【ドラクエタクト(DQタクト)】リセマラ当たり最強Sランクキャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【ドラクエタクト(DQタクト)】リセマラ当たり最強Sランクキャラランキング

【ドラクエタクト(DQタクト)】リセマラ当たり最強Sランクキャラランキング

「ドラゴンクエストタクト」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめSランクキャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!






 
 

 
 

-関連記事-

【ドラクエタクト(DQタクト)】リセマラやり方

 
 

最強Sモンスターランキング

1位:ダークドレアム
キャラ性能&個別評価

※1周年記念ダークドレアムSPスカウトより排出

リーダー特性による???系物理威力25%アップを持つ為、エスターク/デスピサロなど強力なアタッカーとの相性が良い。
さらに自身は特性で被ダメージ20%ダウン/奇数ターンの行動開始時にステータスアップを獲得出来るなど数値以上の性能を誇る。
そのうえ覚醒スキルを2個持っており、3凸時には自己回復出来るなど耐久力も高い。

また、特技「魔神の絶技」は範囲内5回攻撃&まれに守備力ダウンの効果。
最大で5回相手の守備力を下げられる為、ボス/強敵対策としても便利。
火力の高さは勿論、味方の火力アップにも貢献出来るのは大きな魅力。

育成難易度の高さはネックだが、石に余裕があるなら優先して凸する価値があるキャラ。
他キャラと比べても間違いなく頭一つ抜けた性能なので最優先で狙う事をオススメ。

 

2位:エスターク
キャラ性能&個別評価

※ハーフアニバーサリー記念エスタークSPスカウトより排出

物理攻撃に特化した性能となっており、習得技も単体/範囲攻撃とボス/周回能力が高い
さらに属性攻撃が少なく相手の弱点を気にする事無く運用出来る為、どんな相手に対しても安定したダメージを狙えるのが魅力。
基本特性で被ダメージ時に攻撃力アップ、リーダー特性では5×5マス範囲に物理威力15%アップの効果を保有。
さらに覚醒スキルではHP50%以下になると大回復を行えるなど、火力だけでなく生存率が高いのもポイント。
ただし、高耐久orスカラ等で防御バフを掛けられた敵に対してはダメージを通しにくくなるので注意。
とはいえ、そこは編成で十分カバー出来るので大きな弱点と考える必要はない。
物理パーティのリーダー/物理アタッカーとして間違いなくトップクラスの性能を持つ為、確保をオススメ。

 

3位:セラフィ
キャラ性能&個別評価

※セラフィSPスカウトより排出

範囲回復&継続回復付与、範囲攻撃力バフ、単体防御バフなどサポート能力に特化した性能を持つキャラ。
さらにリーダー特性でも、5×5マスの味方の守備力20%アップとパーティの攻守アップには最適。
ヒーラー/サポーターとして高い性能を持ち、さらに1凸で行動開始時にMP回復も可能。
強敵との戦闘で回復役に回ってもMP切れを起こしにくい点は非常に魅力的。

さらに基本特性も強力で、味方の被ダメージ時に確率で回復を行えるのでパーティの生存率を底上げしてくれる。
基本的にどんな編成にも組み込みやすいが、バフ効果を考えれば物理パーティへの編成がオススメ。
トップクラスの補助性能を持つキャラなので、高難易度への挑戦を視野に入れるのなら獲得を。

 
 


 
 

4位:勇車スラリンガル
キャラ性能&個別評価

※勇車スラリンガルSPスカウトより排出

基本特性は10ターン目までの奇数ターンの行動開始時、3ターン素早さ・移動力アップの効果。
移動力自体は最大でも2となっているものの前述した基本特性のおかげで最大5まで増加。
さらに攻撃特技の射程も4と長く、遠距離アタッカーとして高い性能を誇る。

また1凸時には追撃効果の「支援砲撃」を習得可能。
自身の位置状況にもよるが、仲間攻撃時に追撃が発生するのは大きなメリット。
追撃自体はメタルドラゴン(才能開花後)と同じなので、使い勝手が良く強力。
そのうえ3凸で開幕マホカンタを獲得出来るなど、呪文アタッカー対策にも便利。

攻守速の全てが揃った性能となっており、かなり強い。
特に近距離攻撃のみしか持ち合わせていない相手なら一方的に蹂躙出来る。
被ダメージを負うリスクも少なくアタッカーとしても優秀な為、長期間の活躍を見込めるキャラ。

 

5位:キラーマジンガ
キャラ性能&個別評価

※キラーマジンガSPスカウトより排出

物理アタッカーとして高い性能を誇るキャラ。
基本特性は戦闘開始時に攻撃力&物理耐性アップ
さらに1凸する事で移動力+1&特技の「ギアチェンジ」で素早さ&移動力アップの効果。
「ギアチェンジ」は重ね掛けも出来る為、移動力は最大で6と非常に高い。
物理アタッカーとして必要な攻守は勿論、移動力まで突出した優れた性能が魅力。
特技に関してもヒャド属性&ギラ属性の2属性を習得出来る。

リーダー特性では物質系守備力+30%と編成次第で大幅な防御バフを獲得。
メタルドラゴン/キラーマシン2/シュバルツシュルトが物質系なので手持ちにいるならオススメ。
唯一懸念すべきは習得特技の攻撃範囲が若干狭い点。
しかし「ぶんまわし」などの範囲攻撃を習得させる事で解決出来る為、大きな問題点ではない。

物理アタッカーとしての性能はトップクラス。
手持ちに物理アタッカーが足りていないなら是非とも獲得しておきたい。

 

6位:魔王オルゴ・デミーラ
キャラ性能&個別評価

※魔王オルゴ・デミーラSPスカウトより排出

5×5マスの敵攻撃力を20%下げるリーダー特性、基本特性でしゅび力/呪文耐性を3ターン大幅増加可能。
リーダースキルは初の20%ダウンとなっており、物理主体の敵火力を大幅に軽減出来るのが魅力。
高い攻撃力を誇り、メラ属性物理/???系特効の物理ダメージ/ドルマ属性物理と3属性の攻撃手段を保有。
その為、幅広いクエストでの活躍を見込めるのも嬉しいポイント。
MPと素早さがやや低い点はネックだが、高い攻撃力に加えて1凸で移動力が3になる事を考えれば些細な問題。
物理アタッカーは攻撃力以外に移動力の高さが大きく重視されるので、そういった意味でも優秀。
高火力のキャラはシンプルに腐りにくいので確保しておくと便利。

 

7位:キングレオ
キャラ性能&個別評価

※キングレオSPスカウトより排出

トップクラスの攻撃力に加え、移動力4と機動力にも長ける物理アタッカー。
さらに習得する特技には、まれに休み/まれに守備力ダウン/体技耐性をときどきダウンなど追加効果を保有。
また、1凸にする事で習得出来る「百獣の王」で偶数ターンに味方の体技威力・効果アップも可能。
アタッカーとして必要な数値が高く、編成次第では味方への恩恵も大きいキャラ。

ただ、リーダースキルの魔獣系体技威力アップ/基本特性の自身HP30%以下で大回復など味方への恩恵は少な目。
噛み合うキャラを複数確保しているのならシナジーは大きいが、そうでないなら話は別。
手持ちキャラと相談して編成するパーティを強化出来るなら入手するなど、考えて引きたい。
汎用性自体は低く、雑なパーティ編成だとシナジーを得にくい性能といえる。

