【まおりゅう】リセマラ当たり最強星5キャラランキング【スラテン】

ホーム /  当たりランキング / 【まおりゅう】リセマラ当たり最強星5キャラランキング【スラテン】

【まおりゅう】リセマラ当たり最強星5キャラランキング【スラテン】

「転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(転スラ)」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめ星5キャラ(最大星6)をランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!




 

 

-まおりゅう関連記事-

時を超えたバレンタインイベント攻略

レベルアップ(Lv.アップ)クエスト攻略

才能解放クエスト攻略

金貨クエスト攻略

 

 

最強星5戦闘キャラランキング

1位:[刻の旅]仮面の勇者
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.1スカウトより排出

空属性の物理タイプ。
攻撃力に偏ったステータスとなっており、奥義は全体攻撃
[暗黒皇帝]ギィ・クリムゾン等と同じく、威力自体は290%と他キャラに比べて高め。
その為、殲滅力の高さは僅かに他キャラよりも突出している。
戦闘スキルによって再ターン獲得が出来る為、手数が多くDPSはトップクラス。
さらに味方全体に会心率アップ&敵全体に会心耐性ダウンを付与出来る為、火力の底上げとしても高い性能を誇る。
手数の多さだけでも入手する価値は十分だが、[竜魔人]ミリム・ナーヴァ/[覚醒魔王]リムル=テンペストといった会心力アップのバフを持つキャラと併用するのも有り。
同属性ならシンプルに[魔国連邦盟主]リムル=テンペスト等と組み合わせたい。
半年記念で実装されたキャラで性能は優秀。
このタイミングでリセマラを考えているならオススメ。

 

2位:[竜拳極覇]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.1スカウトより排出

空属性の魔法タイプ。
ステータスは攻撃力に寄っており、奥義は単体攻撃。
さらに戦闘スキルの効果で味方全体の空属性攻撃力40%アップが可能。
空属性縛りの編成を組む場合には大きな火力補助として活躍してくれる為、オススメ。
また自身を竜気状態にすることで自身にかかるステータス上昇効果をアップ出来るのも高評価。
味方の火力補助は勿論、アタッカーとしてもトップクラスの性能を誇る。
また空属性には[魔国連邦盟主]リムル=テンペストといった強力なバフを持つキャラも存在する為、同時に編成するだけで大幅にステータスが向上。
空属性の火力補助&アタッカーとしてオススメのキャラ。

 

3位:[清廉夏姫]シュナ
キャラ性能&個別評価

※真夏の秘境探検譚スカウトより排出

水属性の魔法タイプ。
奥義の単体攻撃は発動後に味方全体の気絶回避率アップを獲得。
奥義による攻撃後に追加効果が発動するキャラは初。
気絶効果を付与してくる敵への対策として特定クエストでの運用も可能。

戦闘スキルでは奥義発動魂のダメージ威力アップ&敵単体の水属性耐性ダウンの効果。
コストはやや重いものの効果量が60%/30%と高く、自身・味方の火力アップに便利。
さらに奥義の魔創魂→加護の魔創魂へ2枚変換出来る為、加護スキルによる恩恵も得やすく組み合わせ次第では非常に強力。

そもそも初期の星5キャラに比べてレベル80時の全ステータスが高め
レベル100になると他の星5キャラと同程度になるが、無凸時点から主戦力として組み込めるのは強い。
さらに攻撃力寄りのステータスな上に奥義威力自体も470%とトップクラス。
同時実装されている[最高遊夏]ミリム・ナーヴァを加護キャラに加えた編成は勿論、防御デバフを敵全体に撒ける[智慧之王]リムル=テンペストや水属性耐性デバフ持ちの[勇なる姫騎士]アリス・ロンドと加えて運用するとより高火力を発揮出来る。
全体的に使いやすく、水属性縛りの編成なら必須級のキャラ。

 

 

4位:[終焉ノ斬突]ヒナタ
キャラ性能&個別評価

※[終焉ノ斬突]ヒナタピックアップスカウトより排出

水属性の魔法タイプ。
攻撃力に特化したステータスを持ち、奥義は単体470%と最強クラスの威力。
同時に味方全体の物理攻撃耐性を10%アップ出来るなど、被ダメージ軽減にも貢献。
またスキル効果では自身の攻撃力&会心力アップと火力の底上げが可能。
そのうえ奥義発動魂のダメージ威力を5%アップ(最大60%)と火力に優れた性能が魅力。

単体火力に特化した性能となっており、自身のみでも十分高火力。
しかも[清廉夏姫]シュナ/[魅惑ノ紫鬼]シオンと同様に、無凸状態でも高ステータスを持つ点も評価。
水属性耐性ダウンを撒ける[勇なる姫騎士]アリス・ロンドとの組み合わせもオススメ。
強力な単体アタッカーはそれだけで優秀かつ腐りにくい。
高難易度に挑む際の火力枠としてオススメ。

 

5位:[魅惑ノ紫鬼]シオン
キャラ性能&個別評価

※[魅惑ノ紫鬼]シオンピックアップスカウトより排出

水属性/魔法タイプのバランス型。
全体攻撃の奥義は威力が最強クラスな上に、発動後に味方全体の束縛回避率アップ
さらに味方全体の水属性攻撃力アップに加え、会心率/魔法攻撃力アップと大幅な火力補助も可能。
水属性パーティの火力補助に特化しているだけでなく、[清廉夏姫]シュナと同様に他の無凸星5キャラよりも高いステータスを保有。
その為、無凸状態でも即戦力として活躍してくれる。
前述したシュナとの組み合わせは勿論、[智慧之王]リムル=テンペスト/[勇なる姫騎士]アリス・ロンドとも相性が良くスキル効果でシナジーを得やすい。
ただし前述したキャラとのシナジーを得る場合、スキルポイントを多く消費してしまうのでスキルポイント増加量アップを持つ加護キャラと合わせるのがオススメ。

 

6位:[開闢魔王]ギィ・クリムゾン
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得

[激竜魔王]ミリム・ナーヴァ/[機創魔王]ラミリスに次いで、八星之紋章交換で獲得出来る星5キャラ。
攻撃力が高い魔法タイプで、単純な攻撃力の数値だけなら全キャラトップクラス
奥義は全体攻撃となっており、スキルは技能の魔創魂を3枚→奥義の魔創魂に変換/敵単体を1ターン80%の確率で気絶状態にする効果。
奥義の魔創魂を軸に戦闘を行う場合には非常に便利で、枚数も3と多め。
特筆すべきは高確率での気絶付与。
対象は敵単体のみだが、強敵との戦闘で相手の行動を制限出来る効果は非常に有難い。
安定した気絶付与スキルはかなり貴重な為、高難易度を攻略するのであれば獲得しておきたい。

 

7位:[激竜魔王]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得

イベントで入手出来る八星之紋章を集める事で交換出来るキャラ。
ステータスは攻撃力が高く、奥義ダメージも470%とトップクラスの物理キャラ。
戦闘スキルに関しても自身の貫通率80%アップ&自身の貫通力15%アップ/味方全体の会心率30%アップ&敵単体のガード力25%ダウンと火力面に特化した性能を持つ。
ただ貫通率/貫通力のバフに関しては[剛斬殲滅]シオンが味方全体へ付与出来る為、貫通系のバフに関してだけで言えばそちらの方が上。
とはいえ、単体火力はトップクラス且つ味方への恩恵も大きい優れたアタッカー。
防御面をカバーしたいなら[機創魔王]ラミリスを、火力をカバーしたいならこちらを交換対象で狙うようにしたい。

 

8位:[原初の青]レイン
キャラ性能&個別評価

※[原初の青]レインピックアップスカウトより排出

攻撃力に偏ったステータスを持つ空属性の物理タイプ。
全体攻撃の奥義は同時に味方全体の毒回避率50%アップの効果も獲得。
その為、毒を付与してくる敵への対策としても有効。
また最大HP25%分の自傷ダメージと引き換えにスキルで全体攻撃を行えるなど殲滅力の高さが魅力。
[拳覇魔王]ダグリュールは自身の防御力ダウンと引き換えに全体攻撃と被ダメージを負わなければリスク回避出来るものの、こちらは発動と同時に被ダメージ。
ただリスクが高い分、火力も高めに設定されているのでイベント周回等では重宝する。
そのうえ敵全体の空属性耐性を15%ダウン&味方全体の会心力15%アップのスキルで空属性パーティの火力補助も行えるなどサポート能力も見逃せない。
空属性縛りのパーティで大きく活躍出来る性能となっており、[竜拳極覇]ミリム・ナーヴァ/[覇道竜哮]ヴェルドラ=テンペストと組み合わせて運用するのがオススメ。
単体火力に欠ける部分があるとはいえ、奥義/スキルで発揮出来る高い殲滅力は魅力的。

 

9位:[可憐氷竜]ヴェルザード
キャラ性能&個別評価

※魔王達のガーデンパーティースカウトより排出

高い攻撃力を誇る空属性の物理タイプ。
レベル80時のステータスが初期キャラよりも高く、[清廉夏姫]シュナ/[終焉ノ斬突]ヒナタ等と同様に無凸状態でも即戦力として運用可能。
また奥義も高威力の全体攻撃&ガード力10%ダウンと追加効果も発生。
さらにスキルでは全体凍傷付与に加え、全体攻撃も可能。
スキルによるダメージソースは貴重で、雑魚処理や周回要員として重宝する。
そのうえ加護→技能への魔創魂の変換も持ち合わせているので、コンボを繋げやすいのも魅力。
性能自体は殲滅力に特化したタイプとなっており、単体火力はやや低め
とはいえ凍傷によるデバフ効果アップ&継続ダメージは高難易度でも十分活躍。
属性関係なく、敵全体の防御力を下げられる[智慧之王]リムル=テンペストと組み合わせると味方の火力アップを行いやすい。

 

10位:[機創魔王]ラミリス
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得

[激竜魔王]ミリム・ナーヴァと同じく八星之紋章交換で獲得出来る風属性/魔法タイプ。
ステータスは防御面に特化しており、スキル効果で全体回復&全体風属性攻撃力アップを付与
性能的にはサポート面に特化しており、回復量は現時点で全キャラトップクラス。
風属性攻撃力アップも効果量は少ないものの、スキルコストが低いので攻め時に使いやすい。
防御能力が高く持前の回復能力と相まって場持ちしやすい性能がポイント。
特に高難易度の長期戦での復帰力は重宝する事間違いなし。
リセマラでの入手は出来ないが、八星之紋章交換で狙う価値はある。

 

11位:[智慧之王]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※[智慧之王]ラファエルリムルピックアップスカウトより排出

攻守バランスの取れたステータスを持つ水属性の魔法タイプ。
奥義は単体攻撃、スキルで敵全体の防御力40%ダウン&自身の貫通力30%アップを付与
水属性パーティへの恩恵は勿論、混合パーティでも火力の底上げに大きく貢献してくれる。
さらに1枚だが奥義→技能の魔創魂変換も行える為、スキル回転率を上げたい場合に便利。
高難易度になると敵のステータスも上がり、戦闘が長引く場合が非常に増える。
しかし防御力デバフによってパーティの火力補助を行えば一気に敵HPを削る事も可能。
何よりも高難易度で戦闘時間を縮めるなら火力を底上げするしかなく、火力補助の効果量が多いだけでも獲得しておく価値は十分といえる。

 

12位:[白金の剣王]レオン・クロムウェル
キャラ性能&個別評価

※[白金の剣王]レオンピックアップスカウトより排出

空属性の物理タイプ。
高い攻撃力を誇り、奥義は全体攻撃&味方全体にガード貫通力10%アップの効果。
奥義が全体攻撃である為、若干火力を出しにくいものの戦闘スキルの効果で奥義発動魂のダメージ威力70%アップが可能。
さらに敵全体の物理攻撃耐性10%ダウン、防御力15%ダウンで自身&味方の火力を底上げしやすい。
また効果時間も2ターンと長めに設定されており、高火力を継続できるのも強み。
同じく空属性の[原初の青]レインと組み合わせる事で敵の防御面を大きく下げ、[激竜魔王]ミリム・ナーヴァ[獅子王]カリオンといった単体アタッカーで大ダメージを狙うのがオススメ。
自身も火力自体は割と高いものの、基本的には殲滅力重視。
威力は低いがスキルでもリスク無しで全体攻撃を行えるなど、汎用性は高め。

