【カウンターサイド(カウサイ)】リセマラ当たり最強SSR星6キャラランキング

ホーム /  当たりランキング / 【カウンターサイド(カウサイ)】リセマラ当たり最強SSR星6キャラランキング

【カウンターサイド(カウサイ)】リセマラ当たり最強SSR星6キャラランキング

「カウンターサイド(カウサイ)」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめSSR星6キャラをランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!




 

 

最強SSRキャラランキング

 

1位:ヒルデ:タイプジークフリート
キャラ性能&個別評価

※機密採用より排出

出撃コストは6と高めだが、防御力が非常に高くクエスト/対人の両方で活躍。
スキルではノックバック、バリア展開、被ダメージ減少、デバフ免疫など防御面に直結する優れた効果を豊富に持つ。
火力自体は控えめではあるものの、前線を1人で耐えうるその防御能力は魅力的。
場に出せば戦況を変えられる性能と言っても過言ではないので、是非とも獲得しておきたい。
ただ唯一の懸念は機密採用という特別なガチャからの排出ということ。
管理局記念コインor機密採用契約書のいずれかでしか回す事が出来ず、無課金には厳しめ
課金を考えているのなら機密採用が実装されている間に済ませて狙う事をオススメ。

 

2位:ホシノ・ウサギ
キャラ性能&個別評価

特殊スキルで味方全体にHP依存のバリア&スキルチャージ速度アップ、究極スキルで味方全体の攻撃力アップ&敵のスキルチャージ速度ダウンを付与出来るサポーター。
攻守の底上げを1人で行いつつ、敵の行動遅延も兼ねる優れた性能を誇る。
火力面にはそこまで期待は出来ないが、このキャラが場に出ているかどうかで戦闘難易度が大きく違って来るのは間違いない。
加えてどんなキャラとも相性が良く編成に困らない点も高評価。
ユキ/七原千冬/アオイ・シズカといった高火力の範囲アタッカーと噛み合いやすく、リセマラを行うのであれば優先的に狙う事をオススメ。

 

3位:ユキ
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃を豊富に持つレンジャータイプのキャラ。
殲滅力が高く、シンプルに雑魚処理を行う場合に便利な火力枠。
また、攻撃スキルの追加効果で攻撃速度ダウン/スタンといった行動制限も付与可能。
敵からの被ダメージを軽減する事にも貢献出来るので対人戦での活躍も見込める。
使いやすく、序盤から長期間パーティへ貢献してくれる優秀な性能を誇る。
こうした範囲攻撃持ちはどんな状況であっても腐りにくく、迷った場合にオススメ。

 

 

4位:七原千冬
キャラ性能&個別評価

範囲攻撃&自身への攻撃/速度バフを豊富に持つストライカー。
殲滅力が高く、雑魚処理は勿論単体アタッカーとしても高性能。
そのうえ防御デバフ/スタンも付与出来る為、対人戦での活躍も見込める。
また、自身が得られる攻撃力バフは最大15%と控えめだが効果時間は永続と安定感が高い。
常時高火力を発揮してくれるので、長期戦でも安定して運用可能。

 

5位:アオイ・シズカ
キャラ性能&個別評価

戦場出撃時、味方全体に10秒間の攻撃力バフを付与可能。
その為、初っ端に出すよりもキャラをある程度配置した後に出すのがオススメ。
パーティへの貢献度は高く、タイミング良く出せば一気に押し切る事も可能。
さらに自身も範囲アタッカーとして優れたスキルを持っており、攻撃力も高め
出撃タイミングが左右されるパッシブ効果を持っている為、自由度が少ない事が欠点。
ただし噛み合う大量の味方を出撃出来るレイドなどでは非常に強力な能力といえる。

 

6位:ロザリア・ル・フリーデ
キャラ性能&個別評価

攻撃力に特化したレンジャータイプのキャラ。
また空中からの攻撃を行えるので地上メインのキャラを封殺出来る場合もある点はメリット。
スキル威力はどれも高く、敵撃破時に攻撃力アップ(最大15%)も獲得可能。
攻撃手段も範囲攻撃を豊富に持つ為、殲滅力の高さも大きな魅力の1つ。
全体的に優れた性能の火力枠だが、対空中特化のスナイパーが相手の場合には注意。
攻撃力が高い反面、耐久力は低く高火力攻撃によって落とされやすい
その点さえ注意すれば火力面で大いに役立つタイプ。

 