 

8位:老王デスタムーア
キャラ性能&個別評価

※老王デスタムーアSPスカウトより排出

全キャラ屈指のかしこさを誇る貴重な呪文アタッカー。
リーダー特性では5×5マス範囲に対して呪文威力15%アップを付与出来るなど呪文パーティの起点となる性能も見逃せないポイント。

また基本特性による「いきなりマホカンタ」は呪文パーティ対策として非常に便利。
さらに1凸する事で3ターン目までの行動開始時にかしこさアップを獲得出来るなど、火力面の底上げを自身で行える。
習得するヒャド属性の攻撃呪文は単体火力、イオ属性の攻撃呪文は範囲攻撃と汎用性も高め。
しかも追加効果でねむり/呪文耐性ダウンを行えるのも嬉しい部分。

ヒャド属性アタッカー自体がゾーマ/サンタリーズレットと少ない為、入手しておくと幅広い敵への対策として運用出来る。
かしこさ/MP/すばやさが高く、呪文アタッカーとしての性能は最高峰。
防御力の低さがネックとなるものの、正直それは呪文アタッカーの宿命ともいえるのでそこまで気にするべきところでもない。

 

9位:りゅうおう(才能開花後)
才能開花前
りゅうおう
キャラ性能&個別評価

才能開花で強化されたキャラ。
開花以前はメラ属性しか攻撃手段が無かったものの、才能特技でドルマ属性のダークピラーを習得出来るようになった。
攻撃手段が2属性になるだけで対応出来るステージが増えるのは大きなメリット。
さらに才能特性では「りゅうおうのホンキ」/「ときどきMP回復」/「呪文のコツ」/最大HP+50を習得可能。
「りゅうおうのホンキ」は自分のHPが75%以下になるとHP大回復&かしこさ大幅アップを獲得。
戦闘中1回のみとはいえ、致死ダメージさえ受けなければ大幅な火力アップを見込めるのは魅力。

また、かねてからネックであった消費MPの重さも「ときどきMP回復」/「呪文のコツ」でカバー。
1凸で習得できる「メラ属性とくぎのコツ」も獲得出来ればさらに消費MPを下げられるので長期戦にも対応出来るようになったのは大きなメリット。
呪文アタッカーとしての火力&継続火力はすこぶる高い。

才能開花しないなら実用レベルは大きく下がる。

 

10位:デスピサロ
キャラ性能&個別評価

※デスピサロSPスカウトより排出

HP/攻撃力が高く、基本特性にいきなりマホカンタを持つモンスター。
その為、魔法攻撃を行って来る敵に対しては大きくアドバンテージを取れる性能が魅力。
デイン、物理、イオといった複数属性での範囲攻撃を行える上にマヒ引き寄せといった追加効果も強力。
防御力がやや低いのがネックとはいえ、補って余りある火力を誇る。
是非とも獲得しておきたい。

 

11位:シドー
キャラ性能&個別評価

※シドーSPスカウトより排出

特筆すべきは広範囲&高火力の攻撃呪文であるジゴスパーク
範囲の広さは勿論、高いかしこさも相まって優れた殲滅力を誇る。
なおかつリーダー特性では5×5マス範囲にいる敵のデイン耐性を下げられる為、火力を出しやすいのも魅力。

眠り・猛毒・毒・幻惑・マヒなど付与出来る状態異常も豊富に揃っており、ジャマー要素も高い。
守備力はそこまで高くはないが、味方が戦闘不能になる度に自身のHP300/MP80回復出来る基本特性を保有。
味方が戦闘不能にならないと発動しない分、安定感に欠けるものの編成次第では問題なく発動を狙える。

さらに1凸で2ターンの間、移動力&守備力&呪文耐性を底上げ出来るなど育成を優先する恩恵も大きい。
周回性能/高難易度攻略のいずれにしても活躍出来る性能を持つオススメのキャラ。

 

12位:ガボ
キャラ性能&個別評価

※DQⅦ英雄SPスカウト(ガボ)より排出

移動力が4と非常に高く、攻撃性能も優れたアタッカー
高威力/広範囲の攻撃手段を持ち、その全てがバギ系物理と特化型。
ボス攻略~周回までを安定してこなす事が出来る為、獲得出来れば優先的に育てるのも有り。
敵陣に突っ込んで高火力で敵を薙ぎ払うタイプだが、難点は耐久力の低さ
敵からの集中攻撃を受けると落とされてしまう事も珍しくないので、高難易度での運用は注意。
シンプルに使い勝手の良いキャラを求めるのならオススメ。

 

13位:竜王(才能開花後)
才能開花前
竜王
キャラ性能&個別評価

才能開花で大きく強化されたキャラ。
才能特性は「竜王の鼓動」/「ドラゴンスケイル」/「最大HP+50」/「最大HP+100」を獲得。
「竜王の鼓動」は3ターン毎の行動開始時に3ターン移動力アップ&4ターン息威力アップの効果。
元々竜王は戦闘開始時2ターンの移動力+1だったが、この特性効果によって常時移動力を3にすることが可能に。
さらに「ドラゴンスケイル」は被ダメージ時、最大HPの10%を回復と耐久面を大きく強化。
才能特性によって最大HPも大きく底上げされる為、優位属性との立ち回りの際は驚くべき耐久力を発揮してくれる。

移動力/火力/耐久面が大きく底上げされたが、唯一のネックはMPにある。
MP自体が低い訳ではないが、特技のコストが非常に重く長期戦には不向き
特性自体は長期戦にも対応出来るものが多いのに、MP切れで手が止まってしまうのが残念。
りゅうおうの方がMP問題を解決出来ただけに余計に悲しい。

1凸で獲得出来る「いきなりバイシオン」の効果も相まって短期戦なら文句なしで強力。
粘られて長期戦になると立ち回りが厳しくなるので注意。

 

14位:テリー
キャラ性能&個別評価

DQⅥ英雄SPスカウト(テリー)より排出

デイン属性の超広範囲必殺技である「秘剣ジゴスパーク」を持つアタッカー。
同属性の物理キャラの中ではトップクラスの火力を誇り殲滅力の高さも魅力的。
1凸で移動力が3になり、習得する「ミラクルムーン」では範囲攻撃&与ダメージの20%回復出来るなどアタッカーの弱点になりがちな移動力&生存率をカバー。
リーダー特性で英雄系物理威力を20%アップの効果を持つが、前述した「ミラクルムーン」は体技なので若干相性が悪い点がネック。
とはいえ、元々の火力自体が高くそこまでの問題点ではない。
気になる場合は体技威力アップのリーダー特性を持つ魔戦士ヴェーラなどとの編成がオススメ。
全体的に高いステータスを誇り、アタッカー不足なら入手も有り。
ただし一周年の時期に始めるのならダークドレアムを狙うのが最優先。

 

15位:メタルドラゴン(才能開花後)
才能開花前
メタルドラゴン
キャラ性能&個別評価

初期実装されていたキャラだが、文字通り”才能開花”で大化け。
ネックだった素早さは勿論、移動力も+1されて機動力を大幅にカバー。
さらに才能とくぎの「ミサイル」によって遠距離範囲攻撃&守備力ダウンも可能となった。
特筆すべきは才能特性の「ミサイルの追撃」。
こちらは自分以外の味方が攻撃した際、追撃出来る位置にいる場合にまれにミサイルで追撃を行えるというもの。
似たような特性を持つサンタリーズレットの物理版となっており、このダメージがまた高い。
習得する特技はバギ属性が多いがバギ耐性の敵に対しては「ミサイル」or「ミサイルの追撃」で十分対応可能。
無凸でも十分戦力になるが、才能開花は必須条件。
育成の手間はあるものの、それに見合う十分な能力を持つキャラ。