 

13位:[麗血魔王]ルミナス・バレンタイン
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得

闇属性の魔法タイプ。
高水準かつバランスの取れたステータスを持つキャラ。
奥義は[暗黒皇帝]ギィ・クリムゾンと同じく通常よりも威力の高い全体攻撃となっており、高い殲滅力を誇る。
スキル効果は奥義発動魂のダメージ10%アップ(重複6回まで)/最も割合の低い味方のHPを10%回復、全魔創魂の奥義ゲージ/加護ゲージ増加量を40%アップ/25%ダウンの効果。
加護の魔創魂をメインのダメージソースとして使うパーティにはデメリットだが、奥義の回転率アップには大きく貢献出来るので全体的な火力アップとしては非常に優秀。
全体的に使いやすく、同じ闇属性である[漆黒悪魔]ディアブロ/[封印解放]ヴェルドラ=テンペスト等と組み合わせると高いシナジーを発揮。
ただし八星之紋章自体の入手が困難&貴重なので、獲得するキャラの厳選は必須。

 

14位:[漆黒悪魔]ディアブロ
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.3スカウトより排出

高い攻撃力を誇る闇属性の魔法タイプ。
奥義は単体攻撃、戦闘スキルで自身の奥義発動魂のダメージ威力70%アップ/反撃率80%アップ&反撃力20%アップを獲得。
自身へのバフ効果が多く、敵の攻撃時に反撃が出来るなど手数が多い点は優秀。
また奥義発動魂のバフ効果は他に[暗黒皇帝]ギィ・クリムゾン/[閃剣魔王]レオン・クロムウェルなども持ち合わせているが効果量はこのキャラが最高クラス。
その為、ボスアタッカーとして高い性能を発揮してくれる。
闇属性耐性ダウンのスキルを持つ[原初の黒]ディアブロなどと編成すると火力を出しやすい。

 

15位:[夜魔の女王]ルミナス・バレンタイン
キャラ性能&個別評価

※[夜魔の女王]ルミナスピックアップスカウトより排出

地属性の魔法タイプのキャラ。
ステータスは攻撃力に偏っており、戦闘スキルによる敵単体の魔法攻撃耐性ダウン&自身の魔法攻撃力アップのバフ効果でアタッカーとして高い性能を誇る。
また敵単体の奥義ゲージを下げ、自身の奥義ゲージを上げられるなど敵奥義の遅延も可能。
スキル対象は全て敵単体&自身のみだが、全てが使いやすく汎用性が高いので優秀。
奥義も単体攻撃なので高難易度のボス/強敵にもダメージを通しやすい。
[完遂忍鬼]ソウエイ/[無敗大将]ベニマルと同様に獣王鬼の試練イベントでドロップアイテムが増加するメリットもある為、周回数を緩和するのにも一役買ってくれる。
魔法タイプのキャラであれば誰とでもシナジーを得られるスキルは高評価。

 

16位:[勇なる姫騎士]アリス・ロンド
キャラ性能&個別評価

※癒しの姫騎士スカウトPart.1より排出

水属性&物理タイプのバランス型。
奥義は単体攻撃となっており、高難易度の強敵相手に火力を出せる。
スキル効果は味方全体の貫通率80%アップ&敵全体の水属性耐性30%ダウンと水属性縛りのパーティに対して大幅な火力アップを見込める効果。
さらに加護→技能の魔創魂に2枚変換出来るなど、連撃を狙う際にも便利。
水属性の星5キャラは[人魔共栄]リムル=テンペスト/[影渡ノ隠密]ソウエイといった若干サポート寄りのスキル効果を持つものが多く、火力を出しにくい点がネックだった。
しかしこのキャラを入手する事で大きく火力アップを狙える。
水属性キャラの層を厚くするという意味でも是非とも獲得しておきたい。

 

17位:[深魔ノ探究者]ミュウラン
キャラ性能&個別評価

※シークレット・ホームカミングスカウトより排出

防御力に特化した地属性の魔法タイプ。
奥義は単体攻撃&反撃耐性ダウン、スキル効果で味方全体に攻守反転状態を付与
さらに地属性攻撃力10%アップを付与し、こちらは2ターン経過毎に10%上昇(最大60%まで)する。
また味方全体に継続回復&物理耐性アップを付与出来るなど、長期戦に役立つ性能といえる。

特に地属性攻撃力アップのバフは最大効果量だけを見るなら全キャラトップクラス。
短期戦による恩恵は少ないものの、長期戦が強いられる高難易度ステージでは非常に役立つ。
そのうえ長期戦を耐え抜く継続回復まで付与出来るなど、攻守への影響力は高い。

同時実装されている[魔輝ノ大将軍]ベニマルと相性が良く、スキル発動のコスト確保に貢献。
なおかつ反撃によるダメージソースも得られるなど、得られる恩恵は大きな魅力。
勿論個人能力だけでも十分優秀なので、是非とも獲得をオススメ。
ちなみに攻守反転状態は戦闘開始時の攻守が反転するだけでバトル中に得たバフは反転しないので注意。

 

18位:[眠る支配者]ディーノ
キャラ性能&個別評価

※魔王集結![眠る支配者]ディーノピックアップスカウトより排出

風属性、魔法タイプのキャラ。
攻撃力に偏ったステータスを持ち、奥義は単体攻撃とアタッカーとして便利。
戦闘スキルでは火力バフこそ持ち合わせていないものの、敵単体の風属性耐性/会心耐性/魔法攻撃耐性を大きく下げられるデバフ効果を保有。
その為、同じく風属性である[蜘蛛魔女]トレイニー/[霊操悪魔]ディアブロは勿論、魔法タイプのキャラとも総じて相性が良いのが特徴。
火力枠&火力補助としての役割を兼ねる事が出来るうえに、デバフの効果時間も2ターンと優秀。
高ダメージを連続で狙えるのは特にボス/強敵との戦闘時に便利。
全体的にかなり使いやすく、風属性パーティを強化したいなら必須級。

 

19位:[獅子王]カリオン
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.2より排出

攻撃力に特化した空属性の物理キャラ。
奥義は単体攻撃、戦闘スキルでは自身の攻撃力10%アップ/味方全体の会心力を20%アップ
奥義の魔創魂を2枚、加護の魔創魂に変換/加護の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップの効果。
味方全体の会心率を底上げし、敵全体に会心耐性ダウンを付与できる[刻ノ旅]仮面の勇者と相性が良く、同時編成で味方火力の底上げも可能。
また空属性の攻撃力を大幅に底上げ出来る[竜拳極覇]ミリム・ナーヴァと組ませるのも当然有り。
会心力特化の性能となっており、安定感には欠けるが高ダメージを狙えるアタッカータイプ。
既に前述したミリムを獲得している場合は無理に追う必要性は少ない。

 

20位:[白氷竜]ヴェルザード
キャラ性能&個別評価

※[白氷竜]ヴェルザードピックアップスカウトより排出

攻撃力が高い水属性の魔法タイプ。
奥義は単体攻撃、戦闘スキル使用時には自身に攻撃力25%/貫通力15%アップを獲得。
さらに敵全体に凍傷を撒いて戦闘を優位に展開出来るのもポイント。
凍傷はバトル中のステータス減少効果が増加し、同時にターン開始時に継続ダメージを付与。
ただし自身ではステータス減少系のデバフ自体を付与する事は出来ないので[智慧之王]リムル=テンペスト/[勇なる姫騎士]アリス・ロンド/[閃斬ノ指南役]ハクロウといった敵全体にデバフを撒けるキャラとの組み合わせがオススメ。
特に上記のリムルとアリスは同じ水属性で編成しやすい。
火力枠としてもデバッファーのサポート要員としても便利なタイプとなっており、特に高難易度でダメージを通しやすく出来るのはかなりのメリット。

 

21位~

[暗黒皇帝]ギィ・クリムゾン
キャラ性能&個別評価

※[暗黒皇帝]ギィピックアップスカウトより排出

攻撃力の高い火属性の物理型。
奥義は全体攻撃となっており、他の全体攻撃持ちよりもダメージ倍率が高いのが特徴。
さらにスキル効果で敵全体へ防御力上昇封印状態を付与出来るなど、高難易度で活躍。
そのうえ奥義発動魂のダメージ威力アップ&敵全体の会心耐性ダウンも行えるので味方への恩恵も大きくパーティの火力アップにも貢献出来るキャラ。
八星之紋章交換で獲得出来る[激竜魔王]ミリム・ナーヴァ/[機創魔王]ラミリスには劣るものの、他のガチャキャラと比べても頭一つ抜けた性能といえる。
新規でリセマラするのであれば是非とも狙いたい。

 

[魔国連邦盟主]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルでは味方全体の攻撃力35%アップ/味方全体の防御力20%アップを持つ。
効果時間は1ターン/2ターンと短いものの、強敵との戦闘時においてのバフ効果は魅力。
ステータスも平均して高く、バランスの取れた性能
使いやすく、味方への恩恵も大きいので序盤で獲得出来れば長期的な活躍を見込める。
火力自体は[竜魔人]ミリム・ナーヴァに劣るものの、味方のステータスアップを狙える事を考えれば先の事を考えてこちらを狙いたい。

 

[全力遊戯]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※魔王のおせちコーススカウトPart1より排出

攻撃力の高い火属性の物理タイプ。
奥義は単体攻撃となっており、ボス/耐久力の高い敵向け。
特筆すべきはスキル効果にある味方全体の会心率アップ
効果ターンは1ターンと短いものの、効果量は最大100%と非常に優秀。
さらに魔創魂の変換も行えるなど、味方の火力アップに一役買ってくれる性能といえる。
単体/全体攻撃のどちらでも相性が良く、汎用性の高さが大きな魅力。
特に火属性パーティにとっては重宝する存在。

 

[閃剣魔王]レオン・クロムウェル
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得

高い攻撃力を誇る光属性の物理タイプ。
奥義は単体攻撃、戦闘スキルで自身の魔創魂を全て奥義の魔創魂に変換可能。
さらに自身の奥義発動魂の威力も40%増加出来るなど、奥義の回転率&火力アップに特化した性能。
ステータスも高く、奥義の回転率を底上げするような性能でダメージソースとして優秀。
しかし自身の魔創魂しか操作出来ないので、出来れば[完遂忍鬼]ソウエイのように他キャラの魔創魂に変換するスキル持ちと組み合わせるようにして運用したい。
とはいえ、それでも安定する事はない点は使い辛い部分ともいえる。
ステータス面だけを重視するのであればトップクラス。

 

[白金の悪魔]レオン・クロムウェル
キャラ性能&個別評価

※[白金の悪魔]レオンピックアップスカウトより排出

光属性の魔法キャラ。
ステータスは攻撃力に寄っており、奥義は全体光属性魔法攻撃
奥義自体は[暗黒皇帝]ギィ・クリムゾンと違って、恒常キャラと同威力。
ただし戦闘スキルの効果が味方全体の光属性攻撃力40%アップと非常に強力。
さらに加護の魔創魂を1枚、奥義の魔創魂へと変換するスキルも保有しており光属性縛りのパーティであればこのキャラがいるかいないかで大きく火力が変わってくる。
2月末まで開催予定の時を超えたバレンタインイベントでは光属性が刺さる為、攻略し辛いのであれば入手しておくのも有り。

 

[誇り高き巨拳]ダグリュール
キャラ性能&個別評価

※[誇り高き巨拳]ダグリュールピックアップスカウトより排出

攻撃力に特化したステータスを誇る光属性/物理タイプ。
奥義は高威力の単体攻撃でボス/強敵に対しての火力枠として便利。
スキルでランダムな他キャラの魔創魂を2枚、自分の魔創魂に変換出来るので6コンボを狙いやすいのが特徴。
さらに敵全体の光属性耐性を1ターン25%ダウン出来るなど、[白金の悪魔]レオン・クロムウェル/[夢幻花嫁]シズエ・イザワ/[迷宮妖精]ラミリスと組み合わせると大きなシナジーを得られるのが特徴。
前述したキャラのいずれかを獲得していれば光属性縛りのパーティで大きな活躍を見込める。
また実装時期には星4だが最大育成が可能な[背伸び花嫁]シンシヤなども獲得出来る為、シナジーを得やすいのも魅力の1つ。
高難易度で火力を出す際にはデバフ効果は重要。
自身もアタッカーとして運用出来るので獲得しておいて決して損にはならない。

