば十分メインアタッカーとして活躍可能。
勿論、シンプルな単体アタッカーである[憑依100]道 蓮などと組み合わせるのもオススメ。

 

11位:本当は優しい歌
キャラ性能&個別評価

※恐山ル・ヴォワールガチャより排出

自分のかなしばり耐性を50%アップ出来るアビリティを持つヴィジョンカード。
時よ止まれお前は美しい/佇む凶星と同様の効果を持つ為、3つの中から選ぶのであればステータス効果を見て獲得するのをオススメ。
行動制限への対策となる為、多用する敵と対峙する際には装備しておくと便利。
しかし、シンプルに火力アップを求めるのであればやはり上位カードが最優先。
序盤はそこまで状態異常への対策を立てるよりも攻守を伸ばすのがオススメ。

 

12位:トーキョーの無人島
キャラ性能&個別評価

※謹賀新年正月ガチャ第2弾より排出

所属がチーム・THE蓮なら毎ターン自身のHPを15%回復出来るヴィジョンカード。
愛しき日々も同等の回復量を持つが、WAVEまたぎの時しか効果を発揮出来ないので長期戦においてはこちらの方が便利。
特に同時実装されているタンクタイプの[新年快楽]道 蓮とは相性が良く、耐久力を大きく底上げ出来るのがポイント。
チーム縛りがあるので汎用性自体は低めだが、優秀なカードである事には間違いない。
ステータスもHP/防御力の底上げのみと耐久面に特化。
前述したキャラを獲得するのであれば同時に狙いたい。

 

13位:愛しき日々
キャラ性能&個別評価

WAVEまたぎ時自身のHPを最大15%回復出来るヴィジョンカード。
PVPでは発動せずステータスも体力特化攻撃力は0と極端な効果を持つ。
生存率を上げたい壁役やサポーターに装備させる事で長期間の活躍を見込める。
他にもHPが低いアタッカーと組み合わせる事で耐久面をカバー出来るなど、幅広く運用可能。
まずは攻撃力を、と考えている場合にはオススメしないが高難易度では耐久力も重要になるので先に獲得しておくのも悪くはない。

 

14位:時よ止まれお前は美しい
キャラ性能&個別評価

佇む凶星と同様にかなしばり耐性を最大50%アップ出来るカード。
行動制限の確率を大きく減らす事で戦闘での安定感を高められる点は大きな魅力。
特にPVPでの活躍が大きく、行動制限を多用してくる相手への対策になる。
ただし確実に防ぐことは出来ず、やはり序盤に狙うのであれば上位カードがオススメ。
攻撃力はゲーム全般を通して最も重要なステータスと言っても過言ではない。
まずは火力を高めて時短で先に進めるようにしておこう。

 

15位:佇む凶星
キャラ性能&個別評価

かなしばり耐性を最大で50%アップ出来るヴィジョンカード。
一切の行動が出来なくなるかなしばりを防ぎやすくなるのは大きな魅力。
行動制限を付与される事で戦闘が大きく不利になる為、こうした効果はPVPでも活躍。
ただし確実に防げる訳ではなく、耐性アップで確率を下げるのみ。
誰でも恩恵を得られる点は汎用性が高く便利だが、やはりまずは上位カードを獲得して戦力強化に努めたい。

 

16位:探し物ならおまかせ!
キャラ性能&個別評価

※Xmasシーズンガチャより排出

凍結耐性を最大50%アップ出来るヴィジョンカード。
敵が凍結効果を付与してくる場合の対策としては便利だが、それ以外での汎用性は低め。
獲得しておく事に損はないものの、優先して狙うのならシンプルに火力アップの効果を持つヴィジョンカードの方がオススメ。
とはいえ凍結耐性アップの星3ヴィジョンカードは初実装。
対人戦における対策などに苦しんでいるのなら狙うのも有り。

 

17位:いざ道城
キャラ性能&個別評価

毒耐性を最大で50%アップ出来るヴィジョンカード。
同じ毒耐性アップの効果は己の道(タオ)を示すまでも同じようにあるが、こちらの方が攻撃力のステータスが大きく火力アップに貢献出来るので優秀。
毒は出血/火傷と同様の継続ダメージ効果となっており、特に上位キャラである[ナチュラルボーンキラー]ファウストⅧ世も保有。
しかしこのカードでは毒を完全に防ぐことは出来ない上に、前述したキャラは同時に出血による継続ダメージも付与してくる。
相手次第では対策も微妙になるので、正直優先度は低め。

