【まおりゅう】リセマラ当たり最強星5キャラランキング【スラテン】

ホーム /  当たりランキング / 【まおりゅう】リセマラ当たり最強星5キャラランキング【スラテン】

【まおりゅう】リセマラ当たり最強星5キャラランキング【スラテン】

「転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(転スラ)」のリセマラ/ガチャにて最優先で狙うべきおすすめ星5キャラ(最大星6)をランキング形式でご紹介!

勿論全ユニット解説付き!

入手すれば序盤攻略から終盤攻略まで楽になり、無課金~微課金で遊びたい場合も必ず役立ちます!






 
 

 
 

 
 

最強星5戦闘キャラランキング

1位:[魔国連邦盟主]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルでは味方全体の攻撃力35%アップ/味方全体の防御力20%アップを持つ。
効果時間は1ターン/2ターンと短いものの、強敵との戦闘時においてのバフ効果は魅力。
ステータスも平均して高く、バランスの取れた性能
使いやすく、味方への恩恵も大きいので序盤で獲得出来れば長期的な活躍を見込める。
火力自体は[竜魔人]ミリム・ナーヴァに劣るものの、味方のステータスアップを狙える事を考えれば先の事を考えてこちらを狙いたい。

 

2位:[竜魔人]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

全体攻撃の奥義を持つ魔法キャラ。
戦闘スキルでは奥義発動魂のダメージ威力を60%アップ&自身の会心力を20%アップ/味方全体のガード貫通力を40%アップと火力特化の性能を誇る。
効果は1ターン(会心力アップは2ターン)と短いが、ここぞという場面で高い殲滅力を発揮してくれる点は大きなメリット。
ステータスも攻撃力に特化しており火力重視のキャラを狙う場合にはオススメ。
シンプルに高い火力はゲーム全体を通して魅力の1つ。
味方への恩恵は[魔国連邦盟主]リムル=テンペストに劣るのでこの順位。

 

3位:[封印解放]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※[封印解放]ヴェルドラピックアップスカウトより排出

攻撃力の高い闇属性の物理キャラ。
全体攻撃の奥義を持ち、戦闘スキルは奥義発動魂のダメージ威力50%UP&敵全体の貫通耐性を10%/敵単体の会心力を10%ダウンの効果。
性能は[竜魔人]ミリム・ナーヴァに似ており火力がやや劣る程度。

闇属性の中ではトップクラスの火力を持ち、闇属性耐性ダウンの戦闘スキルを持つ[原初の黒]ディアブロなどと組み合わせるとさらなる火力アップも可能。
高火力かつ全体攻撃を行える点はシンプルに使いやすく便利。
特に奥義発動魂のダメージアップは味方にも影響があり、火力を出したい時に役立つ。
高難易度になると敵の耐久力も上がる為、火力アップの要素はいくらあっても腐らない。

 
 


 
 

4位:[覚醒魔王]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※[覚醒魔王]リムルピックアップスカウトより排出

攻撃力の高い魔法タイプ。
奥義は全体攻撃で、戦闘スキルでは自身の会心率を80%/会心力を15%アップ
さらに味方全体の気絶回避率を90%アップ/加護の魔創魂のダメージ威力10%アップなど、自身だけでなく味方へのサポート能力も高め。
特に気絶効果を付与する相手と対峙する際は[爆炎の支配者]シズエ・イザワ/[魅麗ノ巫女姫]シュナ同様に重宝するタイプ。

火力バフに関しては自分のみとなっており、味方への恩恵は低め。
自身は闇属性な為、シンプルに火力を高めるのであれば[原初の黒]ディアブロと編成するのがオススメ。
加護の魔創魂への変換スキル持ちとも相性が良い。

 

5位:[人魔共栄]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

全体攻撃の奥義を持つ魔法キャラ。
ステータスは防御力に特化しており生存率が高め。
戦闘スキルで敵単体の奥義ゲージ5%ダウン/味方全体のHPを15%回復&加護の魔創魂のダメージ威力をバトル終了まで5%アップ(最大100%)とヒーラーとしての役割も可能。
また加護の魔創魂のダメージ威力を永続的にアップ出来る事を考えれば長期戦にも役立つ
攻撃力自体はやや低めだが全体攻撃&回復能力持ちの為、幅広く運用出来る優秀な性能。

 

6位:[竜装顕現]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書スカウトPart.2より排出

攻撃力が高く、単体攻撃の奥義を持つアタッカー。
戦闘スキルでは奥義の魔創魂を2枚、加護の魔創魂に変換出来るのでコンボを繋げやすい。
それだけでなく加護ゲージ増加にも一役買ってくれる為、加護スキルの回転率も早まる。
また、味方全体の会心耐性を40%アップ出来るなど被ダメージ軽減にも貢献。
会心アップのバフを使う敵は割と多く、出番は多め。
火力だけでなく、味方へのサポートも行えるなど汎用性の高さがポイント。
尖った能力を持つ訳では無いが、使いやすく便利なタイプ。

 

