【Re:ゼロから始める異世界生活リゼロス】リセマラ当たり最強星3ランキング

ホーム /  当たりランキング / 【Re:ゼロから始める異世界生活リゼロス】リセマラ当たり最強星3ランキング

【Re:ゼロから始める異世界生活リゼロス】リセマラ当たり最強星3ランキング

「Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロス Lost in Memories 本格アドベンチャーRPG」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめ星3キャラ(最大育成時星5)&星3記憶結晶をランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!




 

 

-関連記事-

リセマラやり方
超越再現方法まとめ
属性強化方法まとめ
強者の塔攻略
踏破イベント ツインアイドル★オールナイト!攻略

 

 

最強星3キャラランキング

1位:【氷雪に輝く王冠】エミリア
キャラ性能&個別評価

※超フェスガチャ氷雪に輝く王冠より排出

初実装の超フェスガチャキャラ。
青属性のキャラで固有の幻装ゲージ持ち。
初手発動のスキル3は耐性無視で強化効果2個奪取&散漫付与&単体1000%攻撃
青属性の味方数×1回で攻撃を行える為、青属性縛りで飛び抜けた単体火力を発揮。
同時に全体凍結まで付与出来るので、1手で火力&行動制限を撒けるのが強み。

スキル2は敵全体の強化効果を弱化効果に5個置換
そのうえ攻撃減少(大)を撒く事で、戦闘開始時にバフを獲得するような相手に対して強気に立ち回れる。
またスキル1の通常攻撃時には与ダメージ100%回復&凍結付与、加えて無敵&守護を獲得。
スキル2/3は共にクールタイムが3/5と長めに設定されているものの、そちらはクールタイム短縮キャラを編成する事で十分カバー可能。

特筆すべきはスキル4のパッシブ効果。
常時青属性の味方数×防御力50%増加&封印/継続ダメージ/崩壊/属性変化無効&青属性の味方に凍結/散漫無効、順応を付与。
他にも味方のターン獲得時/被攻撃時に属性変化(青)を付与
被攻撃時/HP50%以下時/味方HP回復時に幻装ゲージが増加→幻装状態に移行した際には敵味方全体に虚無、味方全体HP100%回復&HP100%復活が発動。

幻装状態になるとステータスが大幅アップ&スキル性能が大きく向上
詳しくはキャラページに飛んでスキル詳細を確認して頂きたいものの、中でも強力なのがスキル3の威力が1000%→5000%に強化。
さらに自身がHP25%以上だと、青属性の味方にHP不変を付与出来るなど火力&補助性能が脅威。
また新効果の順応は属性相性効果を軽減するなど、苦手属性に対する弱点をカバー。

青属性パーティをメインに運用しているなら間違いなく獲得をオススメ。
ただし幻装ゲージは【花火見物の妙案】スバル&ベアトリス/【アイドル姉妹】ラム&レムが持つ共鳴ゲージと似たようなもので、幻装状態になるまでが唯一の弱点といえる。
しかし正直幻装状態前でも十分強く、属性変化による青縛りも戦闘中に行えるなど編成幅も広い。
他は必中スキルが少ない為、幻化状態の敵にダメージを与えにくいくらいか。
新規勢なら確実に獲得して、このキャラを起点にパーティ編成を行いたい。
幻装状態への移行を早めるなら下位福スキル持ちを編成しておくと便利。

 

2位:【気だるさに身を任せ】セクメト
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ気だるさに身を任せより排出

赤属性のキャラ。
攻守速全てが高水準となっており、ステータスだけなら性能はトップクラス。
ただしバトル開始時に発動するパッシブ効果で獲得する怠惰によって2ターンに1回しか行動出来ない
そのうえ同時に呪縛/抵抗も獲得する為、規定の10ターンを超えるまで怠惰が解除されない点もネック。
また敵味方全体に奪取/転嫁/剥落/経刻無効を発動する事で、経刻によるターン数促進効果も不可能。
反面自身に防御力200%増加/回復不能無効を獲得出来るのは強み。
さらに前述したパッシブが即時発動する事でスキル4のフィールド効果も同時発動。
それにより敵味方全体に強化効果全解除/攻撃力50%永続減少/回復不能/継続ダメージを付与。

基本的には初手でフィールドスキルの発動までを持って行ける為、耐久面は大きく向上。
2回に1回しか行動出来ないデメリットもある程度カバー出来る。

特筆すべきは待機クールタイムが2あるが、攻撃六50%永続増加を発動してから行う全体攻撃のスキル3。
必中効果な上に威力4000%&3ターン封印&自身は再ターン獲得と非常に強力。
スキル1の通常攻撃に関しても1500%と基本的には全て高威力。
同時に行動ゲージ100%減少付与、自身には行動ゲージ100%増加&防御力5%永続減少を獲得。

全体的に性能自体は高スペック。
しかし前述した奪取/転嫁/剥落/経刻などを起点に戦うキャラとの相性が悪く、編成縛りが若干強め。
メリットとしては怠惰の影響で2回に1回しか行動が出来ない=1回は行動としてみなされないという点。
このおかげで継続ダメージの影響も1回無効化。
また超高火力の全体攻撃&封印効果で敵の行動を大きく制限出来るのは強力の一言。
癖が強いキャラではあるが、獲得しておいて損はない。

 

3位:【強気なチアガール】ラム
キャラ性能&個別評価

※強気なチアガール特別ガチャ

緑属性のキャラ。
パッシブ効果で常時緑属性の味方に対して防御力100%増加&散漫/狂乱/凍結/魅了/クールタイム増加無効を発動し、自身の攻撃力/素早さを敵の属性数×85%増加
さらにスキル2を先制発動出来るなど、非常に優れた補助能力を保有。
またそのスキル2では味方全体を緑属性にし、敵全体に行動ゲージ100%減少&ランダムな敵1体に属性変化(ランダム)&防御力が1番高い敵に封印を付与可能。
この新状態異常の封印は単体のみだが、スキル1以外はパッシブも含めて全て使用不可。
それに加えてスキル3でも全体攻撃&呪縛/強化不能/回復不能を付与し、緑属性の味方が3体以上いればランダムな敵1体を封印

そもそも初手発動のスキル2で味方全体を緑属性に出来る為、相手が属性変化を使ってこない限り封印発動の条件は確定。
前述したスキル効果だけでも十分強力だが、ダメージスキルは全て必中なのも強み。
幻化持ちのキャラにも刺さり、スキル封印を付与しやすのも魅力。
【太陽姫のバカンス】プリシラ/【水際で一休み】クルシュなど、弱化延長を持つキャラがいれば相手の強みを打ち消した状態で戦闘を展開可能。
単体では封印効果は1ターンのみなので、出来れば前述した2体と同時編成がオススメ。

 

 

4位:【花火見物の妙案】スバル&ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※ペアキャラ登場 花火見物の妙案ガチャより排出

紫属性のキャラ。
【アイドル姉妹】ラム&レムに続いて2体目のペアキャラ。
共鳴ゲージが溜まると通常状態→共鳴状態へと移行し、ステータス&スキルが大幅に向上する
通常状態をいかに早く切り抜けて共鳴状態になるかがポイントだが、そもそも通常状態でも割と優秀。

基本的に通常状態は火力よりも、敵or味方に発動する属性変化(紫)や強化不能/弱化解除/HP回復/行動ゲージ増加といった戦闘を優位に展開する性能に特化
また自動発動となるスキル4では味方がターンを獲得する度に共鳴ゲージ増加を獲得。
その為、行動ゲージ増加/再行動/素早さ増加といった行動回転率が早いキャラと組み合わせたい。

共鳴状態への移行後はスキル威力が大幅に底上げされ、自身ターン獲得毎に攻撃力が永続的に30%増加
そのうえ味方全体のHPを50%回復出来るなど攻守のサポート能力も高い。
特に必中全体攻撃で付与出来る散漫/遺失/強化不能は驚異的。
紫属性縛りの編成に向いており、紫染めの能力が高く敵味方全体の紫属性人数に応じてスキル威力/自身の防御力アップ得られる個人能力の高さもポイント。
さらに幻化持ちの【眩しい夏のひととき】エキドナ、紫属性に対して強力な防御バフを持つ【浜辺で大はしゃぎ】フェルト/【出航!ヨーソロー】アナスタシアと組み合わせてる事で共鳴状態まで安定して移行出来るようになる。

 

5位:【噴き上がる喝采】レム
キャラ性能&個別評価

※2nd Anniversary噴き上がる喝采特別ガチャより排出

2周年に実装されたキャラ。
赤属性特化型の【軽やかな歌謡】エミリアに対して、こちらは青属性特化の性能。
スキル3の全体攻撃は敵味方全体の青属性人数×150%で3回攻撃&凍結&強化不能を付与
またこの効果は全て必中となっており、例え相手が幻化状態であっても発動
さらにスキル2では味方全体に10個置換(弱化→強化)&HP100%回復&守護&防御強化
弱化効果を複数重ねられていたとしても一手で強みに変えられる点は大きなメリット。
これだけでも十分強力だが、スキル4のパッシブ効果で常時青属性の敵味方数×50%の攻守バフを獲得。
さらに味方HP回復時にはランダムな敵1体に3ターンの属性変化(青)を付与し、青属性の敵味方が6人以上なら自身に奪取/剥落/魅了/散漫/遺失無効と状態異常にも強い。

そもそもこのキャラ自体が通常攻撃時に味方全体のHP回復を発動する為、属性変化をばら撒きやすい。
HP回復要員である【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【青の称号を背負って】フェリス等と組み合わせて運用する事で敵を青染にするのも容易い。
敵の属性を変える事で戦闘を優位に展開出来る点は勿論、敵パーティのパッシブから外す事も可能。
これまで無双してた幻化キャラが必中によってナーフされた事は言うまでも無く、前述したエミリアを含めて新しい形の属性縛りパーティが主流になるだろう。
味方がHP回復する度に青属性に変えられるのは無茶苦茶強いので、青縛りをメインパーティとして運用しているのであれば必須。

 

6位:【軽やかな歌謡】エミリア
キャラ性能&個別評価

※2nd Anniversary軽やかな歌謡特別ガチャより排出(初回10連無料)

赤属性キャラ。
敵味方にいる赤属性キャラの人数に応じてスキル効果が変動するタイプ。
特にスキル3の全体攻撃では赤属性人数×1回の攻撃となっており、敵でも味方でも赤属性キャラが多いほど攻撃回数が増加する
同時に自身を除く味方に対してクールタイム1ターン減少を付与出来るが、こちらは攻撃回数に応じて重なるので赤属性縛りの編成だとスキルが高回転で回るのもポイント。
さらにスキル4のパッシブ効果では敵味方を含む赤属性人数×30%分、自身の攻守を増加
この2点のスキル効果のみを考えても必ず赤属性縛りで実用したい。
またスキル2の効果でランダムな敵を一定ターン赤属性に変化出来るうえに、前述したパッシブ効果でこのスキルは先制発動
つまり赤属性人数を1人増やした上でスキル3の全体攻撃に移行出来るという事。

基本的に味方への恩恵は少なく、全てが自己火力アップや自己バフに繋がる性能。
その為パーティ全体の強化には向いていない
【夜半の誘惑】プリシラ【あなたに捧げる踊り】ラムといった補助能力の高いキャラと組み合わせる事で、より自身への性能アップを獲得出来る。
何度も言うが、編成自体は赤縛りが必須
そもそも赤属性への属性変化が凶悪。
敵のパッシブ/リーダースキルを無効に出来る上に不利属性を打ち消せる時点で脅威。
2周年に相応しいキャラといえる。

 

7位:【月明かりの温泉】ライラ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ月明かりの温泉より排出

黄属性キャラ。
特筆すべきは新効果の現世再現
付与されたキャラは一時的に戦闘から離脱し、代わりに攻撃力/素早さが増加した身代わりが出現。
身代わりが戦闘不能or規定ターン消化する事で離脱したキャラが戦闘に復帰。
この効果をスキル3の全体攻撃で自身以外の黄属性の味方に付与可能。
ただしスキル3は味方全体のHPを20%消費して発動するので、HP不足だと発動は不可能
またパッシブ効果でもターン獲得時、50%確率で自身を除く味方へ現世再現を付与

その他、自身に強力な防御バフ/敵のHP回復効果を吸収/幻化獲得など生存率に特化。
過去に実装された【妖しき夢幻術師】ライラは青属性の味方が戦闘不能時に再現状態を付与出来るが、こちらは味方が戦闘不能にならずとも発動出来る点が強み。
同じ黄属性なら狂愛持ちの【温泉名物の卓球】エミリアや転生持ちの【やってやるよ】フェルト等と組み合わせる事をオススメ。
身代わりを立てて戦闘を行えるのはシンプルに強力。
そのうえ黄属性の味方のみだが、バトル開始から5ターンは属性変化の無効も保有。
黄属性パーティをメイン運用しているのであればオススメ。

 

8位:【眩しい夏のひととき】エキドナ
キャラ性能&個別評価

※サマーフェスティバル眩しい夏のひととき特別ガチャより排出

バトル開始時、自身に幻化を獲得
さらに紫属性の味方に飢餓/奇禍/狂乱/静止無効を付与。
味方が戦闘不能になると紫属性の味方全体に幻化、自身に遡行を発動。
新効果の幻化は同じ幻化状態のキャラ以外からの攻撃/強化/弱化を全て無効に出来る優れた効果。
その為、戦闘開始直後は戦闘不能になる確率を大きく下げられる。
幻化効果自体は自身・味方含めて1ターンと短いものの、被ダメージを大きく減らせる点は強み。

またスキル3・4でも味方全体に幻化を付与出来るなど紫属性の生存率アップに大きく貢献。
そのうえ置換効果によって敵の強化効果を弱化効果に変えられる点も強み。
紫属性縛りの編成で無ければ正直使い辛い部分があるものの、それでも性能はかなり優秀。
特に遡行を獲得する事で幻化を切らさずに戦闘出来るなど、性能は驚異の一言。
遡行は自身でも獲得出来るが、味方の戦闘不能が条件なので【制御不能の遊び心】スバルの編成は必須。
ただしその場合には攻撃力を4000以上にしなければならず記憶結晶やメモリーボードで盛る必要がある。

ハッキリ言って性能はかなり強力。
幻化さえ付与してしまえば同じ幻化状態からの攻撃以外通らず弱化も無効。
このキャラが1体いるだけで紫属性パーティが大幅に強化される事は間違いない。

 

9位:【浜辺で大はしゃぎ】フェルト
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ浜辺で大はしゃぎより排出

紫属性のバランスタイプ。
性能は紫属性縛りに特化しており、パッシブ効果では常時防御力80%/素早さ30%アップを発動。
さらに3ターン経過以降には攻撃力80%増加も追加され、散漫/奪取/剥落無効と強力な弱化対策にも貢献
紫属性の味方へ安定したサポートを供給出来る点は大きな強み。
またスキル3の全体攻撃は500%×4回の攻撃で、使用毎に威力が200%増加
味方全体のHP10%を犠牲にするリスクはあるものの、HPが低いほどスキル威力が増加する【眩しい夏のひととき】エキドナ/【甘美なおもてなし】ユリウス等と組み合わせると火力を出しやすい。
それに上限の1100%以降は犠牲が0%になり、軽減無視の効果も獲得

中でも特筆すべきは味方への延長(強化)を付与出来る事。
前述したエキドナは敵からの攻撃/弱化効果を全て無効に出来る強力な幻化を保有。
効果時間が短い点がややネックではあるものの、こうした延長能力を持つキャラと組み合わせる事でその恩恵を最大まで発揮出来る。
火力/殲滅力の高さも優秀だが、やはり注目すべきは延長効果。
バフ・強化要員と組み合わせる事で戦闘難易度を大きく緩和出来るのは優秀。

 

10位:【紅葉舞う温泉】シオン
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ紅葉舞う温泉より排出

紫属性縛りの幻化パーティと噛み合う性能のキャラ。
戦闘開始時に強化延長&幻化を紫属性の味方に付与しつつ、敵全体に行動ゲージ50%増加付与
味方が幻化中に敵ターンを消費させる事で生存率を上げられるのが特徴。
さらに紫属性の味方に対して5ターン防御力150%増加&素早さ50%増加を付与
紫属性の味方がクリティカル発動時には80%の追加ダメージ&敵全体に行動ゲージ20%増加など、紫属性縛りの編成において攻守を大きく伸ばせるのが魅力。

さらにスキル3の全体4回攻撃では味方全体に弱化→強化の置換、紫属性の味方に対しては幻化&50000のシールドを付与しつつ敵全体に行動ゲージ25%増加
幻化パーティは相手に必中持ちがいない場合には驚異的な生存率を誇るものの、必中持ちが居る場合にはその恩恵が無くなってしまうのがネック。
とはいえ、シールドによるカバーも出来るので基本的に紫パーティの生存率アップには貢献出来る。

【眩しい夏のひととき】エキドナ/【浜辺で大はしゃぎ】フェルト/【出航!ヨーソロー】アナスタシアと組み合わせる事で耐久面を大きく底上げ出来る為、必中持ちとの戦闘時でも十分対応可能。
ただし個人能力だけでは力不足が否めないので、前述したキャラとの組み合わせは必須といえる。

 

11位:【出航!ヨーソロー】アナスタシア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ出航!ヨーソローより排出

紫属性のキャラ。
初手で発動出来るスキル3は威力1200%の全体攻撃
ただし自身のHPが少ない程威力が増加する特性となっており、初手で最大の恩恵を得るには難しい
またHP50%以下だと無敵貫通、さらにHPが8000以下の味方のみ遡行発動&攻撃力/素早さを50%/30%永続増加出来るなどピンチの時に真価を発揮するタイプ。

スキル2のパッシブ効果はバトル開始から3ターンの間、紫属性の味方のみ防御力100%増加させ、置換(強化→弱化)/剥落/クールタイム増加無効
さらに残HPが50%以下になった時、自身の弱化効果をランダムな敵1体に全て転嫁し、1ターンの幻化&かばうを発動。
加えて残HPが50%以下の間、自身に防御力100%増加&置換(強化→弱化)/剥落/散漫無効
残HP30%以上で戦闘不能になるダメージを受けた時、HPが1残るなど生存率も高め。

全体的に防御面に特化しており、パーティ編成は紫属性縛りがオススメ。
特にHPが50%以下になった時に発動する幻化&かばう効果はタンクとして非常に優秀。
HPが減らないと真価を発揮出来ない為、【浜辺で大はしゃぎ】フェルトなど味方のHPを消費するタイプのスキルを持つキャラと組み合わせて運用したい。
また自身も最近実装されたキャラの中では素早さが低く、先手を取りにくい
通常ならデメリットとなる部分もスキル効果を考えればそこまで気にならないのもポイント。
タンクとしての性能自体は属性縛りのパーティでなくとも使えるので、火力が充実しているなら是非とも獲得しておきたいキャラ。

 

12位:【無欲と言い張る強欲】レグルス
キャラ性能&個別評価

※特別フェスガチャ 無欲と言い張る強欲より排出

非常に高い攻撃力を誇る紫属性の高火力アタッカー。
スキル1は威力1500%の無敵貫通&挑発付与、スキル3は待機クールタイムが4と発動までに時間が掛かるものの敵全体の強化効果を全て奪取してから威力4000%攻撃&呪縛/散漫付与しつつ復活不能といった強力な効果。
またスキル2のパッシブ効果が特に強力でバトル開始から5ターンの間、被ダメージ上限(100)&継続ダメージ/散漫/狂乱/魅了/凍結/気絶無効&攻撃力/弱化成功率100増加を獲得。
さらに被ダメージ時には自身の行動ゲージ30%増加

ただし5ターン目にはスキル1の威力も1000%減少/スキル2のパッシブ効果も無くなる為、戦力が大きく減少する
5ターン目までの短期型超高火力タイプなので、編成を組む場合には【弾む喜び】レムのようにクールタイム短縮効果を高回転で獲得出来るキャラは組み合わせたい。

その他、魔女以外で初のスキル4持ち。
自身の弱化効果を全てランダムな敵1体に転嫁&再ターン獲得&激昂2個獲得など、火力の増加も自身で行えるのが強み。
5ターン目までなら攻守に隙が無く、安定感の高さは異常。
リセマラを行うのであれば間違いなく獲得しておく事をオススメ。

 

13位:【しゃぼん玉といっしょ】ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャシャボン玉といっしょより排出

平均したステータスを誇る赤属性の補助タイプ。
初手発動のスキル3は全体200%×3回攻撃と同時に気絶/回復不能を付与
そのうえ赤属性の味方が1人以上戦闘不能になっている場合には赤属性の味方のみ転生&HP100%復活と赤属性縛りの補助要員として非常に有能。
さらに自動発動のスキル2でバトル開始時&味方のクリティカル攻撃時にランダムな味方&敵1体に属性変化(赤)を付与、敵の行動ゲージ増加効果を75%カット、味方戦闘不能時には弱化全解除&愛情を獲得。

ダメージソースは全て必中となっており、赤縛りの編成で高い効果を発揮。
火力は弱いものの、赤属性縛りなら十分火力を出せるうえに復活予約の転生や満タン復活のスキル3は腐らずに使いやすい。
また味方戦闘不能時には愛情を獲得し、前述した転生&復活スキルをクールタイム無しに使えるのも魅力。

赤属性特化型の【軽やかな歌謡】エミリアを確保しているなら確保しておくとシナジーを得やすい。
火力特化のキャラは序盤から安定して運用出来るものの、高難易度では落とされやすく安定感に欠ける。
その事を考えるとこうした補助能力に特化したキャラは必ず1体は確保しておく事をオススメ。
転生持ちのキャラは他にも【やってやるよ】フェルト/【青の称号を背負って】フェリスと少なく、赤属性では初。

 

14位:【ひたむきなチアガール】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャひたむきなチアガールより排出

緑属性のキャラ。
【あなたに捧げる踊り】ラムと同様に舞踏スキルを持つキャラ。
スキルの待機クールタイムも無いので、オート運用なら即時で舞踏状態へ移行可能
舞踏状態は味方全体の攻守を舞踏ターン数×30%増加、敵全体の攻守を舞踏ターン数×20%減少と前述したラムとは若干違った効果を持つ。
舞踏効果を解除されない限りはターンを重ねる毎に敵との戦力差が開いていく。

またパッシブ効果で緑属性の味方に攻撃力&素早さ30%アップ、ターン獲得時に自身を除く味方に経刻を付与など前述したラム以外にも【箱庭の番人】ベアトリスなどとも好相性。
経刻はこれまで安定して味方に付与出来るキャラがいなかったが、これでその問題も解消。

ただし自身が舞踏状態になると、味方への経刻しか付与出来ないので舞踏効果を加速させる事が出来ないのがネック。
前述した2体のキャラは経刻による恩恵が特に大きいので、入手しているのであれば狙いたい。
またターン獲得時に属性変化(ランダム)を撒けるのも大きな強みといえる。

 

15位:【赤鬼ロックンロール】ラム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ赤鬼ロックンロールより排出

2周年に実装された青属性キャラ。
性能は補助タイプとなっており、スキル3は100%威力の5回攻撃
火力こそそこまで高くはないものの、味方全体に弱化全解除&HP10%回復&激昂を付与
さらに5ターン目まで青属性に対しては行動ゲージ10%増加が発動。

特筆すべきは自動発動となるスキル2。
バトル開始時&味方のクリティカル攻撃時にランダムな味方&敵1体に属性変化(青)を付与
被攻撃時には自身HP10%回復、青属性の敵味方が6体以上で味方全体に挑発/凍結/継続ダメージ/奇禍無効を発動出来る。

敵味方を青染めにするのに特化した性能となっており、回復量が低いとはいえ【噴き上がる喝采】レムと組ませて属性変化をばら撒けるのも特徴。
クリティカル率を底上げするような編成が好ましいが、クリティカル率アップを持つ多くは緑属性のキャラとなっており、混合属性での編成になりがち。
ただ自身で青染めが出来るうえに、青パーティ自体に強力な恩恵が少なく縛り編成に拘る必要は少ない。
編成幅が広いが、あくまでも補助要員。
火力枠となる【噴き上がる喝采】レムは必須か。

 

16位:【やってやるよ】フェルト
キャラ性能&個別評価

※やってやるよガチャより排出

攻撃力は低めだが、高い防御/素早さを誇る黄属性キャラ。
特筆すべきは自身/味方全体に付与出来る新強化効果の転生
転生は戦闘不能時に自動で復活出来る効果となっており、高難易度/強敵との戦闘時において活躍。
また蘇生と違う点はステータスが強化された状態での復活&復活不能状態でも無視して発動出来るところ。
これによって生存率が大きく向上し、高難易度で安定感を獲得出来る。

他にも味方全体に置換(弱化→強化)を付与出来る為、デバフ対策としても運用可能。
加えて被ダメージ時には自身を除く味方全体にHP20%回復/敵が4回行動する毎に敵全体から1個強化効果を奪取出来るなど、バフ持ちの敵がいるだけで自身の強化も容易。

前述したように、特筆すべきは転生効果。
これがあるだけで、生存率が大きく上がり戦闘戦闘難易度を大きく下げられる。
クールタイムが若干長い点がネックだが【賑やかな夢幻術師】シオンとの組み合わせで充分カバー。
耐久面をカバーするのであれば【向き合うべき過去】エミリア/【小さなあくび】レムと組み合わせたい。
転生自体は属性の縛り無く全員が獲得出来るが、他属性は3ターンで黄属性は15ターンと黄属性で縛れば長期戦の対策としても優秀。
そもそも味方全体に1度戦闘不能を回避出来る状態を付与出来るのはかなり強力。

 

17位:【野球でも最強】ラインハルト
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ 野球でも最強より排出

高い攻撃力を誇る赤属性のアタッカー。
初手発動のスキル3は単体威力300%の3回攻撃
同時に崩壊(赤)を付与し、自身は素早さ永続増加&行動ゲージ増加を獲得。
威力は正直控えめだが、強化効果が多いほど威力も増加。
その為、戦闘開始時に強化効果を獲得出来るキャラ・記憶結晶と組み合わせたい。

パッシブ効果では常時赤属性の攻撃力&素早さ増加
バトル開始から5ターン目まで飢餓/奇禍/属性変化無効を獲得。
被攻撃時には素早さ永続増加を獲得し、自身3回ターン獲得毎に防御力の最も高い味方へ虚無を発動
虚無は全てのデバフ&ステータス増加を解除する効果となっており、【気だるさに身を任せ】セクメトの怠惰すら解除可能。
その為、同時編成する事で怠惰によるデメリットを無くせるのが特徴。

またスキル1では激昂2個&自動回復2個、を自身に付与しつつ赤属性の味方のクールタイムを1減少可能。
スキル3を使う前にこちらを使う事で火力アップを狙える為、オート運用よりも手動で活躍するタイプ。
基本的には赤属性縛りの編成がオススメ。
赤属性は前述したセクメト以外にも【軽やかな歌謡】エミリア/【しゃぼん玉といっしょ】ベアトリスなど強力なキャラがいるので、戦力アップを狙うならオススメ。
特にセクメトを入手しているのであれば是非とも獲得しておきたいところ。

 

18位:【太陽姫のバカンス】プリシラ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ太陽姫のバカンスより排出

高い攻撃力を誇る緑属性のアタッカー。
初手で発動するスキル3は1000%威力×3回の単体攻撃
同時に与ダメージの90%最大HPを減少させ、弱化延長を付与
さらに自身のクリティカル率が140%以上の場合、弱化成功/耐性無視で置換(強化→弱化)が追加発動

また自動発動となるスキル2ではバトル開始時、クリティカル率が140%以上の緑属性の味方に幻化付与
4回ターン獲得ごとに自身とクリティカル率140%以上の緑属性の味方に幻化を付与出来るなど、緑属性パーティの防御性能を大幅に底上げ出来るのがポイント。
そのうえ緑属性の味方がクリティカル発動時には攻撃対象に追加60%ダメージ&味方全体の弱化1個解除

緑属性パーティを大幅に強化出来るスキル効果が非常に魅力的。
少し前に実装された【水際で一休み】クルシュと同様にクリティカルをトリガーに様々な効果を発揮。
自身をリーダーに設定すれば緑属性の味方へクリティカル率40%アップを付与出来る為、リーダー設定した上で前述したクルシュや【魔獣召喚の奇術】メイリィ/【白雪の如き太陽姫】プリシラ等と組み合わせてクリティカル率アップのシナジー効果を獲得したい。
単体でも十分強いが、緑属性縛りで使うならクリティカル率のトリガーは必ずクリアするのをオススメ。
それだけでパーティの生存率が大幅に違って来る。

 

19位:【無邪気なる断罪】テュフォン
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ無邪気なる断罪より排出

防御力/素早さの高い黄属性キャラ。
先制で黄色属性の味方を除く敵味方全体に罪過を付与&攻撃減少/素早さ強化のフィールドを発動
次ターンには敵全体に強化効果剥落&威力700%のダメージ(罪過ダメージ20倍)&挑発&クールタイム2ターン増加を付与出来る。
新たな状態異常である罪過はダメージ毎に相手へと蓄積し、被ダメージ時に一定割合を受ける効果。
特筆すべきは効果解除/減少が出来ず、蘇生した後にも引き継がれる点。
強力な継続ダメージとしてボス/強敵は勿論、対人戦でも大きく役立つスキルといえる。

パッシブ効果は自身に常時罪過無効、またフィールド発動中は自身に素早さ50%&防御力100%のバフ獲得。
そのうえ散漫/奪取/剥落といった厄介な効果まで全て無効に出来る。
味方が戦闘不能になる度に敵全体の強化効果を5個奪取&罪過5000を付与

初手の罪過付与でターン毎のダメージアップを確定。
そのうえスキルターンを2延長させたうえでの挑発効果は生存率が高く、戦況を読みやすくなるのもポイント。
加えてスキル威力は全て素早さ依存とステータスと噛み合った性能も大きな強み。
黄属性縛りのパーティの中心として確実に役立つ性能。
石に余裕があるなら確実に獲得しておきたい。
火力面を補助するよりも【やってやるよ】フェルト/【小さなあくび】レム/【賑やかな夢幻術師】シオン等と組み合わせて耐久面をカバーするのがオススメ。

 