 

16位:テンタクルス(才能開花後)
才能開花前
テンタクルス
キャラ性能&個別評価

才能開花で大幅に強化されたキャラ。
特筆すべきは才能特性で習得できる「物理の心得」と「イカした触腕」の二つ。
「物理の特性」は常時物理の威力・効果15%アップ、「イカした触腕」はHP100%の場合移動力が+2になる優れた効果。
HPが100%の場合のみと条件はあるものの、才能特技で習得する「スカッドタックル」と合わせれば最大8マス先の相手に対してダメージを与えられる点は大きな魅力。
物理アタッカーとしての性能も高く、トップクラスのHP量を誇るので耐久力も高め。

唯一の懸念は素早さがやや低めに設定されている事。
「イカした触腕」は行動開始時にHP100%なのが条件である為、素早さが遅ければその特性を剥がされかねない。
その辺りのカバーが出来れば実用性は十分。

ただし才能開花前で運用するには現環境では心もとない。
育成するなら才能開花までを行うのは必須。

 

17位:アリーナ(才能開花後)
キャラ性能&個別評価

これまでネックだった移動力や殲滅力が才能開花によって大幅にカバー。
移動力+1・戦闘開始時にすばやさ&みかわし率大幅アップ・メラ属性物理威力20%アップを才能特性で習得出来る為、全体的に使い勝手が大きく向上。
また新たに才能特技では自身の周囲1マス全ての敵に攻撃可能な「紅蓮脚」を習得。
範囲攻撃を習得する事で周回要員としても運用出来るなど、対応出来るステージの幅が増加。

ただ才能開花で習得出来るみかわし率大幅アップは被ダメージを軽減する訳ではない。
キャラ自体の耐久力は変わらないので強敵と対峙する際には回復能力持ちは必須。
とはいえ、前述したように移動力+1&範囲攻撃を習得できるのは大きな利点。
トップクラスの性能に躍り出る訳ではないが、ネックポイントを改善出来た恩恵は大きい。

既にアリーナを獲得しており、ある程度覚醒も終わっているのなら才能開花も有り。
新規で始める際のリセマラとしてはオススメしない。

 

18位:ゴールデンスライム
キャラ性能&個別評価

※ゴールデンスライムSPスカウトより排出

攻撃&回復のどちらも兼任出来るキャラ。
自身は基本特性でダメージ30%ダウンと耐久力も優れており、長期戦でも活躍可能。
基本特性の副作用としてとくぎの消費MPが20%上昇するデメリットもある。
とはいえ、ダメージ30%軽減はシンプルに使い勝手が良く便利。
高難易度でのヒーラー枠としても編成しやすいのでオススメ。
汎用性が高く、どんな状況であっても腐りにくい優秀な性能。

 

19位:バラモスゾンビ
キャラ性能&個別評価

※バラモスゾンビSPスカウトより排出

3ターン目までの行動開始時に攻撃力アップの「深まる憎悪」を基本特性に持ち、1凸で3ターン目までの行動開始時に移動力&物理耐性アップの「怨嗟の念」を習得。
中~長期戦にかけて真価を発揮するタイプ。

ドルマ属性物理の4回攻撃である「邪悪な魔爪」はまれに攻撃力を下げる追加効果。
確率は高く無いが運が良ければ一気に攻撃力を大幅に下げられるので、高火力の敵対策にも便利。
他にも「ボミエアタック」でときどき素早さを大幅に下げ、範囲攻撃の「ジェノサイドブレス」ではときどき呪い・猛毒に出来るなどデバッファーとしても活躍。

ターンを重ねる毎に強くなる性質と特技によるデバフ付与は主に高難易度での運用がオススメ。
火力も高く幅広く活躍出来る性能となっており、リセマラで狙う価値は十分。

 

20位:ミルドラース
キャラ性能&個別評価

※「総力戦!ミルドラース編」ミルドラース戦ベリーハードの初回クリア報酬で獲得

イベントクリアでキャラ獲得、ミッションクリアで育成が可能なキャラ。
とはいえ初心者/新規勢にはイベント難易度が高く直ぐに最大まで育成する事は困難。

性能的はメラ/ギラ2属性の呪文を習得出来、対象も単体/範囲と使いやすい。
さらに1凸する事で3ターン目にかしこさアップ&MP回復、完凸時にはまれにマホカンタを習得して長期戦でも呪文対策を行えるのがポイント。
また基本特性でHP20%以下で全回復を行えるなど生存率が高いのも高評価。

獲得~育成までイベントで全て叶えられる事を考えれば十分に優秀な性能。
期間があるようなイベントではなく常設イベントである事も有難い。
クリア出来るタイミングで獲得/育成を行うのがオススメ。

 

21位:サンタリーズレット
キャラ性能&個別評価

※サンタリーズレットSPスカウトより排出

ワイトキングと同様に自分を含む5×5マス範囲の呪文威力を10%アップ出来るリーダー特性を保有。
その為、呪文パーティを組むのなら間違いなく確保をオススメ。
さらにヒャド/ドルマの2属性の呪文を習得出来る上、味方攻撃時に追撃できる位置にいた場合ヒャドで追撃が可能。
高火力な点は勿論だが、追撃による手数の多さも魅力の1つといえる。
HPも割と高めに設定されており、耐久力にも期待が出来るのは高評価。
呪文を得意とするモンスターならだれでも恩恵を得られるのは大きな強み。
ただ期間限定キャラなので、育成難易度がやや高いのが難点。

 

22位:祭魔ジュリアンテ(才能開花後)
才能開花前
祭魔ジュリアンテ
キャラ性能&個別評価

才能開花によって移動力+1、才能特性/才能特技を新たに習得。
移動力が強化された事で他の味方と足並みを合わせやすくなり「魅惑のボンオドリ」による攻撃力アップを円滑に付与出来るようになったのが大きなポイント。
さらに射程3マス×3回攻撃の「大花火打ち」を習得出来たりと、遠距離からの攻撃も可能に。
特筆すべきは才能特性である「ボンオドリの極意」。
攻撃時ときどき発動し、その効果は「魅惑のボンオドリ」と同じく味方への攻撃力アップ
その為、常時味方の隣に配置しておけば火力アップを安定して行えるのが特徴。

素早さが高く、先手で攻撃力アップを撒いたりと初手での行動選択の幅が広いのも魅力。
テンタクルス/メタルドラゴン等に比べると戦闘力自体はやや劣り気味。
しかし、それを補えるだけでのサポート能力を持つので才能開花も十分に有り。
元々割と使い勝手の良かったキャラだけにこの強化は有難い。

 

23位:マリベル
キャラ性能&個別評価

※DQⅦ英雄SPスカウト(マリベル)より排出

メラ/バギといった2属性の攻撃呪文を習得出来るキャラ。
特にマリベル流メラミは4マス先の敵に対してダメージを与えられるなど、遠距離からダメージを狙える。
その他、範囲攻撃のバギクロス・改反射不可のファイアバードなど呪文アタッカーとして優れた性能を持つ。
リーダー特性でメラ属性の威力10%アップ、基本特性では呪文攻撃時に威力・効果10%アップなど火力の底上げも容易な点は大きな魅力。
ただ、基本特性はトンヌラ/パンドラボックスなどと違って重複出来ないので注意。
他にも接近戦が不得意など、やや使い勝手に困る部分も。
とはいえ、呪文アタッカーとしての性能は非常に高く獲得出来ればリセマラ終了でも問題無しのレベル。