 

[蜘蛛魔女]トレイニー
キャラ性能&個別評価

※[蜘蛛魔女]トレイニーピックアップスカウトより排出

風属性の魔法タイプ。
ステータスはバランス型で奥義は全体攻撃
自身はボス戦よりも雑魚処理/周回に向いた性能となっており、単体火力は低め
しかし補助能力が高く、最も攻撃力の高い風属性の味方の攻撃力15%。奥義ゲージ30%アップが可能。
その為、同時期に開催されているイベントで実装されている[霊操悪魔]ディアブロなど自己バフで火力アップが出来るようなキャラと組み合わせて運用すると火力補助がしやすい。
ただし保有スキルは風属性のみを対象としたバフ効果となっており、混合属性での編成には組み込みにくいので注意が必要。
とはいえ属性縛りの編成を行う場合が多く、そこまでデメリットには感じない。
風属性の火力が足りない場合にオススメのキャラ。

 

[完遂忍鬼]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

※[完遂忍鬼]ソウエイピックアップスカウトより排出

地属性の物理タイプ。
ステータスは攻守バランスが取れており使いやすい。
奥義は単体攻撃、スキルで自身の会心率を大幅アップ&敵単体の会心耐性をダウン
さらに自分の魔創魂を自分以外の前衛キャラ1体に変換可能
[無敗大将]ベニマルと組み合わせる事で最大の6コンボを狙いやすくなる為、火力面の底上げに便利。
ただし[黄蛇角]アルビスとスキル効果が被っているので同時編成を行う事で魔創魂の変換が安定し辛くなる点には注意が必要。
戦闘時においてコンボ増加は火力を底上げする大きな要因。
地属性パーティの火力増加に一役買ってくれる為、地属性火力が心許ないのであれば狙うのも有り。
それだけでなく会心率アップのスキルを持つ為、火力面では単体でも十分期待出来る。

 

[無敗大将]ベニマル
キャラ性能&個別評価

※獣王鬼の試練スカウトより排出

攻撃力が高い地属性の物理タイプ。
奥義は全体攻撃、スキルではランダムな他キャラの魔創魂を自分の魔創魂に変換&敵全体の地属性耐性を10%ダウン
さらに奥義の魔創魂のダメージ威力を25%アップ&奥義の魔創魂のゲージ増加量を30%アップを獲得。
魔創魂の種類が違ってコンボを繋げられない場合でも、自分の魔創魂なら繋げられる。
ただ他のキャラに対しての恩恵はそこまで高くは無く、パーティの軸となってダメージを稼ぐタイプ。
もしくは奥義の魔創魂への変換スキルを持ったキャラと組み合わせて奥義の回転率早めるような形で運用するのがオススメ。
自身の特性でも戦闘開始時に奥義ゲージアップを容易に獲得出来るので奥義の回転率はかなり早め。
属性は違うが奥義火力の高い[竜魔人]ミリム・ナーヴァなどと組み合わせて運用するのも有り。
最も相性が良いのは同時実装されている[剣刃ノ極地]ハクロウ

 

[霊操悪魔]ディアブロ
キャラ性能&個別評価

※マッシュハザードスカウトより排出

高い攻撃力を誇る風属性の魔法タイプで火力枠として十分採用可能。
スキル効果で自身の攻撃力を15%アップ&魔法魂の全ゲージ増加量10%アップを獲得。
効果量自体は少ないがどちらも3ターン継続する為、火力維持に便利。
さらに自身の会心率を80%アップ&敵単体の防御力を15%ダウンのスキルも持ち合わせており、単体アタッカーとしてだけでなく後続キャラの火力補助も可能。。
ただし自身への強化効果が多く、味方への恩恵は若干少な目。
同じく風属性の[竜魔人]ミリム・ナーヴァ、加護キャラなら[暴風竜]ヴェルドラ=テンペスト/[真心奉仕]シュナ等と組み合わせて運用するのがオススメ。

 

[聖夜の女王]ルミナス・バレンタイン
キャラ性能&個別評価

※メイドinハッピーホリデースカウトより排出

バランスの良いステータスを持つ物理タイプのキャラ。
奥義は単体攻撃、戦闘スキルでは全体回復を行えるなど火力/補助の両方で活躍。
さらに加護/奥義の魔創魂を1枚ずつ技能の魔創魂に変換出来る上にダメージアップ&ゲージ増加量アップが可能。
スキル構成が自己完結しており、特に技能の魔創魂を起点とした行動展開が得意。
その為、[天照桃鬼]シュナ/[黒嵐星狼]ランガといった技能の魔創魂への変換スキル持ちと組み合わせて運用すると手数&ダメージ増加を狙いやすい。
全体的に敵火力がやや高めに設定されており、回復持ちは序盤~終盤まで重宝する。
実装時期からゲームを開始するのであれば是非とも狙っておきたいところ。

 

[竜魔人]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

全体攻撃の奥義を持つ魔法キャラ。
戦闘スキルでは奥義発動魂のダメージ威力を60%アップ&自身の会心力を20%アップ/味方全体のガード貫通力を40%アップと火力特化の性能を誇る。
効果は1ターン(会心力アップは2ターン)と短いが、ここぞという場面で高い殲滅力を発揮してくれる点は大きなメリット。
ステータスも攻撃力に特化しており火力重視のキャラを狙う場合にはオススメ。
シンプルに高い火力はゲーム全体を通して魅力の1つ。
味方への恩恵は[魔国連邦盟主]リムル=テンペストに劣るのでこの順位。

 

[封印解放]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※[封印解放]ヴェルドラピックアップスカウトより排出

攻撃力の高い闇属性の物理キャラ。
全体攻撃の奥義を持ち、戦闘スキルは奥義発動魂のダメージ威力50%UP&敵全体の貫通耐性を10%/敵単体の会心力を10%ダウンの効果。
性能は[竜魔人]ミリム・ナーヴァに似ており火力がやや劣る程度。

闇属性の中ではトップクラスの火力を持ち、闇属性耐性ダウンの戦闘スキルを持つ[原初の黒]ディアブロなどと組み合わせるとさらなる火力アップも可能。
高火力かつ全体攻撃を行える点はシンプルに使いやすく便利。
特に奥義発動魂のダメージアップは味方にも影響があり、火力を出したい時に役立つ。
高難易度になると敵の耐久力も上がる為、火力アップの要素はいくらあっても腐らない。

 

[拳覇魔王]ダグリュール
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得

八星之紋章交換で獲得出来る6体目のキャラ。
地属性の魔法タイプとなっており、ステータスはバランス型。
全体攻撃の奥義を持ち、スキルでも全体攻撃を行える。
その威力も奥義の270%に比べて240%と高めに設定されているので殲滅力の高さが特筆すべきポイント。
ただしスキル使用時には自身の防御力をバトル終了時まで15%下げてしまうデメリットも。
しかも無限加算されていく為、長期戦で使うほど被ダメージが跳ね上がる仕様。
またもう一つのスキルでも自身の奥義ゲージを40%アップする事と引き換えに最大HP30%分のダメージと自傷効果も発生。
短期周回での活躍は目を見張るものがあるものの、長期戦や高難易度では活躍し辛い。
折角八星之紋章を使って交換するキャラなので、あえてデメリット付きのキャラを優先する必要性は薄い。
とはいえ周回能力は高く、周回要員を求めるなら狙う価値はある。

 

[花婿スライム]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※[花婿スライム]リムルピックアップスカウトより排出

光属性の物理タイプ。
ステータスはバランス型、奥義は単体攻撃。
スキルでは敵単体の貫通耐性を20%下げつつ、技能の魔創魂の奥義ゲージ増加量を50%アップ
さらに奥義→技能へと魔創魂の変換を1枚行える
技能の魔創魂でコンボを繋げるだけで奥義ゲージが大きく溜められる為、奥義の回転率が大幅にアップ。
奥義&加護→技能の魔創魂への変換スキルを持つ[夢幻花嫁]シズエ・イザワ等と相性が良く、他にも[白金の悪魔]レオン・クロムウェルと同時編成する事で攻撃力アップを見込めるのがポイント。
技能の魔創魂を主体に戦闘を行うなら獲得は必須レベル。
スキルポイント&奥義ゲージを同時に溜められるのは大きなメリット。

 

[暴走花嫁]シオン
キャラ性能&個別評価

※リムルの花嫁決定戦!?スカウトより排出

光属性の物理タイプ。
攻撃力が高く、戦闘スキルで自身に攻撃力20%/貫通力25%アップの自己バフが可能。
さらに奥義→技能へと魔創魂の変更を行えるなど、コンボを繋げるにあたっての補助能力も高い。
自身で火力を上げつつ、奥義では高威力の単体攻撃を行えるので火力枠として十分役立つ。
特に[白金の悪魔]レオン・クロムウェル/[迷宮妖精]ラミリス等と組み合わせて運用する事で火力を大きく伸ばせるのもポイント。
また同時期に実装されている[夢幻花嫁]シズエ・イザワとも噛み合うので同時獲得も有り。
基本的に高難易度の敵に対してはバフを重ねてダメージを通さないと長期戦は必須。
その事を思えば自己バフ持ちのキャラは使いやすく高ダメージを狙いやすいのでオススメ。

 

[覚醒魔王]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※[覚醒魔王]リムルピックアップスカウトより排出

攻撃力の高い魔法タイプ。
奥義は全体攻撃で、戦闘スキルでは自身の会心率を80%/会心力を15%アップ
さらに味方全体の気絶回避率を90%アップ/加護の魔創魂のダメージ威力10%アップなど、自身だけでなく味方へのサポート能力も高め。
特に気絶効果を付与する相手と対峙する際は[爆炎の支配者]シズエ・イザワ/[魅麗ノ巫女姫]シュナ同様に重宝するタイプ。

火力バフに関しては自分のみとなっており、味方への恩恵は低め。
自身は闇属性な為、シンプルに火力を高めるのであれば[原初の黒]ディアブロと編成するのがオススメ。
加護の魔創魂への変換スキル持ちとも相性が良い。

 

[人魔共栄]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

全体攻撃の奥義を持つ魔法キャラ。
ステータスは防御力に特化しており生存率が高め。
戦闘スキルで敵単体の奥義ゲージ5%ダウン/味方全体のHPを15%回復&加護の魔創魂のダメージ威力をバトル終了まで5%アップ(最大100%)とヒーラーとしての役割も可能。
また加護の魔創魂のダメージ威力を永続的にアップ出来る事を考えれば長期戦にも役立つ
攻撃力自体はやや低めだが全体攻撃&回復能力持ちの為、幅広く運用出来る優秀な性能。

 

[竜装顕現]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書スカウトPart.2より排出

攻撃力が高く、単体攻撃の奥義を持つアタッカー。
戦闘スキルでは奥義の魔創魂を2枚、加護の魔創魂に変換出来るのでコンボを繋げやすい。
それだけでなく加護ゲージ増加にも一役買ってくれる為、加護スキルの回転率も早まる。
また、味方全体の会心耐性を40%アップ出来るなど被ダメージ軽減にも貢献。
会心アップのバフを使う敵は割と多く、出番は多め。
火力だけでなく、味方へのサポートも行えるなど汎用性の高さがポイント。
尖った能力を持つ訳では無いが、使いやすく便利なタイプ。

 

[深緑ノ芽生]トレイニー
キャラ性能&個別評価

防御力に特化したステータスを持ち、奥義は単体攻撃の魔法キャラ。
戦闘スキルは味方全体のHP25%回復/敵全体の貫通力を10%ダウンの効果。
ヒーラーとしての能力が非常に高く、敵の火力が高くなる後半で重宝するタイプ。
自身の防御力も高く場持ちしやすい性能なので、パーティの安定感を得るにはオススメ。
防御寄りの性能は[人魔共栄]リムル=テンペストと同じだが、回復量はこちらの方が上。
全体攻撃持ちのキャラを既に確保しているならサポート枠としての入手も有り。