7位:シグマ
キャラ性能&個別評価

特筆すべきはパッシブスキルによる相性ダメージ減少効果
自身には作用しないが、他の味方全員に対して効果があるので相性差をある程度カバー出来るのがポイント。
他にも出撃資源を1回復など、場を温める際に便利なスキルを保有。
ただし前述した効果の影響で自己回復が出来ない&スキル発動時に自傷ダメージといったマイナス効果を背負わなければならない点がネック。
低耐久である事を除けば優秀なので、壁役や強力な前衛と同時に編成するのがオススメ。

 

8位:シャオリン
キャラ性能&個別評価

単体/遠距離攻撃に特化したスナイパータイプのキャラ。
敵との距離に応じて攻撃力が最大20%増加するパッシブを持っており、運用する場合には前方に壁役を置いて常に距離を離せるようにサポートするのが定石。
攻撃力だけでいえばトップクラスの性能となっており、高耐久の単体ボスなどへの対策として非常に噛み合う性能となっている。
雑魚処理/味方への貢献度は低いものの、確実に処理出来る火力は大きな魅力といえる。
序盤ではまだしも、後半に向けて同時に壁役キャラの育成はしておきたい。

 

9位:カイル・ウォン
キャラ性能&個別評価

レンジャーの中でも高い火力を誇り、通常攻撃時に得られるバフ効果で安定した火力を出せるのがポイント。
また前方に防壁を出現させてデコイ役としても運用出来る他、防壁出現時にダメージを与えた敵へはスタンを付与出来るなど行動制限も行える。
火力面だけでなくジャマー要素も保有しており、被ダメージ軽減にも貢献。
攻守に優れたキャラでパーティの生存率も底上げ出来るなど、便利タイプのキャラ。

 

10位:アイン&ツヴァイ
キャラ性能&個別評価

2体で1つのユニットとなっており、カウンタータイプのストライカー。
コスト2の中では非常に高いステータスとなっており、2体が戦場にいる場合は被ダメージ減少効果を常時獲得出来るなど耐久力も高め。
さらに常時スキルが2回発動出来、究極スキル使用時には範囲攻撃&無敵を獲得。
2体でいる場合にのみ真価を発揮出来るタイプなので、どちらかが戦闘不能にならないような立ち回りを心掛けたい。
コストパフォーマンスが良いキャラなのでオススメ。

 

11位:七原千夏
キャラ性能&個別評価

出撃時に味方全体の被ダメージ減少率を増加、範囲回復が可能なサポーター。
それだけでなく、攻撃力は低いものの範囲攻撃も豊富に保有
また究極スキルでは自身以外の味方全員を回復&範囲攻撃→ダメージを受けた敵に対しては攻撃速度ダウンの効果も付与出来るなど、被ダメージ軽減能力も高め。
とはいえ、サポート能力をメインに狙うのであればホシノ・ウサギの方がオススメ。

 

12位:ヒメノ・ユイ
キャラ性能&個別評価

味方の攻撃速度を底上げするパッシブ効果を持ち、パーティのDPSを高められるキャラ。
火力アップの要素は少ないものの、特殊スキル効果で自身の分身を2体召喚可能。
2体の分身は自身のステータスの70%を引き継いでおり、12秒毎に特殊スキル扱いの攻撃を行う。
単純に攻撃人数を増やす事は勿論、囮としての運用も行えるので状況次第では便利。
味方への貢献度も割と高く、さらに分身効果で戦術の幅も広くなるのは高評価。
とはいえ、やはりサポート能力の高さでは上位キャラに一歩劣る。

 

13位:管理局剣兵×2
キャラ性能&個別評価

このキャラは2体で1つのユニットのストライカー。
片方が戦闘不能時には残りがHP全回復&攻撃/回避が大幅にアップするバフを獲得する。
その為、場持ちしやすく長く前線に留まってくれるので回避壁として便利。
ただし通常攻撃以外は全てパッシブとなっており、攻撃手段は通常攻撃のみ
範囲攻撃な点は救いだが、それなら上位キャラを先に獲得した方が効率的。
パッシブ効果による攻撃/回避能力は高いがあくまでも自己バフ。
上位サポーターと比べてもパーティへの貢献度にいまいち劣る。

 

14位:ターミネーター×2
キャラ性能&個別評価

2体で1つのユニットとなっているストライカー。
ディフェンダーに対して高火力を発揮出来るパッシブを持っており、またHPが低いほどに防御力アップの効果を獲得出来る。
さらに防御ダウンも付与出来たりと防御力の高いディフェンダー対策に便利。
ディフェンダーの処理役としても、サブタンクとしても高い性能を発揮出来る点は優秀。
とはいえ、パッシブ効果による恩恵が少なく優先度は低め。
あえて上位キャラを差し置いて入手する必要はない。