20位:【剣聖の名を冠して】ラインハルト
キャラ性能&個別評価

※剣聖の名を冠してガチャより排出

黄属性のアタッカータイプ。
ステータスの攻撃力自体はそこまで高くは無いが、スキル1は防御力無視の200%威力攻撃/スキル3は強化効果を全て剥落させた上で2000%威力で軽減無視の断罪物理攻撃(罪過ダメージ40倍)と非常に高ダメージ。
1つ前のガチャで実装された【無邪気なる断罪】テュフォンと噛み合う性能となっており、敵が単体なら罪過ダメージを効率良く稼げるのも大きな評価ポイント。
さらにスキル3で撃破した相手の弱化効果は他キャラに感染出来、弱化効果を無駄にすることなく使い回せる。
待機クールタイムが2な点こそネックだが、それは【賑やかな夢幻術師】シオン等を組合わせて対策可能。

また自動発動となるスキル2で黄属性の味方が2人以上いると行動ゲージ減少/クールタイム増加無効を獲得。
バトル開始から3ターンの間は黄属性の味方のみ遺失/奇禍無効、味方が戦闘不能になる度に1ターンの愛情&ターン獲得と手数の多さも魅力。
愛情獲得によって待機クールタイムを無視してスキル3を撃てるなど、前述した弱点自体は一人でカバー出来る。
しかし、味方の戦闘不能がトリガーとなるので保険程度で考えておきたい。
現状罪過ダメージを稼げる組み合わせが前述したテュフォンのみ。
その為、運用するなら両者共に獲得をオススメ。

 

21位~

【アイドル姉妹】ラム&レム
キャラ性能&個別評価

※ペアキャラ登場アイドル姉妹ガチャより排出

初のペアキャラとして実装されたラム&レム。
通常攻撃時に自己回復、スキル2で全体攻撃&最大HP20%減少、スキル3で敵全体の強化効果2個奪取後に攻撃&攻撃減少(大)&魅了を付与
またパッシブ効果で常に被ダメージ上限を6000に抑え、HP70%以上で最大HP減少無効を獲得。
パッシブ効果で防御面が優秀なくらいで性能自体は正直尖っている部分は少な目。

しかしターン獲得時/被攻撃時に共鳴ゲージが一定量増加→満タンになると共鳴状態に移行
共鳴状態になると同時に弱化効果全解除&HP100%回復となり、同時にステータスも大幅増加
しかもターン獲得する度に攻撃力が永続して10%ずつアップし、敵全体の強化効果を1個奪取
そのうえスキル威力も飛躍的に向上するなど、戦闘能力が大幅にアップする。
基本的にスキル効果自体はそこまで変わらないが自己回復が無くなる点には注意。

そもそも被ダメージの上限が6000までの時点で一撃での戦闘不能を狙えない。
共鳴ゲージを蓄積する為の仕様だと思うが、この時点で割と壊れ性能。
それに加えて【氷華の花嫁】エミリア/【賑やかな夢幻術師】シオンといった回復&タンクの黄属性と組み合わせる事で手に負えなくなる。
とりあえず共鳴後のステータスからして頭が1つ2つ抜けた化け物。

 

【みんなを助ける勇者】エミリア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ みんなを助ける勇者より排出

高い攻撃力/素早さを誇る紫属性のアタッカータイプ。
ステータスは攻撃寄りだが、スキル面で防御もカバー。
スキル1の通常攻撃では自身に無敵&守護を発動。
スキル3は1600%威力の全体攻撃で同時に与ダメージの50%分のHP吸収効果&自身の弱化全解除
さらに戦闘不能の味方が1人以上いるなら威力が2000%にアップし、無敵貫通の効果も獲得。

中でも特筆すべきはスキル2のパッシブ効果。
バトル開始時から5ターンの間、紫属性の味方に被ダメージ上限(2500)/行動ゲージ減少&クールタイム増加無効、HP50%以上なら自身に散漫/狂乱無効を付与
HP50%以下の時、攻撃力が4000以上の紫属性の味方に愛情/素早さ強化(大)を与えられる。

まず、運用は間違いなく紫属性縛りがオススメ。
自身の火力自体は属性に左右される事は無いが、戦闘開始直後に紫属性の味方が得られる被ダメージ上限が強力過ぎる。
また自身も通常攻撃で無敵を得られるなど、無敵貫通攻撃が多くなったとはいえ耐久性は非常に高い。
攻守に優れ、紫属性の味方なら誰とでも噛み合うのも高評価。
特に同時実装されている【制御不能の遊び心】スバルは攻撃力4000以上の味方に対して高いサポート能力を発揮してくれる為、超越再現後の【月夜の舞風】ラムのような激昂を付与出来るキャラと組ませて条件クリアを狙いたい。

 

【夜半の誘惑】プリシラ
キャラ性能&個別評価

※夜半の誘惑ガチャより排出

防御力に特化した赤属性のキャラ。
スキル1の通常攻撃は単体600%だが、防御力が高いほど威力増加
しかし真価は味方全体の行動ゲージ50%アップの方。
味方の行動回転率を常時底上げし、自身の素早さ自体も高いので行動回転率を大きく底上げ可能。
スキル3は赤属性の味方×1000%の単体攻撃となっており、最大5000%と超高火力。
さらに散漫/遺失/気絶といったデバフを付与出来る為、優位属性じゃなくても優秀。
加えて赤属性の味方に対して行動ゲージ100%増加、攻撃力が2500%以上の場合には追加で愛情/激昂を付与出来るなど火力補助まで行える。

スキル2のパッシブ効果では常時自身の弱化成功力を赤属性の味方×50%アップを獲得。
バトル開始時には自身に防御強化、かばうを付与
それだけでなく自身の強化効果が解除された場合には自身の弱化効果2個解除、かばう/抵抗を付与
また被ダメージ時には味方全体の行動ゲージ40%アップと2回攻撃を受けるだけで味方全体の行動ゲージをほぼ満タンに出来る凶悪な効果を保有。

通常攻撃/被ダメージ時に行動ゲージ増加効果を味方全体に付与出来る上にその効果量は50%/40%と行動回転率を底上げする事に特化。
正直赤属性縛りのパーティでなくともこの効果を獲得出来るだけで編成に加えておく価値はある。
編成次第では相手にターンを回させず一方的に圧倒出来る性能はぶっ壊れに近い。
特に【アイドル姉妹】ラム&レムは行動時に共鳴ゲージを獲得し、共鳴状態になる事で他キャラとは比べ物にならない火力を発揮出来るので赤/黄と属性が違っても十分な恩恵を得られる。
アリーナなどの対人戦では行動回転率が優れている方が優位に立てるのでかなり優秀。
散漫でパッシブ効果を封印されたとしても通常攻撃で全体行動ゲージ50%アップは驚異。

 

【魔王という宿業】ロズワール
キャラ性能&個別評価

※特別フェスガチャ 魔王という宿業より排出

攻撃力の高い赤属性のアタッカー。
攻撃力に特化した性能で、初手で自身の最大HPの30%を犠牲にして敵全体に威力3000%の攻撃&無敵貫通&ダメージの100%分最大HP減少&クータイム3ターン増加を付与。
そのうえこの攻撃では対象が蘇生不能となる為、蘇生スキル持ちのキャラがいたとしても意に介さない点が特徴。
さらに敵単体or味方単体に5ターンの経刻を発動しつつ、自身は再行動を獲得出来るなど行動回転も早め。
通常攻撃時には味方3体と連携を行いつつ敵単体に800%威力の攻撃を行えるなど単体火力も高い。

特筆すべきは自動発動となるスキル4。
常時自身に奇禍/経刻無効を獲得し、味方全体に守護/反射5回を付与&行動ゲージ60%増加を付与。
また赤属性の被攻撃時にはHP10%回復/強化効果を弱化効果に変換する置換を2個付与出来るなど、相手が強化効果を豊富に付与出来るパーティであってもある程度の弱体化を見込めるのがポイント。
追加で4ターン獲得ごとに自身に遡行を付与出来るなど、戦闘開始時に自身の状態を持って行ける点は強み。

無敵貫通を持つので高火力のアタッカーとして活躍出来るが、被ダメージ上限を持つキャラとは相性が悪い
さらに経刻付与の効果も敵or味方と安定しない点がややネック。
とはいえ、5ターンの経刻は【無欲と言い張る強欲】レグルスを始めとした戦闘開始5ターンに強力な被ダメージ軽減を獲得出来るキャラへの対策として優秀。
行動回転率を底上げするのであれば【夜半の誘惑】プリシラと組み合わせ、弱点となる耐久力をカバーしたいのであれば【強欲なクリスマス】エキドナなどと組み合わせて運用するのがオススメ。

 

【あなたに捧げる踊り】ラム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ あなたに捧げる踊りより排出

赤属性のサポーター。
HP/防御力/素早さが高く、先手でバフを撒きやすいのがポイント。
初手で1000%威力の全体攻撃を行い、同時に魅了を付与&自身が舞踏状態に移行
舞踏状態では味方全体の攻守速を舞踏ターン数×20%上昇、敵の素早さをターン数×5%減少
さらに舞踏6ターン以降になると味方全体に被ダメージ上限(6000)&散漫/奪取/剥落無効を付与

ターンを重ねる度にバフの効力が増加する為、長期戦になる程パーティの戦闘力を底上げ可能。
しかもバフの効力が舞踏ターン数に応じて膨らむので経刻持ちの【魔王という宿業】ロズワール/【楽にしてくれる僧侶】レムとの組合わせて運用するのも有り。
ただしいずれも敵or味方と経刻付与がランダムな上、ロズワールに関しては単体と噛み合わせにくいのがネック。

また経刻持ちのキャラがいなかったとしてもパッシブスキルの効果で戦闘開始から6ターンの間は奇禍/魅了/凍結/気絶無効、自身のHPが50%以下で無敵&30000のシールド獲得、素早さ80%増加とタフさと行動回転率の早さを保有。
とにかく味方への恩恵が大きくターン数を重ねるだけでパーティを強化出来るのは大きなメリット。
同じ赤属性である【夜半の誘惑】プリシラと組み合わせるだけでバフ効果増量時間も短縮可能。
前述したロズワールを相手にする場合は強化効果を弱化に変換する置換持ちなので注意

 

【水際で一休み】クルシュ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ水際で一休みより排出

防御能力が高い緑属性キャラ。
【眩しい夏のひととき】エキドナと同じく、幻化効果で敵攻撃を無効に出来るタイプ。
戦闘開始時点から幻化を獲得し、自身のHPが25%以上あれば緑属性の味方に散漫無効/弱化成功力100%増加/クリティカル率30%増加を付与。
さらに緑属性の味方がクリティカル発動時にはランダムな敵1体に不幸を発動
スキル3の全体攻撃は同時に延長(弱化)/挑発/強化不能を付与出来る為、前述した不幸と併せて弱化効果を増やしやすくなるのも大きなポイント。
そのうえ自身に幻化、クリティカル率140%以上の緑属性の味方に幻化付与の効果。

運用方法は緑属性縛り一択。
クリティカル率アップのパッシブを保有している【魔獣召喚の奇術】メイリィ/【白雪の如き太陽姫】プリシラと組み合わせる事で前述した幻化効果を味方に撒きやすい。
またメイリィは状態異常の付与に特化しており、【妖艶なる奇術師】エルザ等と組み合わせると火力を出しやすくなるのでオススメ。

ただ幻化を味方に撒く条件がエキドナに比べて若干だが厳しいのがネック。
そもそも味方を幻化で守るよりも、自身の生存率を底上げしているようなスキル構成といえる。
前述した緑属性の味方が手持ちにいるならシナジーも得やすく非常にオススメ。

 

【向き合うべき過去】エミリア
キャラ性能&個別評価

※向き合うべき過去ガチャより排出

攻防バランスが良く、素早さが非常に高い黄属性のキャラ。
黄色属性パーティに特化した性能となっており、スキル1の通常攻撃から既に黄属性味方数×500%と非常に高火力。
3人パーティでも1500%、5人パーティなら2500%とこれだけでも火力を出せる。
さらにスキル3は全体1600%と殲滅力が高い上に味方全体の弱化効果全解除、さらに最大HPの70%回復&敵全体に凍結効果を付与と攻防一体の優れた効果。
そのうえ防御力2500以上ある黄属性の味方に対して40000のシールド&かばう/守護効果を付与
前述したスキル内容だけでも攻守をカバー出来る性能となっているが、スキル2のパッシブ効果では黄属性の味方に対して常時HP70%/防御力50%増加
加えてバトル開始から3ターンの間、HP減少効果無効と凶悪な耐久力減少効果対策も可能。
それだけでなくバトル開始時には味方全体に15000のシールド、防御力2500以上の味方にかばう/守護を付与出来るなど優れた防御効果を発動。

攻守優れた効果を持ち、特に黄色属性に対しての恩恵は非常に大きい。
1.5周年直前に実装された【アイドル姉妹】ラム&レムも黄属性となっており、シナジーを得られるので黄属性縛りで自身の攻撃力は勿論、パーティの生存率強化にも貢献。
特に【賑やかな夢幻術師】シオン/【氷華の花嫁】エミリアがパーティに居ればクールタイム短縮&蘇生効果によってかなりの長期戦にも対応出来る。
強化効果奪取などのキャラには弱いものの黄属性パーティの起点として役立つキャラなので、前述したキャラを獲得しているなら狙っておきたい。

 

【世界を浄化する拳】ミネルヴァ
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ世界を浄化する拳より排出

耐久力が高く、回復能力に特化した性能のキャラ。
特筆すべきは味方を回復したと同時に敵に与えられる奇禍ダメージ
スキル1ではランダム1体に、スキル3では敵全体に与えられる。
その効果は味方への回復量の一部を敵にダメージ&最大HP減少と長期戦において非常に便利。
また、味方全体への弱化解除/抵抗/自動回復など防御面のカバーが豊富な点も魅力。

さらに青属性の味方が2体以上いる場合には自身に回復不能無効/最大HP減少無効を獲得し、HP50%以上で素早さ50%増加
そのうえ被ダメージ時には自身に行動ゲージ40%増加/弱化効果1個解除/1ターンの愛情を獲得出来るなど行動回転率が非常に早く、ピンチ時の復帰力にも期待が出来る。

フェス限定キャラ特有のスキル4は敵味方に対して弱化効果全解除
青属性以外の敵味方に強化効果全解除/祝福/攻撃減少のフィールドを発動
その為、使いどころ次第では優位な環境を台無しにしてしまう点はややネックといえる。

とはいえヒーラーとしての性能が高く、効果量は少ないものの最大HPを削りつつダメージを与えられる性能は高耐久&回復持ちの敵に対して有利。
属性縛りのパーティでも運用が出来るなど幅広いパーティ編成に対応可能。

 

【愛を満たす色欲】カーミラ
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ愛を満たす色欲より排出

エキドナ、ダフネ、ミネルヴァに続く4人目の魔女。
ステータスは防御力/素早さ特化となっており、新デバフ効果である不幸/狂乱を付与可能。
不幸は弱化効果が発動する毎に追加でランダムな弱化効果が発動、狂乱は味方をスキル1で攻撃するという凶悪なもの。
行動回転率も高く、スキル1/3で単体/全体の狂乱効果を撒けるので弱化効果解除スキル持ちのキャラがいない相手なら圧倒出来る性能を持つ。
さらにパッシブ効果で自身は常に狂乱無効、バトル開始から3ターンの間は緑属性の味方に素早さアップ/狂乱無効/被ダメージ上限(6000)が発動。
そのうえバトル開始時、敵全体の強化効果を2個ずつ奪取出来るなど初手で相手を優位にさせないのも優秀なポイント。

また魔女のみが持つ恒例のフィールドスキルでは敵味方の強化効果を全解除、自身の行動ゲージ100%アップ、それぞれ3ターンの間不幸&弱化耐性減少の効果を付与出来る。

狂乱効果は対策されていなければ完全に手を止められる為、非常に強力。
またスキル1/3の威力は防御力依存となっており、【和装のメイド長】フレデリカのような常時緑属性の味方に対して防御力バフを付与出来るキャラと編成する事で火力も底上げ可能。
緑属性のキャラと組み合わせる事で高い恩恵を発揮するが、耐性無視の全体狂乱付与は単体でも十分凶悪な性能といえる。

 

【青の称号を背負って】フェリス
キャラ性能&個別評価

※青の称号を背負ってガチャより排出

青属性縛りの編成に特化した性能を持つキャラ。
バトル開始時に自身へ転生を付与出来る為、単純に生存率が高いのも高評価。
それだけでなく、青属性の味方のターン獲得時には素早さ永続5%アップ&HP20%回復を発動。
他にも青縛りの編成では強化不能/回復不能/最大HP減少/奪取/剥落といった厄介な状態異常への対策も可能

スキル3のダメージソースはクールタイム1と初手では打てないが、青属性の味方×800%威力と青縛りの編成と好相性。
さらに無敵貫通&与ダメージの50%分HP回復&自身と味方に転生を付与
戦闘不能である場合にはHP100%で復活と長期戦に持って来いの性能といえる。

【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【弾ける笑顔と水しぶき】エミリア/【過去と対峙する剣鬼】ヴィルヘルムのように青属性の味方を回復しつつシナジーを得られるようなキャラと組み合わせる事が可能なら非常に強力。
混合属性での編成には向かない傾向があるものの、前述した青属性のキャラを獲得しているなら狙う価値は十分。

 

【弾ける笑顔と水しぶき】エミリア
キャラ性能&個別評価

※サマーフェスティバル弾ける笑顔と水しぶき特別ガチャより排出

バランスの取れたステータスを持つ青属性キャラ。
スキルで素早さ永続アップ&行動ゲージ増加&再ターン獲得など、行動回数の多さに特化。
さらにスキル3による単体高威力攻撃に関しては自身の素早さが580だと軽減無視効果も獲得。
580はかなりの数値だが、スキル1の通常攻撃時には素早さ永続10%アップ/パッシブ効果で味方HP回復時に素早さ2%永続アップといった豊富なバフ効果で達成しやすいのが特徴。
また前述したように再ターン獲得効果も多く、素早さバフを得る回数が多くなるのも魅力。

それ以外にもフェスキャラ同様、スキル4を保有しており全体弱化解除&祝福/抵抗/HP回復&再ターン獲得とサポート能力が高いのも高評価。
特に青属性縛りに特化している訳でもなく、混合属性のパーティでも十分活躍可能。
強いて言うなら回復時に得られる素早さバフを早い段階で重ねたいので、【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【過去と対峙する剣鬼】ヴィルヘルムなどと組み合わせて常に回復効果を獲得出来るようにしておきたい。

 

【俊足の野球少女】フェルト
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ俊足の野球少女より排出

緑属性のキャラ。
初手で発動出来るスキル3は味方全体の弱化を2個敵単体に転嫁後、攻撃&味方全体に激昂/防御強化(大)/最も防御力が高い味方に転生/かばう/幻化を付与と補助能力が高め。
パッシブスキルでもバトル開始時に最も防御力が高い味方に抵抗/かばう/幻化発動
さらに味方5回行動時に味方全体の弱化2個をランダムな敵単体に転嫁
自身戦闘不能時orHP50%以下時には緑属性の味方全体に転生を付与可能。

緑属性へのシナジーはパッシブスキルの転生付与のみ。
その為、使い方次第では他属性にも十分組み込めるサポーターといえる。
特に弱化効果をランダムな敵単体にまとめて付与出来る為、ボス/単体の強敵への弱化が魅力。
また幻化を付与した上にかばうを付与出来るので、幻化&必中持ちの敵以外からダメージを受けにくい。
飛び抜けて強い性能とは言えないが、緑属性のサポーターとしてなら十分運用可能。
幻化は必中スキル持ちには弱いものの、それ以外には現時点でまだまだ脅威である事に変わりはない。

 

【満たされぬ飢渇】ダフネ
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ満たされぬ飢渇より排出

ステータスはHP/防御力が高い耐久型。
とはいえスキル1は600%単体攻撃&飢餓/忘却付与、スキル3は3500%単体攻撃&飢餓/忘却付与/無敵貫通/与ダメージ100%回復とスキル威力が高く耐久面でのカバーも可能。
さらに特筆すべきはスキル2のパッシブ効果。
常に飢餓無効&回復不能無効&被ダメージ時に弱化1個解除&HP15%回復&威力300%のスキル1をカウンター&味方が戦闘不能時に100%HP回復&ターン獲得の効果。
高い耐久力を伸ばしつつ、同時にカウンターでの攻撃で忘却/飢餓を付与出来る点は優秀の一言。

また、フェス限定の【魔女のお茶会】エキドナと同様にスキル4持ち。
5ターンの間、飢餓/回復不能/抵抗効果発動不能を付与出来るなど敵の耐久面低下を狙える。
初実装の飢餓はHP割合の持続ダメージとなっており、無敵状態であっても効果対象
その為、安定したダメージを狙いつつ着実に敵HPを削れる点が魅力。

ネックとなる部分はダメージソースの全てが単体のみ、スキル3には待機クールタイムが1存在しているという点。
しかし相手が無敵だろうと安定してダメージを与えられる事と自身の耐久力の高さを考えれば、正直そこまで気にする部分とは言えない。
さらにリーダースキルで赤属性キャラのHP60%アップを行えるなど、耐久力の底上げも可能。
【にーちゃと水遊び】ベアトリスと同時編成する事で大幅に防御面を伸ばせるので、前者を確保しているのなら是非とも入手しておきたいキャラ。
足の遅さもやや気になる部分だが、防御/カウンタータイプなのそこまで大きな問題ではない。

 

【赤髪の執事】ラインハルト
キャラ性能&個別評価

※特別フェスガチャ赤髪の執事より排出

非常に高い攻撃力を誇り、素早さも高いアタッカー。
特筆すべきは相手の強化効果を奪いつつ攻撃を行える点。
さらに防御力無視&復活不能の攻撃を行えるなど、非常に攻撃的。
攻撃力が一定数以上なら全ての強化効果を奪い攻撃を行えるなど、一気に敵のバフを消せる点も大きなポイント。
しかもフェス限定キャラである【満たされぬ飢渇】ダフネ/【魔女のお茶会】エキドナと同様に、4つ目のスキルを保有。
敵全体の強化効果を1個ずつ奪取&全体防御力無視の攻撃&与ダメージの100%最大HP減少の効果で、威力自体は100%と低いがジワジワ弱体化させる事が可能。
そもそも攻撃力が飛び抜けて高く、威力が低くても十分期待出来る。

またリーダースキル効果も黄属性の攻撃力50%アップと非常に多め。
ネックとなる部分はクールタイムが長いくらい。
同じ黄属性である【賑やかな夢幻術師】シオンとの編成でクールタイム短縮が出来るので、同時編成がオススメ。

 

【小さな魔獣使い】メィリィ
キャラ性能&個別評価

※小さな魔獣使いガチャより排出

緑属性キャラ。
スキル3は単体2000%威力の攻撃となっており、同時に防御/素早さを大幅に下げられる
また自身のクリティカル率が140%を超えている場合には軽減無視の効果が追加
その為、【無欲と言い張る強欲】レグルス/【アイドル姉妹】ラム&レム等が持つ被ダメージ上限の効果を貫通出来るのは大きな強み。
さらにクリティカル率が200%以上の場合には威力が2000%上昇して、強化効果を5個自身に奪取してから攻撃など単体アタッカーとしての性能は非常に高い。
そのうえパッシブ効果では2回ターン獲得毎に味方全体にクリティカル率大アップ、味方のクリティカル発動時には味方全体にHP10%回復を付与
バトル開始時にクリティカル率140%以上の味方にクールタイム増加&最大HP減少無効、素早さ30%アップを発動出来るなどクリティカル率を起点に様々な恩恵を獲得出来る。

属性縛りの編成を行わずともクリティカル率さえ確保しておけば単体火力は非常に高い。
ただし緑属性キャラはクリティカル率アップのスキル/パッシブを多く保有している為、自然と編成は緑属性縛りになりがち。
しかも最大火力発生の為にはクリティカル率200%以上にしなければならず、運用するならそのボーラーラインは必ず確保しておきたい。
自身のリーダースキル&クリティカル率だけでは110%までとなっており、初手で発動するスキル3の事を思えばクリティカル率アップのバフ効果を持つキャラを複数体編成しておく事は必須。
そのうえ幻化状態のキャラに対してはダメージを与えられない点もネックポイント。
組合わせ次第では強力だが、単に緑染めにするだけでは真価を発揮出来ないので注意。

 

【箱庭の番人】ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ箱庭の番人より排出

高い防御力を誇る緑属性のキャラ。
新たな状態異常である経刻を自身/敵に付与してターン数を強制的に消費出来る性能を持つ。
経刻は1ターン付与すれば1ターン経過した状態になる効果となっており、相手次第では非常に有効。
自身はターン経過で火力が大きく増加する性能なので行動増加&素早さアップなどの効果と組み合わせて早い段階で規定ターンを達成→大幅な火力アップを狙いたい。

特筆すべきはパッシブスキルとスキル3により8ターン目以降大きく自己強化が出来る点。
パッシブスキルでは敵全体に5ターンの経刻付与&攻撃力/速度を永続300%アップ
スキル3は敵強化効果を全て剥落し、自身の弱化効果を全て転嫁してから無敵貫通攻撃と非常にダメージを通しやすくなる。

ステータスだけで見れば防御特化型だが、ターン経過によって攻撃力/素早さが大幅に増加。
ただしパッシブスキルにある5ターンの経刻は自身ではなく、敵全体のみ付与となっているので注意。
【無欲と言い張る強欲】レグルス/【みんなを助ける勇者】エミリアといった最初の数ターンに強力な性能を持つキャラと対峙する際には便利だが、【過去をなぎ払う鉄球】レムといったターン経過数によって火力が増加していくタイプとは相性が悪い。
今後経刻を味方に付与出来るキャラが出たら化けるタイプ。

 

【過去と対峙する剣鬼】ヴィルヘルム
キャラ性能&個別評価

※過去と対峙する剣鬼ガチャより排出

攻撃力の高い青属性キャラ。
青属性パーティで真価を発揮するタイプ。
スキル1の通常攻撃で自身にHP自動回復&青属性の味方に反射(2回/反射率80%)を発動。
スキル3は全体攻撃&青属性の味方にHP100%回復を付与
全体攻撃に関しては自身の強化効果が多いほど威力が増加し、青属性の味方3人以上で無敵貫通になるなどバッファーとの編成や記憶結晶の効果で容易に火力アップが可能。

特筆すべきは自動発動のスキル2。
青属性の味方のみ常時防御力70%増加し、青属性の味方が被ダメージ時には弱化効果を2個ランダムな敵に転嫁&自動回復を付与
また戦闘不能時には味方全体の弱化効果をランダムな敵1体に全て転嫁し、味方全体に反射を付与出来るなど火力面だけでなく防御面のカバーも優秀。

新しく実装された転嫁は状態異常を敵に付与する効果となっており、弱化成功/耐性を無視する。
相手が抵抗を付与している場合は弱化効果を付与出来ないが、味方の弱化効果が消えるので弱化効果を除去する意味でも優秀な効果といえる。
敵に弱化効果を転嫁出来る為【妖艶なる奇術師】エルザなど弱化効果の数だけ威力増加のスキルを持つキャラは勿論、防御力依存でスキル威力が上がる【切れ者甘味店長】アナスタシア等とも相性が良い。

 

【過去をなぎ払う鉄球】レム
キャラ性能&個別評価

※過去をなぎ払う鉄球ガチャより排出

高い攻撃力を持つ赤属性のアタッカータイプ。
パッシブ効果でバトル開始時から3ターンの間、散漫/奇禍/魅了/凍結/気絶といった厄介な状態異常の無効効果を自身に付与
さらにターン獲得時に攻撃力/防御力/素早さを永続25%アップ、2回ターンを獲得するごとに自身の弱化効果を全て解除出来るなど攻守共に優れた性能を保有。
またスキル3の全体攻撃に関しては750%×2回攻撃となっており、使用ごとに威力が増加
威力増加の上限は無く、使えば使うほど火力が高くなり3回目以降で無敵貫通を獲得
なおかつ4回目以降では相手の強化効果を全て奪いつつ攻撃が可能

味方への恩恵が少ない部分はあるものの、自身の火力の高さに加えて敵全体の強化効果を全て奪えるなど戦闘を優位に展開出来る部分があるのは大きな強み。
クールタイムも2と回転率が良く、スキル威力を底上げしやすいのもメリット。
運用するのであれば行動回数を伸ばす為に素早さバフや行動ゲージ増加効果を持つキャラと組ませるのがオススメ。
1つ難点があるとすればパッシブによるバフを得なければ防御力が低く、落とされやすい点。
その為、かばう効果を持つ【夜半の誘惑】プリシラ/【向き合うべき過去】エミリア/【賑やかな夢幻術師】シオンなどと組み合わて防御面のカバーが必須。
特にプリシラは同じ赤属性であり、通常攻撃時/被ダメージ時スキル3使用時に行動ゲージを大幅に増やせるので相性が良くシナジーを得やすい。

 

【過去に足搔く犬鬼】タルコ
キャラ性能&個別評価

※過去に足搔く犬鬼ガチャより排出

攻守速全てが平均以上に高い青属性のアタッカータイプ。
スキル1の通常攻撃時には自身に激昂2回&味方全体に行動ゲージ20%増加を発動。
スキル3の単体300%の5回攻撃は自身に付与されている強化効果が多いほど威力上昇&青属性の味方3人以上で与ダメージの50%分最大HPを減少させ、復活無効を付与

特筆すべきはスキル2のパッシブ効果。
青属性の味方のみ、常時攻撃力50%アップ&素早さ30%増加
被ダメージ時にはスキル1で反撃(威力300%)し、自身のHP10%回復
味方回復時には青属性の味方に激昂を付与可能。

スキル3は威力自体は低いものの、攻撃回数が5回。
そのうえヒーラーとの編成で激昂を青属性の味方に連続して撒きつつ、パッシブ効果の攻撃力バフのお陰で単体火力は非常に高い。
また激昂は攻撃力アップと違って重ねるほど攻撃力が増加する。

【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【過去と対峙する剣鬼】ヴィルヘルムといった青属性キャラとの組み合わせは勿論のこと、自動回復系の記憶結晶を他のキャラに装備させて激昂を青属性の味方に撒き続けるような攻撃特化の編成にするのも面白い。
基本的には自己完結しており、ダメージを受ける程火力が増加する性能。
ただし防御力が特筆するほど高くはないので記憶結晶や他キャラでのカバーは必須。