7位:[深緑ノ芽生]トレイニー
キャラ性能&個別評価

防御力に特化したステータスを持ち、奥義は単体攻撃の魔法キャラ。
戦闘スキルは味方全体のHP25%回復/敵全体の貫通力を10%ダウンの効果。
ヒーラーとしての能力が非常に高く、敵の火力が高くなる後半で重宝するタイプ。
自身の防御力も高く場持ちしやすい性能なので、パーティの安定感を得るにはオススメ。
防御寄りの性能は[人魔共栄]リムル=テンペストと同じだが、回復量はこちらの方が上。
全体攻撃持ちのキャラを既に確保しているならサポート枠としての入手も有り。

 

8位:[原初の黒]ディアブロ
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書スカウトPart.1より排出

攻守共にバランスの良い物理キャラ。
奥義は単体攻撃で、戦闘スキルは自分の攻撃力20%アップ&敵全体の闇属性耐性を10%ダウン/技能の魔創魂を1枚加護の魔創魂に変換&加護の魔法魂の全てのゲージ増加量を5%アップの効果。
同じく闇属性である[魔将人形]ベレッタ/[剛斬殲滅]シオンといったキャラの火力を出すのに便利な戦闘スキルを持っており、闇属性で優位を取れるステージで活躍。
また、1枚だけだが魔創魂の変換を行えるのでコンボを繋げるのに便利な点も優秀。
属性特化の編成で挑むステージが多いゲームなので、属性縛りで火力を出せるのは大きなメリット。
特に前述した闇属性のキャラを持つなら狙っておきたいところ。
闇属性自体が優位属性を取られにくく、光属性とお互いが弱点になる関係性のみ。
その為、他の5属性に等倍のダメージを狙える点も魅力の1つ。

 

9位:[剛斬殲滅]シオン
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは味方全体の貫通率を80%アップ&味方全体の貫通力を20%アップ/味方全体の毒回避率を90%アップの効果となっており、貫通特化の性能。
貫通は攻撃時に確率で追加ダメージが発生する効果となっており、その確率を大幅にアップ出来るので与ダメージアップに貢献。
攻撃力バフのように確実性は無いものの、間違いなくパーティ火力を底上げ出来る。
また自身も全体攻撃持ちとなっており高い殲滅力は長期的に重宝。

 

10位:[激竜魔王]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

※八星之紋章交換で獲得(現在入手不可。入手可能後、評価変更の可能性有り。)

「魔物の国の悪魔秘書」などのイベントにより、」八星之紋章を集める事で交換出来るキャラ。
ステータスは攻撃力が高く、奥義ダメージも470%とトップクラスの物理キャラ。
戦闘スキルに関しても自身の貫通率80%アップ&自身の貫通力15%アップ/味方全体の会心率30%アップ&敵単体のガード力25%ダウンと火力面に特化した性能を持つ。
ただ貫通率/貫通力のバフに関しては[剛斬殲滅]シオンが味方全体へ付与出来る為、貫通系のバフに関してだけで言えばそちらの方が上。
とはいえ、単体火力はトップクラス。
あとは入手出来る時期にさらに優秀なキャラが実装されているかどうかで順位が変動する。

 

11位:[獄炎ノ侍大将]ベニマル
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く全体攻撃の奥義を持つ魔法キャラ。
戦闘スキルでは自身の攻撃力を25%アップ&奥義の魔創魂のダメージ威力を10%アップ/敵単体の貫通力を10%ダウンの効果を付与可能。
味方全体の火力アップは見込めないが、自己バフのお陰で自身の火力は高め。
属性は違うが[魔国連邦盟主]リムル=テンペストは味方全体に攻守のバフを付与出来る為、優先度はそちらの方が上。
ただし火属性の高火力アタッカーを求めている場合には狙うのも有り。

 

12位:[魔将人形]ベレッタ
キャラ性能&個別評価

バランスの取れたステータスを持つ魔法キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、強敵との戦闘時に高い火力を発揮。
戦闘スキルは加護の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ&味方全体のガード貫通力を40%アップ/味方全体の貫通率を10%アップの効果。
[爆炎の支配者]シズエ・イザワと同じく魔創魂の変換を行える為、コンボを狙うには便利。
さらにこちらは味方全体のガード貫通力&貫通力を底上げ出来るので火力増加も見込める。
味方への恩恵も大きいので、属性を無視して性能だけを重視するならこちらを狙いたい。

 

13位:[武装国家ノ王]ガゼル・ドワルゴ
キャラ性能&個別評価

高い攻撃力を誇り、単体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは自身の攻撃力を20%アップ&自身の会心率を20%アップ/自身の会心力を10%アップ&自身の防御力を20%アップと全てが自身に対してのバフ効果。
その為、自身の戦闘力自体は高く攻守のどちらにも期待が出来る。
個人性能だけでいえば高めに設定されているものの、味方への恩恵が少ない点はネック。
どうせなら味方へのバフ効果を持つキャラを優先して獲得しておきたい。

 

14位:[閃斬ノ指南役]ハクロウ
キャラ性能&個別評価

攻撃力の高い物理キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルでは敵全体の防御力を25%ダウン&味方全体の会心率を30%アップ/敵単体の反撃率を30%ダウンとパーティへの恩恵も大きい。
攻撃力バフを持つ[魔国連邦盟主]リムル=テンペストと組み合わせて運用する事で味方全体の火力を大きく底上げ出来る為、出来れば同時編成がオススメ。
またそれ以外にも高火力の全体攻撃持ちである[竜魔人]ミリム・ナーヴァは同じ風属性でこちらも相性が良い。
シンプルな性能でパーティへの恩恵も大きいので使いやすい。