 

24位:オルゴ・デミーラ
キャラ性能&個別評価

※オルゴ・デミーラSPスカウトより排出

かしこさとMPが高い呪文アタッカー。
リーダースキルで5×5マス範囲の味方に対して消費MP15%ダウンを与えられる為、呪文パーティと相性が良い。
特に長期戦が見込まれる高難易度ではMPが無くなってしまう場合もあり、この効果は非常に魅力的。
基本特性ではHP満タン時に与ダメージ20%アップとなっており、初手で最大火力を発揮しやすいのも特徴。
移動力も3、広範囲攻撃のとくぎを習得出来るなど周回能力が高い点も優秀。
ただ、属性呪文を持たずピンポイントで大ダメージを狙うのがやや難しい
逆にどんな敵に対しても安定したダメージを与えられるので汎用性は高め。

 

25位:バラモス(才能開花後)
才能開花前
バラモス
キャラ性能&個別評価

※バラモスSPスカウトより排出

才能開花で混乱能力がさらに強化された。
今まで混乱付与の特技は「ネクロゴンドの波動」があったが範囲の狭さが難点。
しかし才能特技で習得する「ネクロゴンドの瘴気」は広範囲攻撃&混乱付与
さらに付与も確率アップし、常設クエスト/闘技場などでの活躍を見込める。
そのうえ才能特性である「混沌の魔王」は自分の特技で敵を混乱にした場合、追撃出来る位置なら確定で「混沌の圧縮イオナズン」による追撃を行えたりと火力面も大幅にアップ。

才能特性は他にも移動力+1/混乱成功率+10%×2があり、混乱をばら撒ける確率も大きく上昇。
素早さが遅く行動順は後手に回りがちだが敵が距離を詰めて来たところを広範囲攻撃で迎撃出来たりと、そこまで大きなデメリットには成り得ない。
懸念すべきは高難易度の敵は状態異常無効であるという事と、消費MPの大きさ

とはいえ常設クエスト/闘技場での使用感が大きく上がったメリットは大きい。

 

26位:キラーマシン2
キャラ性能&個別評価

※キラーマシン2SPスカウトより排出

高い攻撃力&素早さを持つアタッカータイプ。
1凸で移動力が3になるなど、敵陣に突っ込ませやすくアタッカーとして優れた性能を誇る。
さらに基本特性では戦闘開始時に攻撃力&呪文耐性アップを行える為、魔法アタッカー対策にも運用可能。
素早さ&移動力の高さで先手を打てる上に高火力と使い勝手は非常にシンプル。
序盤~高難易度までアタッカーとしてブレずに運用出来るので、新規のリセマラにオススメ。
また、自身周囲9マスに攻撃出来るランドインパクトで高い殲滅力&まれに休みの効果。
確率とはいえ、敵への行動制限は強敵との戦闘時大きなメリットになる。

 

27位:クリフト(才能開花後)
キャラ性能&個別評価

才能開花によってさらに補助能力が高まったキャラ。
才能特性では移動力+1・回復特技の消費MPを下げ効果アップ・10ターン目までの行動開始時にひし形範囲内の味方全員のMP10回復を習得。
さらに才能特技では範囲内の味方全員の攻撃力・かしこさを上げる「サントハイムの福音」を習得出来るなど、回復以外の補助能力を獲得。

ヒーラーとしてだけでなくMP回復・火力バフで長期戦サポートも出来るなど幅広い活躍が可能に。
バフ効果だけで言えばセラフィよりも使い勝手が良いものの、才能開花の手間を考えるとわざわざ獲得して育成するかどうか悩みどころ。
既に獲得&育成を終えているのなら才能開花も選択肢としては勿論有り。
しかし、回復能力持ちを手にしているのなら他キャラの才能開花を優先する事をオススメする。

 

28位:プリン
キャラ性能&個別評価

※ドラクエⅡ英雄SPスカウト(プリン)より排出

単体/範囲の両方で活躍出来るスキル構成となっている上、範囲内の味方の状態異常解除が可能。
さらに必殺技の「ムーンブルクの祈り」は味方1体のみだが、ステータスを大幅にアップ&HP大回復
火力だけでなくサポート能力が高く、特に状態異常解除は高難易度クエストで重宝する。
また、基本特性で位置状況に応じて追撃を行える点も魅力の1つ。
攻守優れた性能を持つキャラ。

 

29位:ゾーマ
キャラ性能&個別評価

※ゾーマSPスカウトより排出

全モンスター中トップクラスのかしこさを持ち、総合的にも高いステータスが魅力。
さらに、習得する滅びの氷塊の威力が非常に高くリーダー特性でさらに火力アップも可能。
無属性攻撃のサイコキャノンも習得出来る為、敵の属性に関係なく火力枠として活躍してくれる。
守備力に難がある点はネックだが、基本特性で3ターンの間ダメージ20%カットを獲得出来るなど弱点をカバー。
ヒャド系とくぎを持つキラーマシン/クイーンスライム/グレイトドラゴンとの編成がオススメ。

 

30位:バーバラ
キャラ性能&個別評価

※DQⅥ英雄SPスカウト(バーバラ)より排出

特筆すべきは必殺技である「マダンテ」。
MPを全て消費して広範囲の敵に対して大ダメージを与えられる上に反射不可
威力に関しても消費するMP量に応じて高くなる為、育成するほど高火力を発揮。
また「マダンテ」を使ってMPを全て消費したとしても「まほうのせいすい」によってMP回復を行えるなど、リカバリーも可能。
しかし「マダンテ」使用までに5ターンも掛かる上に習得呪文のMP消費もやや重め
「マダンテ」による一撃ロマン砲要員としてならダメージにも十分期待が出来るものの、汎用性自体は低めの性能。
高難易度のイベント/ボスでのアタッカーとして運用するのがオススメ。

 

31位~

グラコス
キャラ性能&個別評価

※グラコスSPスカウトより排出

ヒャド属性の攻撃が得意な呪文アタッカー。
呪文キャラで有りながらもHPが非常に高く基本特性で行動開始時にHP&MPを回復可能
さらに移動力は2と少ないものの、1凸で偶数ターンにかしこさ&移動力アップを獲得。
いずれも短期戦で輝く能力ではないが、高難易度クエストなどの長期戦には重宝する。

高耐久の呪文アタッカーというだけでも十分価値があり、ターンを重ねるごとに火力アップを見込める点も大きな魅力。
HPだけでなくMP回復も同時に行える為、長期戦でも息切れしにくいのは大きなポイント。
全体的に対長期戦で真価を発揮するキャラなので、高難易度に率先して挑む人にはオススメ。

唯一の懸念材料としては属性攻撃がヒャド系のみというところ。
複数属性で攻撃が出来るように他のとくぎを習得させておくと汎用性が高まる。

 