 

【幸せにしてくれますか?】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ幸せにしてくれますか?より排出

高い攻撃力を誇る赤属性のアタッカータイプ。
初手で行える2500%威力の全体攻撃は強化効果を全て剥落させた上でダメージを通す優れた効果。
そのうえ自身を除く味方全体に経刻を2ターン付与、赤属性の味方に守護/抵抗/HP60%回復を付与
自動発動のパッシブ効果では常に遡行/経刻無効を獲得し、攻撃力/防御力200%アップを常時発動
さらにバトル開始から5ターン目までは散漫/奪取/剥落無効など、厄介な状態異常もカバー。
加えてスキル1でも自身を除く味方全体に1ターンの経刻を付与可能。

経刻効果によるシナジーを得られる【あなたに捧げる踊り】ラム/【箱庭の番人】ベアトリス等と非常に相性が良く、同時編成でパーティ全体へのステータスを大きく底上げ出来る。
ただし自身は5ターン目以降にスキル3の威力が1000%減少、経過ターン数×20%分攻撃力&防御力が下がるなどターン数を重ねる毎に弱体化してしまう点がネック。

ターン数経過による弱体化を防ぐ方法は現時点で難しく、特に常時遡行/経刻無効の縛りがキツい。
運用するのであれば短期戦か経刻によるシナジーを得られるキャラとの組み合わせがメイン。
他にも【過去をなぎ払う鉄球】レムとも相性が良く、オススメ。

 

【楽にしてくれる僧侶】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ 楽にしてくれる僧侶より排出

補助能力に特化した緑属性キャラ。
特筆すべきは初手で敵全体または味方全体に3ターンの経刻を発動出来る点。
同時に自身を除く味方全体へ行動ゲージ100%増加とパーティの行動順を一気に底上げ可能。
また通常攻撃時には自身を除く味方全体に行動ゲージ40%増加を行えるなど行動促進に特化。
足の遅い味方のカバーにも便利で、パッシブ効果では緑属性の味方に対して防御力100%増加を付与。
そのうえ2ターン獲得毎に自身を除くバトル中防御力4000以上の緑属性の味方に対して3ターンの経刻を発動出来るなど、【箱庭の番人】ベアトリスの性能を大きく引き出せる。
それ以外にも【執事兼用心棒】ガーフィール/【和装のメイド長】フレデリカといった防御特化のキャラとも噛み合う点は魅力的。
火力面に期待は出来ないものの、前述したキャラとの組み合わせで得られるシナジーは非常に強力。
ただし現時点では経刻による恩恵を得られるキャラが少ないので、単体での獲得はオススメ出来ない。

 

【最優の誇りを抱いて】ユリウス
キャラ性能&個別評価

※最優の誇りを抱いてガチャより排出

黄属性のキャラ。
【無邪気なる断罪】テュフォン/【剣聖の名を冠して】ラインハルトと同様に罪過増加効果を付与可能。
初手で打てるスキル3の全体攻撃は威力300%と火力自体は控えめだが、軽減無視&3回&罪過ダメージ20倍と前述したキャラとの組合わせで真価を発揮。
またフィールド効果発動中には味方のHP回復をトリガーにして敵全体へ罪過増加
そのうえ自身戦闘不能時or10回ターン獲得ごとにも罪過&罪過増加付与出来る事を考えれば経刻持ちのキャラとも組合わせられる。。
それだけでなく通常攻撃時も敵全体に罪過増加効果を与えられるなど、対複数戦に特化。
なおかつ味方黄属性キャラに対しては強力な状態異常耐性を発動出来る為、優位性を取られにくいのも魅力。

罪過効果による長期戦で活躍を見込める性能だが、前述した2体がいない場合には火力が低め
罪過縛りでの火力補助、若しくは黄属性縛りでの状態異常対策としての運用がオススメ。
単体で狙うのではなく、シナジーを得られるかどうかを手持ちキャラと相談したい。
そもそも「フィールド効果発動中」という条件があるので単体で真価を発揮するのは困難といえる。

 

【温泉名物の卓球】エミリア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ温泉名物の卓球より排出

黄属性の必中攻撃持ち。
特筆すべきはバトル開始時/敵が5回行動する毎に付与出来る単体への狂愛、全体への呪縛効果
さらに自身へかばうを付与し、戦闘不能時には自身以外の黄属性にHP30%復活&クールタイム減少
敵への状態異常効果は非常に強力で、特に狂愛と弱化解除不能になる呪縛は凶悪な組合わせ。
狂愛は発動者がダメージを負うと対象者もダメージを負い、戦闘不能も共有する恐ろしい効果。
その為かばう効果やスキル1で付与出来る挑発と非常に相性が良く、敵を道連れするのに優秀。
転生持ちの【やってやるよ】フェルトや復活スキル持ちと組み合わせる事でより凶悪な効果になる。

スキル3に関しては必中付きの散漫後に高威力単体攻撃&狂愛/呪縛付与の効果。
基本的に狂愛&呪縛によって自身のダメージを共有しながら戦闘を行うタイプ。
故に耐久力が低く、戦闘不能になりやすかったとしても正直そこまで気にする部分ではない。
ただし狂愛&呪縛を常時付与出来るように【水際で一休み】クルシュのような弱化延長は必須。
狂愛さえ付与出来れば後は戦闘不能になってもOK。
ただし相手に転生持ちがいると無駄死にしてしまう可能性もあるので注意。

 

【殺戮の鬼少女】レム
キャラ性能&個別評価

青属性のアタッカー。
実装時点では高火力枠として重宝したが、現時点では倉庫番。
しかし超越再現の対象となった事でステータス&スキル威力/効果が大幅に向上。
特に火力はトップ戦線のキャラにも食い込むほど強力なものになった。

特に新たに実装されたスキル4「鬼の一撃」が強力。
自身の最大HP50%を犠牲にする為、かなりリスキーなスキルだが敵全体の強化効果を全て剥落後に威力1500%の2回攻撃とダメージを通しやすいのがポイント。
HP不足の際は当然発動出来ず、発動後には大きなリスクを背負う事になる事を考えれば正直長期戦には不向き。
しかし短期戦ではかなりの火力を誇り、HP51%以下の際には自身の攻撃力100%/素早さ50%増加のバフも獲得。
またバトル中に攻撃力8000を超えている場合は強化効果の数だけスキル威力が高くなるので【過去に足搔く犬鬼】タルコと組み合わせて火力アップを行うのがオススメ。
また【過去と対峙する剣鬼】ヴィルヘルムなら回復&防御バフによって耐久面のカバーも可能。

超越再現前では正直使い物にならないが、超越再現後には青属性アタッカーとして活躍。
なんといっても超越再現に掛かる素材も少なく、欠片300個のみと大変お得。
リセマラ時点で超越再現化は難しいが、先を見据えるなら狙っておくのも有り。

 

【制御不能の遊び心】スバル
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ 制御不能の遊び心より排出

HP/素早さが高くバランスの取れた攻守の紫属性キャラ。
全体的に火力よりも補助能力に特化しており、それが中々厄介。
スキル1は自身の弱化効果を3個敵に転嫁、バトル中に攻撃力が4000以上の紫属性の味方に反射を発動
スキル3の全体攻撃は強化効果を5個剥落後にダメージ&自己回復&自身以外のバトル中に攻撃力が4000以上の紫属性に対して遡行&行動ゲージ100%増加付与

また紫属性の味方にのみ発動するパッシブ効果が強く、HP150%&素早さ50%増加
さらに戦闘不能時/3回ターン獲得ごとに自身以外のバトル中に攻撃力が4000以上の紫属性に対して遡行を発動する

新たに実装された状態効果の遡行はキャラクターの状態をバトル開始直後まで戻す効果。
HP/クールタイムを含めた全てのステータスが戻ってしまうので、バフ効果を豊富に持っているならデメリットにも成り得る
しかし逆なら全てを振り出しに戻してくれる為、大きなメリットといえる。
さらにバトル開始直後に発動するスキルが再発動するなど、短期型の【無欲と言い張る強欲】レグルスと非常に相性が良いのも高評価。
再現/共鳴状態のキャラに関してはそれぞれ再現/共鳴直後まで巻き戻され、デメリットにはならないと考えて良いだろう。
レグルスを確保しているなら是非とも獲得しておきたい。

 

【魔女のお茶会】エキドナ
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ魔女のお茶会より排出

通常攻撃で3ターン散漫を単体に付与、スキル2では全体攻撃&素早さ減少&クールタイム1増加&30%の行動ゲージ減少と敵の行動遅延が可能。
スキル3は全体攻撃&攻撃減少&防御減少&回復不能&強化不能の効果。
スキル3に関しては待機クールタイムが1あるものの、一気に弱体化を撒ける点は非常に優秀。
さらに特筆すべきは初実装のスキル4
その効果は敵味方全体の行動ゲージ200%減少&強化効果全解除&弱化成功力強化&弱化耐性減少&抵抗効果発動不能のフィールドを展開
敵味方全体に効果を及ぼすが行動ゲージを大幅に下げられる為、先手で攻撃を行える点は大きなメリット。

大幅な弱体化を行える上に、スキル3を続けて使えば強化不能で戦闘の流れを掴めるのが魅力。
また自身のステータスも素早さが高く、先手で前述したフィールドを展開可能。
リーダースキルも汎用性の高い味方の素早さ10%アップと優秀。
勿論、味方に対してもフィールド効果を与えてしまう分デメリットはある。
しかしそれを補って余りあるデバフ効果で戦闘を優位に展開出来るのは間違いない。

 

【強欲なクリスマス】エキドナ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ強欲なクリスマスより排出

非常に高い素早さを誇り、スキル1/スキル3を使用する事で新効果である静止を付与可能。
静止は文字通りクールタイムの減少を止める効果となっており、敵のスキル遅延に大きく貢献。
またスキル1は使用する度に威力が増加し、最大HP減少や魅了効果も与えられる
スキル3は待機クールタイムが1と初手で打つ事は出来ないものの、全体攻撃&敵味方のバフ全解除/クールタイム3ターン増加/静止フィールド発動と行動遅延に特化。
味方に対しても影響を及ぼすフィールド効果だが、バフ解除&スキル遅延は非常に優秀。

パッシブ効果は赤属性特化となっておりHP70%増加&防御力50%増加と大幅に耐久面を底上げ。
さらに味方の強化効果が解除された際には敵全体に行動ゲージ30%減少を付与出来るなど、スキル3のデメリット部分を敵行動遅延に転換してくれる。

敵の行動全てを遅延させ、手数を奪う能力に特化。
赤属性縛りの編成ではHP&防御力を大幅に強化出来るなどかなり強力。
【にーちゃと水遊び】ベアトリス/【とっておきの花畑】エミリア/【取り残された者】ベアトリスといった赤属性特化型のキャラと同時に組み合わせる事でパーティ全体の耐久力を大幅に向上させられる。

火力の高さは勿論、行動回転率が早い敵と対峙した際にはスキルを連発されて敗北してしまうケースも十分に有り得る。
その点このキャラは行動遅延や静止効果で敵の動きに制限を付与。
特に前述した3キャラを獲得しているのなら赤属性強化の為にも確保をオススメ。

 

【禁書庫から夜空へ】ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ禁書庫から夜空へより排出

高い素早さを持つ敵に対しての弱化効果を豊富に持つキャラ。
全体攻撃であるスキル3の「ソ、ソリが止まらないのよー!」は同時に攻撃減少効果を付与。
さらに190以上の素早さを持つ敵に対してのみ強化不能/散漫/呪縛/崩壊(紫)といった強力な状態異常を付与出来るなど一手で大幅な弱体化が可能。
190以上のすばやさを持つ敵は序盤にはおらず、高難易度や対人戦向けの性能といえる。

パッシブ効果でも同様に190以上のすばやさを持つ敵を対象に全バフ解除、状態異常の付与が出来るもののこちらは素早さ190以上の条件をクリアしていたら味方に対しても作用してしまう
とはいえ付与出来る状態異常には気絶もある為、味方のすばやさを意図的に下げても先手で行動制限を付与出来るのは大きな強み。

素早さが高いキャラとは相性が悪くオススメ出来ないものの、反対に足の遅いキャラとは噛み合う。
ステータス/スキル内容を考慮してのパーティ編成が必須だが、条件が噛み合った場合には強力な性能を発揮するキャラといえる。
また新しく実装された呪縛は弱化効果の解除不能とこちらもまた強力。
弱化解除スキル持ちへの対策にも、単純に戦闘難易度の低下としても便利。
攻撃/防御が高い戦闘特化ではなく、あくまでもサポート要員としての運用がオススメ。

 

【愛竜の背中に】オットー
キャラ性能&個別評価

※愛竜の背中にガチャより排出

赤/青/緑属性のサポートが出来る青属性キャラ。
スキル1では単体攻撃&散漫付与を行い、赤属性が味方にいる場合全体HP回復が可能。
さらにスキル使用ごとに素早さ永続アップの効果。
スキル2のパッシブ効果では自身HP50%以上で赤/青/緑属性の味方に素早さ減少/気絶/凍結/魅了/散漫無効効果を付与出来るなど、厄介な状態異常をカバー出来る。
それだけでなく緑属性の味方いる場合、赤/青/緑属性の味方に対して被ダメージ上限(8000)を発動し、味方全体へ素早さ永続アップ
スキル3は単体攻撃&強化効果全解除、自身以外に青属性の味方がいる場合には全体攻撃となり味方全体には弱化効果全解除&HP回復&素早さ永続アップを付与。

赤/青/緑属性の味方に対して高いサポート能力を発揮し、全スキル共通で素早さ永続アップを行えるなど行動順を大きく底上げ出来る。
特に優秀なのが自身HP50%以上で発動する複数の状態異常無効。
行動制限などの厄介な状態異常をカット出来る為、高難易度は勿論アリーナでも活躍。
それ以外でも被ダメージ上限(8000)、全体回復で生存率アップにも貢献。

現時点では単色縛りパーティでの恩恵には見劣りするものの、キャラ数の少ない序盤では編成幅も広がるのでオススメ。
強いて弱点をあげるなら黄/紫属性に対しては恩恵が少ないのと、高い素早さを持つキャラに強い【禁書庫から夜空へ】ベアトリスを相手にする場合は注意。

 

【スプラッシュメイド】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャスプラッシュメイドより排出

スキル1は単体400%攻撃&魅了付与、スキル3は単体1600%攻撃&強化不能/回復不能/散漫を付与出来るデバッファータイプ。
ステータスは素早さに特化しており、前述した2つのスキルも素早さが高いほど火力増加
この2つだけでも十分強力だが、スキル2のパッシブが非常に便利。
バトル開始時に自身に素早さ強化&ターン獲得時にランダムな敵1体の強化効果を全解除
その上、2回ターン獲得ごとに自身の弱化効果を全て解除&素早さ強化を獲得出来る。

バフてんこ盛りのイベントボス対策は勿論、常時掛かる素早さバフで高火力も維持。
全体攻撃が無い点はネックだが、高い素早さで行動回転率が良くデバフ/状態異常を撒き続けられるのはあらゆる状況で有難い性能といえる。

素早さは全キャラ中トップクラス。
つまりターン獲得数がそれだけ多く、パッシブの発動回数も多く相手に優位を取られにくい。
アリーナにおいても強力なパッシブ持ちの【紳士の空中散歩】ロズワール、全体に散漫を撒ける【武将さんじょー】ミミに対して先手を取って魅了/散漫を撒ける点はかなり強い。
入手しておいて損はないキャラ。

 

【愛娘に祝福を】パック
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ愛娘に祝福をより排出

攻撃力特化のステータス性能を持つキャラ。
さらにスキル3「父と娘のプレゼント乱舞」は紫属性の味方×500%となっており、最大で2500%の高威力で敵全体を攻撃出来る。
しかも紫属性の味方が3人以上いる場合には無敵無視の効果も付与される為、安定した高ダメージを狙えるのも高評価。
そのうえ与ダメージの一部分最大HPを減少させられるなど、回復能力を持つ敵であっても長期戦になりにくく序盤~終盤までアタッカーとして高い性能を発揮。

またパッシブ効果によって常時紫属性の味方にHP70%/防御力50%増加を付与。
自身にも攻撃強化(大)&反射(3回/反射率80%)を付与出来る。
他にも素早さが180以下、以上の味方に対して与えられるバフ効果は違うもののいずれにせよメリットしかない。
同時実装された【禁書庫から夜空へ】ベアトリスに比べると使い勝手はこちらの方が上。

アタッカーとして高い性能を持つがのネックポイントは素早さの低さ
先手で攻撃する事が難しく、耐久力もそこまで高く無いので集中攻撃を行われた場合には火力の高さを発揮出来ずに撃墜されてしまう場合も。
ある程度メモリーボード/記憶結晶で素早さを盛ると使用感が向上。
紫属性縛りでパーティを組めるのなら獲得をオススメ。

 

【切れ者甘味店長】アナスタシア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ切れ者甘味店長より排出

防御力に特化した性能を持つキャラ。
さらにスキル威力も防御力が高いほどアップ【いざ、パーティへ】レム/【波打ち際で一休み】エミリアなどと似たような性能を持つ。
ただしこのキャラは自身のHP70%以上で防御力&弱化成功力が100%増加、最大HP減少無効といった強力なバフを獲得出来る。
耐久力&スキル威力を戦闘開始時から大きく伸ばせるのが特徴。
それだけでなく青属性の味方がクリティカル発動時には60%の追加ダメージ、HP回復時には敵全体の強化効果を1個解除&1ターンの崩壊(青)も付与。
その為、相性が良いのは当然青属性縛りの編成。

そのうえスキル3は青属性の味方数×850%と非常に高威力。
同時に強化効果全解除&魅了を付与出来るなど、行動制限も行える。
またこちらも防御力が高いほど威力アップの効果となっており、単体アタッカーとしても優秀。

基本的には青属性縛りの編成なら問題なく運用可能。
最大まで恩恵を獲得するのであればクリティカル率の高いキャラ/回復能力持ちのキャラを編成するのがオススメ。
クリティカル率アップは自身のリーダースキルでカバー出来るが、回復能力持ちなら【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【弾む喜び】レムなど。
青属性キャラでパーティ編成を組めるのであれば是非とも獲得しておきたい。

 

【魔獣召喚の奇術】メイリィ
キャラ性能&個別評価

※魔獣召喚の奇術ガチャより排出

防御力/素早さに特化した緑属性キャラ。
スキル1は単体攻撃&攻撃力/素早さ減少効果。
スキル3では全体攻撃&遺失/呪縛/散漫効果を一気に付与。
パッシブ効果では緑属性の味方に対して常時クリティカル率30%、HP70%増加
さらに緑属性の味方がターンを獲得する度にランダムな敵に呪縛を発動
他にも戦闘開始時には緑属性の味方に対して抵抗を付与出来るなど、サポート能力が高い。

遺失で記憶結晶の効果をなくし、呪縛で弱解除不能、散漫でパッシブ封印と性能は対人向け。
直近で実装されている【妖艶なる奇術師】エルザは対象の弱化効果が多いほど威力が増加するスキルを持つ為、呪縛による解除不能効果は非常に噛み合う。
またクリティカルダメージも高く設定されているキャラなので、クリティカル率を常時底上げ出来るこのキャラとの相性は非常に良い。

あくまでも性能は補助役。
攻撃力自体もかなり低く、火力枠としての運用よりも弱化効果を撒く要員として使いたい。
緑属性縛りでの運用は勿論、前述した【妖艶なる奇術師】エルザとセットで運用するだけでも強力。
単体だと思った以上に性能を実感出来ない為、シナジーを得られるような編成は必須。
ただし属性特化のキャラや超越再現によって強化されたキャラなどはパッシブが大きな軸となっており、散漫効果でのパッシブ封印効果は大きな魅力。
主にアリーナの属性縛りパーティへの対策として編成に組み込みたい。

 

【弾む喜び】レム
キャラ性能&個別評価

※事前登録で入手

事前登録で全員獲得出来る星3キャラ。
バランスの取れた性能となっており、味方全体に対して行動ゲージ/クールタイム短縮効果を付与出来る高いサポート能力を保有。
ゲーム開始時点では非常に優秀なサポート枠として活躍してくれたが、現時点ではステータス/スキル効果なども徐々にインフレが進んで最前線での活躍が難しくなってきた。

しかし2022年1月28日(金)~過去キャラのテコ入れである超越再現の対象キャラに抜擢。
条件は厳しいものの超越再現を行う事でステータスは勿論、スキル威力が大幅アップ。
なおかつ4つ目のスキルも獲得出来るなど、至れり尽くせりの恩恵を得られる。

強化後のスキルで主に強力なのがスキル2。
わざわざ発動せずともターン獲得のみで味方全体に行動ゲージ増加/クールタイム短縮が出来るなど、サポート能力に磨きが掛かった。
さらにスキル3の単体攻撃も青属性の味方数×800%と大幅に火力アップ。
それだけでなく新たに獲得出来るスキル4は味方全体の弱化効果全解除&HP40%回復&自身に無敵獲得とサポート/アタッカー/ヒーラーを高水準でこなせるように。

正直、超越再現を行うまでは最前線での活躍は厳しめ。
超越再現に関しても簡単ではないが、苦労した分の見返りがある性能を持つ。

 

【鷹揚な太陽姫】プリシラ
キャラ性能&個別評価

赤属性のサポーター。
初期時点は味方全体への攻撃バフ&行動ゲージ増加&継続回復が重宝したが、現在時点では正直力不足。
しかし超越再現の対象となった事でステータス&スキル効果が大幅に向上。
補助能力がさらに高まり、赤属性のサポート役として十分実用レベルになった。

特にスキル1・2の追加効果では素早さ永続3%・6%アップを味方全体に付与
さらにスキル3を使用する事で敵全体の強化効果を全解除&味方全体の弱化効果を全解除が可能。
それだけでなく敵が5回行動する毎にターンを獲得して、割り込んでスキル発動を行えるのも高評価。
全体的にサポート能力が高く、敵味方のどちらに対しても影響力が強いのが魅力。

同じく赤属性サポーターの【月夜の舞風】ラム(超越再現後)と相性が良く、同時に組み合わせるのも有り。
トップ層のキャラが使うような凶悪な状態異常は持ち合わせていないものの、シンプルに戦力強化には便利。
赤属性は他にも【夜半の誘惑】プリシラ【あなたに捧げる踊り】ラムなど補助能力の高いキャラが豊富。
火力こそ頼りない部分があるものの、長期戦においては非常に強力な組み合わせといえる。
超越再現の素材自体が貴重だが、サポーターが必要なら損にはならない。

 

【月夜の舞風】ラム
キャラ性能&個別評価

味方全体に攻撃バフ&防御バフ&クリティカルバフを付与出来るキャラ。
なおかつ全体攻撃を持つ為、幅広く運用出来る性能を。
火力自体は低いものの、スキル威力の倍率が割と高めなので十分運用出来るレベル。
攻撃&サポート能力が高いキャラだったが、やはりインフレの波には付いていけず倉庫番要員に。
しかし超越再現化となった事で補助能力が大幅に向上。

スキル2では味方全体の攻撃面を強化&攻撃力4000以上の味方には素早アップ&抵抗を付与
スキル3では味方全体の防御面を強化&防御力3500以上の味方にはかばう&反射を付与出来るなど、サポート能力がかなり強力になっている。
またスキル1を使った際には自身の弱化5個解除&味方全体のクリティカル率永続3%アップ
新たに実装されたスキル4には味方のクリティカル攻撃発動時に攻撃対象に20%の追加ダメージ&敵全体の強化効果を2個剥落させ、味方全体に激昂を付与

【夜半の誘惑】プリシラとの組み合わせで行動回転率の底上げや、クールタイム短縮効果が優秀な超越再現後の【弾む喜び】レムなどと組み合わせる事で安定した味方の補助を行える。

 

【命懸けのシャマク】スバル
キャラ性能&個別評価

挑発/自己蘇生/単体への攻守速のデバフを持つキャラ。
またリーダースキルでは属性縛り無く味方全体の攻撃力30%UPと汎用性の高さが魅力。
しかしそれもキャラ数が増える前まで。
現段階では最前線のキャラと渡り合う事も出来ず、正直獲得していたとしても倉庫番。

ただし2022年1月28日(金)から過去キャラのテコ入れとして超越再現が実装。
もれなくこのキャラも対象に抜擢されており、大幅な強化が可能になった。
ステータス/スキル威力が向上し、スキル4まで実装されるので一気にトップ戦線に躍り出るほどの強化となる。

特筆すべきはこれまで単体挑発のみだったのが全体挑発&全体攻撃が可能に。
そのうえ攻守のデバフ、自身にシールド/抵抗/かばうを発動出来るなど全体アタッカー&デバッファー&タンクとして幅広く運用出来るように強化。
勿論戦闘不能時の自己蘇生もそのまま保有している為、生存能力はかなり高め。
特に回復能力持ちのキャラとの組み合わせでより生存能力を底上げ出来るのは言うまでもない。

超越再現を行うまでは正直苦労するが、超越再現後は初期キャラとは思えないほどの性能。
高いタンク能力に加え、高威力の全体アタッカー/でバッファーとしても幅広く活躍。
既に最大まで育成を済ませているのであれば超越再現を行うのも有り。

 

【信念の剣舞】ユリウス
キャラ性能&個別評価

高い攻撃力に加え、ひと昔前までは高い全体攻撃倍率のスキルを持つアタッカー。
味方へのクリティカル率アップ&行動ゲージ増加など、サポート能力も高く初期キャラの中では圧倒的に優秀だったキャラ。
とはいえシンプルな火力枠では正直無敵や防御強化に太刀打ち出来ず威力も現時点では低め。
その為、最初期に比べてやはり運用頻度が大きく下がったキャラの1人といえる。

しかし今回1月28日(金)~キャラの性能を底上げ出来る超越再現の対象キャラに抜擢。
それによってステータス/既存スキルの性能が大幅に向上。
そのうえスキル4も新たに獲得出来るようになった為、アタッカーとしての性能もトップ戦線に躍り出るほどになった。

主に攻撃スキルは威力向上に加え、無敵貫通&ダメージの一部最大HP減少が追加
さらにメインのダメージソースであるスキル3は赤属性の味方数×800%と非常に高威力。
また新たに習得できるスキル4はパッシブ効果となっており、被ダメージ時にHP10%回復&クールタイム1ターン減少&赤属性の味方のみ行動ゲージ20%増加&スキル1で反撃の効果。
スキル1で自身に素早さアップ、またパッシブ効果で赤属性の行動ゲージ増加を付与出来るので属性縛りのパーティなら行動回転率を大きく底上げ可能。

超越再現前と後では大幅に性能が変わる為、面倒な手間を考えても強化はオススメ。
ただしアタッカーキャラは入れ替わりが激しく、貴重な素材を考えれば若干悩みどころ
今後、他キャラも超越再現が実装されるとの事なので一旦様子見も有り。

 

【おめかしパーティ】エミリア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャおめかしパーティより排出

青属性の味方を強化するパッシブを持つキャラ。
その効果は常に青属性の味方を対象に素早さ20%&弱化耐性100%アップ
さらに味方が戦闘不能時に味方全体のクールタイムを2ターン減少&自身がターンを獲得
バトル開始時には100%の確率で味方全体に2ターンの攻撃力強化&青属性の味方のみ2ターンの素早さ強化&抵抗を付与
青属性の味方に対して素早さ強化を豊富に付与出来る為、行動回転率を大きく伸ばせるのが魅力。

またスキル1は単体400%威力と非常にシンプルだが、2回使用時にはさらに威力200%上昇→3回使用時以降でさらに400%上昇&無敵貫通と長期戦ほど高火力を発揮。

スキル3は全体400%威力×2回攻撃で待機クールタイム無しで発動可能
2回目で威力400%上昇&素早さ減少付与
3回目使用時にはさらに威力400%上昇&クールタイム1ターン増加付与
4回使用時以降には威力500%上昇&無敵貫通とスキル1と同様に使う度に火力アップ。

スキルを使い続ける事で火力が高くなる性質を持つ為、高難易度や長期戦で活躍してくれる。
さらにスキル3のクールタイムも2と短く回転率が良いので火力を伸ばしやすいのもポイント。
そのうえ自身の素早さも割と高めに設定されており、前述した素早さバフの効果で最大火力までの時間が短い点も嬉しい。
当然青属性縛りの編成が真価を発揮出来るが、混合パーティでも火力枠として高性能。
クールタイム減少効果を持つ【賑やかな夢幻術師】シオン/【お姉ちゃんみたいに】レムなどと組み合わせるとより最大火力までの時間を短縮出来る。

 

【武将さんじょー】ミミ
キャラ性能&個別評価

※武将さんじょー!ガチャより排出

特筆すべきはスキル1で単体に、スキル3で全体に撒ける状態異常の散漫
散漫はパッシブスキルの発動を封じる効果となっており、特にアリーナでの活躍に期待が出来る。
中でも【紳士の空中散歩】ロズワール/【はんなりお花見】アナスタシア/【木漏れ日の微笑み】エミリアなど、頭一つ抜けたパッシブ効果持ち対策として非常に効果的。

それだけでなく、スキル3は同時に攻撃&防御デバフも付与可能。
待機クールタイムも無く初手で放てる為、一気に敵の弱体化を狙えるのが魅力。
また、戦闘開始時に素早さバフ/被ダメージ時に行動ゲージ30%増加&クールタイム1ターン減少と強力なパッシブを保有。
高い素早さを武器に先手で弱化を撒けば戦闘難易度も大きく下げられる。
シンプルな戦闘力はそこまで高くはないが、これまでアリーナで猛威を振るってきたキャラ(前述した3体)対策が出来るのは大きなポイント。
当然、通常の戦闘でも十分役立つので是非とも確保しておきたい。

 

【ほかほかマヨネーズ風呂】レム
キャラ性能&個別評価

※ほかほかマヨネーズ風呂ガチャより排出

スキル1は単体400%攻撃&味方全体に20%の行動ゲージアップ
スキル3は単体100%攻撃&自身に20000のシールドを付与&与ダメージの50%分最大HPを減少
味方に3人以上黄色属性が編成されていると威力が2000%上昇し、無敵貫通の効果も獲得。
単体火力が高く、黄色縛りでの運用がオススメ。
ただしスキル3は待機クールタイムが2あるので初手で撃てない点には注意。