 

15位:ジェーン・ドウ
キャラ性能&個別評価

回避能力が高く、出撃時から14秒後に回避100%アップの効果を獲得。
さらに通常攻撃を2回行う事で範囲攻撃、特殊スキルにおいても範囲攻撃を行えるなど前線に立ちながらも雑魚処理を行える点が高評価。
上位キャラを差し置いて入手するほどではないが、前に立たせて回避盾として囮に出来るのは便利。
火力自体も割と高く、攻守共に安定した性能といえる。
防御力がかなり低く設定されているので万が一の為に備えてヒーラーの編成は必須。

 

16位:カリン・ウォン
キャラ性能&個別評価

空中ユニットを優先して攻撃するスナイパータイプ。
ただし現時点で空中ユニットが少なく、活躍の場が少ないので優先度は低め。
4メートル以上離れている相手には与ダメージ50%&範囲攻撃、前進する防壁を召喚してノックバックなど敵との距離を取りやすく安定した火力を発揮出来るのがポイント。
今後空中ユニットが増える事で活躍の場が広がり、優先度も高くなるが現時点ではこのランク。
現時点でこのキャラをあえて優先する理由は少なく、他のスナイパーで十分。

 

17位:速水早苗
キャラ性能&個別評価

攻撃力の高いスナイパータイプのキャラ。
シージユニットに対して攻撃力アップの効果を自身/味方に付与可能。
シージユニットはボスに対して突撃する性質を持っており、早い段階で処理出来るのは魅力。
さらにノックバック効果/範囲攻撃&攻撃速度デバフを付与して被ダメージ軽減にも貢献。
攻撃力の高さだけでいえばトップクラスのスナイパーだが、それなら最高火力のシャオリンを狙った方が効率的。
弱くは無いが上位互換がいる時点で優先度は下がる。

 

18位:タイタン
キャラ性能&個別評価

コスト6と高い反面、ステータスも高水準のストライカーキャラ。
攻撃面では範囲攻撃を豊富に持ち、味方が戦闘不能になる度に獲得出来る防御バフを保有。
その為、長期戦になるほど高耐久になって生存率が高くなるのがポイント。
一度出してしまえば対人戦でも十分活躍出来る性能となっており、問題はコストの高さのみ。
高いコストのせいで序盤での配置は難しく、どうしても高難易度/長期戦向けとなってしまう。
出せば強力だが出すまでが問題。

 

19位:マリア・アントノフ
キャラ性能&個別評価

出撃時に移動しない事を条件に味方全体に攻撃力バフを付与出来るタワータイプ。
早い段階で出撃させてると落とされかねないので、持ちキャラで場が温まった際に出すと高い効果を発揮してくれる。
また範囲攻撃/メカニック部隊の召喚を行えるなど複数の敵相手にも対応可能。
移動しなければ永続的に攻撃力バフが発動される為、移動せずとも成り立つ編成/配置を心掛けるのがポイント。
後半になり敵が強力になるにつれて条件クリアが厳しくなる

 

20位:マエカワ・ナツミ
キャラ性能&個別評価

戦場のどこにでも出撃可能なレンジャータイプのキャラ。
ソルジャータイプに対してのみ被ダメージ軽減&攻撃力アップのバフを付与可能。
その為、編成次第ではパーティの戦闘能力を大幅に底上げ出来る。
また自身はスナイパータイプのキャラに対してダメージアップ効果のパッシブを保有しており、対人戦などではスナイパーキラーとして運用するのも有り。
真価を発揮する為には編成に気を付けなければならないので、若干優先度は低め。
ハマった時に強いタイプといえる。

 

21位:エリザベス・ペンドラゴン
キャラ性能&個別評価

自由な場所に出撃させられる為、早い段階でスナイパー/シージの処理が可能。
火力も高めに設定されており、手動操作で配置を決めるのであれば戦闘を優位に展開出来る。
攻撃手段も範囲攻撃が多く、さらに被ダメージ減少率増加/スタンといった追加効果も保有。
レンジャーなら上位キャラの方が使いやすく便利だが、自由な場所に出撃出来る特性がある以上オート運用との相性が悪い
手動なら非常に便利且つ優秀。

 

22位:アキヤマ・シノン
キャラ性能&個別評価

反撃能力に特化したストライカータイプのキャラ。
3回攻撃を行う度に反撃姿勢を取り、基本攻撃に対して範囲ダメージで反撃
反撃が発動しなければ回避アップを獲得するなど、敵の攻撃に左右される性能といえる。
攻守の底上げを自身で行いつつ、暗闇/スタンといった状態異常の付与は優秀だが上位キャラに食い込む性能とは言い辛い。
対人戦でなら反撃も出やすく、高い殲滅力を発揮出来るのでオススメ。