 

15位:[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く、全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ/味方全体の防御力を20%アップの効果。
魔創魂の変換効果を持つ為、攻撃を繋げやすくコンボによるダメージ増加を狙える。
さらに味方全体に防御バフを付与出来るなど被ダメージ軽減にも貢献。
自身のステータスは攻撃力寄りの性能だが、防御バフの効果で耐久力は割と高め。
その分同キャラの[竜魔人]ミリム・ナーヴァに比べて火力は劣るが安定感は高い。

 

16位:[天照桃鬼]シュナ
キャラ性能&個別評価

※事前登録報酬で獲得

事前登録報酬で獲得出来る星5キャラ。
全体攻撃持ち&防御バフ持ちなので安定して運用出来る優れたキャラ。
上位キャラに比べると見劣りするものの加護の魔創魂を技能の魔創魂に変換出来るなど、コンボを繋げやすい点も大きな魅力の1つ。
同じく技能の魔創魂への変換スキルを持った[影渡ノ隠密]ソウエイと相性が良く、コンボを狙うのならオススメ。
配布キャラとしては性能も高く、序盤から敵火力も高いので防御バフも有難い。

 

17位:[爆炎の支配者]シズエ・イザワ
キャラ性能&個別評価

バランス型のステータスを持ち、単体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルで加護の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ&味方全体の気絶回避率を90%アップ&自身の会心率を15%アップ出来る。
魔創魂の変換は攻撃を繋げる為にも便利な為、獲得しておくとスムーズにコンボを発動可能。
味方のステータスを上げるような性能ではないが、戦闘難易度を下げるのに役立つ。
単体アタッカーとしての性能も悪くないので強敵との戦闘時に重宝するタイプ。

 

18位:[黒嵐星狼]ランガ
キャラ性能&個別評価

攻撃力が高く全体攻撃の奥義を持つ物理キャラ。
戦闘スキルは奥義の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ/味方全体の貫通率を10%アップ&味方全体のガード貫通力を30%アップの効果。
貫通は攻撃時に確率で追加ダメージを与えられるものとなっており、与ダメージ増加に便利。
魔創魂の変換に関してもコンボを繋げる際に便利なものとなっており、汎用性が高い。
全体的に使いやすく便利な性能を持つが上位キャラに比べるとやや見劣りする。

 

19位:[影渡ノ隠密]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

バランスの取れたステータスを持つ物理キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルでは味方全体の防御力を20%アップ&加護の魔創魂のダメージ威力をバトル終了まで5%アップ(最大100%)/奥義の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップが可能。
味方全体に防御バフを付与出来る為被ダメージ軽減に貢献可能。
また魔創魂の変換も行える為、コンボを狙いやすくダメージ増加を狙いやすい。
同じ種類の魔創魂に変換出来るスキルを持つ[魔将人形]ベレッタ/[爆炎の支配者]シズエ・イザワと組み合わせるとよりコンボを狙いやすくなる。

 

20位:[魅麗ノ巫女姫]シュナ
キャラ性能&個別評価

攻守バランスの良いステータスを誇る魔法キャラ。
奥義は単体攻撃となっており、戦闘スキルでは奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量を5%アップ/味方全体の気絶回避率を90%アップ&自身の会心率を10%アップの効果。
魔創魂の変換スキルを持ちコンボを狙いやすく出来る性能を持ち、気絶回避率を大幅に上げられる。
全体的に攻守のステータス部分に繋がる要素が少なく、優先度は低め。
加護の魔創魂に変換するスキルを持つ[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァと組み合わせるとよりコンボを狙いやすくなる。

 

総合評価

星5キャラはどれも強力ですが、まずは全体攻撃持ち&味方への恩恵が大きいキャラを選ぶようにしたいところです。
また序盤から割と敵の火力も高いので防御バフ持ち/回復持ちがいると便利。
特に上位4体のキャラに関しては味方への恩恵も大きく([竜魔人]ミリム・ナーヴァは火力特化)、高火力の敵に対して安定して戦闘を行える点は大きなメリットとなります。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強星5加護キャラランキング

1位:[灼熱精霊]イフリート
キャラ性能&個別評価

火属性キャラの攻撃力16%アップ/光属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
火属性に寄った性能なので[爆炎の支配者]シズエ・イザワ/[獄炎ノ侍大将]ベニマルといったキャラと組み合わせて運用する事で高い効果を発揮する。
また、加護スキルでは味方全体の奥義ゲージ30%アップ/味方全体の火属性攻撃力15%アップと奥義の回転率を底上げ出来る点も魅力の1つ。
火属性キャラの火力を大幅に底上げ出来る為、前者2体のいずれかとセットで獲得したい。

 