特筆すべき点はスキルによるパッシブ効果。
自身が戦闘不能時には味方全体をHP50%回復して、黄色属性の味方のみ行動ゲージ100%増加&激昂を付与
また味方が戦闘不能になった場合でも全体50%回復を付与可能。
さらに黄色属性の味方にはHP80%で復活&激昂を付与出来るなど、耐久面を大幅に強化可能。

黄色属性縛りだと余程強力な全体攻撃を受けない限りは回復&復活で復帰力も高め。
しかしパッシブ効果にもクールタイムが存在し、1回の発動から6ターンは待機時間が必要
【小さなあくび】レム/【賑やかな夢幻術師】シオンと編成する事で火力も補える為、攻守共に安定させたいのであれば是非とも獲得しておきたい。

 

【いざ、パーティへ】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャいざ、パーティへより排出

防御力が非常に高く、スキル威力も防御力が高いほど増加
【寒いの苦手?】ラム/【波打ち際で一休み】エミリアと同様に攻守共に優れた性能となっており、被攻撃時にはパッシブ効果でHP10%回復も獲得と耐久面も優秀。
また敵が8回行動する度に味方全体の弱化解除&自身のHP30%回復&行動ゲージ100%増加&愛情を得られるなど、行動回転率も良い。
同時に得られる新バフの愛情はクールタイムの状態に関係なくスキル使用が可能になる優れた効果。
その為タイミング次第ではダメージソースとなるスキル3を連続して発動可能。

ダメージソースとなるスキル3は紫属性の味方数×700%となっており、紫属性縛りで非常に高い火力を発揮してくれる。
そのうえ蘇生効果を無効に出来、紫属性の味方3人以上で無敵貫通を獲得。

防御力が高く、さらに比例して火力も増加。
デバフ/状態異常持ちのキャラに比べると敵/味方への影響力が少ない点はネック。
手持ちの火力枠が物足りないのであればオススメ。

 

【まどろみの朝】ラム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャまどろみの朝ガチャより排出

攻撃力の高いアタッカータイプ。
通常攻撃として使うスキル1の威力も600%と高く同時に激昂を獲得
激昂は【『聖域』の盾】ガーフィールも持つ重複可能な火力バフとなっており、長期戦においても非常に役立つ効果といえる。

スキル2のパッシブ効果はターン獲得時に自身の弱化全解除&HP15%回復
さらに攻撃時には敵全体の行動ゲージ30%ダウンを与えられるなど敵の行動遅延にも役立つ。
また自身の攻撃力が4200を超えている場合、再度ターンを獲得
激昂で火力を高める事で行動順アップにも繋がる事を考えればアタッカーとして非常に優秀。

全体攻撃であるスキル3は待機クールタイム3と初っ端から使えない点はややネック。
しかし威力は1400%とかなり高く、なおかつ行動ゲージ50%ダウン&気絶も付与
それだけでなく自身の攻撃力が3000を超えていれば無敵貫通効果を獲得。
攻撃力4200以上なら威力が1800%までアップ

全体的に長期戦or高難易度のクエスト・イベントで活躍出来るキャラ。
周回運用としては基本的にはオーバースペック。
無敵貫通持ちは他に【二十年越しの復讐鬼】スバルがいるものの、こちらは単体攻撃&HP50%以下でのみ発動。
その点こちらは攻撃力が一定値以上の条件はあるものの全体攻撃&無敵貫通。
アリーナで味方全体に無敵を付与する【紳士の空中散歩】ロズワール対策としても運用可能。

 

【愛情たっぷりケーキ】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ愛情たっぷりケーキより排出

非常に高い素早さバランスの取れた攻守を持つキャラ。
使う度に威力がアップするスキル1は最大で2700%と非常に高威力。
スキル2のパッシブは青属性の味方のみHP100%増加を付与。
バトル開始時には味方全体に抵抗を付与し、最大HPが40000以上の青属性の味方に対して守護を付与、さらに自身のHPが回復した際には敵全体に奇禍ダメージ(回復量の20%)を与えられる。
そのうえスキル3では最大HP60%の自己回復を獲得し、再度ターンを獲得
また味方全体に祝福を付与しつつ最大HP40000以上の味方には無敵を付与と耐久力に優れた性能を誇る。

スキル1の最大火力を発揮するには7回攻撃を行わなければならず、長期戦に特化した性能のキャラといえる。
とはいえ再度ターンを獲得出来るスキル持ちの為、回転率が早くクールタイム減少効果を持ったキャラとの組み合わせで最大火力までの時短が可能
最大HPが40000以上で得られる様々なバフ効果に関しても、青属性ならパッシブ効果にある最大HP100%増加の効果で達成しやすいのがポイント。

混色属性の編成には向かないものの青属性縛りだとバフ獲得の条件を達成しやすく、同じく奇禍ダメージを狙える【世界を浄化する拳】ミネルヴァとの組み合わせでシナジーを得やすいキャラ。
属性に偏った性能となっており、最大HP依存でのバフ効果が多いので序盤でのリセマラにはやや不向き。
既に【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【おめかしパーティ】エミリア/【妖しき夢幻術師】ライラなどを獲得しているのなら多大な恩恵を得られる為、入手しておくと耐久力アップ&戦闘難易度の緩和に役立つ性能といえる。

 

【妖艶なる奇術師】エルザ
キャラ性能&個別評価

※妖艶なる奇術より排出

素早さ/クリティカルダメージの倍率が高い緑属性のキャラ。
スキル1での攻撃時には散漫&崩壊(緑)を付与、スキル3では単体1200%ダメージと高火力。
さらにスキル3での攻撃時、相手の弱化効果が多いほど威力が上昇する
そのうえスキル3で敵を撃破した場合には対象の弱化効果がランダムで他の敵1体に感染するなど、連続して高ダメージを狙える性能も高評価。

自身は緑属性パーティに特化しており、特に自動発動となるスキル2が強力。
常に自身のクリティカル率&素早さを緑属性の味方×10%増加、クリティカル攻撃発動時には60%の確率で再度ターンを獲得、味方戦闘不能時には自身の弱化効果全解除、味方全体に行動ゲージ80%増加を発動する。
基本的にはどれだけクリティカルを発動出来るかが運用の鍵。

組み合わせるのであれば弱化効果を複数個付与しやすい【愛を満たす色欲】カーミラは勿論、【白雪の如き太陽姫】プリシラ等クリティカル関係のバフ効果を豊富に持つキャラがオススメ。
編成に若干左右される部分はあるが、緑属性縛り&弱化効果数/クリティカル率をしっかりと意識した編成を行う事で非常に高い火力を発揮するタイプ。
単体では真価を発揮させにくく、耐久面が低い点はネック。

 

【小さなあくび】レム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ小さなあくびガチャより排出

ステータスはバランスが良く、通常攻撃時に味方全体に最大HP15%回復を付与可能。
さらにパッシブ効果で黄属性の味方にのみ、常時HP70%&攻撃力30%増加効果を付与。
そのうえ敵がクールタイム減少を発動した際には、敵全体の強化効果1個解除
他にもバトル開始時に味方全体の弱化耐性強化&10000のシールド発動し、黄属性の味方に対してのみ20000のシールド&抵抗を付与出来るなど黄属性の攻守を大幅に強化出来る。

また、スキル3でも全体600%攻撃&崩壊(黄)付与&味方全体の弱化効果全解除&黄属性の味方のみクリティカル率アップ&弱化耐性強化&20000のシールド付与とサポート能力が強め。
同時期に実装されている【賑やかな夢幻術師】シオンも黄属性強化能力持ちなので、同時に編成する事で大きなシナジーを得られる。
【氷華の花嫁】エミリア/【剣を握る決意】テレシアなど黄属性には攻守に優れたキャラが多く、全ての属性に等倍以上のダメージを与えられるなどのメリットも魅力。
今後の事を考えて、属性ごとに縛り編成が出来る人数は揃えておきたい。

 

【忘却の治癒術師】フェリス
キャラ性能&個別評価

※二十年越しの復讐鬼ガチャより排出

非常に優れたサポート能力を持つキャラ。

CT無しのスキル1で味方全体にHP15%回復&弱化1個解除&弱化耐性強化を付与。
さらにスキル2では自身に弱化耐性強化&自動回復&我慢&効果量10000のシールドを獲得。
その上敵全体に挑発&攻撃減少&CT1増加を付与出来るなど、タンクとしても運用可能。

新効果の我慢は効果中の被ダメージを自身の攻撃ダメージに加算出来る効果となっており、後述するスキル3のダメージアップとしても使える。
元々の攻撃力自体は低いものの、この効果で火力にもある程度貢献出来るのは嬉しい。

スキル3では単体1000%ダメージ&与ダメージ50%HP回復&回復不能&CT4増加&自身のCT2減少など、耐久力が高く敵のスキル遅延効果で手数を大きく下げられる効果。

CTが多く、連発出来ないデメリットはあるがサポート&タンクとしての性能は代用出来ない。
高難易度でも活躍を見込めるので先を見据えるならオススメ。

 

【陰魔法の熟練者】べアトリス
キャラ性能&個別評価

保有スキルが全て単体攻撃のアタッカー。
高威力な上に、気絶や継続ダメージ/強化不能といったデバフ効果を付与出来る。
自身の攻撃力も高く、単体アタッカーとしての性能なら初期の実装時点ではトップクラス。
また味方の弱化成功率40%アップのリーダースキルも様々な場所で重宝した。

ただし直近では火力不足やスキル効果の物足りなさが目立っており、ようやく超越再現化。
そのおかげで単体火力が大きく底上げされ、同時に味方全体の火力補助まで可能に。
特にスキル3で付与可能なパッシブ効果を封印出来る散漫/弱化解除が出来なくなる呪縛はどちらも非常に優れた効果。
対人戦でも十分に使用出来る上に、【魔獣召喚の奇術】メイリィ/【妖艶なる奇術師】エルザなど組み合わせて運用するのも有り。

新たに実装されたスキル4が強力。
パッシブでターン獲得/攻撃時に敵全体に弱化成功/耐性を無視して強化効果3個解除を発動。
さらに3ターン獲得ごとに敵全体の強化効果を1個ずつ自分に付与出来るなど、敵優位の展開を作らせないような性能も有難い。
アタッカーとしての性能は当然上位キャラに劣るものの、バフ解除等は今でも活躍を見込める。
序盤、リセマラで獲得するにはオススメ出来ないが超越再現なら割とオススメ。

 

【紳士の空中散歩】ロズワール
キャラ性能&個別評価

※【紳士の空中散歩】ガチャより排出

スキル1は単体攻撃&2ターンの攻撃デバフを付与。
さらにスキル3では1400%の高威力攻撃&敵全体のバフ解除&味方全体のデバフ解除/HP30%回復出来るなど不利な環境を一手で変える能力を持つ。
そのうえパッシブ効果で敵が3回行動する度に味方全体のデバフ1個解除/HP10%回復/防御バフ/抵抗/1ターンの無敵を獲得。
クールタイムに左右されず、敵の行動回数をトリガーにするので安定した効果を期待出来るのがポイント。

回復量は少ないとはいえ、獲得出来る防御バフ/抵抗/無敵はパーティの耐久値アップに大きく貢献。
単体火力も高く、それでいてサポート能力までもがトップクラス。
ステータスの攻撃/素早さ自体がやや低めに設定されているが、優秀過ぎるスキル効果で気にならない。
高難易度のクエストで役立つ事は間違いないので是非とも獲得しておこう。

 

【賑やかな夢幻術師】シオン
キャラ性能&個別評価

※賑やかな夢幻術師ガチャより排出

一周年で初実装された星3シオン。
ステータスは素早さ/防御が高く、通常攻撃で常時自身にかばうを付与可能。
さらにパッシブ効果ではバトル開始時、自身に防御強化&かばうを発動。
そのうえ被攻撃時には最大HP10%回復を獲得出来る為、高耐久のタンクとして活躍。
味方のHP回復時には味方全体の攻撃強化&クールタイム1ターン減少など、ヒーラーとの相性が良いのもポイント。

中でも特筆すべきはスキル3の単体攻撃。
スキル威力2400%と最高クラスの火力を誇り、同時に強化効果を全て解除
なおかつ散漫&気絶を付与して、味方全体には防御強化&黄属性の味方には20000のシールドを付与出来る。
攻撃力自体は高くは無いが、スキル威力が飛び抜けて高いので火力枠としての性能は十分。
黄属性には【氷華の花嫁】エミリア/【剣を握る決意】テレシア/【聖夜の装い】ラムなど強力なキャラが多く、特に回復持ちのエミリアと組ませるのがオススメ。

全体的に強力な性能だが、スキル3のクールタイムが8&待機クールタイムが2なのがネック。
火力メインで運用するよりもタンク兼バッファーとしての方が使いやすい。

 

【氷華の花嫁】エミリア
キャラ性能&個別評価

※氷華の花嫁ガチャより排出

初のHP100%での蘇生スキル持ちのキャラ。
スキル1は単体攻撃&自身のクールタイム1減少
スキル2は味方単体を最大HP100%で蘇生&対象以外には2ターンの祝福&自動回復&防御強化&弱化耐性強化付与
スキル3は全体2回攻撃&味方全体の弱化効果全解除&祝福&素早さ強化&最大HPの20%で2回回復&自身に無敵付与の効果。

初実装の祝福は被回復量増加の効果となっており、回復能力を豊富に持つ自身と相性が良い。
また、最大HP100%での蘇生効果は高難易度において重宝する事間違いなし。
自身への無敵付与で耐久力も高くステータスもHP/防御力に特化した耐久寄り。

反面火力枠としての性能は非常に低く、サポート要員としての運用がオススメ。
【お姉ちゃんみたいに】レムと組み合わせて運用する事で耐久力を大きく底上げ可能。
単体でもサポート能力は高いが、前述したキャラを確保しているのなら是非とも迎え入れたい。

 

【村の演奏会】ペトラ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ村の演奏会より排出

防御力が高くサポート能力に特化した性能を持つキャラ。
強化状態を解除されない守護、クールタイム無視でスキルを撃てる愛情を付与する事でバトルを優位に展開可能。
またスキル1で味方全体の弱化効果1個解除&HP15%回復を行えるなど、安定感も高い。
強化解除/クールタイム遅延といった状態異常への対策として非常に優秀な性能を持ち、戦闘を優位に運べる便利タイプ。

ただし守護/愛情は防御力が1800%の味方に対してのみと若干敷居が高め。
同時実装された【強欲なクリスマス】エキドナ【にーちゃと水遊び】ベアトリスなどの赤属性特化型のキャラと編成してしまえば条件クリアは容易。

ダメージソースが無いが守護/愛情持ちとサポート能力に全振りした性能。
リセマラで狙う分にはオススメ出来ないものの、赤属性縛りで編成を組めるだけのキャラ数を確保している場合にはオススメ。

 

【にーちゃと水遊び】ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャにーちゃと水遊びより排出

まず特筆すべきは自動発動となるパッシブ効果。
赤属性の味方に対しては常時HP70%アップ&防御力50%アップ
バトル開始時には100%の確率で強化効果2個解除&崩壊(赤)を付与
さらに、敵がクールタイム減少を発動した場合には敵全体に2ターンのクールタイム増加&味方全体の行動ゲージ50%増加を獲得。
新しく実装された崩壊(赤)はターン獲得時にHP割合ダメージ&赤属性からの被ダメージアップとなっており、対緑属性に対して大きく優位を取れる性能といえる。

スキル3では全体600%攻撃&強化効果4個解除&崩壊(赤)&強化不能を付与可能。
しかも赤属性の味方へ効果量5000のシールド&防御強化&素早さ強化&クールタイム2減少を付与出来るなど、非常に優れたサポート能力を保有。

赤属性縛り以外でもある程度のサポート能力を発揮出来るが、赤縛りのパーティがオススメ。
特に常時HP/防御を大幅に底上げ出来るパッシブは緑属性の高難易度に挑む場合に重宝する。
火力枠の【鬼の里の神童】ラム/【『聖域』の盾】ガーフィールと組み合わせると低耐久をカバー、【勤勉なる狂信者】ペテルギウスと組み合わせると高耐久のタンクと幅広い運用が可能。
その他、リリース時に実装された赤属性キャラの強化にも使えるので他には無い魅力が嬉しい。

今後似たような属性特化キャラが実装される事を考えても獲得しておくのがオススメ。

 

【とっておきの花畑】エミリア
キャラ性能&個別評価

※とっておきの花畑ガチャより排出

高いHPと素早さを誇る赤属性パーティ特化型のキャラ。
赤属性の味方数が多いほど威力アップのスキル1は最大で1500%と非常に強力。
自身の攻撃力自体は高くないものの、スキル威力で十分カバー。
さらにパッシブ効果では赤属性の味方のみ素早さ/弱化成功力アップ
自身には反射を付与して被ダメージ時にも相手にダメージを付与。
与ダメージの機会が多く、被ダメージ時には自己回復も行えるなど耐久力も割と高め。

そのうえスキル3使用時にはかばうを獲得出来てカウンター確率が大幅に向上。
被ダメージを受ける機会が多くなるが、反射にはダメージ軽減効果もある。
攻守を一気にカバー出来る優れた効果の為、雑魚~強敵相手に幅広く運用可能。

他にも味方への反射付与、敵全体に強化不能/攻守のデバフ/クールタイム増加を付与出来るなど
戦闘力を下げつつ行動制限も可能。
高いサポート能力は序盤よりも高難易度での活躍を見込める。

理想をいえば最大HPだけを上げるのがカウンター要員としてはベスト。
【満たされぬ飢渇】ダフネのリーダースキルならHPの底上げが非常に楽。
【にーちゃと水遊び】ベアトリス/【取り残された者】ベアトリスなら赤属性キャラとしてシンプルにシナジーを得られるのでこちらもオススメ。

 

【執務の合間に】クルシュ
キャラ性能&個別評価

緑属性キャラ。
全体的に補助寄りのスキル構成を持っていたキャラだが、それも最初期まで。
現時点で運用出来る程の性能は無く、倉庫番の人がほとんど。
しかし2022年8月1日付で超越再現の対象となり、性能は大幅に強化。
緑属性縛りの編成に特化した性能になり、初手で発動出来る全体攻撃は緑属性キャラ数×600%と高火力。
同時にステータスダウン&状態異常を付与しつつ味方全体のクールタイム1減少
また味方or敵単体と安定感に欠けるものの、3ターンの経刻を付与可能。
経刻を持つキャラ自体が少なく、緑属性縛りなら【箱庭の番人】ベアトリスとの組み合わせがオススメ。

さらにバトル開始時には緑属性の味方に対してステータスアップや弱化耐性強化を付与
加えてHP60%以上からの致死ダメージを残HP1%で耐えられる効果など、生存率も強化。
自身は回復スキルを持たないが、回復量が倍になる祝福効果を味方に撒けるので【楽にしてくれる僧侶】レム等、ヒーラーとの組み合わせもオススメ。

緑属性縛りの編成で、なおかつ経刻がシナジーに組み込めるなら超越再現化も有り。
超越再現化は何よりも素材を用意するのが手間。
その為、どうせ超越再現化を行うなら汎用性が高いキャラを行いたい。

 

【お姉ちゃんみたいに】レム
キャラ性能&個別評価

※お姉ちゃんみたいにガチャより排出

スキル1で味方全体に1ターンの攻撃強化、スキル2で味方全体に効果量5000のシールド展開&クールタイム2減少&HP30%回復、スキル3で全体攻撃&防御強化&クリティカル率アップ&自動回復&抵抗付与を持つキャラ。
性能はバッファーとなっており、自身の火力は低め。
防御力が高く、長期戦でも安定して味方をサポート出来るのがポイント。

デバフ能力は相手によって無効化されるものもあるが、バフ効果は恩恵を確実に得られる。
特に防御面で大きなサポートを行える為、高火力の敵と対峙した際に真価を発揮。
一手で出来る事が多く、少ないターンで味方を大きく強化出来るのが魅力。
味方のクールタイムを2ターン減少出来るなど、自身の火力が低くてもパーティの火力補助に大きく貢献可能。
加力重視の周回よりも、高難易度のクエストで活躍してくれるので後々を考えれば確保しておきたいキャラ。

 

【トロピカルメイド】ラム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャトロピカルメイドより排出

バフ/デバフに特化したサポートタイプ。
防御力の高いステータスとなっており長期戦でも活躍出来るキャラ。
スキル1は単体400%攻撃&全体素早さ減少、スキル3は全体600%攻撃&味方全体にクリティカル率アップ&素早さ強化を付与
さらに紫属性の味方のみ行動ゲージ100%増加&クールタイム3減少の効果。
通常攻撃で素早さ減少を撒ける為、敵の行動回転率を常時低下出来るのは大きい。

スキル2のパッシブ効果は味方のクリティカル発動時、対象に50%のダメージ
バトル開始時、紫属性の味方のみ素早さ強化&クリティカル率アップ&抵抗を付与

【にーちゃと水遊び】ベアトリスは赤属性特化のサポーターだが、こちらは紫属性特化。
特に行動ゲージアップ&クールタイム減少は手数&スキル回転率を早められる優れた効果。
クリティカル特化型の【月下の暗殺者】エルザと相性が良く、追撃でダメージ効率もアップ。
スキルクールタイムが重い【紳士の空中散歩】ロズワールのカバーも可能。

ネックとなるのは紫属性のキャラ自体が少なく、パーティ編成が行いにくい点。
紫属性縛り以外でも十分活躍出来る性能だが、効果が半減するのは痛い。
今後紫属性キャラが増える事を見越して獲得しておくのも有り。
性能だけでいえばかなり優秀。

 

【妖しき夢幻術師】ライラ
キャラ性能&個別評価

※妖しき夢幻術師ガチャより排出

HP/防御力の高い耐久型。
青属性縛りの編成に特化した性能で青属性のキャラを豊富に所有しているならオススメ。
スキル1は単体400%攻撃&自身に1ターンの抵抗付与&青属性の味方にのみクールタイム1ターン減少
スキル2はパッシブ効果となっておりバトル開始時に自身を除く青属性の味方のみかばうを発動
被攻撃時には自身の弱化効果を1個解除&HP15%回復を獲得。
さらに敵が行動ゲージ増加を使用した際には自身へ1ターンの無敵を発動。
スキル3は全体600%攻撃&崩壊(青)を発動&自身の弱化効果全解除&HP50%回復&自身を除く青属性の味方のみかばうを発動
戦闘不能の場合には4ターンの再現状態で復活

高い防御力と自己回復の効果で長期戦でも味方をかばえるキャラ。
他にもターン獲得時のHP割合ダメージ&青属性キャラからの被ダメージアップ効果の崩壊(青)の効果で青属性の味方からの被ダメージを底上げ出来る為、青属性縛りのパーティなら火力アップも可能。

青属性に対して様々な恩恵を付与出来る中で特に強力なのが再現状態。
戦闘不能になった青属性の味方を復活させて一定ターン戦闘不能にならない状態に出来る
復活したキャラは強化効果を受けられないものの、復活時に攻撃力と素早さが増加
一定ターン経過or再現を発動したライラが戦闘不能になれば即戦闘不能になる特殊な効果。
青属性縛り以外では恩恵を得られない点はネックだが、ライラさえ生存していれば逆転の一手として使えるのでかなり強力。

汎用性が高い訳ではないが、青属性縛りだとかなりの長期戦にも対応可能。
同じく青属性パーティを強化出来る【おめかしパーティ】エミリアと編成する事でシナジーを得られるので、確保しているなら入手を考えたい。
逆に混合パーティでは恩恵を得にくく、縛り編成以外での活躍は難しい。
再現中は自身が戦闘不能にならないように立ち回らなければならないので防御面の強化や回復可能な記憶結晶は必須。

 

【波打ち際で一休み】エミリア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ波打ち際で一休みより排出

防御力の高い耐久力特化キャラ。
スキル1は単体攻撃&自身のスキルクールタイム1減少、スキル3は全体1000%攻撃&味方全体のHP20%回復&1ターンの抵抗付与
スキル2はパッシブ効果となっておりバトル開始時に3ターンの防御強化&被攻撃時にHP10%回復&防御強化を獲得出来る効果。

パッシブ効果によるHP回復&防御強化で生存率が高く長期戦でも活躍を見込める。
さらにダメージソースとなるスキル1/3は防御力依存の為、火力も優秀。
攻守に秀でた性能を持ちつつ回復役もこなせる為、シンプルに使いやすい。
ただし高難易度で必要となるバフ効果は自身のみ。
デバフに関しては持ち合わせておらず、他キャラでのカバーは必須。
抵抗を味方全体に付与出来る為、デバフ対策としての運用なら有り。

戦闘開始直からの防御強化&待機クールタイム無しで撃てる全体攻撃など、周回性能は高め。
高難易度向けのキャラとしての獲得よりも安定して長期間運用出来るキャラ性能といえる。
【忘却の治癒術師】フェリス/【氷華の花嫁】エミリア/【お姉ちゃんみたいに】レムといった全体回復持ちや防御サポートの高いキャラとの編成で高難易度でも安定して戦えるのが魅力。
リーダースキルで縛り無しの防御30%アップも使いやすく便利。

 

【執事兼用心棒】ガーフィール
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ 執事兼用心棒より排出

防御力に特化したステータスを持ち、クールタイム増加/呪縛/静止といったデバフを付与。
さらに自身にかばう/我慢を獲得出来る為、壁役としての役割を果しつつ火力アップも可能。
パッシブ効果でも戦闘開始時に我慢を獲得し、反撃/HP20%以上での致死ダメージ時を受けた際にはHP1で生き残れるなど生存力が高いのも特徴。
ちなみに反撃時に行う攻撃には与ダメージの50%分を吸収&クールタイム増加が付与される為、耐久力アップや敵の行動制限にも貢献してくれる。

また防御力が戦闘中3000以上なら無敵貫通になるスキルも持ち合わせているものの、自身でバフを掛けられない点は注意が必要。
【和装のメイド長】フレデリカ/【白雪の如き太陽姫】プリシラ/【腹ペコ赤ずきん】ミミといった緑属性に特化したキャラと組み合わせて運用するのがオススメ。
自身は緑属性特化のスキルが無く、幅広いパーティ運用を行える点は優秀。

防御バフが使える味方1体は必ず同時編成しておきたい。

 

【寒いの苦手?】ラム
キャラ性能&個別評価

※寒いの苦手?ガチャより排出

防御力が高く、ダメージソースとなるスキル1/3は防御力が高いほど火力アップの効果。
バトル開始時にはパッシブ効果で自身に防御強化を付与。
防御強化が解除された時には弱化効果2個解除&かばう&抵抗を発動。
さらに戦闘不能時には味方全体の弱化効果全て解除&敵全体の強化効果全解除
防御能力が高く、さらにスキル1の追加効果で自己回復も出来るなど耐久力は高め。
スキル3は単体攻撃だが凍結&散漫といった強力な状態異常を付与可能。
そのうえ自身の防御力が2200以上ある場合には全体攻撃になる為、前述した状態異常を敵全体に撒けるようになる。
最近流行りの属性特化型ではないので性能面だけを見ればやや控えめ。
強力な状態異常を撒ける点は優秀なので、防御面を底上げして常時2200以上の防御力をキープしたい。
性能的には【波打ち際で一休み】エミリアと似ており、攻守共に優れたキャラ。
味方のデバフ解除&敵のバフ解除は優秀だが、戦闘不能時にしか発揮出来ない点はネック。

 

【鬼の里の神童】ラム
キャラ性能&個別評価

※鬼の里の神童ガチャより排出

ステータスは攻撃力と素早さが高いアタッカータイプ。
スキル1~3も火力に特化しており、中でもクールタイム無しで撃てるスキル1は倍率1000%とトップクラス。
スキル2に関しても倍率1600%の単体ダメージ&自身にクリティカル率アップ/素早さ強化のバフ効果。
単体攻撃だけでも驚異の火力を誇るが、それだけではない。
スキル3は倍率700%の全体攻撃&自身の行動ゲージ200%増加/対象のバフ1個解除/継続ダメージ/素早さデバフ/30%の行動ゲージ減少と、単体/全体の両方で優れたアタッカー性能を保有。
特に全体攻撃の素早さデバフ/30%の行動ゲージ減少は、対人戦でも役立つので非常にオススメ。
リーダー特性も赤属性の攻撃力35%アップと腐りにくいのも魅力。
全体的に見てアタッカーとしての能力はダントツ。
1つ難点があるとすればスキル2/3のクールタイムが4/5と長い事くらい。

 

【夕闇の幻想】エミリア
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く、全体攻撃持ち
スキルの多くで継続ダメージを与えられる為、高耐久の敵対策にも便利。
他にも凍結効果による行動制限を行えたりとアタッカーとしてだけでなく、ジャマー要素も保有。
リーダースキルは味方全体のHP35%アップと縛り/制限なくパーティの耐久値を底上げ可能。
初期キャラの中では【信念の剣舞】ユリウスに比べ火力面で劣るものの、継続ダメージ前述した継続ダメージ&凍結付与で汎用性はこちらの方が上。
序盤EXP特訓所の【巨人族の怪力】ロム爺に対して弱点を突ける黄属性なので育成枠としても優秀。

初期キャラの中ではかなり優秀で、重宝したキャラ。
キャラ数が増えるにつれ、物足りなさや火力不足を感じる場面が多くなったが遂に超越再現対象に。
全てのスキル威力が向上し、パッシブ効果には攻撃時に100%の確率で敵を凍結が追加。
当然敵の弱化耐性により阻まれる場合はあるものの、行動制限におけるアドバンテージは大きい。

スキル3の全体攻撃では味方全体に防御強化/弱化耐性強化を付与
さらに追加されたスキル4では単体1000%ダメージ&味方4人と連携攻撃を行える。
高火力の味方を編成していればより高い恩恵を得られる事は間違いない。
最上位キャラに食い込むまでは出来ないものの、性能は大幅に向上。
今更リセマラで獲得するようなキャラではないが、欠片をアリーナメダルなどで交換出来たりと他キャラに比べて育成が割と容易い点は高評価。