 

23位:オルカ
キャラ性能&個別評価

敵撃破時にHP回復&攻撃力アップを獲得出来るストライカー。
育成を進める事で回復量/火力も上がり前線での活躍を見込める点は魅力的。
さらに貫通攻撃も持ち合わせており、火力が高ければまとめて敵を殲滅する事も可能。
敵の撃破時にしか回復&バフを得られないので対人戦での活躍は正直厳しい
それ以外での運用なら十分通用するので、対人戦以外の場で活躍させたい。

 

24位:ストロングホールド×2
キャラ性能&個別評価

2体で1つとなるディフェンダータイプのキャラ。
ヘイトアップ/防御バフ/片方が戦闘不能になると味方全体の被ダメージ減少率増加効果を付与出来るなど、防御能力の高さがポイント。
攻撃時にヘイトを上げられる為、オート運用でも自動でタンクとして活躍。
回復能力持ちのキャラと組み合わせる事で生存率が上がるのでオススメ。
コストも低く、1回の出撃で2体出てくるなどコスパが良い点も魅力。
最優先ではないが獲得出来れば便利なタイプ。

 

25位:エステロサ・ド・シュヴァリエ
キャラ性能&個別評価

高いHPを誇るストライカー。
さらに出撃時にはバリア展開特殊スキルによる範囲攻撃時には被ダメージダウンの効果を獲得出来るので前線で壁役として運用するのがオススメ。
ただしバリアが破壊されてしまうと、再度出撃しない事にはバリア展開が出来ない点には注意。
ヒーラーとの編成でより高い生存率を発揮してくれるので、出来れば同時獲得を狙いたい。
とはいえ、バリア/バフ効果は自身のみとなっておりパーティへの恩恵は低め
最優先で獲得するのならやはり上位キャラの方がオススメ。

 

26位:カスカベ・ユミ
キャラ性能&個別評価

回避能力が高いディフェンダータイプのキャラ。
出撃直後から回避アップを獲得し、特殊スキル効果で範囲攻撃と同時に命中ダウン&ヘイトアップを付与出来る。
究極スキルの効果も範囲攻撃&回避アップとなっており、回避盾として運用可能。
得られる回避アップの効果量も共に50%と非常に大きく、性能は回避特化。
クエスト等では活躍を見込める性能といえるが、対人戦で命中率重視の高火力パーティを相手にするのであれば耐久面が不安材料
思った以上に柔く溶かされやすく壁役としての性能を発揮し辛い。
弱い訳ではないが、トップ層のキャラに比べると最優先での確保とは言えないタイプ。

 

27位:ルミ
キャラ性能&個別評価

シージタイプのキャラ。
その為、運用場所は対人戦がメインとなっておりそれ以外での性能は並み。
優先してボスを狙う上に範囲攻撃を豊富に持ち合わせており、ボス前への移動スキルも保有
また究極スキルではモンスタートラックを召喚してボスまで突撃するなど、雑魚を全て無視出来る点が大きな魅力。
対人戦では高い能力を発揮するものの、それ以外での恩恵が少ない点はネック。
刺さる場所で使えば優秀なタイプ。

 

28位:ジョン・メイソン
キャラ性能&個別評価

レンジャータイプのキャラで浸食体の召喚、スキル封印、メカニックタイプ全員の攻撃力10%アップなど非常にピーキーな性能を持つ。
メイン運用は対人戦となっており、特にスキル封印の効果が強力かつ優秀。
敵のスキル封印を行えばそれだけで戦況が優位に傾くことは間違いない。
またメカニックタイプであるタイタンなども攻撃力アップの恩恵を獲得出来るので編成するのであればオススメ。
全てが噛み合うような編成が出来るのであれば強いが、優先度はそこまで高くはない。

 

総合評価

まず最初に狙いたいのは汎用性が高く、どんな編成にも組み込めるようなキャラがオススメです。
味方へのバフ/回復などを行えるサポートキャラは編成しやすく、パーティの強化を行えるので最初に狙っておくのもありでしょう。
また火力を重視するのであれば範囲攻撃を行えるようなキャラがおすすめです。
雑魚処理能力が高くなり、戦闘時間の短縮が出来るので時短にも繋ります。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

  • 名前:カウンターサイド
  • 会社:NEXON Company
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 

 



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。