 

18位:きゅん!じゃねーっ!
キャラ性能&個別評価

笑いは風と同じく火傷耐性を最大50%アップ出来る効果を持つカード。
敵が多用してくるステージやPVPでの継続ダメージ対策としては便利。
しかし継続ダメージには他にも毒/出血効果があったりと全ての対策が出来ない。
さらに言えば火傷ですらも完全に防ぐことは出来ないので、優先度は低め。
それならまずは火力アップを狙って上位カードを狙う方が効率的と言える。

 

19位:久しぶりの食卓
キャラ性能&個別評価

※謹賀新年正月ガチャより排出

自身の毒耐性を最大で50%アップ出来るヴィジョンカード。
同じ効果を持つカードにいざ道城/己の道(タオ)を示すまでがあるので、正直優先度は低め。
パーティ全体の毒耐性を底上げしたいのなら前述した同効果のカードと一緒に揃えたいが、序盤ではシンプルに火力アップを行える上位カードがオススメ。
毒特化のステージ/イベントがある場合に重宝する若干ピーキーな性能となっており、汎用性が低くくリセマラで狙うようなカードではない。

 

20位:笑いは風
キャラ性能&個別評価

火傷耐性を最大50%アップ出来るヴィジョンカード。
火傷は出血/毒などと同じく継続ダメージとなっており、戦闘中に仕掛けられると厄介。
安定したダメージを随時受けてしまうので、早い段階での解除or事前対策が必要。
その為、相手が火傷効果を多く付与してくるような相手ならこのカードは便利。
ただし汎用性が低くステータスも突出して何かが底上げされる訳でもない
相手次第で刺さる効果だが、完全に無効化は出来ないので注意。

 

21位~

己の道(タオ)を示すまで
キャラ性能&個別評価

いざ道城と同じく毒耐性を最大50%アップ出来るヴィジョンカード。
前述したカードは同じ効果でも攻撃力のステータスが高く火力寄りの性能といえる。
こちらは防御力のステータスが高く耐久力を底上げしたい場合には便利。
とはいえ、効果自体は毒を100%無効に出来る訳でもないので優先度は低め。
まずは汎用性が高く効果をしっかりと実感出来るような上位カードを狙うのがオススメ。

 

美人おかみ
キャラ性能&個別評価

自分の命中率を最大50%アップ出来る効果を持つカード。
現時点では優先度は低く、命中率の需要が高まるイベントなどが実装された場合に評価が変動。
全キャラが効果を受けられるので汎用性は高いが、今のところ恩恵を感じにくいのがネック。
ステータスは攻撃力のステータスが割と高めに設定されているので火力アップとしてなら優秀。
しかしそれなら上位カードを狙った方が確実に効果的。
命中率アップの需要が高まるまでスルーでOK。

 

湯上がり団欒
キャラ性能&個別評価

美人おかみと同じく最大で命中率50%アップの効果を持つカード。
現時点では需要が低く、上位カードを獲得した方が恩恵を実感出来る。
ステータスはHPを大きく底上げ出来るが、それなら自己回復付の愛しき日々がオススメ。
命中率アップの効果が活きるイベントなどが実装される事を祈りたい。
今の段階ではリセマラしてまで狙うようなカードとは言えない。

 

総合評価

先ずはリセマラするキャラを決め、それに合わせて上位4枚のヴィジョンカードを狙うようにしましょう。
上位4枚のカードは攻撃力アップの効果が最大で50%と非常に大きく、大幅な火力アップを見込めるので腐らずに長期的に運用出来るのがポイントです。
また効果量は劣りますがその坊やに制裁を!は縛り無しで最大40%の攻撃力アップの効果を持つので、今後ヴィジョンカードの組み合わせを随時変更するのであればこちらもオススメといえます。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

  • 名前:SHAMAN KING ふんばりクロニクル
  • 会社:Studio Z,Inc.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 

 



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。