2位:[暴風竜]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

風属性キャラの攻撃力16%アップ/闇属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
その為、風属性キャラである[竜魔人]ミリム・ナーヴァ/[閃斬ノ指南役]ハクロウ/[天照桃鬼]シュナといったキャラとの組み合わせがオススメ。
特に[天照桃鬼]シュナに関しては事前登録報酬で獲得出来るので組み合わせやすいのも魅力。
加護スキルはスキルコスト上限を20%アップ(最大999)&奥義発動魂のダメージ威力をバトル終了まで10%アップ(最大50%)&スキルポイントを30アップの効果。
シンプルに使いやすく永続効果の加護スキルで長期戦にも恩恵を得られる点は優秀。

 

3位:[敏腕秘書]シオン
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書スカウトPart.1より排出

闇属性キャラの攻撃力16%アップ/火属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
加護スキルでは技能の魔創魂を加護の魔創魂を変換&味方全体の奥義ゲージを15%アップ出来る為、奥義発動までの時間を短縮/回転率アップに便利。
闇属性キャラは同時実装の[原初の黒]ディアブロの他に[魔将人形]ベレッタ/[剛斬殲滅]シオンがいるので獲得済なら狙っておきたい。
闇属性の星5キャラを獲得しておらず、星4キャラのみであった場合にも火力を底上げしやすいので狙っておくのも悪くはない。

 

4位:[迷宮妖精]ラミリス
キャラ性能&個別評価

光属性キャラの攻撃力16%アップ/地属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
地属性キャラには[武装国家ノ王]ガゼル・ドワルゴ/[魅麗ノ巫女姫]シュナがいるので、どちらかを優先的に引いているのならセットで獲得しておきたい。
また加護スキルでは奥義の魔創魂を加護の魔創魂を変換&味方全体の光属性攻撃力を10%アップが可能。
魔創魂の変換に火力バフを持ち合わせている為、汎用性が高く使いやすいキャラ。
特にガゼル・ドワルゴは火力も高く、自己バフも豊富。
火力メインにするのであれば組み合わせて運用したい。

 

5位:[飢餓者]オーク・ディザスター
キャラ性能&個別評価

闇属性キャラの攻撃力16%アップ/火属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
同じ闇属性に[剛斬殲滅]シオン/[魔将人形]ベレッタがいるのでいずれかとセットで獲得したい。
特にシオンに関しては火力が高く貫通による追加ダメージも狙える為オススメ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時まで10アップ(最大999)&技能の魔創魂を奥義の魔創魂に変換&スキルポイントを20%アップの効果。
魔創魂の変換はコンボを繋げる際には便利な為、汎用性が高い。
また、ベレッタも似たスキルを持つので相性も◎。

 

6位:[魔人形]エレメンタルコロッサス
キャラ性能&個別評価

地属性キャラの攻撃力16%アップ/水属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
[深緑ノ芽生]トレイニー/[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァが地属性となっているので、どちらかを優先して確保する場合にセットで狙うと火力アップに役立つ。
さらに加護スキルでは味方全体のガード率を60%アップ&味方全体の反撃率を60%アップと防御面の底上げが可能。
こちらは属性に縛られずに全体付与が出来るので使いやすい。
防御能力を高めつつ反撃によるダメージも狙える為、強敵との戦闘時に便利。
特にトレイニーは回復持ちなので、耐久面を底上げする場合にオススメ。

 

7位:[好戦竜眼]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

水属性キャラの攻撃力16%アップ/空属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
さらに加護スキルでは味方全体のガード率を60%アップ&加護の魔創魂のダメージ威力をバトル終了時まで20%アップ(最大100%)を獲得。
水属性には[人魔共栄]リムル=テンペスト/[影渡ノ隠密]ソウエイがおり、この2体は加護の魔創魂のダメージ威力アップのスキル効果を持つ為、相性が良い。
その為、同時に獲得する事で大きくダメージアップを狙えるのがポイント。

 

8位:[空泳災厄]カリュブディス
キャラ性能&個別評価

空属性キャラの攻撃力16%アップ/風属性キャラの攻撃力8%アップ効果を持つ加護キャラ。
[魔国連邦盟主]リムル=テンペスト/[黒嵐星狼]ランガが空属性となっており、火力アップを狙うのであればセットでの獲得が好ましい。
特にリムルに関しては味方全体に攻撃力&防御力アップを付与出来る為、火力の底上げが容易。
前述した効果も相まって大幅に火力アップを狙える点も魅力。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時まで30アップ(最大999)/技能の魔創魂の全てのゲージ増加量を150%アップ
長期戦に対応した性能だが、優先度はそこまで高くはない。
空属性の戦闘キャラがいるなら狙う程度。

 

総合評価

優先して入手したいのは攻撃力アップ/魔創魂の変換スキルを持つ加護キャラがオススメです。
火力を高める事で戦闘難易度を緩和するだけでなく、周回における時短にも繋がります。
また戦闘キャラ/加護キャラを同時に獲得する事を狙う場合には、属性によって攻撃力アップの効果を得られなかったりする場合もあるので注意しましょう。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

 