 

【和装のメイド長】フレデリカ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ和装のメイド長より排出

防御力が高く、緑属性の味方に対して強力なバフを付与可能。
常時HP70%、防御力50%増加に加えて被攻撃時HP10%回復など緑属性縛りの編成で大幅な耐久力強化に繋がる優れたパッシブスキルを保有。
さらに防御力3000以上の緑属性の味方に対しては守護も付与出来たりと、かなり便利。
そのうえスキル3使用時にも味方全体に弱化全解除&防御力3000以上の緑属性の味方には40000のシールドを付与出来るなど耐久力に特化した性能を誇る。
緑属性縛り以外での恩恵が少なく、獲得するのであれば編成には要注意。

防御面が優秀な反面、火力が低く他キャラで補わなければならない。
【白雪の如き太陽姫】プリシラ/【腹ペコ赤ずきん】ミミ/【はじらう小悪魔】テレシアといった緑属性特化のキャラがいるのならある程度の火力も補える為、オススメ。

緑属性の防御強化能力はトップクラス。
緑属性の強化を行いたいのであれば是非とも獲得しておきたい。

 

【甘美なおもてなし】ユリウス
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ甘美なおもてなしより排出

攻撃力に特化したステータスを持つ紫属性のアタッカータイプ。
通常攻撃/バトル開始時にかばうを付与して敵の攻撃を引き受ける効果を持つ。
とはいえ前述したようにステータスは攻撃力寄り。
ただし味方のHPが30%以下になるとシールド&無敵を自身に獲得
さらに残HPが50%以下の時には攻撃力&素早さが50%増加
そのうえHP30%以上の時に致死ダメージを受けてもHP1で耐えられるなど、ピンチを武器にするタイプの性能を持つ。
なおかつスキル3の全体攻撃は自身のHPが低いほど威力が上昇し、HP50%以下で無敵貫通も確保。

攻撃面に特化した性能となっており、かばう効果で自身のHPを削りやすいのも特徴。
ただし継続ダメージなどの状態異常で戦闘不能になるパターンもあるので注意。
戦闘不能のリスクはかなり高く、HP管理がやや難儀する。
その為、【氷華の花嫁】エミリアなどの蘇生スキル持ちと組み合わせたい。
純粋に戦闘力を底上げするのなら【愛娘に祝福を】パック/【トロピカルメイド】ラム/【姉様おすすめスイーツ】ラムなどと組み合わせて運用するのがオススメ。

 

【白雪の如き太陽姫】プリシラ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ白雪の如き大陽姫より排出

サポート能力に特化した緑属性キャラ。
特筆すべきはスキル2のパッシブ効果となっており、緑属性の味方のみ常時クリティカル率30%アップ&味方のクリティカル攻撃発動時に敵全体に行動ゲージ3%減少
バトル開始時には敵全体に行動ゲージ25%減少&さらに緑属性の味方が3人以上いる場合には強化効果を2個解除/素早さ減少(大)を付与可能。
味方に対してのクリティカル率アップの恩恵は大きいが、緑属性には高火力アタッカーが少なく恩恵を感じにくいのが若干ネック。

スキル3は全体600%攻撃&味方全体に防御強化(大)&緑属性の味方のみHP100%で復活/行動ゲージ80%増加を付与可能。
属性特化のサポートキャラで有りながらも、正直その恩恵は若干控え目。
他属性のサポートキャラが強力過ぎる事を考えればもう少し優れた性能を持っていても良かった。

緑属性以外の編成でも恩恵を感じられるが、魅力は半減。
イベント特攻キャラなので、イベント周回する際には便利とはいえ優先度はそこまで高くない。

 

【腹ペコ赤ずきん】ミミ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ腹ペコ赤ずきんより排出

緑属性縛りのパーティ編成で真価を発揮するタイプのキャラ。
まず特筆すべきはスキル2のパッシブ効果。
緑属性の味方のクリティカル攻撃発動時、味方全体に弱化効果1個解除&HP10%回復
バトル開始時、100%の確率で敵全体に強化効果3個解除&行動ゲージ25%減少
さらに攻撃時には自身にクリティカル率アップを付与可能。
味方のクリティカル攻撃発動時と安定感に欠ける点はややネック。
なるべく安定させたいのであれば【白雪の如き太陽姫】プリシラとの編成が必須。

スキル1は単体400%攻撃&魅了付与
スキル3は全体1000%攻撃&攻撃減少(大)&崩壊(緑)を付与する。
さらに自身のクリティカル率が100%以上の場合、同確率で敵全体に強化効果全解除
自身のクリティカル率が150%以上の場合には同確率でクリティカル率ダウン(大)&素早さ(大)を付与出来るなど、全体的にサポート能力が高め。

とはいえ、どれも起点となるのはクリティカル率
自身は勿論、味方のクリティカル率も底上げしない事には正直微妙な性能。
リーダースキルで緑属性の味方のクリティカル率を35%アップを獲得出来るが、最大の恩恵を得るには至らない。
前述したプリシラ/【お姉ちゃんみたいに】レムなどで味方のクリティカル率の底上げを行うか、記憶結晶のぐしぐし拭いてー!/王選候補揃い踏みを装備させるのがオススメ。

 

【はじらう小悪魔】テレシア
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャはじらう小悪魔より排出

緑属性特化のスキルを持つキャラ。
パッシブスキルで緑属性の味方のクリティカル攻撃発動時、対象に60%の追加ダメージ
味方のHP回復時には敵全体の強化効果を1個解除&攻撃減少(大)を付与
さらに戦闘不能時には味方全体の行動ゲージ100%増加の効果。

スキル3の威力自体は単体800%とそこまで高くはないが、強化不能&散漫を付与
追加で与ダメージの50%最大HPを減少可能。
なおかつ味方に緑属性キャラが3体以上いる場合、威力が1400%上昇して回復不能&抵抗効果発動不能を付与出来る。

スキル発動時に付随するサポート効果に関しては属性縛り無く有効。
しかし火力を出したい場合には緑属性のキャラとの編成が必要不可欠
特に自身/味方のクリティカル率が重要視される為、【白雪の如き太陽姫】プリシラ/【腹ペコ赤ずきん】ミミとの組み合わせがオススメ。
緑属性縛りなら火力も出せる為、ダメージソースとしての役割も十分果たせる。

通常攻撃時に散漫を付与出来る点も優秀。

前述した2体のキャラも緑属性特化型なので単体での活躍は若干厳しいものの、このキャラを含めて3体同時編成した時は非常に強力な性能を発揮。

 

【治癒術師の矜持】フェリス
キャラ性能&個別評価

貴重な全体回復スキル持ちのキャラ。
同時に弱化効果を全て解除出来る為、ヒーラーとしての能力はトップクラス。
単体攻撃スキルも持ち、同時に回復不能を敵に付与することも可能。
防御/耐久面に秀でたステータスなのも長期的に味方をサポートする上で嬉しいポイント。
最初期ではクールタイムこそ長めだが回復役として重宝した存在。
しかし直近では自己回復/優秀なヒーラーが実装されており、正直微妙。

ただ超越再現の対象となった事でその性能は大幅に向上。
火力が上がり、スキル1の自己回復で耐久力もアップ
さらにHP30000以上の味方限定だが同時に防御バフまで付与可能。
攻撃面でも無敵貫通が付与されたりと汎用性が高まった。
また新たに実装されたスキル4ではバトル開始から3ターン回復不能無効&散漫無効を獲得。
そのうえ自身のHPが回復した際には敵全体に奇禍ダメージ(回復量の10%)【世界を浄化する拳】ミネルヴァ/【愛情たっぷりケーキ】レムと相性が良い効果。

飛び抜けた性能になった訳ではないが、噛み合うキャラとの編成で中々凶悪な性能に。
特に回復しながら敵にダメージを与えられる前者2体との組み合わせは厄介な事この上無い。
ダメージ量自体が少ないので前者3人と組ませる場合は高火力アタッカーを最低1人は編成しておこう。

 

【虎耳メイド】フェルト
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ虎耳メイドより排出

黄属性の味方に対して豊富なサポート能力を持つキャラ。
クールタイム減少、抵抗、愛情、守護、攻撃強化(大)などバフ解除を防ぎつつスキル回転率を底上げ出来るものが多く同時編成で手数を増やせる点は大きな魅力。
さらに敵全体の強化効果を奪取出来る。
敵を優位に立たせず、味方のバフを守れるので常に優位に立ち回る事が可能。
黄色属性なら誰とでも噛み合う為、所有キャラ状況によっては使いやすい。
ただし一部の強化効果は攻撃力が4001以上の黄属性キャラにしか作用しないなど、条件付き
攻撃力が元々高い【赤髪の執事】ラインハルト/【まどろみの朝】ラムなどと組み合わせるとシナジーを得やすいのでオススメ。

黄属性以外にも恩恵があるものの、強力な強化効果は全て黄属性を対象
混合パーティに編成するよりも、黄属性縛りで真価を発揮するタイプ。
前述した高火力のキャラを獲得しているなら狙うのも有りだが、リセマラで優先させるべきキャラとは言えない。

 

【『聖域』の盾】ガーフィール
キャラ性能&個別評価

※『聖域の盾』ガチャより排出

通常の攻撃力バフとは違い、重複する攻撃力バフである激昂を初めて実装したキャラ。
スキルの全てで激昂を3ターン獲得出来る為、重ねやすく長期戦であるほど高火力を発揮しやすいのが特徴。
その上、防御アップ2回ターン獲得毎に自身のHP20%回復&弱化全解除も可能。
火力だけでなく、防御能力を併せ持った優れた性能といえる。
ステータス自体はそこまで攻撃力が高い訳ではないが、激昂による攻撃力バフで問題無し。
全体的に優れた性能で使いやすいので、赤属性キャラが不足しているなら狙うのがオススメ。
ただしシンプルに攻守が高い分、デバフ/ジャマー能力がないのはネック。
力で押し切れるクエストならまだしも高難易度では【武将さんじょー】ミミ/【紳士の空中散歩】ロズワールなど、汎用性の高いキャラの方が上。

 

【黄色の花をブーケに】テレシア
キャラ性能&個別評価

※黄色の花をブーケにガチャより排出

【氷華の花嫁】エミリアと同じく、ステータスは防御寄り。
スキルはサポート能力がメインとなっており、特に防御面を大きくカバー出来る。

スキル1は単体攻撃&自身に素早さバフ、スキル2は味方単体にかばう&祝福&抵抗&自動回復&効果量10000のシールドを付与、スキル3は敵単体に1000%攻撃&行動ゲージ100%ダウン&回復不能&味方全体に行動ゲージ30%アップ&防御力アップとなっており【お姉ちゃんみたいに】レムとの組み合わせで防御特化のパーティ編成になる。

ただ、目玉であるスキル2が味方単体のみなのが残念。
とはいえ防御面を大きく底上げ出来るだけでなく味方全体の行動回転率も上げられるなど、非常に便利。
防御力は高難易度で特に重要な部分なので、既にある程度の火力枠を確保しているのなら狙っておいて損はない。

 

【勤勉なる狂信者】ペテルギウス
キャラ性能&個別評価

※勤勉なる狂信者ガチャより排出

常時挑発効果を付与出来るスキル1で敵の攻撃を引き付けられるタンクキャラ。
防御力自体が特別に高い訳ではないが、戦闘不能時に発動するスキル2が非常に強力。
その効果は最大HP100%の状態で自身を蘇生&自身に1ターンの無敵&3ターンの攻撃強化&味方全体のクールタイム10ターン減少&敵全体の行動ゲージ100%減少を付与。
さらに3ターン経過する度に使用出来る為、長期戦で大活躍する性能。
ただ蘇生後直ぐに戦闘不能になると上記効果を得られないので、蘇生後の3ターンは耐久面のカバーが必須。

防御&補助能力の高さだけでなく、スキル3は180%×10回攻撃と全キャラトップクラスの連続攻撃を保有。
同時に強化効果1つ解除&敵全体に回復不能&弱化耐性減少を付与。
味方のデバフを通りやすく出来る上に、回復不能でアリーナ等でも活躍可能。

特別火力が低い訳ではないが、総合的に見て高難易度で活躍出来るタンクキャラといったところ。
装備/ボードで防御力を補い、ヒーラーを編成出来れば大活躍を見込めるキャラ。

 

【ハッピーバレンタイン】レム
キャラ性能&個別評価

※ハッピーバレンタインガチャ~レム~より排出

スキル2で単体魅了、スキル3で全体魅了のスキルを保有。
魅了は行動制限&素早さ減少と非常に強力な効果となっており、戦闘難易度を大きく下げられるのが特徴。
さらにスキル2では同時に味方全体へクールタイム1ターン減少、自身に1ターン無敵付与を行うことが出来るのでパーティのスキル回転率の底上げ&自身の耐久力の低さもカバー。
ステータスも素早さが高く、先手で全体魅了を使って足止めを行えるなど強敵との戦闘時には重宝する。
スキル3自体のクールタイムは最大レベル時でも5と長めだが、単体魅了の【ハッピーバレンタイン】ラム/【ハッピーバレンタイン】ペトラに比べると有用性は比にならない。
是非とも獲得しておきたいところ。

 

【チキチキ雪祭り】スバル
キャラ性能&個別評価

※チキチキ雪祭りガチャより排出

ステータスは素早さ特化で、ダメージソースとなるスキル1/3は素早さが高い程威力アップ
そのうえスキル1では味方全体に素早さ強化を付与出来るなど、行動順と火力を同時に底上げ出来る点は大きなメリット。
スキル3は単体1400%威力となっており、同時に崩壊(紫)を3個付与
1ターンと短い点はネックだが、紫属性縛りの編成で火力アップに大きく貢献してくれる。
さらに追加で与ダメージの50%分最大HPを減少させ、紫属性キャラが2人以上いるなら威力が1000%増加

またスキル2のパッシブ効果で敵が使用する行動ゲージ増加効果を大幅減少可能。
ターン獲得時には敵全体に継続ダメージを付与、バトル中に自身の素早さが230を超えた場合には敵全体に凍結/崩壊(紫)を付与出来るなど行動制限も可能。
スキル威力の高さに目を見張る部分はあるが、運用方法は断然サポート要員。
特に同じ紫属性である【スプラッシュメイド】レム/【トロピカルメイド】ラムと組み合わせる事で行動順&手数が大幅に増加。

こうしたキャラは単体運用よりも似た性能のキャラと組み合わせるのがオススメ。
そうする事でパーティに対しての恩恵も大きく戦闘を優位に展開してくれる。
前述した2キャラを既に獲得しているのなら是非獲得を。
そうでないのならスルーしてもそこまで問題はない。

 

【姉様おすすめスイーツ】ラム
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ姉様おすすめスイーツより排出

紫属性の味方に対して常時HP70%/攻撃力30%増加のパッシブを保有。
さらに味方HPが30%以下になると敵全体から強化効果を2個ずつ奪取&攻撃力5000以上の紫属性の味方へ付与、さらに戦闘開始時には守護を付与出来るなど紫属性縛りのパーティで高い恩恵を発揮出来る性能のキャラ。
また全体800%威力のスキル3は味方全体に攻撃強化(大)、抵抗を付与
同時にHP5000以下の味方に対してのみ守護/無敵/素早さ強化(大)を与えられる。
スキル1で付与出来る新効果の遺失は記憶結晶の効果無効
その為、アリーナ/グランドアリーナといった対人環境でないと恩恵を発揮出来ない。

性能は紫属性縛りの性能に特化。
とはいえ、それでも攻撃力5000以上/HP5000以下でなければ恩恵を得られない縛りがあるので使い辛さが残る。
【愛娘に祝福を】パック/【いざ、パーティへ】レム/【トロピカルメイド】ラムといった紫属性特化のキャラを複数所持しているのであれば入手も有り。
バフ奪取は現環境でも活きるものの、無敵に関しては無敵貫通持ちが割と増え気味。
さらにいえば高い素早さも【禁書庫から夜空へ】ベアトリスを相手には弱点になる。
紫属性パーティに組み込むとそこまで弱さは感じないが、複属性パーティでは得られる恩恵が少ないのでリセマラでの優先度は低め。

 

【取り残された者】ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※取り残された者ガチャより排出

ステータスは防御力に特化した耐久型。
スキル1は400%単体攻撃&味方全体の弱化効果2個解除、スキル3は500%全体攻撃&2ターンの回復不能を付与&赤属性の味方のみ弱化効果を全解除&最大HP30%回復を付与。
スキル2のパッシブ効果は被攻撃時に味方全体の弱化効果1個解除&最大HP10%回復&自身に1ターンの無敵を付与&敵が行動ゲージ増加使用時、赤属性の味方のみ1ターンの弱化耐性強化/無敵を付与&ターン終了時に自身を除く赤属性の味方のみ1ターンの無敵/抵抗を付与

赤属性サポート特化の【にーちゃと水遊び】ベアトリスと同様にメインは味方赤属性の強化。
特に弱化効果全解除/無敵/HP回復など生存率アップに優れたキャラ。
その為、前述したキャラとは使い道が異なるので2体同時編成がオススメ。
赤属性縛りのパーティ以外でも常時弱化効果2個解除などは便利だが、恩恵が少ない。
前述したキャラに加え、赤属性は【波打ち際で一休み】エミリア/【鬼の里の神童】ラムといった強力な火力枠が存在する。
その為、縛りパーティを編成するのであれば間違いなく狙っておきたいところ。

 

【過去を捨てた者】アルコル
キャラ性能&個別評価

※過去を捨てた者ガチャより排出

攻撃力の高い火力型。
スキル1は単体400%攻撃&崩壊(青)を付与
スキル2のパッシブ効果は被ダメージ時に自身のクールタイム1ターン減少&青属性の味方のみ行動ゲージ50%増加を発動。
さらに攻撃してきた敵にスキル1の「訣別の剣」を300威力で反撃
敵が行動ゲージ増加を使用した場合には75%割合で効果減少を付与
スキル3は敵単体に青属性の味方数×250%威力で3回攻撃&強化効果3個解除&回復不能、敵全体に挑発効果を付与出来る。
更に青属性の味方が3体以上いる場合には敵単体に崩壊(青)/疲労を発動

性能は単体アタッカーとなっており、青属性キャラがいなければ全く火力を出せないのがネック。
逆に4人以上青属性の味方を編成する事でかなりの高火力を発揮。
条件さえ揃えれば簡単に火力の底上げ出来るのは魅力的。
被ダメージ時に発動するパッシブと全体挑発で味方の行動回転率を大幅に底上げ出来るのは優秀。
しかし、耐久面がそこまで高くはないのでヒーラーとの編成は必須。
もしくは記憶結晶等で回復能力をカバーしたい。

【おめかしパーティ】エミリアは素早さを大幅に底上げ出来る為、素早さの低さをカバー可能。
同時実装された【妖しき夢幻術師】ライラもそうだが、青属性縛りの編成でしか使えない性能。
混合属性での運用はスキルの性質上、まず不可能。
確保するのならその点をよく考えて狙いたい。

 

【純白の暗殺者】エルザ
キャラ性能&個別評価

※純白の暗殺者ガチャより排出

単体火力に特化したスキル構成を持ち、攻撃力強化/クリティカル時にCT短縮、敵撃破時に再行動獲得によって行動の回転率も優れたキャラ。
さらにクリティカル発動時には敵全体の強化効果を2個解除/敵撃破時には敵行動ゲージ200%減少出来るなど、常に優位を取らせないように立ち回る事も可能。

また、スキル3は800%ダメージ×2回&HP吸収&防御強化&クリティカル率アップの効果。
HP吸収&防御強化で耐久力も高く、クリティカル率アップで前述した効果を発動しやすい。
元々の攻撃力自体はそこまで高くはないので、クリティカル率/クリティカルダメージを底上げしてパッシブ効果の発動確率と共に火力アップを狙いたい。

第2回百人隊長(猪人族)総力戦イベントにて特効効果を持つ為、効率良くイベントを周回するにあたって獲得しておくのも有り。

 

【はんなりお花見】アナスタシア
キャラ性能&個別評価

※はんなりお花見ガチャより排出

敵全体に強化全解除&味方に行動ゲージ50%アップ&クリティカル率アップを付与出来るスキル3が強力。
強化状態を重ねる敵はそれだけで脅威であり、特に高難易度では多く見られる。
その為、一発で強化状態を解除して味方への補助効果まで付与出来るスキルは非常に心強い。

さらに2ターンのクールタイムがあるものの、ターン終了時に自動で味方全体のクールターム1減少&敵全体のクールタイム1増加&味方全体のHP20%回復&攻撃強化を行えるスキル2はどんな編成でも効果を発揮する利便性を持つ。
特にクールタイムの増減は汎用性が高く、編成しておくだけでスキル回転率を上げられるのは魅力。
【ハッピーバレンタイン】レム/【弾む喜び】レム/【平穏と研鑽と】ティビーなどと組み合わせれば、さらにスキル回転率が向上。
火力自体は低めだが、耐久力が高く長期的なサポートを行えるので是非とも入手しておきたい。

 

【剣を握る決意】テレシア
キャラ性能&個別評価

※剣を握る決意ガチャより排出

敵単体に1200%の高倍率ダメージ&気絶/継続ダメージ付与が出来る黄属性のアタッカー。
さらに戦闘開始時には100%の確率で攻撃/防御/クリティカル率/素早さ強化&無敵を獲得出来るなど、最大火力までの時間が短いのも非常に有難い。
そのほかスキル1で自身のクールタイムを2ターン減少してスキル回転率を上げられるのも魅力。

複数体への攻撃や、味方へのサポート能力に関しては期待出来ないものの単体火力だけで言えばトップクラス。
それだけでなく、全ての敵に対して等倍以上のダメージを出せる黄属性であるのも高評価。
短期戦/長期戦のどちらでも対応出来る性能を持つ為、獲得しておいて損はない。

 

【木漏れ日の微笑み】エミリア
キャラ性能&個別評価

※木漏れ日の微笑みガチャより排出

常時使えるスキル1での防御デバフ、クールタイム3と回転率に難があるものの単体攻撃時に強化不能&回復不能&防御減少&継続ダメージ&凍結付与とデバフてんこ盛りのスキル3が非常に強力。
複数体を相手にする場合には恩恵は少ないものの、ボス戦においては一気に弱体化出来る優れた性能を誇る。
さらにパッシブ効果でターン獲得時にランダムな敵1体のバフ全解除&50%の確率で敵全体に凍結を付与出来るなど、自身のターン開始時に行動制限を確率でばら撒ける点は他には無い唯一性を誇る。
パッシブのバフ解除がランダムな点は若干使いにくい点ではあるが、ターン開始時に50%で凍結を常に撒けるのは長期戦において非常に大きなアドバンテージ。
潜在領域/記憶結晶で素早さを底上げして、行動順を早めて早々に凍結を撒ければ戦闘を優位に展開出来る強力な性能を持つ。
火力自体はそこまで高くはないのでデバフ特化のキャラとして運用したい。

 

【剣を厭う剣聖】テレシア
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

スキル1の通常攻撃で常時敵の素早さを30%ダウン、スキル3で全体攻撃&素早さダウン&味方全体に防御バフを付与出来るキャラ。
火力自体はそこまで高くはないものの、常時素早さダウンを付与出来る上に3ターン毎に全体攻撃を打てるのが特徴。
さらにスキル2では味方全体に1ターン無敵効果を付与出来るなど、高難易度の攻略において非常に役立つ。
無敵効果自体は先手で行動しなければならないので、目覚めのメイド姉妹などの記憶結晶を装備させて先手を取れるようにしておきたい。
さらに優位属性を取られにくい黄属性である点も大きなメリット。
リーダースキルが同じ【信念の剣舞】ユリウスは火力面に特化した性能だが、こちらはサポート能力がかなり優秀。
アリーナ/高難易度クエストなど、どんな場所に連れていっても活躍を見込める点は嬉しい。

 

【聖夜の装い】ラム
キャラ性能&個別評価

※ロズワール邸でクリスマス♪ガチャ-ラム-より排出

通常攻撃時に素早さデバフ、さらに全体攻撃での防御デバフ&行動ゲージ30%ダウンなど敵の行動回転率を大きく低下出来るスキルを保有。
中でも強力なのが、単体のみだが気絶&全バフ解除の効果。
スキルを最大まで強化する事で追加効果の確率も全て100%となるので強敵との戦闘時において非常に役立つ性能。
高難易度のイベント/ステージ/育成ダンジョンではいかに優位に戦闘を運べるかが重要。
バフの解除は勿論、行動回数低下のデバフを撒くだけでも難易度は大きく変わる。
火力&バフ要員は他キャラに任せて、高難易度用のキャラとして運用したい。
属性も優位を取られにくい黄色というのもポイント。
追加効果を付与出来るかどうかがポイントなので、リーダーには【陰魔法の熟練者】べアトリス/【お気に入りの仮装】ベアトリス/【聖夜の装い】プリシラなどを置いて運用するのがオススメ。

 

【聖夜の装い】レム
キャラ性能&個別評価

※ロズワール邸でクリスマス♪ガチャ-レム-より排出

スキル1で単体攻撃&攻撃力デバフ、パッシブでターン開始時に味方全体のHP10%回復&50%で弱化効果1個解除、スキル
3で全体攻撃&味方全体HP20%回復&デバフ1個解除&素早さバフを付与可能。

攻撃力が高く単体/全体アタッカーとして活躍しつつ、全体回復を常時発動できるのでサブヒーラーとしても運用可能。
全体攻撃に関しては待機クールタイムが2となっており初手では使えないが、全体攻撃持ちの【剣を厭う剣聖】テレシア/【聖夜の装い】ラム/【聖夜の誓い】エミリアなどの初手で全体攻撃が使えるキャラと編成する事で周回性能はカバー出来る。
クリスマスイベントで実装されたキャラの中で最も攻撃力が高く、回復能力持ちで使いやすい。
火力は勿論、僅かながらも常時全体に回復を行えるなど敵火力の高い高難易度で十分活躍を見込める性能。

リーダースキルもエミリア陣営の攻撃力35%アップと編成しやすく、リーダー能力も十分。
強いて使い辛いところを挙げるとするのなら緑属性となっており、紫/黄属性のキャラに比べて属性の優劣を感じるところが多いくらい。

回復能力持ちの【小悪魔の本気】フェリス/【治癒術師の矜持】フェリス/【メイドさんデイズ】ペトラと同時に編成する事でパーティ全体の耐久力を底上げ出来るので、高難易度でも落ちにくい。

 

【ハッピーバレンタイン】ラム
キャラ性能&個別評価

※ハッピーバレンタインガチャ~ラム~より排出

単体攻撃時に挑発2ターン付与、さらに自動発動のスキルで敵が行動ゲージ増加を使用した際に効果半減&被ダメージ時に最大HPの10%回復など敵の行動を制限するものが多い。
防御力こそ、そこまで高くはないが挑発&被ダメージ時に最大HPの10%回復は長期戦でもかなり有利。
さらに行動ゲージ増加スキルを持つ【信念の剣舞】ユリウス/【聖夜の誓い】エミリア/【剣鬼恋歌】ヴィルヘルムへの対策としても運用出来る点は大きなメリット。

特筆すべきは単体800%ダメージ&魅了1ターン付与&味方全体に防御/素早さアップのスキル3。
魅了が付与されたキャラは行動不能&素早低下となる為、一気に戦力外通告状態に。
対象が単体であるのが惜しいとはいえ、クールタイムも3ターンのみ。
さらには初手で打てるなど、非常に優秀なスキルといえる。
【弾む喜び】レム/【平穏と研鑽と】ティビーと組み合わせて回転率を早めると敵メンバーを封殺する事も可能。

 

【交わす言葉と杯】クルシュ
キャラ性能&個別評価

※新登場クルシュピックアップガチャより排出

通常攻撃時に自身への防御バフ&パッシブで攻撃時に最大HP20%分の自己回復を行える為、耐久力はかなり高い。
それだけでなく最大倍率1600%の単体攻撃を行えたりと火力枠としても高い性能を誇る。
最大倍率1600%のスキル持ちは少なく、他に持つキャラは【食いしんぼう】ミミくらい。
【食いしんぼう】ミミは待機クールタイムが2となっており初手で撃てないが、こちらは初手で使えるのも高評価。
同時に行動ゲージ50%ダウンも付与出来る茶目、敵の攻撃回数を減らして被ダメージ軽減にも貢献。
攻守において秀でた性能を誇る上、貴重な緑属性の高火力アタッカーと希少性も高め。

 

【聖夜の装い】エミリア
キャラ性能&個別評価

※ロズワール邸でクリスマス♪ガチャ-エミリア-より排出

全体攻撃と同時に100%の確率で強化不能&素早さ減少を付与出来るスキル3が強力。
スキル1でも確実に強化効果を1個解除出来たりと、常に不利な状況を作らないように立ち回れる。
敵が行動ゲージ増加を使用した場合には行動ゲージ80%アップ&弱化効果1個解除を獲得。
その為、行動の回転率も良く通常のキャラよりも多く行動可能。
攻撃力自体も高く、アタッカーとしての性能も優秀。
【夕闇の幻想】エミリア/【陰魔法の熟練者】べアトリス/【剣を厭う剣聖】テレシアのように尖った性能とは言えないが、敵の強化効果を封印&解除出来るのは高難易度/アリーナにおいて大きなアドバンテージといえる。

 

【竹林の演舞】クルシュ
キャラ性能&個別評価

※竹林の演舞ガチャより排出

攻撃力/素早さの高いアタッカータイプ。
スキル1は400%ダメージ&1ターンの継続ダメージ2個付与、スキル3で1200%ダメージ&2ターンの攻撃/防御/デバフ&挑発付与&自身の行動ゲージ200%アップと火力と行動回転率の早さに特化。
対象は全て単体のみだが、スキルターンも3と回転率が良く弱体化も行えるなど他キャラへの影響も大きい。

スキル2はバトル開始時に自身に防御バフ&被ダメージに自身に攻撃力バフ&クールタイム1減少&ランダムな敵1体のバフを全解除
さらに攻撃してきた敵に300%ダメージの反撃を付与。
被ダメージ時と限定的とはいえ、クールタイム1減少&バフ全解除は非常に強力。
特に単体で出現する強敵との戦闘時において優れた効果を発揮してくれるタイプ。
火力枠としてもサポート枠としても十分に活躍出来る性能を持ち、新規で始めるのなら狙っておいて損はない。