 

[聖騎士団長]ヒナタ・サカグチ
キャラ性能&個別評価

※時を超えたバレンタインスカウトPart.2より排出

攻守バランスの取れたステータスのキャラ。
光属性の魔法タイプとなっており、時を超えたバレンタインイベントでドロップアイテムの獲得量アップ&刺さる性能となっている
奥義は単体攻撃、スキル効果で味方全体の防御力アップ&自身の全属性耐性アップが可能。
パーティ全体の防御面を底上げ出来、特に自身への防御バフが強力。
高難易度の敵を相手にする場合、防御面の底上げは必須項目。

他にも技能/加護の魔創魂を1枚ずつ奥義の魔創魂に変換出来るなど、汎用性が高く便利。
それ以外にも特性で自身の奥義ゲージアップを行えたりと奥義回転率に優れた性能を持つ。
時を超えたバレンタインイベントで実装された[着飾美人]シズエ・イザワ/[一途乙女]ソーカ/[悠然淑女]ミュウランと相性が良く、獲得しているのなら狙っておくのも有り。
高難易度でダメージソースとなる奥義の回転率を早められるのは大きな魅力。

 

[着飾美人]シズエ・イザワ
キャラ性能&個別評価

※時を超えたバレンタインスカウトPart.1より排出

光属性の物理タイプ。
ステータスは防御力に特化しており、[機創魔王]ラミリスを超えてトップの性能。
反面、攻撃力が低めに設定されているのである程度火力を出す場合には装備/加護キャラでのカバーが必要。
奥義は全体攻撃、スキルはHP割合が最も低い味方HPを40%回復/敵単体の攻撃力を15%ダウン
全体回復を行えないが、最もHPが低い味方を優先して回復出来る為リスクカバーが可能。
高難易度の単体ボス相手に真価を発揮するタイプで味方の被ダメージ軽減にも貢献。
また、特性で奥義の魔創魂6コンボで次のターン自身の防御力18%アップと高い防御力をさらに底上げ可能。
特性発動条件の6コンボが若干狙いにくく、[魔将人形]ベレッタ/[爆炎の支配者]シズエ・イザワ/[悠然淑女]ミュウランなどと組み合わせて奥義の魔創魂を増やさないと恩恵を得るのは厳しい。
ただし前述したキャラの中で属性が噛み合うのはミュウランのみ。
今後、光属性のキャラが増える事を見越して獲得するのも有りだが現段階ではミュウランとの編成が必須になる点には注意。

 

[主なるメイド]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※メイドinハッピーホリデースカウトPart2より排出

防御力に特化した物理タイプの風属性キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルで味方全体の防御力/HPを底上げ可能。
他にもガード力アップ技能の魔創魂のダメージ威力アップを行えるなど、パーティの攻守をカバー出来る性能を持つ。
特に耐久面を大きく底上げ出来る為、高火力の敵と対峙する際には便利。
そもそも敵の火力は割と高めに設定されており、優位属性でも被ダメージには注意が必要。
その為、難易度が高いクエスト/イベントではこうした耐久アップのキャラは便利。
同じ風属性である回復スキル持ちの[聖夜の女王]ルミナス・バレンタインと組み合わせる事でパーティの生存率も底上げ出来るので期間内に同時獲得が理想。

 

[真なる執事]ヴェルドラ
キャラ性能&個別評価

※武勇祭スカウトより排出

単体火力に特化した性能のキャラ。
魔創魂の変換スキルも持ち合わせており、技能の魔創魂のゲージ増加量/ダメージ威力アップの効果も獲得出来るので[聖夜の女王]ルミナス・バレンタイン/[天照桃鬼]シュナ/[黒嵐星狼]ランガといった変換スキル持ちと合わせて運用したい。
また技能の魔創魂で6コンボ攻撃を行った場合に攻撃力バフを獲得出来るなど、キャラとの組み合わせ次第で火力の底上げも可能。

他にも敵全体の貫通力を下げられるので、貫通力の高い敵と対峙した際には[深緑ノ芽生]トレイニーと併用して敵貫通力を大幅に下げるのも有り。
デバフ/火力/変換スキル持ちと幅広く運用出来るキャラとなっており、序盤で獲得出来れば嬉しい。
逆に言えばそこまで尖った性能ではない点がネックともいえる。

 

[狼鬼兵部隊筆頭]ゴブタ
キャラ性能&個別評価

※魔王のおせちコーススカウトPart2より排出

バランスの取れたステータスを持つ火属性の物理キャラ。
奥義は単体攻撃、スキルで奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換出来るなど便利枠。
自身の会心力/反撃力もスキルで底上げ出来るが、確率自体の変動は無し。
その為、味方の会心率を上げられる[全力遊戯]ミリム・ナーヴァ/[閃斬ノ指南役]ハクロウ、加護キャラだと[弥栄ノ盟主]リムル=テンペストなどと組み合わせるのがオススメ。
特にリムルに関しては重複するスキルを持っており、魔創魂の変換スキルとも噛み合う。
攻守においては正直そこまで高い効果を持たないが、便利枠ではある。

 

[原初の黒]ディアブロ
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書スカウトPart.1より排出

攻守共にバランスの良い物理キャラ。
奥義は単体攻撃で、戦闘スキルは自分の攻撃力20%アップ&敵全体の闇属性耐性を10%ダウン/技能の魔創魂を1枚加護の魔創魂に変換&加護の魔法魂の全てのゲージ増加量を5%アップの効果。
同じく闇属性である[魔将人形]ベレッタ/[剛斬殲滅]シオンといったキャラの火力を出すのに便利な戦闘スキルを持っており、闇属性で優位を取れるステージで活躍。
また、1枚だけだが魔創魂の変換を行えるのでコンボを繋げるのに便利な点も優秀。
属性特化の編成で挑むステージが多いゲームなので、属性縛りで火力を出せるのは大きなメリット。
特に前述した闇属性のキャラを持つなら狙っておきたいところ。
闇属性自体が優位属性を取られにくく、光属性とお互いが弱点になる関係性のみ。
その為、他の5属性に等倍のダメージを狙える点も魅力の1つ。

 

[剛斬殲滅]シオン
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは味方全体の貫通率を80%アップ&味方全体の貫通力を20%アップ/味方全体の毒回避率を90%アップの効果となっており、貫通特化の性能。
貫通は攻撃時に確率で追加ダメージが発生する効果となっており、その確率を大幅にアップ出来るので与ダメージアップに貢献。
攻撃力バフのように確実性は無いものの、間違いなくパーティ火力を底上げ出来る。
また自身も全体攻撃持ちとなっており高い殲滅力は長期的に重宝。

 

[獄炎ノ侍大将]ベニマル
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く全体攻撃の奥義を持つ魔法キャラ。
戦闘スキルでは自身の攻撃力を25%アップ&奥義の魔創魂のダメージ威力を10%アップ/敵単体の貫通力を10%ダウンの効果を付与可能。
味方全体の火力アップは見込めないが、自己バフのお陰で自身の火力は高め。
属性は違うが[魔国連邦盟主]リムル=テンペストは味方全体に攻守のバフを付与出来る為、優先度はそちらの方が上。
ただし火属性の高火力アタッカーを求めている場合には狙うのも有り。

 

[魔将人形]ベレッタ
キャラ性能&個別評価

バランスの取れたステータスを持つ魔法キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、強敵との戦闘時に高い火力を発揮。
戦闘スキルは加護の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ&味方全体のガード貫通力を40%アップ/味方全体の貫通率を10%アップの効果。
[爆炎の支配者]シズエ・イザワと同じく魔創魂の変換を行える為、コンボを狙うには便利。
さらにこちらは味方全体のガード貫通力&貫通力を底上げ出来るので火力増加も見込める。
味方への恩恵も大きいので、属性を無視して性能だけを重視するならこちらを狙いたい。

 

[武装国家ノ王]ガゼル・ドワルゴ
キャラ性能&個別評価

高い攻撃力を誇り、単体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは自身の攻撃力を20%アップ&自身の会心率を20%アップ/自身の会心力を10%アップ&自身の防御力を20%アップと全てが自身に対してのバフ効果。
その為、自身の戦闘力自体は高く攻守のどちらにも期待が出来る。
個人性能だけでいえば高めに設定されているものの、味方への恩恵が少ない点はネック。
どうせなら味方へのバフ効果を持つキャラを優先して獲得しておきたい。

 

[閃斬ノ指南役]ハクロウ
キャラ性能&個別評価

攻撃力の高い物理キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルでは敵全体の防御力を25%ダウン&味方全体の会心率を30%アップ/敵単体の反撃率を30%ダウンとパーティへの恩恵も大きい。
攻撃力バフを持つ[魔国連邦盟主]リムル=テンペストと組み合わせて運用する事で味方全体の火力を大きく底上げ出来る為、出来れば同時編成がオススメ。
またそれ以外にも高火力の全体攻撃持ちである[竜魔人]ミリム・ナーヴァは同じ風属性でこちらも相性が良い。
シンプルな性能でパーティへの恩恵も大きいので使いやすい。

 

[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く、全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ/味方全体の防御力を20%アップの効果。
魔創魂の変換効果を持つ為、攻撃を繋げやすくコンボによるダメージ増加を狙える。
さらに味方全体に防御バフを付与出来るなど被ダメージ軽減にも貢献。
自身のステータスは攻撃力寄りの性能だが、防御バフの効果で耐久力は割と高め。
その分同キャラの[竜魔人]ミリム・ナーヴァに比べて火力は劣るが安定感は高い。

 

[天照桃鬼]シュナ
キャラ性能&個別評価

※事前登録報酬で獲得

事前登録報酬で獲得出来る星5キャラ。
全体攻撃持ち&防御バフ持ちなので安定して運用出来る優れたキャラ。
上位キャラに比べると見劣りするものの加護の魔創魂を技能の魔創魂に変換出来るなど、コンボを繋げやすい点も大きな魅力の1つ。
同じく技能の魔創魂への変換スキルを持った[影渡ノ隠密]ソウエイと相性が良く、コンボを狙うのならオススメ。
配布キャラとしては性能も高く、序盤から敵火力も高いので防御バフも有難い。

 

[爆炎の支配者]シズエ・イザワ
キャラ性能&個別評価

バランス型のステータスを持ち、単体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルで加護の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ&味方全体の気絶回避率を90%アップ&自身の会心率を15%アップ出来る。
魔創魂の変換は攻撃を繋げる為にも便利な為、獲得しておくとスムーズにコンボを発動可能。
味方のステータスを上げるような性能ではないが、戦闘難易度を下げるのに役立つ。
単体アタッカーとしての性能も悪くないので強敵との戦闘時に重宝するタイプ。

 

[黒嵐星狼]ランガ
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは奥義の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ/味方全体の貫通率を10%アップ&味方全体のガード貫通力を30%アップの効果。
貫通は攻撃時に確率で追加ダメージを与えられるものとなっており、与ダメージ増加に便利。
魔創魂の変換に関してもコンボを繋げる際に便利なものとなっており、汎用性が高い。
全体的に使いやすく便利な性能を持つが上位キャラに比べるとやや見劣りする。

 

[影渡ノ隠密]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

バランスの取れたステータスを持つ物理キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルでは味方全体の防御力を20%アップ&加護の魔創魂のダメージ威力をバトル終了まで5%アップ(最大100%)/奥義の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップが可能。
味方全体に防御バフを付与出来る為被ダメージ軽減に貢献可能。
また魔創魂の変換も行える為、コンボを狙いやすくダメージ増加を狙いやすい。
同じ種類の魔創魂に変換出来るスキルを持つ[魔将人形]ベレッタ/[爆炎の支配者]シズエ・イザワと組み合わせるとよりコンボを狙いやすくなる。

 