最強星4戦闘キャラランキング

1位:[紅き鬼武者]ベニマル
キャラ性能&個別評価

※魔物の国の悪魔秘書イベント配布キャラ

リリース初のイベント開催の際に配布された星4キャラ。
闇属性で優位を取られない、イベント周回で覚醒可能、専用武器の実装など優遇されたキャラ。
星5キャラを完凸させた方が当然強くはなるが、無凸なら最終的には配布キャラの方が上。
さらにイベント自体も闇属性特攻となっており、育成必須の性能。

戦闘スキルは敵単体の防御力ダウン&自身の会心率アップ/味方全体の気絶回避率アップ
奥義は単体高威力攻撃と性能は至ってシンプル。
他の星4キャラと比べると最終的な性能は若干見劣りする程度。
しかし前述したように育成難易度の低さ&専用装備がある事を考えればかなり優秀。
特に無課金の人には非常に有難いので是非ともイベント期間内に育成をしておきたい。

 

2位:[転生者]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

事前登録報酬で獲得出来る水属性の魔法キャラ。
元々は星4だが最初から星5まで育成出来る為、他の星4キャラと頭一つ抜けた性能。
当然他の星4キャラも同じく星5にすればステータスは同等のものになるが、それだけキャラを重ねなければならなかったりと非常に手間。
その手間を省いた上で星5から育成出来る点は大きなメリット。
さらに全体攻撃の奥義持ち、戦闘スキルで自身に攻撃力バフ/全体回復などシンプルに便利なスキルを豊富に保有。
スタート時、水属性はこのキャラで決めて星5キャラは他属性を狙うのも有り。

 

3位:[純真可憐]クロエ・オベール
キャラ性能&個別評価

光属性の魔法キャラ。
戦闘スキルで味方全体回復/味方全体の気絶回復&自身の気絶回避率アップを獲得。
HP回復のスキルを持つキャラは貴重なので、獲得&育成しておくと長期戦で便利。
なおかつ全体攻撃の奥義を持っていたりと星4キャラの中では汎用性が高く使いやすい。
星5キャラに比べると見劣りする点は否めないが、入手の際は繋ぎとして育成しておくのも有り。

 

4位:[紫ノ重撃]シオン
キャラ性能&個別評価

空属性の物理キャラ。
全体攻撃の奥義を持ち攻撃力寄りのステータスなので殲滅力に期待が出来る。
さらにコストは高いが戦闘スキルで敵全体の防御力ダウンを付与出来たりと、パーティの火力アップに貢献出来るのも嬉しいポイント。
同じスキル効果を持つ[閃斬ノ指南役]ハクロウを獲得していなければ育成も有り。
また味方全体に攻撃力アップを付与出来る[魔国連邦盟主]リムル=テンペストと組み合わせる事でパーティの火力アップを大きく見込める点は魅力的。

 

5位:[慈愛ノ緑風]トライア
キャラ性能&個別評価

地属性の魔法キャラ。
全体攻撃の奥義を持ち、戦闘スキルで味方全体の防御力アップ&味方全体のガード率アップ/技能の魔創魂を1枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップが可能。
防御面に特化した性能となっており、被ダメージ軽減に役立つ性能。
敵の火力は序盤から高く、戦闘不能になりやすいのでこうしたキャラを先に育成するのも有り。
さらに魔創魂の変換スキルも持ち合わせているなど汎用性の高さは星4キャラの中でもトップクラスといえる。
ただ勿論最優先で狙うのは星5キャラの為、同時排出されたら程度。

 

6位:[桃色鬼姫]シュナ
キャラ性能&個別評価

火属性の魔法キャラ。
全体攻撃の奥義を持つが、同じ火属性&星4キャラなら[黒豹牙]フォビオの方が上。
ただし戦闘スキルで味方全体の防御力アップ&味方全体のガード率アップ/味方全体の貫通耐性アップを行える為、火力よりもパーティの耐久力アップにが得意なタイプ。
貫通効果は味方だけでなく、当然敵も発動する。
その際の追加ダメージは高難易度であるほど痛く、こうしたキャラで軽減出来れば戦闘難易度の緩和にも繋がる。
火力よりも防御面を重視するのなら育成も有り。

 

7位:[剣術鍛錬]リムル=テンペスト
キャラ性能&個別評価

闇属性の魔法キャラ。
戦闘スキルで味方全体の攻撃力アップ/敵単体の貫通耐性ダウンを付与
シンプルに攻撃力バフを味方に撒けるのは便利。
どんな相手であっても腐らない効果なので、序盤~高難易度まで幅広く使える。
また、自身は闇属性で優位を取られにくいというのもメリット。
星5キャラに比べると当然性能は劣るが、攻守のバフを撒けるキャラは貴重。
スキルコストの重さが気になるのがネック。

 

8位:[瞬身諜報]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

闇属性の物理キャラ。
技能の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の毒状態を回復&自身の毒回避率アップの戦闘スキルを持つ。
毒回復スキルは他にも[蒼疾風]ソウエイ/[仕立上手]シュナが保有。
今度イベントで毒を付与してくる敵を想定してこうした状態異常解除スキル持ちを1体は確保しておきたい。
便利な魔創魂の変換スキルを持ち、[黒豹牙]フォビオと同様に奥義の回転率が高い。
さらに優位を取られない闇属性なのでアタッカーとして幅広く活躍を見込める。
とはいえ星5キャラを差し置いて優先するほどではない。