 

【剣鬼恋歌】ヴィルヘルム
キャラ性能&個別評価

※剣鬼恋歌ガチャより排出

通常攻撃で自身へ攻撃バフ&素早さバフを獲得し、最大HPの5%を回復出来る。
スキル2で回復不能を付与&味方全体への行動ゲージアップ、スキル3は全体攻撃&防御デバフ&回復不能を付与

自身の攻撃を常時アップし、敵の防御力を大幅に下げられるのでアタッカー兼火力補助役として運用可能。
リーダースキルも【命懸けのシャマク】スバル/【剣聖の助力】ラインハルトと同じく属性無視で味方全体の攻撃力30%アップも優秀な効果。
全体的に味方全体の火力を補助する役割に長けており、【聖夜の装い】ラムと組み合わせて重ねて防御デバフを狙うのも有り。

高火力の全体攻撃持ちで殲滅力が高いのもポイント。
待機ターンが1と初手で全体攻撃を打つ事は出来ないが、【夕闇の幻想】エミリア/【信念の剣舞】ユリウスも同じく初手では打てないのでそこまで重要視する問題ではない。

周回がメインのゲームシステムなので、周回性能が高いキャラはそれだけで便利。
高火力の全体攻撃持ちを持っていないのなら是非とも獲得しておきたい。

 

【月下の暗殺者】エルザ
キャラ性能&個別評価

※月下の暗殺者ガチャより排出

単体攻撃に特化した性能を持ち、スキル1で常時自身に攻撃力アップを付与出来る。
スキル3では1200%と高倍率の単体攻撃&50%の行動ゲージ減少&自身にクリティカルアップを獲得。
さらにパッシブ効果でクリティカル発動時にHP15%の自己回復&デバフ1個解除&クールタイムを2ターン減少、さらに10%の確率で再度ターンを獲得したりとクリティカルを出すだけでスキルの回転率を早められるのがポイント。
クリティカル率アップ→クールタイム減少まで全て自己完結出来ており、他キャラに頼らずに力を発揮出来るのも魅力。
属性も紫と優位を取られにくいのも有難い。
攻守はそこまで飛び抜けた数値ではないが、素早さがトップクラス
先手でスキル3を使えば、あとはクリティカル発生時の恩恵を得られるのでオート性能も良い。
殲滅力だけが欠けているので、そこは他キャラに任せたい。

 

【二十年越しの復讐鬼】スバル
キャラ性能&個別評価

※二十年越しの復讐鬼ガチャより排出

ようやく2体目の星3スバルが登場。

性能は単体アタッカーとなっており、特筆すべきはパッシブ効果。
被ダメージ時に自身の弱化1個解除&攻撃強化獲得&行動ゲージ50%アップ
さらに敵が使用した行動ゲージ増加効果を75%減少
その上、HP25%以上で瀕死ダメージを受けるとHP1で耐えられるなど行動回転率/耐久力の高さがポイント。

またスキル3は単体1400%攻撃&攻撃/防御/素早さ減少付与で残HPが低い程高威力になる。
しかも自身がHP50%以下なら敵の無敵貫通など、唯一性の高いスキル。
前述したパッシブ効果と非常に相性が良く、高火力を出しやすい性能。
ただし複数の敵に対してダメージを与えるスキルが無いので多人数との戦闘は苦手。

行動回転率/高火力という点では優れた性能を持つものの、HP管理が難しいのがネック。
蘇生スキル持ちの【氷華の花嫁】エミリアと組み合わせて保険を掛けての運用がオススメ。

 

【花は桜木、人は騎士】ユリウス
キャラ性能&個別評価

※花は桜木、人は騎士ガチャより排出

スキル構成は単体攻撃に特化しており、攻撃力も高め。
特にスキル3「つばめ返し」は700%威力で2回攻撃&強化効果解除&防御減少と後続キャラのダメージも通しやすいのがポイント。
さらにスキル1「片手一文字」は100%の確率で連携攻撃発動など、こちらも高威力。
連携攻撃は【隻腕の風来坊】アルも持ち合わせているものの、発動自体が50%と確率。
その事を考えれば安定した火力に期待出来る。

その他、バトル開始時/スキル3発動時にかばう効果を得られるものの耐久力自体は低め。
かばう効果自体は確実に発動する為、高難易度での運用では記憶結晶によるHP/防御力アップは必須。
記憶結晶/リーダースキル等でカバー出来れば攻守優れたキャラとして運用可能。

 

【剣客・迎春】ラインハルト
キャラ性能&個別評価

※【剣客迎春】ガチャより排出

常時回復無効の攻撃を行いつつ、自身は毎ターン確実に全状態異常を解除&20%でクールタイム1減少の効果。
高難易度では敵の攻撃デバフで弱体化/継続ダメージのリスクが多く、毎ターンのデバフ解除は非常に強力。
さらに敵全体に防御力無視の250%攻撃&50%の確率で継続ダメージ3個付与の強力なスキルも保有。
しかし待機クールタイムに4ターン必要な為、高速周回を行うステージでは不要。
防御力無視の効果自体は強力なので、今後イベント等で非常に硬い敵が出た際に真価を発揮する。

継続ダメージが通用する高難易度の敵に対しては【夕闇の幻想】エミリア/【陰魔法の熟練者】べアトリス/【殺戮の鬼少女】レムと組み合わせて、ダメージを重ねられる。
自身に対しての恩恵は大きいものの、使い勝手だけで言えば正直そこまで高くはない。
今後のイベント/クエストなどで敵ヒーラー/硬い敵が多くなれば評価は爆発的に上がる。

 

【剣聖の助力】ラインハルト
キャラ性能&個別評価

※新登場ラインハルトピックアップガチャより排出

【夕闇の幻想】エミリアに続いて2体目の黄色属性キャラ。
平均的に高いステータスを誇り、中でも攻撃力に特化した性能を誇る。
全体攻撃/単体攻撃を使い分ける事が出来、パッシブ効果でターン終了時に20%の確率で再行動が可能。
リーダースキルは【命懸けのシャマク】スバルと同じく、無条件で味方全員の攻撃力30%アップ持ち。

育成ダンジョンのEXP特訓所に出現する【巨人族の怪力】ロム爺対策にも運用出来るのも強み。
記憶結晶の朝焼けの感謝を装備させると攻撃力アップ、レムの英雄は世界一なら攻撃力アップ&再ターン獲得のチャンスが増加。
セーブポイント更新なら攻撃力アップ&反撃も可能になるなど装備させる記憶結晶によって+αの運用方法が可能になるのも魅力。

原作でも最強設定のキャラとなっており、ファンでも性能厨でも獲得をオススメ。

 

【お気に入りの仮装】ベアトリス
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

全体攻撃に特化したスキル構成となっており、通常攻撃では50%の確率でクールタイムを1減少可能。
その為、最大までレベルを上げなくてもスキルの回転率が良いのもポイント。
全体攻撃の追加効果は味方全体へ攻撃力/素早さバフ&敵全体に攻撃力デバフと戦闘を優位にする効果。
元々の攻撃力自体がそこまで高くはないものの、その分防御力/素早さが高くバランスが良い。
リーダースキルはキャラが豊富なエミリア陣営縛りで、弱化成功率50%アップ
継続ダメージ/凍結付与の【夕闇の幻想】エミリア、複数のステータスバフを与えられる【命懸けのシャマク】スバルなど相性が良いキャラが多いのも特徴。
【陰魔法の熟練者】べアトリスは単体火力に優れており、こちらは全体攻撃と使い分けが出来る。
紫属性自体が現時点で貴重な為、是非とも獲得しておきたい。

 

【食いしんぼう】ミミ
キャラ性能&個別評価

単体攻撃に特化した性能となっており、スキル威力だけならトップクラス
50%の確率だが、気絶を付与することで敵の行動制限を行える点も優秀なポイント。
被ダメージ時には最大HPの15%分を自動で回復出来るなど攻撃だけでなく耐久力もある。
自動回復で1つスキル枠が埋まっている為、ダメージソースが少ないのがネック。
とはいえ、自身の攻撃力も高めに設定されているので通常攻撃でも十分なダメージを狙える。
リーダースキルで赤属性キャラの攻撃力を35%アップ出来る為、【鷹揚な太陽姫】プリシラ/【信念の剣舞】ユリウス/【強靭な獣戦士】リカードなどと同時編成したい。

 

【弓馬の道】ヘータロー
キャラ性能&個別評価

※鎧武者討伐イベントミッションにて獲得

イベント周回で獲得出来る実質の配布キャラ。
スキル1で連携攻撃、スキル2で単体攻撃&散漫付与、スキル3は全体攻撃&味方全体に防御/素早さ強化を付与したりと汎用性が高く安定して運用出来る。
流石に同時期に実装された【武将さんじょー】ミミに比べると大きく見劣りするが、配布で散漫効果を付与出来るキャラは非常にお得。
ただ肝心のスキル2は待機クールタイム:1&単体のみと若干使い辛いのがネック。

前述したミミを確保せずにアリーナで【紳士の空中散歩】ロズワール/【はんなりお花見】アナスタシア/【木漏れ日の微笑み】エミリアなど強力なパッシブ持ちの対策を少しでも行うなら育成しておいて損はない。
対抗馬としては力不足感は否めないが、星3キャラを実質無料で獲得出来る機会は見逃し厳禁。

 

【ハッピーバレンタイン】ペトラ
キャラ性能&個別評価

※ショコラータ討伐イベントミッションにて獲得

攻撃スキルは全て単体となっており、素早さデバフ&魅了&味方全体に防御/クリティカル率/行動ゲージ増加などサポート能力が高いキャラ。
魅了は【ハッピーバレンタイン】ラムも持っており、行動不能&素早低下と非常に強力な効果。
2体編成を行いつつ、クールタイムを短縮効果を付与出来る【弾む喜び】レム/【平穏と研鑽と】ティビーと編成するだけで敵2体の行動を制限出来る点は大きな魅力といえる。
魅了が通じない敵にはデバフ/バフ効果のみとなるが、それでも十分実用レベル。
イベント参加のみで獲得出来る実質配布キャラの為、確実に入手しておきたい。

 

【小悪魔の本気】フェリス
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

防御力が高く、味方の素早さを上げつつ敵の素早さを下げられるキャラ。
素早さは行動順を早める効果がある為、手数を増やす上で優れた能力といえる。
尚且つ、味方全体のHP回復&クールタイム減少などを付与出来るので性能はサポート寄り。

 

【メイドさんデイズ】ペトラ
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

敵に回復不能/味方単体&全体回復のスキル効果を持つサポートキャラ。
回復能力に関しては同時に抵抗を付与出来る為、状態異常を付与してくる敵対策にも運用可能。
ダメージソースが少なく、攻撃力が低いので全体攻撃を持ってはいるが火力枠としての採用はNG。
あくまでもサポート能力に特化した性能である為、回復/抵抗が不要な場合は編成の必要はない。
味方全体のデバフ解除を行える【商会長の野心】アナスタシアと組み合わせると対人戦で状態異常に悩む事が減るのでオススメ。

 

【強靭な獣戦士】リカード
キャラ性能&個別評価

高威力の単体攻撃は同時に挑発&攻撃力デバフも付与可能。
尚且つ、確定カウンターのスキルでヘイトを集めつつ敵HPを削れる。
ただ、HP/耐久力自体はそこまで高く設定されていないので挑発効果には要注意。
クエストバトルで味方の攻撃力35%アップのリーダースキルを持つ為、クエストメインなら狙うのも有り。

 

【商会長の野心】アナスタシア
キャラ性能&個別評価

火力は低いものの、全体攻撃&バフ解除のスキル持ち。
味方全体にはデバフ解除&行動ゲージアップの効果を付与出来る為、サポート能力に特化したキャラ。
耐久力が高く長時間サポート出来るので、バフ&デバフを多用してくる敵への対策として運用可能。
ただ、前述した通り火力は低めに設定されており、別で火力枠を採用する必要有り。
攻守に優れたキャラというよりも便利なタイプ。
リーダースキルで味方全員のクリティカル率アップを行えるのもポイント。

 

【平穏と研鑽と】ティビー
キャラ性能&個別評価

味方全体に防御バフ&クールタイム減少効果を付与。
ステータスも高く、高火力の単体スキル&自身に素早さバフを付与出来たりと手数が多いキャラ。
事前登録で入手出来る【弾む喜び】レムよりも全体的には高性能だが、リーダースキルが青属性のみと縛りがあるのでその点がネック。
リーダーに別のキャラを置くのであれば狙うのも有り。
いずれにせよ1番に狙うよりも2番手/3番手に狙うような性能。

 

【王都を駆ける】フェルト
キャラ性能&個別評価

攻撃力/素早さが高い高火力の単体アタッカー。
スキルによって100%の確率で自身に素早さバフを付与、味方全体の行動ゲージアップを付与出来るなど安定して手数が早いのもポイント。
さらに単体だが、防御バフを付与出来るなど味方への恩恵も大きいキャラ。
火力面だけ見ればトップ層に及ばないものの、十分なレベル。

 

【お姉ちゃんと】ヘータロー
キャラ性能&個別評価

全体攻撃&疲労/防御デバフを付与出来るキャラ。
味方への火力バフを付与出来る【鷹揚な太陽姫】プリシラ/【月夜の舞風】ラムと組み合わせるとパーティの火力を大きく底上げ出来るのがポイント。
尚且つ、クリティカル発動時に行動ゲージ50%回復と手数が多いのも魅力。
クリティカル率アップのスキル効果を持つ【信念の剣舞】ユリウス/【商会長の野心】アナスタシアと組み合わせてクリティカルを発生させやすくすると安定して手数を増やせる。

 

【遊戯・迎春】フェルト
キャラ性能&個別評価

※【遊戯迎春】フェルト獲得イベントより獲得

イベントで獲得出来るキャラ。
味方全体に回復/防御バフ/行動ゲージ増加など様々な場所で活躍を見込める性能を持つ。
全てを1手で行う事は出来ないが、出来る事が多く幅広く運用出来るのが魅力。
特に全体回復に関しては相手が行動ゲージ増加のバフを使ったと同時に行えるなど、自動発動な点が楽。
行動ゲージ増加の効果量は70%と多く、味方全体の行動回転率を大きく早められるのも嬉しい。
イベントキャラとしての性能は高く、サポート能力も高いので必ず獲得しておこう。

 

【寝間着の天使】エミリア
キャラ性能&個別評価

※エミリア誕生日記念ガチャより排出

火力特化の【夕闇の幻想】エミリアに比べると攻撃力/殲滅力は大きくダウン。
ただ、その代わりに攻撃デバフ/味方単体回復&状態異常回復/攻撃力&素早さバフと性能はサポート寄り。
攻撃範囲は全て単体となっており、元々の攻撃力もやや低め
その為、メイン運用はサポート役だがそれなら【治癒術師の矜持】フェリス/【鷹揚な太陽姫】プリシラ/【月夜の舞風】ラムを狙った方が良い。
星3キャラなので性能は悪くはないが、特別優先する必要性は無い。
勿論、エミリアファンなら確保必須。

 

【隻腕の風来坊】アル
キャラ性能&個別評価

HPが高く、耐久力に優れたキャラ。
敵単体に対して100%気絶&行動ゲージ減少と優れたスキルを保有。
全てのスキルが単体に対してなので複数の敵に対してはやや使い辛いのが難点。
ただ、100%反撃のスキルを持つなど相手行動時にHPを削れる点は優秀。
似たスキルを持つ【強靭な獣戦士】リカードなら火力面、こちらは防御面を重視した場合に狙いたい。

 

【大精霊の遊び心】パック
キャラ性能&個別評価

凍結&行動ゲージ減少&素早さ減少といったデバフ能力を豊富に持つキャラ。
火力も高く、単体アタッカーとして優秀な性能を持つ。
とはいえ、上位層には汎用性が高く味方への恩恵も大きい単体アタッカーがいるのが難点。
最高レアリティなので、弱くはないが他の味方への影響を考えればスルーでもOK。

 

【辺境伯の実力】ロズワール
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く、単体&範囲攻撃持ちのアタッカー。
行動ゲージ減少のデバフ効果に加え、疲労効果を付与したりと戦闘面で有難い効果を持つ。
ただ、デバフ効果の確率が50%とやや運頼みなのが難点。
火力枠としては優秀だが、それなら上位層のキャラを狙った方が無難。

 

【精霊使いの真髄】エミリア
キャラ性能&個別評価

※【精霊使いの真髄】エミリア獲得イベントにて獲得

素早さデバフ/凍結/攻撃デバフといった状態異常の付与が可能なイベントキャラ。
敵の素早さを下げる事で行動順を遅くし、一方的な展開を作り出すことも可能。
凍結は敵の行動停止が出来る【夕闇の幻想】エミリア/【大精霊の遊び心】パックなどが持っている非常に強力な効果。
イベントで獲得出来るキャラなので、ガチャ産のトップランカーに比べると性能は当然見劣りする。
とはいえ、星3キャラが足りていないのなら主戦力としての活躍も見込める性能。
緑属性は火力枠も少ないので優位属性を取り、大ダメージも狙える点がポイント。

 

【夜桜の舞踊】フェリス
キャラ性能&個別評価

※亡者ペテルギウス討伐イベントミッションにて獲得

ターン獲得時に継続ダメージを1個付与、さらに味方全体の弱化効果を1個解除出来るパッシブを保有。
このキャラにターンが回る度にデバフが1個消える為、デバフ特化の敵と対峙した際に便利。
ただし全てのデバフを解除する事は出来ないので、【紳士の空中散歩】ロズワール/【治癒術師の矜持】フェリスなどに比べると見劣りする。
その他、クールタイム3で全体30%回復&弱化耐性強化を得られるのでサブヒーラーとしての運用がオススメ。
イベントで獲得出来るキャラの為、正直そこまで高い性能とは言えない。
とはいえ、どんな敵にも対応出来るように貰える星3キャラは獲得しておくに越した事はない。

 

【聖夜の装い】プリシラ
キャラ性能&個別評価

※プリシラ獲得イベントにて獲得

イベントで獲得出来る星3キャラ。
スキル1で防御デバフ、スキル3で攻撃デバフを付与出来るデバッファー。
なおかつ、スキル2は攻撃時に50%の確率で強化不能を付与出来るパッシブ効果。
敵の強化を防ぎつつ、デバフを入れていけるので弱化成功率アップのリーダースキルを持つ【陰魔法の熟練者】べアトリス/【百人一太刀】クルシュなどと組み合わせるのも有り。
バフ/デバフは高難易度の戦闘において重要な役割と果す為、使いこなせておけばかなり有利。

 

【執務の合間に】クルシュ
キャラ性能&個別評価

防御力が高く、単体バフ解除/味方全体にクリティカル率アップ&素早さ強化を付与出来るキャラ。
サポート能力が高く、初手で狙うよりもパーティの軸となるキャラを確保した後に狙いたい。
クールタイム短縮効果を持つが、自身のみと味方への恩恵も少な目。
素早さバフによって味方の手数を増やせる点は魅力。

 

【天翔ける気骨】ヴィルヘルム
キャラ性能&個別評価

※白鯨討伐イベントにて獲得

スキル1は確率で2ターンの攻撃デバフ、スキル3は4回攻撃&攻撃デバフ&挑発を付与出来るキャラ。
スキル2は被ダメージ時にスキル1で反撃を行えるので、攻撃デバフ付与→ヘイトアップ→反撃とスキル構成が秀逸。
イベントで獲得出来るキャラとなっており、性能的には他の星3キャラに劣るもののそれでも十分高性能。
特に高火力を持つ敵からのダメージを大きく低下出来る点は高評価。
とはいえ攻撃力デバフ自体が確率であり、火力自体も控えめ
似た性能で火力特化の【強靭な獣戦士】リカード/行動制限デバフに特化した【隻腕の風来坊】アルがいるが役割が違うので運用場所さえ分担させれば活躍の機会も見込める。
最も使えるポイントは弱体耐性40%アップのリーダースキル。

 

【月夜の吸血鬼】ロズワール
キャラ性能&個別評価

※魔術師討伐イベントにて獲得

特筆すべきはクールタイム無しで連発出来る防御デバフ
発動確率が100%となっており、味方の火力アップにも貢献出来る優れたスキル。
さらに自動発動のスキルでターン獲得時に自身のデバフ1個解除など、デバフ能力に強いのもポイント。
とはいえ、全てのスキル対象が単体となっており周回性能には向かないのがネック。
イベントで獲得出来るキャラとしては割と使いやすく、ボス戦での恩恵も大きいキャラ。

 

【侵入者排除】ラム
キャラ性能&個別評価

※ペテルギウス討伐イベントにて獲得可能

全てのスキル効果で行動ゲージダウンを付与出来る為、敵の行動回転率を大きく下げられるのがポイント。
特に被ダメージ時に自動発動する敵全体に30%行動ゲージダウンは汎用性が高く使いやすい。
イベント参加で獲得出来る勲章の数で獲得出来る為、獲得は非常に容易。
デバフ能力に特化した性能となっており、編成次第では十分な活躍も見込める。
ガチャキャラに比べてそこまで尖った性能とは言えないものの、獲得しておいて損はない。

 

【百人一太刀】クルシュ
キャラ性能&個別評価

※エルザ討伐イベントにて獲得

単体攻撃に特化したキャラで、敵に攻撃デバフ/自身にクリティカル率バフ&素早さバフを付与可能。
青属性キャラとなっており、【殺戮の鬼少女】レムに比べると火力枠としての性能は劣る。
ただ、素早さバフを重ねて自身に付与出来るので行動の回転率は多め。
リーダースキルで味方の弱化成功率を40%アップ出来る為、デバフで敵の弱体化を狙う場合は編成も有り。
弱化成功率アップのリーダースキルは【陰魔法の熟練者】べアトリスも持っており、継続ダメージ/凍結/ステータスデバフなどを多く持つキャラと非常に噛み合う効果。
イベントで獲得出来るキャラとはいえ、デバフメインのキャラ編成だと十分実用レベル。
特に序盤は星3キャラが揃いにくいので必ず獲得しておきたい。

 

【見守る眼差し】フレデリカ
キャラ性能&個別評価

※新登場フレデリカピックアップガチャより排出

通常攻撃時に挑発&被ダメージ時に行動ゲージ30%アップのスキルを持つタンク役。
ヘイトを上げるほど行動回数が増え、自身に3回の防御バフを付与出来るのでスキル構成は優秀。

ただ、元々防御力自体がそこまで高くないので防御バフを付与出来る【月夜の舞風】ラムなどと組み合わせたい。
さらに言えば全体攻撃も無く、挑発以外のデバフが無い点もネック。
唯一ボス戦などでは運用可能ではあるが、周回向けのキャラではなく優先度は低め。

自己完結型のスキル構成となっており、他キャラに依存せずに運用出来る点はメリット。
とはいえメリット部分が少なく、ガチャを引くまでの価値があるとは言えない。
見た目が好みならまだしも、性能部分だけで見るのならスルーでOK。

 

総合評価

星3キャラはどれも優秀なので、どれを獲得しても即戦力といえるでしょう。
とはいえ上位層のキャラに関しては出来る事が多く、様々な場所での活躍を望むなら6位までのキャラを狙うようにしたいです。
特に味方全体へのバフ、敵全体へのデバフ効果や回復などを使えるキャラは先を見越して確保しておくのがオススメといえます。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強星3記憶結晶ランキング

1位:ロズワール邸、三度目の初日
キャラ性能&個別評価

※ペアキャラ登場アイドル姉妹ガチャより排出

最大覚醒時【エミリア陣営】の場合、HPが30%上昇&素早さが15%上昇&被攻撃時に行動ゲージ30%増加&バトル開始時、行動ゲージ80%増加の効果を獲得出来る記憶結晶。
同時に実装されている【アイドル姉妹】ラム&レムはターン獲得時/被攻撃時に共鳴ゲージが一定量増加する為、こうした行動回転率アップ効果の記憶結晶は相性が良くオススメ。
さらに言えば【エミリア陣営】自体キャラが多く、その効果も汎用性が高いものとなっているので対象キャラなら誰に装備させても恩恵を得られるのがポイント。
序盤は火力アップを優先する場合が多いものの、高難易度では素早さや耐久力の方が重要。

また【アイドル姉妹】ラム&レムは共鳴後から真価を発揮するタイプとなっており、早い段階で共鳴ゲージを溜める為にもセットでの獲得をオススメ。

 

2位:いこうか!――うん
キャラ性能&個別評価

※とっておきの花畑ガチャより排出

最大覚醒時【エミリア陣営】の場合、素早さが19%アップ&ターン獲得時、弱化効果3個解除&被攻撃時、自身のHPを15%回復出来る記憶結晶。
【エミリア陣営】のキャラは多く、さらに素早さアップ&デバフ3個解除&自己回復と全て腐らない効果なので非常に優秀。
同時実装された【とっておきの花畑】エミリアと相性が良い記憶結晶だが、正直【エミリア陣営】のキャラなら誰に装備させても最大の恩恵を得られるのは有難いポイント。
火力アップの1点だけを補いたいのであればおすすめの記憶結晶は別になるものの、幅広くどんな状況でも使いやすい効果を求めるのならオススメ。

 

3位:にゃんだか……すご~く変な顔
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ世界を浄化する拳より排出

最大覚醒時【魔法攻撃】の場合HP50%上昇、自身がHP40%以上で戦闘不能になるダメージを受けた時HPが1残る/被攻撃時、自身の弱化効果を2個解除する効果の記憶結晶。
最大HPを大幅に底上げしてくれる性能となっており、耐久力の底上げには非常に便利。
さらに致死ダメージも回避、弱化効果を解除出来るなど防御面の性能はかなり高め。
同時実装の【世界を浄化する拳】ミネルヴァは回復能力に特化しており、回復量が多ければ敵へのダメージ/最大HP減少を付与可能。
その為、同時獲得して装備させる事で性能が飛躍的に向上。
勿論、それ以外にも【魔法攻撃】キャラなら耐久力を大きく底上げ出来るので獲得しておくと高難易度で重宝する。

 

4位:私はエミリア、ただのエミリアよ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャおめかしパーティより排出

最大覚醒時【亜人】の場合、クリティカル率20%上昇&攻撃力20%上昇
さらにターン終了時に味方全体の行動ゲージ15%増加&クリティカル攻撃時に自身のHP15%回復の効果を持つ記憶結晶。
【亜人】縛りではあるものの自身がターンを獲得すればするほど味方の行動回転率を伸ばせる為、パーティ全体の手数を大きく増やせるのが非常に強力。
さらにクリティカル率&攻撃力を増やしつつクリティカル発生時に自己回復を出来るなど、攻守もカバー出来る優れモノ。
同時実装された【おめかしパーティ】エミリアと相性が良く、最大覚醒前提なら是非とも獲得しておきたい。
自身&味方への恩恵が大きく安定して使いやすい。

 

5位:頼れるのはお前だけだ
キャラ性能&個別評価

※フェスガチャ魔女のお茶会より排出

【魔法攻撃】の場合、素早さが最大で23%アップ&バトル開始時に自身へ100%の確率で1ターンの無敵を獲得出来る効果を持つ記憶結晶。
素早さアップの効果は勿論、開始早々の無敵効果も生存率アップに大きく貢献出来る。
序盤では少なかった【魔法攻撃】キャラも最近は増えているので、汎用性も高め。
弱体や強化解除のスキルを持つキャラと合わせて運用するのがベスト。

 

6位:望みは一つ、ただ公平であること
キャラ性能&個別評価

※向き合うべき過去ガチャより排出

最大覚醒時【亜人】の場合、HPが40%上昇/残HPが80%以上の時最大HP減少効果を無効にする効果を持つ記憶結晶。
長期戦などで猛威を振るう最大HP減少効果を無効に出来るのは非常に優秀。
ただし常時HPを80%以上に維持しなければならないので回復効果/シールドを獲得出来るキャラや味方との編成が必須といえる。
この記憶結晶自体で火力の補助は行えない為、黄属性の味方数×500%威力の通常攻撃で常時高火力を維持出来る【向き合うべき過去】エミリアに装備させるのがオススメ。
前述したキャラは全体回復なども行えて記憶結晶の効果維持が容易な点も優秀。

 

7位:妾にとっては一興よ
キャラ性能&個別評価

※夜半の誘惑ガチャより排出

最大覚醒時【王選候補者】の場合、防御力が31%上昇/バトル開始から2ターンの間、最大HP減少効果無効/被攻撃時にHP10%回復効果を持つ記憶結晶。
防御力と回復効果を併せ持つ記憶結晶となっており、同時実装されている【夜半の誘惑】プリシラとの組み合わせで高い恩恵を得られる。
【王選候補者】の縛りが若干きつく、対象となるのはエミリア/アナスタシア/フェルト/プリシラ/クルシュのみ。
とはいえ前述したキャラはこれまで強力なキャラが実装されており、メインに運用しているのであれば狙っておくのも有り。
出来れば最も効果を発揮する【夜半の誘惑】プリシラと組み合わせて獲得したい。

 

8位:星々と雪の精に魅せられて
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ禁書庫から夜空へより排出

最大覚醒時【エミリア陣営】の場合、HPが40%上昇&ターン獲得時、自身に1ターンの弱化成功強化を発動する記憶結晶。
耐久力を大きく伸ばしつつ、弱化効果の付与が容易になる点は大きなメリット。
また発動条件がターン獲得時なので、実質常時弱化成功強化がかかっているのと同じ。
手持ちキャラにジャマータイプが豊富にいるのなら狙っておくのも有り。
しかし弱化効果は序盤よりも高難易度での運用がメイン。
その為リセマラで狙うには若干不向きともいえる。

 

9位:猫ちゃん可愛い!
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ和装のメイド長より排出

最大覚醒時【エミリア陣営】なら弱化成功力50%上昇&バトル開始時自身の行動ゲージを60%増加出来る記憶結晶。
【エミリア陣営】はキャラが多く、デバフ系のスキルを持ち合わせているキャラなら誰でも恩恵を得られる。
そのうえ戦闘開始時の行動順を大幅に早められるなど非常に使い勝手が良い。
攻守を底上げするような性能ではないが、高難易度になるほど高い恩恵を得られるタイプ。
初手でデバフを撒けるキャラが手持ちにいるのなら獲得しておくと便利。