[魅麗ノ巫女姫]シュナ
キャラ性能&個別評価

攻守バランスの良いステータスを誇る魔法キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルでは奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ/味方全体の気絶回避率を90%アップ&自身の会心率を10%アップの効果。
魔創魂の変換スキルを持ちコンボを狙いやすく出来る性能を持ち、気絶回避率を大幅に上げられる。
全体的に攻守のステータス部分に繋がる要素が少なく、優先度は低め。
加護の魔創魂に変換するスキルを持つ[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァと組み合わせるとよりコンボを狙いやすくなる。

 

総合評価

星5キャラはどれも強力ですが、まずは全体攻撃持ち&味方への恩恵が大きいキャラを選ぶようにしたいところです。
また序盤から割と敵の火力も高いので防御バフ持ち/回復持ちがいると便利。
特に上位4体のキャラに関しては味方への恩恵も大きく([竜魔人]ミリム・ナーヴァは火力特化)、高火力の敵に対して安定して戦闘を行える点は大きなメリットとなります。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強星5加護キャラランキング

1位:[最高遊夏]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※真夏の秘境探検譚スカウトより排出

水属性攻撃力&魔法攻撃力アップの加護の導を保有。
その為、恩恵は少ないが水属性縛りの編成以外でも運用出来るのがポイント。
さらに加護スキルでは味方全体の水属性攻撃力をバトル終了時まで無限加算で5%アップ
そのうえ加護の魔創魂のスキルポイント増加量をバトル終了時まで100%アップ(最大500%)、スキルコスト上限をバトル終了時まで40アップ(最大999)を獲得。
加護スキルの回転率を大幅に底上げ出来る上に水属性キャラの火力を無限に底上げ出来るのは高評価。
性能的には[覇道竜哮]ヴェルドラ=テンペストと似ており、スキルポイント増加量の効果値を考えればこちらの方が上。
水属性キャラとの組み合わせなら誰とでも噛み合う為、水属性パーティが弱いなら特にオススメ。

 

2位:[夢幻花嫁]シズエ・イザワ
キャラ性能&個別評価

※リムルの花嫁決定戦!?スカウトより排出

全体的に高いステータスを誇る光属性/物理タイプの加護キャラ。
加護の導きでは光属性の攻撃力12%、物理攻撃力を10%アップと他の加護キャラよりも使いやすい効果。
さらに加護スキルの効果で加護&奥義の魔創魂を3枚ずつ技能の魔創魂に変換、味方全体の貫通率50%アップ、奥義発動魂のダメージ10%アップと効果が非常に豊富。
技能の魔創魂による6コンボも狙いやすく、貫通率アップによる火力増加も可能。
属性で縛らずとも物理タイプでも縛れる点は汎用性が高く、編成幅が広がるので魅力の1つ。
[閃剣魔王]レオン・クロムウェル/[暴走花嫁]シオン/[着飾美人]シズエ・イザワとの組み合わせが最も噛み合う為、獲得しているのなら積極的に狙っておきたい。

 

3位:[覇道竜哮]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.1スカウトより排出

加護の導で空属性の攻撃力/闇属性の攻撃力をそれぞれ16%/8%アップ出来る加護キャラ。
また加護スキルでは味方全体の空属性攻撃力を永続5%アップの効果。
1回の効果量だけ見るとそこまで高くないが、こちらは何度でも重複出来る
その為、長期戦における火力補助としてはこの上無いほどの性能。
空属性のキャラなら誰とでも相性が良く、空属性パーティをメイン運用しているのなら是非とも狙っておきたい。
バフの効果量は長くても2ターン程度なので、永続&無限重複は非常に便利。
特に火力を必要とする高難易度では大活躍。

 

4位:[国主の威厳]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.3スカウトより排出

闇属性/空属性の攻撃力を16%/8%アップ出来る加護キャラ。
加護スキルでは味方全体の防御力40%アップ&闇属性攻撃力15%アップを行える。
同時実装されている[漆黒悪魔]ディアブロは勿論、[封印解放]ヴェルドラ=テンペストといった火力重視のキャラと相性が良い。
火力重視のキャラは防御力が低く、所持する防御バフで弱点をカバー出来るのもポイント。
闇属性キャラがいなかったとしても防御バフは属性関係なく恩恵を付与可能。

 

5位:[優雅なる紅帝]ギィ・クリムゾン
キャラ性能&個別評価

※魔王達のガーデンパーティースカウトより排出

攻撃力に特化した空属性&物理タイプの攻撃力アップが得意な加護キャラ。
空属性縛りの運用は勿論、物理タイプ縛りは汎用性も高くシンプルに使いやすい。
加護スキル使用時には加護&奥義の魔創魂を3枚ずつ、技能の魔創魂に変換出来るので一気に6コンボを狙いやすく実質的な火力補助としても運用可能。
さらに敵全体の全体攻撃ダメージ耐性を10%下げ、味方全体の奥義ゲージ35%アップの効果。
同時実装されている[可憐氷竜]ヴェルザード[刻の旅]仮面の勇者は空属性の全体攻撃持ちとなっており、特に相性が良い。
単体を対象とした奥義に対して恩恵は無いものの、奥義ゲージ増加によって奥義回転率を底上げ出来るのはシンプルに優秀な効果といえる。
実装時期にリセマラするのであればオススメ。

 

6位:[剣刃ノ極地]ハクロウ
キャラ性能&個別評価

※獣王鬼の試練スカウトより排出

味方全体の地属性攻撃力&火属性攻撃力アップを行える加護の導を持つキャラ。
加護スキルでは技能・加護の魔創魂を奥義の魔創魂に変換&スキルポイントを30%の効果。
2種類の魔創魂を3枚ずつ奥義の魔創魂に変えられる為、6コンボを非常に繋げやすい。
同時実装されている[無敗大将]ベニマルと組み合わせる事で高いシナジーを得られるので、獲得するのなら2体セットで狙うのがオススメ。
奥義の回転率を上げて、なおかつ前述したキャラでは火力アップも可能。
属性は違うが自身の奥義発動魂を大幅に底上げ出来る[竜魔人]ミリム・ナーヴァとの編成も有り。
使いやすく、強力な性能を持つ加護キャラ。

 

7位:[魔輝ノ大将軍]ベニマル
キャラ性能&個別評価

※シークレット・ホームカミングスカウトより排出

地属性の加護キャラ。
味方全体の反撃率を大きく底上げし、技能の魔創魂のスキルポイント増加量を250%アップ&前衛のスキルコストを20ダウン出来る。
その為スキルを発動しやすく、再使用の際に増加するスキルコスト緩和にも繋がる。
スキルを連発するような編成において重宝する性能となっており、特に同時実装されている[深魔ノ探究者]ミュウランと組み合わせて運用するのがオススメ。
反撃率増加で敵ターンにもダメージを与えらえるなど、長期戦で役立つ性能は魅力的。
ただしスキルコスト上限を増加する能力は持たないので、複数のスキルを同時に使用する場合にはオススメ出来ない。

 

8位:[静かなる姫騎士]クロエ・オベール
キャラ性能&個別評価

※癒しの姫騎士スカウトPart.1より排出

加護の導で水属性キャラの攻撃力を最大16%アップ&光属性キャラの攻撃力を最大8%アップ
加護スキルでは奥義発動魂のダメージ30%アップ、奥義→技能の魔創魂へと変換出来る効果。
魔創魂の変換は全てを対象としている為、一気に攻撃の手札を変更できる点は魅力。
奥義の火力を上げられる上に連撃によるダメージアップも狙いやすいので非常に汎用性が高い。
[勇なる姫騎士]アリス・ロンド/[人魔共栄]リムル=テンペスト/[影渡ノ隠密]ソウエイなどと編成して火力アップを狙うのがオススメ。

 

9位:[灼熱精霊]イフリート
キャラ性能&個別評価

火属性キャラの攻撃力16%アップ/光属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
火属性に寄った性能なので[爆炎の支配者]シズエ・イザワ/[獄炎ノ侍大将]ベニマルといったキャラと組み合わせて運用する事で高い効果を発揮する。
また、加護スキルでは味方全体の奥義ゲージ30%アップ/味方全体の火属性攻撃力15%アップと奥義の回転率を底上げ出来る点も魅力の1つ。
火属性キャラの火力を大幅に底上げ出来る為、前者2体のいずれかとセットで獲得したい。

 

10位:[弥栄ノ盟主]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※魔王のおせちコーススカウトPart1より排出

火属性&風属性の味方に対して攻撃力アップを付与出来る加護キャラ。
加護スキルでは敵全体に火属性耐性20%ダウンを与えられる為、火属性パーティにオススメ。
ただし[灼熱精霊]イフリートは火属性の味方に対して攻撃力アップの加護スキルを持つので、既に獲得しているのならあえて狙う必要性は低め。
いずれにせよ優秀である事に変わりはなく、火属性パーティの戦力強化は間違いない。
火属性パーティをメインに使っているのであれば獲得をオススメ。

 

11位:[荒野ノ黄泉龍人]ガビル
キャラ性能&個別評価

※マッシュハザードスカウトより排出

風属性攻撃力/魔法攻撃力を12%/10%アップ出来る加護スキル持ち。
[暴風竜]ヴェルドラ=テンペスト/[真心奉仕]シュナ等に比べると風属性キャラへのバフ効果量は少な目。
しかし同時に魔法攻撃力アップを付与出来るなど、属性違いでも恩恵を与えられる点は大きな強み。
[機創魔王]ラミリス/[霊操悪魔]ディアブロといった風属性&魔法タイプのキャラは得られる恩恵が多く、火力補助に大きく貢献出来る。
また加護スキルの効果では技能→加護への魔創魂変換/攻撃力が最も高い味方への魔法攻撃力15%アップの効果。
その為、組み合わせる戦闘キャラも前述したラミリス/ディアブロといった魔法タイプがオススメ。
手持ちに魔法タイプがいないなら優先度は低く、風属性火力を上げる加護キャラを狙いたい。

 

12位:[暴風竜]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

風属性キャラの攻撃力16%アップ/闇属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
その為、風属性キャラである[竜魔人]ミリム・ナーヴァ/[閃斬ノ指南役]ハクロウ/[天照桃鬼]シュナといったキャラとの組み合わせがオススメ。
特に[天照桃鬼]シュナに関しては事前登録報酬で獲得出来るので組み合わせやすいのも魅力。
加護スキルはスキルコスト上限を20%アップ(最大999)&奥義発動魂のダメージ威力をバトル終了まで10%アップ(最大50%)&スキルポイントを30アップの効果。
シンプルに使いやすく永続効果の加護スキルで長期戦にも恩恵を得られる点は優秀。

 

13位:[敏腕秘書]シオン
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書スカウトPart.1より排出

闇属性キャラの攻撃力16%アップ/火属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
加護スキルでは技能の魔創魂を加護の魔創魂を変換&味方全体の奥義ゲージを15%アップ出来る為、奥義発動までの時間を短縮/回転率アップに便利。
闇属性キャラは同時実装の[原初の黒]ディアブロの他に[魔将人形]ベレッタ/[剛斬殲滅]シオンがいるので獲得済なら狙っておきたい。
闇属性の星5キャラを獲得しておらず、星4キャラのみであった場合にも火力を底上げしやすいので狙っておくのも悪くはない。

 

14位:[迷宮妖精]ラミリス
キャラ性能&個別評価

光属性キャラの攻撃力16%アップ/地属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
地属性キャラには[武装国家ノ王]ガゼル・ドワルゴ/[魅麗ノ巫女姫]シュナがいるので、どちらかを優先的に引いているのならセットで獲得しておきたい。
また加護スキルでは奥義の魔創魂を加護の魔創魂を変換&味方全体の光属性攻撃力を10%アップが可能。
魔創魂の変換に火力バフを持ち合わせている為、汎用性が高く使いやすいキャラ。
特にガゼル・ドワルゴは火力も高く、自己バフも豊富。
火力メインにするのであれば組み合わせて運用したい。

 

15位:[飢餓者]オーク・ディザスター
キャラ性能&個別評価

闇属性キャラの攻撃力16%アップ/火属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
同じ闇属性に[剛斬殲滅]シオン/[魔将人形]ベレッタがいるのでいずれかとセットで獲得したい。
特にシオンに関しては火力が高く貫通による追加ダメージも狙える為オススメ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時まで10アップ(最大999)&技能の魔創魂を奥義の魔創魂に変換&スキルポイントを20%アップの効果。
魔創魂の変換はコンボを繋げる際には便利な為、汎用性が高い。
また、ベレッタも似たスキルを持つので相性も◎。