 

9位:[黒豹牙]フォビオ
キャラ性能&個別評価

火属性の魔法キャラ。
火力が高く、全体攻撃持ちなので才能解放クエストの攻撃の魔魂クエストなどで活躍。
星5キャラで全体攻撃持ちの[獄炎ノ侍大将]ベニマルには見劣りするものの、火属性の星4キャラの中ならトップクラスの殲滅力を誇る。
最優先での獲得&育成は当然星5キャラだが、星4キャラの中でなら十分育成対象。
戦闘スキルでは技能の魔創魂を2枚奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量をアップ出来るなど、奥義の回転率アップにも貢献。
高火力の奥義を早い回転で出せる点は十分な魅力。

 

10位:[蒼疾風]ソウエイ
キャラ性能&個別評価

風属性の物理キャラ。
戦闘スキルで味方全体の攻撃力アップを行える為、パーティの火力アップに便利。
さらに味方全体の毒解除&自身の毒回避率アップなど、毒キャラ対策としても活躍。
単体高威力の奥義を持つので、自身の持つバフ効果と合わせて火力も割と高め。
ただし全体攻撃力アップを発動する際のコストが高いのはネック。
属性にこだわらないなら星5キャラである[魔国連邦盟主]リムル=テンペストの方が全体バフの効果量が多くオススメ。

 

11位:[次期頭領]ベニマル
キャラ性能&個別評価

火属性の物理キャラ。
攻撃力が高く、単体攻撃の奥義を保有。
戦闘スキルの効果で自身の攻撃力アップが出来る為、火力枠として十分運用可能。
それだけでなく味方全体の気絶回避率アップも行えるので気絶対策にも便利。
星4といえども火力枠としての性能は高く、火属性の星5キャラを確保していないなら育成次第では十分火力枠として運用出来る。
高威力の単体攻撃&自己バフによるダメージアップはシンプルに強力。

 

12位:[流涛烈槍]ガビル
キャラ性能&個別評価

水属性の物理キャラ。
防御面に寄ったステータスを持ち、戦闘スキルでも味方全体の防御力アップ&ガード率アップ/味方全体の会心耐性アップとパーティの硬さを底上げするのが得意。
奥義は全体攻撃となっており、雑魚処理に便利。
周回面でも役立ち、同時に防御バフ効果で高難易度でも活躍を見込めるタイプ。
攻守幅広い運用が見込める為、水属性キャラが足りない場合には育成も有り。
優先すべきは星5キャラなので、あえて狙う必要は無い。

 

13位:[猪人王]ゲルド
キャラ性能&個別評価

地属性の物理キャラ。
戦闘スキルで味方全体の防御力アップ/敵単体の反撃率ダウンを付与可能。
防御力アップの有効性は勿論、敵反撃率ダウンは高難易度になる程恩恵が大きい。
単体高火力の敵と対峙した際に高い性能を発揮してくれるタイプ。
同じ地属性の星4キャラである[慈愛ノ緑風]トライアも防御バフ持ち。
同時にガード率もアップ出来る為、耐久力を底上げしたいのであればそちらを狙う方が効率的。

 

14位:[暗躍者]ゲルミュッド
キャラ性能&個別評価

闇属性の魔法キャラ。
敵単体の攻撃力ダウン&敵単体の貫通力ダウン/敵単体に確率で毒付与の戦闘スキルを保有。
奥義は全体攻撃となっており、闇属性優位のクエストで高い殲滅力を発揮。
正直、汎用性はそこまで高くは無いが高火力の敵単体と戦う際に攻撃力デバフは有効。
それに闇属性は優位を取られにくい点もメリット。
闇属性の星5キャラを獲得していなければ育成するのは有り。
優先する必要は無い。

 

15位:[鍛造鋼心]クロベエ
キャラ性能&個別評価

地属性の物理キャラ。
全体攻撃を持つ為、地属性優位のステージでは殲滅力に期待出来る。
戦闘スキルは奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の貫通耐性アップの効果。
魔創魂の変換スキルを持つのでコンボによるダメージ&手数増加には便利。
とはいえ、性能だけで言えば正直並みの星4キャラと同程度。
全体攻撃を持つ分、若干使いやすいくらい。

 

16位:[忠狼]ランガ
キャラ性能&個別評価

風属性の魔法キャラ。
攻撃力に寄った性能となっており、単体高威力の奥義を保有。
また戦闘スキルで奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の会心率アップの効果を持つ為、コンボを繋げやすく連撃による火力増加も可能。
魔創魂の変換は先頭の手数を決める上で非常に重要なものなので、獲得出来れば便利。
ただ、あえてこのキャラを獲得せずとも星5キャラである[最古魔王の一柱]ミリム・ナーヴァ/[魅麗ノ巫女姫]シュナが同じスキル効果を保有。
便利なキャラだが優先度は低め。

 

17位:[日常満悦]ミリム・ナーヴァ
キャラ性能&個別評価

光属性の魔法キャラ。
戦闘スキルで技能の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/敵単体の防御力ダウンが可能。
変換スキルはコンボを繋げる際に間違いなく便利なもので、防御デバフも同様に優秀。
光・闇属性キャラは属性相性が強く、常に等倍ダメージを狙える。
そういった意味では属性1つで既に優遇されているのはメリット。