 

10位:お芋のハンコのお姉ちゃん
キャラ性能&個別評価

※木漏れ日の微笑みガチャより排出

最大覚醒時にはエミリア陣営の素早さを19%アップ&ターン獲得時に敵全体の弱化耐性を50%減少出来る効果を持つ記憶結晶。
同時実装された【木漏れ日の微笑み】エミリアはターン獲得時に凍結を確率でばら撒ける為、噛み合った効果といえるので最大限効果を発揮させたい場合には特に獲得をオススメ。
素早さ19%アップは他キャラでも大きな恩恵を得られる為、エミリア陣営をメインに運用しているのなら獲得しておいて損はない。

 

11位:鬼がかってますね
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ小さなあくびガチャより排出

最大覚醒時【鬼】の場合、素早さが19%アップ&被攻撃時に自分の行動ゲージ30%増加&攻撃時に味方全体の行動ゲージ20%増加出来る記憶結晶。
【鬼】はレム/ラムのみだが実装されているキャラ数自体が多く、【弾む喜び】レムは初っ端から獲得出来る。
その為、【鬼】縛りの記憶結晶は【エミリア陣営】と同じく使い勝手が良い。
全体的に自身だけでなく、味方全体の行動回転率を底上げ出来る優れた効果。
獲得しておくと便利だが、最大覚醒まで行わないと恩恵が少ない点には注意。

 

12位:できたて……いえ、蒸かしたてよ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャまどろみの朝ガチャより排出

最大覚醒時【鬼】の場合、攻撃力が31%アップ&被攻撃時、自分の行動ゲージ30%アップ&自身のHPが30%以上で戦闘不能になるダメージを受けた際にHPが1残る効果を持つ記憶結晶。
同条件で攻撃力アップのみを優先するのであれば鬼族の神童は片方だけ」の方が上。
しかし、こちらは行動回転率アップ&耐久面をカバー出来る。
とはいえHP1残る為には条件があるので、条件クリアの為にもHP管理は必要。
全体攻撃持ちの敵と戦闘する際には行動回転率を大きく伸ばせる。

 

13位:どうしてそんなに頑張るんですの
キャラ性能&個別評価

※『聖域の盾』ガチャより排出

最大覚醒時には【エミリア陣営】の場合、攻撃力&防御力20%アップ&ターン終了時に行動ゲージ20%アップを獲得出来る記憶結晶。
攻守の底上げが可能な上、行動回数の増加にも貢献出来る優れた効果。
素早さの低いキャラは行動ゲージの増加が遅い為、こうした記憶結晶でカバーするのがオススメ。
ある程度素早さが低かったとしてもカバー出来る効果は魅力的。
最大覚醒まで重ねなければならない点は手間だが、恩恵は大きい。

 

14位:うみゅ……お酒おいしぃ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ愛娘に祝福をより排出

最大覚醒時【エミリア陣営】の場合、攻撃力が40%上昇&ターン獲得時、自身に激昂を2ターン発動する効果を持つ記憶結晶。
重複可能な攻撃力バフを毎ターン獲得出来る為、装備キャラの火力を大きく伸ばせるのは魅力。
また【まどろみの朝】ラム/【『聖域』の盾】ガーフィールなど、自身で激昂を獲得出来るようなキャラと組み合わせる事で火力の増加速度も大幅にアップする。
実装時点で最も攻撃力を伸ばせるカードといっても過言ではないので最大覚醒まで行うのであれば狙うのも十分に有り。

 

15位:お姉ちゃんの後ろを
キャラ性能&個別評価

※鬼の里の神童ガチャより排出

最大覚醒時に【鬼】の場合、攻撃力が31%アップ&バトル開始時、自身に3ターンの攻撃強化を獲得出来る記憶結晶。
火力増加のメリットは勿論、ターン開始時から得られる攻撃強化で周回/高難易度の両方で活躍出来る。
【鬼】縛りとなっており恩恵を得られるキャラは少ないものの、同時実装されている【鬼の里の神童】ラムを獲得しているのならとんでもない火力を発揮してくれる。
【ハッピーバレンタイン】レム/【聖夜の装い】レム/【殺戮の鬼少女】レムなどに装備させて火力を底上げするのも有り。
攻撃力重視なら獲得しておいて損はない1枚。

 

16位:明日って未来の話をしよう
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ愛情たっぷりケーキより排出

最大覚醒時【鬼】の場合最大HPが25%上昇/防御力が25%上昇、バトル開始時に行動ゲージが80%増加する記憶結晶。
【鬼】はレム/ラムのいずれかしかおらず、正直汎用性が高い記憶結晶とは言えない。
しかし同時実装の【愛情たっぷりケーキ】レムは勿論、耐久力の低い【まどろみの朝】ラム/【鬼の里の神童】ラムなどにも組合わせる事が出来る。
何より装備キャラの幅が狭いものの実装されているレム/ラムが多く、特に事前登録で獲得&超越再現の対象となっている【弾む喜び】レムにも対応しているなど強キャラの戦力強化に便利。
レム/ラムをメインキャラで運用していない場合には獲得する必要性は低め。

 

17位:レムが一人でやらなきゃ……
キャラ性能&個別評価

※過去をなぎ払う鉄球ガチャより排出

最大覚醒時【鬼】の場合、攻撃力が25%/素早さが12%上昇
さらにクリティカル攻撃時、対象に15%の追加ダメージが発生する効果を持つ記憶結晶。
攻撃力と素早さを底上げ出来る効果はシンプルにアタッカーとしての性能をアップ出来るので優秀。
クリティカル攻撃時に発動する効果に関してはダメージソースとしては魅力だが、クリティカル率を底上げしておかないと安定して効果を得られないので注意。
火力面に特化した記憶結晶なので、獲得しておくと序盤で重宝する事は間違いない。
【鬼】のレム/ラムはキャラ数も多くなっており、腐る心配が少ないのも魅力。
しかし高難易度になると耐久面/状態異常への対策を優先して記憶結晶を選びたいので、使用頻度が若干下がる。

 

18位:ずーぅいぶん酷い有り様だーぁね
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ姉様おすすめスイーツより排出

最大覚醒時【鬼】の場合、HPが31%上昇&被攻撃時に自身のHP15%回復&ターン獲得時に味方全体の弱化効果を1個解除出来る記憶結晶。
耐久力アップと味方の補助を行える性能となっており、似たような効果を持つ記憶結晶にまさに鬼族の神童がある。
自己回復の効果以外は全く同じとなっており、必要ないなら前述したカードでも代用可能。
レム/ラムならどちらでも装備させる事が出来、キャラ数もかなり多くなってきたので汎用性は高め。
弱化効果があるかないかで戦闘難易度も変わってくるので、前述した記憶結晶と合わせて使うのもあり。

 

19位:まさに鬼族の神童
キャラ性能&個別評価

※お姉ちゃんみたいにガチャより排出

最大覚醒時、【鬼】ならHP31%アップ&ターン獲得時に味方全体の弱化効果を1個解除する効果を持つ記憶結晶。
【鬼】縛りとなっている為、恩恵を得られるキャラは少ないものの耐久力&味方全体のデバフを1個解除出来る効果は高難易度のクエストで非常に役立つ。
特に同時実装された【お姉ちゃんみたいに】レムと組み合わせる事で常に優位を保ちながら戦闘が可能。
高難易度では敵のデバフによって弱体化されるケースが多く、デバフ解除の効果は非常に魅力。
解除数1つと物足りない部分はあるとはいえ、発動条件がターン獲得時と非常に容易
火力重視ならスルーでも良いが、耐久力アップとデバフ解除は高難易度に挑む際に必須レベルなのでオススメ。

 

20位:巨人族と殺し合うのは初めてよ
キャラ性能&個別評価

※純白の暗殺者ガチャより排出

最大覚醒時、【物理攻撃】の場合クリティカル率20%アップ&素早さ10%アップ&バトル開始時100%の確率で自身にクリティカル率アップを獲得出来る記憶結晶。
同時実装されている【純白の暗殺者】エルザ/【月下の暗殺者】エルザはクリティカル時に発動するパッシブ効果を豊富に持つ為、狙うのならどちらかを確保している事が前提
【物理攻撃】キャラなら誰にでも恩恵が得られるものの、攻撃力を強化する場合には他の記憶結晶でも代用可。
どうせなら最も相性の良い組み合わせで運用したい。

 

21位~

福音がワタシを導くのデス!
キャラ性能&個別評価

※勤勉なる狂信者ガチャより排出

最大覚醒時に【物理攻撃】場合、攻撃力31%アップ&バトル開始時100%の確率でクールタイム1ターン減少を獲得出来る記憶結晶。
【物理攻撃】のキャラ自体が多く、攻撃力を底上げするには持って来い。
さらにクールタイム減少に関してもメリットしかないので、トップクラスの使いやすさといえる。
ただ記憶結晶は最大覚醒しなければ恩恵は少く、狙うのなら最大覚醒させるつもりで狙いたい。

 

ほんならいこか、みんな
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ甘美なおもてなしより排出

最大覚醒時、【騎士】の場合防御力が31%アップ&被攻撃時に行動ゲージ30%増加&HP50%以下で散漫無効を獲得出来る記憶結晶。
【騎士】のみ&HP50%以下と条件は若干厳しめだが、パッシブスキルを無効にする散漫効果を無効に出来るのは大きな強み。
非常に強力なパッシブスキルが多くなってきている為、現状散漫は状態異常の中でもかなりの脅威。
その為、散漫を無効にするだけで安定感を得られる事は間違いない。
とはいえ、散漫効果を無効に出来るのは装備している自身のみ
なおかつ記憶結晶の最大効果を得る条件も厳しい為、優先度は正直低め。
【騎士】も割と増えて来たが、それでも使い辛い点に変わりはない。

 

赤髪の救世主
キャラ性能&個別評価

※新登場ラインハルトピックアップガチャより排出

装備するのが騎士の場合、素早さを最大で25%アップ出来る記憶結晶。
同時実装された【剣聖の助力】ラインハルトは騎士であり、尚且つ素早さもトップクラスのキャラ。
その為、装備させる事で行動の回転率を底上げ出来るので出来れば抱き合わせで獲得したい。
どのキャラでも無条件に素早さを最大で20%アップ出来る目覚めのメイド姉妹でも代用が利くが、【剣聖の助力】ラインハルト/【信念の剣舞】ユリウスをメインに使うのならこちらがオススメ。
その代わり、騎士キャラがそこまでいないので汎用性は低め。

 

朝焼けの感謝
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時に攻撃力30%アップの効果を得られる。
【信念の剣舞】ユリウス/【夕闇の幻想】エミリアなどの全体攻撃持ちに対しては勿論、【陰魔法の熟練者】べアトリス/【強靭な獣戦士】リカードなどの単体アタッカーとも相性が良い。
攻撃力は終始必要とするステータスで、高ければ高いほど戦闘時間を短縮可能。
誰に装備させても腐らない効果となっており、記憶結晶の中では最優先に狙うのをオススメ。

 

姉様、寒いの苦手?
キャラ性能&個別評価

※寒いの苦手?ガチャより排出

最大覚醒時【鬼】の場合、防御力が31%上昇&戦闘不能時、味方全体のクールタイムを2ターン減少&被攻撃時に自身のHP10%回復の効果を持つ記憶結晶。
同時実装された【寒いの苦手?】ラムの防御力&生存率アップには勿論の事、それ以外にも攻撃特化のキャラである【ほかほかマヨネーズ風呂】レムのようなキャラに装備する事でも弱点をカバー出来る。
高難易度になるにつれてアタッカーキャラは被ダメージが大きく、シールド/無敵のようなバフが無いと辛くなるのでこうした記憶結晶は獲得しておいて損はない。

 

嬉しい特別扱いなんて初めて
キャラ性能&個別評価

※氷華の花嫁ガチャより排出

効果を得られるのは【エミリア陣営】のみ。
最大覚醒時にはHP20%/防御力20%アップ&ターン終了時に20%の確率で再度ターン獲得の効果。
2個のステータスを20%アップ出来る上に確率でターン獲得のオマケまで得られる。
【エミリア陣営】かつ耐久特化のキャラなら噛み合う為、最大覚醒前提なら獲得も有り。
覚醒しないのなら他のイベントで獲得出来る記憶結晶でも十分代用出来る為、スルーでOK。

 

召喚前の日常
キャラ性能&個別評価

※過去を捨てた者ガチャより排出

最大覚醒時【人間】なら攻撃力が31%アップ&攻撃時、自身の弱化効果を1個解除&攻撃時、HP10%回復出来る記憶結晶。
同時実装されている【過去を捨てた者】アルコルは被ダメージ前提のパッシブ効果を持つので、攻撃しながら回復を行える時点で相性が良い。
とはいえアルコルは低防御力&全体挑発と非常に耐久力が低く、10%のHP回復は焼け石に水。
行動回転率を底上げ出来る為、回復数はこなせるが高火力の敵を相手にした場合には厳しい。
火力の底上げとしては非常に優秀なので、火力面を底上げするものとして運用するのがオススメ。
スバル/ロズワール/クルシュなどが【人間】に該当するので汎用性は割と高め。

 

花は、好き?
キャラ性能&個別評価

※黄色の花をブーケにガチャより排出

最大まで覚醒する事で【人間】限定でHP21%アップ&素早さ10%アップ&バトル開始時に100%の確率で敵全体に攻撃力デバフを付与出来る効果を持つ。
高難易度のステージに挑む場合には初っ端から攻撃力デバフを付与出来るのは大きなメリット。
味方全体への防御バフ/シールドを付与出来る【お姉ちゃんみたいに】レム等を同時に編成しておくと恩恵は大きい(前述したキャラは装備しても効果は得られないので注意)。
同時に実装されている【黄色の花をブーケに】テレシアが現時点で最も相性が良い為、組み合わせて運用できれば非常に強力といえる。
しかし最大覚醒が前提なので、出来ないのならあえて狙う必要はない。

 

言葉にしてほしいこともあるのよ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャはじらう小悪魔より排出

最大覚醒時【人間】の場合、クリティカル率が20%上昇&素早さが20%上昇する記憶結晶。
シンプルかつ優秀なステータス上昇効果となっており、特に同時実装された【はじらう小悪魔】テレシアとの組み合わせがオススメ。
クリティカル攻撃発動時に特殊な効果を発揮するキャラが増えてきているので、こうした記憶結晶を使ってクリティカル率を伸ばすのも重要。
ただしクリティカル率を重要視しないパーティ編成なら優先度は当然下がる。
自分の手持ちキャラとパーティ編成を確認してから狙いたい。
キャラ同士のシナジーを度外視してシンプルに火力/素早さを伸ばすなら狙うのも有り。

 

ステレオ音声のメイド姉妹
キャラ性能&個別評価

※【紳士の空中散歩】ガチャより排出

【人間】の場合HP/防御力が20%アップ、バトル開始時に1ターンの抵抗を獲得出来る記憶結晶。
耐久力を大きく底上げしてくれるので耐久力に難があるキャラに装備させるのがオススメ。
縛りである【人間】に関しては【信念の剣舞】ユリウス/【交わす言葉と杯】クルシュ/【剣鬼恋歌】ヴィルヘルムなど、火力面に特化したキャラが豊富。
特に同時実装されている【紳士の空中散歩】ロズワールは敵の行動回数で発動するパッシブを持つ為、耐久力を上げるほど恩恵が大きく同時獲得もオススメ。

 

レムの英雄は世界一
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時に攻撃力23%アップ&5%の確率で再度ターンを獲得可能。
朝焼けの感謝に比べると効果量は少な目だが、手数を倍に出来る効果を持つ。
5%と決して確率が高い訳ではないが、手数を増やすメリットは非常に大きい。
ボス/強敵との戦闘時において、こうした効果が確率でも発動すれば難易度緩和に大きく貢献出来る。
デメリットが無く、使いやすい効果を持つのでオススメ。

 

いいえ、ゼロから!
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時にはエミリア陣営の場合、攻撃力31%アップ&攻撃時に20%の確率で敵1体を気絶させる効果。
エミリア陣営と縛りがあるなどやや使い辛い点は否めないが、エミリア陣営のキャラ数の多さを考えると正直そこまでマイナスな部分とは言えない。
さらに効果量も多く、装備キャラの火力を大幅に底上げ出来るのは嬉しいポイント。

 

ニューヨークへいきたいかーっ!
キャラ性能&個別評価

※チキチキ雪祭りガチャより排出

最大覚醒時【人間】の場合、素早さが19%上昇&バトル開始時、自身に行動ゲージ80%増加を付与&ターン獲得時、自身に弱化成功力強化を付与出来る記憶結晶。
同時実装された【チキチキ雪祭り】スバルと相性が良く、特に行動順を大幅に底上げ出来る点は見大きなメリット。
他にも【紳士の空中散歩】ロズワールなども恩恵を得られる為、低めの素早さをカバー出来る点は有難い。
とはいえ、最大の恩恵を得られるキャラは現時点で前述したスバル。
記憶結晶を最大まで育成する事を前提とするのであれば狙っておくのも悪くはない。

 

復讐の旅路
キャラ性能&個別評価

※第2回ペテルギウス討伐イベントミッション報酬で獲得

最大覚醒時【人間】の場合、防御力が30%アップ&【物理攻撃】の場合ターン獲得時に自身に防御強化を獲得&【傭兵】の場合、攻撃時に自身へ素早さ強化を獲得出来る記憶結晶。
全ての条件が重なれば非常に優秀だが、現時点では【隻腕の風来坊】アルくらい。
その為、【人間】&【物理攻撃】の縛りで運用するのがオススメ。
その2つだけで十分防御面をカバー出来る為、使い勝手が飛躍的にアップする。
メインキャラとして【隻腕の風来坊】アルを使っているならオススメだが、性能的に型落ちしているので他キャラに装備させた方が効率的。

 

「果報者」に掛ける言葉
キャラ性能&個別評価

※剣鬼恋歌ガチャより排出

最大覚醒時に攻撃力が23%アップ&100%の確率で攻撃時に継続ダメージを2ターン付与出来る記憶結晶。
継続ダメージは重ねて付与出来るので、重ねるほど1ターンでダメージを与えられる。
その為、継続ダメージを付与するスキルを持った【夕闇の幻想】エミリア/【陰魔法の熟練者】べアトリス/【剣客・迎春】ラインハルトなどに装備させる事でより高い効果を発揮。
継続ダメージが効かない敵に対しては意味はないが、付与出来る敵に対してはダメージソースの1つとなり得る。

 

眠れ─我が娘とともに
キャラ性能&個別評価

※ロズワール邸でクリスマス♪ガチャ-エミリア-より排出

エミリア陣営のキャラが装備する事で最大で攻撃力31%アップ&攻撃時に20%の確率で敵1体に2ターンの防御力減少を付与出来る記憶結晶。
縛りはあるもののエミリア陣営はキャラが多く、効果量だけなら朝焼けの感謝よりも上。
さらに決して高い確率ではないが、防御バフも付与出来るなど攻撃面に特化した性能を誇る。
火力枠である【夕闇の幻想】エミリア/【陰魔法の熟練者】べアトリスなどに装備させるのも有りだが、【月夜の吸血鬼】ロズワールに装備させて防御デバフを重ねるのも有り。
高耐久の敵との戦闘時には重宝する為、狙うのも良い。

 

剣を持つ理由
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時には防御力を30%アップ出来る記憶結晶。
条件/縛りがないので、どのキャラに対しても装備が出来る汎用性の高さは大きな魅力。
しかも被ダメージを軽減する防御力を底上げしてくれるので、腐らなず長く使えるのが有難い。
高難易度になるほど敵の火力も高くなるので先を見越して狙いたい。

 

絶対に、助けてやるーー!
キャラ性能&個別評価

※第2回ペテルギウス討伐イベントにて交換可能

最大覚醒時にはHP19%アップ&被攻撃時に自身のHPを5%回復出来る記憶結晶。
最大HPを大きく底上げしてダメージを受けると回復も可能な為、耐久力を大きく伸ばせる。
特に【食いしんぼう】ミミは同条件で最大HP15%分を回復出来る為、合計20%と恩恵は大きい。
イベントに参加して交換&最大まで覚醒出来る記憶結晶なので、是非とも獲得をオススメ。
高難易度の敵やイベントに挑む際には火力は勿論だが、耐久力も重要。
戦略の幅を広げる為にも獲得しておいて損はない。

 

追憶卿へようこそ
キャラ性能&個別評価

※事前登録報酬で入手

最大覚醒時にHP30%アップの効果を持つ記憶結晶。
事前登録の報酬で入手出来るので、あえて狙う必要性はそこまでない。
勿論、覚醒を狙って重ねて入手するなら有り。
効果を得る為に陣営の縛りや条件などが一切ないので、使いやすくオススメ。
無料で獲得出来るものでこの効果は魅力。

 

浴場での主従関係
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時、エミリア陣営の場合防御力40%アップの効果を持つ記憶結晶。
エミリア陣営はキャラも多く、恩恵を得やすいので陣営縛りのデメリットは低い。
さらに、その効果量に関しても40%と大きく底上げ出来るなど優秀。
耐久力を底上げする際に大きく貢献出来る為、恩恵を得らえるキャラが多いのなら確保。

 

俺はお前をベア子と呼ぶよ
キャラ性能&個別評価

※取り残された者ガチャより排出

最大覚醒時【魔法攻撃】の場合、弱化耐性が48%アップ&戦闘開始時に100%の確率で自身に1ターンの抵抗を付与出来る記憶結晶。
弱化効果を付与してくるイベントボス等に対して大きな効果を発揮するピーキーなタイプ。
強敵から弱化効果を付与される事で戦闘難易度が大きく上がる為、高難易度で重宝する効果。
しかし、汎用性の高さで言えば攻撃力/素早さが上がる記憶結晶の方が使いやすい。
アリーナでの戦闘時においても弱化対策として運用出来る為、余裕があるなら獲得も有り。
しかし、獲得するのであれば最大まで覚醒しないと恩恵は少ない点には注意。

 

エミリアたんの膝、空けといてね
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ波打ち際で一休みより排出

最大覚醒時【亜人】の場合、防御力31%アップ&バトル開始時100%の確率で1ターンの抵抗を獲得出来る効果を持つ記憶結晶。
同時実装された【波打ち際で一休み】エミリアは防御依存のダメージソースを持つので耐久力を底上げしつつ火力面も補えるのがポイント。
防御アップの効果で火力も同時にアップするキャラは実装時点だと他にはおらず、同時に獲得しておくと非常に重宝する。

 

目覚めのメイド姉妹
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時には素早さを20%アップ出来る記憶結晶。
素早さは行動順に直結するステータスとなる為、高いほど手数が増える。
素早さが低めに設定されているキャラのカバーは勿論、長所を伸ばす場合にも便利。
とはいえ、やはり序盤は火力を重視しておきたいので優先度は若干下がる。

 

俺を捕まえといてくれ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャスプラッシュメイドより排出

最大覚醒時【鬼】の場合、素早さ25%アップとなる記憶結晶。
素早さが高ければそれだけ先手を打てるのでデバフ要員/バフ要員にとっては非常に相性が良い。
特に同時実装されている【スプラッシュメイド】レムは素早さが飛び抜けて高く、攻撃スキルの全てが素早さ依存のダメージ。
その為この記憶結晶を装備させる事で素早さアップは勿論、火力面も底上げ出来る。
単体でも【スプラッシュメイド】レムは強力な性能だが、この記憶結晶と同時に装備させる事でより強力に。
【鬼】縛りの為、汎用性は低いが前述したキャラと同時に獲得する場合はトップクラスの性能。

 

王選候補揃い踏み
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時にクリティカル率を30%増加する効果を持つ。
クリティカル率を底上げすることで安定して高威力のダメージを狙えるのは有難い。
【お姉ちゃんと】ヘータローはクリティカル発動時に行動ゲージ50%回復のスキルを持つ為、行動回数を増やすのなら装備させて運用するのがオススメ。
当然、高火力のキャラに装備させてシンプルに火力アップを狙うのも有り。

 

ベタベタしないでください!
キャラ性能&個別評価

※エルザ討伐イベントにて獲得

イベントで獲得出来る星3記憶結晶。
その効果は攻撃力が最大25%アップとキャラの火力アップに非常に便利。
キャラ縛りも陣営縛りもないので幅広く運用出来る上、上位互換である朝焼けの感謝と比べても5%しか変わらない。
さらに言えばイベントで簡単に覚醒出来る為、序盤の火力アップの為にも必ず確保しておきたい。
星3記憶結晶はガチャからも入手出来るが、覚醒するには同じ記憶結晶を重ねる必要がある。
ガチャを回せるだけの財力がある人ならまだしも、無課金/微課金の人には非常に有難い。
必ず獲得しておこう。

 

一年分の記憶と共に、次の一歩へ
キャラ性能&個別評価

※一周年ログインボーナスで獲得

期間内にログインするだけで獲得出来る記憶結晶。
さらに[夢喰らい討伐イベントミッション]の報酬でも獲得出来るので覚醒難易度が低め。
最大覚醒時は【魔法攻撃】の場合、素早さ18%アップ&【亜人】の場合、ターン獲得時に自身のHP10%分回復&【追憶郷】の場合、バトル開始時に自身に1ターンの無敵を付与出来る記憶結晶。
全ての条件が揃うキャラは少なく、現段階では【賑やかな夢幻術師】シオンのみ。
その為、シオンを獲得出来るなら長所である耐久面を伸ばせるのでオススメ。
入手出来なかったとしても今後の事を考えて最大覚醒まではしておきたい。

 

ユーリと名乗っておこうか
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ切れ者甘味店長より排出

最大覚醒時【アナスタシア陣営】の場合、防御力が31%上昇/ターン獲得時、自身にクリティカル率アップ発動/味方のHP回復時、自身の行動ゲージ20%増加と豊富なバフを獲得。
同時実装されている【切れ者甘味店長】アナスタシアに装備させる事と性能を大幅に向上出来るので、出来れば同じタイミングでの獲得がオススメ。
とはいえ【アナスタシア陣営】なら誰でも得られる恩恵が大きく、推し陣営なら獲得も有り。
攻守共に底上げ出来るシンプルに強力な記憶結晶だが、対象陣営のキャラで上位陣が少ないのがネックポイント。

 

レムを隣に置いてくれますか?
キャラ性能&個別評価

※妖しき夢幻術師ガチャより排出

最大覚醒時【亜人】ならHP20%アップ&防御力20%アップ&被攻撃時、自身の弱化効果を1個解除&自身のHP40%以上で戦闘不能になるダメージを受けた時、HPが1残る効果を持つ記憶結晶。
同時実装された【妖しき夢幻術師】ライラとの組み合わせで高い効果を発揮する為、入手していないのならスルーでもOK。
防御面を大きく向上させる効果の為、【亜人】の条件があえば誰でも使える点はメリット。
前述したキャラ以外では【波打ち際で一休み】エミリアは防御依存のアタッカーで相性が良い。
序盤はまず火力を優先したいので、リセマラにはやや不向き。

 

暖かい雨の降る日
キャラ性能&個別評価

※レグルス討伐イベントミッション報酬で獲得

最大覚醒時、【エミリア陣営】ならHP30%アップ&【魔法攻撃】の場合、自分が2回行動する度に味方全体のHP10%回復&【亜人】の場合、戦闘不能時に味方全体のHPを25%回復する効果を持つ。
回復能力が高くレグルス討伐イベントを周回する事で最大覚醒出来るお手軽さも魅力。
全ての恩恵を得るには若干条件が厳しく見えるが、意外と汎用性は高め。
味方全体の耐久力アップにも貢献出来る為、必ず入手しておこう。

 

背中合わせの二人
キャラ性能&個別評価

※賑やかな夢幻術師ガチャより排出

最大覚醒時【魔法攻撃】の場合、HP31%アップ&被攻撃時に自身の弱化効果2個解除&戦闘不能時に味方全員の行動ゲージを50%増加出来る記憶結晶。
縛りが攻撃方法である為、汎用性が若干低く効果に関してもキャラスキルで代用可能。
また、効果を発揮するにあたって戦闘不能になる事が条件であるのも若干ネックといえる。
あえて優先して獲得する必要はなく、【賑やかな夢幻術師】シオンを狙った際に獲得出来ればラッキー程度。
【氷華の花嫁】エミリアなら弱化全解除、【忘却の治癒術師】フェリスなら常時弱化1個解除を行えるので弱化解除なら記憶結晶に頼る必要性も少な目。

 

ビクトリー
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時にはクリティカルダメージ30%アップの効果。
クリティカル率が高いキャラorクリティカル確率を底上げするスキルを持つキャラと組み合わせると大きな恩恵を感じられる。
単純に火力を底上げする効果となる為、使い勝手自体は悪くはない。
しかし、確率自体を上げる訳では無いので安定感には欠けるのがネック。
クリティカル確率をどうにかカバー出来れば強力。

 

あの人を守るため
キャラ性能&個別評価

※剣を握る決意ガチャより排出

最大でクリティカルダメージを23%アップ&敵撃破時にHP15%回復出来る効果を持つ記憶結晶。
クリティカル率が高く、クリティカル発動時に自己回復を行える【月下の暗殺者】エルザと相性が良い、
高火力のキャラへ装備させて、味方全体にクリティカル率アップを付与出来る【はんなりお花見】アナスタシア/【信念の剣舞】ユリウスなどを編成するような運用方法もオススメ。
火力も上げられる上に、HP回復も行えるが確率&敵撃破時と正直安定感に欠けるのはネック。
それなら他の上位記憶結晶を狙いたい。

 

誰かを守るために
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

防御力23%アップ&ターン終了時に1ターンの防御バフを獲得出来る記憶結晶。
防御バフを得られる確率に関しては20%とそこまで高くないので【月夜の舞風】ラム/【平穏と研鑽と】ティビーなど、味方への防御バフ持ちがいるのなら優先度も高くはない。
縛り無く防御力アップを行える点は優秀だが、防御力アップだけを求めるなら剣を持つ理由/正気に戻すの方が優秀。

 