じげんりゅう
キャラ性能&個別評価

※じげんりゅうSPスカウトより排出

基本特性でステージ内の敵&障害物をすり抜けて移動することが出来る唯一のキャラ。
ステージ依存の性能ではあるものの、障害物に邪魔される事なく最短距離での攻撃出来る点は魅力。
障害物の無い場所では死にスキルと化してしまう部分はネックだが、状況次第では強力な効果といえる。
また、射程の長いとくぎを習得出来るので遠距離からの高火力アタッカーとして運用可能。
HP/防御力が低めに設定されている分、倒されやすい点には注意したい。
リーダー特性で息威力アップを行える貴重なキャラ。
息攻撃を行えるキャラを多く獲得しているなら一気に火力アップを見込める為、獲得しておくのも有り。

 

デボラ
キャラ性能&個別評価

※花嫁SPスカウト(デボラ)より排出

ギラ属性の攻撃に特化した性能となっており、ステータスも非常に高いキャラ。
さらに必殺技の使用で自己大回復&移動力/攻撃力大幅アップ&被ダメージ40%ダウンと個人性能が非常に高め。
必殺技の効果は1ターンと短いものの、瞬間的なステータスは全キャラ中トップクラス
高難易度でのアタッカーとして非常に役立つ性能である事は間違いない。

そのうえリーダースキルで物理威力アップ&特性でギラ属性威力/会心率アップと火力面の補助も優秀。
ギラ属性の攻撃手段を持つキャラが手持ちに少ないのなら狙っておく価値は十分。

 

ヘルバトラー
キャラ性能&個別評価

※ヘルバトラーSPスカウトより排出

高耐久かつMP/賢さが高いキャラ。
さらにギラ/イオ属性の高威力呪文を習得出来るのでアタッカーとして高い性能を誇る。
とはいえ機動力が低く、習得呪文で範囲攻撃もそこまで得意とは言えない
リーダー特性でギラ属性呪文威力20%アップを行える為、トンヌラなどと組み合わせると効果的。
弱くはないが、最優先で確保するほどの性能かは微妙。
キャラとの組み合わせによっては狙うのも有りだが、リセマラではスルーでOK。

 

トンヌラ
キャラ性能&個別評価

※ドラクエⅡ英雄SPスカウト(トンヌラ)より排出

高火力のギラ系範囲攻撃を持ち、さらに確率で呪文を封印出来る「さみだれマホトム斬り」を保有。
呪文パーティに対しては強力な行動制限となる為、刺さる相手がいる場合には是非とも編成しておきたい。
さらに基本特性で敵撃破時に攻撃力/かしこさが大幅にアップするなど、敵を倒す度にパワーアップ可能。
リーダー特性でもギラ属性攻撃10%アップなど、デボラ/ダースドラゴンなどとの編成がオススメ。
汎用性が高いキャラではないが、刺さる場所で真価を発揮するタイプ。

 

にじくじゃく(才能開花後)
才能開花前
にじくじゃく
キャラ性能&個別評価

才能開花によってHPの底上げ、火力面の見直しがされたキャラ。
才能特技である「業炎竜」はひし形範囲となっており、高威力
さらに才能特性でメラ属性体技威力20%アップを獲得出来るなど、殲滅力が大幅アップ。
移動力に関しても+1となり、高い素早さを活かし敵陣に切り込んで広範囲攻撃などが可能に。
習得する特技の消費MPは重いものの、1凸でときどきMP回復を習得する事でカバー。

初期キャラ救済措置の才能開花で大幅な強化となったものの、メラ属性キャラは多め。
その為メラ属性キャラが手持ちにいないorメラ属性で固めて特化パーティを作りたいなら才能開花までをオススメ。
素材が貴重な分、自分に足りない点を補えるようなキャラをしっかりと考えて才能開花を行いたい。

才能開花をしないのであれば当然狙う必要はない。

 

フォレストドラゴ
キャラ性能&個別評価

※フォレストドラゴSPスカウトより排出

トップクラスのHP/守備力/MPを誇る防御能力に特化したキャラ。
さらにリーダー特性でドラゴン系の味方守備力を30%増加出来たりと編成次第では大きくパーティの耐久力を底上げ出来るのがポイント。
さらに基本特性では被ダメージ時に確率で守備力アップの効果を持つなど、タンク役としては非常に優秀。
他にも、範囲内の味方へダメージ20%軽減効果を付与出来る技を習得したりと補助能力が高い。
火力自体も低いとは言えないが、トップ層のアタッカーに比べるといまいち。
自身/味方の防御力を底上げして高火力の敵が出現する高難易度ステージで活躍するタイプ。

 

ハーゴン
キャラ性能&個別評価

※ハーゴンSPスカウトより排出

高火力のドルマ/イオ系呪文を習得できる呪文アタッカー。
かしこさのステータスも高く、基本特性で戦闘開始時にダメージ20%軽減(3ターン)があったりと防御面も中々。
リーダースキルではドルマ系呪文威力を20%アップトリックグレイツェル/サンタリーズレットなどとの組み合わせで火力アップを見込めるのも有難い。
さらに1凸で呪文のコツを習得し消費MP軽減、呪い付与のカースイオナズンでの行動制限など火力面以外も優秀。
呪文パーティの軸となる性能を持つキャラなので、呪文アタッカーの層が薄いなら狙うのも有り。

 

魔戦士ヴェーラ
キャラ性能&個別評価

※魔戦士ヴェーラSPスカウトより排出

全体的にステータスが高く、体技に特化した無属性のアタッカー。
さらに基本特性により、戦闘開始時に移動力を2段階アップを行える上に射程の長い技を習得可能。
その為、初手で敵に対してダメージを与えられるなど短期戦での活躍を見込めるタイプ。
また、リーダー特性では5×5マス範囲の味方に体技威力10%アップを付与。
同じく体技系に特化したキングレオなどと組み合わせて運用するとシナジーを得やすい。
その他、移動不能/引き寄せなど敵の行動を制限出来る点も優秀。
ただし、確率発動なので前述した効果込みで戦略を練りにくい点は注意。

 

ハッサン
キャラ性能&個別評価

※DQⅥイベントクエストノーマル1章4話クリアで獲得可能

イベントクエストをクリアする事で獲得出来るSキャラ。
習得する特技は全てが単体攻撃となっており、殲滅力は低め

ただし英雄キャラ固有の必殺技は奥義範囲に360%と驚異のダメージ倍率を誇る。
威力の高さだけなら全キャラトップクラスの性能かつ、1凸で移動力も3まで増加
周回能力は低いもののイベントで獲得出来るアタッカーとしては破格の性能。

特に新規勢にとっては重宝する存在なので忘れずに獲得しておくことをオススメする。
またハッサン漢の道ミッションを達成する事で覚醒も行えるなど育成難易度も低い
今回のイベントを逃すと入手出来なくなってしまう為、確保必須。

 

ビアンカ
キャラ性能&個別評価

※花嫁SPスカウト(ビアンカ)より排出

物理攻撃に特化した性能を持ち、バイキルトで自身の火力アップも可能。
さらに反撃/???系特効といった特殊な技を習得出来たりと、汎用性が高いというよりも若干ピーキーなキャラ。
現時点では???系のモンスターが少なく、刺さる場所が少ないが今後の事を考えれば入手も視野に入れておきたい。
貴重なデイン系のスキルも併せ持つ為、それ狙いで確保するのも有り。
汎用性を求めるのであればフローラ/デボラを獲得するのがオススメ。

 