 

18位:[自由組合総帥]ユウキ・カグラザカ
キャラ性能&個別評価

水属性の物理キャラ。
ステータスは攻撃力寄りで単体攻撃の奥義を保有。
さらに戦闘スキルでは加護の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量をアップ出来るなど、コンボを繋げて連撃を叩き込む場合に便利な効果。
そのうえ敵の会心力をダウン出来たりと、相手次第では被ダメージ軽減にも役立つ。
シンプルに使いやすく便利なタイプだが、優先してまでというほどではない。
それに星4の水属性キャラは[転生者]リムル=テンペストがおり、育成優先度はそちらが先。

 

19位:[躍進人鬼]ゴブタ
キャラ性能&個別評価

風属性の物理キャラ。
戦闘スキルでは技能の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の毒回避率アップの効果を保有。
変換スキルはコンボを繋げるにあたって便利で、同時に加護スキルの回転率も早められる。
さらに単体高威力の奥義を保有していたりと、シンプルな性能で使いやすい。
ただ風属性は星5キャラである[天照桃鬼]シュナが配布で受け取れるので必然的に星4キャラの優先度も下がってしまう。
キャラがある程度集まって来ている際に排出されたら育成する程度でOK。

 

20位:[抜刀白斬]ハクロウ
キャラ性能&個別評価

空属性の物理キャラ。
加護の魔創魂を2枚技能の魔創魂に変換&技能の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/敵単体のガード力ダウンの戦闘スキルを保有。
魔創魂の変換スキルを持つ為、コンボを繋げやすくスキル回転率を底上げするのに便利。
また敵単体のガード力を下げられたりと、敵の耐久面ダウンも可能。
直接的な防御デバフではないが、敵ガード時にもある程度のダメージを見込める点は有難い。
ただし魅力を感じる部分でいえば正直魔創魂の変換のみ。

 

21位:[仕立上手]シュナ
キャラ性能&個別評価

空属性の魔法キャラ。
奥義の魔創魂を2枚加護の魔創魂に変換&加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ/味方全体の毒状態を回復&自身の毒回避率アップの戦闘スキルを保有。
魔創魂の変換スキルを持つ為、攻撃でコンボを繋げやすく手数を増やすのに便利。
毒回復の効果は現時点で出番は少ないが、今後を考えて一体くらいは確保しておくのも有り。
[蒼疾風]ソウエイが同じように毒回復を持つ為、どちらかの確保ぐらいはしておきたい。

 

22位:[勇猛鬼人]ベニマル
キャラ性能&個別評価

光属性の物理キャラ。
戦闘スキルで自身の会心率アップ/味方全体の会心耐性アップの効果を持つキャラ。
奥義は全体攻撃で殲滅力が高いとはいえ、星5キャラに比べると見劣りする。
可もなく不可もなくといった性能となっており、光属性の火力枠がいないなら育成する程度。
序盤は特にキャラ不足に悩まされる為、育成しておいても決して邪魔にはならない。
ただ優先して獲得するかどうかは別の話。

 

23位:[熱烈側近]シオン
キャラ性能&個別評価

風属性の魔法キャラ。
防御力が高いステータスとなっており、戦闘スキルでは敵単体に毒付与/敵単体のガード率ダウンといったジャマー要素を保有。
単体攻撃の奥義持ちだが、火力だけを重視するなら優先度は低め。
全体的に現時点では優先してまで獲得するような性能とはいえず、他キャラを狙う方が良い。
特に風属性キャラは[天照桃鬼]シュナが事前登録で獲得出来る為、他属性を狙う方がオススメ。
毒が光るイベント/クエスト等が実装される事を祈る。

 

総合評価

当然優先すべきは星5キャラなので、星4キャラはほぼおまけ程度です。
星4キャラを育成するにあたっても、無覚醒だと最大レベルが60となっており才能解放も3段階までしか行う事が出来ません。
その為、育成するのであればイベント&初期配布の[紅き鬼武者]ベニマル/[転生者]リムル=テンペストを優先して育成する事をオススメします。
レベル&才能解放が行えるかどうかでステータスに大きな差が生まれるので、キャラが被って覚醒出来るかどうかを判断材料にするのも手です。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

最強星4加護キャラランキング

1位:[炎使魔]サラマンダー
キャラ性能&個別評価

※ストーリー3章初級5話クリアで獲得

火属性&地属性の味方全体に攻撃力アップを付与出来る加護キャラ。
さらに加護スキルでは奥義の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ&味方全体の火属性攻撃力アップと、火力面を大きく底上げ出来る性能を持つ。
ステータスこそHP/防御力寄りだが、加護スキルの効果があるので火力アップは文句無し。
火属性の星5キャラや星4キャラを優先的に育てているのならメインの加護キャラとして運用するのも有り。
ただしその場合は勿論[灼熱精霊]イフリートを獲得していない事が前提で、獲得しているのなら育成する価値はない。

 