 

16位:[魔人形]エレメンタルコロッサス
キャラ性能&個別評価

地属性キャラの攻撃力16%アップ/水属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
[深緑ノ芽生]トレイニー/[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァが地属性となっているので、どちらかを優先して確保する場合にセットで狙うと火力アップに役立つ。
さらに加護スキルでは味方全体のガード率を60%アップ&味方全体の反撃率を60%アップと防御面の底上げが可能。
こちらは属性に縛られずに全体付与が出来るので使いやすい。
防御能力を高めつつ反撃によるダメージも狙える為、強敵との戦闘時に便利。
特にトレイニーは回復持ちなので、耐久面を底上げする場合にオススメ。

 

17位:[一途乙女]ソーカ
キャラ性能&個別評価

※時を超えたバレンタインスカウトPart.1より排出

光属性の加護キャラ。
加護の導で味方全体の光属性攻撃力16%、地属性攻撃力を8%アップ出来る。
似たような性能の加護キャラに[迷宮妖精]ラミリスがいるものの、攻守の面でこちらが上。
HPが若干劣ってしまうが、攻守を優先するのであればこちらがオススメ。
また加護スキルで味方全体のガード率60%アップ/味方前衛のスキルコスト20ダウン(最大各スキルコストの初期値まで)/奥義の魔創魂の奥義ゲージ増加量を20%アップの効果。
被ダメージを軽減しつつ奥義回転率を底上げ出来る為、攻守において高い恩恵を得られる。
とはいえ加護キャラ自体、同じ属性で星5なら正直そこまで性能が大きく変わる事もない。
前述した加護キャラを獲得しているのであれば今回はスルーでもOK。
光属性の加護キャラを獲得していないのなら狙うのも有り。

 

18位:[好戦竜眼]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

水属性キャラの攻撃力16%アップ/空属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
さらに加護スキルでは味方全体のガード率を60%アップ&加護の魔創魂のダメージ威力をバトル終了時まで20%アップ(最大100%)を獲得。
水属性には[人魔共栄]リムル=テンペスト/[影渡ノ隠密]ソウエイがおり、この2体は加護の魔創魂のダメージ威力アップのスキル効果を持つ為、相性が良い。
その為、同時に獲得する事で大きくダメージアップを狙えるのがポイント。

 

19位:[真心奉仕]シュナ
キャラ性能&個別評価

※メイドinハッピーホリデースカウトより排出

風属性キャラの攻撃力16%アップ/水属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
加護スキルでは味方全体のガード率を60%アップ、技能の魔創魂のゲージ増加量アップの効果。
ガード率を大きく上げて被ダメージを大幅に軽減出来る為、パーティの生存率アップに貢献。
ただし確率は100%ではなく、ガードが発生しない場合もある。
安定感に欠ける点はややネックだが、敵火力が高くなる後半や高難易度イベントを考えれば十分実用レベル。
ゲージ増加量アップの対象が技能の魔創魂なので、技能の魔創魂を起点とする[聖夜の女王]ルミナス・バレンタイン/[天照桃鬼]シュナ/[黒嵐星狼]ランガのようなキャラと相性が良い。

 

20位:[空泳災厄]カリュブディス
キャラ性能&個別評価

空属性キャラの攻撃力16%アップ/風属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
[魔国連邦盟主]リムル=テンペスト/[黒嵐星狼]ランガが空属性となっており、火力アップを狙うのであればセットでの獲得が好ましい。
特にリムルに関しては味方全体に攻撃力&防御力アップを付与出来る為、火力の底上げが容易。
前述した効果も相まって大幅に火力アップを狙える点も魅力。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時まで30アップ(最大999)/技能の魔創魂の全てのゲージ増加量を150%アップ
長期戦に対応した性能だが、優先度はそこまで高くはない。
空属性の戦闘キャラがいるなら狙う程度。

 

総合評価

優先して入手したいのは攻撃力アップ/魔創魂の変換スキルを持つ加護キャラがオススメです。
火力を高める事で戦闘難易度を緩和するだけでなく、周回における時短にも繋がります。
また戦闘キャラ/加護キャラを同時に獲得する事を狙う場合には、属性によって攻撃力アップの効果を得られなかったりする場合もあるので注意しましょう。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強星4戦闘キャラランキング

1位:[原初の緑]ミザリー
キャラ性能&個別評価

※魔王達のガーデンパーティーイベント配布キャラ

HP/防御力の高い空属性の物理タイプ。
イベント期間内にログインする事で獲得出来る為、入手は容易。
奥義は単体攻撃、スキル効果で技能の魔創魂の全ゲージ増加量を20%アップ&ダメージ威力15%アップ
さらにHP割合が低い味方単体を回復出来るなど、性能は補助寄り。
星4キャラとはいえ、最大育成までを周回で行えるので性能としては十分。
また単体を対象とした奥義はダメージソースとして活躍してくれる事は間違いない。
スキル自体も同時実装中の[可憐氷竜]ヴェルザード/[優雅なる紅帝]ギィ・クリムゾンを確保していれば非常に使いやすく、そうでない場合でも組み合わせ次第で活躍を見込める。
専用装備もイベント期間内に獲得出来るなど、手持ちキャラが不足している人に優しい仕様。
貴重な回復スキルも持ち合わせている事を考えて育成しない理由はない。
是非とも最大育成まで行っておこう。

 

2位:[紅き鬼武者]ベニマル
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書イベント配布キャラ

リリース初のイベント開催の際に配布された星4キャラ。
闇属性で優位を取られない、イベント周回で覚醒可能、専用武器の実装など優遇されたキャラ。
星5キャラを完凸させた方が当然強くはなるが、無凸なら最終的には配布キャラの方が上。
さらにイベント自体も闇属性特攻となっており、育成必須の性能。

戦闘スキルは敵単体の防御力ダウン&自身の会心率アップ/味方全体の気絶回避率アップ
奥義は単体高威力攻撃と性能は至ってシンプル。
他の星4キャラと比べると最終的な性能は若干見劣りする程度。
しかし前述したように育成難易度の低さ&専用装備がある事を考えればかなり優秀。
特に無課金の人には非常に有難いので是非ともイベント期間内に育成をしておきたい。

 

3位:[常夏遊泳]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※真夏の秘境探検譚イベント配布キャラ

イベント期間中のログインボーナスで獲得出来る無料配布のキャラ。
育成に関してもイベント周回&ビンゴミッションをクリアする事で最大育成が可能
星4キャラなので、星5キャラの最大育成時には当然劣るとはいえ無凸状態の星5キャラとなら同程度。
手持ちのキャラが少ない場合には勿論、そうでない場合でも是非とも獲得しておきたい。

バランスの取れたステータスを持つ水属性の魔法タイプ。
奥義は全体攻撃、スキル効果で技能→加護の魔創魂に2枚変換/自分の魔創魂を全て加護の魔創魂に変換
魔創魂の変換スキルに特化しており、加護スキルを高回転で発動させたい場合に便利。
特に水属性攻撃力を無限に底上げ出来る[最高遊夏]ミリム・ナーヴァとの組み合わせがオススメ。

キャラ性能自体は使いやすく、さらにイベント中なら専用の武器・防具も獲得
装備品によって低めのステータスを十分に補える事を考えれば育成しない理由はない。
ガチャを回さずに最大まで育成出来るだけでメリットといえる。

 

4位:[恐怖ノ実験]ゲルド
キャラ性能&個別評価

※マッシュハザードイベント期間内ログインで獲得

風属性の魔法タイプ。
奥義は全体攻撃、スキル効果では奥義・加護の魔創魂変換が可能。
特に加護の魔創魂を最も攻撃力の高いキャラの魔創魂に変換出来る効果は使い方次第で非常に強力。
火力を直接底上げするようなスキル効果ではないが、コンボによるダメージアップ等に大きく貢献出来る。
またイベント期間内にログインするだけで獲得出来、イベント周回のみで最大まで覚醒。
さらに専用の装備まで得られる為、無凸の星5キャラよりも使いやすい。
キャラ不足や無凸キャラが多いなら間違いなく狙っておきたいところ。

 

5位:[天空女王]フレイ
キャラ性能&個別評価

※竜之三番勝負~RYUZIN~イベント期間内ログインで獲得

イベント期間内にログインする事で獲得出来る配布キャラ。
空属性の魔法タイプでステータスはバランス型。
奥義は単体攻撃で、戦闘スキルは自身の魔創魂2枚を自分以外の前衛キャラ1体の魔創魂に変換
[黄蛇角]アルビスも同じ戦闘スキルを所持しているので属性によって使い分けると良い。
他にも技能&奥義の魔創魂を加護の魔創魂に変換出来る為、加護スキルの回転率を底上げしたい場合に便利。

配布の星4キャラだが、専用の装備がある上に最大覚醒までもイベント周回&ミッションで行える
ステータスだけで言えば無凸の星5キャラよりも高くなり、十分実戦でも運用可能。
ゲーム開始序盤ではイベント周回が若干難しい部分もあるが、育成しておくに越した事はない。
特に空属性キャラが不足しているのなら獲得&育成は必須。

 

6位:[大胆奉仕]シオン
キャラ性能&個別評価

※メイドinハッピーホリデーイベント配布キャラ

イベント開催時に配布されたキャラ。
ステータスはHPが高く、攻守がやや低め。
配布キャラなので他の星4キャラを最大まで育成した時よりも性能はやや見劣りする。
[紅き鬼武者]ベニマルと同様に、イベントクリア&周回する事で最大まで覚醒可能。
手持ちキャラが少ない場合には十分主戦力として運用出来るレベル。

さらに奥義は全体攻撃、戦闘スキルでは自己回復&技能の魔創魂のダメージアップを獲得。
HPの高さと自己回復で場持ちが良く、長期戦でも役立つ。
同時実装されている[聖夜の女王]ルミナス・バレンタインと相性が良く、同時実装する事で技能の魔創魂のダメージを大きく底上げ出来る。

イベント優位の風属性な上に他キャラよりも育成しやすく性能も優秀。
特に手持ちキャラが少ない場合には重宝する事間違いなし。

 

7位:[悠然淑女]ミュウラン
キャラ性能&個別評価

※時を超えたバレンタインイベント配布キャラ

時を超えたバレンタインイベント開催と同時に配布される星4戦闘キャラ。
覚醒させる素材などをイベントで集められる為、星6までの育成が他キャラよりも容易
将来的な性能は当然星5キャラの方が上だが、イベントで獲得出来る装備品のボーナスなども含めると無凸の星5よりも十分役立つ。

HPの高い攻守バランス型で奥義は全体攻撃
スキルでは技能の魔創魂を奥義の魔創魂の変換&奥義の魔創魂の奥義ゲージ増加量を15%アップ/敵全体の会心力を20%ダウンの効果。
イベント期間内に実装された[着飾美人]シズエ・イザワと噛み合う唯一のキャラで、シズエ・イザワを獲得するなら育成は必須級。
また特性においても[一途乙女]ソーカと噛み合う為、全員獲得出来れば得られるシナジーは大きい。

いずれにせよ配布&育成が楽なキャラである事に違いはなく、手持ちキャラが不足しているのならイベント周回を必ず行って最大育成はしておきたい。

 

8位:[忠義ノ角牙]ランガ
キャラ性能&個別評価

※癒しの姫騎士イベント開催中にログインすれば獲得

水属性&魔法タイプでステータスは防御寄りのキャラ。
奥義では全体攻撃を行える為、雑魚処理や周回に便利。
スキル効果では敵全体のガード力を40%ダウン&貫通耐性を30%ダウン、反撃率を20%ダウンと防御能力を大きく下げられる効果を持つ。
直接防御力を下げる事は出来ないが、前述した防御能力バフを持つ敵に対して便利。
また、ログインのみで獲得出来るお手軽さに加えてイベントミッションをクリアする事で最大覚醒まで行えるなど入手条件&育成面も容易い。
さらに過去のイベントキャラ同様に専用の装備などもある為、手持ちキャラが少ない場合に重宝する。
育成は後回しでも、獲得&育成のためにイベント周回は必ずしておきたい。