ゴッドライダー
キャラ性能&個別評価

※ゴッドライダーSPスカウトより排出

トップクラスの攻撃力を持ち、単体/範囲攻撃のとくぎを習得
さらに基本特性で自身の攻撃力アップ、リーダー特性で敵の防御力ダウンなど豊富な火力アップの要素を保有。
それ以外にも、育成を進めると移動力が3になるので早い段階で高ダメージを与えられる点も魅力。
物理モンスターとの相性も良く、祭魔ジュリアンテ/竜王/キラーマシンのような強力な物理アタッカーと編成出来ればより大きなシナジーを獲得出来る。
高火力のモンスターはそれだけで価値があるので、是非ともガチャ開催期間に狙っておきたい。

 

マーブルン
キャラ性能&個別評価

※闘技場メダル交換所で獲得可能

高いかしこさに加え、基本特性で3ターン目までの行動開始時に2ターンかしこさを上げられる
呪文をメインに使うキャラはかしこさが重要なステータスとなっており、開幕から得られるバフは大きな魅力といえる。
さらに広範囲の味方に対して呪文耐性アップを付与出来る「マジックベール」が便利。
対呪文アタッカーとの戦闘時に被ダメージを大きく軽減出来るのでサポート要員としても活躍。

また攻撃対象は単体だが高威力&防御ダウンの「メラゾーニャ」で火力も出せる。
敵を仕留めそこなったとしても、後続キャラのダメージアップを狙えるのは有難い効果。
物理アタッカー相手だと恩恵は少ないが、呪文アタッカーには強く対策として使える。
手持ちにいると編成幅が広がる事を考えて入手しておくのも有り。
闘技場メダルでのみ交換出来るキャラなのでリセマラでの獲得は不可能。

 

祭魔ジュリアンテ
キャラ性能&個別評価

※祭魔ジュリアンテSPスカウトより排出

イオ属性の物理攻撃に特化したモンスター。
強力な単体/範囲攻撃を持つ為、敵数に関わらず活躍出来るのがポイント。
範囲内の味方へ攻撃力バフを付与出来る魅惑のボンオドリはパーティの火力アップも貢献出来、高難易度で重宝する。
さらに特性の祭魔のビートですばやさを大幅にアップしたり、リーダー特性で味方の物理威力をアップしたりと自身/味方への恩恵が大きいのも魅力。
唯一のネックは移動力が2と少なく味方に合わせにくいところだが、それを差し引いても十分強力な性能。

 

ギュメイ将軍
キャラ性能&個別評価

※ギュメイ将軍SPスカウトより排出

基本特性による追撃、デイン系/物理範囲攻撃を持つアタッカー。
追撃に関しては位置状況によっては発動しないものの、ダメージを追加で与えられるのはシンプルに嬉しい。
ただし確実な発動ではないので過度の期待は禁物。
デイン系アタッカーがどうしても必要な場合には狙うのも有りだが、トップ層のキャラに比べると若干劣る。
決して弱くはないが、最優先という程ではないキャラ。
1凸で火力&移動力アップを獲得出来るので、入手するなら最低でもそこまでは育成したい。

 

シュバルツシュルト
キャラ性能&個別評価

※闘技場メダル交換所で獲得可能

ヒャド属性物理の「氷結大車輪」、無属性物理の「キングダムソード」を習得可能。
「キングダムソード」は自身周囲1マス範囲にダメージ&守備力をまれに下げられる為、デバフを一気に撒きたい時などに便利。
また初期から「バイキルト」を習得しており、1凸で移動力も3にアップ。
その為、火力枠だけでなく味方のパーティの補助役としても運用出来る。
元々ヒャド属性物理を習得できるSランクキャラ自体が少なく、弱点を突けるキャラはそれだけで便利

リーダー特性も汎用性が高い5×5マス範囲の守備力20%ダウン
前線に出つつ味方の火力アップを狙える点はどんな編成にも組み込みやすい。
前線での活躍は勿論、前述したバフ/デバフ効果でサポート要員としての運用も有り。
闘技場メダルでの交換でしか入手出来ない為、リセマラでは狙えないが性能的にはかなり優秀。
ヒャド属性の弱点を突けるキャラが手持ちにいないなら是非とも獲得しておきたい。

 

フローラ
キャラ性能&個別評価

※花嫁SPスカウト(フローラ)より排出

回復魔法のベホイム/バギ系呪文ダメージ&確率で眠らせるまどろみの風など、使い勝手の良い技を保有。
攻撃手段としても、イオ属性呪文攻撃のばくれつ魔弾を持っていたりと器用に幅広くこなせるタイプ。
さらにリーダー特性でイオ属性呪文ダメージ20%アップがあるので、パーティの火力アップにも貢献可能。
3/5ターン目にはMP回復の特性がある為、スキルの回転率が良いのもポイント。
味方に対しての恩恵も大きく、アタッカーとしての戦力も高め。
非常に使い勝手が良いキャラなので、是非とも獲得しておきたい。
ビアンカ/ビアンカと比べてもおすすめ。

 

アリーナ
キャラ性能&個別評価

※アリーナSPスカウトより排出

トップクラスの攻撃力を誇るキャラ。
メラ属性物理攻撃力を基本特性&リーダー特性で底上げ出来るなど、自身の火力アップも容易。
使用回数1回と制限があるものの、過去のキャラにはない必殺技を保有。
必殺技の使用は3ターン経過が条件だが、火力の高さを考ればそこまで気にならない。
それ以前に、普通に習得する特技も強力なものが揃っており単体/範囲に対応可能。
アタッカーとしての性能は突出しており、周回/ボスのいずれでも活躍を見込める
ステータスも高く、確保しておいて損はない。

 

りゅうおう
キャラ性能&個別評価

※りゅうおうSPスカウトより排出

メラ系呪文に特化した性能を誇り、トップクラスのかしこさを誇る。
さらにリーダー特性は自分を含む5×5マス範囲のメラ系呪文威力を20%アップと優秀。
メラ系呪文を習得するモンスターはにじくじゃく/れんごくちょうがいるので同時編成による火力の底上げも容易。
特に範囲内ランダム4回攻撃のれんごく魔弾は強力。
単体/複数にも対応出来る優れた性能となっており、是非とも獲得しておきたい。
ただし逆にメラ系に特化し過ぎているがゆえ使い辛い部分もあり、全てを凌駕するとまではいえない。

 

グレイトドラゴン(才能開花後)
才能開花前
グレイトドラゴン
キャラ性能&個別評価

才能開花によって広範囲の息攻撃である「ふぶき」を習得出来るようになった。
さらに才能特性でヒャド属性息の威力20%アップ&息の威力・効果15%アップを獲得出来る。
その為、息攻撃を行うキャラとしてはトップクラスの火力。
なおかつ移動力+1も才能特性で獲得出来る為、ネックだった移動力もカバー。
中でも一番大きいメリットは攻撃範囲の拡大。
才能開花前は単体or直線範囲と敵を巻き込んでのダメージが出しにくかったが、「ふぶき」は扇形と広範囲に攻撃可能。
それにより使い勝手が飛躍したことは言うまでもない。

とはいえ、特技の攻撃属性がヒャドのみの特化型。
ヒャド属性が弱点の敵には圧倒的な火力を誇るが、耐性持ちだとどうしても威力を出せない
その事を考えれば才能開花の優先度としては低め。
どうしてもヒャド属性特化型のキャラが欲しいなら才能開花をするのも有り。

 