2位:[勇者導手]光の精霊
キャラ性能&個別評価

※ストーリー10章初級4話クリアで獲得

光属性&水属性キャラに攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルでは加護の魔創魂の全てのゲージ増加量アップ&味方全体の光属性攻撃力アップの効果。
ゲージ増加量も40%と多く、加護スキルの回転率アップには非常に便利。
そうなれば光属性キャラへの攻撃力アップも安定して供給出来る為、高火力を維持しやすい。
光属性パーティを組めるキャラが揃っているのなら育成するのも有り。
勿論、上位互換である[迷宮妖精]ラミリスを獲得しているのならそちらを優先。

 

3位:[鍛冶職人]カイジン
キャラ性能&個別評価

※ストーリー2章初級8話クリアで獲得

バトル開始時に味方の地属性キャラ&火属性キャラの攻撃力をアップ出来る加護キャラ。
加護スキルでは味方全体のガード率アップ&技能の魔創魂のダメージ威力アップの効果。
ガード率アップの効果量も50%と高く、被ダメージ軽減に大きく貢献出来る。
特に難易度が上がるにつれて敵の火力も高まるのでこうした防御面のバフ効果は魅力的。
また技能の魔創魂のみと限定的だが、火力アップを行える点も優秀。
パーティの攻守を底上げ出来る為、便利に運用可能。

 

4位:[敏腕商人]ガルド・ミョルマイル
キャラ性能&個別評価

※ストーリー9章初級15話クリアで獲得

味方全体の水属性キャラ&光属性キャラの攻撃力をアップ出来る加護の導を保有。
加護スキルでは味方全体のガード率アップ&ガード力アップの効果。
ガード率アップの効果量も50%と高く、パーティの耐久面を底上げするのに便利なキャラ。
同じ水属性キャラの攻撃力アップを行える[誇り高き竜種]ヴェルドラ=テンペストと比べて、こちらは光属性キャラの攻撃力アップも可能。
加護スキルに関してはどちらも便利なので甲乙つけがたいが、汎用性が高いのはこちら。

 

5位:[空災龍]スカイドラゴン
キャラ性能&個別評価

※ストーリー9章初級14話クリアで獲得

闇属性&空属性の味方に攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時までアップ(最大999)&加護の魔創魂を技能の魔創魂に変換出来る効果を持つ。
魔創魂の変換スキルはタイミングを見て使えばコンボを繋げるのに非常に便利。
スキルコスト上限アップに関しては正直火力で押し切れる場所ではそこまで活躍を見込めない。
今後長期戦となる戦闘などが実装された場合に使えるかもしれないが、現状優先度は低め。
それにクエストを進める事で獲得出来るキャラなのであえて狙う必要は無し。

 

6位:[ギルドマスター]フューズ
キャラ性能&個別評価

※ストーリー8章初級4話クリアで獲得

風属性&闇属性の味方に対して攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時までアップ(最大999)&加護の魔創魂を技能の魔創魂に変換出来る効果。
[空災龍]スカイドラゴンと似た性能を持っており、正直優先度は高くない。

 

7位:[探究者]ベスター
キャラ性能&個別評価

※ストーリー7章初級8話クリアで獲得

空属性&風属性の味方に対して攻撃力バフを付与出来る加護キャラ。
加護スキルはスキルコスト上限をバトル終了時までアップ(最大999)&奥義の魔創魂を加護の魔創魂に変換出来る効果となっており、加護の魔創魂によるコンボを繋げやすい。
とはいえ、加護の魔創魂を多用しても得られる恩恵が少なく正直優先度は低め。
やはり火力アップや奥義回転率を底上げ出来るような効果が好ましい。

 

8位:[誇り高き竜種]ヴェルドラ=テンペスト
キャラ性能&個別評価

※初期から加入している加護キャラ

水属性キャラの攻撃力アップが可能な加護キャラ。
加護スキルでは技能の魔創魂を奥義の魔創魂に変換&奥義の魔創魂のダメージ威力アップを付与出来る。
初期加入の戦闘キャラである[転生者]リムル=テンペストと相性が良く、同時編成する事で火力アップが可能。
その為、水属性縛りの編成において序盤では大いに役立つ。
魔創魂の変換スキルも併せ持ち、コンボを繋げやすい。
星5の加護キャラが居ないのなら水属性パーティの加護キャラとして育成するのも有り。
初期加入なので、ガチャ排出時に覚醒しやすいのも魅力。
ただし他の加護キャラが2属性に攻撃力バフを付与出来る中、このキャラは1属性のみ。
複数の属性に対応出来ない点はネック。

 

総合評価

星4の加護キャラ全員がクエストを指定されたストーリーをクリアする事で獲得出来る為、正直急いで入手する必要はありません。
星4の加護キャラは星4の戦闘キャラと同じく初期状態ではレベルを60までしか上げられず才能解放も3段階まで。
つまり育成したとしても星5の加護キャラに大きく性能で劣り、メイン運用するのは難しいでしょう。
加護キャラのステータスはパーティのステータスに直結する為、必ず最高レアリティを狙う事をオススメします。

※ランキングは環境変化にともない随時最新版へ更新

 

リセマラ方法

 

  • 名前:転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚
  • 会社:BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
アイフォンダウンロードアンドロイドダウンロード

 
 


 
 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。