 

9位:[多彩法術師]エレン
キャラ性能&個別評価

※シークレット・ホームカミングスカウトより排出

シークレット・ホームカミングイベント期間中にログインするだけで獲得出来る星4キャラ。
バランス型の地属性魔法タイプ。
奥義は全体攻撃、スキルで奥義→技能へと魔創魂の変換が可能。
また味方全体のHP上限&会心耐性も行える為、耐久力アップにも貢献でしてくれる。
とはいえHP上限をアップするだけで回復自体は出来ないので回復スキル持ちのキャラを編成しておいた方が生存率アップには便利。
配布キャラとなっており、性能的には正直いまいち。
しかし最大覚醒までイベント周回&ミッションクリアで行える上に専用装備も獲得出来るのは大きな魅力といえる。
無凸星5キャラ以上の戦力として使える事を考えれば育成は必須。
特に新規勢は必ず育成しておきたい。

 

10位:[黄蛇角]アルビス
キャラ性能&個別評価

※獣王鬼の試練イベント配布キャラ

防御力が高い地属性の物理タイプ。
イベント期間中ならログインするだけで獲得出来、イベント参加&ミッションクリアで最大まで覚醒を行えるので必ず覚醒&育成しておきたいキャラ。
奥義は全体攻撃、スキル効果では自分の魔創魂2枚を自分以外の前衛キャラ1体の魔創魂に変換/味方全体の気絶回避を80%アップ&自身の会心率を10%アップの効果。
[無敗大将]ベニマルは他キャラの魔創魂を自身の魔創魂に変換するが、こちらは逆。
スキル使用時には若干安定感に欠ける事を考慮しておかないとならないので注意。
やや癖があるスキル効果だが、最大覚醒までをイベント参加で行えるのは大きなメリット。
さらにイベントでは専用の武器/防具も獲得出来るので十分戦力として運用可能。

 

11位:[天道巫女]シュナ
キャラ性能&個別評価

※魔王のおせちコースイベントにて獲得

イベントで獲得&育成出来る火属性の魔法タイプ。
配布キャラなので通常の星4キャラよりもステータスは劣るものの、育成難易度の低さとイベントで獲得出来る武器&防具の事を考えれば戦力としては十分期待が出来る。
奥義は全体攻撃、スキルは魔創魂の変換&味方全体の毒回復
毒を多用してくるステージでは重宝するものの、汎用性が高いとは言えない。
魔創魂の変換はどんな状況でも恩恵を得られるのでこちらは優秀。
ガチャ産でこれなら正直余裕でスルーレベル。
しかし、前述したようにイベントで獲得&育成を行える事を考えれば入手は必須。
特に新規勢には大きな戦力になってくれる。

 

12位:[背伸び花嫁]シンシヤ
キャラ性能&個別評価

※リムルの花嫁決定戦!?イベント配布キャラ

イベント期間中にログインする事で獲得出来る実質の無料キャラ。
育成に関してもイベント周回&ミッションクリアで最大まで行える為、獲得しておいて損はない。
奥義は全体攻撃、スキルでは光属性の味方全体に攻撃力5%アップ、加護→技能への魔創魂の変換とスキル構成自体はそこまで特筆した部分は見当たらない。
とはいえゲーム序盤ではキャラ不足で優位属性でパーティを組むことが出来ない事が多いので、1体でも多くどんなキャラでも育成しておきたいところ。
その為、こうした配布キャラであっても十分重宝する存在といえる。
性能面で見ると星4でも並以下だが、最大覚醒によってレベル100まで育成出来るのは強み。
組み合わせるにしても[暴走花嫁]シオン/[夢幻花嫁]シズエ・イザワといった同時実装されたキャラとも噛み合うので、イベント周回するのであれば育成をオススメ。

 

13位:[転生者]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

事前登録報酬で獲得出来る水属性の魔法キャラ。
元々は星4だが最初から星5まで育成出来る為、他の星4キャラと頭一つ抜けた性能。
当然他の星4キャラも同じく星5にすればステータスは同等のものになるが、それだけキャラを重ねなければならなかったりと非常に手間。
その手間を省いた上で星5から育成出来る点は大きなメリット。
さらに全体攻撃の奥義持ち、戦闘スキルで自身に攻撃力バフ/全体回復などシンプルに便利なスキルを豊富に保有。
スタート時、水属性はこのキャラで決めて星5キャラは他属性を狙うのも有り。

 

14位:[純真可憐]クロエ・オベール
キャラ性能&個別評価

光属性の魔法キャラ。
戦闘スキルで味方全体回復/味方全体の気絶回復&自身の気絶回避率アップを獲得。
HP回復のスキルを持つキャラは貴重なので、獲得&育成しておくと長期戦で便利。
なおかつ全体攻撃の奥義を持っていたりと星4キャラの中では汎用性が高く使いやすい。
星5キャラに比べると見劣りする点は否めないが、入手の際は繋ぎとして育成しておくのも有り。

 

15位:[紫ノ重撃]シオン
キャラ性能&個別評価

空属性の物理キャラ。
全体攻撃の奥義を持ち攻撃力寄りのステータスなので殲滅力に期待が出来る。
さらにコストは高いが戦闘スキルで敵全体の防御力ダウンを付与出来たりと、パーティの火力アップに貢献出来るのも嬉しいポイント。
同じスキル効果を持つ[閃斬ノ指南役]ハクロウを獲得していなければ育成も有り。
また味方全体に攻撃力アップを付与出来る[魔国連邦盟主]リムル=テンペストと組み合わせる事でパーティの火力アップを大きく見込める点は魅力的。

 

16位:[狼獣士]グルーシス
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.2より排出

ステータスはバランス型の空属性/物理タイプのキャラ。
奥義は単体攻撃/戦闘スキルでは技能の魔創魂を1枚、加護の魔創魂に変換/加護の魔創魂の全てのゲージ増加量を1ターン5%アップ/敵単体の物理耐性を1ターン30%ダウンの効果。
単体火力に向いた性能で、特にスキル効果で物理耐性を下げられるのは大きなポイント。
[竜拳極覇]ミリム・ナーヴァ/[覇道竜哮]ヴェルドラ=テンペストで空属性キャラにバフを掛けつつ物理耐性ダウンを付与→物理キャラで奥義を出せば中々の火力を期待。
勿論、空属性縛りで無くとも高火力物理アタッカーなら誰とでも噛み合うのも評価。

前述したミリムは魔法タイプなので恩恵を得られないものの、同時実装の[獅子王]カリオンは物理なので相性は良い。
星4キャラなので優先度は低いが、排出時には育成しておいて損はない。

 

17位:[慈愛ノ緑風]トライア
キャラ性能&個別評価

地属性の魔法キャラ。
全体攻撃の奥義を持ち、戦闘スキルで味方全体の防御力アップ&味方全体のガード率アップ/技能の魔創魂を1枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップが可能。
防御面に特化した性能となっており、被ダメージ軽減に役立つ性能。
敵の火力は序盤から高く、戦闘不能になりやすいのでこうしたキャラを先に育成するのも有り。
さらに魔創魂の変換スキルも持ち合わせているなど汎用性の高さは星4キャラの中でもトップクラスといえる。
ただ勿論最優先で狙うのは星5キャラの為、同時排出されたら程度。

 

18位:[桃色鬼姫]シュナ
キャラ性能&個別評価

火属性の魔法キャラ。
全体攻撃の奥義を持つが、同じ火属性&星4キャラなら[黒豹牙]フォビオの方が上。
ただし戦闘スキルで味方全体の防御力アップ&味方全体のガード率アップ/味方全体の貫通耐性アップを行える為、火力よりもパーティの耐久力アップにが得意なタイプ。
貫通効果は味方だけでなく、当然敵も発動する。
その際の追加ダメージは高難易度であるほど痛く、こうしたキャラで軽減出来れば戦闘難易度の緩和にも繋がる。
火力よりも防御面を重視するのなら育成も有り。

 

19位:[剣術鍛錬]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

闇属性の魔法キャラ。
戦闘スキルで味方全体の攻撃力アップ/敵単体の貫通耐性ダウンを付与
シンプルに攻撃力バフを味方に撒けるのは便利。
どんな相手であっても腐らない効果なので、序盤~高難易度まで幅広く使える。
また、自身は闇属性で優位を取られにくいというのもメリット。
星5キャラに比べると当然性能は劣るが、攻守のバフを撒けるキャラは貴重。
スキルコストの重さが気になるのがネック。

 

20位:[白虎爪]スフィア
キャラ性能&個別評価

※魔王竜祭HALF ANNIVERSARY Part.2より排出

防御面に優れた闇属性の物理タイプ。
奥義は単体攻撃/戦闘スキルでは自身のガード貫通力90%アップ/奥義の魔創魂を2枚、自分の魔創魂に変換/奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量を1ターン5%アップの効果。
汎用性はそこまで高く無くガード率を底上げするような敵に対して刺さるタイプ。
また自身に対してのガード貫通力バフも90%と効果量が多く、相手次第では効果的。
しかし決して優先度が高い分けではなくリセマラなら他キャラがオススメ。

 

21位~

[瞬身諜報]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

闇属性の物理キャラ。
技能の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の毒状態を回復&自身の毒回避率アップの戦闘スキルを持つ。
毒回復スキルは他にも[蒼疾風]ソウエイ/[仕立上手]シュナが保有。
今度イベントで毒を付与してくる敵を想定してこうした状態異常解除スキル持ちを1体は確保しておきたい。
便利な魔創魂の変換スキルを持ち、[黒豹牙]フォビオと同様に奥義の回転率が高い。
さらに優位を取られない闇属性なのでアタッカーとして幅広く活躍を見込める。
とはいえ星5キャラを差し置いて優先するほどではない。

 

[黒豹牙]フォビオ
キャラ性能&個別評価

火属性の魔法キャラ。
火力が高く、全体攻撃持ちなので才能解放クエストの攻撃の魔魂クエストなどで活躍。
星5キャラで全体攻撃持ちの[獄炎ノ侍大将]ベニマルには見劣りするものの、火属性の星4キャラの中ならトップクラスの殲滅力を誇る。
最優先での獲得&育成は当然星5キャラだが、星4キャラの中でなら十分育成対象。
戦闘スキルでは技能の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量をアップ出来るなど、奥義の回転率アップにも貢献。
高火力の奥義を早い回転で出せる点は十分な魅力。

 

[蒼疾風]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

風属性の物理キャラ。
戦闘スキルで味方全体の攻撃力アップを行える為、パーティの火力アップに便利。
さらに味方全体の毒解除&自身の毒回避率アップなど、毒キャラ対策としても活躍。
単体高威力の奥義を持つので、自身の持つバフ効果と合わせて火力も割と高め。
ただし全体攻撃力アップを発動する際のコストが高いのはネック。
属性にこだわらないなら星5キャラである[魔国連邦盟主]リムル=テンペストの方が全体バフの効果量が多くオススメ。

 

[次期頭領]ベニマル
キャラ性能&個別評価

火属性の物理キャラ。
攻撃力が高く、単体攻撃の奥義を保有。
戦闘スキルの効果で自身の攻撃力アップが出来る為、火力枠として十分運用可能。
それだけでなく味方全体の気絶回避率アップも行えるので気絶対策にも便利。
星4といえども火力枠としての性能は高く、火属性の星5キャラを確保していないなら育成次第では十分火力枠として運用出来る。
高威力の単体攻撃&自己バフによるダメージアップはシンプルに強力。

 

[流涛烈槍]ガビル
キャラ性能&個別評価

水属性の物理キャラ。
防御面に寄ったステータスを持ち、戦闘スキルでも味方全体の防御力アップ&ガード率アップ/味方全体の会心耐性アップとパーティの硬さを底上げするのが得意。
奥義は全体攻撃となっており、雑魚処理に便利。
周回面でも役立ち、同時に防御バフ効果で高難易度でも活躍を見込めるタイプ。
攻守幅広い運用が見込める為、水属性キャラが足りない場合には育成も有り。
優先すべきは星5キャラなので、あえて狙う必要は無い。