ゲリュオン
キャラ性能&個別評価

※ゲリュオンSPスカウトより排出

攻撃能力/素早さ/移動力が高く、敵との距離を詰めて最短でダメージを与えられる周回能力の高さを保有。
さらに確率で1回休みにする範囲攻撃など、敵の行動を制限出来る点も優秀。
特性により、戦闘開始時から自身に攻撃力バフを付与出来るので最大火力までに掛かる時間も短くアタッカー向きのキャラ。
シンプルに使いやすく、火力枠としてなら基本的にどんな編成でも運用可能。
1つだけネックとなる部分は攻撃属性がバギ属性のみとなっており、バギ属性の耐性持ちにはダメージを通せない。
その為、バギ属性に耐性を持つ敵との戦闘においては他キャラを運用するのがベスト。
とはいえ大きな弱点も少なく、アタッカーとして必要な性能が長けておりリセマラで狙う分には当たり。

 

ベスキング(才能開花後)
才能開花前
ベスキング
キャラ性能&個別評価

才能特技で習得出来る「焦熱プレス」が非常に強力。
前方範囲内の敵にダメージを与えつつ自身も最大3マス移動、その上ときどき攻撃力を下げられるなど一気にデバフを撒けるのが魅力。
才能特性では「物理封じの体技」/「ぶちかましのかまえ」/「素早さ+40」×2を獲得。
元々低かった素早さを大きく底上げ出来る上に、体技での攻撃時にまれに物理を封印可能。
特にエスタークなどの物理特化キャラには優位に立ち回れるのがポイント。
「ぶちかましのかまえ」に関しては被ダメージ前提となっており、耐久面を盛っておくことが前提なので注意。
性能的には大幅に強化されたとはいえ、元々の能力が低く才能開花が大前提。
貴重な素材をベスキングに使うよりもメタルドラゴン/りゅうおう等に使った方が効率的。

 

トリックグレイツェル
キャラ性能&個別評価

※トリックグレイツェルSPスカウトより排出

MP/すばやさ/かしこさが高い魔法アタッカー。
ドルマ属性の攻撃呪文を豊富に持ち、範囲攻撃も得意なキャラ。
基本特性によって3ターン目の行動開始時、MPを回復して尚且つかしこさを大幅にアップ可能。
その為、短期戦での周回要素は低くどちらかというと長期戦に特化した性能といえる。
3ターン目に合わせて自分/相手の位置をうまく調整する事で高い殲滅力を誇るなど、オートよりもマニュアル操作によって真価を発揮するタイプ。
ドルマ属性呪文威力を20%アップ出来るリーダー特性を持つが、汎用性は現時点では低め。
ワイトキングなどをリーダーに置いて呪文パーティを組んだ方がシナジーを得やすい。

 

ワイトキング
キャラ性能&個別評価

魔法攻撃に特化したモンスターとなっており、単体/範囲に対して攻撃が行えるのもポイント。
ボス/雑魚処理のどちらでも対応出来る為、アタッカーとして優れた性能を誇る。
尚且つ、リーダー特性でもパーティの呪文威力を底上げ出来たりと味方への恩恵も大きい。
耐久値に難があるのはネックだが、その点を差し引いても優先度の高いモンスターといえる。
リセマラを行う場合には狙うのをオススメ。
同じく呪文が得意なにじくじゃくと合わせて編成したい。

 

竜王
キャラ性能&個別評価

※竜王SPスカウトより排出

高火力の単体攻撃&範囲攻撃を持つ為、雑魚処理&ボス戦の両方で運用可能。
特性で戦闘開始時に2ターン移動力 1アップの効果も、敵との距離を詰めるにあたって嬉しい効果。
リーダー特性では敵の守備力を20%ダウン出来たりと、高火力のモンスターとの相性が良い。
ただ、特技の消費MPが多い事などもあり性能的には短期決戦向け。
かしこさが低く、物理パーティ以外での運用には向かない点はネック。
物理パーティで火力不足に悩んでいるのならオススメ。

 

大魔王ミルドラース
キャラ性能&個別評価

※大魔王ミルドラースSPスカウトより排出

耐久力に特化したタイプのキャラ。
シンプルに壁役として優秀なステータスを持つうえ、「魔界の霧」で3×3マス範囲の敵に攻撃力/かしこさ大幅ダウンを行えたりと被ダメージ軽減にも大きく貢献出来る。
特性効果で自身が敵撃破時にはHP回復を行えるなど生存率の高さも魅力。
火力面に関しても単体4回攻撃の「れんごく火球」を習得できるなど、十分なダメージソースを保有。
高火力で敵撃破→HP回復→壁役になるとパーティの攻撃から防御までを1体で担えるのは有難い。
とはいえ、火力はトップ層のキャラに比べると見劣りしてしまうのでメイン運用はデバフ&壁役。
高火力の敵と対峙した際の活躍を見込こむなら獲得しておくのも有り。

 

クリフト
キャラ性能&個別評価

※クリフトSPスカウトより排出

貴重な回復とくぎであるベホマラーを習得出来るキャラ。
範囲は自分を含む1~2マスと広くはないが、大回復出来るアドバンテージは高難易度でも重宝する。
なおかつ味方に対しての攻撃力&呪文耐性バフ、リーダー特性で範囲内の敵に攻撃力10%ダウンなど支援能力が高い。
アリーナと同様に英雄系キャラのみが持つ必殺技も当然保有。
高火力の範囲攻撃となっており、直線範囲が若干使い辛い点を除けば十分優秀。
基本特性に関しても3ターン経過後にMP回復&防御バフを獲得出来る為、長期戦でこそ真価を発揮するタイプ。
難易度が高ければ長期戦にもつれ込みやすく、支援能力の高い点は高評価。

 

バラモス
キャラ性能&個別評価

※バラモスSPスカウトより排出

イオ属性の単体/範囲技を習得する為、敵数に関わらず活躍出来るのがポイント。
さらに範囲攻撃&混乱付与も出来たりと戦闘を優位に運ぶ上でも優秀な技を保有。
特に呪文の威力が高く、ワイトキングをリーダーに置いてさらなる火力アップを狙いたい。
唯一の懸念材料は素早さがかなり遅めに設定されている事。
火力の高さと引き換えに行動順が非常に遅い為、メタルドラゴン等の壁役を置くなどしてカバーしたい。

 

キラーマシン
キャラ性能&個別評価

※キラーマシンSPスカウトより排出

高威力の単体攻撃であるマヒャド斬りを習得可能なモンスター。
その為、ボス/強敵に対して効率よくダメージを与えられる点が魅力。
周囲1マス範囲に対しての範囲攻撃など、巻き込みやすいとくぎも扱いやすい。
ただリーダー特性がヒャド属性物理威力アップとなっており、若干使い辛いのがネック。
とはいえ優秀な性能なので、リセマラする価値は十分。
グレイトドラゴン(息系に効果は無いですが)との組み合わせも有効。

 

トマホーガー
キャラ性能&個別評価

※闘技場限定報酬で獲得

闘技場で獲得出来る為、ガチャでは排出されないキャラ。
攻撃力が高く、さらに基本特性で2ターンのみだが攻撃力アップも可能。
育成を進める事で移動力アップも出来るので高ダメージを初手で狙えるのもメリット。
範囲攻撃が得意確率で攻撃力大幅デバフの破刃斬なども高火力の敵に対して便利。
ただ、現状リーダースキルのドラゴン系物理威力20%アップが刺さる味方が少なくリーダーとしては低評価