鬼族の神童は片方だけ
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時、鬼の場合攻撃力40%アップの効果を持つ記憶結晶。
星3キャラなら【月夜の舞風】ラム/【弾む喜び】レムのいずれかしか恩恵を得られないので汎用性は低め。
しかし、【弾む喜び】レムに関しては事前登録で獲得出来るキャラとなっており組合わせやすい。
攻撃力40%アップの効果は非常に大きく、効果量だけならトップクラス。
条件が厳しいデメリットがあるものの、組み合わせやすいのは魅力。

 

浸ってんじゃねーよ!噛むぞ!
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ虎耳メイドより排出

最大覚醒時【メイド】の場合、素早さが20%上昇&バトル開始時、クールタイムを1ターン減少&被攻撃時、HPを15%回復出来る記憶結晶。
素早さアップの効果量も大きく、クールタイム減少&HP回復も腐らずに使いやすい。
ただ縛りが【メイド】のみとなっており、装備出来るキャラが限られるのが若干ネック。
同時編成されている【虎耳メイド】フェルトは勿論、耐久面に難がある【まどろみの朝】ラムに装備させるのも有り。

 

少し過激に風の魔法が使えるわ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャトロピカルメイドより排出

最大覚醒時【メイド】の場合、HPが31%アップ&味方全体に2ターンの攻撃力強化を付与出来る記憶結晶。
味方全体の火力アップを即時で行える点は非常に強力。
しかし縛りが【メイド】とかなり強く、レムorラムのいずれかしか装備出来ない。
前述したキャラを多く保有しているのなら入手も有りだが、汎用性が低い点はネック。
それなら汎用性の高い記憶結晶を狙った方が効果的。

 

歌って踊れるメイド姉妹
キャラ性能&個別評価

※ショコラータ討伐イベントログインボーナスで獲得

イベント期間中のログインボーナスで獲得出来る星3記憶結晶。
装備者が【メイド】の場合に限り最大で素早さ19%アップ&バトル開始時に100%の確率で行動ゲージ50%増加が発動する効果を持つ。
素早さを底上げする事で行動順を早められる事は勿論、初手で先手を取れる確率が大幅にアップするのはメリット以外の何物でもない。
特に【メイド】は【聖夜の装い】ラム/【聖夜の装い】レム/【月夜の舞風】ラムなど、対応キャラが多いので汎用性が高く使いやすいのも魅力。
ログインするだけで獲得出来る為、忘れずに。
ただ、覚醒する場合にはハッピーバレンタインガチャを引かなければならないので注意。

 

レムのナイスアシスト
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャいざ、パーティへより排出

最大覚醒時【メイド】の場合、防御力40%&被攻撃時、弱化効果を1個解除出来る記憶結晶。
シンプルに防御力を底上げする事に特化しており、また攻撃を受ける度に弱化効果を減らせるので長期戦で活躍出来る効果といえる。
とはいえ【メイド】縛りが若干使い辛く、汎用性は低め。
防御力を上げるだけなら剣を持つ理由/浴場での主従関係/誰かを守るためになどの方が汎用性が高く使い勝手が良い。
同時実装の【いざ、パーティへ】レムと共に獲得するのであればオススメ。

 

ぐしぐし拭いてー!
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ腹ペコ赤ずきんより排出

最大覚醒時【アナスタシア陣営】の場合、クリティカル率20%上昇&弱化成功力30%上昇&バトル開始時に3ターンの弱化成功力強化獲得&クリティカル攻撃発動時、味方全体の行動ゲージを30%増加する効果を持つ記憶結晶。
同時実装された【腹ペコ赤ずきん】ミミと相性が良く、クリティカル率&弱化成功力の強化を行えるので単純に性能強化として便利。
また、クリティカル発動時に行動ゲージ30%増加を獲得出来る為、行動回転率アップ→手数増加に繋がる点は非常に魅力的。
1つ懸念すべきは【アナスタシア陣営】のキャラは型落ち感の強いキャラが多い点。
今後もっと陣営が強化される事を見越すなら入手も有り。

 

確かにこれはリンガの味じゃ
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ白雪の如き大陽姫より排出

最大覚醒時【プリシラ陣営】なら弱化成功力35%アップ&HP25%アップ&ターン獲得時、自身の弱化効果を3個解除&被攻撃時にHP10%回復出来る記憶結晶。
ステータスアップの効果は正直そこまで高くないが、ターン獲得時に弱化効果を3個解除出来るのはかなりの魅力。
弱化効果を複数付与される事で戦闘が長引く事を考えれば時短の意味でも嬉しいポイント。
被攻撃時のHP回復効果は【賑やかな夢幻術師】シオンが持つ味方全体の攻撃強化&クールターム1ターン減少を獲得するトリガーとしても使用可能。

 

末代まで祟るよ?
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時【エミリア陣営】なら素早さ19%アップ&バトル開始時、自身に3ターンの弱化成功力強化を付与出来る記憶結晶。
素早さを上げつつデバフ成功率を底上げ出来る為、デバフ持ちのキャラなら誰でも装備可能。
【エミリア陣営】のみの縛りがあるものの、同時実装の【にーちゃと水遊び】ベアトリスに加え【ハッピーバレンタイン】レム/【聖夜の装い】ラムとキャラが豊富なので編成に困る事が少ない。

 

チョーすごーがんばったー!
キャラ性能&個別評価

※武将さんじょー!ガチャより排出

最大覚醒時は【アナスタシア陣営】の場合、素早さ19%アップ&バトル開始時に自身へ3ターンの弱化成功力強化を付与。
【アナスタシア陣営】しか恩恵を得られず、対象のキャラを確保していないのならスルーでOK。
ただ同時実装されている【武将さんじょー】ミミとの相性が非常に良く、確保済み&最大覚醒を前提としているなら是非とも確保しておきたい。

無課金では記憶結晶の最大覚醒をしにくく、無覚醒だと恩恵はかなり低め
基本的に記憶結晶は最大まで覚醒してなんぼ。
まずは最高レアリティのキャラを複数体仕上げて、戦力にしておくことをオススメする。

 

絵になる皮剥き
キャラ性能&個別評価

※ロズワール邸でクリスマス♪ガチャ-レム-より排出

装備者が【鬼】の場合、最大で素早さを19%アップ&バトル開始時に味方全体へ自動回復を2ターン付与出来る。
【鬼】はレムかラムかしか現時点で存在しないので、いずれかを入手しているのなら獲得も有り。
素早さを底上げする事で行動順が早くなり、戦闘を優位に運べることは間違いない。
さらに自動回復を付与出来るので、同時実装されている【聖夜の装い】レムと組み合わせると回復能力を大きく底上げ可能。
バフ/デバフに関しては味方/敵に付与する事は出来ないが、シンプルにパーティの耐久力を底上げのは魅力の1つ。

 

愛竜との出会い
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時にはエミリア陣営のHPを40%アップ出来る記憶結晶。
若干縛りがあるのはネックだが、HPを大幅に底上げ出来る点は魅力。
HPの多さは単純に耐久値に直結する為、多ければ多いほど良い。
手持ちキャラにエミリア陣営が多ければ耐久力アップを狙って獲得するのも一つの手。

 

セーブポイント更新
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時、騎士の場合攻撃力31%アップ/20%の確率で反撃出来る記憶結晶。
条件が騎士であることが一番の縛りとなっており、正直汎用性だけでいえば低め。
しかし、その効果は大きく条件の合うキャラがいるのなら狙っておいて損はない。

 

銀白の君に花束を
キャラ性能&個別評価

※エミリア誕生日記念ガチャより排出

最大覚醒時にはエミリア陣営の場合HP31%アップ&ターン終了時に3%回復の効果。
条件をクリアすれば最大HPアップ、自動回復の効果を得られるので耐久力の底上げに便利。
とはいえ、3%回復は正直そこまで期待出来るほどの効果ではない。
エミリア陣営は【命懸けのシャマク】スバル/【夕闇の幻想】エミリア/【殺戮の鬼少女】レムと多く、恩恵を得られるキャラが多い点はメリット。
単純に最大HPを底上げしたいなら追憶卿へようこそ、同条件でも愛竜との出会いなどがある。

 

半分食べました♪半年記念だけに
キャラ性能&個別評価

※ハーフアニバーサリーログインボーナスで獲得

期間内のログインで必ず獲得出来る星3記憶結晶。
最大覚醒時には攻撃力23%アップ&攻撃時に50%の確率でクールタイムを1ターン増加させる効果。
シンプルに攻撃力が上がる効果はアタッカーとの相性も良く、腐りにくいので魅力。
さらに相手のクールタイムを高確率で1ターン増やせるのは、アリーナ/高難易度で役立つ効果といえる。
確率は50%と確実ではないものの、強力なスキルを遅延出来ればそれだけ優位に戦闘を行えるのは強み。
星3記憶結晶がタダで、それも攻撃力アップ&追加効果持ちなので忘れずに獲得しておこう。

 

もう、絶対に逃がさない
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

鬼の場合にクリティカル率を最大で40%アップ出来る効果を持つ記憶結晶。
鬼以外に装備させても効果を得られないので、装備出来るキャラは現状かなり縛られる
対象キャラを1人でも確保出来ているのなら獲得するのも視野に入れて良いが、手持ちに1人も鬼が居ないならスルーしてOK。
ただ、同じ縛りで火力アップを狙うのなら鬼族の神童は片方だけの方がオススメ。
最大で攻撃力40%アップを獲得出来る為、安定した火力を手に入れられる。

 

総員、あの馬鹿共に続け!
キャラ性能&個別評価

※竹林の演舞ガチャより排出

最大覚醒時には【クルシュ陣営】の場合HP20%アップ&攻撃力20%アップ&攻撃時にHP10%回復の効果。
攻守を大きく伸ばせる為、クルシュ陣営のアタッカーに装備させるのがオススメ。
10%とはいえ、HP回復が攻撃時に必ず発生するので生存率を大きく上げられる。
さらにHP回復要員も同時に編成しておけば高難易度でも、通用する耐久力を獲得可能。
【クルシュ】陣営のみと縛りが若干キツイものの、【交わす言葉と杯】クルシュ/【竹林の演舞】クルシュなど強力なアタッカーは存在する。
いずれかを確保しているのなら狙ってみるのも有り。

 

スバル様にちょこれいとを
キャラ性能&個別評価

※ショコラータ討伐イベントミッションにて獲得

イベント参加時に獲得出来る勲章の数に応じたミッション報酬で入手出来る星3記憶結晶。
比較的入手難易度が低く、なおかつ最大覚醒までも容易に行える。
効果は最大でクリティカル25%アップとなっており、【月下の暗殺者】エルザ/【お姉ちゃんと】ヘータローなど組み合わせるとキャラ特性を発揮しやすい。
似たような効果として王選候補揃い踏みがあるものの、こちらはガチャ排出の為覚醒難易度が高め。
効果量は30%と上位互換だが、お手軽さだけで言えば間違いなくこちらの方が上。
クリティカル発生率はシンプルに火力アップにも繋がる為、入手しておいて損はない。

 

精霊の去る時間
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時、エミリア陣営の場合HP31%アップ/戦闘開始時に自身へ抵抗を1ターン100%付与可能。
抵抗を1ターンでも獲得出来るのは大きいが、効果は自身のみと範囲が狭いのがネック。
その為、シンプルに愛竜との出会いで同条件でHP最大40%アップを狙った方がオススメ。
優先度は正直そこまで高くはない。

 

正気に戻す策
キャラ性能&個別評価

※ウルガルム討伐イベントにて獲得

防御力を最大で25%アップしてくれる記憶結晶。
イベントで獲得出来る上、育成もしやすいのでイベント中に必ず獲得しておきたい。
単純な性能では剣を持つ理由の方が上だが、育成難易度はこちらの方が簡単。
効果を得る為の縛りもなく、誰であっても防御力アップを狙える点は嬉しい。

 

初の強制イベント発生!?
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時に弱化成功率が50%アップする効果を持つ。
デバフ/状態異常の成功率が大きく底上げされる為、装備させるキャラによっては戦闘を優位に運べる。
手持ちキャラにデバフ/状態異常を付与するスキル持ちが居ない場合には使えない点がネック。
序盤よりも高難易度で輝くタイプなので、先を見越して獲得しておくのも有り。

 

お姉ちゃん、一緒に乗ろ?
キャラ性能&個別評価

※【精霊使いの真髄】エミリア獲得イベントにて獲得

最大育成時には装備キャラの縛りなく、弱化成功率が45%アップする強力な記憶結晶。
凍結/継続ダメージ/気絶/ステータスデバフ各種の追加効果を持つキャラなら装備させるだけで戦闘を優位に運べる。
攻撃力/防御力の重要性はさることながら、高難易度になるほど状態異常も重要。
特にイベントで獲得が出来る上に最大まで覚醒が出来るこの記憶結晶は必須級。
期間内にイベントを周回するだけで獲得出来る為、確実に入手しておきたい。

 

男の子は色々たいへん
キャラ性能&個別評価

※ロズワール邸でクリスマス♪ガチャ-ラム-より排出

メイドの場合HPが最大で31%アップ&ターン終了時に20%の確率で味方全体に行動ゲージ30%アップを付与出来る記憶結晶。
メイドはラム/レム/フレデリカ/ペトラの4体しかいないので、メインキャラとして編成しているのなら獲得も有り。
特に同時実装されている【聖夜の装い】ラムに関しては敵の行動制限を付与するスキルを豊富に持つ為、味方に行動ゲージアップを付与出来るこの記憶結晶との相性は抜群。
メイドのみしか恩恵を得られない分、優先度は下がるものの20%の確率で行動回数を底上げ出来る点は魅力。
あとは手持ちのキャラと相談して獲得するかどうかを決めるようにしたい。

 

俺は、お前が大嫌いだ
キャラ性能&個別評価

※花は桜木、人は騎士ガチャより排出

アナスタシア陣営の場合、防御力を最大で31%アップ&被ダメージ時に100%の確率でHP10%回復の効果。
同時実装された【花は桜木、人は騎士】ユリウスは耐久力が低いながらも、かばう効果持ち。
その為、この記憶結晶を装備させる事で弱点のカバーが可能。
アナスタシア陣営を対象としているのでヘイトアップ能力を持つ【強靭な獣戦士】リカードとの相性も良い。
前述した2体と非常に相性が良く、確保しているのなら狙うのも有り。

 

フェルト様に午後のお茶を
キャラ性能&個別評価

※亡者ペテルギウス討伐イベントミッションにて獲得

最大育成時には防御力19%アップ&敵が行動ゲージ増加を行った場合にHP10%回復の効果。
耐久力の高い味方や、かばう/挑発持ちのキャラに装備させる事で打たれ強さを大幅に強化出来るのがポイント。
さらにイベントで最大まで覚醒が出来るなど、ガチャを回さなくても良いのも魅力。
効果を得るにあたって、陣営の縛りなども無いので使いやすく便利。
イベント周回で獲得出来る為、忘れずに入手しておこう。

 

本を読み知恵をつけよ
キャラ性能&個別評価

※鎧武者討伐イベントミッションにて獲得

イベントで獲得出来る星3記憶結晶。
最大覚醒時には【物理攻撃】の場合、防御力19%アップ&バトル開始時、味方全体に1ターンの自動回復を付与出来る効果を持つ。
【物理攻撃】キャラは多く、さらにアタッカーが多め。
その為、防御面に難がある部分をこの記憶結晶で簡単に補う事が出来る。
防御力は勿論、1ターンだけでも体力を回復出来るのはメリット以外の何物でもない。
イベント周回で最大まで覚醒出来る為、下手にガチャ産の星3記憶結晶を狙うよりもオススメ。
特に無課金は記憶結晶の最大覚醒には時間が掛かるので、必ず獲得しておこう。

 

わっかりやすいんだからー
キャラ性能&個別評価

※新登場クルシュピックアップガチャより排出

クルシュ陣営のキャラが装備する場合、弱化成功率を最大で48%アップ&攻撃時20%の確率で敵単体に攻撃減少を付与出来る記憶結晶。
ただ、初の強制イベント発生!?/お姉ちゃん、一緒に乗ろ?は同様の効果でキャラ縛りが無い。
最大まで覚醒した場合には攻撃減少を付与出来るが、その手間を考えると前述した記憶結晶で十分代用可能。
特にお姉ちゃん、一緒に乗ろ?に関してはイベント配布となっており、イベント中に最大覚醒が出来るのも魅力。
ガチャで4回引くのも多くの人は厳しい為、前述した2つを既に獲得しているのならスルーでOK。

 

一杯付き合わないか
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

クルシュ陣営の場合、防御力が31%アップ&攻撃時に20%の確率で敵1体に気絶付与が出来る。
気絶効果を付与する事で敵の行動を制限出来るので、使い勝手自体は悪くはない。
しかし最大まで覚醒しなければ気絶付与の効果を獲得出来ないので覚醒する余裕がないなら剣を持つ理由/正気に戻す策とそこまで性能に差が無い。
むしろ縛りが無い分、剣を持つ理由/正気に戻す策の方が使い勝手が良いといえる。

 

パックとは相思相愛!?
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

エミリア陣営のキャラが装備する場合に限り、弱化耐性が最大60%上昇する記憶結晶。
通常のクエストや育成ダンジョンではそこまで重要な部分ではないが、対人戦では非常に重要な効果といえる。
凍結/継続ダメージ/気絶などの状態異常は、一気に戦況を変えられるほど強力。
その為、状態異常の確率を下げるだけで勝率を上げられる。
勿論、状態異常を豊富に使って来るイベントクエスト等でも有効なので狙っておいて損はない。
ただしエミリア陣営のみと縛りがある点は忘れずに。

 

初めてのおせち
キャラ性能&個別評価

※【遊戯迎春】フェルト獲得イベントより獲得

最大で45%弱化耐性をアップ出来る記憶結晶。
イベントで獲得出来る上、最大まで覚醒出来るので必ず入手しておきたい。
高難易度になるほど敵のデバフに悩まされる場面が増える為、こうした耐性アップの記憶結晶は必須。
パックとは相思相愛!?はエミリア陣営縛りで60%、これからは姉様の代わりには縛り無しで50%と効果量はガチャ排出される記憶結晶に劣るもののイベントで獲得出来るのなら十分。
さらにガチャの手間なく最大覚醒が行えるのも有難い。
必ず獲得しておきたい1枚といえる。

 

恐怖の匂い
キャラ性能&個別評価

※月下の暗殺者ガチャより排出

最大覚醒時にクリティカルダメージ23%アップ&ターン終了時20%の確率で2ターンの素早さバフを得られる記憶結晶。
同時実装されている【月下の暗殺者】エルザはクリティカル確率アップを自身で付与出来る為、火力の底上げとして噛み合う効果といえる。
素早さバフも確実ではないが、戦闘を優位に運ぶうえで非常に優秀。
火力だけを求めるのならビクトリーの方が効果は上。
素早さバフもターン終了時にしか発動せず、先攻の可能性を上げる意味では微妙。
元々高い素早さを持つキャラの後押しとしてオマケ程度で考えておきたい。

 

飾り付けしゅーりょー!
キャラ性能&個別評価

※プリシラ獲得イベントにて獲得

イベントで獲得出来る星3記憶結晶。
最大で防御力が19%アップ&攻撃時に20%の確率で強化効果を1個解除出来る効果を持つ。
防御力アップだけを見るのであれば剣を持つ理由/正気に戻す策の方が効果は上。
それに、強化効果の解除に関しても記憶結晶に頼るより【聖夜の誓い】エミリアなどを頼った方が確実性が高い。
ただイベントで獲得&最大覚醒が出来る為、ガチャで記憶結晶を獲得していない場合には便利。

 

これからは姉様の代わりに
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時、弱化耐性を50%アップ出来る記憶結晶。
デバフ能力を豊富に使用してくる敵への対策としては非常に優秀な効果を持つ。
とはいえ、トップ層の記憶結晶に比べると恩恵を感じられるまでに時間がかかるので後回しでもOK。
優先すべきは汎用性が高く、どんな場所でも使えるものが良い。

 

にーちゃとの蜜月
キャラ性能&個別評価

※イベント特効ガチャより排出

魔法攻撃の場合、防御力31%アップ&ターン開始時に自身へ20%の確率で抵抗を獲得する効果。
防御力を大幅に底上げ出来、状態異常への対策を毎ターン獲得出来るのは強み。
ただ縛りが魔法攻撃のみと強く、汎用性が若干低い点がネック。
【お気に入りの仮装】ベアトリス/【夕闇の幻想】エミリア/【陰魔法の熟練者】べアトリスが手持ちにいるのなら獲得しておくのも有り。
高難易度では火力&状態異常が厄介なので、両方をカバー出来るこの記憶結晶は上を目指すなら狙いたい。

 

王様なんざごめんだ!
キャラ性能&個別評価

※【剣客迎春】ガチャより排出

フェルト陣営の場合、クリティカル率31%アップ&クリティカル発動時に10%の確率で再度ターンを獲得する記憶結晶。
単純に火力アップを見込めるクリティカル率増加は有難いが、再度ターンを獲得する条件がかなりシビア
クリティカル発生した上でさらに10%の確率となる為、効果を得られればラッキー程度で考えておきたい。
再度ターンを獲得した時はシンプルに火力2倍となるメリットは大きいが、過度の期待は禁物。
フェルト陣営はキャラも少なく、やや使い勝手に欠ける点もネック。
【剣客・迎春】ラインハルト/【剣聖の助力】ラインハルト/【王都を駆ける】フェルト等をメインに使っているのなら狙うのも有りだが、それ以外なら汎用性も低いのでスルーしてOK。

 

ついに光明が見えた!
キャラ性能&個別評価

最大覚醒時には魔法攻撃の場合、防御力31%アップ/戦闘開始時に1ターン味方全体に自動回復付与の効果。
パーティの耐久力を大きく底上げ出来る優秀な効果となっており、効果自体は優秀。
しかし、自動回復は1ターンである上に魔法攻撃の場合と縛りが面倒な点がネック。
あえて狙う必要性は薄く、メリットも少ないのでスルーでもOK。

 

雪祭り、お疲れ様でした!
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ強欲なクリスマスより排出

最大覚醒時【クリスマス】の場合、攻撃力が30%上昇&被攻撃時に自身の弱化効果を1個解除&味方が戦闘不能になった時、自身の行動ゲージを80%増加する効果を持った記憶結晶。
記憶結晶の効果を受ける為の条件が【クリスマス】縛りとなっており、汎用性はかなり低め。
【クリスマス】キャラを保有していない場合には当然狙う必要は無し。
ただ攻撃力30%上昇効果はかなり強力で、火力を出したい場合にはオススメ。
同時実装されている【強欲なクリスマス】エキドナを獲得しているなら同時獲得を狙いたい。

 

すごい!ウサギになったよ!
キャラ性能&個別評価

※シーズンガチャ村の演奏会より排出

最大覚醒時【クリスマス】の場合、素早さが19%上昇&バトル開始時行動ゲージ80%増加&ターン獲得時に味方全体へ防御強化を付与出来る記憶結晶。
【クリスマス】キャラの行動順を大きく上げられる為、ターン獲得回数でパッシブが発動する【村の演奏会】ペトラと合わせて運用するのがオススメ。
縛り条件が厳しく汎用性が低い点はネックだが、噛み合うキャラに装備させた際のシナジー効果は大きい。
【クリスマス】キャラが手持ちにいないのなら当然スルーでOK。

 

気に入ったぞ。褒美を取らす
キャラ性能&個別評価

※ハロウィンペテルギウス討伐イベントミッション報酬で獲得

最大覚醒時【亜人】の場合に素早さ18%アップ&【アナスタシア陣営】の場合ターン終了時に弱化効果を1個解除&【ハロウィン】の場合クリティカル攻撃発動時に味方全体に防御強化を発動出来る記憶結晶。
素早さアップ&弱化解除&全体防御強化と優れた効果を持つものの、縛りが強く特定のキャラ以外では装備させてもどれかが効果を得られなくなってしまう可能性の方が大きい
イベント周回する事で獲得&最大覚醒を行える為、獲得は必須だが使い道に困るのが本音。
特に【ハロウィン】縛りが限定的なのが一番のネック。

 

包丁使いはまるでダメ
キャラ性能&個別評価

※新登場フレデリカピックアップガチャより排出

メイドキャラのHPを31%アップ&被ダメージ時に20%の確率で100%威力で反撃が出来る効果を持つ。
メイドキャラ自体数が少なく、星3キャラでは【月夜の舞風】ラム/【殺戮の鬼少女】レム/【弾む喜び】レムのみ。
反撃自体に火力を求めるのであればラム/【殺戮の鬼少女】レムに装備させたいが、限定なので現時点で入手不可。
火力面に特化した常設メイドキャラがいない時点で正直狙う必要性は薄い。
それよりも敵の攻撃時にもダメージを与えられる点は魅力だが、正直その威力に期待出来ない点はネック。
事前踏力報酬で【弾む喜び】レムを獲得出来るが、装備させる事で大きく変わるほどの効果は得られない。

 

いい夢を、クルシュ様
キャラ性能&個別評価

※ペテルギウス討伐イベントにて獲得可能

イベント参加で獲得出来る勲章の数で獲得出来る記憶結晶。
獲得は非常に容易く、さらにイベント参加だけで次第覚醒まで行えるので入手は必須。
キャラ縛りなく最大でHPを25%アップ出来る効果の為、耐久力を上げたいキャラへオススメ。
効果としては追憶卿へようこその下位互換となっており、HPアップ+αでの効果が多い中ではやや見劣りする。
とはいえ、縛り無く装備出来る汎用性の高さは持っていて損はないので必ず獲得しておこう。

 

総合評価

優先すべきは条件/縛りなく高い効果を得られる記憶結晶です。
縛りが強いものや、装備キャラを選ぶような記憶結晶は使いにくいので狙うのはやめましょう。
仮に獲得したとしても、装備したキャラと噛み合わなければ意味もありません。
その為、始めた段階では攻守を手早く底上げ出来るような記憶結晶を選択するのがオススメといえます。
ただ、記憶結晶よりも先ずは星3キャラを確保するのが最優先である事は忘れずに。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

心理の迷宮キャラランキング

※現在1キャラなので順位無し。

【騎士の中の騎士】ラインハルト
キャラ性能&個別評価

※心想の迷宮10階クリアでキャラ交換可能

全40階ある心想の迷宮をクリアしていくことで育成出来るキャラ。
初期段階では星1となっており、クリア報酬である専用の育成アイテムを使用する事で星5まで育成可能。

入手/育成過程はさておき、キャラ性能はリーダースキルで縛り無しの味方全体攻撃30%アップ、スキル1は攻撃&素早さデバフ/スキル2はバトル開始時に防御アップのパッシブ/スキル3は敵単体に防御無視攻撃&バフ全解除&自身に防御バフを獲得となっており、攻守共に高め。
特にスキル3は全ての防御バフを無視してダメージを与えられる為、常時一定以上の火力を発揮出来る。
ただし、待機クールタイムが4もあるので回転率が悪く使い辛い。

また、専用の記憶結晶を装備させる事で攻撃/防御/支援タイプに特化させることも可能
最大育成&最大覚醒した記憶結晶の組み合わせで強力なキャラになるが、それまでの過程が手間。
心想の迷宮自体も進むにつれて編成による縛りがある上、特定のキャラを編成しなければならないミッションもある。
その為、手持ちに指定キャラがいない場合にはミッションクリアが出来ず育成もストップ。
ガチャを回してキャラを獲得する前提のコンテンツとなっており、無課金の人に最大育成は厳しい

とはいえ心想の迷宮自体は期限もなく常設。
そしてこのキャラがいなければクエスト/イベント/アリーナで困るという事も無いので長い目で攻略を進めればOK。(これ以上のキャラもそのうち出るでしょうし…。)

単品だと【花は桜木、人は騎士】ユリウスの下辺りの性能だが、専用の記憶結晶込みで考えるとトップクラスの性能。

 

 

心理の迷宮記憶結晶ランキング

1位:『剣聖』の憂慮(迷宮・支)
キャラ性能&個別評価

※迷宮メダル交換所で交換可能

最大覚醒時には防御力20%アップ&素早さ20%アップ&3回行動毎に味方全体の弱化効果を2個解除&攻撃時に味方全体のHP5%回復/行動ゲージ20%アップ&ターン終了時に味方全体のクールタイム1ターン減少/味方全体に防御力強化を付与出来る。
味方全体にへの恩恵が非常に大きく、高難易度でも役立つ効果といえる。
【騎士の中の騎士】ラインハルトを育成して、行動順を早めれば早める程バフの回転率も高まる。
パーティの安定感を求めるのなら間違いなくオススメ。
とはいえ、前述したキャラ以外は装備不可なので注意。

 

2位:『剣聖』の降臨(迷宮・防)
キャラ性能&個別評価

※迷宮メダル交換所で交換可能

最大覚醒時にはHP20%アップ&弱化耐性20%アップ&3回行動毎に1ターンのかばう獲得&被ダメージ時にHP10%回復/弱化効果1個解除&バトル開始時に1ターンのかばう獲得/1ターンの抵抗を獲得。
防御能力を大幅に底上げ出来る記憶結晶となっており、高難易度のイベント等で重宝する。
装備出来る【騎士の中の騎士】ラインハルトも防御バフを豊富に持つ為、壁役としても高性能。
非常に強力な効果を持つ為、どんな状況でも使いやすい記憶結晶といえる。
マイナスな点は前述したキャラしか装備出来ないところ。

 

3位:『剣聖』の一閃(迷宮・攻)
キャラ性能&個別評価

※迷宮メダル交換所で交換可能

最大覚醒時には攻撃力20%アップ&素早さ20%アップ&3回行動毎に攻撃強化&バトル開始時素早さ強化/クリティカル率強化&敵撃破時ターン獲得/クールタイム1減少の効果を獲得。
ただ、この効果は全て【騎士の中の騎士】ラインハルトしか受けられないので専用の記憶結晶といえる。
攻撃面を大きく強化してくれる為、装備させるだけで火力/DPS増加するのが魅力。
ステージに応じて『剣聖』の降臨(迷宮・防)/『剣聖』の憂慮(迷宮・支)と使い分けての運用がオススメ。
他キャラに装備しても効果は得られないので、汎用性は最低ランク。

 

  • 名前:Re:ゼロから始める異世界生活 リゼロス Lost in Memories 本格アドベンチャーRPG
  • 会社:SEGA CORPORATION
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 

 



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。