 

[猪人王]ゲルド
キャラ性能&個別評価

地属性の物理キャラ。
戦闘スキルで味方全体の防御力アップ/敵単体の反撃率ダウンを付与可能。
防御力アップの有効性は勿論、敵反撃率ダウンは高難易度になる程恩恵が大きい。
単体高火力の敵と対峙した際に高い性能を発揮してくれるタイプ。
同じ地属性の星4キャラである[慈愛ノ緑風]トライアも防御バフ持ち。
同時にガード率もアップ出来る為、耐久力を底上げしたいのであればそちらを狙う方が効率的。

 

[暗躍者]ゲルミュッド
キャラ性能&個別評価

闇属性の魔法キャラ。
敵単体の攻撃力ダウン&敵単体の貫通力ダウン/敵単体に確率で毒付与の戦闘スキルを保有。
奥義は全体攻撃となっており、闇属性優位のクエストで高い殲滅力を発揮。
正直、汎用性はそこまで高くは無いが高火力の敵単体と戦う際に攻撃力デバフは有効。
それに闇属性は優位を取られにくい点もメリット。
闇属性の星5キャラを獲得していなければ育成するのは有り。
優先する必要は無い。

 

[鍛造鋼心]クロベエ
キャラ性能&個別評価

地属性の物理キャラ。
全体攻撃を持つ為、地属性優位のステージでは殲滅力に期待出来る。
戦闘スキルは奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の貫通耐性アップの効果。
魔創魂の変換スキルを持つのでコンボによるダメージ&手数増加には便利。
とはいえ、性能だけで言えば正直並みの星4キャラと同程度。
全体攻撃を持つ分、若干使いやすいくらい。

 

[忠狼]ランガ
キャラ性能&個別評価

風属性の魔法キャラ。
攻撃力に寄った性能となっており、単体高威力の奥義を保有。
また戦闘スキルで奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の会心率アップの効果を持つ為、コンボを繋げやすく連撃による火力増加も可能。
魔創魂の変換は先頭の手数を決める上で非常に重要なものなので、獲得出来れば便利。
ただ、あえてこのキャラを獲得せずとも星5キャラである[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァ/[魅麗ノ巫女姫]シュナが同じスキル効果を保有。
便利なキャラだが優先度は低め。

 

[日常満悦]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

光属性の魔法キャラ。
戦闘スキルで技能の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/敵単体の防御力ダウンが可能。
変換スキルはコンボを繋げる際に間違いなく便利なもので、防御デバフも同様に優秀。
光・闇属性キャラは属性相性が強く、常に等倍ダメージを狙える。
そういった意味では属性1つで既に優遇されているのはメリット。

 

[自由組合総帥]ユウキ・カグラザカ
キャラ性能&個別評価

水属性の物理キャラ。
ステータスは攻撃力寄りで単体攻撃の奥義を保有。
さらに戦闘スキルでは加護の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量をアップ出来るなど、コンボを繋げて連撃を叩き込む場合に便利な効果。
そのうえ敵の会心力をダウン出来たりと、相手次第では被ダメージ軽減にも役立つ。
シンプルに使いやすく便利なタイプだが、優先してまでというほどではない。
それに星4の水属性キャラは[転生者]リムル=テンペストがおり、育成優先度はそちらが先。

 

[躍進人鬼]ゴブタ
キャラ性能&個別評価

風属性の物理キャラ。
戦闘スキルでは技能の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の毒回避率アップの効果を保有。
変換スキルはコンボを繋げるにあたって便利で、同時に加護スキルの回転率も早められる。
さらに単体高威力の奥義を保有していたりと、シンプルな性能で使いやすい。
ただ風属性は星5キャラである[天照桃鬼]シュナが配布で受け取れるので必然的に星4キャラの優先度も下がってしまう。
キャラがある程度集まって来ている際に排出されたら育成する程度でOK。

 

[抜刀白斬]ハクロウ
キャラ性能&個別評価

空属性の物理キャラ。
加護の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/敵単体のガード力ダウンの戦闘スキルを保有。
魔創魂の変換スキルを持つ為、コンボを繋げやすくスキル回転率を底上げするのに便利。
また敵単体のガード力を下げられたりと、敵の耐久面ダウンも可能。
直接的な防御デバフではないが、敵ガード時にもある程度のダメージを見込める点は有難い。
ただし魅力を感じる部分でいえば正直魔創魂の変換のみ。

 

[仕立上手]シュナ
キャラ性能&個別評価

空属性の魔法キャラ。
奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の毒状態を回復&自身の毒回避率アップの戦闘スキルを保有。
魔創魂の変換スキルを持つ為、攻撃でコンボを繋げやすく手数を増やすのに便利。
毒回復の効果は現時点で出番は少ないが、今後を考えて一体くらいは確保しておくのも有り。
[蒼疾風]ソウエイが同じように毒回復を持つ為、どちらかの確保ぐらいはしておきたい。

 

[勇猛鬼人]ベニマル
キャラ性能&個別評価

光属性の物理キャラ。
戦闘スキルで自身の会心率アップ/味方全体の会心耐性アップの効果を持つキャラ。
奥義は全体攻撃で殲滅力が高いとはいえ、星5キャラに比べると見劣りする。
可もなく不可もなくといった性能となっており、光属性の火力枠がいないなら育成する程度。
序盤は特にキャラ不足に悩まされる為、育成しておいても決して邪魔にはならない。
ただ優先して獲得するかどうかは別の話。

 

[熱烈側近]シオン
キャラ性能&個別評価

風属性の魔法キャラ。
防御力が高いステータスとなっており、戦闘スキルでは敵単体に毒付与/敵単体のガード率ダウンといったジャマー要素を保有。
単体攻撃の奥義持ちだが、火力だけを重視するなら優先度は低め。
全体的に現時点では優先してまで獲得するような性能とはいえず、他キャラを狙う方が良い。
特に風属性キャラは[天照桃鬼]シュナが事前登録で獲得出来る為、他属性を狙う方がオススメ。
毒が光るイベント/クエスト等が実装される事を祈る。

 

総合評価

当然優先すべきは星5キャラなので、星4キャラはほぼおまけ程度です。
星4キャラを育成するにあたっても、無覚醒だと最大レベルが60となっており才能解放も3段階までしか行う事が出来ません。
その為、育成するのであればイベント&初期配布の[紅き鬼武者]ベニマル/[転生者]リムル=テンペストを優先して育成する事をオススメします。
レベル&才能解放が行えるかどうかでステータスに大きな差が生まれるので、キャラが被って覚醒出来るかどうかを判断材料にするのも手です。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

最強星4加護キャラランキング

1位:[炎使魔]サラマンダー
キャラ性能&個別評価

※ストーリー3章初級5話クリアで獲得

火属性&地属性の味方全体に攻撃力アップを付与出来る加護キャラ。
さらに加護スキルでは奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ&味方全体の火属性攻撃力アップと、火力面を大きく底上げ出来る性能を持つ。
ステータスこそHP/防御力寄りだが、加護スキルの効果があるので火力アップは文句無し。
火属性の星5キャラや星4キャラを優先的に育てているのならメインの加護キャラとして運用するのも有り。
ただしその場合は勿論[灼熱精霊]イフリートを獲得していない事が前提で、獲得しているのなら育成する価値はない。

 

2位:[勇者導手]光の精霊
キャラ性能&個別評価

※ストーリー10章初級4話クリアで獲得

光属性&水属性キャラに攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルでは加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ&味方全体の光属性攻撃力アップの効果。
ゲージ増加量も40%と多く、加護スキルの回転率アップには非常に便利。
そうなれば光属性キャラへの攻撃力アップも安定して供給出来る為、高火力を維持しやすい。
光属性パーティを組めるキャラが揃っているのなら育成するのも有り。
勿論、上位互換である[迷宮妖精]ラミリスを獲得しているのならそちらを優先。

 

3位:[鍛冶職人]カイジン
キャラ性能&個別評価

※ストーリー2章初級8話クリアで獲得

バトル開始時に味方の地属性キャラ&火属性キャラの攻撃力をアップ出来る加護キャラ。
加護スキルでは味方全体のガード率アップ&技能の魔創魂のダメージ威力アップの効果。
ガード率アップの効果量も50%と高く、被ダメージ軽減に大きく貢献出来る。
特に難易度が上がるにつれて敵の火力も高まるのでこうした防御面のバフ効果は魅力的。
また技能の魔創魂のみと限定的だが、火力アップを行える点も優秀。
パーティの攻守を底上げ出来る為、便利に運用可能。

 

4位:[敏腕商人]ガルド・ミョルマイル
キャラ性能&個別評価

※ストーリー9章初級15話クリアで獲得

味方全体の水属性キャラ&光属性キャラの攻撃力をアップ出来る加護の導を保有。
加護スキルでは味方全体のガード率アップ&ガード力アップの効果。
ガード率アップの効果量も50%と高く、パーティの耐久面を底上げするのに便利なキャラ。
同じ水属性キャラの攻撃力アップを行える[誇り高き竜種]ヴェルドラ=テンペストと比べて、こちらは光属性キャラの攻撃力アップも可能。
加護スキルに関してはどちらも便利なので甲乙つけがたいが、汎用性が高いのはこちら。

 

5位:[空災龍]スカイドラゴン
キャラ性能&個別評価

※ストーリー9章初級14話クリアで獲得

闇属性&空属性の味方に攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時までアップ(最大999)&加護の魔創魂を技能の魔創魂に変換出来る効果を持つ。
魔創魂の変換スキルはタイミングを見て使えばコンボを繋げるのに非常に便利。
スキルコスト上限アップに関しては正直火力で押し切れる場所ではそこまで活躍を見込めない。
今後長期戦となる戦闘などが実装された場合に使えるかもしれないが、現状優先度は低め。
それにクエストを進める事で獲得出来るキャラなのであえて狙う必要は無し。

 

6位:[ギルドマスター]フューズ
キャラ性能&個別評価

※ストーリー8章初級4話クリアで獲得

風属性&闇属性の味方に対して攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時までアップ(最大999)&加護の魔創魂を技能の魔創魂に変換出来る効果。
[空災龍]スカイドラゴンと似た性能を持っており、正直優先度は高くない。

 

7位:[探究者]ベスター
キャラ性能&個別評価

※ストーリー7章初級8話クリアで獲得

空属性&風属性の味方に対して攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時までアップ(最大999)&奥義の魔創魂を加護の魔創魂に変換出来る効果となっており、加護の魔創魂によるコンボを繋げやすい。
とはいえ、加護の魔創魂を多用しても得られる恩恵が少なく正直優先度は低め。
やはり火力アップや奥義回転率を底上げ出来るような効果が好ましい。

 

8位:[誇り高き竜種]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※初期から加入している加護キャラ

水属性キャラの攻撃力アップが可能な加護キャラ。
加護スキルでは技能の魔創魂を奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂のダメージ威力アップを付与出来る。
初期加入の戦闘キャラである[転生者]リムル=テンペストと相性が良く、同時編成する事で火力アップが可能。
その為、水属性縛りの編成において序盤では大いに役立つ。
魔創魂の変換スキルも併せ持ち、コンボを繋げやすい。
星5の加護キャラが居ないのなら水属性パーティの加護キャラとして育成するのも有り。
初期加入なので、ガチャ排出時に覚醒しやすいのも魅力。
ただし他の加護キャラが2属性に攻撃力バフを付与出来る中、このキャラは1属性のみ。
複数の属性に対応出来ない点はネック。

 

総合評価

星4の加護キャラ全員がクエストを指定されたストーリーをクリアする事で獲得出来る為、正直急いで入手する必要はありません。
星4の加護キャラは星4の戦闘キャラと同じく初期状態ではレベルを60までしか上げられず才能解放も3段階まで。
つまり育成したとしても星5の加護キャラに大きく性能で劣り、メイン運用するのは難しいでしょう。
加護キャラのステータスはパーティのステータスに直結する為、必ず最高レアリティを狙う事をオススメします。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

リセマラ方法

 

  • 名前:転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚
  • 会社:BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 

 



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。