 

ダースドラゴン
キャラ性能&個別評価

※ダースドラゴンSPスカウトより排出

ギラ系の攻撃に特化した性能となっており、自身のリーダー特性でもギラ属性威力10%アップが可能。
範囲攻撃は高火力だが、全て直線で若干敵を巻き込みにくい点がネック。
閃熱さみだれ斬りはランダムで4回攻撃を行える為、単体相手にダメージを稼げるのがポイント。
複数/単体問わずに火力を発揮出来るので雑魚処理/ボスアタッカーと幅広い運用を狙える。

 

にじくじゃく
キャラ性能&個別評価

メラ系/デイン系の2属性持ち
その為、敵に刺さりやすく幅広く運用出来る汎用性の高いモンスター。
さらに遠距離/範囲攻撃持ちとなっており、雑魚処理が得意な点も魅力。
ただ弱点属性が3つあったりと耐久値が低いので、その点は注意が必要。
れんごくちょうは敵のメラ耐性を25%下げられる為、同時に編成する事で火力アップが可能。

 

テンタクルス
キャラ性能&個別評価

範囲内の敵にランダム4回攻撃のばくれつけんを習得する貴重なモンスター。
連続での攻撃は単体/複数、のどちらでも対応出来る上にメタル系モンスターにも優れた効果を発揮する。
リーダー特性は物理威力+10%となっており、属性に縛られずに味方の火力を底上げ可能。
しかし、10%とそこまで効果量が多くないので過度の期待は禁物。

 

トロルキング
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く、周囲1マス範囲に対しての範囲攻撃を2つ保有
敵を巻き込みやすく尚且つ大ダメージを狙える為、殲滅力の高さはトップクラス。
尚且つ、敵の攻撃力を10%下げるリーダー特性で味方全体の被ダメージを軽減出来るのもポイント。
遠距離からの攻撃が出来ないので、遠距離攻撃を行って来る相手は苦手。

 

スライムエンペラー
キャラ性能&個別評価

ベホマラー/スクルトを使う事で範囲内の味方に対してサポートを行えるモンスター。
全体的にステータスが低い点はネックだが、貴重なサポート能力を持つので先を見据えての育成も有り。
リーダー特性で守備力を30%アップを行えるが、スライム系のみ。
その為、運用する場合はリーダー設定せずにあくまでもサポート要員として割り切ろう。

 

クイーンスライム
キャラ性能&個別評価

※クイーンスライムSPスカウトより排出

ヒャド系の特技に特化しており、ダメージを与えた敵を引き寄せるスキルを持つモンスター。
その為、敵を引き寄せて他の味方と一気にタコ殴りという戦法を使えるのが魅力。
リーダー特性はスライム系体技を威力を20%アップとやや汎用性は低め。
スライムパーティを編成しているなら獲得も有りだが、それ以外なら微妙。
HPの高いタンクとしても運用出来る為、引き寄せスキルをうまく使ったサポート要員として使いたい。

 

ベスキング
キャラ性能&個別評価

ノックバック効果のあるとくぎを習得できる為、敵の進行を妨害可能。
移動マスが少なく、攻撃範囲が短い相手なら一方的にダメージを与えられるのが特徴。
物理だけでなく、ギラ系呪文を使えたりと幅広い運用が可能なモンスター。
リーダー特性が5×5マス範囲に対してのみなので、恩恵を得るには味方の配置に注意が必要

 

れんごくちょう
キャラ性能&個別評価

移動力が4マスの魔法アタッカーとなっており、敵との距離を置くのに便利な性能。
リーダー特性では敵のメラ耐性を25%低下させたりと、メラ系の呪文を持つモンスターと同時に編成させたい。
耐久値は低めに設定されているが、壁役のモンスターを編成しておけば持前の移動力で十分逃げられる。
魔法アタッカーとしては十分優秀な性能を持つ為、獲得しておいて損はない。

 

アークデーモン
キャラ性能&個別評価

習得するとくぎ全てが範囲攻撃となっており、殲滅力に特化したモンスター。
リーダー特性で消費MP10%カットを持っているので、連続して魔法を打ちやすいのも特徴。
火力/耐久面に関してはやや低めに設定されているが、2番手/3番手で獲得しておくと便利な性能。

 

グレイトドラゴン
キャラ性能&個別評価

全てのとくぎがヒャド系となっているので、ステージを選ぶ性能のモンスター。
リーダー特性はドラゴン系息威力20%アップとなっており、こちらも限定的な効果といえる。
攻守が安定したステータスとなっており、すばやさが突出したステータス。
上位モンスターに比べると汎用性が低いので優先度はそこまで高くない。

 

カイザードラゴン
キャラ性能&個別評価

習得するとくぎが全て単体攻撃となっているモンスター。
殲滅力に欠け、複数の敵を相手にするのは苦手なタイプ。
しかし逆にボス/強敵に対しては非常に突出した性能と誇る単体アタッカー。
特に天雷斬りは威力が非常に高く、火力面ではトップクラス。
ドラゴン系の守備力を30%アップ出来る為、ドラゴン系でパーティを揃える場合には魅力。
汎用性を求めるなら上位モンスターがオススメ。

 

ヘルクラッシャー
キャラ性能&個別評価

複数の連続攻撃を持つモンスター。
その為、メタル系モンスターに対して効果的にダメージを与えられる。
ただ、対象が全て単体となっており殲滅力の低さがネック。
リーダー特性で毒耐性50%低下、尚且つ自身で毒付与が出来るので毒が効く強敵には安定したダメージを狙える。

 

おにこんぼう
キャラ性能&個別評価

高威力の単体/範囲攻撃を習得出来るモンスター。
特技の威力は高いが、攻撃力がそこまで高くないので過度の期待は禁物。
どちらかというとステータスは防御特化となっているので、壁役を求める場合にオススメ。
とはいえ全体的に火力の方が重要な為、狙うのは後回しでOK。

 

メタルドラゴン
キャラ性能&個別評価

攻撃タイプだが、防御力が高いモンスター。
ドラゴンと名前がついているが、物質系なのでカイザードラゴンのリーダー特性には引っかからない点には注意。
単体/範囲攻撃のとくぎを習得できる為、汎用性は高め。
とはいえ、攻撃タイプでありながらもそこまで火力を出せない点はネック。
リセマラを行ってまで狙うようなモンスターとは言えない。

 

総合評価

Sランクのキャラはどれも強力な性能となっており、リセマラするなら必ず獲得をオススメします。
中でも上位キャラは火力/特性が強力なものとなっており、獲得しておけば序盤の難易度を大きく下げられる優秀な性能です。
期間限定でしか入手出来ないキャラもいますが、その分優秀な性能を持つ為狙っておいて損はありません。
育成の厳しさを考えるなら常設スカウトから排出される上位キャラを狙うようにしましょう。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新
 

  • 名前:ドラゴンクエストタクト
  • 会社:SQUARE ENIX Co.,Ltd.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 
 


 
 


コメント

“【ドラクエタクト(DQタクト)】リセマラ当たり最強Sランクキャラランキング” への3件のフィードバック

  1. バンバン より:

    安定のメタドラの順位ww

  2. 匿名 より:

    ダークドレアム45連目で出ました!!!

  3. モモですねぃ!!! より:

    ゾーマ欲しいなぁ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。